桜前線

この曲の表示回数 19,248
歌手:

小柳ルミ子


作詞:

麻生香太郎


作曲:

徳久広司


雪どけ水の せせらぐ音に
失くしたものを 想い出します
ローカル線で 見知らぬひとと
膝つきあわす 恥ずかしさ
曲がりくねった 心の旅路に
ちいさな陽だまりが 嬉しいこの頃
ここは 信州 もうじき春です

温室イチゴを 口にふくめば
ひと足早い 季節がひろがる
急にあんたが なつかしいのは
酸っぱいイチゴの せいじゃない
ひとりになりたくて 北から南へ
手紙は書けません 今はまだ
ここは 瀬戸内 しずかな春です

心細げな 私をみつけ
お茶でもどうぞと 誘ってくれた
高校野球に 語らうひとたちに
度の疲れも なごみます
さすらうつもりが 想いはいつか
帰る身仕度 はじめています
ここは 鹿児島 こころの春です
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:桜前線 歌手:小柳ルミ子

小柳ルミ子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-07-22
商品番号:WPCL-10722
ワーナーミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP