ひとり三次へ

角川博

ひとり三次へ

作詞:千家和也
作曲:伊藤雪彦
発売日:2019/08/07
この曲の表示回数:42,461回

ひとり三次へ
こらえて下さい 其の人の名は
死ぬまで心に しまっておくわ
夜汽車の窓を 泪でぼかし
身をひくほかに 仕方がないの
運命に追われて 山あいの町
あなたの女が
三次にいます

半端がきらいな 性分だから
惚れると自分が わからなくなる
忘れたなんて 強がりながら
今夜もきっと 夢見て泣くわ
手酌で呑んでる 未練のお酒
あなたの女が
三次にいます

どなたか私を 壊してくれと
言いたくなるのよ 辛さに負けて
小指でなまえ 鏡に書いて
弱さを叱る 夜明けの宿よ
雨ふりやまない 河原の音色
あなたの女が
三次にいます

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム