試聴する

さんざし恋歌

この曲の表示回数 4,856
歌手:

村木弾


作詞:

舟木一夫


作曲:

徳久広司


ひとりが寒すぎる
木枯らしの夜更けには
おまえの置き手紙
なみだ文字 思い出す
夢を追うのを あきらめる
あなたにはしたくない
白い便箋 さんざしの
花びらが 泣いていた

愛してくれていた
待つことで この俺を
あの時 あの部屋を
飛び出せば 間にあった
どんな想いを 噛みしめた
終列車(さいしゅう)のベルの音
凍る夜空に さんざしの
散りぎわを 見てたのか

たとえ小さな 暮らしでも
倖せでいるのなら
うわさ届けよ さんざしの
花の咲く 季節には
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さんざし恋歌 歌手:村木弾

村木弾の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-07-31
商品番号:COCA-17616
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP