試聴する

朧月夜

この曲の表示回数 15,016
歌手:

八代亜紀


作詞:

阿久悠


作曲:

弦哲也


朧月夜は 男に似合う
影が泣いても 顔まで見えない
ほろ酔いの ふりをして
一歩二歩と よろめいて
ひとの視線が なくなれば
背骨シャンとして 歩き出す

こんな男がいたらいい
昔はちょっといた筈の…
おほろ おぼろ
おぼろ おぼろ
朧月夜のいい男

朧月夜は 女を磨く
瞼はれても 涙は出さない
純愛に 傷ついて
一つ二つ 酒を飲み
肩が斜めに くずれたら
瞳キラリとさせ あとを追う

こんな女がいたらいい
昔はちょっといた筈の…
おほろ おぼろ
おぼろ おぼろ
朧月夜のいい女

こんな二人がいたらいい
昔はちょっといた筈の…
おほろ おぼろ
おぼろ おぼろ
朧月夜のいい景色

朧月夜のいい景色
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:朧月夜 歌手:八代亜紀

八代亜紀の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000/01/21
商品番号:COCP-30782
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP