別れたそうね

この曲の表示回数 18,011
歌手:

増位山太志郎


作詞:

たかたかし


作曲:

徳久広司


別れたそうねと 和服のママが
やさしい目をして 迎えてくれる
あなたは おぼえているかしら
はじめて誘われ 飲んだ店
ふたりの名前で ボトルをいれました

電話でいいから むかしのように
元気をだせよと 叱ってほしい
あなたを信じて いたわたし
こよりの指輪を こしらえて
はしゃいだあの日の しあわせとおい夢

あなたの匂いを 忘れる日まで
誰にも抱かれる その気はないわ
あなたはいい人 みつけたの
路地うらあたりの 手相見が
さみしい顔だと わたしを呼びとめる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:別れたそうね 歌手:増位山太志郎

増位山太志郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP