四谷・大木戸・左門町

この曲の表示回数 9,811
歌手:

角川博


作詞:

喜多條忠


作曲:

平尾昌晃


まるで傘でも 忘れるように
あいつを忘れた 俺だった
まるで明日も 会うように
旅に出かけて それっきり
あいつの匂いは Tシャツの
洗濯バサミの 跡だけだった
四谷 大木戸 左門町
啓子という名の 女がいたら
昔通った この店で
飲んでいたよと 言っとくれ

まるで夢でも 売ってるように
何にも出来ない 俺だった
二人暮らした アパートも
いつの間にやら 駐車場
近くのスーパー のぞいたら
想い出ぐらいは 売ってるだろうか
四谷 大木戸 左門町
啓子という名の 女がいたら
たったひとこと この俺が
淋しそうだと 言っとくれ

四谷 大木戸 左門町
啓子という名の 女がいたら
たったひとこと この俺が
淋しそうだと 言っとくれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:四谷・大木戸・左門町 歌手:角川博

角川博の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-04-21
商品番号:BVCH-3111
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP