試聴する

京のにわか雨

この曲の表示回数 59,350
歌手:

小柳ルミ子


作詞:

なかにし礼


作曲:

平尾昌晃


雨だれがひとつぶ頬に
見上げればお寺の屋根や
細い道をぬらして
にわか雨がふる
私には傘もない
抱きよせる人もない
ひとりぼっち泣きながら
さがす 京都の町に
あの人の面影
誰もいない心に
にわか雨が降る

日が暮れて鴉が帰る
人はみな家路を急ぐ
河岸をぬらして
にわか雨がふる
雨の日も鐘は鳴る
むせぶように鐘が鳴る
指を折ってかぞえながら
祈る京都の町に
あの人の幸せ
愛をさがす心に
にわか雨が降る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:京のにわか雨 歌手:小柳ルミ子

小柳ルミ子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-03-24
商品番号:MHCL-518
Sony Music Direct

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP