小倉恋ごよみ

この曲の表示回数 22,761
歌手:

服部浩子


作詞:

松井由利夫


作曲:

叶弦大


夜の帳が 裾野を包む
入日(いりひ)がにじむ 小倉山
逢いみての 恋しさ 切なさに
紅をさす 指を噛む
…あぁ 胸の炎(ひ)が ゆらゆらと
焦がれて一人 今日も 恋人(きみ)を待つ

その場 繕う 戯れならば
解(ほど)かぬものを 黒髪を
村雨(むらさめ)の 白露(しらつゆ) 槙の葉は
秘めごとの うつし絵か
…あぁ 胸の炎(ひ)が ゆらゆらと
三十一(みそひと)文字に 熱く 綴る文(ふみ)

絹の褥(しとね)を 手さぐりながら
残り香(が)しのぶ 七日月(なのかづき)
瀬を早み 流れる 水音に
夢ならば 夢でいい
…あぁ 胸の炎(ひ)が ゆらゆらと
明日は叶う 花の 恋ごよみ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:小倉恋ごよみ 歌手:服部浩子

服部浩子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-02-14
商品番号:TOCT-40087
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP