冬の駅

小柳ルミ子

冬の駅

作詞:なかにし礼
作曲:加瀬邦彦
発売日:1994/12/19
この曲の表示回数:66,957回

冬の駅
白い朝もや流れる
冬の淋しい停車場
あなたの無事を祈って
これが運命(さだめ)と つぶやくの
恋はすべてを奪って
汽車の窓から手をふる
愛はすべてを与えて
涙こらえて 立っている

ひと駅だけでも あなたと一緒に
朝の汽車に乗っていきたかった

わたし恨んでいないわ
悲しい思いしたけど
恋に苦しむ女は
きっときれいになるという

夜の海辺に座って
遠くまたたく灯台
にじむ涙でみつめて
ひとりぼっちを かみしめる
恋は別れて終るの
なんの便りもくれない
愛は別れて始まる
心ひそかに 待っている

ひと駅だけでも あなたと一緒に
朝の汽車に 乗っていきたかった

わたし泣いたりしないわ
今も未練はあるけど
涙の河をわたって
人は大人になるという
そうよ 人は大人になるという

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:AM 2:00

  1. EXILE

  2. 明日の行方

    SMILE

  3. 愛するキモチ!

    岩崎宏美

  4. EMOTION

    ミーア・キャンベル(田中理恵)

  5. 夜に駆ける

    YOASOBI

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成