花ごころ

この曲の表示回数 8,435
歌手:

オーロラ輝子(河合美智子)


作詞:

津城ひかる


作曲:

弦哲也


俺をこの世に 残してひとり
死ぬ奴あるかと 泣いたひと
姿かたちが 見えなくたって
そばにいますよ あんたのそばに
咲いて散っても 心は一つ
だってわたしは だって今でも
あんたに首ったけ

(セリフ)あんた、もう泣かんといてぇな…
花かて咲いて散るから実を結ぶやろ
この世で散った二人の花もいつかはきっと実を結ぶ
そう思うやろ…なぁあんた

夢をさがして 旅から旅へ
ないない尽くしの ふたり連れ
思い出します あれこれ全部
喧嘩してても しあわせでした
もしも人生 疲れたときには
思い出してね 遠いあの日の
一途な心意気

時が過ぎれば あんたもきっと
わたしのことなど 忘れるわ
いいのしばしの さよならだから
生まれ変わって 逢うその日まで
待っていますよ あの世とやらで
だからそれまで だから元気で
しあわせ祈ります
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花ごころ 歌手:オーロラ輝子(河合美智子)

オーロラ輝子(河合美智子)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-07-30
商品番号:CODA-1274
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP