鴨川艶歌

この曲の表示回数 13,696
歌手:

石原裕次郎・久美悦子


作詞:

萩原四朗


作曲:

上原賢六


出町柳の 川辺りに
萌える蓬(よもぎ)よ なぜ匂う
呼んで呉れても この径を
また踏むあすが 来るじゃなし

忘れ得もせず 死ねもせず
渡るあの日の 葵 橋
橋の擬宝珠(ぎぼし)に 思い出の
名もない白い 花が散る

胸にしみつく 京鹿の子
うすいえにしの 紅のあと
どこで相見る あてはなく
鴨川ながれ 陽は翳(かげ)る

人のさだめを よそに見て
古きみやこの 春おぼろ
八瀬か鞍馬か 山寺の
鐘の音遠く 眸がうるむ

鴨の川瀬に 浮く月は
眉のかたちの なごり月
比叡、吉田の 山なみも
霞にぬれて ほのぼのと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鴨川艶歌 歌手:石原裕次郎・久美悦子

石原裕次郎・久美悦子の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-05-26
商品番号:TECE-28476
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP