徳久広司作曲の歌詞一覧リスト  921曲中 1-200曲を表示

全5ページ中 1ページを表示
921曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ノラPLATINA LYLIC門倉有希PLATINA LYLIC門倉有希ちあき哲也徳久広司今泉敏郎やめて…下手な嘘 抱いて…今はただ 雨にぬれたノラ 帰りついたあんた… いい女なら 割りきってあげるわ 誰となく 惚れてないと 駄目な 駄目な ひとなの …好きよ…好きよ…好き 愛はひとり芝居  だって…2つ上 あたし…損な年 どうせ明日(あす)もノラ 街で悪戯(わるさ)するの… 泣きおとしには もう懲りていたのに しおらしい 顔を見れば ばかね ばかね からだが …好きよ…好きよ…好き 愛はひとり芝居  そう 棄てたもの 夢なんか きっぱり 癪(しゃく)だけど もしかしたら これが これが しあわせ …好きよ…好きよ…好き 愛はひとり芝居  愛はひとり芝居
そんな女のひとりごとGOLD LYLIC増位山太志郎GOLD LYLIC増位山太志郎木未野奈徳久広司伊藤雪彦お店のつとめは はじめてだけど 真樹さんの 紹介で あなたの隣りに 坐ったの あそびなれてる 人みたい ボトルの名前で わかるのよ そんな女の ひとりごと  身体(からだ)に毒だわ つづけて飲んじゃ ユミさんは こないけど 十時に電話が 入るわよ あなた歌でも 唄ったら 少しは気持ちも はれるでしょ そんな女の ひとりごと  車でおくると いわれたけれど 奈美さんに 叱られる あなたの浮気は 有名よ ジンのにおいで 私まで 酔わせるつもりね 今夜また そんな女の ひとりごと  グレーの背広に ラークのタバコ ママさんの いい人ね 身の上ばなしを したいけど 渋い笑顔に どことなく かなしい昔が あるみたい そんな女の ひとりごと
俺でいいのかGOLD LYLIC坂本冬美GOLD LYLIC坂本冬美吉田旺徳久広司前田俊明惚れた男(あんた)の ためなら死ねる すがりつくよな その眸(め)に負けた 俺でいいのか いいのか俺で 苦労承知と さしだす蛇(じゃ)の目(め)傘 まぶしすぎるぜ おまえの咲顔(えがお)  二人ぽっちの 門出の酒が 染めたうなじの 細さに泣ける 俺でいいのか いいのか俺で 星も見えない 旅路の夜更け いとしすぎるぜ おまえの寝顔(ねがお)  ふいとこの背に むしゃぶりついて 次の世までも ついてくという 俺でいいのか いいのか俺で 春は名のみの 身を切る寒風(かぜ)に まぶしすぎるぜ おまえの咲顔(えがお)
夜桜GOLD LYLIC山川豊GOLD LYLIC山川豊吉田旺徳久広司夜桜舞い散る 春なのに ふたりの夢よ いつまで かくれんぼ あなたの傍(そば)に いるだけで こんなに幸福(しあわせ)と 背中(せな)に甘える いとおしさ 泣かすやつだよ おまえってやつは  つめたい世間の 無情より 骨身(ほねみ)にしみる おまえのやつれ貌(がお) あなたと生きて 行けるなら 苦労も愉(たの)しいと おれを気づかう 片えくぼ 可愛いやつだよ おまえってやつは  ふたりを掠(かす)めて はらはらと 散りゆく春よ 不幸(かなしみ)つれて行け わかれる時は 死ぬ時よ おぼえていてよねと 小指からめる 泣き笑顔 ばかなやつだよ おまえってやつは
昭和の花GOLD LYLIC小金沢昇司GOLD LYLIC小金沢昇司田久保真見徳久広司前田俊明夢にはぐれた 時代の川を 命つないで 一緒に流された おまえ おまえが居たから 生きられた おれの心の ほとりに咲いた 女 いちりん 昭和の花よ  義理が重たい 浮世の坂で 意地につまづき ころんだ日もあった 酒よ おまえに 何度も叱られた 馬鹿な生き方 心の弱さ みんな知ってる 昭和の酒よ  あすの見えない 時代の川で 沈むやつらも 溺れるやつもいた 友よ おまえが居たから 耐えられた 裏切られても 裏切るまいと 熱く語った 昭和の友よ
あき子慕情GOLD LYLIC増位山太志郎GOLD LYLIC増位山太志郎池田充男徳久広司竜崎孝路雨が霙(みぞれ)に かわる夜 呑めば涙が あふれだす そうだよ、あき子 おまえのせいさ 何処へ行くとも 言わないで いのちまるごと 消えたやつ ここは北国 あき子の酒場  ほそい冬子と いう女 船で他国へ 出た噂 そうだよ、あき子 おまえじゃないか 俺にかくした 身のうえに どんな運命(さだめ)が あるのやら 忘れられない あき子の笑顔  純白(しろ)いドレスを 手に入れて 俺は迎えに 飛んで来た そうだよ、あき子 おまえと二人 生きてこれから やりなおす 熱い思いが 届くなら 歌に乗せよう あき子の慕情
風やまずGOLD LYLIC福田こうへいGOLD LYLIC福田こうへい久仁京介徳久広司前田俊明岩手山から のぞめば遥(はる)か 南部盛岡 おれの郷(さと) 裸ひとつで この世に生まれ 夢に向かえば 苦労が荷物 決めた道でも 迷うけど 行(ゆ)けばわかるさ その先は  馬鹿をする時ゃ 死ぬ気でやって 悔いを残さず 歩きたい 丸くなるほど 揉(も)まれた命 意地を捨てずに ここまできたが 惚れていながら つらくする 女房(おまえ)ひとりが 気にかかる  街をうるおす 北上川も 流れ果てない 幾(いく)十里(じゅうり) 腹をくくった 男の値打ち 歩き終れば その時決まる 今日もあしたも この人生 南部おろしの 風やまず
あきらめないでGOLD LYLIC秋庭豊とアローナイツGOLD LYLIC秋庭豊とアローナイツたかたかし徳久広司あきらめないで いやよいやいや ふたりの恋を あきらめないで 指をきりりとかめば血がにじむ うわさなんかにゃ負けたくないわ 強く 強く 強く もっと強く 私を抱いて  あきらめないで 好きよ好きなの 乱れる髪が からんで燃える そうよ世間の人は冷たいわ 抱いたその手で涙を止めて あなた あなた あなた あなただけが 生きがいなのよ  あきらめないで だめよだめだめ 弱気になれば 宿命に沈む 外は三月春がもう近い 夢をひとすじ あなたと二人 生きて 生きて 生きて 生きてあなた 愛されたいの
献身GOLD LYLICアローナイツGOLD LYLICアローナイツ山口あかり徳久広司どしゃ降り雨に 傘もなく あなたを探して 歩いていた 浮気な風に 誘われて 今夜もきっと 帰らない あんな男と いわれても この世で一人 ただ一人 尽して 尽して みたいから 諦めないわ 愛したい 女って男で 変るのよ  照れくさそうな 朝帰り 黙ってあなたに しがみつく お疲れでしょう お茶いかが 事故ではないかと 気にしてた 信じることも 生甲斐よ この世で一人 ただ一人 尽して 尽して みたいから 諦めないわ 愛したい 女って男で 変るのよ 尽して 尽して みたいから 諦めないわ 愛したい 女って男で 変るのよ
GOLD LYLIC長山洋子GOLD LYLIC長山洋子仁井谷俊也徳久広司生命(いのち)を燃やす 季節は短い まして女の 綺麗な時期(とき)は 夏の夕暮れ 人恋しさに 焦がれ鳴きする 蜩(せみ)のようです  言葉で愛を 語れたら 手紙に愛を 綴れたら ああ あなた 死んだら涙 流してくれますか 冷たい躰(からだ) 抱きしめてくれますか  こんなにあなた 愛しているのに 運命(こい)の垣根が 越えられません 夏の終わりを 惜しんで鳴いて 愛が掠(かす)れた 蜩のようです  ふたりで夢を 探せたら こころに夢を 描けたら ああ あなた 見つめることも 叶わぬ恋ですか 忘れることが 真実(ほんとう)の愛ですか  言葉で愛を 語れたら 手紙に愛を 綴れたら ああ あなた 死んだら涙 流してくれますか 冷たい躰(からだ) 抱きしめてくれますか
北へ帰ろうGOLD LYLIC徳久広司GOLD LYLIC徳久広司徳久広司徳久広司北へ帰ろう 思い出抱いて 北へ帰ろう 星降る夜に 愛しき人よ 別れても 心はひとつ 離れまい  北へ帰ろう 思いを残し 北へ帰ろう 誰にも告げず 夜露を踏めば ほろほろと あふれる涙 とめどなく  北へ帰ろう 涙を捨てて 北へ帰ろう 星降る夜に みとせの夢よ わが恋よ 君くれないの くちびるよ
ヘッドライトGOLD LYLIC新沼謙治GOLD LYLIC新沼謙治阿久悠徳久広司北へ走ろう お前と二人 北は雪どけごろだろう 春もあるだろう そんなに泣くなよ 今夜からは二人だけだよ ふり向けばつらいことばかりの 東京は捨てたよ 夜霧にゆれてる悲しみのヘッドライト  夜が明けたら ドライブインで からだあたためてくれる お茶をのもうよ もたれて眠れよ 俺に遠慮なんかするなよ もう二度と戻らない町には 未練など持つなよ 二人でたずねるしあわせのヘッドライト  もたれて眠れよ 俺に遠慮なんかするなよ もう二度と戻らない町には 未練など持つなよ 二人でたずねるしあわせのヘッドライト 
はぐれ花GOLD LYLIC市川由紀乃GOLD LYLIC市川由紀乃麻こよみ徳久広司丸山雅仁人の幸せ ふしあわせ 乗せて流れる 浮き世川 無理に笑えば 涙がにじむ ままにならない ことばかり ひとり浮草 ひとり浮草 はぐれ花  愛し過ぎたら 背を向ける 夢は儚(はかな)い おんな川 胸にしまった 面影そっと 写す夜更けの 路地灯り 女哀しい 女哀しい はぐれ花  逢うも別れも 運命(さだめ)です 情け通わぬ 恋の川 たった一度の 人生ならば せめて笑顔で 春を待つ 明日(あす)に咲きます 明日に咲きます はぐれ花
今日という日に感謝してGOLD LYLIC山川豊GOLD LYLIC山川豊麻こよみ徳久広司前田俊明女の願いを ひとつだけ かなえてくれる 石神(いしがみ)さんに やっと一緒に 来れました 森の木洩(こも)れ陽(び) 優しく揺れる… 今日という日に 感謝して 感謝して  寄せ来る さざ波 真珠島(しんじゅしま) 飛び交うカモメ 遊覧船の 時の流れの おだやかさ 海女(あま)の磯笛 心にしみる… 今日という日に 感謝して 感謝して  夕陽にきらめく 夫婦岩 日暮れの浜で 肩寄せ合えば 遥(はる)か かなたの 水平線に 香る潮風 こぼれる笑顔… 今日という日に 感謝して 感謝して
北の雪虫GOLD LYLICキム・ヨンジャGOLD LYLICキム・ヨンジャ池田充男徳久広司夜が凍(しば)れて 雪にかわれば しゅるしゅると 胸が哭(な)く どうせのめない きついお酒が たまらなく ほしくなる 北へ北へと あの人を追いかけて いつか はぐれた 煉瓦(れんが)の都 わたし雪虫 ひとりぼっちよ 探して あなた  鞄ひとつで 降りたあの駅 アカシヤが 咲いていた 恋のうす着に 季節ながれて 札幌は 冬模様 北へ北へと たずねびと迷いびと いくつ数えた なみだの月日 噂ひろって 愛をつないで 泣いてる わたし  肌になじんだ 黒いドレスは あのひとが 好きな服 窓に行き交う 出船・入船 さいはての ベイホテル 北へ北へと この先はどこへゆく 旅の終りね 淋しさしみる わたし雪虫 こゝにいるのよ 逢いたい あなた
おまえに惚れたGOLD LYLIC美空ひばりGOLD LYLIC美空ひばりたかたかし徳久広司俺にきめろよ まよわずに 言って振り向きゃ ついてくる 惚れた(惚れた)惚れたよ おまえに惚れた 肩を抱きよせ 眸(め)をのぞきゃ 頬に紅さす おまえに惚れた  あなた躰(からだ)に 悪いわと 水でお酒を 割ってだす 惚れた(惚れた)惚れたよ おまえに惚れた 言葉づかいも 女房を きどる今夜の おまえに惚れた  金じゃ幸せ 買えないと 俺を泣かせる 憎いやつ 惚れた(惚れた)惚れたよ おまえに惚れた 空を見上げりゃ 星ひとつ そっと指さす おまえに惚れた
男の慕情GOLD LYLIC加門亮GOLD LYLIC加門亮吉田旺徳久広司港夜霧に 濡れて交わした わかれくちづけ 忘れるものか 伽羅のかほりの か細いからだ 抱いてやりたい もういちど 悔やんでみても もう遅い 夢はかえらぬ 男の慕情  ひとつコートに 肩をよせあい ふたり歩いた アカシアの道 独りたどれば 失くした愛の 愛の重さに 眸がぬれる いまさら何を うらんでも うしろ姿の 男の慕情  霧笛めがけて 銀の指輪を 投げて弔う ふたりの青春よ 好きよそれでも あなたが好きよ 海があいつの 声で涕く 悔やんでみても もう遅い 夢は儚ない 男の慕情
アカシアの街でGOLD LYLIC北山たけしGOLD LYLIC北山たけし仁井谷俊也徳久広司前田俊明想い出の札幌 訪ねてみれば お前の好きだった あの日の白い花 冷たい別れを 身勝手を 詫(わ)びたら昔に 戻れるだろうか アカシアの 薫る街 も一度逢いたい  粉雪の空港 理由(わけ)さえ告げず その手を振りきって 飛び立つジェット便 ごめんよ今頃 気がついた 離しちゃいけない 大事な女(ひと)と アカシアに 浮かぶ笑顔(かお) こんなに愛しい  面影を捜して すすきのゆけば ひとりで泣いてたと 夜風が噂する 許してくれたら この腕に やさしくお前を 抱きしめたいよ アカシアも 眠る街 今すぐ逢いたい
麗子GOLD LYLIC加門亮GOLD LYLIC加門亮吉田旺徳久広司南郷達也あなただけ あなただけ 他になんにもいらないと 涕かないで 涕かないで あゝ麗子 昔に戻れる 夜汽車があれば 迷わず今すぐ 乗るけれど おそすぎた何もかも 君は遠い女  愛しても 愛しても 霧にひそめるかくれ恋 涕かないで 涕かないで あゝ麗子 いまさら出逢っちゃ いけないふたり 運命よどうして もて遊ぶ おそすぎた何もかも 君は遠い女  もういちど もういちど 逢ってくれなきゃ死にますと 涕かないで 涕かないで あゝ麗子 燃えたつ想いの 求めるままに 身も世も捨てたい 夜だけど おそすぎた何もかも 君は遠い女
愛を消さないでGOLD LYLIC岩出和也GOLD LYLIC岩出和也仁井谷俊也徳久広司南郷達也夢をひととき 見させたあとで 背中冷たく 向けるひと もしも私に いけない性格(ところ) あるなら直すわ ひとつずつ 行かないで 行かないで あなた… あなた… 行かないで 涙でお別れ するよりも 愛する苦しみ 知りたいの  他人(ひと)に言えない むかしの傷を みんな許して くれたひと おんなひとりの こころの窓に ようやく点(とも)した 恋あかり 消さないで 消さないで あなた… あなた… 消さないで このままこの愛 失くしたら 生きてはゆけない 私なの  捨てないで 捨てないで あなた… あなた… 捨てないで 頼れる人さえ ない町で あなたが最後の 男(ひと)だから
霧情のブルースGOLD LYLIC加門亮GOLD LYLIC加門亮吉田旺徳久広司口笛も凍る みなとハコダテ 誰かあいつを 知らないか 探さないでと ルージュで書いた 左さがりの 文字がかなしい 夜霧よ歌うな ブルースは  ガス燈もうるむ みなとヨコハマ 誰かあいつを 知らないか ふたり出逢った 馬車道あたり 過去をまさぐる 恋のにがさは 夜霧に泣いてる ブルースよ  賛美歌にむせぶ みなとナガサキ 誰かあいつを 知らないか 夜の円山 見かけたという 噂たずねりゃ 他人の空似 夜霧よ歌うな ブルースは
春が来たGOLD LYLIC天童よしみGOLD LYLIC天童よしみ健石 一徳久広司あきらめかけてた 女の夢ひとつ 初めて咲きました あなたの優しさで 守って下さい 嵐が来た時は 折れて散りそな 花だから 胸につつんで 抱いててね あゝ春が来た あなたと言う名の 春が来た  待ってて良かった あなたに逢えました 忘れていいですね 心の傷あとは うしろは見ません 明日(あした)が逃げるから まわり道でも いいんです そこにしあわせ あるのなら あゝ春が来た あなたと言う名の 春が来た  笑顔も仕草も 私に似てるのね 信じてみたいのよ 一途な人だもの 迷わず生きてく 最後と決めたから ふれたその手の ぬくもりを 永遠(あい)と読んでも いいですか あゝ春が来た あなたと言う名の 春が来た
神戸北クラブGOLD LYLIC加門亮GOLD LYLIC加門亮吉田旺徳久広司しのび逢う夜の 短かさを うらむその眸が せつないよ 少女みたいに わがままをいわないで せめても踊ろう 神戸北クラブ 君は人妻… あゝ人の妻  離れたくない 離せない 同じ思いの 影と影 いっそあなたの 腕の中死にたいと ルージュが囁く 神戸北クラブ 君は人妻… あゝ人の妻  薄い氷を 踏むような 倫にそむいた 恋だから 今度逢う日の 約束が見えなくて 小指も泣いてる 神戸北クラブ 君は人妻… あゝ人の妻 
24時の孤独GOLD LYLIC秋元順子GOLD LYLIC秋元順子田久保真見徳久広司矢野立美淋しさは 慣れているわ 哀しみも 友達なの こわいものなど ひとつだけなの それは あなたの優しさよ 二度と恋なんて したくないの そばにいてと 言えないのは 愛しすぎること 知ってるから 逢いたいのに 逢えないひと 夢で逢えるなら それだけでいいの  雨あがり 遠い虹を 見つめてた 少女のころ 欲しいものほど 消えてゆくから いつも わたしは臆病ね 抱きしめられても すり抜けるわ くちづけさえ ためらうのは 人は孤独だと 知ってるから 逢いたいのに 逢えない夜 瞳を閉じれば あなたがいるから  24時の部屋 一人きりで そばにいてと 言えないのは 愛しすぎること 知ってるから 逢いたいのに 逢えないひと 夢で逢えるなら それだけでいいの
白雪草GOLD LYLIC増位山太志郎GOLD LYLIC増位山太志郎下地亜記子徳久広司南郷達也抱けばはかなく 散りそうな 細い襟足 涙ぐせ こんな男に 根を下ろし ついてくるのか どこまでも 白雪草 白雪草 俺にもたれて 咲く花よ  もっと器用に 生きれたら らくな暮らしも できるのに 今日の苦労の つぐないに きっとやりたい こもれ陽を 白雪草 白雪草 路地のかたすみ 咲く花よ  雨が降るから 伸びる草 闇があるから 開く花 つらい暮らしの その先に 春が来るわと 笑うやつ 白雪草 白雪草 明日(あす)を信じて 咲く花よ
恋歌酒場GOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし阿久悠徳久広司川村栄二恋歌酒場 とどけよ恋よ 想いを籠(こ)めて 今宵も歌う ピアノのひとは 心やさしく あなたのためと 指輪を外す ああ せつなくも 哀しくも 熱きやわ肌 色づくような 恋歌よ 恋歌よ 乾いた砂漠に降る雨のごと 人(ひと)生(い)きる歌よ  恋歌酒場 名残りの夜の 心に満ちた 想いのたけを 更け行く窓に 雨の雫が 涙のふりで 滴(したた)り落ちる ああ 激しくも 苦しくも 時の流れをとどめるような 恋歌よ 恋歌よ 嘆きの巷に咲く花のごと 人(ひと)生(い)きる歌よ  ああ 儚くも 空(むな)しくも 夢をうつつと信じるような 恋歌よ 恋歌よ いたみの心に注(つ)ぐ酒のごと 人(ひと)生(い)きる歌よ
男のグラスGOLD LYLIC加門亮GOLD LYLIC加門亮吉田旺徳久広司グラス揺らせば カラカラ カラと 胸の虚を 胸の虚ろを 氷が嗤う このままわたしを 盗んでと 縋ったあいつの 一途さが 男ごころを 又ゆする 北のとまり木 あゝ霧笛酒(むてきざけ)  酔えばあいつが 唄った歌を どこか空似の どこか空似の おんなが唄う あなたがわたしを 忘れても 忘れてあげない 忘れない 別れ台詞が 背中を刺す 北のとまり木 あゝ旅路酒(たびじざけ)  コート一枚 羽織ってみても いのち冷え冷え いのち冷え冷え さいはて港 いまさらあいつの 真情に 気づいてみたって もう二度と 抱いてやれない 彼岸花 北のとまり木 あゝ霧笛酒
咲いてみないかもう一度GOLD LYLIC岩出和也GOLD LYLIC岩出和也原文彦徳久広司南郷達也久しぶりだね お前の笑顔 こころ揺さぶる 再会の街 泣いて別れた あの日から 少し大人に なれたよ俺も あれも夢なら これも夢 咲いてみないか もう一度 この俺に  グラス二杯で ほんのり紅い まるで桜の 花びらのよう 照れて恥じらう その仕草 涙知らない 昔のままさ 離したくない 愛してる 賭けてみないか もう一度 この恋に  そっと重ねる 手のぬくもりは 二度と切れない 二人の契り つらい思いの 年月は きっと今日から 取りかえそうね やっと出会えた 遅い春 咲いてみないか もう一度 この俺に
おまえの港徳久広司徳久広司徳久広司徳久広司こんな女で いいですか おまえは小さく つぶやいて 細い肩先 ふるわせる 夜明けまぢかの 北岬 ふたりの行先灯りがともる 今日から俺が おまえの港  かくす手首の傷あとは 心の弱さの 罪ですと うすい痛みを 噛みしめる つらい過去は忘れろよ 守ってやるさ この倖せは 今日から俺が おまえの港  北で生まれた女にも ようやく春が 来ましたと そっと微笑った いじらしさ 旅の終わりは 俺の胸 二人で生きる 明日があれば 今日から俺が おまえの港 
ぬれて大阪アローナイツアローナイツ山口洋子徳久広司待っているわと 叫んだ声も つめたい男に とどきはしない 雨の新地は 流しの歌も ふられた女の歌ばかり アアアー濡れて大阪 アアアー濡れて大阪 あなたあなた愛して 涙のぶるーす  どこにいるのと 夜風にきけば ひとりで飲んでた いつもの店で 嘘よ昨夜は あの娘といっしよ 肩よせあってた 御堂筋 アアアー濡れて大阪 アアアー濡れて大阪 あなたあなた愛して 涙のぶるーす  どうせだめさと わらわれながら 夢にすがって 三寺あたり いいの他人めに どううつろうと 情の一字で生きてゆく アアアー濡れて大阪 アアアー濡れて大阪 あなたあなた愛して 涙のぶるーす
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
しぐれ川山川豊山川豊吉田旺徳久広司春にそむいて しぐれ川 ふたりこぎ出す 情け舟 抜いた指輪を 川面に投げて これでわたしは あなたのものと すがるおまえを 離しはしない  着のみ着のまま ほつれ髪(げ)に せめてひとひら 花吹雪 明日の夢さえ 見えないけれど こころ通わす ぬくもりあれば 生きて行けると ほほえむおまえ  にごり川でも いつの日か 陽光(ひかり)きらめく 海に出る 死ぬも生きるも ふたりと決めた 恋のさだめが 指さすままに ゆれて流れる あゝ しぐれ川
お店ばなし増位山太志郎増位山太志郎木未野奈徳久広司昨夜(きのう)かわった この店に 北国育ちが 二人いる 色白の… アキさんも そうだって ママに聞いたわ 入る時 だからお酒が 強いのね  演歌好みの まりさんが カラオケまわして うたうのは 有線で… よく聞いた 淋しげな 丁度私の 身の上に にてる流行(はやり)の うたばかり  いつか小さな パブだけど 持つのが私の 今の夢 順という… この名前 占いじゃ 恋をするより 商売に 向いた字画と いわれたわ  おそい時間に 少しだけ 車でよる人 まだこない 手作りの… おにぎりが 好きだって… どこか彼女に にてるって… かげのあるよな 指輪して
かなしい女角川博角川博田久保真見徳久広司前田俊明指に絡んだ さだめの糸を 首にまわして 死なせてよ お酒は女の いのちの水よ 恨んだ日々を 流すほど どうか呑ませて 今夜だけ 呑んでも呑んでも酔えない かなしい女  無茶な生き方 叱ってくれた あなた優しい ひとでした お酒は女の 助けの水よ 涙が枯れた こんな夜は どうか呑ませて あびるほど 呑んでも呑んでも泣けない かなしい女  針のむしろの 地獄でいいの 惚れて惚れ抜き 惚れ尽くす お酒は女の 未練の水よ 心が泥に まみれたの どうか呑ませて 洗わせて 呑んでも呑んでも酔えない かなしい女
酒ごころキム・ヨンジャキム・ヨンジャ久仁京介徳久広司前田俊明路地の灯りに 情けがともる 泣いているよに ネオンがとける 好きでどうして 別れたと なんで今さら 愚痴になる 夢を欲しがる 女の酒場 未練がせめる  まわり道して 人目をさけて 飲んだ屋台の しあわせ徳利 すべて許して 結ばれた 恋のさだめが 愛おしい 惚れりゃつらいと 夜風が云った 面影うかぶ  足は千鳥で 心はカモメ なのに飛べない なみだの酒よ 嘘じゃなかった 夢なのに いくつ壊れた 壊された きっともいちど 咲かせてみたい きれいな花を
昭和の歌など聴きながら八代亜紀八代亜紀荒木とよひさ徳久広司他人を妬(ねた)まず 羨(うらや)まず 心を豊かに 朗らかに そんな人生 送れよと 父さんあなたは 云っていた 熊蝉(くまぜみ)しぐれが 終ればまた秋が 今年の彼岸は 帰ります 会いたいね 飲みたいね 昭和の歌など 聴きながら  自分を奢(おご)らず 慎(つつ)ましく 涙は静かに 清らかに そんな女で 暮せよと 酔うたびあなたは 云っていた 秋桜(コスモス)咲く頃 主人(あのひと)また連れて ふたりで彼岸は 帰ります 会いたいね もう一度 昭和の歌など 聴きながら  熊蝉(くまぜみ)しぐれが 終ればまた秋が 今年の彼岸は 帰ります 会いたいね 飲みたいね 昭和の歌など 聴きながら
雨の港町キム・ヨンジャキム・ヨンジャ久仁京介徳久広司前田俊明雨に煙った オランダ坂で 夢にはぐれて 思案橋 ひとりじゃつらい 旅だから 追いかけてきてよ ねぇあなた ここは長崎 霧笛の港町  赤いレンガの 倉庫の陰に あなたいそうな 秋しぐれ 港にあかい 灯がともりゃ 寂しくないのか かもめ鳥 ここは函館 心はエトランゼ  長い桟橋 メリケン波止場 いっそこのまま 外国へ 意地をはるのが 女なら やさしく抱いてよ ねぇあなた ここは横浜 雨降る港町
愛と戯れの隣りに…前川清前川清荒木とよひさ徳久広司竜崎孝路悲しい女は 涙が本当は友達 あなたに飛び込み 心開いても… それが愛なら 時を止めたままで 過去も未来も すべてたち切り あなたひとりに 肌を守りとおし きっと最後の 恋にするのに 男のずるい 戯れにされても この涙 別れても 裏切りはしない  賢い女の 生き方出来たらいいけど 優しい嘘にも 身体また許す… それも愛なら 息を殺しながら 夢の毛布で 右手からませ あなたひとりを 縛りつけてしまい これで最後の 人にするのに 男のずるい 戯れにされても この不幸 別れても 捨てたりはしない  それが愛なら 時を止めたままで 過去も未来も すべてたち切り あなたひとりに 肌を守りとおし きっと最後の 恋にするのに 男のずるい 戯れにされても この涙 別れても 裏切りはしない
春はもうすぐ小金沢昇司小金沢昇司麻こよみ徳久広司前田俊明せめて今夜は 二人して 花を一輪 飾って いつもおまえは 笑顔絶やさず ついて来た 雨の降る日も 風の吹く日も つなぐこの手の ぬくもりで 支えてくれたね ありがとう 春はもうすぐ すぐそこに 来てるから  長い道程(みちのり) 振り向けば 思い通りに ならずに 酒に逃(のが)れて つらく当たった 夜もある いつもおまえに 苦労ばかりを かけた過去(むかし)を 悔やむだけ 出逢えて良かった ありがとう 春はもうすぐ すぐそこに 来てるから  一度限りの 人生を  何があろうと 焦(あせ)らず きっとおまえを 俺が守るよ これからは 心ひとつに 結び直して 無駄じゃなかった 回り道 支えてくれたね ありがとう 春はもうすぐ すぐそこに 来てるから
残んの月杜このみ杜このみ麻こよみ徳久広司南郷達也あてにならない 約束なのに あなたを今夜も 待つ私 来る来ない 来る来ない なぜなぜ来ない 夜明けに浮かぶ 残んの月よ 心細さに 震えます  ひとつため息 こぼれるたびに 口紅淋しく 色褪(いろあ)せる 来る来ない 来る来ない やっぱり来ない ぽつんと浮かぶ 残んの月よ いっそこの恋 捨てましょか  今日で十日(とおか)も 逢えないままで 女の心が 痩(や)せて行く 来る来ない 来る来ない なぜなぜ来ない 涙でにじむ 残んの月よ どこで今頃 誰といる
越前つばき藤原浩藤原浩仁井谷俊也徳久広司南郷達也紅(くれない)色に いのちを染めて 好きなあなたに 身をまかす 咲けば儚(はかな)い… 散るのはつらい 知っていながら なお燃える 芦原(あわら)湯の町 越前つばき  人眼をしのぶ おんなの恋を 隠す三国(みくに)の おぼろ月 咲けば儚い… 散るのはつらい 熱い吐息を こぼしても 胸に雪降る 越前つばき  手まくらされて 眠った夜明け 朝が倖せ 連れてゆく 咲けば儚い… 散るのはつらい 紅い涙を 九頭竜川(くずりゅう)の 水に流した 越前つばき
戻れないんだよ鳥羽一郎鳥羽一郎かず翼徳久広司南郷達也過去(むかし)の女は 捜すもんじゃない 逢えばむなしく なるだけさ 男と女の 仲なんて 所詮男が 悪者でいい 心を焦がした あの日には 戻れないんだよ 戻れないんだよ  遠きにありても 思うもんじゃない 捨てた故郷(ふるさと) 振り向くな 今さら草むす 墓に行き 両手合わせて 詫びてみたって おふくろ元気な あの頃に 戻れないんだよ 戻れないんだよ  失くした夢なら そっと眠らせろ 過ぎた月日に 乾杯だ 人生誰もが 寂しさを 胸にかかえて 明日(あした)へ歩く 輝く瞳(め)をした 少年に 戻れないんだよ 戻れないんだよ
花つむぎ伍代夏子伍代夏子仁井谷俊也徳久広司前田俊明雪の中から ひと彩(いろ)紅く 花を咲かせた 寒椿 花つむぎ… 花つむぎ… 恋の経(たて)糸 緯(よこ)の糸 思いのままに 織れなくて 今日も貴方を ひとり貴方を 待つおんな  母にそむいて 故郷(ふるさと)捨てる それが出来ない 私です 花つむぎ… 花つむぎ… 紬機(つむぎはた)織(お)る この町で 一途に燃えた 夢ひと夜 今も涙が 頬に涙が 零(こぼ)れます  忍ぶ恋でも ふた冬み冬 待てばふたりに 春が来る 花つむぎ… 花つむぎ… 好きな貴方の 面影を 瞼の裏に 抱きしめて 歩くこの道 生きるこの道 雪あかり
北へ帰ろう小林旭小林旭徳久広司徳久広司北へ帰ろう 思い出抱いて 北へ帰ろう 星降る夜に 愛しき人よ 別れても 心はひとつ 離れまい  北へ帰ろう 思いを残し 北へ帰ろう 誰にも告げず 夜露を踏めば ほろほろと あふれる涙 とめどなく  北へ帰ろう 涙を捨てに 北へ帰ろう 星降る夜に みとせの夢よ わが恋よ 君くれないの くちびるよ
ごめんよ麗子増位山太志郎増位山太志郎麻こよみ徳久広司南郷達也窓に小雨が そぼ降る夜は 過去(むかし)の女を 思い出す あんなに尽くして くれたのに 冷たく背中を 向けて来た ごめんよ麗子 おまえに会いたい  長い黒髪 エプロン姿 離してしまった 安らぎを 二人で暮らした アパートは 今でも残って いるだろか ごめんよ麗子 おまえに会いたい  せめて一言(ひとこと) 謝りたくて 泣いてはいないか 今頃は 幸せ見つけて いるのなら 心をかすめる ほろ苦さ ごめんよ麗子 おまえに会いたい
霧笛の酒場北山たけし北山たけし仁井谷俊也徳久広司前田俊明夜霧にうるむ 港のあかり 窓からひとり みる俺さ こんな夜には そばに来て そっとお酌を してくれた 何処(どこ)にいるのか 霧笛の酒場  おんなの夢を 叶えてやれず 悔やんでいるよ 今だって 波止場通りを 訪ねても 知らぬ他人の うしろ影 ひと目逢いたい 霧笛の酒場  時計が過去に 戻せるならば おまえを二度と 離さない 古い北向き アパートに 花を一輪 飾ってた 酔えば恋しい 霧笛の酒場
愛をありがとう真木柚布子真木柚布子市原まい子徳久広司前田俊明幼い頃の夢を 追いかけて ここまで来たの 苦しいことも今は 笑い話になるわ 涙溢れたら 月明かりの下で キラキラと照らされる 星に変わるの  私には歌があるから 大切な人がいるから 生きてゆく喜びを ありがとう  遥かに続く道は 果てしなく 遠いけれど 楽しみながら歩く 道を探して行くわ 心疲れたら 野に咲く花を摘み 温かな陽のあたる 窓に飾るの  私には歌があるから 愛される人になるから いつまでも これからも ありがとう  私には歌があるから 大切な人がいるから 生きてゆく喜びを ありがとう 生きてゆく喜びを ありがとう
ガラスの部屋ハン・ジナハン・ジナ田久保真見徳久広司川村栄二女は わかるのよ くちづけた その時に あなたが サヨナラを 今夜 言うのがわかるのよ  やめてやめてやめて おねがい やめてやめて 抱きしめるのは そんな優しさは 残酷なだけ  こわれてゆく 愛が刺さる ガラスの部屋で  女は だますのよ さみしいと 自分さえ あなたを 失くしたら きっと 誰かに抱かれるわ  やめてやめてやめて おねがい やめてやめて 忘れられない どうせ終わるなら 冷たく捨てて  こわれてゆく 愛が見える ガラスの部屋で  やめてやめてやめて おねがい やめてやめて 忘れられない どうせ終わるなら 冷たく捨てて  こわれてゆく 愛を飾る ガラスの胸に
酔中花坂本冬美坂本冬美吉田旺徳久広司南郷達也後をひくよな くちづけを 残して帰って 行ったひと おとな同志の 粋な関係(なか) それでいいのよ いい筈(はず)なのに あたし! ヤダな めめしくて とまどい 酔中花(すいちゅうか)  お止(よ)し本気に なるなんて お酒がわらって 止めるけど 逢えない夜の 肌寒(はださむ)さ つめのさきまで 淋(さみ)しいよ あたし! ヤダな めめしくて ゆらゆら 酔中花  これが最後の 恋なんて シレーっとまた嘘 ついたひと 及ばぬ夢と 知りながら 夢に抱かれた 夜いくつ あたし! ヤダな めめしくて さみだれ 酔中花
矢車草 ~やぐるまそう~伍代夏子伍代夏子仁井谷俊也徳久広司前田俊明あなたに出逢って あなたを愛し 人恋う涙を 知りました 矢ぐるまの… 矢ぐるまの… 花はむらさき 秘めた恋 ひとり手鏡 覗(のぞ)いては 次の逢瀬を 待ちわびる  女のせつなさ 逢いたさ辛(つら)さ 一途に燃えてる 胸の炎(ひ)よ 矢ぐるまの… 矢ぐるまの… 花に託した この想い いのち重ねて 結ばれた 夢をみました 今日もまた  こんなに小さな 幸せだけど こころに大事に 抱きしめる 矢ぐるまの… 矢ぐるまの… 花はあしたに 凛(りん)と咲く たとえ添える日 遠くとも 愛を信じて 生きてゆく
雨の奥飛騨路西方裕之西方裕之たかたかし徳久広司前田俊明啼いて飛び立つ 雷鳥の 声もさびしい 山の駅 逢う瀬せつなく いのちを燃やし 今朝は別れて 行く人よ いかないで いかないで 雨の奥飛騨路  逢えばうれしい 人だけど つらい別れを 連れてくる 夜に浮かんだ 赤ちょうちんで 夢を注がれて 飲むお酒 いかないで いかないで 雨の奥飛騨路  体ひとつで もどれたら ここでおまえと 出直そう そんな言葉に また泣かされて 送る背中の 女傘 いかないで いかないで 雨の奥飛騨路
人恋酒美空ひばり美空ひばりたかたかし徳久広司人に教わる こともなく いつかおぼえた 酒の味 生きてくつらさ 心の傷を 酔ってわすれる 裏通り 酒よ 今夜もおまえとさしむかい  人に踏まれて 泣きもした 恋にいのちを 賭けもした 忘れたはずの 面影ひとつ おもいださせる 通り雨 酒よ 今夜もおまえとさしむかい  人が恋しく 飲む酒か 夢がほしくて 飲む酒か 沈むも浮くも 人の世ならば 悔いを残さず 歩きたい 酒よ 今夜もおまえとさしむかい
冬の蛍花咲ゆき美花咲ゆき美伊藤美和徳久広司萩田光雄戻って来ない あなた探して ひとり都会の 空に舞う 届いた手紙の 消印だけを 頼りに彷徨(さまよ)う いのち灯して 風も冷たい この街じゃ 凍えてしまうわ 冬蛍(ふゆほたる)  あなたについて 行(い)けばよかった 離れ離れに なるのなら 三番ホームの ふるさと行(ゆ)きの 列車に乗りたい 肩をならべて 夢も濁(にご)った この街じゃ 生きてはゆけない 冬蛍  帰りたくない 理由(わけ)があるなら せめて元気か 知りたいの あなたが私を 忘れていても 私は死んでも 忘れられない 時間(とき)も眠らぬ この街じゃ 凍えてしまうわ 冬蛍
勝負坂永井裕子永井裕子志賀大介徳久広司南郷達也生きているから 花も実も 咲いて微笑む 浮世じゃないか 辛抱する木の 枝から育つ 夢のつぼみは ほんものだ 風が背を押す 風が背を押す 勝負坂  決めた道なら 真っ直ぐに 行けば望みの 灯りが見える 足元見ないで 歩いていたら 道に迷って 泣きをみる 後ろ向くなよ 後ろ向くなよ 勝負坂  悔しなみだの その味は 噛んだ奥歯が 覚えているよ 勇気の一歩で 一段登りゃ 生きる希望の 陽が昇る 春が呼んでる 春が呼んでる 勝負坂
幸せはすぐそこに…天童よしみ天童よしみ木下龍太郎徳久広司竜崎孝路背伸び爪立(つまだ)ち 遠くを見たが 捜せなかった やすらぎは 腰を屈(かが)めて 手探りしたら 指に触(さわ)った ぬくもりが 愛と一緒に 幸せは 貴方(あなた)の胸に すぐそこに…  傍(そば)にあるのに 気が付かないで なんでわざわざ 遠まわり 無駄な涙を 流して知った 女ごころの おろかさを 隣り合わせの 幸せは 貴方の胸に すぐそこに…  こころ気遣(きづか)う やさしい影が 明日の私の 道しるべ ひとり歩きで 作った傷は きっと治して やると言う 捜し求めた 幸せは 貴方の胸に すぐそこに…
みちづれ川小金沢昇司小金沢昇司麻こよみ徳久広司前田俊明冷たい噂に 追われるように ふたりあの町 捨てて来た どこへ流れる 恋の舟 ごめんよ ごめんよな 俺のわがままを 人目に隠れて つなぐ指 命ひとつの みちづれ川よ  唇 黒髪 おまえのすべて 俺のものだと 抱きしめた 他の誰にも 渡せない ごめんよ ごめんよな しみる水しぶき 二度とはふるさと 戻れない ふたり流れる みちづれ川よ  悔やんでいないか つらくはないか 詫びる心で 寄り添えば すがるおまえの いじらしさ ごめんよ ごめんよな 俺のわがままを 泣かせた月日は 取り返す 命ひとつの みちづれ川よ
花のワルツ藤あや子藤あや子たかたかし徳久広司夢で逢いたい抱かれたい あなたの愛の 陽(ひ)だまりに 花よ、花、花 散らないで この世に生きる不条理(かなしみ)に おし流されてしまいそう  泣いちゃいけない よわ虫と わたしの髪を 撫(な)でた人 雨よ、雨、雨 降らないで こころに酒がしみる夜(よ)は グラスが泣いてさみしがる  めぐり逢いたいしあわせに おんなの涙 夢しずく 花よ、花、花 泣かないで 流れにうかぶ水草(みずくさ)も ちいさな春を胸に抱く
遠花火西方裕之西方裕之竜はじめ徳久広司下駄がからころ 後追うように 浴衣の裾に 絡みつく 夜空にひとつ またひとつ 肩を寄せ合う 橋の上 瞬間(とき)を彩る 遠花火  燃えて広がる 菊一輪も 音と光の すれ違い 川面(かわも)にひとつ またひとつ 添えぬ二人に 似た運命(さだめ) 消えて儚(はかな)い 遠花火  縋(すが)りつきたい 思いの丈(たけ)を 秘めて髪梳(す)く いで湯宿 鏡にひとつ またひとつ 今宵かぎりの 花化粧 咲いて散りゆく 遠花火
こころ花キム・ヨンジャキム・ヨンジャ久仁京介徳久広司前田俊明情けかさねりゃ 深みにはまる 知っていたのに また泣かされた 酒のちからで 別れてくれと 云った男の ずるさが見えて 咲かす未練の こころ花  髪のみだれを 夜風がはらう はらいきれない 面影ひとつ 苦労させぬと あんたは抱いた 嘘を信じた わたしが悪い 歩く足元 水たまり  花の都と 世間じゃ云うが どこに咲いてる しあわせ花は もっと上手に 生きられないか 月がやさしく 微笑むけれど 袋小路の こころ花
そんなナイト・パブ増位山太志郎増位山太志郎水木怜徳久広司竜崎孝路あなたのマネして タバコをふかし わざとわるさを してみせる シャララ…… トシオ だからお前が 可愛いと ホホを押えて くれた人 このごろ来ない 札幌 そんなナイト・パブ  濃い目のブルーの 背広ににあう カルダン仕立ての ネクタイを シャララ…… ミツル 買ってあるのに それっきり きっと浮気を してるのね このごろ来ない 東京 そんなナイト・パブ  私のこころに にたよな唄が あればカラオケ かけてみる シャララ…… イサオ 君は好きでは ないんだと いつもやかせる にくい奴 このごろ来ない 大阪 そんなナイト・パブ  あなたのボトルが あくころそっと 車をとばして 来てくれる シャララ…… タカシ 酔ったみたいで なんかへん 今日は甘えて みたいのに このごろ来ない 博多も そんなナイト・パブ
献身山口かおる山口かおる山口あかり徳久広司前田俊明どしゃ降り雨に 傘もなく あなたを探して 歩いてた 浮気な風に 誘われて 今夜もきっと 帰らない あんな男と いわれても この世で一人 ただ一人 尽くして 尽くして みたいから 諦らめないわ 愛したい 女って男で 変わるのよ  照れくさそうな 朝帰り 黙ってあなたに しがみつく お疲れでしょう お茶いかが 事故ではないかと 気にしてた 信じることも 生甲斐よ この世で一人 ただ一人 尽くして 尽くして みたいから 諦らめないわ 愛したい 女って男で 変わるのよ  戦いすめば 子どもみたい いばった顔して 眠ってる 男は夢を 追うものよ 自由に大空 飛べばいい 躰にだけは 気をつけて この世で一人 ただ一人 尽くして 尽くして みたいから 諦らめないわ 愛したい 女って男で 変わるのよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夜の恋の物語増位山太志郎・長沢薫増位山太志郎・長沢薫吉法かずさ徳久広司冷(ひ)えた指して どうして泣くの いいえあなたが やさしいからよ 吹雪舞う夜 すすきのへ 来たから舞子と つけました ああ……札幌に 恋の花咲け そっと咲け  七時土橋で待ってておくれ かまわないのよ 遅刻をしても 紅を濃いめに また引いて わたしは紅子に 変わります ああ……東京の 夜の銀座は 恋化粧  だれがうたうか 演歌のふしが そうね今夜は 身にしみるわね キタの酒場に きてからは ゆめみる夢子に なりました ああ……大阪は 泣いた昔の 捨てどころ  博多献上は どなたの見立て やいているのね おかしな人ね 東中洲の 灯も消えた あなたは純子を 送ってね ああ……福岡の 空におんなの さだめ星
長良川岡ゆう子岡ゆう子夢ユメ子徳久広司前田俊明風があなたの 匂いをつれて 美濃に短い 秋が来る 郡上おどりで むすばれて 情けながした 長良川 わるい人ほど あとをひく 別れた今でも 逢いたくて  古い町並み 細路地ぬけて 探すあなたの 影もない 好きでいりゃこそ 嘘ひとつ 許せなかった 長良川 季節めぐれば 忘れると 思っていたのに 逢いたくて  関の鵜飼で 小舟がゆれて 水のしぶきに 濡れた夜 襟を合わせる 手をほどき 胸に紅葉の 長良川 肌がほしがる 想い出に 心があふれて 逢いたくて
みちづれの花藤原浩藤原浩仁井谷俊也徳久広司前田俊明あなたに逢えて 幸せですと 照れてるその眸(め)に 惚れたのさ 無口で不器用な この俺に 心底尽くして くれる奴 おまえはそうさ あゝそうさおまえは みちづれの花  たまにはあなた 酔いたいですと 酌する目許(めもと)の 色っぽさ 世間に負けそな そんな夜は 庇(かば)ってささえて くれた奴 おまえはそうさ あゝそうさおまえは みちづれの花  ふたりの春は もうすぐですと 蕾(つぼ)みの鉢植え 水をやる 故郷(ふるさと)みたいな ぬくもりと こころにやすらぎ くれる奴 おまえはそうさ あゝそうさおまえは みちづれの花
運命の主人公チャン・ウンスクチャン・ウンスクちあき哲也徳久広司伊戸のりお自分で選んだの この役は 嫌よ、あなたが 謝らないで… 車に乗り込む 痩せぎすな背中に 今日も励ますとなく 言っていた… きっと女の数だけ 愛に形はあるのね 暗いものだけ見馴れて そして生きては来たけど 終着駅はここ… もう誰にもあげない もうふり回されない 私、この運命の 主人公  泊まって行けないわ それが何 家があるわよ それが何なの… 逢えない夜には 逢いたさが教える 胸で伸びてる愛の 背の高さ… きっと女の数だけ 愛に勁(つよ)さはあるのね 昔、恋した男が 知って面白がっても あなたと決めたから… もう誰にもふれない もう傷つけられない 私、この運命の 主人公  きっと女の数だけ 愛に行方はあるのね たとえやっぱり間違い これが運命(さだめ)じゃなくても 終着駅はここ… もう誰にも会わない もう涙もいらない 私、この運命の 主人公
凛として坂本冬美坂本冬美たかたかし徳久広司南郷達也日が昇り 日が沈む 春が来て 夏が行く 生きとし生ける ものすべて 命にかぎりは あるけれど 花のように 心を開き 私は咲きたい…凛として  めぐり逢い 時にまた 涙して わかれゆく 喜び悲しみ それもまた この世のならいと 胸に秘め 鳥のように 夜明けの空へ 私は翔びたい…凛として  移りゆく 人の世に ささやかな 夢を抱き 男は酒を みちづれに 女は愁いを 身につけて 川のように 大地を流れ 私も生きたい…凛として
居酒屋ほたる上杉香緒里上杉香緒里里村龍一徳久広司南郷達也橋の向こうの 赤い灯(ひ)は ふたりで通った 夢の跡 雨が降ります 居酒屋ほたる あなたが今夜も いるようで 涙で渡る 恋の橋  七つしかない 止まり木の 奥から二番目 指定席 ひと目逢いたい 居酒屋ほたる お酒の二合じゃ 酔えないわ 想い出ばかり 降る夜更け  空(から)のボトルに 花を挿(さ)し 飾ってあの日へ 旅をする 肩が寒いわ 居酒屋ほたる 私のとなりを 空けてます 最後に一度 逢いたくて
北のアカシヤキム・ヨンジャキム・ヨンジャ池田充男徳久広司前田俊明しあわせでしたと あのひとに 伝える間もなく 出てきたの みぞれ降る朝 カモメ町から 海岸バスで… ここは アカシヤ香る 北の都よ ネオンの海よ 馴染んで今年も 春が来る  お酒ものめるし にぎやかに みんなで居るのが 好きだから 白い服より 夜のドレスが 似合うのかしら… ここは 南の四条(よじょう) 西の五番よ 私のお城 きれいに女を 咲かせたい  こころも いのちも アカシヤの せつない女に なりきって 生きてみせます 泣いてはしゃいで つよがり言って… ここは 情けが積る 雪の都よ 負けたらだめよ 私を見ている 時計台
放されてニック・ニューサーニック・ニューサー吉田旺徳久広司水に七色 ネオンの花は 夢がありそに 浮かれてるけど 私はあんたに 放されたまま ひとり曽根崎 はぐれ鳥  忘れなあかん…忘れなあかん あんたなしでは よう生きられん  忘れなあかん…忘れなあかん おんなやもん 酒落た女で いたいのやけど 私はやっぱり 演歌です  あいつばかりが 男やないと グラス片手に 気取ってみても ゆうべ大阪 捨てたと聞けば 知らず知らずに 目が濡れる 泣いたらあかん…泣いたらあかん 泪ぼろぼろ よう止められん  泣いたらあかん…泣いたらあかん おんなやもん いっそ放そか 大淀川へ あんた恋しと 哭くこころ  忘れなあかん…忘れなあかん あんたなしでは よう生きられん  泣いたらあかん…泣いたらあかん おんなやもん いっそ放そか 大淀川へ あんた恋しと 哭くこころ
ハン・ジナハン・ジナ瑳川温子徳久広司川村栄二あれから二年 過ぎた今も 別れの理由(わけ)を 探してる ガラス越し あなたがいるよで 眺めて見ても 幻だけ 窓の向こう 秋は深まり 落ち葉は 哀しみのかけら ああ‥寂しいよ 逢いたいよ 心が痩せて いくばかり  あの日の朝の 時間(とき)を止めて 壊れたままの 置時計 泣きながら 手放す愛なの 重ねた記憶 忘れないわ 窓の向こう 夜の帳が 虚しく 音もなく降りる ああ‥恋しいよ 逢いたいよ 肩割れ月に 映る面影(かげ)  窓の向こう はぐれ小鳥が 寝ぐらの 止まり木に急ぐ ああ‥待ってるよ 逢いたいよ あなたはどこに 今どこに あなたはどこに 今どこに
再会酒場坂本冬美坂本冬美吉田旺徳久広司南郷達也明けて巣ごもり 達者でいたか 先(ま)ずは乾杯! 再会酒(さいかいざけ)だ 人生(たび)につかれた 俺達にゃ 此処(ここ)は心の 船着場 おかみ! 酒だよ あゝ 人肌(ひとはだ)で  まるで昭和が 割烹着(エプロン)つけて 立っているよな おかみの笑顔 ふっと遥かな おふくろを 重ねあわせて ホロリ酒 よせよ! いつまで あゝ ガキのまま  泣いているよな てるてる坊主 紺の暖簾(のれん)も くたびれたけど おかみ頑張れ 頑張ろや 呑ン兵(のんべ)仲間も ついている おかみ! 酒だよ あゝ 勇み酒
新・中の島ブルースアローナイツアローナイツ荒木とよひさ徳久広司夢をください 嘘でいいから この指に この髪に この胸に ゆきずりの旅の人よ あすは他人の 背広姿 一度だけ 一度だけ 契りかわせば ああ 泣いて札幌 中の島ブルース  お酒ください 涙色した 淋しさに 想い出に 傷跡に 止り木の旅の人よ どこか昔の 男に似てる 面影が 面影が 心ゆらせば ああ 泣いて大阪 中の島ブルース  情ください ひと夜限りの 夢あかり 影あかり 恋あかり 淋しげな旅の人よ 逢えば別れの 恋ねぐら ひきとめて ひきとめて 未練ごころを ああ 泣いて長崎 中の島ブルース 
雪舞いの宿藤原浩藤原浩仁井谷俊也徳久広司南郷達也船に乗らなきゃ 来れない宿に あなたを誘った 私です 三ヶ月(みつき)に一度の 逢瀬なら 今夜はやさしく 愛してほしい 胸に甘える… 雪舞いの宿  あれは五箇山(ごかやま) こきりこ節が 聞こえた気がする 湯舟まで 赤々燃えてる いろり火が 情念(いのち)の炎を なおさら燃やす 夢に酔いたい… 雪舞いの宿  雪よ降れ降れ 帰れぬほどに ふたりを氷柱(こおり)で 閉じ込めて このままあなたと 別れたら ひと冬越せない 女のこころ 離れたくない… 雪舞いの宿
哀愁フラメンコ山口かおる山口かおるかず翼徳久広司桜庭伸幸私から言えずに さよならが言えずに あなたに捨てられる その日待つなんて 恋の終わりを 知りながら 気づかぬ振りした 罪ですか ララバイ ララバイ 溜息のギターラ ララバイ ララバイ 忘れさせてよ 聞き分けのない 未練が胸で 愛をかき鳴らす 哀愁フラメンコ  泣かないと決めてた 追わないと決めてた 愚かなプライドと 分かっているけど 恋の終わりは 出逢いから ひそかに始まる ものなのね ララバイ ララバイ 想い出のフィエスタ ララバイ ララバイ 迷子のように 陽ざかりの街 めまいの中で あなた見失う 哀愁フラメンコ  ララバイ ララバイ 悲しみのシエスタ ララバイ ララバイ 眠りたいのに 聞き分けのない 未練が胸で 愛をかき鳴らす 哀愁フラメンコ
今夜だけ内田あかり内田あかりかず翼徳久広司伊戸のりお今夜だけ もう一度 抱きしめられて 眠りたい 明日(あした)の朝は見送らないわ 後ろ姿を 夢追いかけて 旅立つあなた 何歳(いくつ)になっても翼があるのね 男って… この街で 思い出を 暖めながら 生きてゆく こんな女が いたことだけを 覚えておいて  初めから 分かってた 一つの場所に 居られない そんなあなたの流離(さすら)う心 愛した私 あなたの寝顔 あなたの匂い 誰にもあげない私のものなの 今だけは… 好きだけど 切りがない 別れがいつか 来るのなら 綺麗なうちに 泣かないうちに さよならしましょう  夢追い人の 遠いまなざし 埋められないのね 女の愛では 淋しさを… この街で 思い出を 暖めながら 生きてゆく こんな女が いたことだけを 覚えておいて
淡墨桜石原詢子石原詢子下地亜記子徳久広司下へ下へと 根を伸ばし 雨風(あめかぜ) 嵐に 耐えて立つ 優しく清く しなやかな 母によく似た その姿 あの故郷(ふるさと)の 山里で 凛(りん)と咲いてる 淡墨桜  夢は枯れない 散らさない 待つほど大きく 育てます 哀しい時も ほほえみを 胸に咲かせて 生きてゆく 無口な母の 面影が 花に重なる 淡墨桜  泣いた分だけ 倖せが 必ず来るよと 母の声 根雪は溶けて 川になる 蕾(つぼみ)開(ひら)いて 夜は明ける 私の春も きっと来る 咲けよ匂えよ 淡墨桜
桜の如く坂本冬美坂本冬美たかたかし徳久広司馬飼野俊一どんな試練が 待ちうけようと 夢はつらぬく さいごまで 楽に生きてく 近道なんて あると思うな 人生に だから自分と 勝負する  決めた道なら 迷いはしない 牙を琢いて 明日を待つ 口惜し涙を 心のばねに 不惜身命 ひとすじに 行くが人生 人の道  希望(のぞみ)すてずに 歩いて行けば きっと光が 見えてくる 花の命は 短いけれど 急(せ)かずあせらず 粛々と 桜の如く 道を行く
男の水割り佳山明生佳山明生たかたかし徳久広司何で流れた 都会の露地に お前にも過去が あるんだろう 酒をつぐ手に 苦労がみえる 妹と同じ 年の頃なのに 心がいたむ 男の水割り  手相みせてと 体をよせて この俺に甘える 細い肩 いつも明るく ふるまうけれど さみしい顔して ふっと遠く見る 心がさわぐ 男の水割り  すがりつくよな お前の瞳 こんな俺信じて くれている 俺が見つけた きれいな花さ 二人で日のさす街で暮そうか 心がゆれる 男の水割り 
北のさすらい藤原浩藤原浩円香乃徳久広司伊戸のりお風にちぎれた 噂をたどり 小樽色内(いろない) 運河のほとり 泣きごと言わない 女(ひと)だった わがまま言わない 女(ひと)だった 誰を気遣い 身を引いた 北のさすらい 俺を泣かすのか  降って止まない 留萌(るもい)の雪は しのび泣きする 涙の粒か 笑顔が可愛い 女だった 涙を見せない 女だった 守り切れずに 傷つけた 北のさすらい 俺を濡らすのか  窓でうつむく 待雪草(まつゆきそう)に 揺れて重なる 横顔ひとつ 陽だまりみたいな 女だった 俺には優しい 女だった ここは最果て 稚内 北のさすらい 俺を責めるのか
女の日本海西方裕之西方裕之たかたかし徳久広司南郷達也降りしく雪 雪 つつんでおくれ あなた残した こころの傷のあと 北前船が 港に着くたび 浮かれめの 三味(しゃみ)弾く音色が きこえて来そうな きこえて来そうな 女の日本海  未練ヶ淵から 押し上げてくる 風が着物に からんで裾あおる 女に生まれ あなたに抱かれて 人並みのしあわせ 夢見た カモメよ啼け啼け カモメよ啼け啼け 女の日本海  さびれた町並み 雪一色(ひといろ)に 赤く点点 咲いてる薮椿 投込寺(なげこみでら)に あなたを捨てたら 戻れない 戻りはしない 明日も吹雪くか 明日も吹雪くか 女の日本海
命燃やして石川さゆり石川さゆり千家和也徳久広司連れて逃げてよ 地の果てまでも ふたり一から 出直しましょう 親が認めて くれない恋を 悪くいうのよ まわりの人は あなたが泣くとき 私も泣くわ 私の命は あなたの命  指輪なんかは 無くてもいいの 妻になるのは あとでもいいの とれたボタンを やさしくつける 心くばりの 暮しがしたい あなたの笑顔が 私の笑顔 私の命は あなたの命  離れ離れで 呼び合うよりも 側で辛さを 分け合いましょう たとえ言葉を 交わさなくても 愛は肌身で 感じるものよ あなたが死ぬなら 私も死ぬわ 私の命は あなたの命
長良川鵜情中村美律子中村美律子久仁京介徳久広司南郷達也鵜飼(うかい)かがり火 乱れて揺れて 想い出かさねる 長良川 わたし わたし 一途な女です たとえ世間に 指さされても 心ひとすじ 愛します  肩をいからせ 櫓(ろ)をこぐ舟の 船頭なやまし 長良川 わたし わたし 一途な女です 添い寝手まくら ほつれた髪で 夢をつないで 愛します  今日もあしたも 変わらぬ姿 流れも清(きよ)らか 長良川 わたし わたし 一途な女です 別れ紅(べに)さす あしたがきても 命ひとすじ 愛します
愛は水平線ハン・ジナハン・ジナ田久保真見徳久広司川村栄二ため息は 海の色 胸の底まで しずかに染まる 恋は儚く 消えてゆくもの 波にくずれる 砂の城  言いかけたのは さよならでしょう ききたくないから 口づけた  どうしていつも 欲しいものほど 逃げてゆく 愛という名の 水平線は つかみたいのに つかめない  哀しみは 空の色 遠くどこまで 続いてゆくの これが最後の 夜になるなら 夢を見させて もう一度  あなたはちがう あなただけはと 信じていたのに 言えなくて  お願いだから せめて朝まで そばにいて 愛という名の 水平線は まるで心の 傷あとね  言いかけたのは さよならでしょう ききたくないから 口づけた  どうしていつも 欲しいものほど 逃げてゆく 愛という名の 水平線は つかみたいのに つかめない  愛という名の 水平線は つかみたいのに つかめない
されど人生鳥羽一郎鳥羽一郎かず翼徳久広司南郷達也酔い醒(ざ)め水の 冷たさが 五臓六腑に 沁みわたる 旧友(とも)を送った 冬の夜 もう一度ひとりで 飲み直そうか されど人生… おまえの分まで 生きるさと 写真につぶやく 別離(わかれ)の酒だ  何年ぶりで 逢った女(ひと) 時が昔へ 巻き戻る 胸に切ない 初恋は 遠くに流れて 消えゆく星か されど人生… 彼女(あのこ)をおまえと 張り合った あの日が青春 思い出酒だ  倖せだった おまえには 悔やむことなど ないだろうな 俺もいつかは 行くからさ しばらくのんびり やっててくれよ されど人生… 今から始まる 夢もある 夜更けにしみじみ 別離の酒だ
おまえがいたから俺がいる小金沢昇司小金沢昇司麻こよみ徳久広司前田俊明こんな男の どこがいい 酔いにまかせて 聞いてみる 交(かよ)う情けの 差し向かい かけた苦労は 詫びても足りぬ 雨風しのいで これからも…‥ おまえがいたから 俺がいる 俺がいる  渡る世間に つまずいて 自棄(やけ)を起こした 夜もある そばで支えて くれた奴(やつ) 受けた真心 忘れはしない 小さな幸せ 夢に見て…‥ おまえがいたから 俺がいる 俺がいる  窓に飾った 撫子(なでしこ)の 花に重ねる その笑顔 口に出さぬが 惚れている 無理はするなよ 一人で泣くな 残りの年月(としつき) これからも…‥ おまえがいたから 俺がいる 俺がいる
デスティニーラブ ~運命の人~八代亜紀八代亜紀石原信一徳久広司矢野立美デスティニーラブ デスティニーラブ いまこの瞬間(とき)に めぐり逢う 運命の人よ  こんな奇跡(いたずら) 神様かしら 思いがけない 胸のざわめき 花開く予感 恋なら何度もした せつない終わりもみた ひとりが一番だと 心に決めてたのに いじわる あなた デスティニーラブ デスティニーラブ いまこの瞬間(とき)に めぐり逢う 運命の人よ  古い酒場が 似合うわふたり どこか不器用 照れた横顔 魅せられてしまう 遅れてきた愛なら 急がないで行きましょう 強がりみせてるけど ほんとは怖がりなの ときめく あなた  涙はうれしくても 溢れるのねこんなに あきらめずにいたから 未来がはじまるのね これから あなた デスティニーラブ デスティニーラブ いまこの瞬間(とき)に めぐり逢う 運命の人よ
恋めぐり浜博也浜博也槙桜子徳久広司伊戸のりおリラの花びら こぼれる街は 小さな恋の 思い出ばかり うすむらさきの カクテルで ほほをほんのり 染めていた 名前はサキコ 花咲く 咲子 噂じゃお嫁に 行ったとか  若かったよね あの娘(こ)も俺も 小さな恋に 笑って泣いて 小雪の駅で 待ちぼうけ すねたそぶりで ほほえんだ 名前はエミコ 笑くぼの 笑子 心に日だまり くれたっけ  運河づたいに 灯(あかり)がともり 小さな恋の かけらをつなぐ お酒と添い寝 しちゃ駄目と 長いまつげを うるませた 名前はユウコ 優しい 優子 忘れはしないよ 好きだった
はまなす海岸小金沢昇司小金沢昇司麻こよみ徳久広司石倉重信最後のおまえの 電話から かすかに聞こえた 波の音 二人の思い出 岬町 もしかしたらと 探しに来たよ… 会いたい 会いたい 会いたいよ 面影重ねる 赤い花  両手でハンカチ 握りしめ 別れに泣いてた 細い肩 おまえの優しさ 思いやり 失くしたあとから はじめて知った… 会いたい 会いたい 会いたいよ 噂をたずねる 赤い花  二人で歩いた 海岸に 潮風冷たく 吹き抜ける あの日の涙は 乾いたか 薄めの口紅 そのままだろか… 会いたい 会いたい 会いたいよ はまなす淋しい 赤い花
しゃくなげの雨田川寿美田川寿美水木れいじ徳久広司南郷達也北鎌倉の 改札出たら 心の整理 つきました しあわせ芝居 永すぎた春 縁切寺へ 納めます  おもえばつらい 恋でした ただ泣くだけの 恋でした 雨雨 しゃくなげの雨 もうこれ以上は 待てません 雨雨 しゃくなげの雨 私もやっぱり 女です  指輪ひとつで 三年過ぎて お酒の味も 知りました 綺麗になったと 他人は言うけど 悩んで痩せた だけでした 哀しい意地も はりました 淋しい嘘も つきました 雨雨 しゃくなげの雨 すべてを流して くれますか 雨雨 しゃくなげの雨 私もやっぱり 女です  おもえばつらい 恋でした ただ泣くだけの 恋でした 雨雨 しゃくなげの雨 もうこれ以上は 待てません 雨雨 しゃくなげの雨 私もやっぱり 女です
硝子のピアスチャン・ウンスクチャン・ウンスク建石一徳久広司伊戸のりお今夜で終わりね 悲しいけれど もうあなたに 逢わない 淋しさかくして 恋人芝居 演じているのは むなしい 愛さえあれば 幸せになれる そう言い聞かせて 来たけれど ガラスはガラス 色づけしても ダイヤモンドじゃ ないのね あなたにとって 私はきっと 硝子のピアス 飾りの女  涙の始まり 別れたあとは もう背中を 追わない 自分で選んだ 幕切れだけど 愛した分だけ くるしい あなたの恋が 本物にかわる その日を信じて いたけれど ガラスはガラス 光っていても ダイヤモンドに なれない あなたにとって 私はきっと 硝子のピアス 飾りの女  愛さえあれば 幸せになれる そう言い聞かせて 来たけれど ガラスはガラス 色づけしても ダイヤモンドじゃ ないのね あなたにとって 私はきっと 硝子のピアス 飾りの女
前川清前川清荒木とよひさ徳久広司杉山正明女性(おんな)ひとりで 生きることより もっと淋しく させるのは 窓に差し込む 寒い黄昏 急に涙こぼれる 声かける人が そばにいて 平凡な暮らし していたら… 胸の渇きも やせた身体も あなたしか知らない 愛は綺麗な ずるい生き物 飼い慣らすそれだけ Ah…ありふれた恋話(はなし) それも人生  林檎剥(りんごむ)く指 怪我をするより もっと痛みが 走るのは 服を着換える 寒いこの部屋 灯かり点(つ)けて出かける 置き手紙書いて 残しても 紙屑になって しまうだけ… 都会(まち)のネオンに 泳ぐ気持ちは あなたしか知らない 愛はいつでも ただの借り物 返す日がくるだけ Ah…ありふれた終幕(おわり) それも人生  胸の渇きも やせた身体も あなたしか知らない 愛は綺麗な ずるい生き物 飼い慣らすそれだけ Ah…ありふれた恋話(はなし) それも人生
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
下町純情辰巳ゆうと辰巳ゆうと久仁京介徳久広司南郷達也死ぬの生きるの 泣いてたあの娘が あっと云う間に ちがう恋 赤青黄色に きらめく街は 下町純情 ドラマをつくる ジロジロ見るなよ 他人(ひと)のこと 誰もいちずに 生きている  わるい女は 男のあこがれ いつの時代も ある話 一文なしでも 夢やぶれても 下町純情 世間はまわる あくせくするのも 人生よ 愛に出逢える そのために  どこが真実 どこから嘘やら 分かるもんかよ 若いとき 苦労で磨いた やる気があれば 下町純情 よいしょと抜ける くよくよするなよ 乗り越えて いつかおまえの 明日(あす)がくる
夢のつづきを大月みやこ大月みやこ田久保真見徳久広司伊戸のりおあなたの真似して 水割りの 氷をカラカラ 鳴らしてる 今でもあの日の 想い出が グラスの中で 揺れてます  儚く消えても 恋は恋 あんなに愛した ひとだから もう一度 逢わせて欲しいのよ 夜があなたを 連れてくる 夢のつづきを 見させて…  あなたを憎んだ こともある なみだを枯らした 哀しみも あなたと出逢えた 証だと 今では全部 愛おしい  儚く消えても 夢は夢 あんなに誰かを 愛せない もう一度 やさしく抱きしめて 夜があなたを 連れてくる 戻りたいのよ あの日に…  儚く消えても 恋は恋 あんなに愛した ひとだから もう一度 逢わせて欲しいのよ 夜があなたを 連れてくる 夢のつづきを 見させて…
横浜暮色岩出和也岩出和也石原信一徳久広司港灯りが 映しだす 恋にはぐれた この街を 指輪をながめた 帰り道 あの日おまえを 抱きしめた 帰っておいでよ 今もひとりなら 夢を揺らした 愛の横浜に  海を見下ろす ベンチには 風が枯葉を 運ぶだけ 悔やんでいるのさ わがままを 痩せたおまえを 泣かせたね 帰っておいでよ 涙そのままに ふたり暮らした 愛の横浜に  古い十字架 白い影 胸に面影 こみあげる 時間が昔に 戻るなら 二度とおまえを 離さない 帰っておいでよ 潮が満ちる頃 めぐり逢う街 愛の横浜に
ピエロの涙歌佳歌佳建石一徳久広司矢野立美まあるい鼻と おおきな口と おどけた顔の ダイヤのもよう uh uh… 鏡のピエロに 涙を描いたら ルージュが折れて 笑ってた 外は真夜中 雨ふる 寒いホテル  人生なんて 明日になれば 別れたことが しあわせになる 忘れなさいよ 泣くなら泣いて そんな声の ピエロの涙  ツインのベッド 片方だけが きれいなままよ 悲しいくらい uh uh… 飲みかけワインに 合鍵おとして さよなら告げる 泣きながら 話し相手の 枕と 踊るダンス  人生芝居 まだこれからよ おまえはもっと 素敵になれる 笑いなさいよ いい女でしょう そんな声の ピエロの涙  外は真夜中 雨ふる 寒いホテル  人生なんて 明日になれば 別れたことが しあわせになる 忘れなさいよ 泣くなら泣いて そんな声の ピエロの涙  忘れなさいよ 泣くなら泣いて そんな声の ピエロの涙
長崎しぐれ島津悦子島津悦子かず翼徳久広司南郷達也傘を差す手に その手を重ね 幸せ捜そと 言った人 あなた私で いいのでしょうか 赤い花散る オランダ坂は 夢のしずくか 長崎しぐれ  過去があります 哀しい傷も… 何にも聞かずに 抱いた人 あなた私で いいのでしょうか 窓ににじんだ 丸山灯り なんで切ない 長崎しぐれ  やっと出逢えた ふたりじゃないか 後ろは見るなと 叱る人 あなた私で いいのでしょうか みなと夜景に 霧笛が遠く 明日(あす)を呼んでる 長崎しぐれ
再会酒湯原昌幸湯原昌幸夜美まこと徳久広司石倉重信雨の降らせた 偶然なのか 別れたお前と 会うなんて あれから十年 ひと昔 ちょっと痩せたね かたえくぼ 雨がやむまで 居酒屋あかり 呑もうじゃないか 再会酒を  今じゃ笑って 話せるけれど 若すぎたんだね お互いに ぶつかり合っては 傷ついた 遠いあの日が 懐かしい 外はしとしと やらずの雨か あとひきそうな 再会酒よ  少し辛子(からし)を つけすぎたわと おでんをつまんで 涙ぐむ お前はすっかり 大人だね 胸にほのかな 炎(ひ)が点(とも)る 雨がやんでも このまま二人 呑もうじゃないか 再会酒を
萩しぐれ原田悠里原田悠里伊藤美和徳久広司前田俊明あなたと旅した 想い出を 抱きしめ辿(たど)る 城下町 指月山(しづきやま)から 見下ろせば あなたの行方(ゆくえ) わかるでしょうか こらえきれない 涙が落ちて 心を濡らす 萩しぐれ  歴史を映した 白壁に 笑顔でのぞく 夏みかん 先が見えない 鍵曲(かいまがり) 二人の恋の 明日のようね 決めた別れに 涙が落ちて 心を濡らす 萩しぐれ  くすぶる未練は 今日限り 流して帰る 藍場川(あいばがわ) 愛は壊れて しまっても 過ごした日々を 忘れはしない きっと最後の 涙が落ちて 心を濡らす 萩しぐれ
ふたりの始発駅藤原浩藤原浩田中しゅうじ徳久広司南郷達也夢ばかり 追いかけて 気づかなかったよ 雨の日も 風の日も おれを待っていた おまえと も一度 出直そう わがままやめた 泣かすのやめた 世間に負けずに 生きてゆく あしたに向かう ふたりの始発駅  愚痴ひとつ こぼさずに 許しているのか バカな奴 可愛い奴 灯りともす奴 おまえの情けが しみてくる 涙を捨てて 悲しみ捨てて 今日から同(おんな)じ 夢を見る 可憐な花よ 心に咲いた花  振り向けば 人生の 苦さわかる歳 もう二度と 離さない おれを離すなよ 身近にあったね しあわせは やさしさ抱いて いたわり抱いて 笑顔のおまえと 生きてゆく あしたに向かう ふたりの始発駅
港です 女です 涙です増位山太志郎増位山太志郎山口洋子徳久広司南郷達也港です 女です 涙です あなた行くのね どうしても 春が来たのに さよならね いまさら好きと 好きと好きとすがっても 汽笛です 夜風です 波しぶき  港です 女です 涙です 肩をすぼめて 嘘つきと 泣けば ぽつんと 岬の灯 いつかは きっと きっときっと帰ってね かもめです 月夜です 赤い花  港です 女です 涙です 忘れたいのと 云いながら そっとかいてる 頭文字(かしらもじ) 未練はないと ないとないと強がって お酒です ひとりです 別れ唄
昭和時代の忘れ物おおい大輔おおい大輔広瀬ゆたか徳久広司池多孝春その日暮しで 明日が見えぬ そんな世間に 流されて 命浮かべて 沈ませて 生きてきたよな 気がするが なぜか昔を 恋しがる 昭和時代の 忘れ物 金じゃ買えない 心があった  裸電球 肩寄せ合って 希望(のぞみ)捨てずに 生きていた 積み木遊びに 似た生活(くらし) こころ細(ぼそ)さを 背にしょって 夢に向かって 歩いてた 昭和時代の 忘れ物 家族(ひと)を繋(つな)げる 絆があった  情け受けたら 情けで返す 恩義忘れぬ 人の道 どんな小さな 仕合せも 分けて生命(いのち)を 温(ぬく)めてた 人情気質(かたぎ)は どこいった 昭和時代の 忘れ物 どこを探せば 昭和に逢える
旅路新沼謙治新沼謙治幸田りえ徳久広司北の旅路の 行き着く先は ふたり暮らした この町だった 潮の匂いが しみついた 軒(のき)で港で 溶ける雪 ひとり日だまり 歩いて行けば 何処かでおまえに 逢えるだろうか 花の咲く頃 ここで生まれて 海鳴り聞いて ここで育った おまえのふるさとに 今年も春が来る  夕日落ちれば 夜風が騒ぐ 空を見上げりゃ 星屑ばかり 息をひそめる 海鳥よ 明日(あす)の夜明けは 晴れだろうか 今も何にも 変わらぬ俺に おまえが逢ったら 笑うだろうか 花の咲く頃 ここで生まれて 海鳴り聞いて ここで育った おまえのふるさとに 今年も春が来る  花の咲く頃 ここで生まれて 海鳴り聞いて ここで育った おまえのふるさとに 今年も春が来る
流浪歌(たびうた)ちあきなおみちあきなおみ吉田旺徳久広司都落ちする 背中の寒さ 誰にわかって ほしくはないが 優しき友よ 別れ際(め)に せめてうたおか 流浪歌(たびうた)を  独り夜汽車に 憂いを托(あず)け 呷(あお)る旅酒 何故こう薄い 祭りのあとの 侘(わ)びしさに ひとりうたおか 流浪歌(たびうた)を  星の流れに 我が行く末を 重ねあわせる 他国の夜更け 瞼とじれば 故郷が見える 風にうたおか 流浪歌(たびうた)を
いのちの人天童よしみ天童よしみ水木れいじ徳久広司南郷達也愛しているから 逢えないの それも恋だと 泣きました めぐり逢うのが 遅すぎた 黙ってこの町 出るけれど… もいちど生まれて 来るときも いのちの人は いのちの人は あなただけ  話せば哀(かな)しい 過去ばかり 何も言うなと 眸(め)で叱る 誰のせいでも ないけれど 綺麗な私(あたし)で いたかった… もいちどあの日に 戻れたら いのちの人は いのちの人は あなただけ  離れて行くけど 忘れない 恋は一生 一度だけ どこで生きても この愛が 私(あたし)のすべてと 気づいたの… もいちど激しく 抱きしめて いのちの人は いのちの人は あなただけ
最後の人キム・ヨンジャキム・ヨンジャ円香乃徳久広司伊戸のりおあなたと別れてから 一年過ぎた 今でも私は 一人です 砂を噛むよな 暮らしでも いつかはも一度 逢えると信じ この恋に 全てをかけたのよ 最後の人だと あぁ…決めたから  あなたのいない部屋で 今夜も一人 薄めの水割り 飲んでます 二人育てた 文鳥が 想い出ばなしを 聞いてくれるわ 意気地なし 泣きたくなるなんて 最後の人だと あぁ…決めたのに  冷たい夜の雨が 小窓を濡らす あなたは濡れずに いるかしら いくつ季節が 変わっても 命を捧げた 相手は一人 あの日から 涙は捨てたのよ 最後の人だと あぁ…決めたから
北のとまり木岩出和也岩出和也仁井谷俊也徳久広司南郷達也とまり木づたいに 女は来たという ボストンバッグに 過去(むかし)を詰めこんで 冬の終わりの 港町 薄いコートじゃ 寒かろに どこか寂しい 横顔みせて あおる火の酒 北のとまり木  おんなじ匂いの 似た者同士だと 慣れない手つきで チロリの酒を酌(つ)ぐ 泣いているよな すきま風 不幸つづきの 細い肩 そっと隠した 指環のあとが やけにせつない 北のとまり木  凍てつくガラスの 窓には暗い海 轟(とどろ)く海鳴り 夢さえ遠ざかる 桜舞い散る 季節まで ここにいたいと 微笑(わら)う女(ひと) 俺のこころに ランプのように 揺れる恋灯(ともしび) 北のとまり木
雨の青山キム・ヨンジャキム・ヨンジャ池田充男徳久広司前田俊明おまえがほしい 愛していると 耳にくちづけ さゝやくあなた 古い映画を 見るような 東京夜景に かくれた酒場 こゝは二人が いつも逢う場所 濡れて青山 濡れて青山 雨の夜  誰かのものね 好みじゃないわ ブレスレットに 嫉妬(や)いてるわたし くちに出せない にくらしさ あなたの横顔 はじいて抓(つ)ねる 惚れたおんなが そうよ負けなの 泣いて青山 泣いて青山 雨の夜  色づき初(そ)める 欅(けやき)の並木 表参道 外苑あたり 歩きましょうか ほろ酔いで それとも朝まで お店をかえて 帰りたくない 別れられない 揺れて青山 揺れて青山 雨の夜
惚れたのさ島津悦子島津悦子仁井谷俊也徳久広司前田俊明こんな倖(しあわ)せ 初めてなのと おれに甘える 片えくぼ 明日(あした)の夢さえ 見えないけれど そばにいてくれ これからも 惚れたのさ 惚れたのさ 惚れて一生 おまえと生きる  酒は熱燗 お猪口はふたつ たまにゃ飲もうか 屋台酒 裏町しぐれが 冷たい夜は おれが情けの 傘になる 惚れたのさ 惚れたのさ 惚れて一生 おまえと生きる  花を一輪 飾った部屋で 春を待とうよ ふたりして 極楽とんぼと 着たきり雀 ついて来てくれ 離れずに 惚れたのさ 惚れたのさ 惚れて一生 おまえと生きる
おんな酒上杉香緒里上杉香緒里城岡れい徳久広司佐伯亮泣いて乱れる 恋よりも 惚れた弱みで 別れた辛さ あんたなんかにゃ わかるまい あんただけには 見せたくないの 笑顔支えた 頬づえに 苦い雨降る おんな酒  追って背中に 甘えたい 惚れていりゃこそ 解いたこの手 あんたなんかにゃ わかるまい あんたひとりに 命をあげて 夜の重さに 耐え切れず 胸は火の川 おんな酒  こころ二つを 持つひとは どちら向いても 淋しいはずよ わたしほんとは わかってた 迷う男の 優しさ深さ 夢と氷を 砕いては 明日を飲み干す おんな酒
ひとりの女に小林旭小林旭さくらちさと徳久広司前田俊明ひとりの女に 心底惚れて 男は生まれ 変わるのさ 小鳥のように 胸ふるわせて 尽くしてくれた 可愛いおんな 俺は鎧を ぬぎ捨てたのさ  ひとりの女に 出逢って惚れて 暮らした日々の 愛おしさ 季節の花を 部屋に飾って 慣れない料理 していた姿 俺は本当に 幸せだった  ひとりの女に 心底惚れて あれから何年 経つだろうか おまえに恥じぬ 俺の生き方 遥かな空で 見ているだろうか 俺は今でも 熱いままだよ
ひとあし遅れ西山ひとみ西山ひとみちあき哲也徳久広司矢野立美向い合わせの バーの鏡に 鈍(にび)色の陽(ひ)が沈む 北のホテルは そして今年も 静かに海が哭(な)く… 駄目ね 駄目ね 駄目なの マティーニが頼まれると あなたかしらと 髪を直すの いいえ知ってる そうね今さら ひとあし遅れ  冬の飾りが 街に点(とも)れば たまらずに来てしまう ここで待てよと 形見みたいに あなたが言った部屋… 狡い 狡い 狡いわ 約束を残したまま 生きて逢えない 旅に出た人 後を追うにも 忘れ切るにも ひとあし遅れ  どうせ女にゃ 分からなくても もの憂げなあの翳(かげ)り もっと親身に 聞いてあげたら 救いもできたのね… ばかね ばかね ばかよね 運命は終わったのに 幕が引けない ひとり芝居に グラス呷(あお)って 胸を鎮める ひとあし遅れ ひとあし遅れ
草枕都はるみ都はるみ吉田旺徳久広司前田俊明人の世の 夢にはぐれて 行きくれて 孤りつぐ酒 ひりひりと やつれた胸に 傷口に 泣けよとばかりに しみわたる  振りむけば 咲かず終いの 恋いくつ みれんほろほろ 盃に おもかげ浮かべ のみほせば やるせぬ想いよ とめどなく  歳月の 流れ行くまま 流れ去る 人の旅路の 儚さを 身にしみじみと 抱くとき 侘しや夜雨の 草枕
男と女おおい大輔おおい大輔麻こよみ徳久広司池多孝春赤いグラスを 静かに揺らし 微笑(ほほえ)むその瞳(め)に あふれる涙 少し痩(や)せたか おまえのうなじ 冷たい仕打ちを 許して欲しい 大阪ミナミの 巡り合い なんで別れた あの時に 思い出止り木 男と女 恋の続きを 今日から二人  泣いていないか 元気でいるか 心配していた あれからずっと 濡れた唇 うつ向く睫毛(まつげ) 男の心が せつなく潤(うる)む 大阪ミナミで もう一度 いつか逢えると 信じてた 見下ろす川面に きらめくネオン 恋の続きを 今日から二人  大阪ミナミの 巡り合い 帰したくない 今はまだ 言葉はいらない 男と女 恋の続きを 今日から二人
伊良湖岬水森かおり水森かおり麻こよみ徳久広司捨てて下さい 私をここで あなたを諭(さと)して 背を向ける このままどこかへ 逃(のが)れても きっと世間が 許さない… かすむ島影 伊良湖岬は 風がひゅるひゅる 涙ひゅるひゅる あなた思えば なおさら 泣いて身を引く 片瀬波  抱いて下さい 震える肩を ぬくもり残して 欲しいから どんなに好きでも この世には 見てはいけない 夢がある… 名残り尽きない 伊良湖岬は 心ひゅるひゅる 涙ひゅるひゅる そっとあなたの 両手に 乗せる形見の さくら貝  夕陽哀しい 伊良湖岬は 風がひゅるひゅる 涙ひゅるひゅる 二人旅した 思い出 抱いて見送る 片瀬波
夢うぐいす天童よしみ天童よしみ建石一徳久広司佐伯亮酔ったあなたに 背中を貸した それが二人の 始まりでした 夢だけ見ている 男に惚れて まわり道した 幸せさがし 今日の苦労は 明日の励み 夫婦うぐいす あぁ泣き笑い  負けず嫌いは おたがい様と 意地を張るよな 喧嘩もしたわ 昔のことなど 言いっこなしね 今があるのは あなたのおかげ 頼みましたよ これから先も 夫婦うぐいす あぁ泣き笑い  雨の上がった 夕焼け空に そっと寄りそう 浮き雲ふたつ 本当に良かった あなたと生きて 花と涙の 人生芝居  幕を引くまで 一緒と決めた 夫婦うぐいす あぁ泣き笑い
浅野川春秋島津悦子島津悦子仁井谷俊也徳久広司丸山雅仁女ひとりの 運命(さだめ)の川は 渡りきれない 橋ばかり 古い暖簾が 邪魔する恋に 思い悩んだ 若い頃 あの日の想い出 水面(みなも)でゆれる 金沢 おんなの浅野川  泣きもしました 笑いもしたわ 胸に秘めてた 夢もある 卯辰山(うたつやま)から 街並み見れば 過ぎたこころの 春や秋 ひとすじ流れる あの川のよに 浮いては沈んだ おんな川  軒にポツリと 行灯(あかり)がともり 響く三味の音(ね) 東山 旧(ふる)い格式(しきたり) べんがら格子 生きてゆきます この街で あなたとふたりで せせらぎ聴いて 金沢 おんなの浅野川
冷たい雨チョン・テフチョン・テフ円香乃徳久広司伊戸のりお肩を叩く 冷たい雨が とうに手放した 恋を 悔やんで 降りしきる あぁ 何で今さら あぁ なんで逢いたい 未練な 俺なのさ 突き刺さる 銀の雨が降る 夜の街に ひとり  路地を濡らす 冷たい雨に 傘も借りれずに ひとり 濡れたり してないか あぁ 甘いコロンが あぁ 今も恋しい 未練を 抱き寄せる 届かない 二度と 帰らない 今も好きさ おまえ  あぁ なんで今さら あぁ なんで逢いたい 未練な 俺なのさ 突き刺さる 銀の雨が降る 夜の街に ひとり
今日からふたり増位山太志郎増位山太志郎徳久広司徳久広司南郷達也一度や二度のつまずきなんて 誰にもあるさ 忘れろ忘れろよ 泣いて昔を 振り返るよりも 明日の倖せ 見つけりゃいいさ 今日からふたり おまえとふたり 生きてゆくんだよ  おまえが差し出すその指先に 伝わる温もり 信じろ信じろよ どんな小さな 花でもいいから 咲かせてみようよ 何処かできっと 今日からふたり おまえとふたり 生きてゆくんだよ  似たよな傷もつふたりじゃないか いたわりあえば いいんだいいんだよ 寒い北風 耐えてしのんだら 季節もめぐって 春を運ぶよ 今日からふたり おまえとふたり 生きてゆくんだよ
雨の花上杉香緒里上杉香緒里里村龍一徳久広司南郷達也箸の袋に 好きだよと 書いて私に くれたひと 天城十二里 七滝(ななだる)越えて 逢いに来たひと もういない 愛は涙の 雨の花  苦労したねと この肩を そっと優しく 抱いたひと 情け濃い目に 灯りを点し あなた今夜も しのび酒 夢ははかない 雨の花  壁の暦に 逢える日を 書いて待ってた 遠い日々 伊豆は湯の町 あじさい時雨 恋はいつでも 遠まわり わたし涙の 雨の花
北の駅舎藤原浩藤原浩円香乃徳久広司伊戸のりお今度の 汽車が来たら この町を 出てゆくわ 南の切符を 旅の道連れに 涙が似合う 女じゃないわ それでも最後は 可愛くいたい 今でも誰より あなたが好きよ  初めて 逢った時の 口紅を つけたのよ あの日のときめき 忘れないように 眠れぬ夜を 何度も過ごし 最後に選んだ サヨナラだから 私が泣いても 振り向かないで  季節が過ぎて どこかの街で も一度笑って 逢えたらいいわ 今でも誰より あなたが好きよ
今治みれん雨北野まち子北野まち子麻こよみ徳久広司前田俊明忘れたはずの 人なのに 面影揺れます 波の上 別れて半年 こんなにも 近くて遠い あなたです 瀬戸内 今治 日暮れて 暮れて 胸に降ります みれん雨  恋などしない つらいだけ わかっていながら 夢を見た 笑顔の優しさ やすらぎは 今では誰の ものですか 瀬戸内 今治 恋しさ つらさ 胸に沁みます こぬか雨  女の涙 哀しみを 集めて満ち潮 別れ波 信じたあなたに 背(そむ)かれて それでもなぜか 憎めない 瀬戸内 今治 夜更けて 泣いて 胸にまた降る みれん雨
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
心の道和田青児和田青児建石一徳久広司前田俊明いくつもの夢があり いくつかの花が咲いた 私も一人の旅人 この道でよかったと いつの日か言えるように 笑顔で生きてゆく 愛する人よ 悲しい夜は 抱きしめてほしい 私を 心の道は 果てないけれど 今日と言(ゆ)う日を 歩いてゆくだけ 心の道に 季節はめぐる 遠い青空 探しつづけて  移りゆく時の中 ふりむけば風が変わる 私の歩いてきた道 父からは優しさを 母からは愛の強さ 学んだ気がします それでも誰か 知らないうちに 傷つけてしまう 人生 心の道は 見えないけれど 人のふれあい 信じてゆくだけ 心の道に こぼれる陽ざし 春の足音 祈りつづけて  心の道は 果てないけれど 今日と言う日を 歩いてゆくだけ 心の道に 季節はめぐる 遠い青空 探しつづけて
千年の恋歌瀬口侑希瀬口侑希田久保真見徳久広司石倉重信千年前から 好きでした いのちを繋げて 逢いに来た それが嘘だと 言うのなら 真実なんて 何処にもないの 京都伏見の 千本鳥居 時空(とき)の狭間に 迷い込みますか  二つに分かれた 参道も 最後はひとつに たどり着く そこに願いの 石がある あなたは右で わたしは左 朱塗(あか)く果てない 千本鳥居 ふたり愛まで たどり着けますか  千年後まで 抱いていて いのちが尽きても 離れない 何も望まぬ おんなほど ほんとは欲が 深いのでしょう 京都伏見の千本鳥居 小指からめて 契り合いますか
風泣き岬花咲ゆき美花咲ゆき美伊藤美和徳久広司川村栄二ふたり別れた あの日から 何度季節が 廻(めぐ)ったでしょう 元気だったよと 噂を聞いて 騒ぐの この胸が 北の岬に 風が泣く こころ震わせ 泣いている いまでもなぜか 恋しくて… あなたのことを 忘れられないままに 明日 嫁いでゆく私  夢でいいから 逢いたくて なみだ枕に 眠る夜は 遥か彼方から 祈っています あなたの 幸せを 北の岬に 星が降る 月もひとりで 凍えてる ちぎれた恋が 愛しくて… あなたの次に 好きな人のもとへと 明日 嫁いでゆく私  きっとあなたが いる場所は 花もそろそろ 咲く頃でしょう しまいこんでいた ふたりの写真 燃やすの この胸で 北の岬に 風が泣く いのち震わせ 泣いている いまでもなぜか 恋しくて… あなたのことを 憎みきれないままに 明日 嫁いでゆく私
桜前線小柳ルミ子小柳ルミ子麻生香太郎徳久広司雪どけ水の せせらぐ音に 失くしたものを 想い出します ローカル線で 見知らぬひとと 膝つきあわす 恥ずかしさ 曲がりくねった 心の旅路に ちいさな陽だまりが 嬉しいこの頃 ここは 信州 もうじき春です  温室イチゴを 口にふくめば ひと足早い 季節がひろがる 急にあんたが なつかしいのは 酸っぱいイチゴの せいじゃない ひとりになりたくて 北から南へ 手紙は書けません 今はまだ ここは 瀬戸内 しずかな春です  心細げな 私をみつけ お茶でもどうぞと 誘ってくれた 高校野球に 語らうひとたちに 度の疲れも なごみます さすらうつもりが 想いはいつか 帰る身仕度 はじめています ここは 鹿児島 こころの春です
北のウミネコキム・ヨンジャキム・ヨンジャ池田充男徳久広司前田俊明あゝ… 青い海みて 泣きたくて 旅に出たのは いつかしら あれほど憎んだ あなたの嘘を 許せば未練な 恋ごころ 北のウミネコ 翼のさきに わたしの想いを のせて飛べ  あゝ… 明日は波風 荒れるのか 霧笛・蕪島 もやのなか いまさら旅先 ひとりが寒い ふたりになりたい 日暮れどき 北のウミネコ おまえの連れは 寄りそう目もとが 可愛いね  あゝ… わたしせつない おんなです きっとみにくい 顔してる 手紙を書こうか なみだを溜めて 迎えに来てよと あのひとに 北のウミネコ この指とまれ たのんでおきたい ことがある
想い出さがし増位山太志郎増位山太志郎建石一徳久広司前田俊明淋(さび)しい女に したのは誰と 風に聞いてる 港町 幸せかしら あの人は 船の汽笛が 酔わせた恋よ ひとり今夜は 想い出さがし  優しさくれたわ 悲しい傷に 同じ痛みと おんな花 出逢えるかしら いつかまた 噂きいたら たずねてみたい ひとり今夜は 想い出さがし  迎えに来たよと 口説いてほしい 雨にため息 ネオン町 忘れたかしら あの人は 愛の言葉と ふたりの涙 ひとり今夜は 想い出さがし
潮騒中村美律子中村美律子久仁京介徳久広司南郷達也憎さどころか いとしさばかり 遠い潮騒(しおさい) さわぐ胸 紅をなくした 唇を 赤いお酒が したたり落ちて 咲いてみだれた 夜(よ)が恋(こい)し 夜が恋し  帯も身巾(みはば)も 思いの丈(たけ)も やせていくほど 逢いたくて 情けかわした 春がゆく 思いささげて 悔いないけれど 心がわりの 哀しさよ 哀しさよ  忘れられても 忘れはしない あとを引くよな 夢ばかり 月の岬の 灯台よ 恋の闇路(やみじ)を 照らしておくれ こんな女の 行(ゆ)く末(すえ)を 行く末を
かがやきパラダイス島津悦子島津悦子仁井谷俊也徳久広司前田俊明春は桜の 浅野川 友禅流しの 水清く そぞろ歩きの 片町は 恋の花咲く ラブ・ロード ここは石川 夢のまち そうよかがやき パラダイス  能登はやさしや 土までも 里山海道 志賀(しか)の町 加能蟹(カニ)とのどぐろ 甘エビを 食べにおいでよ 和倉温泉(わくら)まで ここは石川 夢のまち そうよかがやき パラダイス  加賀のいで湯は 山中と 粟津に山代 片山津 秋は紅葉と 旨い地酒(さけ) 酔えばあなたと 歌いましょう ここは石川 夢のまち そうよかがやき パラダイス  雪の白山(はくさん) 手取川 古びた民家の 白峰(しらみね)よ まるで絵はがき 見てるよに 何故かこころが 洗われる ここは石川 夢のまち そうよかがやき パラダイス
函館哀愁竹島宏竹島宏久仁京介徳久広司南郷達也かもめ一羽が 波に飛ぶ 夕なぎ見下ろす 立待岬 生まれて初めて 逢う人が あなたであれば よかったと 別れにすがった なみだの瞳 函館 哀愁 おまえに逢いたい  赤い爪あと この俺の 背中にうずけば もう冬がくる みだれる黒髪 なでながら 愛した夜は 嘘じゃない 心に灼きつく 函館夜景 想い出 哀愁 おまえに逢いたい  待てばおまえが 帰るかと その日を信じて 今日まで来たよ やさしくもいちど 抱きしめて しあわせですと 云わせたい 噂をはこぶか あの北斗星 函館 哀愁 おまえに逢いたい
俺がいるじゃないか山本譲二山本譲二建石一徳久広司初めて逢った あの日から きっとこうなる 気がしていたよ 恋の嵐が こわいのと 俺の背中で 涙ぐむ 負けはしないさ もう泣かないで おまえのそばには 俺がいるじゃないか  信じるたびに 裏切られ 泣いて来たのと つぶやくおまえ 苦い思い出 傷あとは すべてこの掌に うけとめる 生まれ変われよ もう今日かぎり おまえのそばには 俺がいるじゃないか  夢などないと 言う街で 逢えただけでも 素敵なことさ 言うな言うなよ せつなさは 道はどこかへ たどり着く 抱いた指さき もう離さない おまえのそばには 俺がいるじゃないか
比翼の鳥山本譲二山本譲二日野浦かなで徳久広司猪股義周思えば人生 半分は お前と苦労を 越えてきた 山あり谷あり 夫婦道 比翼の 比翼の鳥のように 命 重ねて 生きてゆく  背中を合わせて 眠る日は お前の辛さが 身に沁みる 泣かせてばかりの 俺だけど 比翼の 比翼の鳥のように 心 重ねて 生きてゆく  互いに瞳(め)となり 翼(はね)となり いたわり合う身の 真心よ 嵐が来ようと 離れない 比翼の 比翼の鳥のように 命 重ねて 生きてゆく
銀閣寺パク・ジュニョンパク・ジュニョン伊藤美和徳久広司中島靖雄ほどけた愛を 手繰(たぐ)り寄せても 幸せだった 季節は戻らない 二人で旅した いにしえの古都(まち) 一人で歩けば 墨絵のようで… 寂(さみ)しくて 叫んでも 答えてくれない 銀閣寺  あの日の地図を 心に広げ 市バスの窓から 面影探してる どこからともなく キンモクセイの やさしい香りが お前のようで… 恋しくて 立ちすくむ ため息刻んだ 石畳  失くした現在(いま)も 俺のすべてさ 誰かを二度と こんなに愛せない 昔と変わらぬ 景色の中に なぜだかお前が 隣にいない… 愛しさが あふれ出す 涙で霞(かす)んだ 銀閣寺
雪明かり藤原浩藤原浩久仁京介徳久広司前田俊明許しあっても あなたの背中 すがりつけない 雪の夜 こころどこかに あゝ嘘があり 嘘と一緒に しあわせくれる 行かないで もう少し うしろ姿の 雪明かり  ほつれかかった いたずら髪が みすじ四筋と あとを追う つぎの逢瀬を あゝ待てという あすがあるなら 生きてもゆける 愛してる この先も ずっと照らして 雪明かり  憎さいとしさ からだに残る みんなあなたが つけた癖 わるい人ゆえ あゝあとをひく 失くしたくない この恋だけは 夢だから 夢をみる 夢の中にも 雪明かり
冬酒場北野まち子北野まち子石原信一徳久広司前田俊明そりゃあね 誰だって 幸せに なりたいよ あんたひとりが つらいんじゃない 慰め言葉は かけません ぐっとこらえる 男の影が みぞれを誘い 灯りが揺れる 冬酒場  だからね 聞かないで 閉じ込めた 胸の傷 口に出せない いろんなことが 女もあるのよ わかってよ お酒注ぎます 熱燗徳利 かじかむ夜は 手酌じゃ寒い 冬酒場  今度ね 生まれても やっぱりね 恋をする 人を信じて ひとすじ恋に 上手な生き方 できません 俺もおなじと うなずくあんた も少しいてよ 似た者同士 冬酒場
北のみれん酒藤原浩藤原浩円香乃徳久広司伊戸のりお泣かせてよ 泣かせてよ 涙 枯れるまで 今夜はお願い 見ないフリをして あきらめた 恋なのに バカね 逢いたく なるなんて 忘れられない 面影を ひとり浮かべる 北のみれん酒  聞かせてよ 聞かせてよ 好きな あの唄を あの人聞いてた 故郷(くに)のあの唄を あきらめた 恋なのに 時雨(しぐれ) そぼ降る こんな夜は フラリあなたが 来るようで 帰りたくない 北のみれん酒  飲ませてよ 飲ませてよ 酔って 眠るまで 酔わなきゃ今夜も ダメよ眠れない あきらめた 恋なのに すがりつきたい 甘えたい おちょこ相手に つぶやけば 夢がこぼれる 北のみれん酒
秘そやかに華やかに増位山太志郎&松居直美増位山太志郎&松居直美建石一徳久広司池多孝春夜がふたりをかくす 大人の夜を 秘密のこの恋 見守るように 「出逢いが変えたね 俺たちを…」 「あの日の言葉を 信じた男と女…」 熱い指先き 甘いささやき 秘(ひ)そやかに華(はな)やかに 恋の物語り  逢えるその日を待てば かならず逢える 離れているから 心はゆれる 「外国船だね あの船は…」 「ふたりで行けたら しあわせ男と女…」 白い砂浜 青い海原 秘そやかに華やかに 恋の物語り  夢をつないで生きる ふたりの夢を 涙は見せない 約束だけど 「駅まで来るかい ホームまで…」 「このまま一緒に 行きたい男と女…」 ぬれる眼差(まなざ)し よせるくちびる 秘そやかに華やかに 恋の物語り
風列車新沼謙治新沼謙治幸田りえ徳久広司故郷の空は 夜明け前 ま白い山に 冬銀河 男の心を ふりしぼり 自由になれよと 背を向けた 何処にも行かずに 海を見て ひとり暮らして いるという 汽笛よ届け 列車よ走れ 迎えに来たよと 風よ哭け 汽笛よ届け 列車よ走れ 離れはしないと 星よ降れ  波打つ胸を 熱くする 想い出だけが また浮かぶ 一度も涙を見せないで 笑って送って くれたやつ 今夜も寂しく 眠ったか 同じ夜空を 見ているか 汽笛よ届け 列車よ走れ 迎えに来たよと 風よ哭け 汽笛よ届け 列車よ走れ 夢見て眠れと 星よ降れ  汽笛よ届け 列車よ走れ 迎えに来たよと 風よ哭け 汽笛よ届け 列車よ走れ 離れはしないと 星よ降れ
かりそめの花水森かおり水森かおり麻こよみ徳久広司前田俊明来るか来ないか わからぬ人を 待てば吐息が こぼれます どうにもならない 恋なのに どうにもできない 人なのに 尽すことさえ 許されず 咲いて儚い かりそめの花  あんな淋しい 瞳をされなけりゃ 抱かれなかった あなたには いつかは散り行く 恋だから いつかは消え行く 夢だから これが最後と 決めたって 逢えば崩れる かりそめの花  胸の空き間に あなたが匂う にじむ涙の ひとしずく どうにもならない 恋だけど どうにもできない 人だけど 今はいいのよ このままで 女哀しい かりそめの花 
小さな春都はるみ都はるみ仁井谷俊也徳久広司前田俊明あなたが春なら わたしは桜 咲かせてください その胸で やっと見つけた 陽だまりの中 こころも身体も あたたかい これが…これが… 幸せなんですね 小さな 小さな 春ひとつ  あなたに寄り添い わたしは生きる 出逢えた喜び 噛みしめて 背伸びしないで 今日から明日へ あふれる涙も あたたかい これが…これが… 幸せなんですね 小さな 小さな 春ひとつ  わたしの心に あなたの笑顔 映せば元気に なれるから おなじ歩幅で 歩いてくれる 強くてやさしい ひとが好き これが…これが… 幸せなんですね 小さな 小さな 春ひとつ
別離の雨真木柚布子真木柚布子三浦康照徳久広司前田俊明あなたと暮らした この部屋で 思い出グラスに ついだワインを ひとり飲むのよ 淋しさが 胸をかすめ 逃げてゆく みず色の 涙雨 窓辺を濡らすのよ あのひとは 今はもう 忘れているかしら 別れても 別れても この愛は変わらない  あなたは今頃 誰といる 別れてみたけど 何故か気になる 雨の夕暮れ 好きなのね 今も私 あの人を 酔いたいの 面影を お酒に流したい この想い この愛を わかっているかしら 恋しさが 恋しさが この雨につのるのよ  小雨の舗道に 散る落葉 あなたの吐息が ふたりの傘で 熱く燃えるの なつかしい ふたりだけの このクラブ 外は雨 あのひとと 幸せ語り合い 夜更けまで いたことを 覚えているかしら 別れても 別れても この愛は変わらない
銀木犀加門亮加門亮吉田旺徳久広司ほろほろと夜にこぼれる 匂いやさしい 銀木犀によぎる面影よ 愛しながらもさだめゆえ はぐれて二秋おまえに逢いたい 逢いに行きたい 夢一夜 素肌ゆだねた  おもひでだけで生きてゆけると 背中でないたやつ 北風のたよりじゃ影さえも やつれているとか 迎えに行きたい すぐに行きたい  北国へ 続く夜空を ふと見かえれば なみだのような 蒼い流れ星 命はかない 女だから もしやと気がかり おまえに逢いたい 逢いに行きたい
夜霧加門亮加門亮吉田旺徳久広司南郷達也黄昏にうるむ 港灯(ハーバーライト)よ 涕(な)いてくれるか わかれの わかれの夜を おとなどうしの 粋なさよなら 気どってみても 吐息…なみだ いっそこのまま 旅にでようか 夜霧にまぎれて ふたりきり  霧笛が揺する 茉莉花(ジャスミン)の花 夢のあとさき 飾って 飾っておくれ 消すに消せない むねの焔(ほむら)を 抱(いだ)き抱(いだ)かれ とけて…ひとつ いっそこのまま 風になろうか 夜霧の彼方へ ふたりきり  残りすくない ときの流れに 求めあっても やがて…夜明け いっそこのまま 風になろうか 夜霧の彼方へ ふたりきり
三春の桜瀬口侑希瀬口侑希田久保真見徳久広司石倉重信夢という名の 嘘があること あなたに出逢って 知りました はかなく舞い散る 雪でさえ あなたと見れば 花ふぶき 雪に埋もれた 三春の桜 千年前から 誰を待つ  春になるまで 忘れ去られた 桜の運命(さだめ)の 哀しさよ 誰かの背中を 追うように 吹雪にのばす 白い枝 雪を背負って 耐えぬく姿 女に似てると ふと思う  傷の痛みも しあわせなこと あなたを愛して 知りました 一途な想いが ふり積もり こころの中は 雪化粧 春を信じる 三春の桜 千年後まで 愛します
さくらの頃に岩出和也岩出和也里村龍一徳久広司南郷達也寒空夜空の 星くずなのか お前も俺も あの頃も ふたりで旅する はずだった 笑顔でとなりに いるはずだった さくらさくら 桜の頃へ帰りたい 今では遠い 夢だけど  果たさず仕舞の 約束がある 返さぬままの 借りもある いつでも自分を あとまわし 苦労をかくして 癒してくれた さくらさくら 桜の頃は想い出す お前の涙 散るようで  こころの真ン中 風吹くあたり お前が今も いるようだ あの頃無理でも 今ならば 幸せ一輪 咲かせてやれる さくらさくら 桜の頃は淋し気に お前がいない 春が来る
風の尾道多岐川舞子多岐川舞子かず翼徳久広司前田俊明忘れるための 旅なのに 恋しさばかりが つのります 小さなあやまち 許していたら 今でもあなたと 生きてたかしら 尾道 想い出 坂のまち 風にあなたの 声がする  見知らぬ人の ほほ笑みが やさしく私を なぐさめる 二人でながめた あの日の海は 波さえ幸せ 唄っていたわ 尾道 切ない 港まち 風につぶやく 逢いたいと  白壁つづく 石畳 あなたの面影 ついて来る 戻ってくれると 心のどこか 信じていたのよ 待ってたけれど 尾道 夕陽の 別れまち 風に恋しさ 飛ばします
俺と生きような島津悦子島津悦子かず翼徳久広司南郷達也何も言うなよ その目を見れば ついて行くわと 書いてある 惚れて惚れられ 心はひとつ この手つかめよ 離しはしない 俺と 俺と 俺と生きような  いのち丸ごと 預けてくれと 抱けばうなずく 涙ぐむ 惚れて惚れられ 浮世の風が 強く吹いても 守ってみせる 俺と 俺と 俺と生きような  過ぎたむかしは お互い様だ 明日が幸せ 連れて来る 惚れて惚れられ 今夜の酒は 契り酒だよ 肩寄せ合って 俺と 俺と 俺と生きような
夢でいいからたくみ稜たくみ稜麻こよみ徳久広司石倉重信雨の路地裏 小走りに この手を振り切り 消えた人 一途に愛して 捨てられて それでもあなたが 好きなのよ 夢でいいから 夢でいいから 逢いに来て  髪の形も 口紅も あなたの好みに 変えました 一途に尽して 泣かされて 涙のぶんだけ 痩せました どこにいるのよ どこにいるのよ 今頃は  恋の傷跡 チリチリと 酔うほどなおさら 痛みます 一途に信じて 騙されて 今でもあなたを 憎めない 夢でいいから 夢でいいから 抱きしめて
赤いハマナス岩出和也岩出和也建石一徳久広司南郷達也ひと冬遅れの 噂を聞いて 指のこよりの 重さを知った いまもこの俺を 待つと言う 北の港は 夜霧にぬれる 赤いハマナス あゝたずね花  探せばゆく道 まだありながら おまえ一人を 行かせたあの日 つくり笑顔の 片えくぼ 遠い灯りに ゆがんでゆれる 赤いハマナス あゝ影ばかり  夜更けのホームで 見かけた女 うすい背中に かさなるおまえ めぐり逢えたなら 今度こそ 抱いてやりたい 想いのかぎり 赤いハマナス あゝどこに咲く 
リラ冷えの街加門亮加門亮吉田旺徳久広司これで終りに しようねと 決めた惜別の 旅なのに 他人どうしになるなんて できないと 泪におぼれる 愛しいひとよ ああ ふたり北国 リラ冷えの街  離れないでと すがりつく つめの痛さが いちずさが 胸の芯までキリキリと 滲みるけど ゆるしておくれよ 愛しいひとよ ああ 外は黄昏 リラ冷えの街  いっそこのまま ふたりして 行方しれずに なりたいと 帰り支度のじゃまをする 無邪気さが 男を泣かせる 愛しいひとよ ああ 夜明け鐘の音 リラ冷えの街
散華都はるみ都はるみ吉田旺徳久広司桜庭伸幸櫻 れんぎょう 藤の花 芙蓉 睡蓮 夾竹桃 野菊 りんどう 金木犀 桔梗 侘助 寒牡丹  女雛 矢車 村祭り 螢 水無月 野辺送り  父よ 恩師よ ともがきよ 母よ 山河よ わだつみよ  あの人を 悼むように 咲き匂う めぐる季節の花々 燃えたぎる命 いのち懸けてまで 掴もうとした 未来よいずこ…いずこへ せめて空に舞え 見果てぬ想いのせて あゝ海に降れ 散華の花弁  せめて虹になれ 還らぬ青春を染めて あゝ風に乗れ 散華の恋歌  せめて空に舞え 見果てぬ想いのせて あゝ海に降れ 散華の花弁
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
赤いピアス小金沢昇司小金沢昇司麻こよみ徳久広司前田俊明あなたの甘い あの囁(ささや)きを 赤いピアスが おぼえてる つらい別れを されても私 憎みきれなくて…‥ ひとりの夜の 淋(さみ)しさに あんなに泣いた はずなのに 今でも熱い 涙 涙こぼれます ガラス細工ね 幸せなんて 壊(こわ)れてしまう  あなたにいつも 愛されてると ばかね信じて いた私 眠りつくまで 優しく髪を 撫(な)でてくれた人…‥ 終わった恋と わかっても 面影胸に 揺れるたび 今でも熱い 涙 涙こぼれます すがりついたら 幸せなんて 崩(くず)れてしまう  ひとりの夜の 淋(さみ)しさに あんなに泣いた はずなのに 今でも熱い 涙 涙こぼれます ガラス細工ね 幸せなんて 壊(こわ)れてしまう
どうせ捨て猫ハン・ジナハン・ジナ田久保真見徳久広司川村栄二ちいさな 気まぐれで いいから拾って 雨の中で 痩せてふるえる 子猫みたいな 私を 心よりも 熱い肌の ぬくもりが 欲しいから ねえ 行かないで 今夜は一人にしないで ああ 抱きしめてくれたら 何にもいらない どうせ 捨て猫  はかない 戯れを 愛だと信じて せめて今は 膝に甘えて 子猫みたいに 泣かせて 爪を立てて しがみついて 眠るのは こわいから ねえ 捨てないで 愛しているよと騙して ああ 夢見せてくれたら 明日はいらない どうせ 捨て猫  心よりも 熱い肌の ぬくもりが 欲しいから ねえ 行かないで 今夜は一人にしないで ああ 抱きしめてくれたら 何にもいらない どうせ 捨て猫
鬼灯上杉香緒里上杉香緒里城岡れい徳久広司南郷達也夏の終わりの 故郷の道で 赤い鬼灯(ほおずき) 色を増す ほおずき ほおずき あの人の 笑顔に灯(あか)り 点(つ)けとくれ… 離れて会えない あの人が 心の風邪など 引かぬよに  夢に疲れて 都会の路地で 赤い提灯(ちょうちん) すがる人 ほおずき ほおずき その人の 淋しさ一つ 分(わ)けとくれ… 温もり通わぬ この恋に 今夜はあの人 連れて来て  迷う恋路の 明日の先を 赤い鬼灯(ほおずき) 照らし出せ ほおずき ほおずき この胸に しあわせ灯(あか)り 点(つ)けとくれ… わたしは今でも この町で 面影相手に 暮らしてる
別れたそうね増位山太志郎増位山太志郎たかたかし徳久広司別れたそうねと 和服のママが やさしい目をして 迎えてくれる あなたは おぼえているかしら はじめて誘われ 飲んだ店 ふたりの名前で ボトルをいれました  電話でいいから むかしのように 元気をだせよと 叱ってほしい あなたを信じて いたわたし こよりの指輪を こしらえて はしゃいだあの日の しあわせとおい夢  あなたの匂いを 忘れる日まで 誰にも抱かれる その気はないわ あなたはいい人 みつけたの 路地うらあたりの 手相見が さみしい顔だと わたしを呼びとめる
長崎しのび酒藤原浩藤原浩円香乃徳久広司伊戸のりお長崎 長崎 オランダ坂の 雨よ 悲しく 泣かないで 泣かないで 身を引いた あぁ 恋だから 二度と逢わない 戻らない… 涙手酌の 涙手酌の しのび酒  長崎 長崎 新地の灯り どうか あの人 呼ばないで 呼ばないで 忘れたい あぁ 忘れない 嘘と本音が 浮き沈み… 未練飲み干す 未練飲み干す しのび酒  長崎 長崎 出島の霧笛 泣いてないわと 伝えてよ 伝えてよ 左手の あぁ 薬指 夢を見ていた 私です… あなた忘れの あなた忘れの しのび酒
大竹しのぶ大竹しのぶ石井ふく子・補作詞:荒木とよひさ徳久広司道があるから 歩かなければならない 広くて美しい 大通りもあれば ゴミゴミした 裏通りもある 人は誰でも 大通りを歩きたい でも何かのはずみで ふいに迷って 細い裏通りに 出てしまうこともある 道の行手は 歩かなければわからない 石やデコボコや 水たまりがある つまづいたり ころんだり うまくよけて 通れば幸せ  道があるから 歩かなければならない 雨の日風の日 雪の日もあれば さわやかな 暖かい日もある 人に出逢えば ほほえみかけ歩きたい やさしい目をした 人達がいれば 悲しい目をした 人もいる ひとりひとりに 声をかけ肩をたたけば 知らん顔した 人もいる  やさしい心 感じたら それは胸が ふくらむ幸せ…
出世灘西方裕之西方裕之星野哲郎徳久広司野村豊今日の大漁を 母御(ははご)に贈る 海は男の 出世灘 えらくなるより やさしくなれと 教え貰った 小浜の空を 獲物かざして 呼んでみる  夏の陽ざしに じりじり焦げる 網の匂いに つばを呑む 思い出さすな 牛深港 俺をこんなに やきもきさせる 可愛いあの娘(こ)は まだ他人  出世出世と 目の色変えて 人と争う 柄じゃない 俺の墓所(はかしょ)は 天草灘だ 自分ひとりを 燃やして生きる 赤い夕陽と 義兄弟
おんなの嘘大江裕大江裕伊藤美和徳久広司前田俊明さよならすると 決めたから どうか忘れて 私のことは そうよ嫌いに なっただけ 他に理由(わけ)など あるはずないわ 嘘じゃない 嘘じゃない 嘘じゃない 愛しい背中が 滲んでる  一人で生きる 覚悟なら 出来ていました いつの日からか だから私は 大丈夫 そんなか弱い 女じゃないわ 嘘じゃない 嘘じゃない 嘘じゃない 煙のせいなの 泣いてない  男はきっと 見抜けない 命燃やした おんなの嘘を せめてあなたは 幸せに なってほしいの お願いだから 嘘じゃない 嘘じゃない 嘘じゃない 愛しい背中が 遠ざかる
浮き世橋北野まち子北野まち子麻こよみ徳久広司南郷達也明日(あす)のことさえ 手探(てさぐ)りで ひとりため息 ついた夜 この世に流れる 苦労の川を 越えて行きます ひとつずつ せめて人並み 幸せを 夢見て渡る 女の浮き世橋  泣いて別れた あの人は どこで今頃 どうしてる 心に流れる 思い出川に 揺れてせつない 恋ひとつ 遠い面影 この胸に 浮かべて渡る 女の運命(さだめ)橋  他人(ひと)の優しさ あたたかさ にじむ涙の 嬉し泣き この世に流れる 情けの川を 越えて来ました 生きて来た 今日も一日 恙(つつが)なく 笑顔で渡る 女の浮き世橋
雪の花和田青児和田青児里村龍一徳久広司川村栄二いつも自分を あとまわし 俺に尽くして くれたやつ いつになったら 言えるやら 苦労かけたと 言えるやら 風花 風花 雪の花 なんでお前は 俺に咲く  生まれ故郷の 手料理で 晩のテーブル 飾るやつ 俺に逢わなきゃ 倖せを とうにつかめた はずなのに 風花 風花 なみだ花 他にいいやつ いるものを  あの日お前に 逢わなけりゃ 俺は今でも 酒びたり 惚れていながら お前には 返しきれない 借りがある 風花 風花 俺の花 いつか倖せ くれてやる
おんなの酒場小林幸子小林幸子たきのえいじ徳久広司前田俊明肩に小雨が 沁みる夜は 暦も昔に 舞い戻る 思い切れない あの人を 逢わせておくれよ ねぇお酒 肌が淋しい おんなの酒場  ついて行きたい 行かれない 未練と今夜も さし向かい 辛い心が 判るなら 酔わせておくれよ ねぇお酒 忘れられない おんなの酒場  情けあるなら そばにきて 叱ってください 弱虫と 夜がくる度 恋しいと 伝えておくれよ ねぇお酒 ひとりつぎ足す おんなの酒場
愛でしばりたい白川裕二郎(純烈)白川裕二郎(純烈)喜多條忠徳久広司伊戸のりおだから だから愛で 愛でしばりたい  僕を見ている君の瞳(め)は 草原を駆ける小鹿のようさ クルクルと忙しく どこまでも澄み切って 平気で嘘もつく  だから愛 愛 愛 愛 愛 愛してる いつの日か いつの日も 君を抱きしめて 愛 愛 愛 愛 愛 愛 愛 愛でしばりたい 君を!  僕が見ている君の夢 甘い香りの白バラになってる 花びらに手を伸ばし 手が触れるその瞬間(とき)に 鋭いトゲで刺す  だから愛 愛 愛 愛 愛 愛してる いつの日か いつの日も 君を抱きしめて 愛 愛 愛 愛 愛 愛 愛 愛でしばりたい 君を!  だから だから愛で 愛でしばりたい  君と行きたい海の街 都会の暮らしに疲れた君は 信じれる愛なんて もう無いと思ってる 淋しい君が好き  だから愛 愛 愛 愛 愛 愛してる いつの日か いつの日も 君を抱きしめて 愛 愛 愛 愛 愛 愛 愛 愛でしばりたい 君を! 愛 愛 愛 愛 愛 愛 愛 愛でしばりたい 今夜!
大糸線西方裕之西方裕之喜多條忠徳久広司松本を過ぎると 空気が冷たい 二十四を過ぎた お前には 世間が 冷たいだろう お前がむいた みかんの匂い 列車の中に たちこめて 大糸線は 河ぞいに 深くよどんだ 悲しみ流す 糸魚川(いといがわ)には 夜につく せめてそれまで 肩だきあおう  引越のたびに 荷物がへるねと 笑ったお前の 横顔に 心がなごんだものさ お隣りにあげた 朝顔の苗は 今年の夏に 咲くだろうか 大糸線は 胸の中 細く流れる 雪どけ水か 糸魚川(いといがわ)には 夜につく せめてそれまで 肩だきあおう  大糸線は 胸の中 細く流れる 雪どけ水か 糸魚川(いといがわ)には 夜につく せめてそれまで 肩だきあおう
海峡みなと島津悦子島津悦子仁井谷俊也徳久広司前田俊明古びた背広の 男がひとり 苦労が滲(にじ)んだ 女がひとり 最終フェリーは 今出航(で)たばかり 年齢(とし)も名前も 知らない同士 ふたり飲んでる… 海峡みなと  女は見ている 指環の迹を 男は飲み干す 無口な酒を 酔ったらポツポツ 身の上ばなし 流れ浮(う)き藻(も)と さすらい鴎 何故かやすらぐ… 海峡みなと  遠くの海鳴り 聴いてる男 始発の時間を 気にする女 こころが寄り添う 朝焼けの町 旅をしようか このままふたり そっと眸(め)をみる… 海峡みなと
おとこの純情辰巳ゆうと辰巳ゆうと久仁京介徳久広司南郷達也恋が破れりゃ 誰でもつらい 木漏れ日浴びて どこかに散った こわれて純情 そんなもの ないものねだりの ご苦労は 世の中あるある 幾つも見たよ 野暮も磨かれ 粋になる  帯もきっちり 裾など端折(はしょ)り いなせな風情 気負いが勝る とことん純情 嘘がない 生きてりゃ涙も 知るだろが いっぽんどっこで 渡っていこう 共によろこび 分け合って  三度やっても 三度の迷い 叶わぬ夢を 叶えるために どっこい純情 未熟者 小出しにするなよ 腹のうち ここぞと云う時 一気にだせよ やれば出来るさ 運も呼べ
だから今夜は…増位山太志郎・沢田嘉津枝増位山太志郎・沢田嘉津枝初信之介徳久広司お前のような 優しい女 探していたんだ この俺は あなたの知らない この私 もっと見せて あげたいわ その髪のその長さ とっても似合う だから今夜は 帰さない  あなたのために 生まれて来たと 思っていいのね いつまでも お前の笑顔に ふれる時 俺の気持は やすらぐよ その言葉その心 涙がでるわ だから今夜は 帰さない  はじめて何が 生きがいなのか お前と出逢って 気がついた あなたを愛して 良かったわ 生きる夢を 知ったから その指にこの恋を 飾ってみたい だから今夜は 帰さない
紀ノ川西方裕之西方裕之たかたかし徳久広司春まだ浅い 吉野路(よしのじ)を 追われてゆくのも 恋のため 降る雨のつめたさ 肩をぬらして 人目(ひとめ)しのんで 舟を漕(こ)ぐ あなただけ おまえだけ 情けの紀ノ川  行方(ゆくえ)もしれぬ さざ波の うわさがつらい 木(こ)の葉舟(かぶね) 身をよせて手と手を かさねあわせて にじむ灯りに 目をぬらす あなただけ おまえだけ 涙の紀ノ川  漂うだけの 水草(みずくさ)も 春には芽を吹く いのち草 この川の果てには きっとふたりの 愛を結べる 岸がある あなただけ おまえだけ 情けの紀ノ川
雨の酒場町西方裕之西方裕之丹まさと徳久広司前田俊明むらさきしぐれの 路地裏は 別れ未練に 心もぬれる 逢いたくて 逢いたくて やさしいおまえ あぁ 奪いたい 男泣かせの 雨の酒場町  この愛信じて いいですか そっと呟(つぶや)き 恥(は)じらうおまえ いとしくて いとしくて グラスを交し あぁ 燃えていた 想い出させる 雨の酒場町  薄紅(うすべに)化粧の その裏で 強く生きると 涙を拭(ふ)いた もう一度 もう一度 この手に熱く あぁ 抱きしめる 明日(あす)を夢見る 雨の酒場町
雨に咲く花たかだみゆきたかだみゆきたかたかし徳久広司斎藤恒夫死ぬも生きるも あなたのままと ついて来ました わきめもふらず 虹をみて 虹をみて また泣かされた 膝で甘えたしあわせも 今は夢 花なら散りましょ 忘れましょ 雨に咲く花 明日はどこで咲く  泣いてくらした 世間の隅で 今度こそはと あなたに賭けた せめないわ せめないわ 信じた恋を あなた迎える寝化粧も 今は夢 花なら散りましょ 忘れましょ 雨に咲く花 明日はどこで咲く  ネオンやつれの 私にだって きっと来る来る 女の青春が 生きるのよ 生きるのよ ふりむかないわ 肌でおぼえたいとしさも 今は夢 花なら散りましょ 忘れましょ 雨に咲く花 明日はどこで咲く  
うだつ蒼彦太蒼彦太久仁京介徳久広司石倉重信風にふるえて 道端で 足踏みすれば 人が抜く 牙(きば)をおられて 萎(しぼ)まない 馬鹿なところも 大事にしたい うだつ上がらぬ 今だけど こころの錦は 失くさない  筋を通せば 角(かど)が立つ 情けで押せば 逃げられる 人の絆は 切れやすく 苦しまぎれに すがればつらい もまれもまれる 人生も てっぺんどん底 意地ひとつ  おれが真っ直ぐ 生きられる 支えてくれる 可愛(かわ)い奴 見せてやりたい あの山の 越えた向こうに あるしあわせを うだつ上がるも 上がらぬも 気強く生きたい 二人して   ※曲名は木へんに兌が正式表記。
さんざし恋歌村木弾村木弾舟木一夫徳久広司杉村俊博ひとりが寒すぎる 木枯らしの夜更けには おまえの置き手紙 なみだ文字 思い出す 夢を追うのを あきらめる あなたにはしたくない 白い便箋 さんざしの 花びらが 泣いていた  愛してくれていた 待つことで この俺を あの時 あの部屋を 飛び出せば 間にあった どんな想いを 噛みしめた 終列車(さいしゅう)のベルの音 凍る夜空に さんざしの 散りぎわを 見てたのか  たとえ小さな 暮らしでも 倖せでいるのなら うわさ届けよ さんざしの 花の咲く 季節には
あなたがいたから北野まち子北野まち子麻こよみ徳久広司丸山雅仁苦労しぶきに 濡れながら 越えた涙の この世川 人並暮らしを 夢にみて 力を合わせた 年月(としつき)よ あなたがいたから 今がある 心ひとつに これからも  思い通りに ならなくて 泣いた小雨の 裏通り 私の愚かさ いつだって 笑顔で叱って くれた人 あなたがいたから 今がある 情け通わせ いつまでも  肩を優しく 包むよに 揺れる陽射しの あたたかさ 雨風 嵐に なろうとも 負けたりしません 二人なら あなたがいたから 今がある この手離さず どこまでも
女泣川藤あや子藤あや子坂口照幸徳久広司しあわせですと 嘘をつく わかってください 女の見栄を へたな芝居に 合わせてくれる あなたの変わらぬ 思いやり くずれそうです… おんな泣く川 女泣川(おなきがわ)  いけない人を 裏で好く 女のこころを 叱って欲しい あの日あなたと 別れてからは お決まりどおりの 不しあわせ 責めてください… おんな泣く川 女泣川(おなきがわ)  うつむくふたり 救うのは 髪にはらはら 舞い散る小雪 傘にお入り どこへも行くな いいのね ほんとに私でも 声にならない… おんな泣く川 女泣川(おなきがわ)
最愛の恋人(ひと)内田あかり内田あかりかず翼徳久広司伊戸のりおあなたがいなければ 一人で生きてたでしょう 心に小さな 木枯らしを抱いて 私の肩の上 あなたの手のぬくもりが 言葉より伝えるの やさしさを 愛するひとよ あなたに出逢えた 遠い日を忘れない… あなたより一日だけ せめて一日長らえて 追いかけて行きたいの 思い出を連れて  喜び哀しみも すべてがいとしく想う あなたが隣りに いてくれるならば 終わらぬ夢を見る ふたりのこの人生は ささやかな幸せを 捜す旅 愛するひとよ あなたに寄り添い どこまでも歩きたい… 木洩れ日が揺れるベンチ 何も言わない横顔に もう一度恋してる 若き日のように  愛するひとよ あなたと過ごした 歳月(としつき)に悔いはない… あなたより一日だけ せめて一日長らえて 追いかけて行きたいの 思い出を連れて
未練のなみだ服部浩子服部浩子池田充男徳久広司前田俊明泣いても泣いても 堰(せき)を切る なみだよどうして あふれるの よわい女と 言わないで 恋をしなけりゃ わからない なみだは命の しぼり水  この世で逢うこと 許さない 悲しい別れを させられた だれが悪いの おしえてよ あつい血潮が もえるまま わたしは女で 生きただけ  くるくるむなしく まわってる 祭りの夜店の 風車 あなた好みの ゆかた着て 夏の一と夜を さまよえば 未練のなみだが また滲む
おまえに雨宿り岩出和也岩出和也建石一徳久広司南郷達也みつめないでと 鏡の前で そっと笑って 素顔をかくす そんな女の 無邪気さに  俺は小さな やすらぎ見たよ 幸せはぐれの 旅の町 おまえの胸で 雨宿り  泊まるつもりは なかったけれど 酔ったおまえが 気がかりだった 話疲れて 眠る頬 故郷へ帰れと この手で撫でる 似た者同士か 俺達は 止まり木ひとつ 夢の中  雨がやむまで その約束が 別れ間ぎわに 背中で泣いた きっとおまえも 探してた 肩を寄せ合う 心の傘を 夢ならさめるな 旅の夜 おまえと俺の 雨宿り
風花港服部浩子服部浩子石原信一徳久広司前田俊明指の先まで ひとすじに 愛したことが 邪魔ですか もたれる背中の あたたかさ ほかにはなにも 欲しくない 涙ちぎれて 風花が 波に呑まれて 散る港  ただの一度も 振り向かず あの人乗せた 船が行く しあわせ探せと 置手紙 断ち切るように なぜ書いた 寒い心の 風花が 汽笛追いかけ 飛ぶ港  恨む言葉を 海峡に 投げても未練 つのるだけ 死ぬまで待つのも おんなだと 沖行く鴎 伝えてよ 白く儚く 風花が 夢をさがして 舞う港
想い出をありがとう徳久広司徳久広司徳久広司徳久広司過ぎ去りし青春 輝いていた日々も 哀しみの彼方へと 時間が連れて行く 男の夢と 男の心 密やかに 鮮やかに 残してくれた サヨナラ 兄貴… 想い出をありがとう  儚くも 燃えつき崩れ堕ちた星よ 暗闇に閉ざされた 胸に甦れ もう一度歌え もう一度笑え 優しさとぬくもりで 包んで欲しい サヨナラ 兄貴… 想い出をありがとう  素晴らしき男よ 安らかに眠れ 喜びも悲しみも みんな覚えてる 心の中に 体の中に 愛されて 刻まれて 語られるだろう サヨナラ 兄貴… 想い出をありがとう 
雪の華真木ことみ真木ことみ麻こよみ徳久広司丸山雅仁なんで女に 生まれたか 泣くことばかり 多すぎる 終わった恋の 抜け殻を 捨てに来ました 日本海 海にチラチラ 降っては消える 恋は悲しい 雪の華  今も二人は 続いてた あなたの嘘が 許せたら 海鳥一羽 波の上 寒さこらえて 誰を待つ 抱かれていても 淋しいなんて 恋はせつない 雪の華  未練心の 重たさに 思わず砂に 膝をつく あなたともしも 逢えるなら くれてやります この命 うなじに髪に 降っては消える 恋は儚い 雪の華
水森かおり&徳久広司水森かおり&徳久広司麻こよみ徳久広司人目をさけて 寄りそう肩に 星が震える 北の駅 心細さに すがる指先 二度と戻れぬ この町よ…  離れられない 恋なら なおさら すべてを捨てても かまわない おまえだけ あなただけ 明日へ旅立つ 今 ふたりです  見送る人も ない寂しさに せめて口紅(ルージュ)を 買い換えて 泣いた数より 幸せあげたい 薄い切符に かける夢…  噂悲しい 恋なら なおさら この手を離さず どこまでも 今日からは 泣かないわ 明日を信じる 今 ふたりです  離れられない 恋なら なおさら すべてを捨てても かまわない おまえだけ あなただけ 明日へ旅立つ 今 ふたりです  明日へ旅立つ 今 ふたりです
瀬戸内ぐらし島津悦子島津悦子かず翼徳久広司南郷達也小さな幸せ 濡らさぬように 傘さしかけて 寄り添い歩く あなたについて行きたいの どこまでも 最後のひとです 私には 雨の倉敷 瀬戸内ぐらし  愛するこころに 迷いはないの 命の限り 尽くして生きる あなたについて行きたいの どこまでも 尾道ふたりの 出逢い町 波もきらめく 瀬戸内ぐらし  淋しさつらさを 私に分けて 女の愛は 海より深い あなたについて行きたいの どこまでも 夕日が染めます 笠戸島(かさどじま) 遠い島影 瀬戸内ぐらし
恋女房美空ひばり美空ひばりたかたかし徳久広司くらしの涙を 笑ってかくし いいの男は わがままに 生きてほしいと 言うおまえ すまないね すまないね 苦労をかけて すまないね 傍にめだたず いてくれる 俺にゃすぎた 女だよ  着物の一枚 ねだりもせずに 惚れた男に つくすのが 妻のつとめと 言うおまえ あの頃は あの頃は 幼なじみの 夫婦雛(びな) 口にゃ出さぬが 心では 末は一緒と きめたいた  弱きになったら あんたの負けよ 男だったら さいごまで 意地をとおせと 言うおまえ うれしいね うれしいね 今夜は一本 つけるわと 俺の気持ちを ひきたてる 俺にゃすぎた 女だよ
好きやねん大阪浪花こゆき浪花こゆき山田孝雄徳久広司倖せになろうねと 道頓堀から 戎橋(えびすばし) 御堂筋 肩寄せ歩く みんなそれぞれ 故郷が 遠い何処かに あるけれど 好きやねん大阪 大阪好きやねん この街で この街で 生きていくんやもん  哀しみに負けないで 切ない時には 中の島 天満橋(てんまばし) 淀川流れ 待って下さい 春が来て 水の都に 花が咲く 好きやねん大阪 大阪好きやねん この街で この街で 生きていくんやもん  めぐり逢い しのび逢い ふたり曽根崎 小雨降る北新地 七色ネオン 夢を注ぐのか 嘘なのか 明日になる迄 わからない 好きやねん大阪 大阪好きやねん この街で この街で 生きていくんやもん
北の秋桜キム・ヨンジャキム・ヨンジャ池田充男徳久広司前田俊明愛を失くした 旅のおんなは 花が咲く駅がすき 迷い子みたいに 遠いめをして 海沿いの町を往く 革の服着た あのひとの影が恋しい 風の中ひとり震えてるわたし 北の秋桜 噂だけでも おしえておくれ  恋がこわれて ひとりぼっちで 淋しさに気がついた ばかなわたしね ごめんなさいと 泣きながらすがりたい ここは知床 あのひとの胸が恋しい 最果ての空に名前呼ぶばかり 北の秋桜 おんなごころに どこかが似てる  秋が冬へと 季節かわれば 流氷がくるという  花にじゃれてる 猫よさよなら ゆうぐれのオホーツク 夜のざわめき 札幌の街が恋しい 夢だけをつなぎこの汽車に乗るわ 北の秋桜 枯れてくれるな わたしの花よ
石北本線多岐川舞子多岐川舞子かず翼徳久広司南郷達也未練という名の 傷あとを 連れて女の ひとり旅 北の都の 優佳良織(ゆうからおり)は 機(はた)の音さえ 哀しく響く 石北本線 終着駅を 探す私に 雪が降る  想い出捨てたい 橋の上 神居古潭(かむいこたん)の 冬の川 渡り鳥なら いつかは帰る 二度と戻らぬ 失くした恋は… 石北本線 夜更けの駅で みんなあなたに 見える人影(かげ)  幾つの駅を 乗り継げば あなた忘れる 春に着く 暗い窓辺に 別れの言葉 指でなぞれば レールが軋む 石北本線 旅路の果てに 明日の灯りが 見えますか
あなたが終着駅藤原浩藤原浩久仁京介徳久広司南郷達也わがままでした 馬鹿でした 長い月日の 回り道 黙ってわたしに 微笑くれて 待っていたよと 抱きしめる 女ごころの 終着駅は あなたの胸と 知りました  ふたりでいれば 苦労など つらくなんかは ないという あなたのやさしさ 心にしみて 愛の深さを 噛みしめる 戻り道ない 人生なのに あなたは待って くれました  遅れた春は あたたかい そんな気持ちに させるひと 今度はあなたに つくして生きる きっとふたりで しあわせを 女ごころの 終着駅は あなたの胸と 知りました
北ターミナル岩出和也岩出和也石原信一徳久広司夜間飛行に 決めたのは 闇が涙を 隠すから 翼行き交う 滑走路 どこへ哀しみ 運ぶのか この愛ひとすじ つらぬけば あなたをきっと 苦しめる さよなら さよなら 恋人よ 夢がちぎれる 雪にちぎれる 北のターミナル  女ひとりの 旅立ちは 軽い荷物が せつなくて 胸のすきまを 吹きぬける 風の痛みに 耐えるだけ 別れの言葉が 言えなくて あなたをだまし 行くけれど さよなら さよなら 恋人よ 春が逃げてく 明日(あす)が逃げてく 北のターミナル  夜空を越えても この愛は あなたの影を 追うけれど さよなら さよなら 恋人よ 灯り遠のく 白く遠のく 北のターミナル
ノラ木下結子木下結子ちあき哲也徳久広司やめて 下手な嘘 抱いて 今はただ 雨にぬれたノラ 帰りついたあんた いい女なら 割りきってあげるわ 誰となく 惚れてないと 駄目な 駄目な ひとなの 好きよ 好きよ 好き 愛はひとり芝居  だって ニつ上 あたし 損な年 どうせ明日(あす)もノラ 街で悪戯(わるさ)するの 泣きおとしには もう懲りていたのに しおらしい 顔を見れば ばかね ばかね からだが 好きよ 好きよ 好き 愛はひとり芝居  そう 棄てたもの 夢なんか きっぱり 癪(しゃく)だけど もしかしたら これが これが しあわせ 好きよ 好きよ 好き 愛はひとり芝居 愛はひとり芝居
はぐれ雪虫奥山えいじ奥山えいじ槙桜子徳久広司南郷達也白い雪虫 どこまで跳んだ はぐれて郷里(ふるさと) 恋しがる 肩にとまる風花 ぽつんとひとつ 帰りたい 帰ろかな 北国の 日暮れは早い… やけに聞きたい 郷(くに)なまり  長い無沙汰を 心でわびて 呑み干す地酒の ほろ苦さ 今はわかる 親父の背負(しょ)ってた苦労 帰りたい 帰ろかな おふくろも 待ってるだろう… 一人しみじみ 夜がふける  北の郷里 凍(しば)れる冬を こらえて林檎の 花が咲く 急ぎ足をゆるめて 空を見上げる 帰りたい 帰ろかな 春まぢか 根雪もとける… そうさ 夕陽が呼んでいる そうさ 夕陽が呼んでいる
ほろろん演歌村木弾村木弾菅麻貴子徳久広司杉村俊博遠いあの日の この歌が 俺の涙を 誘うのさ 店に流れる 昭和のギター ぼろろん ほろろん… 泣くんじゃないよ 心に沁みる なさけ この歌 路地づたい  都会ぐらしに 慣れたって 故郷(くに)が恋しい 時もある 知らぬ同士が 肩寄せあって ぼろろん ほろろん… 酒つぎ合えば 暖簾をくぐり 遠い 汽笛が 胸をうつ  肩を叩いて 笑い合う そうさみんなで 生きてきた 店に流れる 昭和のこころ ぼろろん ほろろん… ひとりじゃないよ 今夜も沁みる なさけ あの歌 路地づたい  今夜も沁みる なさけ あの歌 路地づたい
女の夜雨山口ひろみ山口ひろみ仁井谷俊也徳久広司南郷達也あなたに傘を 差しかけられて 胸が震える 裏通り 逢えてよかった あなた…嬉しいわ このままふたり 何処までも 歩いてゆきたい… 女の夜雨(よさめ)  今日までひとり 苦労をかけた 詫びてお酒を 酌(つ)ぐあなた 待っていたのよ こんな…めぐり逢い むかしと同じ やさしさに 甘えて酔いたい… 女の夜雨(よさめ)  痩せてる身体 気づかうように 濡れた肩先 抱き寄せる 離れたくない あなた…もう二度と 小降りになった 水たまり 明日(あした)がみえます… 女の夜雨(よさめ)
戻り橋暮色大月みやこ大月みやこ杉紀彦徳久広司(台詞) 大阪は みなみの新地のあたりに 子連れの女が流れてきまして ちょっと大きな声では 人に言えん様な商売をはじめたんです どこの誰の子やら回りの誰も知りませんでした その子が少し大きゅうなって いつやったか母親に聞いたんですわ (うちのお父ちゃんどこにいたはんのん) 女のこたえは いっつも決ってました (あんたのお父ちゃんはな戦争に行ったはんねん) それからしばらくたって その女に 新しいええ人が出来まして ちょこちょこ家にも来る様になりました (このおっちゃん どこの人やのん) 子供に聞かれて (何ゆうてんねん あんたのお父ちゃんやないか 戦争から帰ってきやはったんや) 女はそうこたえました ようあることですねんけど 三ヶ月程たったら その男はもう来んようになりまして 女は毎日泣いとりました それを見て その子が (お母ちゃん お父ちゃん又戦争に行かはったんやろ そんなら うち もどってきゃはるまで 毎日あの橋のとこへむかえに行ったるさかい もうないたらあかん) その橋ですけど 戦争が終る頃まで もどり橋と 呼ばれてたそうです  西陽の橋を 陽炎(かげろう)みたいに ゆらゆらあの人消えて行(い)く うそやない…… あの人にみんな上げた すきやったから何もかもあげた 一人前(いちにんまえ)に愛されるほど きれいな女じゃないけれど 涙ぽろぽろ三人前(さんにんまえ) 誰も帰って来ないから 泣いてます 泣いてます 戻り橋  私のいのち 奪ってくれたら こんなに涙は流さない うそやない…… あの人は優しかった 私にだけは優しさをくれた やくざな人と皆んなが怖れ 背中の傷あと見たけれど それは心の古い傷 誰も帰って来ないから 暮れて行(ゆ)く 暮れて行(ゆ)く 戻り橋 一人前(いちにんまえ)に愛されるほど きれいな女じゃないけれど 涙ぽろぽろ三人前(さんにんまえ) 誰も帰って来ないから 泣いてます 泣いてます 戻り橋
裏切りの花西山ひとみ西山ひとみ田久保真見徳久広司矢野立美あなたを死ぬほど 傷つけたいの ふたりが出逢えた 足跡だから 綺麗な夢で 消えるのはいや 酷(ひど)い女だと 覚えてて  裏切りの花 昼顔は からみつき しがみつき 生きてゆく花 ひとりきりでは 枯れてゆくだけ あなただけはと 信じてた  さよなら聞いたら 生きてゆけない 棄てられる前に 棄ててしまうの 男の時計 ベッドに置いて 三文芝居の 捨て台詞  裏切りの花 昼顔は からみつき しがみつき 生きてゆく花 あなたの愛に すがりついてた 愛していたの 憎いほど  裏切りの花 昼顔は からみつき しがみつき 生きてゆく花 あなたの愛に すがりついてた 愛していたの 憎いほど
海峡の月北野まち子北野まち子麻こよみ徳久広司南郷達也すべてを捨てて この海を あなたと越える はずでした 誰かを泣かせて 私だけ なれるはずない 幸せに 遠く遠く 離れて遠く 照らす面影 海峡の月  愛してみても つらいだけ わかっていても 夢をみた 私と出会って いなければ 元の暮らしが あったのに 泣いて泣いて 死ぬほど泣いて 詫びる思いの 海峡の月  あなたへ続く 道のよに ひとすじ海に 月明かり 今さらあなたを 追いかけて 何になりましょ 遅すぎる 好きで好きで こんなに好きで 胸にしみます 海峡の月
月の宿北野まち子北野まち子麻こよみ徳久広司丸山雅仁窓にこぼれる 月灯り 胸の哀しみ 映し出す ふたり別れる その日が来ると 知らずにいました ばかでした つらさ逃れる ひとりの旅は にじむ涙の 月の宿  声もかすかな 虫の声 泣いて夜通し 誰を呼ぶ いつかいつしか わがままばかり 甘えていました ばかでした 浮かぶあなたの 面影抱けば 心震える 月の宿  痩せた夜空の 月さえも 元の姿に 戻るのに きっと幸せ 続いて行くと 信じていました ばかでした 夢で逢いたい 逢えたらつらい 口紅(べに)がせつない 月の宿
放されてちあきなおみちあきなおみ吉田旺徳久広司奥慶一水に七色 ネオンの花は 夢がありそに 浮かれてるけど 私(うち)はあんたに 放されたまま ひとり曽根崎 はぐれ鳥 忘れなあかん…忘れなあかん あんたなしでは よう生きられん 忘れなあかん…忘れなあかん おんなやもん 洒落た女で いたいのやけど 私(うち)はやっぱり 演歌です  あいつばかりが 男やないと グラス片手に 気取ってみても ゆうべ大阪 捨てたと聞けば 知らず知らずに 目が濡れる 泣いたらあかん… 泣いたらあかん 泪ぼろぼろ よう止められん 泣いたらあかん… 泣いたらあかん おんなやもん いっそ放そか 大淀川へ あんた恋しと 哭くこころ  忘れなあかん…忘れなあかん あんたなしでは よう生きられん 泣いたらあかん… 泣いたらあかん おんなやもん いっそ放そか 大淀川へ あんた恋しと 哭くこころ
ほろり酒宮史郎宮史郎浅木しゅん徳久広司何軒はしご 重ねて来たの これから先は ひとりじゃないわ 雨が降ります ほろり酒 偉くなるだけが 人生じゃないわ  私もそうよ 忘れたはずの しんどい過去が 心をよぎる 夜が更けます 縄のれん 偉くなるだけが 人生じゃないわ  お銚子みんな 倒したままで あなたはいつか 寝息をたてる 風が吹きます ほろり酒 偉くなるだけが 人生じゃないわ
郡上恋唄野中さおり野中さおり加藤市平徳久広司丸山雅仁郡上八幡 おんなが燃える 年に一度の 春駒おどり 旅のみやげに おまえをつれて 帰りたいよと 言った人… 逢いにいつ来る いつまた逢える もうすぐ城山 蝉しぐれ  郡上水舟 つかった産湯 男知らずが 初めて惚れた 遠く泣くよな 笛の音聴けば つらい別れが また浮かぶ… あなた恋しい いつまた逢える 胸からやつれる 恋おんな  郡上祭りの ぼんぼり灯し 水に映した 契りの宿よ 袖でなみだは 拭えるけれど 忘れられない 面影が… 逢いにいつ来る いつまた逢える もうすぐ秋風 吉田川
愛と憎しみの間に山口かおる山口かおる麻こよみ徳久広司矢野立美駅まで続いた 別れの坂道 二人の靴音 冷たく響く あなたの電話を 待つ暮らし いつしか心が 錆(さび)ついて… 誰より誰より あなたを愛して 誰より誰より 憎んだあの日 明日も見えない 優しさよりも 別れを選んだ 私です  そんなに哀しい 瞳(め)をして見ないで 男の狡(ずる)さが にじんで見える 一緒に暮らせる 夢なんて 見なけりゃ良かった はじめから… 誰より誰より あなたを信じて 誰より誰より 疑いながら 返してもらった 心の鍵は 涙に包んで 捨てましょう  誰より誰より あなたを愛して 誰より誰より 憎んだあの日 明日も見えない 優しさよりも 別れを選んだ 私です
北の哀歌(エレジー)奥山えいじ奥山えいじ槙桜子徳久広司前田俊明身の丈ちかく 雪が降る 故郷は 線路(みち)の果て 九年(くねん)数えた 都会(まち)の暮らしに 別れを告げるベルが鳴る 後ろ髪引く 思い出ならば 胸のすき間に埋めりゃいいさ 軋(きし)む明日に 身をゆだね 北へ北へ、北へ北へ…揺られる夜汽車  失くしたものは 青き夢 やるせない 恋ひとつ 涙浮かべた 白い横顔 俺には出来(すぎ)た女(ひと)だった 詫びて飲み干す カップの酒に 浮かぶ面影…ほろ苦いよ きつく唇 かみしめて 北へ北へ、北へ北へ…揺られる夜汽車  春の芽吹きは まだ遠く 故郷は 雪だろう 昔の俺を 窓に映して 上り列車がすれ違う 老いた親父(おやじ)と 妹ふたり 早朝(あさ)のホームで待(ま)っているよ 土産ものなど 無いけれど 北へ北へ、北へ北へ…揺られる夜汽車
全5ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 愛し合いなさい
  3. さよーならまたいつか!
  4. Dear
  5. 夢幻

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 愛し合いなさい
  2. LOUD
  3. クライマル
  4. NOW
  5. ブラックホール

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×