冬の恋歌

八代亜紀

冬の恋歌

作詞:阿久悠
作曲:浜圭介
発売日:1995/10/21
この曲の表示回数:14,461回

冬の恋歌
ヘッドライトが 大橋わたる
あとは暗闇 真の闇
風は西から 北へと変わる
やがて季節は 冬になる
わたし 今日から
ああ ひとりで眠り
からだ からだ
からだばかりを 熱くする

窓を叩けば 風でも起きる
風と知ってて 外を見る
手紙みたいな 枯葉が舞って
涙みたいな 雨が降る
わたしあれから
ああ ひとりで生きて
心 心
心なおさら つのらせる

時雨(しぐれ)過ぎたら 小さな星が
空のかなたで またたいて
やがて消えそな 儚(はかな)い色が
恋の行方を 占って
わたし それでも
ああ ひとりで想い
つらい つらい
つらい恋歌 くり返す

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません