海猫

八代亜紀

海猫

作詞:高橋直人
作曲:小林学
発売日:2008/06/02
この曲の表示回数:31,814回

海猫
あんたによく似た 広い背中の
男があたいの 影をまたいでさ
潮の香りを プンとのこして
黙って 通りすぎたよ
日暮れの港は 女がひとり
淋しすぎるよね

振りむいてくれたって いいのにさ
声かけてくれたって いいのにさ
つれないね うしろ姿に
あんたの面影うかべる あたいは 海猫さ

あんたと暮らした 愛の古巣で
海猫みたいに 沖をながめてさ
船が着くたび あんたを探しに
今日も 飛んで来るのさ
日暮れの港は 女がひとり
可哀そうだよね

逢いに来てくれたっていいのにさ
抱きしめてくれたっていいのにさ
せつないね 無情の風に
吹かれてぬくもり抱いてる あたいは 海猫さ

振りむいてくれたって いいのにさ
声かけてくれたって いいのにさ
つれないね うしろ姿に
あんたの面影うかべる あたいは 海猫さ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません