みだれ髪

この曲の表示回数 14,838
歌手:

小柳ルミ子


作詞:

喜多條忠


作曲:

平尾昌晃


愛するほどに 愛されたいと
想う女は 愚かでしょうか
いとしき人に この胸を
ひろげてみたき 夏の宵
砂丘に咲きし 花のごと
砂に風に夢に吹かれて
ああ みだれ髪
心にかかります

てのひら照らす 花いちもんめ
あなたに逢える その日をねがい
宵待草に だずぬるは
宿命(さだめ)のつらさ はかなさか
夜空にかかる 銀の河
頬に指に星は光りて
ああ みだれ髪
心に流れます

夜空にかかる 銀の河
頬に指に星は光りて
ああ みだれ髪
心に流れます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:みだれ髪 歌手:小柳ルミ子

小柳ルミ子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-03-24
商品番号:MHCL-518
Sony Music Direct

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP