雪国の町

この曲の表示回数 46,133
歌手:

石原裕次郎


作詞:

萩原四朗


作曲:

上原賢六


川の澱みに 石を投げる
何という寂しい 水の音か
思い出は にがい
あの娘は 遠い――
あー雪国の いで湯の町よ

生きて逢う日は またとないが
面影にひかれて 北の旅へ
一年も 過ぎて
あの娘が 恋し
あーあの夜の いで湯の宿よ

山のふもとを 汽車が通る
何という佗しい 汽笛(ふえ)の音か
思い出が つらい
あの娘に 済まぬ
あー雪国の いで湯の駅よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪国の町 歌手:石原裕次郎

石原裕次郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-06-23
商品番号:TECE-28477
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP