どうせ捨て猫

この曲の表示回数 31,331

ちいさな 気まぐれで いいから拾って
雨の中で 痩せてふるえる
子猫みたいな 私を
心よりも 熱い肌の
ぬくもりが 欲しいから
ねえ 行かないで 今夜は一人にしないで
ああ 抱きしめてくれたら 何にもいらない
どうせ 捨て猫

はかない 戯れを 愛だと信じて
せめて今は 膝に甘えて
子猫みたいに 泣かせて
爪を立てて しがみついて
眠るのは こわいから
ねえ 捨てないで 愛しているよと騙して
ああ 夢見せてくれたら 明日はいらない
どうせ 捨て猫

心よりも 熱い肌の
ぬくもりが 欲しいから
ねえ 行かないで 今夜は一人にしないで
ああ 抱きしめてくれたら 何にもいらない
どうせ 捨て猫
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:どうせ捨て猫 歌手:ハン・ジナ

ハン・ジナの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015/09/02
商品番号:CRCN-1902
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP