試聴する

冬の駅

この曲の表示回数 40,228
歌手:

小柳ルミ子


作詞:

なかにし礼


作曲:

加瀬邦彦


白い朝もや流れる
冬の淋しい停車場
あなたの無事を祈って
これが運命(さだめ)と つぶやくの
恋はすべてを奪って
汽車の窓から手をふる
愛はすべてを与えて
涙こらえて 立っている

ひと駅だけでも あなたと一緒に
朝の汽車に乗っていきたかった

わたし恨んでいないわ
悲しい思いしたけど
恋に苦しむ女は
きっときれいになるという

夜の海辺に座って
遠くまたたく灯台
にじむ涙でみつめて
ひとりぼっちを かみしめる
恋は別れて終るの
なんの便りもくれない
愛は別れて始まる
心ひそかに 待っている

ひと駅だけでも あなたと一緒に
朝の汽車に 乗っていきたかった

わたし泣いたりしないわ
今も未練はあるけど
涙の河をわたって
人は大人になるという
そうよ 人は大人になるという
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬の駅 歌手:小柳ルミ子

小柳ルミ子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-12-19
商品番号:PSCR-5346
ポリスター

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP