試聴する

Summer of Love

この曲の表示回数 810
歌手:

Yogee New Waves


作詞:

Kengo Kakudate


作曲:

Kengo Kakudate


風のない夜にぼくら
きっと言える どうかしている
心臓がドキドキする
きっとばれても しょうがないんでしょう

教会に迷い込んで
内緒話 花咲いた
それをひとつだけ摘んで
髪に刺したら綺麗だ
Hey Hey 未知との遭遇 未知との遭遇

何度でも間違っても
きっと言える 君を見ている
ぼくらまだ 生きてるみたいだ
しょうがないんだよ

もういいよ もう

3度目の夏が過ぎて
雨音も柔くなった
それをひとつだけ編んで
冬は巻いてすごそうか

最終列車よ トレイン
走り出せ ブルーへ 前へ
オレンジトンネルを抜け
やったことないしようぜ
Hey Hey 未知との遭遇
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Summer of Love 歌手:Yogee New Waves

Yogee New Wavesの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-10-10
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP