試聴する

JAMAAS 真実はふたつ

この曲の表示回数 10,674

わたしが生まれた日 父さんもそして誰も
みんな笑って喜んだ 泣いたのはわたしだけ
宇宙には真実が 本当のことが二つあるわ
人は生まれて去ってゆく 命の全てはJAMAAS

きらめく星空の 光は遥かな昔
遠く幾千年前の 瞬きを見てるのね
若い日は美しく 終わりが来るとは誰も知らず
まるで宛てない旅をする いつしか届くと信じ

思えば倖せも 命さえ借りた物ね
いつか訪ねて来られたら 感謝して返しましょう
愛し合い許し合い 迷わず出会った二人なのに
永遠(とわ)の別れは止まらない 思えば全てはJAMAAS

夢か現(うつつ)か幻か 諸行無常と言うけれど
春は来る来るめぐり来る 輪廻転生(りんねてんしょう)人の世は

回りに子供たち いくつもの顔が囲む
午後の優しい陽だまりと 窓辺にはゆれる風
お願いもう泣かないで わたしは笑っているのよほら
みんなほんとに有りがとう どこかでまた会いましょう…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:JAMAAS 真実はふたつ 歌手:八代亜紀

八代亜紀の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-10-19
商品番号:COCA-17230
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP