試聴する

恋女房

この曲の表示回数 17,343
歌手:

美空ひばり


作詞:

たかたかし


作曲:

徳久広司


くらしの涙を 笑ってかくし
いいの男は わがままに
生きてほしいと 言うおまえ
すまないね すまないね
苦労をかけて すまないね
傍にめだたず いてくれる
俺にゃすぎた 女だよ

着物の一枚 ねだりもせずに
惚れた男に つくすのが
妻のつとめと 言うおまえ
あの頃は あの頃は
幼なじみの 夫婦雛(びな)
口にゃ出さぬが 心では
末は一緒と きめたいた

弱きになったら あんたの負けよ
男だったら さいごまで
意地をとおせと 言うおまえ
うれしいね うれしいね
今夜は一本 つけるわと
俺の気持ちを ひきたてる
俺にゃすぎた 女だよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恋女房 歌手:美空ひばり

美空ひばりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989-12-10
商品番号:CA-4125-6
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP