はたちの詩集

この曲の表示回数 32,137
歌手:

白根一男


作詞:

高月ことば


作曲:

上条たけし


花の命の 短さを
初めて知った 哀しさに
青いインクも 滲(にじ)んでる
めくれば はらはら
涙こぼれる はたちの詩集

初恋!! なんてさびしい言葉なんだろう。
あの娘はとうとう俺から離れて遠い、遠い所へ行ってしまった。
このままもう逢えないようなそんな気がしてならないんだ。
長いまつ毛、可愛い唇(くちびる)……思い出すのはよそう、
初恋なんて、どうせ、どうせこんなものなんだよ。

白い野菊の 押し花も
昔の歌を 誘うだけ
若いこころに 抱いていた
あの夢この夢
消えてはかない はたちの詩集

たった一つのあの娘の形見だけれど、
いっそひと思いに焼いてしまおう、こんな詩集。
許しておくれ。持ってるととても辛いんだ。

忘りょとすれば なおさらに
切なく浮ぶ 面影よ
青い表紙も 色褪(いろあ)せて
想い出ばかりが
沁みて哀しい はたちの詩集
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:はたちの詩集 歌手:白根一男

白根一男の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-01-13
商品番号:TOCT-24046
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP