試聴する

風花港

この曲の表示回数 4,167
歌手:

服部浩子


作詞:

石原信一


作曲:

徳久広司


指の先まで ひとすじに
愛したことが 邪魔ですか
もたれる背中の あたたかさ
ほかにはなにも 欲しくない
涙ちぎれて 風花が
波に呑まれて 散る港

ただの一度も 振り向かず
あの人乗せた 船が行く
しあわせ探せと 置手紙
断ち切るように なぜ書いた
寒い心の 風花が
汽笛追いかけ 飛ぶ港

恨む言葉を 海峡に
投げても未練 つのるだけ
死ぬまで待つのも おんなだと
沖行く鴎 伝えてよ
白く儚く 風花が
夢をさがして 舞う港
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風花港 歌手:服部浩子

服部浩子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-05-01
商品番号:TECA-13922
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP