歌詞を

ヘルプ

上原賢六作曲の歌詞一覧リスト

53 曲中 1-53 曲を表示
2020年10月26日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
赤いハンカチ福田こうへい萩原四朗上原賢六アカシアの花の下であの娘が
俺は待ってるぜ金児憲史石崎正美上原賢六霧が流れてむせぶよな波止場
錆びたナイフ金児憲史萩原四朗上原賢六砂山の砂を指で掘ってたら
赤いハンカチ金児憲史萩原四朗上原賢六アカシヤの花の下で
こころ泣き根津甚八池田充男上原賢六花はアカシヤ俺の恋
赤いハンカチ竹島宏萩原四朗上原賢六アカシヤの花の下で
錆びたナイフ杉良太郎萩原四朗上原賢六砂山の砂を指で掘ってたら
俺は待ってるぜ杉良太郎石崎正美上原賢六霧が流れてむせぶよな波止場
夕陽の丘杉良太郎萩原四朗上原賢六夕陽の丘のふもと行く
デイゴの花田端義夫高月ことば上原賢六燃えて咲きますデイゴの花は
赤いハンカチ舘ひろし萩原四朗上原賢六アカシヤの花の下で
錆びたナイフ氷川きよし荻原四朗上原賢六砂山の砂を指で掘ってたら
夕陽の丘石原裕次郎&八代亜紀萩原四朗上原賢六夕陽の丘のふもと行く
俺は待ってるぜ石原裕次郎石崎正美上原賢六霧が流れてむせぶよな波止場
こぼれ花GOLD LYLIC石原裕次郎萩原四朗上原賢六紅い野薔薇がただひとつ
風速四十米石原裕次郎友重澄之介上原賢六何んだいありゃ何、風速40米?
赤いハンカチGOLD LYLIC石原裕次郎萩原四朗上原賢六アカシヤの花の下で
錆びたナイフ石原裕次郎荻原四朗上原賢六砂山の砂を指で掘ってたら
夕陽の丘GOLD LYLIC石原裕次郎&浅丘ルリ子萩原四朗上原賢六夕陽の丘のふもと行く
赤いハンカチ五木ひろし萩原四朗上原賢六アカシヤの花の下で
赤いハンカチ杉良太郎萩原四朗上原賢六アカシヤの花の下で
俺は待ってるぜ木村充揮×近藤房之助石崎正美上原賢六霧が流れてむせぶよな波止場
剣と花石原裕次郎萩原四朗上原賢六暁靄を衝いて剣を振ってたら
アカシヤは枯れた石原裕次郎萩原四朗上原賢六呼んでみたって泣いたって
モカの匂う街石原裕次郎池田充男上原賢六さすらいの果てに淋しく
雪国の町石原裕次郎萩原四朗上原賢六川の澱みに石を投げる
星かげの海石原裕次郎池田充男上原賢六寄せる波は俺のこころに
故郷へ帰る石原裕次郎萩原四朗上原賢六草山の草に腹這い
さすらい花石原裕次郎萩原四朗上原賢六うら街の暗いネオンに
海の男だ石原裕次郎門井八郎上原賢六海の男が海を捨て
春愁石原裕次郎荻原四郎上原賢六春も逝くのだふたりも別れよう
石原裕次郎荻原四郎上原賢六島の入江に雨がふるなごりの
青い満月石原裕次郎萩原四朗上原賢六青い満月教えて呉れよ
波千里石原裕次郎門井八郎上原賢六赤い夕日の波止場を出たら
祇園町から石原裕次郎萩原四朗上原賢六誰か待ってて呉れそうな
可哀そうな露子石原裕次郎萩原四朗上原賢六春とは名ばかりの凍てつく
あしたの虹石原裕次郎門井八郎上原賢六心あかるく生きるから
白い浮雲石原裕次郎萩原四朗上原賢六火を噴く山を見上げたら
東京さすらい歌石原裕次郎&浅丘ルリ子萩原四朗上原賢六ビルの谷間の人波が
鴨川艶歌石原裕次郎・久美悦子萩原四朗上原賢六出町柳の川辺りに萌える蓬よ
若い魂石原裕次郎大高ひさを上原賢六嵐吹くから荒さぶから
白い手袋石原裕次郎萩原四朗上原賢六汽車に乗る時に俺の肩に
男の心に星が降る石原裕次郎門井八郎上原賢六好きなンだ好きなのに
泣きはしないさ石原裕次郎鹿倉ひろし上原賢六泣きはしないさ泣かないさ
星の見えない街石原裕次郎上村しげる上原賢六ざっくりとわれた心の傷あとに
清水の暴れん坊石原裕次郎大高ひさを上原賢六何を!喧嘩ならもって来い
男の友情背番号・3 ミレニアム・バージョン石原裕次郎大高ひさを上原賢六背番号3言わずと知れた
千切れ飛ぶ愛情石原裕次郎池田充男上原賢六哀愁のライトがにじむ重い心を
俺は渡り鳥石原裕次郎吉田弘上原賢六何処へ行くかときかれても
沖縄育ち田端義夫高月ことば上原賢六三重城の丘にのぼってあの人を
草笛を吹こうよ浜田光夫・三条江梨子門井八郎上原賢六涙がこぼれてとまらない時は
地獄花石原裕次郎萩原四朗上原賢六俺たちに明日はないあるのは
夕映えの時計台白根一男清水みのる上原賢六夕映えの丘の時計台鐘が鳴る