試聴する

河の彼方

この曲の表示回数 8,914
歌手:

鈴木雅之


作詞:

西尾佐栄子


作曲:

松尾清憲


行き過ぎる紙袋から音立てるビールビン
揺れて僕の足を止めた

夕食にせかされて帰る子供達の背中
そっと見送るよ橋のうえ

どこまで流れても
変わらぬ生活が
あるから温かい
河の彼方

人並みに色々なことにも流されて来たけど
僕も立ち止まりいまも悩んでる

知らない街のこと
知らない君のこと
流れにたずねたい
河の彼方

目印の見慣れたビルも今色を変えていく
僕も又家路たどり今日が終わる
河は続く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:河の彼方 歌手:鈴木雅之

鈴木雅之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-08-23
商品番号:ESCB-1198
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP