夜の恋の物語

この曲の表示回数 23,672
歌手:

増位山太志郎・長沢薫


作詞:

吉法かずさ


作曲:

徳久広司


冷(ひ)えた指して どうして泣くの
いいえあなたが やさしいからよ
吹雪舞う夜 すすきのへ
来たから舞子と つけました
ああ……札幌に 恋の花咲け そっと咲け

七時土橋で待ってておくれ
かまわないのよ 遅刻をしても
紅を濃いめに また引いて
わたしは紅子に 変わります
ああ……東京の 夜の銀座は 恋化粧

だれがうたうか 演歌のふしが
そうね今夜は 身にしみるわね
キタの酒場に きてからは
ゆめみる夢子に なりました
ああ……大阪は 泣いた昔の 捨てどころ

博多献上は どなたの見立て
やいているのね おかしな人ね
東中洲の 灯も消えた
あなたは純子を 送ってね
ああ……福岡の 空におんなの さだめ星
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜の恋の物語 歌手:増位山太志郎・長沢薫

増位山太志郎・長沢薫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-05-21
商品番号:TECE-28014
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP