雪の華

この曲の表示回数 13,079
歌手:

八代亜紀


作詞:

阿久悠


作曲:

浜圭介


吹雪いたら アア 道がない
遠い 近いも わからない
かかと もとより 膝までも
雪にもぐらせ 行く女
アアア アア アアア
風がバチ打つ かき鳴らす

乱れ散る アア 雪の華
頬に まぶたに 受けながら
夏の祭の 想い出を
冬に返しに 来た女
アアア アア アアア
風がバチ打つ かき鳴らす

凍えたら アア 夢を見て
腕に抱かれた 心地して
心だけでも とどいたら
それでいいのと 云う女
アアア アア アアア
風がバチ打つ かき鳴らす
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪の華 歌手:八代亜紀

八代亜紀の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989/12/10
商品番号:CA-4139
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP