試聴する

雪のれん

この曲の表示回数 9,901
歌手:

八代亜紀


作詞:

松井由利夫


作曲:

遠藤実


冷酒でいいのよ コップでいいの
おじさん一杯 飲ませてね
土地の男も 港を捨てる
こんな季節に 女がひとり
ふらり舞いこむ 雪のれん
北国しばれる 浜通り

指でこうして 温めていると
お酒が過去を 連れてくる
気障な台詞ね お笑い草ね
惚れた男の 後追いかけて
情一途の雪のれん
くぐって怪我して泣かされた

窓の硝子を 吹雪が鳴らす
汽笛がちぎれて 沖で泣く
背伸びしたって 見えない明日
濡れた小指は 涙じゃないわ
春をかくした 雪のれん
酔ったら見えそう 夢あかり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪のれん 歌手:八代亜紀

八代亜紀の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-18
商品番号:COCP-35837
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP