冬の花

この曲の表示回数 85,925

怨みつらみが 悲しくて
なんでこの世が 生きらりょか
どうせ一度の 花ならば
咲いて気ままに 散ってくれ

春とおもえば 夏が来て
夏とおもえば 秋が来て
所詮最後は 寒い冬

夢を追ってく 奴がいりゃ
嘘に泣いてる 奴もいる
顔を合わせりゃ 他人街
誰に遠慮が いるものか

春とおもえば 夏が来て
夏とおもえば 秋が来て
所詮最後は 寒い冬

西を向きたきゃ 西を向け
北へ行きたきゃ 北へ行け
そんなもんだよ 人生は
風に吹かれりゃ それまでさ

春とおもえば 夏が来て
夏とおもえば 秋が来て
所詮最後は 寒い冬
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬の花 歌手:鮎川いずみ

鮎川いずみの新着情報

  • 花の涙 / ♪あの人にさよならした夜は

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002/09/19
商品番号:MHCL-161
ソニー・ミュージックハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP