ミヨちゃん

この曲の表示回数 43,019

(セリフ)
みなさん、まあ僕の話を聞いて下さい。
丁度、僕が高校二年であの娘もミヨちゃんも
高校二年の時でした。
僕の可愛いミヨちゃんは 色が白くて小さくて
前髪たらした可愛い娘 あの娘は高校二年生
ちっとも美人じゃないけれど なぜか僕をひきつける
つぶらな瞳に出あう時 何んにもいえない僕なのさ

それでもいつかは逢える日を
胸にえがいて歩いていたら
どこかの誰かとよりそって
ミヨちゃんが笑顔で話してる

父さん母さんうらむじゃないよ も少し勇気があったなら
も少し器量よく生れたら こんなことにはなるまいに

(セリフ)
そんなわけで、僕の初恋もみごと失敗に終りました。
こんな僕だから恋人なんていつのことやら。
でもね、せめて夢だけはもちつづけたいんですよ。
今にみていろ僕だって 素敵な可愛い恋人を
きっとみつけてみせるから ミヨちゃんそれまで
さようならさようなら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ミヨちゃん 歌手:ザ・ドリフターズ

ザ・ドリフターズの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-12-18
商品番号:TOCT-6352
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP