平尾昌晃作曲の歌詞一覧リスト  409曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
409曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
瀬戸の花嫁PLATINA LYLIC小柳ルミ子PLATINA LYLIC小柳ルミ子山上路夫平尾昌晃瀬戸は日暮れて 夕波小波 あなたの島へ お嫁にゆくの 若いと誰もが 心配するけれど 愛があるから 大丈夫なの 段々畑と さよならするのよ 幼い弟 行くなと泣いた 男だったら 泣いたりせずに 父さん母さん 大事にしてね  岬まわるの 小さな船が 生まれた島が 遠くになるわ 入江の向うで 見送る人たちに 別れ告げたら 涙が出たわ 島から島へと 渡ってゆくのよ あなたとこれから 生きてくわたし 瀬戸は夕焼け 明日も晴れる 二人の門出 祝っているわ
グッド・バイ・マイ・ラブPLATINA LYLICアン・ルイスPLATINA LYLICアン・ルイスなかにし礼平尾昌晃グッバイ・マイ・ラブ この街角で グッバイ・マイ・ラブ 歩いてゆきましょう あなたは右に 私は左に ふりむいたら負けよ  グッバイ・マイ・ラブ も一度抱いて グッバイ・マイ・ラブ 私の涙を あなたの頬で ふいているのよ 泣きまねじゃないの  忘れないわ あなたの声 やさしい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけのとき そうよあなたの あなたの名前  Good bye my love, I'll never forget you And please, oh, please say you'll never forget me We can meet again someday.  グッバイ・マイ・ラブ 二人の恋が グッバイ・マイ・ラブ 真実ならば いつかは逢える これが本当の さよならじゃないの  忘れないわ あなたの声 やさしい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけの時 そうよあなたの あなたの名前  もちろんあなたの あなたの名前
銀河鉄道999PLATINA LYLICささきいさおPLATINA LYLICささきいさお橋本淳平尾昌晃汽車は闇をぬけて 光の海へ 夢がちらばる 無限の宇宙さ 星の架け橋 わたってゆこう ひとは誰でも しあわせさがす 旅人のようなもの 希望の星に めぐりあうまで 歩きつづけるだろう きっといつかは 君も出会うさ 青い小鳥に  汽車は銀河をこえ さいはてめざす 星は宇宙の 停車駅なんだ 君を招くよ 夢の軌道が さすらい人の すんだ瞳に 生命が燃えているよ 心の歌を くちずさむよに 歩きつづけるだろう 泣いてるような 星のかなたに 青い小鳥が  ひとは誰でも しあわせさがす 旅人のようなもの 希望の星に めぐりあうまで 歩きつづけるだろう きっといつかは 君も出会うさ 青い小鳥に
アメリカ橋PLATINA LYLIC山川豊PLATINA LYLIC山川豊山口洋子平尾昌晃風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって― アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋(う)めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった―― アメリカ橋のたもと 黄昏(たそがれ)が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群(むれ)人の群(むれ) 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
二人でお酒をGOLD LYLIC梓みちよGOLD LYLIC梓みちよ山上路夫平尾昌晃うらみっこなしで 別れましょうね さらりと水に すべて流して 心配しないで 独(ひと)りっきりは 子供の頃から なれているのよ それでもたまに 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね  いたわり合って 別れましょうね こうなったのも お互(たが)いのせい あなたと私は 似たもの同志 欠点ばかりが 目立つ二人よ どちらか急に 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね  どうにかなるでしょ ここの街の どこかで私は 生きてゆくのよ それでもたまに 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね
よこはま・たそがれGOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし山口洋子平尾昌晃よこはま たそがれ ホテルの小部屋 くちづけ 残り香 煙草のけむり ブルース 口笛 女の涙 あの人は 行って 行ってしまった あの人は 行って 行ってしまった もう帰らない  裏町 スナック 酔えないお酒 ゆきずり 嘘つき 気まぐれ男 あてない 恋唄 流しのギター あの人は 行って 行ってしまった あの人は 行って 行ってしまった もうよその人  木枯し 想い出 グレーのコート あきらめ 水色 つめたい夜明け 海鳴り 燈台 一羽のかもめ あの人は 行って 行ってしまった あの人は 行って 行ってしまった もうおしまいね
カナダからの手紙GOLD LYLIC平尾昌晃&畑中葉子GOLD LYLIC平尾昌晃&畑中葉子橋本淳平尾昌晃森岡賢一郎ラブ・レター・フロム・カナダ もしもあなたが 一緒に居たら どんなに楽しい 旅でしょう ラブ・レター・フロム・カナダ 色づく街を 歩いていると 涙がほほに こぼれてきます あなたの声を 想い出して カナダの夕陽 見つめています 息が止まるような くちづけを どうぞ私に 投げてください ラブ・レター・フロム・カナダ あなたの居ないひとり旅です  ラブ・レター・フロム・カナダ あなたの愛を たしかめたくて わがままばかり 云いました ラブ・レター・フロム・カナダ 二人の恋が 真実ならば 離れていても 淋しくないと 二人の夜を 想い出して 街の灯りを 見つめています  息が止まるような くちづけを どうぞ私に 投げてください ラブ・レター・フロム・カナダ あなたの居ないひとり旅です  息が止まるような くちづけを どうぞ私に 投げてください ラブ・レター・フロム・カナダ あなたの居ないひとり旅です
わたしの城下町GOLD LYLIC小柳ルミ子GOLD LYLIC小柳ルミ子安井かずみ平尾昌晃格子戸をくぐりぬけ 見あげる夕焼けの空に だれが歌うのか 子守唄 わたしの城下町  好きだともいえずに 歩く川のほとり 往きかう人に なぜか 目をふせながら 心は燃えてゆく  家並が とぎれたら お寺の鐘がきこえる 四季の草花が咲き乱れ わたしの城下町  橋のたもとにともる 灯のように ゆらゆらゆれる 初恋のもどかしさ 気まずく別れたの  橋のたもとにともる 灯のように ゆらゆらゆれる 初恋のもどかしさ 気まずく別れたの
うそGOLD LYLIC中条きよしGOLD LYLIC中条きよし山口洋子平尾昌晃高見弘折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女(ひと) 出来たのね 出来たのね あー 半年あまりの 恋なのに あー エプロン姿が よく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 哀しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣装は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んでは いけないよ あー 帰りの車も 気をつけて ひとりの身体じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の 上手(うま)い人
霧の摩周湖GOLD LYLIC布施明GOLD LYLIC布施明水島哲平尾昌晃霧にだかれて しずかに眠る 星も見えない 湖にひとり ちぎれた愛の 思い出さえも 映さぬ水に あふれる涙 霧にあなたの 名前を呼べば こだませつない 摩周湖の夜  あなたがいれば 楽しいはずの 旅路の空も 泣いてる霧に いつかあなたが 話してくれた 北のさいはて 摩周湖の夜
ふるさとGOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし山口洋子平尾昌晃祭りも近いと 汽笛は呼ぶが 洗いざらしの Gパンひとつ 白い花咲く 故郷(ふるさと)が 日暮りゃ恋しく なるばかり  小川のせせらぎ 帰りの道で 妹ととりあった 赤い野苺 緑の谷間 なだらかに 仔馬は集い 鳥はなく あー誰にも 故郷がある 故郷がある  お嫁にゆかずに あなたのことを 待っていますと 優しい便り 隣の村でも いまごろは 杏の花の まっさかり  赤いネオンの 空見上げれば 月の光が はるかに遠い 風に吹かれりゃ しみじみと 想い出します 囲炉裏ばた あー誰にも 故郷がある 故郷がある
旅愁GOLD LYLIC西崎緑GOLD LYLIC西崎緑片桐和子平尾昌晃竜崎孝路あなたをさがして 此処まで来たの 恋しいあなた あなた 今何処に 風にゆれ 雨にぬれて 恋は今も 今も燃えているのに ああ… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない  わたしの夜空に 星は見えない あなたに逢える 逢える その日まで 鳥は飛び 鳥は帰る それはいつも いつも花の咲く頃 ああ… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない
荒野の果てにGOLD LYLIC山下雄三GOLD LYLIC山下雄三山口あかり平尾昌晃風吹き荒れ 雨が降りつぐ 恋をなくした 男の背中に 広い荒野の果てを どこまで行くの 孤独をかついで 時はむなしく流れ 愛する人も想い出も 遠くすぎる 愛ひとすじ賭けて行けない 俺の心に風が吹きあれる あれる  闇切り裂く 天の刃に 足もとどめず 男は歩いた 明日はだれかに逢える 望みもないが 何かを求めて 時はむなしく流れ 愛する人も哀しみも 遠くすぎる 夢はかなく人も過ぎ行く 俺の心にともる灯も消えた 消えた  海に向って叫ぶ 別れの言葉 とどきはしないさ 時はむなしく流れ 愛する人も足あとも 遠く過ぎる 波さかまけ岩よくだけろ 俺の心におそれはないさ ないさ
夜空GOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし山口洋子平尾昌晃あの娘 どこに居るのやら 星空の続く あの町あたりか 細い風の口笛が 恋の傷あとにしみる あー あきらめた恋だから なおさら 逢いたい 逢いたい もう一度 夜は いつも 独りぼっち  あの娘 帰っておいでと 流れ星に乗せ そっと呼んでみた 誰も答えはしないよ 白い花が散るばかり あー とどかない夢だから なおさら 淋しい 淋しい この胸よ 夜空 遠く 果てしない
冬の花GOLD LYLIC鮎川いずみGOLD LYLIC鮎川いずみ石坂まさを平尾昌晃竜崎孝路怨みつらみが 悲しくて なんでこの世が 生きらりょか どうせ一度の 花ならば 咲いて気ままに 散ってくれ  春とおもえば 夏が来て 夏とおもえば 秋が来て 所詮最後は 寒い冬  夢を追ってく 奴がいりゃ 嘘に泣いてる 奴もいる 顔を合わせりゃ 他人街 誰に遠慮が いるものか  春とおもえば 夏が来て 夏とおもえば 秋が来て 所詮最後は 寒い冬  西を向きたきゃ 西を向け 北へ行きたきゃ 北へ行け そんなもんだよ 人生は 風に吹かれりゃ それまでさ  春とおもえば 夏が来て 夏とおもえば 秋が来て 所詮最後は 寒い冬
恋のしずくGOLD LYLIC伊東ゆかりGOLD LYLIC伊東ゆかり安井かずみ平尾昌晃肩をぬらす 恋のしずく 濡れたままでいいの このまま歩きたい きっとからだの 中までしみるわ そしてあなたの あなたの言葉を 忘れないようにしたいの  頬をぬらす 恋のしずく あなたのせいなのよ 私のためにだけ それはふたりの 愛のしるしね だからやさしい やさしい心を じっと抱きしめていたいの  髪をぬらす 恋のしずく やさしい手がふれると 青空が見えるの そうよあなたは 太陽なのね だから私は 私はいつでも あなたを愛していたいの
京のにわか雨GOLD LYLIC小柳ルミ子GOLD LYLIC小柳ルミ子なかにし礼平尾昌晃雨だれがひとつぶ頬に 見上げればお寺の屋根や 細い道をぬらして にわか雨がふる 私には傘もない 抱きよせる人もない ひとりぼっち泣きながら さがす 京都の町に あの人の面影 誰もいない心に にわか雨が降る  日が暮れて鴉が帰る 人はみな家路を急ぐ 河岸をぬらして にわか雨がふる 雨の日も鐘は鳴る むせぶように鐘が鳴る 指を折ってかぞえながら 祈る京都の町に あの人の幸せ 愛をさがす心に にわか雨が降る
ミヨちゃんGOLD LYLIC平尾昌晃GOLD LYLIC平尾昌晃平尾昌晃平尾昌晃津々美洋・平尾昌章(セリフ)皆さん まぁ 僕の話を聞いて下さい ちょうど僕が 高校二年で…  あの娘も…ミヨちゃんも 高校二年の時でした  僕のかわいい ミヨちゃんは 色が白くて ちっちゃくて 前髪たらした かわいい娘 あの娘は高校二年生  ちっとも美人じゃ ないけれど  なぜか僕をひきつける つぶらなひとみに 出会う時 なんにもいえない 僕なのさ  それでもいつかは 会える日を 胸に描いて歩いていたら どこかのだれかと よりそって あの娘が笑顔で 話してる  父さん 母さん 恨むじゃないが も少し勇気が あったなら も少し器量よく 生まれたら こんなことには なるまいに  (セリフ)そんなわけで 僕の初恋は見事失敗に終わりました こんな僕だから 恋人なんて いつのことやら… でも せめて夢だけは いつまでも 持ちつづけたいんです  いまにみていろ 僕だって すてきなかわいい 恋人を きっと見つけて みせるから ミヨちゃんそれまで サヨウナラ サヨウナラ… 
カリフォルニア・コネクションGOLD LYLIC水谷豊GOLD LYLIC水谷豊阿木燿子平尾昌晃鈴木茂ジグザグ気取った 都会の街並 振り向いた君の笑顔が揺れるよ 目が合えば 遠く指さす  いつかは二人で行きたいのさ 例えばはるかな青い空を  言葉をこえた 愛もあるはず 熱く燃える季節が ぼくらの憧憬(あこがれ) 運んでゆくよ  キラキラ行きかう 都会の人混み しっかりと君は ぼくの腕を取る 立ち止まり 話しかけるよ  いつかは二人で住みたいのさ 例えばやさしい風の中で  夢を投げたら 空に抜けるよ 青く澄んだ季節に ぼくらの明日が 透けて見えるよ  いつかは二人で行きたいのさ 例えばはるかな青い空を  言葉をこえた 愛もあるはず 熱く燃える季節が ぼくらの憧憬(あこがれ) 運んでゆくよ
草原の輝きGOLD LYLICアグネス・チャンGOLD LYLICアグネス・チャン安井かずみ平尾昌晃馬飼野俊一い眠りしたのね いつか 小川のせせらぎ きいて レンゲの花を 枕に 今 目がさめた  恋しい気持ちが 夢で 逢わせてくれた あの人 君は元気かと 聞いた 手を振りながら  今 涙をかくして風の中 ひとりゆけば はるかな 私の好きな 草原  知らずに 遠くまで来た 野イチゴ探して ホント 手かごに持ちきれなくて ポケットに入れた  あの人が 帰る時を 指おり数えて 待てば いつのまにか 夕焼に あたりは そまる  ふと涙が出そうよ 風の中 こだまに呼ぶ 名前は あなたの好きな 草原  ふと涙が出そうよ 風の中 こだまに呼ぶ 名前は あなたの好きな 草原
布施明布施明平尾昌晃・補作詞:水島哲平尾昌晃熱田公紀恋というものは 不思議なものなんだ  逢っているときは なんともないが さよならすると 涙がこぼれちゃう 逢うたびに うれしくて 逢えば 又せつなくて 逢えなけりゃ 悲しくて 逢わずに いられない それというのも 君のためだよ ぼくのこの胸も 恋にふるえてる  逢えばそれだけで 楽しいくせに わかれたあとの 涙がつらいのさ 逢うたびに うれしくて 逢えば 又せつなくて 逢えなけりゃ 悲しくて 逢わずに いられない そんな恋だけど 君が好きだよ ぼくは君だけを 愛しつづけたい ぼくは君だけを 愛しつづけたい
氷川きよし氷川きよしなかにし礼平尾昌晃若草恵月の光に 妖しく匂う 花はあなたの 横たわる姿 私が死んだら 櫻になるわ それがあなたの 口癖だった。 櫻、櫻 夢かうつつか ぼくを抱きしめる あなたの幻。  まるであなたの 涙のように 花が散ります はらはらと泣いて 春にはかならず 櫻となって 会いにいくわと あなたは言った。 櫻、櫻 花にかくれて ぼくにくちづける あなたの幻。  空は明けそめ 薄紅(うすくれない)に 花は輝く 新しい命 愛する心は 永遠だから 春が来るたび あなたは帰る。 櫻、櫻 花でつつんで ぼくを眠らせる あなたの幻。  愛する心は 永遠だから 春が来るたび あなたは帰る。 櫻、櫻 花でつつんで ぼくを眠らせる あなたの幻。
キャプテンハーロック水木一郎水木一郎保富康午平尾昌晃宇宙の海は おれの海 おれのはてしない 憧れさ 地球の歌は おれの歌 おれの捨てきれぬ ふるさとさ 友よ 明日のない 星と知っても やはり 守って戦うのだ 命を捨てて おれは生きる  宇宙の闇は おれの闇 おれのはてしない 戦場さ ドクロの旗は おれの旗 おれの死に場所の 目印さ 友よ 明日のない 星となっても 君は 地球を愛していた この星捨てて 行きはしない  宇宙の風は おれの風 おれのはてしない さすらいさ 空行く船は おれの船 おれのとらわれぬ 魂さ 友よ 明日のない 星と知るから たったひとりで 戦うのだ 命を捨てて おれは生きる 命を捨てて おれは生きる
理由中条きよし中条きよし山口洋子平尾昌晃池多孝春あのひとと別れた理由(わけ)は 何んでもないの 夜明けに帰って来た彼の 背広についてた口紅が 許せなかっただけのこと マージャンしてたと言いわけも 投げ出すように冷たくて 熱いコーヒー いれながら もうおしまいねと 泣きました  あのひとと別れた理由(わけ)は 何んでもないの 夜中にかかって来た電話 あのひと出してと親しげな 若い女の笑い声 誰よと責めても答えない 煙草輪にする横顔に 男ごころを見たようで もうこれきりねと 泣きました  あのひとと別れた理由(わけ)は 何んでもないの お休みぐらいは家(うち)にいて ふたりでゆっくりしましょうと 甘い約束したあとで 仕事があるよと新しい ネクタイしめて行く背中 扉(ドア)にもたれて見送って もう今日かぎりと 泣きました
ミヨちゃんザ・ドリフターズザ・ドリフターズ平尾昌晃平尾昌晃川口真(セリフ) みなさん、まあ僕の話を聞いて下さい。 丁度、僕が高校二年であの娘もミヨちゃんも 高校二年の時でした。 僕の可愛いミヨちゃんは 色が白くて小さくて 前髪たらした可愛い娘 あの娘は高校二年生 ちっとも美人じゃないけれど なぜか僕をひきつける つぶらな瞳に出あう時 何んにもいえない僕なのさ  それでもいつかは逢える日を 胸にえがいて歩いていたら どこかの誰かとよりそって ミヨちゃんが笑顔で話してる  父さん母さんうらむじゃないよ も少し勇気があったなら も少し器量よく生れたら こんなことにはなるまいに  (セリフ) そんなわけで、僕の初恋もみごと失敗に終りました。 こんな僕だから恋人なんていつのことやら。 でもね、せめて夢だけはもちつづけたいんですよ。 今にみていろ僕だって 素敵な可愛い恋人を きっとみつけてみせるから ミヨちゃんそれまで さようならさようなら
長崎から船に乗って五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃長崎から船に乗って 神戸に着いた ここは港まち 女が泣いてます 港の女は お人好し いいことばかりの そのあとで 白い鴎に ああ 騙される ああ 騙される 彼岸花  横浜から船に乗って 別府に着いた ここは小雨まち 女が泣いてます 南の女は 一本気 湯の花祭りの いたずらに ちょっとだけよが ああ 命とり ああ 命とり 紅椿  函館から船に乗って 東京に着いた ここは日暮れまち 女が泣いてます 都会の女は うす情 惚れているやら いないやら 何でもなさそに ああ 傷ついた ああ 傷ついた 芥子の花
愛するってこわいじゅん&ネネじゅん&ネネ山口あかり平尾昌晃ほほに小さな 泣きぼくろ かわいい人よ なぜ泣くの あの人なにも 知らないの わたしの愛は 届かない あの人を あの人を 愛した その日から ひとりぼっちの 夜がこわいの 逢いたくなって 逢いたくなって なぜか こわいの  つかんでみても すぐ消える 愛は涙の 虹みたい 消えたあとから また燃える 愛の命は 消せないよ あの人を あの人を 愛した その日から 一人ぼっちの 夜がこわいの 眠れなくって 眠れなくって なぜか こわいの  もどかしいのよ もうだめね 抱きしめられて 甘えたい もうすぐ空に 陽が昇る 信じて待って いるんだよ あの人を あの人を 愛した その日から ひとりぼっちの 夜がこわいの 愛することが 愛することが なぜか こわいの
ミカンが実る頃藍美代子藍美代子山上路夫平尾昌晃青いミカンが実った ふるさとの丘に 今年も とり入れの 唄が またきこえる 甘く すっぱい 胸の想いを 秘かに こめながら 小篭につむの 遠くの街の あなたにも 送ってあげましょう ミカン畑を夕日が 赤く染る頃 私は帰るのよ 篭を しょいながら 街で働く 好きな あなたと 結ばれる その日を 夢に見ながら 海辺の道を 帰るのよ 明日を願って  海の夕日に そっと祈るの あなたが帰る日を また逢える日を ミカン畑の ふるさとで 私は待つのよ
お祭りの夜小柳ルミ子小柳ルミ子安井かずみ平尾昌晃泣かない約束を したばかりなのにもう涙 ひとりでお祭りの人ごみを逃れて 紅い鼻緒がなぜかうらめしくて あの人あの町に行っちゃうなんて 今日はじめてきかされたの 遠い笛太鼓  恋人同志なんて まだいえない二人だけれど いつしか心に決めていた人だった 線香花火がなぜか目に浮かぶの あの人あの町で働くなんて 祭りの歌が手拍子が 胸につきささる  泣かない約束を したばかりなのにもう涙 やさしい母さんにもみられたくないから 家の垣根のそばを通りすぎて あの人この町を出てゆくなんて まだ信じられないわたし 村の鎮守さま
やさしさ紙芝居水谷豊水谷豊松本隆平尾昌晃ビー玉、ベーゴマ、風船ガムにニッキと えーと それから、メンコとおはじきと… あっそうそう竹とんぼ、やったわやった なつかしいなぁ  でっかい夕陽を背中にしょって 影踏み遊びの子供が走る 涙の乾いた頬ほころばせ 明日に向って一直線に  ねぇ君 ぼくはこう想うのさ 人生なんて紙芝居だと 涙も笑顔も続きは明日 時って言う名の自転車こいで  やさしさ紙芝居 そして誰れもが主人公  三角定規を心に当てて 真っすぐ君へと線を引きたい 陸橋渡って君が消えても あとには確かな絆が残る  ねぇ君 ぼくはこう想うのさ 人生なんて紙芝居だと 白くて大きな愛のぬり絵を 笑いや涙の絵の具で染める  やさしさ紙芝居 そして誰れもが主人公  ねぇ君 ぼくはこう想うのさ 人生なんて紙芝居だと 白くて大きな愛のぬり絵を 笑いや涙の絵の具で染める  やさしさ紙芝居 そして誰れもが主人公
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛の園布施明布施明山上路夫平尾昌晃熱田公紀そこには花が 咲いている 愛の花が 咲いている いくら摘んでも 花はつきない どこに どこにあるの 愛の園 ふたり ふたりだけの 愛の園  そこには夢が あふれてる 愛の夢が あふれてる 眠るふたりを 夢がとりまく 君と 君と行こう 愛の園 ふたり ふたりだけの 愛の園  そこにはいつも ふたりだけ 愛し合ってる ふたりだけ ちょうど アダムとイヴのように 君と 君と生きる 愛の園 ふたり ふたりだけの 愛の園  どこに どこにあるの 愛の園 ふたり ふたりだけの 愛の園
夜明けの風ジェロジェロTANUKICHI平尾昌晃若草恵ふるさとの花びら 見送るように舞い散る 忘れるため振り向かず 消せない日々忘れたい 一人孤独抱いて 笑顔の向こう 続く道を願う 思い出よ 遠く未来へ 悲しみよ 涙よさよなら どんな 辛い事が来ても 会える 生きてさえいれば いつか 断ち切れぬ想いが 男の胸でざわめいてた 夜明けの風の中で  舞い落ちたひとひら たたかう男空見る 君のために前を向け 最後の夜胸に秘め 二人いつも今も 誰より信じ 絆深く愛を この闇の 果てを目指して 歩き出せ 光を探して 命 燃える限り強く 願い この恋にともれ いつか 陽が昇る明日には 男の背中照らしていた 夜明けの霧と月が  どんな 辛い事が来ても 会える 生きてさえいれば いつか 断ち切れぬ想いが 男の胸でざわめいてた 夜明けの風の中で
赤い絆(レッド・センセーション)山口百恵山口百恵松本隆平尾昌晃川口真泣きながらラッシュ・アワーの 人ごみを縫うように走る 左手にあなたの手紙 くしゃくしゃに 握りしめながら レッド・センセーション 涙をかくした真っ赤なコート レッド・センセーション あなたを愛した証しの色よ 許せない 電話をかけてもなしのつぶてね 許せない あなたの心がつかめない  プラチナの指輪がひとつ 封筒の底から転がる 顔を見て返せないほど いくじなし それが憎らしい レッド・センセーション 二人を引き裂く愛の稲妻 レッド・センセーション 私の背中の赤くつらぬく 許せない 心を勝手に切りとった人 許せない あなたは誰かと生きるのね  乗り換えた電車のドアで あなたの名 三度つぶやくの レッド・センセーション 暮れゆく間際の夕陽の赤が レッド・センセーション 私の心に火を走らすわ 許せない 必死に信じて生きてきたの 許せない あなたは掌かえすのね
誰がために成田賢・こおろぎ'73成田賢・こおろぎ'73石ノ森章太郎平尾昌晃吹きすさぶ風が よく似合う 九人の戦鬼と ひとのいう  だが我々は 愛のため 戦い忘れた ひとのため 涙で渡る 血の大河 夢みて走る 死の荒野 サイボーグ戦士 誰がために戦う サイボーグ戦士 誰がために戦う  葬いの鐘が よく似合う 地獄の使者と ひとのいう だが我々は 愛のため 戦い忘れた ひとのため 闇追い払う ときの鐘 明日の夜明けを 告げる鐘 サイボーグ戦士 誰がために戦う サイボーグ戦士 誰がために戦う  だが我々は 愛のため 戦い忘れた ひとのため 涙で渡る 血の大河 夢みて走る 死の荒野 サイボーグ戦士 誰がために戦う サイボーグ戦士 誰がために戦う
霧の出船五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃捨てていいのと くちびるかんで 肩を落した 影ひとつ ランプも暗い 止り木の 片すみに そっと名前をかいて泣く 流しのお兄さん どうぞ止めてよ その唄は あの人 好きだった 演歌節  どうせ待っても 帰って来ない 船は男の 恋ごころ ゆらゆらゆれる こぼれ灯に 裏窓を そっと開ければ波の音 何んにも聞かないで つらい恋でも 想い出にゃ いいこと ばっかりが 残るのよ  夜霧がひくく はうような 波間から ぼうっとかすんで船が出る 流しのお兄さん どこへ行くのよ あの船は あの人 いるところ 北の果て
あなたの灯五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃山のむこうに またたく灯 あなたの灯 帰っておいでと はるか遠く 優しく うつむいた わたしを見守るように ああ もう雪が降る 肩に髪に はらはら この指先の 冷たさは 別れた別れた あの日からの 哀しみか  ひとつふたつと 数えて甘えた 稚いあの頃 寒くはないかと 聞いてくれた 笑顔が 傷ついた わたしの心に残る ああ もう雪が降る 街に屋根に はらはら 兄さんみたいな あの人に ふたたびふたたび めぐり逢える こともなく  ああ もう雪が降る 肩に髪に はらはら 消えそで消えない 灯を ふりむきふりむき 白い夜道 ただひとり
ふたりの日曜日天地真理天地真理山上路夫平尾昌晃バスは朝日の中を どこへ走るの 今日もあなた待つ街へ 向うのよ そうよ あこがれ乗せて ゆれてゆくの 指折り数えて待った ふたりの日曜日 あれから 小さな愛を ひとりで 育てたのよ 私の瞳を見れば あなたも気づいてくれるわ バスは 私の愛を乗せてゆくの  バスは郊外ぬけて 街にはいるわ とても きれい街並みが かがやくわ そうよ 心の中が ときめく時 あなたとだいじにしたい 素敵な日曜日 あれから 私の夢は あなたの ことばかりよ 逢うたび いつでも愛は 心に大きくなるのよ バスは 私の愛を乗せてゆくの 乗せてゆくのよ
漁火恋唄小柳ルミ子小柳ルミ子山上路夫平尾昌晃誰にも言わずに 裏木戸をぬけて 海辺の坂道 駆けてゆく 紅い椿の 散る道で やさしく胸に 抱かれたことも 今では帰らぬ 夢なのね ハアー 沖でゆれてるヨー アー アノ漁火は 好きなあなたが 好きなあなたが 鳥賊(いか)つる小船ヨー  あなたが得意な ふるさとの歌も これから私は 聞けないの 引いたおみくじ 木に結び 私があの日 願ったことも 今ではかなわぬ ことなのね ハアー 波も冷たかろー アー アノ沖ではヨー 添えてあげたや 添えてあげたや この手のぬくみヨー
夕陽山本譲二山本譲二荒木とよひさ平尾昌晃男に生まれた 淋しさは 沈む夕陽と 似ているよ 今夜もどこかで 酒を飲み 女の膝で また偉くなる 飲みつぶれ 眠るがいい 泣きたいだけ 泣くがいい 生きるのが やりきれなくて あゝ ひとりになったら  女はいつでも 愛の巣箱で 沈む夕陽を 探してる 誰かにはぐれて 鳥になり 男の胸で また夢を見る 惚れるだけ 惚れるがいい 熱いまま 抱かれなよ こんなにも 人恋しくて あゝ 切なくなったら  男なら抱けばいい 女なら抱かれなよ 身も心も さらしてしまえよ あゝ 淋しくなったら
花の涙鮎川いずみ鮎川いずみ中西冬樹平尾昌晃あの人に さよならした夜は 人恋しくて 縁日でおもちゃの面を 買いました 化粧してない こころの顔に かむった面は きつね面 だますつもりが まただまされて なかで涙が にじみます  ひとりきり 酒場の臭のくもった鏡 くやしくて 酔えない姿を映します 化粧してない こころの顔に かむった面は 笑い面 笑うつもりが また泣かされて なかで涙が こぼれます  窓を打つ 雨の音だけが聞こえる 部屋の片すみで 白い壁をみています 化粧してない こころの顔に かむった面は 鬼の面 うらむつもりが またほだされて なかで涙が あふれます
恋の雪別れ小柳ルミ子小柳ルミ子安井かずみ平尾昌晃雪の中を 黒い汽車が 今遠ざかる 会えなかった あの人に 手渡すはずの お守り 握りしめたまま  あー ひと目だけ 顔をみて 伝えたかったの 恋しさを あー あの人が あー 消えてゆく 吹雪に涙 ちぎれるわ 出来るならば 汽車を止めて 恋の雪別れ  雪の上に 赤い椿 散らす花びら 当っていた あの人と 別れるはずの占い 信じられなくて  あー 顔のゆき 払うのも 忘れてたたずむ 北の街 あー お守りは あー あの人が この次帰って くるまでは 肌につけて 持っています 恋の雪別れ  あー ひと目だけ 顔をみて 伝えたかったの 恋しさを あー あの人が あー 消えてゆく 吹雪に涙 ちぎれるわ 出来るならば 汽車を止めて 恋の雪別れ
かたくりの花北山たけし北山たけし喜多條忠平尾昌晃伊戸のりお夢をかなえる 人よりも 夢を追ってる あなたが好きと そっと笑って ついてくる 春の始まり 教えるような お前の好きな その花は かたくり かたくり かたくりの花  涙もろくて 不器用で なのにやさしい あなたが好きと 俺の弱さを かばう奴 夕陽みつめて ぬくもりくれる お前の好きな その花は かたくり かたくり かたくりの花  嘘に傷つく 暮らしより 嘘もつけない あなたが好きと 胸に飛び込み 眼を閉じる 薄いむらさき 日蔭に咲いた お前のような その花は かたくり かたくり かたくりの花
雪あかりの町小柳ルミ子小柳ルミ子山上路夫平尾昌晃角巻で泣きそうな 顔をかくして歩くのよ 吹雪がやんだ北国の 雪あかりの町 ポストの雪を指ではらって あなたに今日も手紙を出すのよ 見知らぬ町へひとりで行った人  あの人のいる町へ 今日ものぼりの汽車がゆく 汽笛がひびく北国の 雪あかりの町 このまま汽車に乗ってゆきたい けれどもそれは出来ないことなの ひとりっ子だからこの町出られない  雪崩の音が眠る私の まくらの底でもうじきひびくわ 花咲く春が待ち遠しいわたし
青い地球ささきいさお・杉並児童合唱団ささきいさお・杉並児童合唱団橋本淳平尾昌晃目をとじて 想い出す 母さんの面影 遠くはなれた 青い地球よ やすらかに眠れ メーテル またひとつ 星が消えるよ 赤く 赤く 燃えて 銀河を流れるように 銀河を流れるように  淋しげな ほほえみが 母さんに似てるよ 遠く宇宙に 散らばる星に 話しかけてるの メーテル いつの日にか しあわせつかむよ 熱く 熱く 燃えた 生命が輝くように 生命が輝くように  メーテル 母さんを見てるみたいだ 青く 青く 澄んだ 瞳に勇気がわくよ 瞳に勇気がわくよ
桃太郎侍の歌三波春夫三波春夫三波春夫平尾昌晃ほのぼのと ほのぼのと 冷たい浮世に 灯をともす 一人の男 たくましい 後姿に どこのお方と 尋ねたら 俺の名前は 桃太郎 ほほえむ瞳が 涼しく光る  ほのぼのと ほのぼのと 明けゆく 枯葉の街道を 一人の男 眉あげて 笠をかざして どこへゆくかと 尋ねたら 俺は地獄の 鬼退治 ほほえむ瞳に 朝日が赫い  ほのぼのと ほのぼのと 女の胸に 灯をともす 一人の男 知らされた 花の命を 連れて行ってと 追いかけりゃ 雲の切れ間の 満月が ほほえむ瞳を 照らしてくれた
愛の迷い子アグネス・チャンアグネス・チャン安井かずみ平尾昌晃木枯らしに 負けそうなの 背中に あなたの声が 今も聞こえてる 寒い空  黙ってたのは うれしさ かみしめてたのに あなた 帰ろうかなんて あまり突然  たすけに来て こんな気持ちで 帰れない いま素直に 大好きですと 云えるのです  枯葉をひろおうとして 落した涙で わかる ひとりぼっちだと 風の中  心配ぱかり 数えて しあわせが 横むいちゃう 愛に駆けて行く 勇気ください  この次会う わたしを見てて 変わります 愛がひとつ 世界ひろげて くれたのです  この次会う わたしを見てて 変わります 愛がひとつ 世界ひろげて くれたのです
おもいで布施明布施明水島哲平尾昌晃熱田公紀貴女と歩いた あの道に 夜霧がつめたく 流れてた 何にもいわずに うつむいて 涙にぬれてた あの人よ さよなら初恋 もう二度とは かえらぬ貴女の おもいでを 淋しくせつなく 今日もまた 呼んでみたのさ 霧の中  貴女のやさしい ほほえみも 夜霧の向こうに 消えたのさ 星降るなぎさの くちづけも 今では悲しく 散った夢 さよなら初恋 もう一度 かえらぬ貴女と 知りながら あの日の言葉が 忘られず 呼んでみたのさ 霧の中 呼んでみたのさ 霧の中
みれん五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃中尾唱雨のうら街 ギターがツンと みれん 爪(つま)びきゃ あの夜が恋し 泣いて 泣いて 泣かされた つらい つらい 恋だけど 親のない この私 抱いてくれた胸 ねんねんよ いい娘だと 抱いてくれたひと  北は札幌 いまごろ雪か 南 長崎 風吹く港 遠い 遠い うしろ影 どこで どこで 流れ旅 行く先は 探すなと それが置手紙 さよならも くれないで 逃げていったひと  窓を 窓を 哀しげに ひっそり ひっそり たたく音 木枯らしか 想い出か いいえあのひとか もういちど 逢いたいと 祈る恋ごころ
荒野の果てにジェロジェロ山口あかり平尾昌晃若草恵風吹き荒れ 雨が降りつぐ 恋をなくした 男の背中に 広い荒野の果てを どこまで行くの 孤独をかついで 時はむなしく流れ 愛する人も想い出も遠くすぎる 愛ひとすじ 賭けて行けない 俺の心に 風が吹きあれる あれる  闇切り裂く 天の刃に 足もとどめず 男は歩いた 明日はだれかに逢える 望みもないが 何かを求めて 時はむなしく流れ 愛する人も哀しみも遠くすぎる 夢はかなく 人も過ぎ行く 俺の心に ともる灯も消えた 消えた  海に向って叫ぶ 別れの言葉 とどきはしないさ 時はむなしく流れ 愛する人も足あとも遠く過ぎる 波さかまけ 岩よくだけろ 俺の心に おそれはないさ ないさ
みんな誰かを愛してる石原裕次郎石原裕次郎なかにし礼平尾昌晃時の移ろいは 悲しみを 亡却の彼方へと 連れてゆく 明日になれば ほこりまみれの かわいた都会にも 花が咲くだろう 咲くだろう みんな誰かに愛されて そして誰かを愛してる  忘れ去ることが 出来るから 人はみな明日へと 生きてゆく 孤独じゃないさ 耳を澄ませば やさしい歌声が きっと聞こえるさ 聞こえるさ みんな誰かに愛されて そして誰かを愛してる  泣いたらあとは ほほえむだけさ 笑顔で迎えよう 明日の幸せを 幸せを みんな誰かに愛されて そして誰かを愛してる みんな誰かに愛されて そして誰かを愛してる
知らなかったの伊東ゆかり伊東ゆかり山口あかり平尾昌晃知らなかったの 愛したら 男のひとって 強いのね いきなりくちづけ された夜 わたしは蜜(みつ)に なりました あなたがくれた しあわせで こんなに頬(ほほ)が バラ色よ だからきれいに もっときれいに なりたいの  知らなかったの 愛されて 涙にもろく なるなんて あなたの瞳(ひとみ)の みずうみで 溺(おぼ)れるわたしを 許してね あなたの胸に 帰るのね この手で夢を つかむのね だから愛して もっと愛して いたいのよ  あなたの胸に 帰るのね この手で夢を つかむのね だから愛して もっと愛して ほしいのよ
おかあさん高峰三枝子高峰三枝子保富康午平尾昌晃小谷充ふるさとの風が 心に吹くひるさがり そっと呼んでみたくなる おかあさん あの雲のむこうに 青空があるように 悲しみのむこうに いつもやさしいほほえみが おかあさんの おかあさんの顔がある  遠い日の花が まぶたに咲くひるさがり そっと呼んでみたくなる おかあさん ああ何度呼んだか 甘えてた幼い日 泣きじゃくる背中に いつもかわらぬやすらぎが おかあさんの おかあさんの声がする  (セリフ)「おかあさん 元気ですか 小さくなったあなたの肩 いつもやさしさだけが ひっそりとすわっているのね かあさん長生きして下さい」  あの雲のむこうに 青空があるように 悲しみのむこうに いつもやさしいほほえみが おかあさんの おかあさんの顔がある
Eighteen松田聖子松田聖子三浦徳子平尾昌晃夢の中に出てきた あなたはとても素敵 いつも君だけ恋して暮らしているさと 私は頬を染めて もじもじしていたけど 心は答えていたのとても好きよ好きよ 愛してるの心から 恋するハートわたしは eighteen  みんなあなたのことを 噂しているみたい だから私は遠くでいつも見ているの 冬の海辺をいつか 二人歩いているわ あなたはやさしい瞳肩をそっと抱くの 愛してるの痛いほど 恋するハートわたしは eighteen  夢の中に出てきた あなたはとても素敵 いつもやさしく手招きもっと好きになるわ 愛してるの心から 恋するハートわたしは eighteen わたしは eighteen……
うすなさけ中条きよし中条きよしなかにし礼平尾昌晃浮気じゃイヤよ 本気で惚れて 私にはいつだって 恋は命がけ 遊びじゃないと 口では言って 今日もまた来ない人 あなたうすなさけ 新しいパジャマを 買いました あなたのために それほどに バカな私 あなたを 信じてた  知ってるはずよ 私のことは 振られても あきらめの 悪い女だと いい人ほかに みつけてくれと やさしげに言える人 あなたうすなさけ あみかけのセーター 今すぐに ほどけと言うの それなのに バカな私 あなたを 憎めない  お前を俺は 不幸にすると しおらしく言える人 あなたうすなさけ バーボンが好きだと 言ったから 買って来ました それほどに バカな私 あなたを 愛してる
星に願いをアグネス・チャンアグネス・チャン安井かずみ平尾昌晃馬飼野俊一「好きなひとに どうぞ会わせて 愛の星に 願いをかける」  わたしの気持ちがうまく あなたに伝わるかしら? 書きかけ 手紙のはじに いま ハートの絵をかいた  心に思うはんぶんも 言えないことが心配なの  やさしい あなたの事を いろいろ 思い出す時 窓辺にもたれて ひとり また ギターを弾きだした  「好きなひとに どうぞ会わせて 愛の星に 願いをかける」  あなたに この次会える その日を数えて待てば 小さな灯りが胸に さあ元気を出しなさい  心に思う はんぶんも 言えないことが心配なの  風よ あのひとのとこに わたしは泣いていないと 明るく伝えてほしい ホラ 涙とさようなら  「好きなひとに どうぞ会わせて 愛の星に 願いをかける」
キラキラ星あげる大場久美子大場久美子伊藤アキラ平尾昌晃キラキラ愛の星 キラキラ光る星 Twinkle Twinkle コメットさん  幸せだと夜空だって 明るく見える あなたのこと思いだすと 眩しくなる 私の星をあげる キラキラ星をあげる あなたが好きだから 誰にも見えない この星 生まれたばかりの この愛 私の心で そっと光ってます キラキラ いつまでも  Twinkle Twinkle コメットさん  あなたの目にあふれるのは 涙でしょうか 忘れきれぬ出来事でも あるのですか 昨日忘れるために キラキラ星をあげる あなたに ほほえむわ よそ見なんかしちゃいけない 光が薄れてしまうわ あなたの心で 燃やしてほしいのよ キラキラ いつまでも  誰にも見えない この星 生まれたばかりの この愛 私の心で そっと光ってます キラキラ いつまでも
グッドバイ・マイ・ラブテレサ・テンテレサ・テンなかにし礼平尾昌晃森岡賢一郎グッバイ・マイ・ラブこの街角で グッバイ・マイ・ラブ 歩いてゆきましょう あなたは右に 私は左にふりむいたら敗けよ  グッバイ・マイ・ラブも一度抱いて グッバイ・マイ・ラブ 私の涙をあなたの頬で ふいているのよ 泣きまねじゃないの  忘れないわ あなたの声 優しい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけの時 そうよあなたの あなたの名前 再見了我的愛人、 我将永遠不会忘記イ尓 也希望イ尓不要把我忘記 也許我們将来還会有見面的一天、不是ロ馬? Good bye my love I'll never forget you and please please say you I'll never forget me We can meet again some day グッバイ・マイ・ラブ二人の恋が グッバイ・マイ・ラブ真実ならば いつかは逢える これが本当のさよならじゃないの  忘れないわ あなたの声 優しい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけの時 そうよ あなたのあなたの名前 もちろん あなたのあなたの名前
さすらいの唄小沢深雪小沢深雪片桐和子平尾昌晃竜崎孝路愛するあなたを残して さすらう旅は ゆくあてもなく風の吹くまま流されるだけ 夢に命を賭けながら今日迄来たけれど 心にむなしい風の音 さすらいの唄 あなたが恋しい あなたが恋しい あなたが恋しい あなたが恋しい  ふりむく事さえ知らずに歩いた道を 今更ひとり戻れはしない 流されるだけ 恋も命もいらないと今日迄来たけれど あなたの面影だきしめる さすらいの唄 あなたが恋しい あなたが恋しい あなたが恋しい あなたが恋しい
女の生きがいテレサ・テンテレサ・テン山上路夫平尾昌晃森岡賢一郎あなたを今夜も待って お酒を買った さみしく時計だけが 時をきざむわ お料理も さめてしまったけれど 私はいつまでも 待っているの あなたのために つくすことだけ それが私の 生きがいなのよ  いけない噂も聞いた それでもいいの 信じることが 愛と想っているの このままで もしも棄てられたらば 生きている甲斐がない 私なのよ あなたのお世話 させてほしいの それが私の 生きがいなのよ  あなたに心も捧げ この身もあげた あとには何もないわ 待つことだけよ 靴音も たえてしまったけれど 泣かずに夜明けまで 待っているの あなたのために つくすことだけ それが私の 生きがいなのよ
北国の空は燃えている石原裕次郎石原裕次郎岩谷時子平尾昌晃京建輔おきき瞳を閉じて 波の音がする 別れに来たのに もう発つのか 枯れた唐きびゆれる さいはての駅で 淋しさかくして 俺は口笛吹く 気をつけて元気でな 幸せになれよ  ごらん涙をふいて 星も濡れている 愛しているから これでいい 赤いサルビア燃えた さいはての駅は 夕やけ空と 別れがよく似合う 気をつけて彼となら 幸せがくるぜ  赤いサルビア燃えた さいはての駅は 夕やけ空と 別れがよく似合う 気をつけて彼となら 幸せがくるぜ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
さよなら さざんか北野都北野都宇山清太郎平尾昌晃ふりむくな ふりむくなと 言う人が 何度もふりむく ふりかえる さよなら さざんか 坂の町 小雪のように はなびらが こぼれて散って 泣けました あぁ~~ 泣けました  忘れなよ 忘れなよと 言う人の かなしい心は 忘れない さよなら さざんか 坂の町 恋しくたって 逢わないと 誓った指が いたみます あぁ~~ いたみます  もう泣くな もう泣くなと 言う人が 夕陽に泣いている 影法師 さよなら さざんか 坂の町 あの街角を 曲ったら あなたの胸に かえれない あぁ~~ かえれない
走れ風のように木之内みどり木之内みどり松本隆平尾昌晃朝陽を追って旅立つ君は何故 石ころの道えらぶの かかとがすりきれるまで 走ってゆきなさい 心の奥で何かきっと弾けるわ 立ち止まる時 青春も終わるの だからカール 走れ風のように  埃だらけの坂道を見上げて 君は何故 休息まないの どうしてくちびる噛んで 青空見るのよ 何処へと続く道か誰も知らないわ 額の汗が生きてるしるしなの だからカール 走れ風のように  昨日はもう昔だし 明日はまだ先 大事なことは今日が二度と来ないこと 立ち止まる時 青春も終わるの だからカール 走れ風のように 走れ風のように
浜千鳥情話金沢明子金沢明子茜まさお平尾昌晃捨てないで 行かないで 愛した人は あなただけ 泣いてすがって ひとりきり あなた駄目よと ひとりきり 朝な夕なに ひとり泣く あなた恋しと ひとり泣く 痛むつばさを 涙で抱いて 私ゃ翔(と)べない 浜千鳥 ハアー別れ袂がヨー 涙に濡れてヨー 私ゃ翔べない ヤーレ浜千鳥  あの海を 何時(いつ)かえる 逢いたい人は あなただけ 出船入船 ひとりきり あなたこがれて ひとりきり かすむ沖見て ひとり呼ぶ あなた来ぬかと ひとり呼ぶ 波止場通りの 糸ひく雨に 私ゃせつない 浜千鳥 ハアー便り欲しさにヨー あの日の船をヨー 私ゃ待ちます ヤーレ浜千鳥
あなただけでいい沢田研二沢田研二安井かずみ平尾昌晃東海林修あなただけでいい 何もなくていい どこか遠く 二人だけで 愛よもう一度  あなただけでいい 一人だけでいい そのくちびる 手を伸ばせば そこにはもういない 虚しい夜  忘れようとして 忘れられない 愛よ 愛よ 胸しめつける  あなただけでいい 抱いていればいい 生きることの 苦しみさえ 忘れさせてくれる そのやさしさ  あなただけでいい 何もなくていい どこへ行こう これから先 疲れた体を ひきずるように  忘れようとして 忘れられない 愛よ 愛よ もう一度だけ  あなただけでいい それで死んでいい 幸せには 出来なかった いとしいあなたを 呼びつづける  ラララ………………… ラララ………………… …………………………
愛は不死鳥布施明布施明川内康範平尾昌晃井川雅幸かぎりある 命の悲しさ 愛しても 愛しても つくしても つくしても つくしたりない 真実の こころとこころを 羽根にして 蒼空高く 舞い上る ごらん不死鳥 愛は不死鳥 愛は 愛は 永遠に死なない  かぎりある この世の運命を おしかえし おしかえし 裂かれても 裂かれても 愛のこころを 寄せながら いくどもいくども よみがえり あなたを連れて 舞い上る ごらん不死鳥 愛は不死鳥 愛は 愛は 永遠に死なない  ごらん不死鳥 愛は不死鳥 愛は 愛は 永遠に死なない
別れの鐘の音五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃竜崎孝路もう何も 言わなくてもいいの あの鐘が鳴り終ったら もうあなた 引きとめなくてもいいの この道をいつかのように わたし独りで帰る かえる アデュー アディオス グッバイと 別れの言葉はあるけれど あなたの小指 血のにじむほどかんだ それがわたしのさよなら 幸せは ほんの少しでいいの 想い出あるから  もう何も 言わなくてもいいの あの鐘のせめて最後を わたし聞かずに帰る かえる アデュー アディオス グッバイと 別れの鐘は鳴るけれど あなたの肩に 頬すりよせて泣いた それがわたしのさよなら 幸せは ほんの少しでいいの 想い出消えない
修羅の花梶芽衣子梶芽衣子小池一雄平尾昌晃竜崎孝路死んでいた朝に とむらいの雪が降る はぐれ犬の遠吠え 下駄の音きしむ いんがなおもさ みつめて歩く 闇を抱きしめる 蛇の目の傘一つ いのちの道を行く女 涙はとうに捨てました  ふりむいた川に 遠ざかる旅の灯が 凍てた鶴は動かず 哭いた雨と風 冷えた水面に ほつれ髪映し 涙さえ見せない 蛇の目の傘一つ 怨みの道を行く女 心はとうに捨てました  義理も情も 涙も夢も 昨日も明日も 縁のない言葉 怨みの川に身をゆだね 女はとうに捨てました
瀬戸の花嫁平尾昌晃平尾昌晃山上路夫平尾昌晃瀬戸は日暮れて 夕波小波 あなたの島へ お嫁に行くの 若いとだれもが 心配するけれど 愛があるから 大丈夫なの 段々畑と さよならするのよ 幼い弟 行くなと泣いた 男だったら 泣いたりせずに 父さん母さん 大事にしてね  岬まわるの 小さな船が 生まれた島が 遠くになるわ 入江の向うで 見送る人たちに 別れ告げたら 涙が出たわ 島から島へと 渡ってゆくのよ あなたとこれから 生きてくわたし 瀬戸は夕焼け 明日も晴れる 二人の門出 祝っているわ
五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃京建輔枯葉の舞い散る道も 吹雪の道でも 望みひとつ抱いて 僕は歩いてきた  どんなにつらい仕事も 冷たい他人にも 笑顔忘れないで 僕は生きている  ああ 故郷の あの緑 母の顔 ああ いまもなお やきついているけれど 泣くのは明日さ 男じゃないか  行方も知れない河や 夕陽の谷間を 長い影をふんで まっすぐに進む  ああ 男には 引きかえす 道はない ああ 傷ついて くさむらに倒れても かがやく朝日を めざしてゆく
何故布施明布施明山上路夫平尾昌晃井川雅幸なぜそんなに泣くの なぜそんなに飲むの なぜそんな顔するの 笑顔を見せて だれも心に哀しみ 抱いて生きているものなのさ 涙の河越えて 人はだれでも生きている ぼくでいいなら その訳をお話しよ  なぜ心とざすの ぼくがいるのに 君はどうして自分の 心いためつづけるのか おやめよ自分を 苦しめてなんになる ぼくでいいなら その訳をお話しよ  だれも心に哀しみ 抱いて生きているものなのさ 涙の河越えて 人はだれでも生きている ぼくでいいなら その訳をお話しよ  さあ 涙の河を さあ ぼくと渡ろう また夜のむこうに 明日がやってくる
挽歌高倉健・八代亜紀高倉健・八代亜紀荒木とよひさ平尾昌晃竜崎孝路「前略…お変りありませんか 北の街でこの手紙書いています…」  (女)海鳴りが 遠くに聴こえてる (男) 風の音 ちぎれて泣いている (女) 男はポツリと 飲んでいる (男)女は静かに 酌をする (女)名前もきかず ゆく先さえも (女)通りすがりの 人ならば (男女)ぽつり ぽつりと つぎたすままに (男女)ほろり ほろりと 鴎歌  「幸福ならいいんです…この手紙…捨てて下さい」  (女)流行歌 ラジオで流れてる (男)淋しそうに 人生歌ってる (女)男は昔を 探してる (男)女は昨日を 口にする (女)話せばどこか ふたりは似てる (女)過去にはぐれた 人ならば (男女)ぽつり ぽつりと つぶやくままに (男女)ほろり ほろりと 鴎歌  (女)男は誰かに 詫びている (男)女は誰かを 恋しがる (女)心の傷と 涙をかくし (女)そっと生きてる 人ならば (男女)ぽつり ぽつりと ふりむくままに (男女)ほろり ほろりと 鴎歌 
さざなみ西崎緑西崎緑荒木一郎平尾昌晃誰だか馬鹿に気にしてる 私の書いた ラクガキを 誰だか変に傷ついた 私の愛に しらけた季節の匂いがするわ 何故ってことでも ないのだけれど 私っていたずらなのね 私って子供なの 退屈な一日が 永すぎるの  誰だか馬鹿に騒いでる 私の言った 真実に 誰だか変にすねている 私の素振りに しらけた季節の匂いがするわ 何故ってことでも ないのだけれど 私ってわがままなのね 私って子供なの 湖のさざ波を 見てみたいの  しらけた季節の匂いがするわ 何故ってことでも ないのだけれど 私っていじわるなのね 私って子供なの 薄もやのその奥を 歩きたいの
淋しがりや梓みちよ梓みちよ山口洋子平尾昌晃雨のしずくを百まで 数える淋しがりや 窓のガラスに似顔絵 書いてる淋しがりや 恋はなにいろ 嘘のいろ 嘘はなにいろ 夢のいろ 夢はなにいろ 涙いろ 涙いろ 名前も知らない 小さなクラブ そんな淋しいところで あなた 一緒に飲んでくれませんか  胸のどこかにピエロが 住んでる淋しがりや 他人(ひと)のまえでは陽気に 騒げる淋しがりや 恋はなにいろ 罪のいろ 罪はなにいろ 夜のいろ 夜はなにいろ 涙いろ 涙いろ 名前も知らない 夕やけの街 そんな淋しいところへ あなた 一緒に行ってくれませんか  名前も知らない 夕やけの街 そんな淋しいところへ あなた 一緒に行ってくれませんか
わが青春のアルカディア渋谷哲平渋谷哲平山川啓介平尾昌晃前だけを見つめて おれは旅立つ 終ったきのうに 悔いはないから やすらぎはいらない 孤独がほしい 孤独でなければ 夢は追えない 宇宙よ 凍った星の海よ おれの魂は 挑みつづける お前が冷たく きびしいほど おれの血は熱く 燃えつづけるだろう  自由とひきかえに ふえる傷あと 灼けつく痛みも 生きるしるしだ 愛にふと歩みを とめた日もある そいつもはるかな 過去のひとつだ 宇宙よ 乾いた星の荒野よ おれのこの命 すべて賭けよう おれがただひとつ めざすものは 最後に笑って 死ねる人生だけ  宇宙よ 凍った星の海よ おれの魂は 挑みつづける お前が冷たく きびしいほど おれの血は熱く 燃えつづけるだろう
二杯目のお酒和田アキ子和田アキ子千家和也平尾昌晃二杯まででやめるはずで 飲んだお酒 淋しくって せつなくって あゝ あとをひく あいつなんて嫌い 二度と顔も見ない 好きにすればいいじゃないの あゝ 恋なんて  飲まなきゃ いられやしない 酔わなきゃ いられやしない いいじゃない 迎えに来る位したって あゝ 私をー 知っているくせに 知っているくせに 私が 惚れていることを  二杯だけ帰るはずで 飲んだお酒 悲しくって 苦しくって あゝ また迷う あいつたぶんよその店で飲んでいるわ 男なんて 勝手なもの あゝ 泣けてくる  飲まなきゃ いられやしない 酔わなきゃ いられやしない いいじゃない電話の ひとつなどくれても あゝ 私にー 知ってるくせに 知ってるくせに 私が惚れていることを 知ってるくせに 知ってるくせに 私が惚れていることを
花のようにひそやかに小柳ルミ子小柳ルミ子阿久悠平尾昌晃通りすぎたら その後に 花の香りが 残るような そんな娘に なりたいと いつも心で 思ってた 同じことばを あのひとに 不意にいわれて うつむいた 頬の熱さが 気にかかり 三歩小走り 立ちどまる この恋を かなえてと いちずに 思いつめ 花のように ひそやかに 待ちわびる 想い  傘を持たない あのひとに 何げないように さしかけて もしもおんなじ 道ならば 送りますわと 歩き出す 頬をぬらした 雨しずく 指でぬぐって くれるひと 何かいおうと 思っても 胸のふるえが 邪魔をする この恋を かなえてと いちずに 思いつめ 花のように ひそやかに 待ちわびる 想い  花のように ひそやかに 待ちわびる 想い
逢えてよかった山川豊山川豊山口洋子平尾昌晃矢野立美窓を開けてくれ 指の巾くらい そこから聞こえる波音が 過ぎたいい刻 運んでくるよ― 心配してたさ いつだって 本当は泣き虫 気弱なくせに 突っぱりかげんの おまえのことを 逢えてよかった よかったよ  あれは出船だろ 汽笛が沈んでる いろんな別離もあるけれど 海の別離は ひときわ染みる― それほど変わっちゃ いないけど いまだに独りさ いろいろあって 語りつくせぬ ダブルのロック 逢えてよかった よかったよ  互いにそろそろ このへんで 港が恋しい 二人じゃないか 乾杯しよう いつかのように 逢えてよかった よかったよ  
銀河鉄道999平尾昌晃平尾昌晃橋本淳平尾昌晃汽車は闇をぬけて 光の海へ 夢がちらばる 無限の宇宙さ 星の架け橋 わたってゆこう ひとは誰でも しあわせさがす 旅人のようなもの 希望の星に めぐりあうまで 歩きつづけるだろう きっといつかは 君も出会うさ 青い小鳥に  汽車は銀河をこえ さいはてめざす 星は宇宙の 停車駅なんだ 君を招くよ 夢の軌道が さすらい人の すんだ瞳に 生命(いのち)が燃えているよ 心の歌を くちずさむよに 歩きつづけるだろう 泣いてるような 星のかなたに 青い小鳥が  ひとは誰でも しあわせさがす 旅人のようなもの 希望の星に めぐりあうまで 歩きつづけるだろう きっといつかは 君も出会うさ 青い小鳥に
あかいサルビア梓みちよ梓みちよ山口洋子平尾昌晃あかいサルビア 逃げた恋の花びら ひとつふたつ 甘い想い出 幸せだった あかいサルビア こんな雨の夜更けは いつもちょっと センチになるの ひと恋しくて そうよいちばん 愛してる彼氏(ひと)とは なぜかしらだめなの 結ばれないのね 世の中なんて  あかいサルビア 燃えた恋の花びら 夢で咲いて 嘘で散るのよ わたしはひとり あかいサルビア 髪を切ってみたのよ 恋に弱い 女ごころを たち切るように いやに煙りが しみちゃう瞼に 大人ですもの かまわないでね 涙じゃないの あかいサルビア 哀しみに散っても 胸にきっと咲くでしょ 春が来たなら 恋と一緒に
いつの日かこおろぎ'73こおろぎ'73八手三郎平尾昌晃すぎやまこういち真白な 雲を見上げて 海原に ゆられていたい 戦いを忘れ 悲しいきのうを忘れ 帆にいっぱい 風受けて 夢に見た ふるさとに あたたかな 母のもとに 帰りたい いつの日か  吹く風に 涙まかせて おもいきり 泣いてみたい 戦いを忘れ 悲しいきのうを忘れ 背にいっぱい 夕陽浴び 捨てられぬ 夢を見に 失った 心さがしに 帰りたい いつの日か  手にいっぱい 花かかえ なつかしい 面影に 愛しい ひとのもとに 帰りたい いつの日か 帰りたい いつの日か
雨おんな西田あい西田あい田久保真見平尾昌晃前田俊明あなたが あの女(ひと)を 気に掛ける 恋の火を そっと涙で 消してしまえるのなら  こころ 曇り空 愛を 信じては うたがって迷って  雨おんなです さみしさが 雨おんなです 降りしきる 泣いて泣いて 涙あふれ 夢は土砂降り  悲しい 恋ばかり 抱きしめて しまう癖 そうよ涙で 過去を流せるのなら  こころ 曇り空 あなた 信じては うたがって許して  雨おんなです いとしさが 雨おんなです 降りしきる 抱いて抱いて 涙あふれ 愛に溺れる  雨おんなです 悲しみが 雨おんなです 降りしきる 泣いて泣いて 愛は何処に 何処に流れる
渚のセニョリーナ梓みちよ梓みちよ尾中美千絵平尾昌晃ヴェナスノーチェス セニョリーナ 月夜の晩だよ 出ておいで 白い肌を金色に 染めて朝まで踊ろうよ 誰にも内緒で 誰にも内緒で ヴェナスノーチェス セニョリーナ 恋を教えてあげよう  ヴェナスノーチェス セニョリーナ 窓から静かに 出ておいで ふたりだけの入江には 青い小さな船もある 誰にも内緒で 誰にも内緒で ヴェナスノーチェス セニョリーナ 恋を教えてあげよう  ヴェナスノーチェス セニョリーナ お家にお帰り 朝が来た 月の夜に又会える 僕の夢だけ見ておくれ 誰にも内緒で 誰にも内緒で ヴェナスノーチェス セニョリーナ 恋を教えてあげよう 恋を教えてあげよう 恋を教えてあげよう
星を見ないで伊東ゆかり伊東ゆかり安井かずみ平尾昌晃私はあなたの 目を見るわ それが心に 広がって 愛がからだを 流れたら もう 星を見ないわ だから 星を見ないで あなたの胸に 顔をふせて  あなたは私の 手にふれる 指が言葉を さがしても 熱く小さく ふるえるだけよ もう 星を見ないわ だから 星を見ないで あなたのなかに 住んでいたいの  あなたはわたしに ささやくの 耳に鼓動が なみうって 返す言葉が とぎれたら もう 星を見ないわ だから 星を見ないで あなたはすべて 昼も夜も
愛がはじまる時風吹ジュン風吹ジュン有馬三恵子平尾昌晃あなたからある日 声かけてきたら その日が 恋のはじまり 二人ならきっと 話があうわ 似たような考えをしそうよ 愛している時 誰でもかくしてみたいかしら 愛している時 言葉で 言えたら どんなに 素敵でしょう  あなたから 先にほゝえみかけたら その時 恋がはじまる 二人ともきっと 淋しがりやよ 同じもの 好きになる感じよ 愛している時 何故だか 泣きたい気持なのね 愛している時 素直に なれたら どんなに 素敵でしょう 愛している時 何故だか 泣きたい気持なのね 愛している時 素直に なれたら どんなに 素敵でしょう
星の子チョビン藍美代子藍美代子石ノ森章太郎平尾昌晃ぼくらの森に やって来た チョビンは 星の王子さま 泣き虫 おこりや あわてんぼ 体もまん丸 チョビだけど 森の平和の ためなら はねてはずんで 戦うぞ チョビン 星の子 チョビ チョビン チョビン  ぼくらの町に やって来た チョビンは 星の王子さま おっちょこちょいの 大目玉 力もちょっぴり チョビだけど 町の希望の ためなら 飛んで転がり がんばるぞ チョビン 星の子 チョビ チョビン チョビン  ぼくらの国に やって来た チョビンは 星の王子さま ゴムマリ だだっ子 赤ん坊 手足もかわいい チョビだけど 国のあしたの ためなら ピョンとジャンプで ひとっ跳び チョビン 星の子 チョビ チョビン チョビン
空手バカ一代大安蓮・パイオニア児童合唱団大安蓮・パイオニア児童合唱団梶原一騎平尾昌晃空手一代 誓った日から 命も捨てた 名もいらぬ 空手ひとすじ バカになり 果てなき修業 まっしぐら 見つめた星を つかんでやるぞ 天下無敵の空手の星を 天下無敵の空手の星を  ひとはバカだと 笑おうが この世にリコウは あふれてる 空手ひとすじ バカになり 七たび転んで 八度起き 誓った星を めざしてやるぞ 天下無敵の空手の星を 天下無敵の空手の星を  醜いリコウに なるよりは きれいなバカで 生きてやる 空手ひとすじ バカになり 鉄の拳に 火のファイト 仰いだ星に アタックするぞ 天下無敵の空手の星に 天下無敵の空手の星に
ひとり囃子−“祇園祭”より−小柳ルミ子小柳ルミ子喜多條忠平尾昌晃四条通りの 日盛りを 長刀鉾(なぎなた)が 通ります 去年の夏に 見た時は あなたと私は 揃いの浴衣 はぐれちゃ嫌よと 手をつなぎ 冷たいラムネを 飲みました あれからあなたは 帰ってこない 今から思えば わがままで 強がりばかりの 私でした ごめんなさいねと いいながら 祇園囃子と 人波に 押されて思わず 泣きました  鉾の上から 十字路に 青い粽(ちまき)が散りました 去年の夏の お祭りは それでももっと 賑やかでした 八坂神社の 石段さえ あなたと歩けば 多かった あれからあなたは 帰ってこない 今から思えば あの時に 生意気言ってた 私の頬を 音立て殴って 欲しかった 私ばかりか 京都まで 捨ててどこかへ 行った人
瞬間の愛中村雅俊中村雅俊三浦徳子平尾昌晃息を殺して ささやいたのは 二人これきり 逢えないから あなたののどに 愛を踊らせ 言ってあげよう……  初めの2分……終わりの1秒 それが素敵ならばいいじゃないか 不幸という名はもう あなたの辞書にはない…… 足跡を消してく 男の 背中など 追わずにいて……  あなたの黒く 乱れた髪で 俺の唇 つつんでくれ ひとときだけの 夢の中へと 手招きして  初めの2分……終わりの1秒 それでこの俺がわかるだろう 危険という名の明日 俺を待ち伏せる 体中 さまよう心を 今夜だけ 抱いて欲しい……  初めの2分……終わりの1秒 それが素敵ならばいいじゃないか 不幸という名はもう あなたの辞書にはない…… 足跡を消してく 男の 背中など 追わずにいて……
みずいろの世界じゅん&ネネじゅん&ネネ山上路夫平尾昌晃あの日から 私は私でないの 大空を 心がとんでいる あの人の 瞳にみつめられて 見知らぬところに 行く私 そこはみずいろ 空もみずいろ 愛も涙も みんなみずいろ 二人だけの 二人だけの みずいろの世界  あの日から 私にきこえるものは ただひとつ あなたの言葉だけ あの日から 私の行くところは 愛するあなたの 住む世界 そこはみずいろ 花もみずいろ 唄も心も みんなみずいろ 二人だけの 二人だけの みずいろの世界 みずいろの世界
横浜ルージュ北川大介北川大介保岡直樹・補作詞:荒木とよひさ平尾昌晃矢野立美かもめに恋した女 どこにもあるよな話 港の酒場が 似合うけれど グラスに聴こえる 霧笛がちぎれて 帰らぬ追憶(おもいで)ゆらす 二年の月日が 流れても 今でもひとりで 暮しているなら ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 逢いたい君と  かもめと暮した女 よくある話の続き 波止場を見下ろす 窓にもたれ 夕陽のむこうに 沈んだしあわせ 指差しため息落す 涙が頬から 口びるに 心の中まで 濡らしているなら ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 逢いたい君と  夜霧がつつんだ 馬車道で 最後の口づけ 憶えているなら ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 逢いたい君と
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
アメリカ橋五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃竜崎孝路風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって―― アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋(う)めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった―― アメリカ橋のたもと 黄昏(たそがれ)が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群(むれ)人の群(むれ) 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
人生晴れるや~桜花乱舞ジェロジェロ平尾昌晃・TANUKICHI平尾昌晃男 男は 夢を持ち 君が 君が 描いた道標 きっと願いは 叶うよと 愛する 笑顔見て 明日を 信じて 前を向け サクラよ サクラよ 冬には咲かない 淡い花びら ここに幸あれ 咲いて舞い散る 青空 この愛 忘れず  ♪ サ・ク・ラ (桜吹雪よ この世はたのし) ♪ サ・ク・ラ (咲いて乱れる この世のさだめ) めぐり逢い 100年 生きてる 逢いたい時 夢を抱く 人生 晴れるや~  男 男は 愛深く 夢を 夢を叶えて 生きて行く 荒れた大地や 嵐でも いとしい 人となら 未来を 信じて 前を向け サクラよ サクラよ 夏にも咲かない 誰にでもある 倖せならば 信じていたい ふたりの 温もり 忘れず  ♪ サ・ク・ラ (春よ来い来い 早咲きさくら) ♪ サ・ク・ラ (人は夢見て 願いを込めて) 届けたい この愛 この恋 逢いたくなる 抱きたくなる 人生 晴れるや~  ♪ サ・ク・ラ (熱い思いは 日本の誇り) ♪ サ・ク・ラ (みんな笑って 満開さくら) めぐり逢い 100年生きてる 逢いたい時 夢を抱く 人生 晴れるや~
グッド・バイ・マイ・ラブ福田沙紀福田沙紀なかにし礼平尾昌晃吉川慶忘れないわ あなたの声 やさしい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけのとき そうよあなたの あなたの名前  グッバイ・マイ・ラブ この街角で グッバイ・マイ・ラブ 歩いてゆきましょう  あなたは右に 私は左に ふりむいたら負けよ  グッバイ・マイ・ラブ も一度抱いて グッバイ・マイ・ラブ 私の涙を  あなたの頬で ふいているのよ 泣きまねじゃないの  忘れないわ あなたの声 やさしい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけのとき そうよあなたの あなたの名前  グッバイ・マイ・ラブ 二人の恋が グッバイ・マイ・ラブ 真実ならば いつかは逢える これが本当の さよならじゃないの  忘れないわ あなたの声 やさしい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけのとき そうよあなたの あなたの名前  忘れないわ あなたの声 やさしい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけのとき そうよあなたの あなたの名前 もちろんあなたの あなたの名前
霧雨のシアトル山川豊山川豊阿木燿子平尾昌晃雨は旅人の心変えるから 最終フェリー 乗るのを止めて さざ波を見つめていた  あなたを追いかけて ここまで来たけれど 衿を立てて 当て所もなく さ迷うばかり  どこですれ違い なんで会えないの 一人 港町 どこがいけないの 霧雨のシアトル レイニー・シティ  雨がよく降ると聞いていたけれど 昨日も今日も舗道を濡らし ほのかに煙るこの街  二人で行こうねと 言ってくれた言葉 その場しのぎ 気休めだと 思いたくない  どこで間違えて なんでこうなるの 異国の片隅 どこへ行けばいい 霧雨のシアトル レイ二ー・シティ  どこですれ違い なんで会えないの 一人 港町 どこがいけないの 霧雨のシアトル レイニー・シティ
みだれ髪小柳ルミ子小柳ルミ子喜多條忠平尾昌晃愛するほどに 愛されたいと 想う女は 愚かでしょうか いとしき人に この胸を ひろげてみたき 夏の宵 砂丘に咲きし 花のごと 砂に風に夢に吹かれて ああ みだれ髪 心にかかります  てのひら照らす 花いちもんめ あなたに逢える その日をねがい 宵待草に だずぬるは 宿命(さだめ)のつらさ はかなさか 夜空にかかる 銀の河 頬に指に星は光りて ああ みだれ髪 心に流れます  夜空にかかる 銀の河 頬に指に星は光りて ああ みだれ髪 心に流れます
恋にゆれて小柳ルミ子小柳ルミ子安井かずみ平尾昌晃人に言われ 幸せに気がついた私は かもめよりも お馬鹿さん あなたに悪いわ 好き好き でも心配 でも大丈夫 きっと私 この恋を 抱きしめてゆく 腕の中で聞いたのは 生きている 二人が 雲に乗って旅をする 愛の調べなの  きのうまでは なに気なく言えていた言葉が 愛の響き 頬染める 胸がつまりそう 好き好き でも心配 でも大丈夫 きっと私 この恋を 抱きしめてゆく つないだ手が ゆれるなら そうよ今 あなたと おんなじ事 感じてる 愛の調べなの  つないだ手がゆれるなら そうよ今 あなたと ラララ………… 愛の調べなの 愛の調べなの
いつも君のそばにあおい輝彦あおい輝彦山上路夫平尾昌晃いつもそうだよ 君のそばに 僕はいるのさ 変らずに 悲しみがあるならば 僕の心に捨てていい お互いは結ばれて 生きてゆくさだめさ あー 離れると この胸がつらいよ 愛だとは 言葉にはしないが  いつもいる 君のそば 僕はいる そばにいる いつもいる 僕はいる 愛をこの胸に  いつもそうだよ 君のそばに 僕はいるから お休みよ 明日はまた新しい 夢を探して生きようよ 星空に誓いたい 君への幸せを あー 眠る君 見てる僕それだけ このままの幸せよ つづけよ  いつもいる 君のそば 僕はいる そばにいる いつもいる 僕はいる 愛をこの胸に  いつもいる 君のそば 僕はいる そばにいる いつもいる 僕はいる 愛をこの胸に
よこはま・たそがれ石原裕次郎石原裕次郎山口洋子平尾昌晃よこはま たそがれ ホテルの小部屋 くちづけ 残り香 煙草のけむり ブルース 口笛 女の涙 あの人は 行って 行って しまった あの人は 行って 行って しまった もう帰らない  裏町 スナック 酔えないお酒 ゆきずり 嘘つき 気まぐれ男 あてない 恋唄 流しのギター あの人は 行って 行って しまった あの人は 行って 行って しまった もうよその人  木枯らし 想い出 グレーのコート あきらめ 水色 つめたい夜明け 海鳴り 燈台 一羽のかもめ あの人は 行って 行って しまった あの人は 行って 行って しまった もうおしまいね
アカシヤの大連小柳ルミ子小柳ルミ子なかにし礼平尾昌晃若草恵アカシヤの大連を 訪ねてきてみたの 遠い日のまぼろし 手さぐりするように 丘の上から港を はるか見下ろせば 靄(もや)にかすむ波止場を離れて 大きな船が出る 街のあちらこちらに 日本の匂いが かすかに残る 夢のふるさと  アカシヤの大連を 歩いて涙ぐむ 父母が愛して 暮らした街だから ヤマトホテルのテラスで お茶を飲みながら 若い人のチャイナの言葉を 聞いてる心地よさ 過去は忘れましょうと 希望の小鳥が 飛び交うような 微笑む街よ  恋に傷つきながらも 恋にまた落ちて 泣いてばかり いるこの私を 癒してくれる街 誰か愛する人と ここで暮らしたい そんな気がする 夢見る街よ
涙枯れるまでThe SHIGOTONINThe SHIGOTONIN唐明日香平尾昌晃家原正樹闇の中 遠くへと 響く声 別れの日 笑顔はなく  愛した君の 目を 忘れはしない あぁ 今宵天地の神  走り抜け 一筋の愛を 未練残さず この世の限り 果てしない涙の 涙の泉よ 月夜に消えた夢 涙枯れるまで  傘をさし 雨風をしのぐ日は 日に見えぬ 心の傷  別れた君は 今 倖せ きっと あぁ どうか 天地の神  願い込め 心と魂 忘れた君よ 愛よさようなら  目の前の砂漠で さびしい砂漠で 月夜に叫びたい 生命果てるまで  我が恋し 憂きものはなし 縁… ぬばたまの闇斬るもなお 弱まらぬ月の衣まとう 恋し君は何処を彷徨う 長からむ心知らず 君思ふ故に君思う身は乞う 愛するが故に愛迷い誘う この躯脱け殼のよう 恋しかるべき夜半の月かな  果てしない涙の 涙の泉よ 月夜に消えた夢 涙枯れるまで  目の前の砂漠で さびしい砂漠で 月夜に叫びたい 生命果てるまで
よこはま・たそがれ~英語バージョン~五木ひろし五木ひろし山口洋子・英語詞:Tony Allen平尾昌晃鈴木豪”Twilight Time in Yokohama”  Yokohama, twilight time, tiny unknown hotel room, A little kiss, traces of (a) scent, still lingering smell of smoke blues, whistling melodies, those tears I see in her eyes My love is gone away, away, so far away My love is gone away, away, so far away Never coming back my way  Back of the street, an empty bar, an endless round of sad drinks Passing romance, lying eyes, deceiving words of a man song of my love, I sing for you, the song you will never know My love is gone away, away, so far away My love is gone away, away, so far away Now he's gone to someone new  Cold winter wind, memories gone, that coat as gray as the sky, Losing my hope, the air pale blue, and in the cold lonely dawn Roar of the sea, oh beacon light, seagull flies high all alone My love is gone away, away, so far away My love is gone away, away, so far away I know it's all over now
二人でお酒をJUJUJUJU山上路夫平尾昌晃松浦晃久うらみっこなしで 別れましょうね さらりと水に すべて流して 心配しないで 独りっきりは 子供の頃から なれているのよ それでもたまに 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね  いたわり合って 別れましょうね こうなったのも お互いのせい あなたと私は 似たもの同志 欠点ばかりが 目立つ二人よ どちらか急に 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね  どうにかなるでしょ ここの街の どこかで私は 生きてゆくのよ それでもたまに 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね
月見草西田あい西田あい田久保真見平尾昌晃前田俊明月に抱かれて 匂いたち 一夜だけ咲く 月見草 そんな儚い そんな儚い 恋のつもりで いました  ごめんなさい 愛しすぎました ごめんなさい 憎みすぎました あぁ…  この夢が覚める前に 色褪せてく前に 愛の重さで 私を 押し花にして欲しい  甘い香りに 身をゆだね うす紅になる 月見草 吐息ひとひら 吐息ひとひら まるで花びら みたいに  ごめんなさい 淋しすぎました ごめんなさい 哀しすぎました あぁ…  三日月が刺さる前に 夜明けが来る前に 熱い素肌に はさんで 押し花にして欲しい  この夢が覚める前に 色褪せてく前に どうか あなたの重さで 押し花にして欲しい
おもいで平尾昌晃平尾昌晃水島哲平尾昌晃あなたと歩いた あの道に 夜霧が冷たく 流れてた 何にも言わずに うつむいて 涙に濡れてた あの人よ  さよなら 初恋 もう二度とは 帰らぬあなたの おもいでを 淋しくせつなく 今日もまた 呼んでみたのさ 霧の中  あなたのやさしい ほほえみも 夜霧の向こうに 消えたのさ 星降るなぎさの くちづけも 今ではかなしく 散った夢  さよなら 初恋 もう一度 帰らぬあなたと 知りながら あの日の言葉が 忘られず 呼んでみたのさ 霧の中 呼んでみたのさ 霧の中
フォー・シーズンアン・ルイスアン・ルイスなかにし礼平尾昌晃SPRING 水色の雨の中で 私はあなたと めぐり逢った SUMMER 夕焼けの海のほとり あなたは 私にくちづけた 恋って 不思議ね 何もかも あげたくなる そして 幸せを幸せを あなたが くれる  AUTUMN 枯葉ちる並木道を あなたの背中が 去って行った WINTER 灰色の空をみつめ 私は涙を ながしてる 恋って 不思議ね いつの日か 終るものね そして 思い出を 思い出を あなたが くれる  恋って 不思議ね いつの日か 終るものね そして 思い出を 思い出を あなたが くれる
星のしずくの子守唄藍美代子藍美代子石ノ森章太郎平尾昌晃星のまたたく青い夜 星から来た子の見る夢は 恋しいふるさと母の顔 泣いた涙は金の色 おやすみ坊やのメロディーは 星のしずくの子守唄  星のかがやく青い夜 星から来た子の見る夢は 遠くやさしい母の胸 泣いたカラスがもう笑う おやすみ坊やの歌声は 星のしずくの子守唄  星の流れる青い夜 星から来た子の見る夢は そっと聞こえる母の声 泣き虫坊やは もう泣かぬ おやすみ坊やのオルゴール 星のしずくの子守歌
白ばらのひと朝香じゅん朝香じゅん植田紳爾平尾昌晃(オスカル) 朝風にゆれる後れ毛 見せながら 凛々しい姿 遠去かる なぜか 愁いの影秘めて 忘れえぬ人と 恋慕う 白い面影 美しく オスカル オスカル 君は心の白ばらか  (オスカル) 夕風に細いうなじを 見せながら ひとり静かに歩む人 沈む夕陽に しのび泣く 忘れえぬ人と 恋慕う 白い香りの 芳しく オスカル オスカル 君は心の白ばらか
ゆれて遠花火西田あい西田あい石原信一平尾昌晃前田俊明無邪気な恋 あれは夏 まぶしすぎる あなたがいたの 涼風(すずかぜ)立ち いまは秋 なぜ黄昏に 泣くのよ 傷 ひとつない 青春など この世にないよと 言われて 恋花火 ゆれて遠花火 はかなく消えて行(ゆ)く さだめに 夢花火 遠花火 ああ あなたに 逢いたい  髪型変え 口紅も 別な女性(ひと)を 真似したけれど 心だけは そのままに ただ想い出を 抱きしめ 夢 帰らない 青春なら 誰にもあるよと 言われて 恋花火 ゆれて遠花火 愛した記憶だけ せつなく 夢花火 遠花火 ああ いとしさ 残るの  恋花火 ゆれて遠花火 はかなく消えて行(ゆ)く さだめに 夢花火 遠花火 ああ あなたに 逢いたい
ララバイ東京田辺靖雄田辺靖雄山口あかり平尾昌晃恋人よ どうして泣くの おまえのそばに 僕がいるのに 接吻で涙を ふいてあげよう だから安らかにおやすみ 星くずも もうすぐ眠る ララバイ ララバイ東京  恋人よ 悲しみは忘れ 無邪気なままで 甘えておくれ 眠りにつくまで そばにいるから そっとこの腕でおやすみ 花びらも もうすぐ眠る ララバイ ララバイ東京  おまえのために 唄ってあげよう いつも微笑んでおやすみ 街の灯も もうすぐ眠る ララバイ ララバイ東京
愛よ甦れ野口五郎野口五郎藤公之介平尾昌晃君のいらだちを 感じながらも 愛が甦る季節を ぼくは待っていた ブティックのウィンドウがひと足早く 夏を飾る頃に 君と長い旅に出ようか  男は心の中に 地球儀 ひとつかかえて うつろう愛の間に間に ひたすら回しつづける  君は指先に髪を巻きつけ けだるい瞳に光を 取り戻している 地球儀の海原に 涙を捨てて 君の胸のつかえ ひとつひとつ 風に飛ばそう  男は少年時代 見つけた飛行船を 哀しい愛の間に間に 死ぬまで追いかけて行く  男は少年時代 見つけた飛行船を 哀しい愛の間に間に 死ぬまで追いかけて行く
アメリカ橋平尾昌晃平尾昌晃山口洋子平尾昌晃風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった アメリカ橋のたもと 黄昏(たそがれ)が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群(むれ)人の群 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
男が泣くとき五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃裂けた心に 夜が来て 裂けた心に 風が吹く 逢いたい女人に 逢えぬとき 男は 男は泣けるのさ  背のびしてみる 星空に 背のびしてみた この指に 届かぬ夢が 欲しいとき 男は 男は泣けるのさ  母の便りに 叱られて 母の便りに はげまされ 過ぎゆく青春を 思うとき 男は 男は泣けるのさ  嘘を重ねて 強がって 嘘にすがった 寂しさを 何んでも ないよと笑うとき 男は 男は泣けるのさ  過ぎた過去の 傷あとに 過ぎたきれいな 想い出に 煙草の灰が 落ちるとき 男は 男は泣けるのさ
ハネムーン・イン・ハワイアン・ルイスアン・ルイスなかにし礼平尾昌晃ハネムーン・イン・ハワイ もしあなたと 結婚したら どうぞ 連れていって下さい 美しい ハワイへ ハネムーン・イン・ハワイ まだなんにも 知らないけれど 私あなただけを信じて ただ ついて行きます あなたを 愛する為に 私 生まれてきました あなたの ひろい心で 私の夢を かなえて 約束の 約束の くちづけを もう一度  ハネムーン・イン・ハワイ 私泣くでしょう 幸せすぎて 青い空と海と あなたの やさしさに 甘えて あなたを 愛する為に 私 生まれてきました あなたの ひろい心で 私の夢を かなえて 約束の 約束の くちづけを もう一度
さよならを言う前に五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃街のむこうへ 星が落ちて消えてゆく 今夜の別れの 涙のように 僕とあなたのいくつかの 出来ごとの 想い出の終りに 花を飾ろう 眼を閉じてみると あれが青春さ 傷つけあったことも 楽しんだことも 二人の人生には 大事なページ  小さなその手に さよならを言う前に もいちど言いたい 愛していると くらい夜道さ 気をつけてお帰りよ 見ていてあげよう この窓をあけて 星空の下で 君と一緒さ 別々の旅をしても 愛と言う糸で むすばれている二人 いつでも逢える いつでも逢える
霧の摩周湖平尾昌晃平尾昌晃水島哲平尾昌晃霧にだかれて しずかに眠る 星も見えない 湖にひとり ちぎれた愛の 思い出さえも 映さぬ水に あふれる涙 霧にあなたの 名前を呼べば こだませつない 摩周湖の夜  あなたがいれば 楽しいはずの 旅路の空も 泣いてる霧に いつかあなたが 話してくれた 北のさいはて 摩周湖の夜
わが町は緑なりき千昌夫千昌夫阿久悠平尾昌晃ふるさとを出た時は初心(うぶ)だった 初恋の人を追い汽車に乗る まだ固いさくらんぼ食べながら 今日からのしあわせを夢みてた あれも遠い 今は遠い わが町は緑なりき  絵のようなしあわせに裏ぎられ それからはおきまりの道だった ふるさとの友だちと幾日か 体寄せくらしてもみたけれど あれも遠い 今は遠い わが町は緑なりき  あの人は今はもう母になり このひともしあわせときかされた 熟れ過ぎたさくらんぼ口にして ほろにがいためいきをついている あれも遠い 今は遠い わが町は緑なりき
雪舞橋山川豊山川豊山口洋子平尾昌晃会いたくなったなら この橋へおいでと 片方だけの手袋を そっと差し出した ちらちらちらと はらはらはらと さよならもいえず 残(のこ)り香(が)を頬(ほほ)にあて 泪をかくす しろい別離(わかれ)降り積む 雪舞橋よ  泣きたくなったなら この橋でお泣きと その一言をくれたきり 消えてゆく背中 ちらちらちらと はらはらはらと 想い出が散って くちびるで溶(と)けてゆく あの夜の熱さ しろい愛が降り積む 雪舞橋よ  ちらちらちらと はらはらはらと 面影は遠く 切なさもつのるけど 春まだ遠い しろい命降り積む 雪舞橋よ
ふたりのクラブ殿さまキングス・高野恵子殿さまキングス・高野恵子なかむらまちこ平尾昌晃今夜は何だか 酔いたい気分 うすいドレスで 寒くはないかい 他人(ひと)に知れたら 終わりだと 二人で 二人で つくった つくった 秘密の世界 そっと朝まで 抱かれていたい 悪い癖だよ わがままばかり 俺のせつなさ わかってくれよ すがる女と迷った男 霧降る夜は 小さなクラブのすみの席 灯(あかり)がゆれる  涙をおふきよ 化粧がおちる いつもみたいに あなたがふいて 他人に知れたら 終わりだと 二人で 二人で つくった つくった 秘密の世界 もっと甘えて あなたといたい すねた顔して わがままばかり 俺のせつなさ わかってくれよ 泣いた女と泣かせた男 小雨の夜は 肩をすり寄せすみの席 琥珀(こはく)のボトル すがる女とまよった男 二人の夜は ブルーライトのすみの席 ないしょの話
港・ひとり唄五木ひろし五木ひろし喜多條忠平尾昌晃港の灯りが 目にしみる 涙もいつかは乾くだろ ねぐらはあるのか夕焼けカモメ どうせ おいらもひとりもの せめて弾こうか 恋唄を あいつのギターで ぽろろんポロポロ 港のひとり唄  生きてくことの しあわせは 誰かを信じて歩くこと あいつによく似た浮き灯台よ 誰に遠慮がいるものか こころ決めたら まっしぐら 想い出ふり捨て ぽろろんポロポロ 波間に灯が揺れる  星を枕に 酔いどれ小舟 めぐり逢えたか いい奴に こころ決めたら まっしぐら 涙はいらない ぽろろんポロポロ 夜風が肩を抱く
バラ色の月布施明布施明なかにし礼平尾昌晃何かが呼んでる 君の何かが 何かが答える 僕の何かが バラ色の 月の夜だから 濡れた花びらみたいな 君にくちづけを 何かがふるえる 君の何かが 何かが感じる 僕の何かが バラ色の 月の夜だから  何かが求める 君の何かが 何かが与える 僕の何かが バラ色の 月の夜だから 恋は何んにも見えない 愛がまぶしくて 何かが燃えてる 君の何かが 何かが焼けつく 僕の何かが バラ色の 月の夜だから
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
君の住む町で北川大介北川大介平尾昌晃平尾昌晃溝淵新一郎この駅降りたら 君の声が 聞こえて来るような そんな眩しい君が いつかは会えると 信じてたこの恋 春・夏・秋・冬 季節はめぐる 君の面影はずっと 忘れられなくて だから 云わせてくれ 君を愛してる  見慣れた景色の 駅のホーム びしょ濡れた君が そっと佇んでいたね ふたりの世界が 始まる町だから あたたかい風が 包んでくれる 君の笑顔見てずっと 僕はここにいる 二度と離さないさ 君の住む町で  いくつも季節が めくるめく流れて 春・夏・秋・冬 想いはつよく 君の笑顔見てずっと 僕はここにいる だから 云わせてくれ 君を愛してる
玉ねぎむいたら…桜田淳子桜田淳子山上路夫平尾昌晃玉ねぎむいてるだけなの 泣いてないわ 涙がこぼれて困るの 止まらないの だけど涙がほほをぬらしていると 変ね私は センチになって来た 幼い日 夕焼け もう遠い人など 玉ねぎむいてるだけなの 泣いてないわ  玉ねぎコトコトきざんで 日暮れ時よ 涙が一粒こぼれて 床に落ちた 今は泣きたいことは何もないのに 変ねなぜだか 泣きたくなって来た 友だちや先生 あの人の言葉よ 玉ねぎむいてるだけなの 泣いてないわ  これは玉ねぎむいて出た涙なの 変ね心も 涙に誘われる あの時の青空 過ぎ去った季節よ 玉ねぎむいてるだけなの 泣いてないわ
うそ藤圭子藤圭子山口洋子平尾昌晃あかのたちお折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女 出来たのね 出来たのね あー 半年あまりの 恋なのに あー エプロン姿が よく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 哀しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣装は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んでは いけないよ あー 帰りの車も気をつけて ひとりの身体じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の 上手い人
慕情~天草の女~森進一森進一山口あかり平尾昌晃送っちゃいやよと 強がって あなたと別れる 連絡船 この身が二つに 裂けるなら あなたに残して 行きたくて つらいのよ つらいのよ 天草の恋が散るとき  いつかは終わって しまうのね 男と女の 恋の旅 あしたを信じて いたけれど いまでは他人に なる二人 好きだった 好きだった 天草の恋が散るとき  二度と逢うまい すがるまい どうにもならない 恋だもの あなたと暮らした この島に 花は再び 咲くけれど 遠ざかる 遠ざかる 天草の恋が散るとき
あなたのとりこ園まり園まりなかにし礼平尾昌晃あなたにつくして 生きるため 私はこの世に 生まれて来たの だからあなたの そばにいて いつでも抱かれて いたいのよ あなたのとりこに あなたのとりこに なりました  愛するこころの 切なさを あなたに逢うまで 知らずにいたの そばにいないと 苦しくて 思わず涙が わいてくる あなたのとりこに あなたのとりこに なりました  悲しい涙は 見せないわ 二人はこうなる 運命だったのね だからあなたを はなさずに 黙ってあとから ついて行く あなたのとりこに あなたのとりこに なりました
二人でお酒をテレサ・テンテレサ・テン山上路夫平尾昌晃森岡賢一郎うらみっこなしで 別れましょうね さらりと水に すべて流して 心配しないで 独りっきりは 子供の頃から なれているのよ それでもたまに 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね  いたわり合って 別れましょうね こうなったのも お互いのせい あなたと私は 似たもの同志 欠点ばかりが 目立つ二人よ どちらか急に 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね  どうにかなるでしょ ここの街の どこかで私は 生きてゆくのよ それでもたまに 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね
二人でお酒を宮本浩次宮本浩次山上路夫平尾昌晃うらみっこなしで 別れましょうね さらりと水に すべて流して 心配しないで ひとりっきりは 子供のころから 慣れているのよ それでもたまに 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね  いたわり合って 別れましょうね こうなったのも お互いのせい あなたと私は 似たもの同志 欠点ばかりが 目立つ二人よ どちらか急に 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね  どうにかなるでしょ ここの町の どこかで私は 生きてゆくのよ それでもたまに 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね
われらの旅立ち水木一郎水木一郎保富康午平尾昌晃君が気に入ったなら この船に乗れ いつかなくした夢が ここにだけ生きてる どこへ行ったのか かわいい野の花は どこへ行ったのか やさしい魂は 君が生きるためなら この船に乗れ いつかなくした夢が ここにだけ生きてる  君が戦うのなら この船に乗れ 胸に信じるものの ためにだけ旅立て どこへ行ったのか きらめくせせらぎは どこへ行ったのか あかるい歌声は 君が生きるためなら この船に乗れ 胸に信じるものの ためにだけ旅立て  君が男だったら この船に乗れ 力いっぱい生きて 満ち足りて死のうよ どこへ行ったのか ほほえむ太陽は どこへ行ったのか ふれあうまなざしは 君が生きるためなら この船に乗れ 力いっぱい生きて 満ち足りて死のうよ
北国山川豊山川豊山口洋子平尾昌晃矢野立美愛しているといえないで 別れてきたが 北へ行くほど 面影が近い 青くかすむオホーツク はまなす揺れて 沖ゆく船も小さな 幸せ連れてゆくのか- 恋を背にする旅情は 影が追いてくるだけ  死んでもいいさ二人なら この世の果てで 遠く離れて この胸が炎える 独り歩く爪先 はまなす揺れて 可憐に咲いて寄り添う 引いては返す波音- 恋を背にする旅情は 胸に初秋がしみるよ  忘れようとするたび はまなす揺れて 別離を責めて泣くのか かすかな耳の潮騒- 恋を背にする旅情は 風も頬につめたい
うそ五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃竜崎孝路折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女 出来たのね 出来たのね あー 半年あまりの 恋なのに あー エプロン姿が よく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 哀しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣装は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んでは いけないよ あー 帰りの車も 気をつけて ひとりの身体じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の 上手い人
はあとふる水谷豊水谷豊松本隆平尾昌晃子供の帰った教室で 机をながめてセンチメンタル 誰かが磨いた花瓶から 季節が黙っておじぎしてるよ  人生を教えるなんて 飛ぶ鳥に行方を聞くようなものさ 外は俄か雨 何故か通り雨 しまった 傘を忘れて来たよ  「先生 さよなら」「先生 また明日」 「先生 傘持ってないなら入れてってあげようか」 「そか ありがとう でもこの傘子供用だから しゃがんで歩かなきゃいけないな」  鉛筆かたかたひびかせて 舗道にいくつかランドセル 寄り道するなよ 青春の 二、三歩手前の命たちよ  やさしさを教えるなんて 咲く花に名前を聞くようなものさ 外は俄か雨 何故か通り雨 しまった 靴が水びたしだよ  外は俄か雨 何故か通り雨 しまった 靴が水びたしだよ
星になった人林あさ美林あさ美伊藤薫平尾昌晃夜のサイレンきくたびに 今も心はふるえます あの日あなたは永遠の 星になりました  もしも思いがとどくなら もしも願いが叶うなら ふたり過ごした思い出の 夏に帰りたい  サヨナラも言えずに 終わったけれど あなたずっと忘れないわ 愛し合った日々を  もっと大事にしたかった もっと話がしたかった 夢は短く美しく 星になった人  春が過ぎれば夏が来て 秋が追いかけ冬がゆく ふたり出逢ったこの街で ひとり生きてゆく  いつの日か誰かを 好きになっても あなたどうか叱らないで わたし守っていて  もう二度と逢えない 逢えないけれど あなたずっと忘れないわ 愛し合った日々を 
哀愁行路森進一森進一山口洋子平尾昌晃窓をたたき 泪ぐんでたおまえ こんな別離 許せないわと泣いた なにもいわずに俺は 片手をあげただけで 別れ別れになった 哀愁行路 愛しているというだけでは 生きられないさ それが運命さ カモメ舞うあの街 片すみのぬくもり 捨ててひとり旅に出る俺を 許してくれ  ベルが鳴って 汽車はホームをはなれ ひとつ残る 影もかすんで消えた いつかセピアに褪せる 笑顔の写真持って はなればなれに歩く 哀愁行路 愛しているというだけでは 生きられないさ それが宿命さ どうせ根無し草の 気まぐれがいつかは 夢に疲れ果てて もどる日を 祈ってくれ  カモメ舞うあの街 片すみのぬくもり 捨ててひとり旅に出る俺を 許してくれ
青林檎小柳ルミ子小柳ルミ子一青窈平尾昌晃若草恵どうして、あたし人前で泣けない あんたの前で泣かなきゃ意味がない いつだったか肩が寒い夜には 照れて黙って寄り添ってたのに 「ごめんね」 その数だけ、青林檎 玄関のノブにひっかけて帰るなんて淋しい ぜんぜんぜんぜん 今夜あたし ぜんぜんぜんぜん ひとりぼっち ぜんぜん かまわないわ ぜんぜん 急にピンポンして して 奪って  どうして、みんな人前で泣けるの 誰かさん意識して泣いてないの? だってなんだか 哀しいなんて気持ち 人様にひけらかすもんじゃなし 「意地悪…」 その数だけ、青林檎 齧って終わった恋の味を確かめているのよ ぜんぜんぜんぜん どの男も ぜんぜんぜんぜん 同じみたい ぜんぜん 分からないわ ぜんぜん 終われないじゃない じゃない やめて  あたしの一番好きな果物 あんた知ってて優しいんだか気が利かないのよ ぜんぜんぜんぜん 甘くないわ ぜんぜんぜんぜん 今はまだ ぜんぜん 苦しいけど ぜんぜん へっちゃらだと笑い飛ばしてみせるわ
真夜中のものがたり小金沢昇司小金沢昇司水木れいじ平尾昌晃淋しくないか このまま別れて どしゃ降りの雨に 消えるのは ひとり上手を きどってみたって ほんとの気持ちは 今でも好きだと かくせはしない ここで暮らして ここで傷つけ ここでおまえを 泣かせたね・・・ あの時ひとこと 行くなと言えたら 雨に濡れて ひとり想う 真夜中のものがたり  服を脱ぐのも じれったいほどに 抱いて抱きしめて くちづけた たった三日の 逢えない時間が ルージュの色さえ 心の色さえ 変えてしまった 時がふたりを 時があの日に 時がもいちど 戻せたら・・・ おまえを死ぬまで 離しはしないと 遠い灯り 見上げる部屋 真夜中のものがたり  ここで暮らして ここで傷つけ ここでおまえを 泣かせたね・・・ あの時ひとこと 行くなと言えたら 雨に濡れて ひとり想う 真夜中のものがたり
どこへ帰る五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃どこへ帰る どこへ帰る 追って走れば からみつく しろい吹雪の いじわるさ 黒い小さな 点になり 消えた夜汽車の 汽笛の音 結ばれないのが 初恋と 髪を優しく なでられた 指のぬくもり あの声も 木枯らしになって 木枯らしになって のこるだけ  うしろふりむきゃ 灯がひとつ 雪の峠に うるんでる かじかむ両手を くちびるに そっとおしあて 泣くばかり 好きだと言いたい もう一度 あつい想いを 打ちあけて いつかみたいに 抱かれたい たとえ誰かの たとえ誰かの あなたでも  木枯らしみたいな 恋だった 女ごころを 吹きぬけて たったひとつの 想い出を 連れてゆくのね 連れてゆくのね さよならと どこへ帰る どこへ帰る
出発氷川きよし氷川きよしなかにし礼平尾昌晃若草恵ふるさとへ 帰ったよ いても立っても いられず 父母よ 兄弟よ 友達よ 大地よ。 子供たちと競いあい ひたすら走って登る ふるさとの 裏山に 櫻が咲いていたよ。 櫻 櫻 櫻 櫻 花は笑いかける 櫻 櫻 櫻 櫻 悲しみに 負けるなと。  初恋の 思い出は 時がたつほど 愛しい おさげ髪 つぶらな目 微笑みの 口許。 ぼくを乗せて汽車は走る ホームで手を振るあの子 すぐ会える すぐ会える 会えるとおもったのに 櫻 櫻 櫻 櫻 櫻吹雪のよう 櫻 櫻 櫻 櫻 人生は 流れゆく。  子供たちと 手をつなぎ 櫻をかこんで 歌う 出発だ 出発だ 涙はもう見せない 櫻 櫻 櫻 櫻 花に見送られて 櫻 櫻 櫻 櫻 明日へと歩きだす。
迷い鳥小林幸子小林幸子麻生香太郎平尾昌晃ほほ打つ風に 髪は乱れても 燃える想いは 変わらない あなたを尋ねてひとすじ この町は 揉まれて はぐれて 迷い鳥 幸せ さえぎる 向い風 あなたに 逢いたい 尽したい  身近にいても 他人は他人 離れていても 恋は恋 あなたを尋ねてひとすじ 浮かぶのは 両手で つつんで くれたひと おまえが 可愛いと 云ったひと あなたに 逢いたい 甘えたい  ひとり旅する 寒いくちびるに 紅いハマナス 薄化粧 あなたを尋ねてひとすじ この町は 未練を 断ち切る 波しぶき それでも 傾く 恋ごころ あなたに 逢いたい 抱かれたい
横浜ハーバーライト西田あい西田あい田久保真見平尾昌晃前田俊明息が切れるほど あなた探したの サヨナラさえ 言わないまま 消えてゆかないで おねがい もう一度 抱きしめに来て 追えば逃げてゆく それが恋ですか ひとり 風の中 泣き出すように ついてく ハーバーライト 横浜 きっとこの街は 誰もが旅人 横浜 きっと私から あなたも旅立つの…  白いドアを開け ホテルのロビーで 窓辺の席 あなたの乗る 船はどれでしょう 心が 寒いの 紅茶ください 指をすりぬける それが夢ですか ひとり みつめてる 手をふるように 揺れてる ハーバーライト 横浜 きっとこの街は 誰もが旅人 横浜 きっとあなたから 私も旅立つの…  横浜 きっと海鳴りは 涙のララバイ 横浜 きっとあなたから 私も旅立つの…
忍冬坂本冬美坂本冬美内館牧子平尾昌晃若草恵淋しい女なんて言わせない 私はひとり冬をこらえて 花を咲かせる忍冬だから  雪よ 風よ 嵐よ 暴れろ つらい日々が女を やさしくする 白い花をつけたら あなた 私を泣かせて 髪を撫でてね  悲しい女なんて言わせない 私は胸で夢を転がし 花を咲かせる忍冬だから  雲をちぎり 荒波殴れよ 凍る日々が女を きれいにする 白い花をつけたら あなた 私をほめてね かたく抱いてね  雪よ 風よ 嵐よ 暴れろ つらい日々が女を やさしくする 白い花をつけたら あなた 私を泣かせて 髪を撫でてね
面影の君森昌子森昌子阿久悠平尾昌晃白くこぼれる 花を見て 恋の終りを 知りました 追ってみたって あのひとは 二度とふりむく ひとじゃない かんだ 唇 白くして あなた あなたと 呼んだけど 面影 面影 面影の君  ひとり折鶴 折りながら 思い出します あのひとを 今はどうして いるかしら 胸のいたみが 増すばかり 小指かんだら 感じます あなた あなたが 好きなのよ 面影 面影 面影の君  今はどうして いるかしら 胸のいたみが 増すばかり 小指かんだら 感じます あなた あなたが 好きなのよ 面影 面影 面影の君
ときめきカフェテラス西田あい西田あい喜多條忠平尾昌晃矢野立美初めてあなた 出逢った海辺 岬を見上げる カフェテラス キラキラ光る 青い波 コーヒーカップに 映ってる あなたの笑顔は やさしくて  なぜか 大人になるのはこわい でもね 抱きしめて欲しいの (ドッキドッキ) 男の子はオオカミだと みんなは言うけど 女の子をときめかせ 夢中にするの  海と空とを 夕日が染めて ランプに灯のつく カフェテラス 渚の白い 貝殻に 耳を当てれば 聞こえるの 素敵なあなたの ささやきが  なぜか 大人になるのはこわい 強く 抱きしめて欲しいの (フッフフッフ) 夢見てるの迷ってるの 心のときめき あなたのこと大好きよ 奪っていいの  なぜか 大人になるのはこわい でもね 抱きしめて欲しいの (ドッキドッキ) 男の子はオオカミだと みんなは言うけど 女の子は子羊よ やさしくしてね
天童よしみ天童よしみ松井五郎平尾昌晃川村栄二はじめは誰も 脆い種 芽が出るまでは 知る人もない 時雨に打たれ 陽に灼かれ 夢のひとふし どこまで伸びる いのちは どれも不揃いで だから 生まれた意味がある 光を紡ぎ 葉をつけて 空を仰いで 花咲かせ たったひとつの 実が成るような たったひとつの 樹になろう わたしがわたしで いられるように たったひとつの 樹になろう  いつかは舟に なるもいい 屋根を支える 柱でもいい たとえば薪に なったなら 人をぬくめて やれるじゃないか 心に ふれる心には 決して 絶えないものがある 鳥の翼に 枝を貸し 風に応えて 根をはれる たったひとつの 実が成るような たったひとつの 樹になろう あなたがあなたで いられるように たったひとつの 樹になろう  道にはきっと果てがある だけど空にはきりがない 光を紡ぎ 葉をつけて 空を仰いで 花咲かせ たったひとつの 実が成るような たったひとつの 樹になろう わたしがわたしで いられるように たったひとつの 樹になろう 樹になろう
グッド・バイ・マイ・ラブ松崎しげる松崎しげるなかにし礼平尾昌晃グッド・バイ・マイ・ラブ この街角で グッド・バイ・マイ・ラブ 歩いてゆきましょう あなたは右に 私は左に ふりむいたら負けよ  グッド・バイ・マイ・ラブ も一度抱いて グッド・バイ・マイ・ラブ 私の涙を あなたの頬で ふいているのよ 泣きまねじゃないの 忘れないわ あなたの声 優しい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけの時 そうよあなたの あなたの名前  Good-bye my love,I'll never forget you and please,oh,please say you'll never forget me We can meet again someday.  グッド・バイ・マイ・ラブ 二人の恋が グッド・バイ・マイ・ラブ 真実ならば いつかは逢える これが本当の さよならじゃないの 忘れないわ あなたの声 優しい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけの時 そうよあなたの あなたの名前 もちろんあなたの あなたの名前
奥飛騨★星の宿城之内早苗城之内早苗岡西通雄・神坂薫平尾昌晃若草恵往く夏でしょうか 来る秋でしょうか 旅の始まり 二枚の切符 紅葉の駅から バスに乗る 安房トンネル 山の里  歌って下さい 口びるふれるその前に やさしさ下さい 浴衣になる前に  白い湯けむり 蛍になって 夜空の星に とけてゆく  ああ 奥飛騨は 奥飛騨は 星に一番 近い宿  平湯大滝 一途な願い 幸せそっと ついて来い 雷鳥一羽 恋に鳴く 赤く燃えてる 囲炉裏端  酔わせて下さい 心の帯を解く前に 舞わせて下さい 小鳥が飛ぶように  命ぶつけて ひとつになって ゆらゆらゆれて 夢の中  ああ 奥飛騨は 奥飛騨は 星に一番 近い宿  歌って下さい 口びるふれるその前に やさしさ下さい 浴衣になる前に  白い湯けむり 蛍になって 夜空の星に とけてゆく  ああ 奥飛騨は 奥飛騨は 星に一番 近い宿
笑って笑って幸せにハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレイジーキャッツ山口あかり平尾昌晃森岡賢一郎アハハのイヒヒのウフフのへ アハハのイヒヒのウフフのへ ララ 笑って幸せに  泣いて暮らすも浮き世なら 笑って楽しく生きようよ 笑いは 長生きするモトさ 遠慮しないで しないで笑おうよ  まごころこめて僕たちは 笑いをお届けいたします 今日も 明日も あさっても 心の底から 底から笑おうよ アハハのイヒヒのウフフのへ アハハのイヒヒのウフフのへ ララ 笑って幸せに  あなたが笑ってくれた時 ただそれだけで僕たちは 悩みも 疲れも ふっとんで なによりいちばん いちばん幸せさ  みなさん 今日はありがとう あなたがいるから僕がある 笑って 笑って 幸せに だから泣き顔 泣き顔見せないで  たとえこのまま別れても またいつの日か逢えるでしょう 笑って 笑って 幸せに どうぞそれまで それまでお元気で アハハのイヒヒのウフフのへ アハハのイヒヒのウフフのへ ララ 笑って幸せに
さいはて哀歌石原裕次郎石原裕次郎杉紀彦平尾昌晃高田弘白く凍てつく 北の海辺を 人を葬う 黒い列が行く だまりこくって 悲しみさえも 風の彼方に 埋めてしまうのか ああ寒い寒い 人の世を 流れ流れて 辿りついたさいはて… おれも捨てようか 恋のなきがら  つらら浮かべて 酒を飲んでも 昔の夢が 帰る訳じゃない せめて思い出 抱きしめながら 風をまくらに 眠ってしまおうか ああ寒い寒い 人の世を 流れ流れて 辿りついたさいはて… 春は遠すぎる 海の流氷  生きて来たことは くやまないけど 女を愛した 古い傷がある 群をはずれた かもめが一羽 風にまかれて 海辺に消えて行く ああ寒い寒い 人の世を 流れ流れて 辿りついたさいはて… おれも消えようか あすの吹雪に
白鳥の歌ジャッキー吉川とブルー・コメッツジャッキー吉川とブルー・コメッツ橋本淳平尾昌晃北の入江の 夕ぐれは 悲しいほどに 美しい あなたの愛の ふるさとね ふるさとね  わたしの心に 住んでいる 涙を知らない 白鳥は あなたのもとへ はばたくの はばたくの  はてしない空を 舞いながら つきぬ愛の 喜びを あなたに唄う 唄う生命の限り  北の入江の さざ波に ゆられて眠る 白鳥は あなたのための 朝を待つ 朝を待つ ふたりのための 朝を待つ 朝を待つ  はてしない空を 舞いながら つきぬ愛の 喜びを あなたに唄う 唄う生命の限り  北の入江の さざ波に ゆられて眠る 白鳥は あなたのための 朝を待つ 朝を待つ ふたりのための 朝を待つ 朝を待つ
女にかえる秋狩人狩人朝野裕子平尾昌晃季節がかわるごとに 街がうつす横顔は ひと色足りない都会の 虹のようです 六日もめくれぬ 日めくりが 私の心をせきたてて 出逢いと同じ ときめきくれました 限りなく美しく 限りなく優しい 限りなく限りなく 素直な女にかえる秋  季節は急ぎ足で 枯葉落す昼下り ひと色足りない 都会の花のようです この世で一番不幸なのは 忘れられてしまうことです ふるえる指先 あなたにからませる 限りなく美しく 限りなく優しい 限りなく限りなく 素直な女にかえる秋 限りなく美しく 限りなく優しい 限りなく限りなく 素直な女にかえる秋
春のめざめ森昌子森昌子阿久悠平尾昌晃私は十七の春を待つ乙女 セーラー服だけが 私ではありません あなたに逢う時は 大人のふりをして 連れそって歩いても おかしくない二人ね 少し背のびをしても 愛したいあなた  私は十七の春を待つ乙女 めばえた恋ごころ この胸に抱きしめる 子供にあつかわれ 悲しくなるけれど そのうちに通じると 私は信じている 少し背のびをしても 愛したいあなた  別れたすぐ後で 逢いたくなるなんて 何もかもあなただけ 私をとりこにする 少し背のびをしても 愛したいあなた
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ごめんなさいアン・ルイスアン・ルイスなかにし礼平尾昌晃ごめんなさい あなたを怒らせちゃって ごめんなさい 私っていけない女 自分で自分の頭をぶってしまう 本当に 私ってダメね もう よそ見しないわ 誰とも遊びに行かないわ もう はなれないわ 私だって好きなのよ どうぞ あなた仲なおりのくちづけを 私のまつ毛に  ごめんなさい あなたがそれほどまでに ごめんなさい 愛してくれてるなんて 今日の今日まで気づかなかった私 お願い 許してほしい もう あなたのものよ 町中叫んで歩きます もう あなただけよ 迷わずに決めました どうぞ あなた仲なおりのくちづけを 私のまつ毛に
アメリカ橋 ~デュエット~山川豊・平尾昌晃山川豊・平尾昌晃山口洋子平尾昌晃風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった アメリカ橋のたもと 黄昏(たそがれ)が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群(むれ)人の群 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
狼のバラード五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃夢は捨てた 自分の手で 恋もないのさ 汚れた胸には 友達は お前だけ 影法師 あー岩に吠え 森を走り 傷つきながら月の光に生きる男 その微笑(ほほえみ)の裏側 誰も知らない 狼の涙を――  過去は捨てた この刀で 故国(くに)もないのさ 孤独な俺には 道連れは お前だけ 影法師 あー悪を斬り 罪を憎み 傷つきながら夜の谷間に生きる男 その微笑みの裏側 誰も知らない 狼の涙を――  あー誰が泣く 俺が死んでも いま居るところいつも墓場さ風に流浪(さすら)う その微笑の裏側 誰も知らない 狼の涙を――
草原の輝き山口百恵山口百恵安井かずみ平尾昌晃馬飼野康二い眠りしたのね いつか 小川のせせらぎ きいて  レンゲの花 まくらに 今 目がさめた  恋しい気持が 夢で 逢わせてくれた あの人 君は元気かと 聞いた 手を振りながら  今 涙をかくして 風の中 ひとりゆけば はるかな 私の好きな 草原  知らずに 遠くまで来た 野イチゴ捜して ホント 手かごに持ちきれなくて ポケットに入れた  あの人が 帰る時を 指おリ数えて 待てば いつのまにか 夕焼に あたりは そまる  ふと涙が出そうよ 風の中 こだまに呼ぶ 名前は あなたの好きな 草原  ふと涙が出そうよ 風の中 こだまに呼ぶ 名前は あなたの好きな 草原
黄昏のむこう側北川大介北川大介荒木とよひさ平尾昌晃矢野立美枯葉が舞う 黄昏は 追憶(おもいで)が肩を 染めるけど 帰らぬ恋を また引きずれば そこには影法師 あの坂道のむこう側で 君が倖(しあわ)せなら 今は遠くから 今は人生を 少しだけまわり道 少しだけまわり道  薄い外套(コート) 重いのは 切なさが胸を 包むから 過ぎゆく時に またたたずめば そこには風谺(かぜこだま) あの黄昏のむこう側に もしも帰れるなら 今はこの秋を 今は人生を 少しだけ呼び止めて 少しだけ呼び止めて  あの坂道のむこう側で 君が倖せなら 今は遠くから 今は人生を 少しだけまわり道 少しだけまわり道
霧の摩周湖藤圭子藤圭子水島哲平尾昌晃成田征英霧にだかれて しずかに眠る 星も見えない 湖にひとり ちぎれた愛の 思い出さえも 映さぬ水に あふれる涙 霧にあなたの 名前を呼べば こだませつない 摩周湖の夜  あなたがいれば 楽しいはずの 旅路の空も 泣いてる霧に いつかあなたが 話してくれた 北のさいはて 摩周湖の夜
だから京都小柳ルミ子小柳ルミ子たきのえいじ平尾昌晃燃えて一途な はかない花が 風にもつれて 舞い上がる 咲いて十日の短い命 乱れ散るならそれもいい  だから京都 抱きしめていて だから京都 せつないくらい 焦がれるほどに 女は女 愛を幾つも選べない  赤い口紅 似合う女は 恋が実ると云うけれど はがゆい思い かみしめながら 想い出ばかり 並べてる  だから京都 引き留めていて だから京都 私のそばに 許されるなら 叶うものなら 夢の中まで ついていく  だから京都 あの日のように だから京都 心酔わせて 許されるなら 叶うものなら 夢の続きを 見たいから 
あなたの港都はるみ都はるみ山口洋子平尾昌晃汽車を下りたら そこは港町 引き潮さんばしの ゆれてる水に 別れた顔が ふと浮かぶ あの彼(ひと)の嘘で こわれたみじめな夢を 抱いて泣き泣き ああひとり旅  船に乗りつぎゃ いつかもう日暮れ つれないひとなみに 背中押されて 幸せな日々 想い出す あの彼(ひと)といつか 東京で覚えた歌が 波のあい間に ああ消えてゆく  駅に着いたら ここは安ホテル ふるびた裏窓を そっとふるわせ 霧笛の音が 遠ざかる あの彼(ひと)がいまも 私を呼んでるみたい 岬はずれに ああ灯がひとつ
アメリカ橋ジェロジェロ山口洋子平尾昌晃鈴木豪風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった アメリカ橋のたもと 黄昏が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋の たもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群人の群 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
白馬山麓狩人狩人喜多条忠平尾昌晃悲しみに陽が当れば 銀色に山が輝きはじめる 淋しさを踏みしめれば さくさくと雪が音を立てます  生きてゆくことは 何本もの分かれ道 雪に落とした手袋は 鮮やかいろの さよならのようさ 君を追って駆け出すように 白い馬描き出して山が光る 白馬山麓凍てつく 胸に短い夢のつづきがよぎる  たそがれに身をさらせば 山小屋に遠くあかりがともるよ 泣き笑いくりかえして 誰かが 今日もそっと生きてる  青春の日々は気がつかない落し物 なくしちまったそのときに どれほど愛していたかがわかる 俺を拒むあの山肌が 白い馬描き出せば春は近い 白馬山麓 雪解け水は 心の中をつたって落ちる  青春の日々は気がつかない落し物 なくしちまったそのときに どれほど愛していたかがわかる 俺を拒むあの山肌が 白い馬描き出せば春は近い 白馬山麓 雪解け水は 心の中をつたって落ちる
西田あい西田あい平尾昌晃平尾昌晃矢野立美恋というものは 不思議なものなんだ  逢っているときは なんともないが さよならすると 涙がこぼれちゃう 逢うたびに うれしくて 逢えば 又せつなくて 逢えなけりゃ 悲しくて 逢わずにいられない それというのも 君のためだよ ぼくのこの胸も 恋にふるえてる  逢えばそれだけで 楽しいくせに わかれたあとの 涙がつらいのさ 逢うたびに うれしくて 逢えば 又せつなくて 逢えなけりゃ 悲しくて 逢わずにいられない そんな恋だけど 君が好きだよ ぼくは君だけを 愛しつづけたい ぼくは君だけを 愛しつづけたい
うそ平尾昌晃平尾昌晃山口洋子平尾昌晃折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女(ひと) 出来たのね 出来たのね あー 半年あまりの恋なのに あー エプロン姿がよく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 悲しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣裳は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んではいけないよ あー 帰りの車も気をつけて ひとりの身体じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の 上手い人
わたしの城下町水森かおり水森かおり水森かおり平尾昌晃丸山雅仁格子戸をくぐりぬけ 見あげる夕焼けの空に だれが歌うのか 子守唄 わたしの城下町 好きだとも云えずに 歩く川のほとり 往(ゆ)きかう人に なぜか目をふせながら 心は燃えてゆく  家並がとぎれたら お寺の鐘がきこえる 四季の草花が 咲きみだれ わたしの城下町 橋のたもとにともる 灯(あか)りのように ゆらゆらゆれる 初恋のもどかしさ きまずく別れたの  橋のたもとにともる 灯(あか)りのように ゆらゆらゆれる 初恋のもどかしさ きまずく別れたの
流星西崎緑西崎緑喜多篠忠平尾昌晃淋しい恋をするひとは 頬にえくぼが ぽつり光るひと 遠くはなれた旅路の空は 想いの数だけまたたく星影 この身焦がれます またひとつ燃えて落ちる 恋の流れ星  波音はるか聞きながら 枕涙で ぬらすひとり旅 季節めぐって花は咲けども あなたの面影追いかけるたびに 何故に遠ざかる 淋しさに凍えそうな 恋の北斗星  二度と逢えない運命(さだめ)であれば わずかな想い出 夜空にちりばめ 星になりたいの またひとつ燃えて落ちる 恋の流れ星
愛愁いしだあゆみいしだあゆみ尾中美千絵平尾昌晃悲しい時は じっと目をとじて 心をかくす あなたがつらい 何もかも うちあけあって 二人で泣いた あの頃のこと 思い出してね 月の光の中で はじめから 出なおしたいの 口づけから もう一度  私は今も じっと待っている 昔のように やさしいあなた 遠い夜 はにかみながら 私にくれた あなたの愛を 思い出してね どうか二人の為に はじめから 出なおしたいの 口づけから もう一度 口づけから もう一度
はだしの冒険アグネス・チャンアグネス・チャン松本隆平尾昌晃馬飼野俊一水しぶきをあげて ほほえむあなたに 波に沈むふりをして 今しがみついた うそじゃないほんとよ 手がはなれてたら 私ひとり 悲しみにさらわれそうなの  愛は水の中に きらめいてる太陽よ ふたりぶんの手のひらなら すくいとれるのに  はだしで熱い砂 駆けてゆく私 早く早くつかまえて ふるえる気持を ふりむかなくたって 背中でわかるの ほらもうすぐ 幸せが私に追いつく  愛は水の中に きらめいてる太陽よ ふたりぶんの手のひらなら すくいとれるのに
涙割り西田あい西田あい田久保真見平尾昌晃伊戸のりお欠けるのか満ちるのか わからない 三日月が 夜空に 爪立てる夜 愛したいのか別れたいのか わからないから どうぞ 飲ませて下さい  あなたが悪いの あなたが悪いの こんなに私を 哀しくさせて あなたが悪いの あなたが悪いの こんなに 好きにさせて  帰りたくなくて  ひとり 水割り 涙割り  燃えるのか消えるのか わからない 恋の火が あなたの 心で揺れる 許したいのか憎みたいのか わからないから どうぞ 酔わせて下さい  私が悪いの 私が悪いの 何度も忘れて また思い出す 私が悪いの 私が悪いの こんなに 愛しすぎて  酔いつぶれたくて  ひとり 水割り 涙割り  あなたが悪いの あなたが悪いの こんなに私を 哀しくさせて あなたが悪いの あなたが悪いの こんなに 好きにさせて  帰りたくなくて ひとり 水割り 涙割り
お気に召すままじゅん&ネネじゅん&ネネ山口あかり平尾昌晃お気に召すまま 泣かせてね そのあと好きだと いってよね ちょっぴりすねてる 黄昏(たそがれ)は 抱いてあげるよ 分かるだろう あなたと あなたと 二人なら 眠る時間は いらないわ それが恋ね それが恋さ 恋なのね  お気に召すまま いじめてね いけないわたしを 叱ってね 甘えてばっかり いるときは わざと冷たく するんだよ あなたと あなたと 二人なら きらいな人まで 大好きよ それが恋ね それが恋さ 恋なのね  あなたと あなたと 二人なら きっと死ぬまで 楽しいわ それが恋ね それが恋さ 恋なのね
恋人五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃あなた たずねた窓辺にうつる ふたり 肩よせあう影 そうよ あの彼女(ひと)は あなた とうに切れたはずの 恋人 みじめさに くちびるかんで 雨の中 立ちつくす 扉をたたいても もうおそい こんなつらい 恋の終り あるなんて  しろい カーテンかすかにゆれる ふたり 抱きしめあう影 うでの 花束を そっと 窓においたままで 帰るの さむざむと 冷えたこころに なぜあつい この涙 想い出かぞえても もうむだね こんなつらい 恋の終り あるなんて こんなつらい 恋の終り あるなんて
お台場ムーンライトセレナーデ中澤裕子・高山厳中澤裕子・高山厳荒木とよひさ平尾昌晃船山基紀夜の扉を開けて 粋な台詞でムーンライト 甘くせつなく 濡れる もってこいの夜 光るその瞳が H だけど大人の匂い kissで終ればいいけど ちょっとヤバイ夜 夜霧が今夜も お台場あたり 男と女を 優しく包むから 愛に歳の差なんか 恋に筋書きなんか そして どうなるの そしてどこまでゆくの  もしも夢ならせめて 時よ止まって ロンリーラブ 久しぶりだね こんな 胸が騒ぐ恋 しぶい仕草が 危険 だけど負けそうな心 好きなってもいいけど 禁じられた恋 夜霧が今夜も お台場あたり 男と女を 酔わせてしまうから 愛がせつなくなって 恋が悲しくなって そして どうなるの そしてどこまでゆくの  夜霧が今夜も お台場あたり 男と女を 優しく包むから 愛に歳の差なんか 恋に筋書きなんか そして どうなるの そしてどこまでゆくの
花になりたい奥村チヨ奥村チヨ有馬三恵子平尾昌晃貴方の目の中に やさしくつつまれて 貴方の目の中で 私は花になる ほんの少しずつ 心を開いて いつの間にか こんなにこんなに 愛しているの 貴方の目の中で 私は花になる  貴方のその胸を ひっそり抱きしめて 貴方のその胸で 私は霧になる 恋に燃えながら 流れてゆくなら かまわないの なんにもなんにも 悔やみはしない 貴方のその胸で 私は露になる  すぐに消えてゆく はかない夢でも 恋のために 死んでも死んでも いいと思うの 貴方に愛されて 私は花になる
よこはま・たそがれ青江三奈青江三奈山口洋子平尾昌晃よこはま たそがれ ホテルの小部屋 口づけ 残り香 煙草のけむり ブルース 口笛 女の涙 あの人は行って行ってしまった あの人は行って行ってしまった もう帰らない  裏町スナック 酔えないお酒 行きずり 嘘つき 気まぐれ男 あてない恋唄 流しのギター あの人は行って行ってしまった あの人は行って行ってしまった もうよその人  木枯らし想い出 グレーのコート あきらめ 水色 つめたい夜明け 海鳴り 灯台 一羽のかもめ あの人は行って行ってしまった あの人は行って行ってしまった もうおしまいね
蛇の目小紋の女永井みゆき永井みゆきたかたかし平尾昌晃若草恵小雨が ふるふるふる 紫陽花いろの 雨が 格子に ふるふるふる わたしの心に ふる 恋がせつない ちがう生き方 みつけられない あなただけに 燃えてゆく 蛇の目小紋の 女がひとり 足袋をぬらして おとこの胸に 傘にかくれて 通う細道 …あなたは花冷えの 想いびと  灯りが ちらちらちら 墨絵のような 町に 情念 ちらちらちら 蛍火みたいに ゆれ 雨に滲んで なにがあっても 悔いはしません あなただけに 燃えてゆく 蛇の目小紋の 女がひとり 愛の重さを ひきずりながら 雨の掘端 急ぐ夕暮れ …あなたは花冷えの 想いびと  蛇の目小紋の 女がひとり 足袋をぬらして おとこの胸に 傘にかくれて 通う細道 …あなたは花冷えの 想いびと
愛は まにあいますか西田あい西田あい石原信一平尾昌晃矢野立美桜の花 ひらり舞い降りて あなたの声 どこか聴こえるような 故郷(ふるさと)を 離れて 都会の片隅 思い出せば 切なくなり 名前を呼んだ はらはら 涙は 桜色 あなたの 真実(ほんと)の 優しさを 今になって わかるなんて 愛は まにあいますか…  紅葉の秋 季節(とき)は過ぎて行き 頬杖つき 夕日ながめているの 故郷(ふるさと)を 偲べば 恋しくなるのに 好きと言えず 悔やんでたの あの日のことを ひらひら 涙は 枯葉色 逢いたい 気持ちが つのるけど 遥か遠く 暮らしてても 愛は 届くでしょうか…  はらはら 涙は 桜色 離れて はじめて 気づいたの 祈りながら たずねたいの 愛は まにあいますか…
海から来ました五木ひろし五木ひろし山口洋子平尾昌晃親は名もない 漁師です 故郷は かもめのとぶところ いいことあるよと 誘われて 髪にはまなす さしたまま 海から来ました 海から来ました 恋をしに  上の兄貴は ちょっとぐれ 妹十四で まだねんね 切り裂くみたいな さよならを おいてきたのか 三月まえ 海から来ました 海から来ました だまされに  あれは私を 呼んでいる 遠く悲しい 波の音 振り向けないのよ どうしても 夜の小舟に 乗せられて 海から来ました 海から来ました 泣かされに
誰がために石川智晶石川智晶石ノ森章太郎平尾昌晃西田マサラ・原田真二吹きささぶ風が よく似合う 九人の戦鬼と ひとのいう  だが我々は 愛のため 戦い忘れた ひとのため 涙で走る 血の大河 夢みて走る 死の荒野 サイボーグ戦士 誰がために戦う サイボーグ戦士 誰がために戦う  葬いの鐘が よく似合う 地獄の使者と ひとのいう だが我々は 愛のため 戦い忘れた ひとのため 闇追い払う ときの鐘 明日の夜明けを 告げる鐘 サイボーグ戦士 誰がために戦う サイボーグ戦士 誰がために戦う  だが我々は 愛のため 戦い忘れた ひとのため 涙で渡る 血の大河 夢みて走る 死の荒野 サイボーグ戦士 誰がために戦う サイボーグ戦士 誰がために戦う
四谷・大木戸・左門町角川博角川博喜多條忠平尾昌晃まるで傘でも 忘れるように あいつを忘れた 俺だった まるで明日も 会うように 旅に出かけて それっきり あいつの匂いは Tシャツの 洗濯バサミの 跡だけだった 四谷 大木戸 左門町 啓子という名の 女がいたら 昔通った この店で 飲んでいたよと 言っとくれ  まるで夢でも 売ってるように 何にも出来ない 俺だった 二人暮らした アパートも いつの間にやら 駐車場 近くのスーパー のぞいたら 想い出ぐらいは 売ってるだろうか 四谷 大木戸 左門町 啓子という名の 女がいたら たったひとこと この俺が 淋しそうだと 言っとくれ  四谷 大木戸 左門町 啓子という名の 女がいたら たったひとこと この俺が 淋しそうだと 言っとくれ
言の葉の夢日吉ミミ日吉ミミ荒木とよひさ平尾昌晃溝淵新一郎あれも夢なら これも夢 触れてしまえば みんな夢 人は雪氷(みぞれ)か 粉雪か 積もって消える それだけか 若き日の美しさ 心にそっと秘めるけど 明日は明日が 手招きするよ 夢の続きの まだ続き 私は私の あなたはあなたの人生 人生だから  あれも夢なら それも夢 過ぎてしまえば みんな夢 人は螢か 朝顔か 恋するために いきるのか 青春の忘れ物 時には一人手繰(たぐ)るけど 昨日は昨日に サヨナラするよ 夢の途中の まだ途中 私は私の あなたはあなたの人生 人生だから  夢の続きの まだ続き 私は私の あなたはあなたの人生 人生だから 人生だから 人生だから
わかって欲しいの吉沢京子吉沢京子岩谷時子平尾昌晃ねえわかるでしょ あなたが好きと 私には 云えない 愛の言葉は 男の子から云うものよ とても近くて 遠い人なの それが あなたなのよ はずかしいけど ひとりになると 淋しい私 恋をしてる二人 だけどくちづけしないの 青い空のなかを ならんで飛んでゆく 白い鳩なの  ねえわかるでしょ 心のなかは 私にも 見えない 愛の誓いは 男の子からするものよ 恋人になら みんななりたい そんな あなたなのよ はずかしいけど ひとりになると 不安な私 恋をしてる二人 だけどくちづけしないの 青い空のなかを ならんで飛んでゆく 白い鳩なの
旅愁中条きよし中条きよし片桐和子平尾昌晃高見弘あなたをさがして此処(ここ)まで来たの 恋しいあなたあなた 今何処に 風にゆれ雨にぬれて 恋は今も今も燃えているのに ああ…… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない  わたしの夜空に星はみえない あなたに逢える逢える その日まで 鳥は飛び鳥は帰る それはいつもいつも花の咲く頃 ああ…… 白いほほえみも うしろすがたも 遠い夢の中 あなたはいない
慕情由紀さおり由紀さおり菅三鶴平尾昌晃小菊模様の服を着て 飛騨の朝市歩きます 自分のために花を買い 自分のために抱えます 恋に別れた女がひとり 耐えてる姿は 昔も今も変りません 母によく似たあねさんかぶり 熱いほうじ茶すすめます  砂の色した服を着て 九十九里浜走ります 束ねた髪が狂おしく 束ねた髪が乱れます 恋に別れた女がひとり 泣いてる姿は 昔も今も変りません 何も知らない浜木綿が 日暮れの海辺に咲いてます  心の中でひっそりと 心の中で祈ります 恋に別れた女がひとり たたずむ姿は 昔も今も変りません 木もれ陽ゆれて見えるのは 涙がにじんでいるのです
恋愛学校~恋のはじめは~じゅん&ネネじゅん&ネネ山口あかり平尾昌晃恋のはじめは 女の弱さ 始めて知って 愛したぼくさ あなたの瞳 逢うたび炎えて わたしのからだ とかしてしまう そうよ あの日は雨だった 人恋しいよな 黄昏が 二人を おかしくさせたのよ あれは恋なの 愛じゃなかった  ひざに抱き上げ ゆすっていると 可愛いおまえが たまらなかった 結ばれないと 分かったときは 一日泣いて 泣きつかれたわ そうよ あの日はもうこない 帰らぬ ぼくを 待ちながら 窓辺で小指を しゃぶってた あれは恋なの 愛じゃなかった  そうよ あの日はくもり空 騙すつもりじゃ ないという あなたに他人の 顔をみた あれは恋なの 愛じゃなかった
あなたたずねて西崎緑西崎緑山上路夫平尾昌晃あの人に逢いたくて ただひとり旅に出た 行方を知らない人ならば どこに行けばいいの あなたがいつか話してくれた 岬の町たずねてきたが 海鳥の声がするだけで 今日も今日もむだだった どうして悲しい生き方をするの あなたはするの  幸せをあげられぬ ぼくだよといっていた これから二人でさがそうと 約束したものを さびしい人が求めるような 湖畔の町たずねてきたが うわさなどだれも知らないで 今日も今日もむだだった どうして悲しい道だけを あなたは行くの  さびれた汽車に今日また乗って あなたのことさがしてゆくの 夕映えが空を染めている 今日も今日もむだだった どうして悲しい夢だけを あなたは追うの
都忘れ伍代夏子伍代夏子阿木燿子平尾昌晃秘めやかに 密やかに 通う小径に 咲く花は 夕暮れに 匂い立つ 都忘れに よく似てる  慣れない土地での戯れですか 淋しさまぎらすためですか 週末ごとに 掛けてる電話 あなたの声が 和(なご)んでる 私の知らない顔ですね 染み染み優しい声ですね  いつの日か 帰ってく あなたの家の 庭先きに 紫の鉢植えの 都忘れが 見えるよう  私を抱くのは慰めですか 孤独を埋(うず)めるだけですか 子供の写真 隠れて見てる あなたの瞳 愛(いと)しそう 終わりが決まった恋ですね 世間によくあることですね  出逢いはひとつの偶然ですか 縁(えにし)を感じはしませんか 何かの時の連絡先が 暦の隅に書かれてる 泡沫(うたかた)みたいな日々ですね 束の間 見ている夢ですね
グッド・バイ・マイ・ラブ小泉今日子小泉今日子なかにし礼平尾昌晃グッバイ・マイ・ラブ この街角で グッバイ・マイ・ラブ 歩いてゆきましょう  あなたは右に 私は左に 振り向いたら負けよ  グッバイ・マイ・ラブ も一度抱いて グッバイ・マイ・ラブ 私の涙を  あなたの頬で ふいているのよ 泣きまねじゃないの  忘れないわ あなたの声 優しい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけの時 そうよ あなたの あなたの名前  グッバイ・マイ・ラブ 二人の恋が グッバイ・マイ・ラブ 真実ならば  いつかは逢える これが本当の さよならじゃないの  忘れないわ あなたの声 優しい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけの時 そうよ あなたの あなたの名前  忘れないわ くちづけの時 そうよ あなたの あなたの名前 そうよ あなたの あなたの名前 もちろん あなたの あなたの名前
雪国水原弘水原弘志摩美之平尾昌晃舞い散る雪より なお白い 肌も染めます うすくれないに 旅のたわむれ はかない恋と 知っていながら 心を賭ける 駒子駒子 雪国に燃える  雪に晒した 白麻の 風に耐えてる けなげさ白さ そんな女が 眼をうるませて わるいひとねと 小指をかんだ 駒子駒子 雪国にうたう  長いトンネル 抜けるとき 声がきこえる いとしい声が 愛に泣くのは いつでも女 だけどいいのと 寂しくわらう 駒子駒子 雪国に生きる
やすらぎの時代(とき)へ平尾昌晃平尾昌晃湯川れい子平尾昌晃みどりの地球を 子供たちへ 仲良く暮らせる 明日のために 降りそそぐよ 太陽の愛 傷つく大地に あゝ へだてなく  そよぐ風 寄せる波 いのちがささやく声さ 美しいリフレイン つながり生かし合うよ 同じ空 同じ海 恵みに手を合わせ 愛し合おうよ 命 遥かな未来まで  豊かな地球を 子供たちへ みんなで守ろう この星の未来 知らず知らず 見える物だけ 追いかけて来たよ あゝ 気付かずに ---- 花も樹も 鳥たちも 名もない生きものすべて 素晴らしい メッセージ 希望の歌をうたう 熱帯雨林(ジャングル)も 凍土(ツンドラ)も みんなの宝物 大事にしよう 地球 やすらぎの時代(とき)へ  そよぐ風 寄せる波 いのちがささやく声さ 美しいリフレイン つながり生かし合うよ 同じ空 同じ海 恵みに手を合わせ 愛し合おうよ 命 遥かな未来まで  やすらぎの時代(とき)へ
おまえのための恋唄新沼謙治新沼謙治阿久悠平尾昌晃杉村俊博若かったあの日の誓い 今になって果たしてみたい 旅先で絵葉書買って 照れながら 書き綴る おまえのための恋唄  とても不器用だったね 愛の言葉もなくて だけどまごころだけなら 誰も負けはしない 負けはしない  ある時は疲れてしまい ちぎれそうになってもいたが 悲しみの時代が過ぎて 窓をあけ 呼びかける おまえのための恋唄  夢は自分に似合いで ほんのささやかだった それを大事に抱きしめ 今も捨てはしない 捨てはしない  とても不器用だったね 愛の言葉もなくて だけどまごころだけなら 誰も負けはしない 負けはしない
おもかげ西崎緑西崎緑片桐和子平尾昌晃私の長い 黒髪を みつめて 好きといいました あなたは会えない 遠い人 少し気むづかしげに まゆを寄せるくせの そんなあなたの 指先が 今もうなじに 残ります  私の胸に つきささる あなたのうわさ ききました 知らずにいたのは 私だけ そっと顔を ひき寄せ 深く見つめたのに みんなうそとは 思えない 今もあなたを 信じます  そんなあなたの おもかげが 胸に せつなく うずきます
もう一度だけ小林幸子小林幸子星野哲郎平尾昌晃薗広昭七つ転んで 八つ目が 勝負なんだよ 男には おまえにゃ苦労を かけるけど 一生かけて 返すから やらせてくれよ もういちど もういちどだけ  人のいやがる 泥沼に あるさ男の 宝島 傷つくことより つらいのは なんにもせずに 散ることさ やらせてくれよ もういちど もういちどだけ  長い夢から さめたとき 帰る故郷も ないだろう 小じわに夕陽が 沁みたって 笑って空を 仰げるさ やらせてくれよ もういちど もういちどだけ
雨 -Rainy story-菅原やすのり菅原やすのり山口洋子平尾昌晃矢野立美夢を失くし 友をなくし 独り荒れてた あの頃は 痩せた背中で 路地から路地 細い灯りを 探していたよ あれは雨期 誰にもある 青春の曲り角さ 雨・濡れ濡れと 雨・頬濡らす 雨の夜会って 拾った恋  脱げば寒い 着れば暑い 若い恋とは そんなもの 貧しいことは 恥じゃないと 言葉に出さずに教えてくれた あれは雨期 お互いの 人生の冬の季節 雨・しとしとと 雨・窓濡らす 雨の夜会って 続いた恋  あれは雨期 ほろ苦い 過ちのうしろ姿 雨・冷え冷えと 雨・愛濡らす 雨の夜会って 別れた恋
瀬戸の花嫁石原詢子石原詢子山上路夫平尾昌晃丸山雅仁瀬戸は日暮れて 夕波小波(ゆうなみこなみ) あなたの島へ お嫁に行くの 若いとだれもが 心配するけれど 愛があるから 大丈夫なの 段々畑(だんだんばたけ)と さよならするのよ 幼(おさな)い弟 行くなと泣いた 男だったら 泣いたりせずに 父さん母さん 大事にしてね  岬まわるの 小さな船が 生まれた島が 遠くになるわ 入江(いりえ)の向こうで 見送る人たちに 別れ告げたら 涙が出たわ 島から島へと 渡ってゆくのよ あなたとこれから 生きてくわたし 瀬戸は夕焼け 明日(あした)も晴れる 二人の門出 祝っているわ
霧の摩周湖山内惠介山内惠介水島哲平尾昌晃霧にだかれて しずかに眠る 星も見えない 湖にひとり ちぎれた愛の 思い出さえも 映さぬ水に あふれる涙 霧にあなたの 名前を呼べば こだませつない 摩周湖の夜  あなたがいれば 楽しいはずの 旅路の空も 泣いてる霧に いつかあなたが 話してくれた 北のさいはて 摩周湖の夜
花嫁になる朝柏原芳恵柏原芳恵茜まさお平尾昌晃竜崎孝路(セリフ)「私、大きくなったらお嫁さんになる!」  花嫁になる朝 石楠花(しゃくなげ)の花が 咲いていた時は 幸せを呼ぶと云う 今でも幼い頃の想い出は やさしく抱かれたかあさんの 甘い香りが残ります 色あせぬ押し花のように アルバムにはさんで旅に出るのです  花嫁になる朝 浮雲の果てを 鳩が飛びかえば幸せがくるという はじめて出会った彼ととうさんが お酒を飲んでた縁側に 祭り太鼓が聞こえるわ ふるさとのあの町見れば 幼い日うたった唄が流れます  (セリフ)「お父さん、私今日お嫁に行きます。 だからお母さんにやさしくしてあげてね。」  花嫁になる朝 おもいでの手紙 折鶴にしたら 幸せになると云う ときめくこころで愛をしたためた 私のだいじな日記帳 門出祈って抱いたのよ 明日からは二人の世界 バラ色に輝く道があるのです 
やさしくして小柳ルミ子小柳ルミ子なかにし礼平尾昌晃若草恵いつの間にか 気がついたら あなたと ともに暮らしていたわ 不思議だわ 傷ついた 小鳩が二羽 密やかに 身をよせあい 慰めあう 感じかしら 好きと言わなくても 抱いてくれなくても 安らぎが胸を つつむ 恋もいらない 愛もいらない やさしくして やさしくして 死ぬまで  こんなふうに 思いがけず 最後の 人と出逢うのでしょう 不思議だわ 秋風に 吹かれ散った 病葉(わくらば)が 径のすみで 重なりあう 感じかしら 淡い闇の中で 影と影がそっと よりそえば命 つづく 涙忘れて 過去も忘れて やさしくして やさしくして 死ぬまで  好きと言わなくても 抱いてくれなくても 安らぎが胸を つつむ 恋もいらない 愛もいらない やさしくして やさしくして 死ぬまで
夜空ジェロジェロ山口洋子平尾昌晃鈴木豪あの娘 どこに居るのやら 星空の続く あの町あたりか 細い風の口笛が 恋の傷あとにしみる あー あきらめた恋だから なおさら 逢いたい 逢いたい もう一度 夜は いつも 独りぼっち  あの娘 帰っておいでと 流れ星に乗せ そっと呼んでみた 誰も答えはしないよ 白い花が散るばかり あー とどかない夢だから なおさら 淋しい 淋しい この胸よ 夜空 遠く果てしない
グッド・バイ・マイ・ラブ熊谷育美熊谷育美なかにし礼平尾昌晃羽毛田丈史グッバイ・マイ・ラブ この街角で グッバイ・マイ・ラブ 歩いてゆきましょう あなたは右に 私は左に ふりむいたら負けよ  グッバイ・マイ・ラブ も一度抱いて グッバイ・マイ・ラブ 私の涙を あなたの頬で ふいているのよ 泣きまねじゃないの 忘れないわ あなたの声 やさしい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけのとき そうよあなたの あなたの名前  グッバイ・マイ・ラブ 二人の恋が グッバイ・マイ・ラブ 真実ならば いつかは逢える これが本当の さよならじゃないの  忘れないわ あなたの声 やさしい仕草 手のぬくもり 忘れないわ くちづけのとき そうよあなたの あなたの名前 もちろんあなたの あなたの名前
望郷の旅桜井智樹(保志総一朗)・トモ子(藤田咲)桜井智樹(保志総一朗)・トモ子(藤田咲)安井かずみ平尾昌晃すすき野原は 銀のいろ 風が 身にしみる 旅空に 故郷は 遠い夢だよ 人には 誰れも 一度や二度は 朝焼けに思い出す 人がいるのさ それも つかの間 俺の胸に 汗と涙と血がまた騒ぐ  月も冴える 峠の道 やけに きれいだよ 俺のしてきた過去に かまわないでくれ 人には 誰れも 一度や二度は 別れが 心底から つらい事がある それも つかの間 俺の胸に 汗と涙と血がまた騒ぐ  それも つかの間 俺の胸に 汗と涙と血がまた騒ぐ
おんな花川中美幸川中美幸松本礼児平尾昌晃雨に泣いて風に泣いて 咲いて哀しいおんな花  人の世はいつの日も 涙がつきまとう 出逢いも別離(わかれ)も運命(さだめ)が 運命が糸を引く 想い出のかけらも あなたのぬくもりも 時の流れに委(ゆだ)ねます 雨に泣いて風に泣いて 咲いて哀しいおんな花  人の世は駆け足で 過ぎゆく走馬燈 ふたりで重ねた月日が 月日が遠去かる 死ぬまで一緒と 信じてきたけれど あなたどうして愛したの 雨に泣いて風に泣いて 咲いて哀しいおんな花  人の世は空蝉(うつせみ)の 生命(いのち)に似ています 愛するこころも儚(はかな)い 儚いまぼろしね 恋唄が聞こえる 夜更けの交差点 酔った笑いが追いかける 雨に泣いて風に泣いて 咲いて哀しいおんな花
京おんな渚ゆう子渚ゆう子なかにし礼平尾昌晃川口真此処が女の 死に場所と 決めてあなたを 待ちわびる 風に風にきこえる 鐘の音は 消えて帰らぬ 夢のあと 京都女の しのびなき  悪いあなたを 恨むより もろい私が 悲しいの 傘を傘をさしても なお濡れる 稽古がえりの 裾模様 われとわが身を また責める  川の川の流れは かわれども たてた操は ひとすじに 京都女の 恋の意地
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 蒼氓
  3. 逆光
  4. KICK BACK
  5. M八七

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 希望のチューしよっ
  2. 霹靂
  3. Blue Moon
  4. Deep down
  5. 倶に

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照