銀木犀

この曲の表示回数 25,251
歌手:

加門亮


作詞:

吉田旺


作曲:

徳久広司


ほろほろと夜にこぼれる
匂いやさしい 銀木犀によぎる面影よ
愛しながらもさだめゆえ
はぐれて二秋おまえに逢いたい
逢いに行きたい 夢一夜 素肌ゆだねた

おもひでだけで生きてゆけると
背中でないたやつ
北風のたよりじゃ影さえも
やつれているとか
迎えに行きたい すぐに行きたい

北国へ 続く夜空を ふと見かえれば
なみだのような 蒼い流れ星
命はかない 女だから
もしやと気がかり
おまえに逢いたい 逢いに行きたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:銀木犀 歌手:加門亮

加門亮の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996/11/01
商品番号:SRCL-3697
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP