遠藤実作曲の歌詞一覧リスト  525曲中 1-200曲を表示

全3ページ中 1ページを表示
525曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
高校三年生PLATINA LYLIC舟木一夫PLATINA LYLIC舟木一夫丘灯至夫遠藤実福田正赤い夕陽が 校舎をそめて ニレの木蔭に 弾む声 ああ 高校三年生 ぼくら 離れ離れに なろうとも クラス仲間は いつまでも  泣いた日もある 怨んだことも 思い出すだろ なつかしく ああ 高校三年生 ぼくら フォークダンスの 手をとれば 甘く匂うよ 黒髪が  残り少ない 日数を胸に 夢がはばたく 遠い空 ああ 高校三年生 ぼくら 道はそれぞれ 別れても 越えて歌おう この歌を
くちなしの花PLATINA LYLIC渡哲也PLATINA LYLIC渡哲也水木かおる遠藤実いまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ くちなしの花の 花のかおりが 旅路のはてまで ついてくる くちなしの白い花 おまえのような 花だった  わがままいっては 困らせた 子供みたいな あの日のおまえ くちなしの雨の 雨のわかれが 今でもこころを しめつける くちなしの白い花 おまえのような 花だった  小さなしあわせ それさえも 捨ててしまった 自分の手から くちなしの花を 花を見るたび 淋しい笑顔が また浮かぶ くちなしの白い花 おまえのような 花だった
北国の春PLATINA LYLIC千昌夫PLATINA LYLIC千昌夫いではく遠藤実白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘 北国のあゝ北国の春 季節が都会では わからないだろと 届いたおふくろの 小さな包み あの故郷へ 帰ろかな帰ろかな  雪どけ せせらぎ 丸木橋 落葉松の芽がふく 北国のあゝ北国の春 好きだとおたがいに 言いだせないまま 別れてもう五年 あのこはどうしてる あの故郷へ 帰ろかな帰ろかな  山吹 朝霧 水車小屋 わらべ唄聞える 北国のあゝ北国の春 あにきもおやじ似で 無口なふたりが たまには酒でも 飲んでるだろか あの故郷へ 帰ろかな帰ろかな
雪椿PLATINA LYLIC小林幸子PLATINA LYLIC小林幸子星野哲郎遠藤実やさしさと かいしょのなさが 裏と表に ついている そんな男に 惚れたのだから 私がその分 がんばりますと 背(せな)をかがめて 微笑み返す 花は越後の 花は越後の 雪椿  夢にみた 乙女の頃の 玉の輿には 遠いけど まるで苦労を 楽しむように 寝顔を誰にも 見せないあなた 雪の谷間に 紅さす母の 愛は越後の 愛は越後の 雪椿  つらくても がまんをすれば きっと来ますよ 春の日が 命なげすて 育ててくれた あなたの口癖 あなたの涙 子供ごころに 香りを残す 花は越後の 花は越後の 雪椿
星影のワルツPLATINA LYLIC千昌夫PLATINA LYLIC千昌夫白鳥園枝遠藤実別れることは つらいけど 仕方がないんだ 君のため 別れに星影のワルツを うたおう…… 冷たい心じゃ ないんだよ 冷たい心じゃ ないんだよ 今でも好きだ 死ぬ程に  一緒になれる 幸せを 二人で夢見た ほほえんだ 別れに星影のワルツを うたおう…… あんなに愛した 仲なのに あんなに愛した 仲なのに 涙がにじむ 夜の窓  さよならなんて どうしても いえないだろうな 泣くだろうな 別れに星影のワルツを うたおう…… 遠くで祈ろう 幸せを 遠くで祈ろう 幸せを 今夜も星が 降るようだ
夢追い酒PLATINA LYLIC渥美二郎PLATINA LYLIC渥美二郎星野栄一遠藤実悲しさまぎらす この酒を 誰が名付けた 夢追い酒と あなたなぜなぜ わたしを捨てた みんなあげてつくした その果てに 夜の酒場で ひとり泣く  死ぬまで一緒と信じてた わたし馬鹿です 馬鹿でした あなたなぜなぜ わたしを捨てた 指をからめ 眠った幸せを 思い出させる 流し唄  おまえと呼ばれた 気がしたの 雨ににじんだ 酒場の小窓 あなたなぜなぜ わたしを捨てた じんとお酒 心に燃えさせて 夢を追いましょ もう一度
みちづれPLATINA LYLIC牧村三枝子PLATINA LYLIC牧村三枝子水木かおる遠藤実斉藤恒夫水にただよう 浮草に おなじさだめと 指をさす 言葉少なに 目をうるませて 俺をみつめて うなづくおまえ きめた きめた おまえとみちづれに  花の咲かない 浮草に いつか 実のなる ときをまつ 寒い夜更けは お酒を買って たまのおごりと はしゃぐ姿に きめた きめた おまえとみちづれに  根なし明日なし 浮草に 月のしずくの やどるころ 夢の中でも この手をもとめ さぐりあてれば 小さな寝息 きめた きめた おまえとみちづれに
すきま風PLATINA LYLIC杉良太郎PLATINA LYLIC杉良太郎いではく遠藤実人を愛して 人は心ひらき 傷ついて すきま風知るだろう いいさそれでも 生きてさえいれば いつか やさしさにめぐりあえる その朝 おまえは 小鳥のように 胸に抱かれて 眠ればいい  夢を追いかけ 夢に心とられ つまずいて すきま風見るだろう いいさそれでも 生きてさえいれば いつか ほほえみにめぐりあえる その朝 おまえは 野菊のように 道のほとりに 咲いたらいい  いいさそれでも 生きてさえいれば いつか しあわせにめぐりあえる その朝 おまえは すべてを忘れ 熱い涙を 流せばいい
せんせいGOLD LYLIC森昌子GOLD LYLIC森昌子阿久悠遠藤実淡い初恋 消えた日は 雨がしとしと 降っていた 傘にかくれて 桟橋で ひとり見つめて 泣いていた おさない私が 胸こがし 慕いつづけた ひとの名は せんせい せんせい―それはせんせい  声を限りに 叫んでも 遠くはなれる 連絡船 白い灯台 絵のように 雨にうたれて 浮んでた 誰にも言えない 悲しみに 胸をいためた ひとの名は せんせい せんせい―それはせんせい  恋する心の しあわせを そっと教えた ひとの名は せんせい せんせい―それはせんせい
青春の城下町GOLD LYLIC梶光夫GOLD LYLIC梶光夫西沢爽遠藤実流れる雲よ 城山に のぼれば見える 君の家 灯りが窓に ともるまで 見つめていたっけ 逢いたくて ああ 青春の 思い出は わが ふるさとの 城下町  白壁坂道 武家屋敷 はじめてふれた ほそい指 ひとつちがいの 君だけど 矢羽根の袂が 可愛いくて ああ 青春の 思い出は わが ふるさとの 城下町  どこへも 誰にも 嫁かないと 誓ってくれた 君だもの 故郷に 僕が 帰る日を 待っておくれよ 天守閣 ああ 青春の 思い出は わが ふるさとの 城下町
学園広場GOLD LYLIC舟木一夫GOLD LYLIC舟木一夫関沢新一遠藤実福田正空にむかって あげた手に 若さがいっぱい とんでいた 学園広場で 肩くみあって 友と うたった 若い歌  涙ながした 友もある 愉快にさわいだ 時もある 学園広場に 咲いてる花の ひとつ ひとつが 想いでさ  ぼくが卒業 してからも 忘れはしないよ いつまでも 学園広場は 青春広場 夢と 希望が ある広場
からたち日記GOLD LYLIC島倉千代子GOLD LYLIC島倉千代子西沢爽遠藤実こころで好きと 叫んでも 口では言えず たゞあの人と 小さな傘を かたむけた あゝ あの日は雨 雨の小径に 白い仄かな からたち からたち からたちの花  「幸せになろうね あの人は言いました わたしは 小さくうなずいただけで 胸がいっぱいでした」  くちづけすらの 想い出も のこしてくれず 去りゆく影よ 単衣(ひとえ)の袖を かみしめた あゝ あの夜は霧 霧の小径に 泣いて散る散る からたち からたち からたちの花  このまま 別れてしまってもいいの でもあの人は さみしそうに目をふせて それから 思いきるように 霧の中へ消えてゆきました さよなら初恋 からたちの花が散る夜でした  からたちの実が みのっても 別れた人は もう帰らない 乙女の胸の 奥ふかく あゝ 過ぎゆく風 風の小径に いまは遥かな からたち からたち からたちの花  いつか秋になり からたちには黄色の実が たくさんみのりました 今日もまた 私はひとりこの道を歩くのです きっとあの人が帰ってきそうな そんな気がして
みちづれGOLD LYLIC渡哲也GOLD LYLIC渡哲也水木かおる遠藤実水にただよう 浮草に おなじさだめと 指をさす 言葉少なに 目をうるませて 俺をみつめて うなづくおまえ きめた きめた おまえとみちづれに  花の咲かない 浮草に いつか 実のなる ときをまつ 寒い夜ふけは お酒を買って たまのおごりと はしゃぐ姿に きめた きめた おまえとみちづれに  根なし明日なし 浮草に 月のしずくの やどるころ 夢の中でも この手をもとめ さぐりあてれば 小さな寝息 きめた きめた おまえとみちづれに
おかあさんGOLD LYLIC森昌子GOLD LYLIC森昌子神坂薫遠藤実やせたみたいね おかあさん ふざけて おぶって 感じたの 泣き虫だったわ ごめんなさいね 明るい娘に なりました なやみがあったら 私にも 今度は下さい おかあさん  びっくりしたでしょ おかあさん 思わず起こして しまったの 二度とその目が あかないようで 寝顔をみてたら 泣けたのよ 優しく笑った 顔をみて 安心しました おかあさん  感謝してます おかあさん たまには肩もみ しましょうね 花嫁衣裳を 着るそれまでは だいじようぶなんて 云わないで 長生きしてね いつまでも きれいな空です おかあさん
津軽慕情GOLD LYLIC福田こうへいGOLD LYLIC福田こうへい平山忠夫遠藤実佐伯亮北へ流れる あの雲が 津軽野(の)づらで 雪になる 俺の分まで 働き終えて 親父(おやじ)いまごろ 囲炉裏酒(いろりざけ) ああ 帰りたい 帰れない 酔えば恋しい イヤーイー ふる里が  背中まるめて おふくろが 榾火(ほたひ)もやして 夜業(よなべ)する 俺の野良着(のらぎ)を また縫(ぬ)いながら 待っているとの 夢便り ああ 帰りたい 帰れない 唄でしのぼか イヤーイー ふる里を  手豆(てまめ)こらえた 山仕事 遠い町から 思い出す わたし津軽で 暮らすと言った 幼馴染(おさななじみ)は どうしてる ああ 帰りたい 帰れない 想い届けよ イヤーイー ふる里へ
明日の詩GOLD LYLIC杉良太郎GOLD LYLIC杉良太郎いではく遠藤実たとえひと時の やすらぎでも あれば明日から 生きてゆけると つぶやいた 横顔に 何を答えれば いいんだろう 木枯らしの吹く朝が寂しかったら おれの背中みつめながらついて来い 泣いて昨日を ふり返るより 明日の詩を 唄おう  いつもひと並みに くらすことが ほんのささやかな 望みですと さみしそうな ほほえみに どんななぐさめが あるんだろう ため息を消すように雨が降るなら おれの胸でおもいきり泣くがいい 泣いて昨日を ふり返るより 明日の詩を 唄おう  人生がくり返すことはないけど やりなおしはいつだってできるだろう 泣いて昨日を ふり返るより 明日の詩を 唄おう
ぼけたらあかん長生きしなはれGOLD LYLIC杉良太郎GOLD LYLIC杉良太郎天牛将富遠藤実年をとったら出しゃばらず 憎まれ口に泣きごとに 人のかげぐち愚痴いわず 他人のことは誉めなはれ 知ってることでも 知らんふり いつでもアホでいるこっちゃ ぼけたらあかん ぼけたらあかん 長生きしなはれや  勝ったらあかん負けなはれ いづれお世話になる身なら 若いもんには花もたせ 一歩さがってゆずりなさい いつも感謝を忘れずに どんな時でもおおきにと ぼけたらあかん ぼけたらあかん 長生きしなはれや  なんぼゼニカネあってでも 死んだら持って行けまへん あの人ほんまにええ人や そないに人から言われるよう 生きてるうちにバラまいて 山ほど徳を積みなはれ ぼけたらあかん ぼけたらあかん 長生きしなはれや  そやけどそれは表向き 死ぬまでゼニを離さずに 人にケチやと言われても お金があるから大事にし みんなベンチャラいうてくれる 内証やけれどほんまだっせ ぼけたらあかん ぼけたらあかん 長生きしなはれや  わが子に孫に世間さま どなたからでも慕われる ええ年寄りになりなはれ 頭の洗濯生きがいに 何か一つの趣味持って せいぜい長生きしなはれや ぼけたらあかん ぼけたらあかん 長生きしなはれや
若いふたりGOLD LYLIC北原謙二GOLD LYLIC北原謙二杉本夜詩美遠藤実きみにはきみの 夢があり ぼくにはぼくの 夢がある ふたりの夢を よせあえば そよ風甘い 春の丘 若い若い 若いふたりの ことだもの  きみにはきみの 歌があり ぼくにはぼくの 歌がある ふたりが歌を おぼえたら たのしく晴れる 青い空 若い若い 若いふたりの ことだもの  きみにはきみの 道があり ぼくにはぼくの 道がある ふたりの道は 遠いけど きのうもきょうも はずむ足 若い若い 若いふたりの ことだもの
あゝ青春の胸の血はGOLD LYLIC舟木一夫GOLD LYLIC舟木一夫西沢爽遠藤実溢れる若さ あればこそ 未来に向い われら立つ 海の太陽 山の雲 輝け命の 歌声に ああ 青春の胸の血は 夢ひとすじに 燃えるもの  親しき友の かなしみを 励ます言葉 尽きるとも 光れ銀河よ 友情の 涙を夜空に ちりばめて ああ 青春の胸の血は 夢ひとすじに 燃えるもの  瞼にあわき 花すみれ ゆきずりの君 今いずこ 虹は消えても 若き日の はかなき思い出 忘るまじ ああ 青春の胸の血は 夢ひとすじに 燃えるもの
水割りGOLD LYLIC渡哲也GOLD LYLIC渡哲也水木かおる遠藤実いつもおまえは 微笑ったあとで ふっと淋しい 顔をするね 顔するね うすい肩さえ 痛々しいが 水割りの 水割りの 酒といっしょに 飲みほす恋の わかれ酒  きれいばかりに 見ないでくれと みせたうなじの 傷のあと 傷のあと 影と影とが 呼びあうからか 水割りの 水割りの 氷みたいに こころがふれて 鳴った夜  うらむその目を ふり切るおれに そっとさし出す 女傘 女傘 抱いてやりたい 抱いたら負ける 水割りの 水割りの 酒のちからで とび出す路地に 冬の雨
新宿そだちGOLD LYLIC大木英夫&津山洋子GOLD LYLIC大木英夫&津山洋子別所透遠藤実只野通泰女なんてサ女なんてサ 嫌いと思って見ても ひとりで飲む酒まずい酒 指名しようかいつもの娘 俺もおまえも新宿そだち  男なんてサ男なんてサ 嫌いと言ってはみても 貴方の名刺を胸に抱く 一目惚れさすにくい人 恋に弱いの新宿そだち  女なんてサ女なんてサ 嫌いさツンツンしてさ ネオンの数よりいるんだぜ だけど気になるあのそぶり 今日もあいたい新宿そだち  男なんてサ男なんてサ 嫌いよはっきりしてよ 好きなら好きだとききたいの 駄目よ浮気じゃ出直して 本気に燃えます新宿そだち
他人船GOLD LYLIC三船和子GOLD LYLIC三船和子遠藤実遠藤実別れてくれと 云う前に 死ねよと云って ほしかった ああ この黒髪の 先までが あなたを愛しているものを 引離す 引離す 他人船  背中を向けた 桟橋で さよなら云えず 濡らす頬 ああ この指切の 指までが あなたを愛しているものを 引離す 引離す 他人船  いつか逢えると それだけを のぞみにかけて 生きてゆく ああ この目の下の ほくろさえ あなたを愛しているものを 引離す 引離す 他人船
君がすべてさGOLD LYLIC千昌夫GOLD LYLIC千昌夫稲葉爽秋遠藤実これきり逢えない 別れじゃないよ 死にたいなんて なぜ云うの 遠く離れて 暮らしても ただひとすじに 愛しているよ 君がすべてさ 君がすべてさ  心の小箱に しまっておくよ やさしい君の 面影を 頬をぬらして 光ってる その涙さえ 愛しているよ 君がすべてさ 君がすべてさ  希望(のぞみ)を果して 迎えにくるよ 必ず待って いておくれ かたく結んだ 約束の 指さきまでも 愛しているよ 君がすべてさ 君がすべてさ
修学旅行GOLD LYLIC舟木一夫GOLD LYLIC舟木一夫丘灯至夫遠藤実福田正二度とかえらぬ 思い出乗せて クラス友達 肩よせあえば ベルが鳴る鳴る プラットホーム ラララ…… 汽車はゆく 汽車はゆく はるばると はるばると 若いぼくらの 修学旅行  地図をひろげて 夢見た町を 僕のカメラで 撮した君を 思い出すだろ いついつまでも ラララ…… 汽車はゆく 汽車はゆく ひとすじに ひとすじに 若いぼくらの 修学旅行  霧の港に 湖畔の宿に 名残りつきない 手と手を振れば あとを追うよな 小鳥の群よ ラララ…… 汽車はゆく 汽車はゆく さようなら さようなら 若いぼくらの 修学旅行
雨の港GOLD LYLIC大川栄策GOLD LYLIC大川栄策たかたかし遠藤実別れりゃ他人のはずなのに からだがあの人おぼえてる お酒くち紅港の酒場 雨の降る夜は恋しくて だめね女はひとりじゃ眠れない  やさしく抱かれたあの夜の 着物で今夜も酒をつぐ 霧笛ほつれ毛東京なまり わかれ演歌に泣けてくる 酔えばつらいわむかしにまた戻る  あれほど怨んだ人なのに いいことばかりを数えてる 涙ため息哀愁みなと 船でゆく人かえる人 明日は私にいい夢つれて来い
こまっちゃうナGOLD LYLIC山本リンダGOLD LYLIC山本リンダ遠藤実遠藤実こまっちゃうナ デイトにさそわれて どうしよう まだまだはやいかしら  うれしいような こわいような ドキドキしちゃう 私の胸 ママに聞いたら 何んにも言わずに笑っているだけ こまっちゃうナ デイトにさそわれて  こまっちゃうナ お手紙来たけれど 悪いかなァ お返事出さなけりゃ  うれしいような こわいような ふるえてしまう 何故でしょうね ママに聞いたら 初めはみんなそうなんですって こまっちゃうナ お手紙来たけれど  うれしいような こわいような ドキドキしちゃう 私の胸 ママに聞いたら 何んにも言わずに笑っているだけ こまっちゃうナ デイトにさそわれて
ついて来るかいGOLD LYLIC小林旭GOLD LYLIC小林旭遠藤実遠藤実ついて来るかい 何も聞かないで ついて来るかい 過去のある僕に 君を愛していればこそ 生まれ変われた僕なのさ ついて来るかい 涙をわけあい ついて来るかい 僕を信じて  ついて来るかい 噂気にせずに ついて来るかい 悲しみの僕に 身体の弱い君なのに 苦労をかけてすまないね ついて来るかい 何も持たない僕に ついて来るかい しあわせ求めて  なんでそんなに かわいい瞳(め)で 僕をみつめて 泣かすのさ ついて来るかい あしたからふたり ついて来るかい どこまでもふたり
君たちがいて僕がいたGOLD LYLIC舟木一夫GOLD LYLIC舟木一夫丘灯至夫遠藤実遠藤実清らかな青春 爽やかな青春 大きな夢があり かぎりないよろこびがあった はかない希みがあり つらい別れもあった そんな時はいつも… 母にも似た 優しい 目差しの 君たちがい そして 僕がいた  心の悩みを うちあけ合って 眺めたはるかな 山や海 言葉はつきても 去りかねた そんなときには いつの日も ああ 君たちがいて 僕がいた  涙をこぶしで ぬぐっていたら 遠くでこっそり 見つめてた あの娘の瞳も ぬれていた そんな日昏れも あったけど ああ 君たちがいて 僕がいた  さよならする日は 肩くみあって しあわせ信じて うたおうよ 大人になるのは こわいけど そんなときにも 離れずに ああ 君たちがいて 僕がいた
ソーラン渡り鳥GOLD LYLICこまどり姉妹GOLD LYLICこまどり姉妹石本美由起遠藤実山路進一津軽の海を 越えて来た 塒持たない みなしごつばめ 江差恋しや 鰊場恋し 三味を弾く手に 想いをこめて ヤーレン ソーラン ソーランソーラン 唄う ソーラン ああ渡り鳥  故郷の港 偲んでも 夢もとどかぬ 北国の空 愛嬌えくぼに 苦労を隠し 越えた此の世の 山川幾つ ヤーレン ソーラン ソーランソーラン 旅の ソーラン ああ渡り鳥  瞼の裏に 咲いている 幼馴染みの はまなすの花 辛いことには 泣かないけれど 人の情が 欲しくて泣ける ヤーレン ソーラン ソーランソーラン 娘 ソーラン ああ渡り鳥
津軽慕情GOLD LYLIC山本謙司GOLD LYLIC山本謙司平山忠夫遠藤実佐伯亮北へ流れる あの雲が 津軽野づらで 雪になる 俺の分まで 働き終えて 親父いまごろ 囲炉裏酒 ああ 帰りたい 帰れない 酔えば恋しい イャーイー ふる里が  背中まるめて おふくろが 榾火もやして 夜業する 俺の野良着を また縫いながら 待っているとの 夢便り ああ 帰りたい 帰れない 唄でしのぼか イャーイー ふる里を  手豆こらえた 山仕事 遠い町から 思い出す わたし津軽で 暮らすと言った 幼馴染は どうしてる ああ 帰りたい 帰れない 想い届けよ イャーイー ふる里へ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
仲間たちGOLD LYLIC舟木一夫GOLD LYLIC舟木一夫西沢爽遠藤実歌をうたって いたあいつ 下駄を鳴らして いたあいつ 思い出すのは 故郷の道を みんな一緒に はなれずに ゆこうといった 仲間たち  帽子まるめて いるあいつ リンゴ噛って いるあいつ 記念写真は とぼけていても 肩をならべた ツメエリにゃ 夢をだいてた 仲間たち  手紙よこせと いうあいつ あばよあばよと いうあいつ 口じゃ元気に どなったくせに ぼくが故郷を たつ朝は 涙ぐんでた 仲間たち
灯りが欲しいGOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし藤田まさと遠藤実日陰そだちの この俺が 見つけた道は 遠すぎた 疲れた足を ひきずって 昨日につづく 雨の道 灯りが欲しいよ 道があんまり 遠すぎる  やけで覚えた 酒もある 酒で覚えた 恋もある 男の過去の 苦っぽさ 昔を早く 忘れたい 灯りが欲しいよ ひとり歩きは 暗すぎる  恋という字が ある限り 俺はあいつを 追いかける ほんとは一人 欲しかった こころの杖に なるような 灯りが欲しいよ 日陰暮しは 永すぎる
昭和流れうたGOLD LYLIC森進一GOLD LYLIC森進一いではく遠藤実斉藤恒夫昭和流れうた 心にしみる 酒に酔う時 あなたがうかぶ どうして どうして 忘れさせない 苦しむだけね わたしの愛は 今度は男に生れてきたい  昭和流れうた 女の涙 恋の苦しみ 死ぬよりつらい なんども なんども あなたの胸に 抱かれた夢で 枕がぬれる 今度は男に 生れてきたい  昭和流れうた どなたが唄う あなた恋しい 流しのギター どんなに どんなに うらんでみても いとしさすぐに こみあげ泣ける 今度は男に 生れてきたい
哀愁出船GOLD LYLIC美空ひばりGOLD LYLIC美空ひばり菅野小穂子遠藤実遠く別れて 泣くことよりも いっそ死にたい この恋と うしろ髪ひく 哀愁出船 涙かみしめ ゆく潮路  こんな冷たい あなたのしうち それがうらめぬ あたしなの 霧笛一声 哀愁出船 つきぬ思い出 波に散る  そうよいつかは 判ってくれる せめて儚い 空だのみ 別れおしんで 哀愁出船 涙堪えて みる潮路
あじさいの雨GOLD LYLIC渡哲也GOLD LYLIC渡哲也水木かおる遠藤実弱いからだに かさねた無理を かくしていたのか 濃いめの化粧 いくども色を 変えながら 枯れて淋しく 散ってゆく 雨 雨 あじさいの雨に 煙るおまえの 白い顔  いつも変わらぬ 笑顔のかげで いつか指から 消えてたゆびわ 苦労の重さ たえながら じっと咲いてた 花にふる 雨 雨 あじさいの雨は 男ごころを ぬらす雨  かげで流した おまえの涙 ふいてやれずに 今日までひとり 身勝手すぎた このおれを 詫びてみたって 遅いけど 雨 雨 あじさいの雨に 声をころして 男泣き
旅鴉GOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし藤田まさと遠藤実百里千里を 歩いても 歩くだけでは 能がない ましてやくざな 仁義沙汰 広い世間を 狭くして どこに男の どこに男の 明日がある  はなればなれに 散る雲に 訊いて応えが 出るものか 一つしかない 命なら 一つしかない ふるさとの せめて畳の せめて畳の 上で死ね  意地と情は 垣根越し それが道理と 知りながら 知った道理の 裏をゆく 野暮な野郎の 意地ッ張り 今日も草鞋の 今日も草鞋の 紐が泣く
おまえとおれGOLD LYLIC杉良太郎GOLD LYLIC杉良太郎杉良太郎遠藤実そんなに好きじゃなかったんだよ 初めはさ それほど いい女でもないお前にさ どうかしてたよ 俺も だけど…これが男と女かな 俺しかないんだね 俺しかないんだね お前には  何にも出来ないおまえになんで惚れたのか 他にも 好きな女が あゝいたのにさ どうかしてたよ 俺も だけど…幸福にしてみたかった 俺しかないんだね 俺しかないんだね お前には  こんなに深くなるのがとってもこわかった 年の差 気にせず燃えて 結ばれた夜 どうかしてたよ 俺も だけど…お前をいまは愛してる 俺しかないんだね 俺しかないんだね お前には
忘れてほしいGOLD LYLIC渥美二郎GOLD LYLIC渥美二郎遠藤実遠藤実ごめんなさいあなた 昔に戻る 嫌いになった わけじゃないけど 心の傷が 痛むの わたしにあなたは きれい過ぎます バカな女を 忘れてほしい  ごめんなさいあなた このわがままを 優しさばかり もとめなかった もっと叱って ほしかった あなたにいい人 来るその日まで 他の男に 抱かれはしない  ごめんなさいあなた 別れてゆくわ お酒を注いで 生きてく夜が 一番似合う わたしよ もう一度女に 生まれるならば きれいなままで あなたにあげる
おひまなら来てねGOLD LYLIC五月みどりGOLD LYLIC五月みどり枯野迅一郎遠藤実おひまなら来てよネ 私淋しいの 知らない 意地悪 本当に一人よ 一人で待ってんの 酒場の花でも 浮気なんかいやよ 来てね来てね 本当に来てよネ  おひまなら来てよネ 私せつないの 知らない 意地悪 女は惚れたら 何もいらないの 私の負けなの みんなあんたに上げる 来てね来てね 本当に来てよネ  おひまなら来てよネ 私淋しいの 知らない 意地悪 電話じゃ言えない 大事な話なの 死ぬほど好きなの これが本当の恋よ 来てね来てね 本当に来てよネ
ギター仁義GOLD LYLIC北島三郎GOLD LYLIC北島三郎嵯峨哲平遠藤実雨の裏町 とぼとぼと 俺は流しの ギター弾き “おひけえなすって 手前ギター一つの 渡り鳥にござんす” 峠七坂 手を振って 花の都へ 来てから五年 とんと うきめの 出ぬ俺さ  風の冷たさ 身に沁みる 俺は落葉か ギター弾き “おひけえなすって 手前おけさおけさの 雪の越後にござんす” 故郷想えば 初恋の 死んだあの娘も 生きてりゃ廿才 俺もあん時ゃ うぶだった  情け横丁 今晩は 俺は流しの ギター弾き “おひけえなすって 手前宿なし雀の 流れ者にござんす” 暗い酒場の 片隅で そっと笑った 空似の人の 何故か気になる 泣き黒子
男の人生杉良太郎杉良太郎藤田まさと遠藤実泥をつかんで 歩こうと 傷を背負って 歩こうと 歩いた道に 悔はない 俺の選んだ 人生だ 生きてく道は 生きてく道は アー ひとつだけ  気障なようだが この俺に 惚れた女が ひとり居た 真ッ暗闇の 道端で 抱いたあいつの 細い肩 そのぬくもりが そのぬくもりが アー 身に沁みた  過去をほじくりゃ きりがない 俺とあいつの 生きざまを 笑ったやつも いたけれど 俺はうしろを 見たくない あいつが側に あいつが側に アー いる限り
中学三年生森昌子森昌子阿久悠遠藤実別れの季節の 悲しみを 生まれてはじめて 知りました しるしをつけた カレンダー もうすぐそこに来ています 蛍の光が歌えない 涙でつまって歌えない あのひと卒業して行くの めそめそしていちゃ いけないわ 私も中学三年生  明日からやさしい あの声も とってもすてきな あの顔も 逢えないなんて 思えない そこまで春が来てるのに 蛍の光が歌えない 涙でつまって歌えない あのひと卒業して行くの さよなら言えなきゃ いけないわ 私も中学三年生  蛍の光が歌えない 涙でつまって歌えない あのひと卒業して行くの さよなら言えなきゃ いけないわ 私も中学三年生
ひとり渡哲也渡哲也水木かおる遠藤実都会 裏窓 袋小路 夢を消された 他人街 いっそ泣こうか 笑おうか 胸のすきまに 霧が降る ひとり ひとり おれもひとり  出逢い ゆきずり 別れ花 しんは酔えない 忘れ酒 薄い幸せ 細い肩 胸のすきまに 雨が降る ひとり ひとり あいつもひとり  夜更け 靴音 石だたみ ひとりたたずむ ガード下 背中ぬくめる 灯もうすく 胸のすきまに 風が吹く ひとり ひとり みんなひとり
哀愁海峡扇ひろ子扇ひろ子西沢爽遠藤実瞼とじても あなたが見える 思い切れない その顔が… 赤い夕陽の 哀愁海峡 波を見つめて アア ゆく私  私ひとりが 身を引くことが しょせんあなたの ためならば… 鴎泣け泣け 哀愁海峡 女ごころの アア かなしさを  せめてあなたも 忘れずいてね こんなはかない 夢だけど… 未練だきしめ 哀愁海峡 越える私を アア いつまでも
他人酒渥美二郎渥美二郎遠藤実遠藤実捨てられても 捨てられても あなたが好きよ お酒飲むとだから思い出す 雨降る港でわかれたが 涙こらえ 涙こらえ 飲んだ……他人酒  あれからまだ あれからまだ わたしはひとり 夢に見たのあの日のあなた 妻だと書かれた宿帳を 思い出して 思い出して 飲むの……他人酒  嫌われても 嫌われても 悔いないわたし 一生いちど命かけた恋 みぞれに変ったこんな夜は あなたしのび あなたしのび 飲もう……他人酒
お月さん今晩は藤島桓夫藤島桓夫松村又一遠藤実こんな淋しい 田舎の村で 若い心を 燃やしてきたに 可愛いあの娘(こ)は 俺らを見捨てて 都へ行っちゃった リンゴ畑の お月さん今晩は 噂をきいたら 教えておくれよなあ  憎い女と 恨んでみたが 忘れられない 心のよわさ いとしあの娘(こ)は どこにいるやら 逢いたくなっちゃった リンゴ畑の お月さん今晩は 噂をきいたら 教えておくれよなあ  祭りばやしを 二人できいて 語りあかした あの夜が恋し あの娘(こ)想えば 俺も何だか 泣きたくなっちゃった リンゴ畑の お月さん今晩は 噂をきいたら 教えておくれよなあ
襟裳岬島倉千代子島倉千代子丘灯至夫遠藤実風はひゅるひゅる 波はざんぶりこ 誰か私を 呼んでるような 襟裳岬の 風と波 にくいにくいと 怨んだけれど いまじゃ恋しい あの人が  風はひゅるひゅる 波はざんぶりこ 浜の日暮れは淋しいものよ たった一人は なおさらに こんぶとる手に ほろりと涙 背のびしてみる 遠い空  風はひゅるひゅる 波はざんぶりこ 春はいつくる 燈台守と 襟裳岬の女の子 泣いてみたいな 霧笛のように 泣けば思いも 晴れるのに
ごめんね小林旭小林旭遠藤実遠藤実ごめんね ごめんね 幸福(しあわせ)あげずに ごめんね ごめんね 君を泣かせて 俺も 俺も生命(いのち)を 賭けてはいるけど 花は咲かない 花は咲かない ほんとうに ごめんね  ばかだな ばかだな 俺は生まれつき ばかだよ ばかだよ 夢をこわして 嘘が 嘘が言えずに 遠回りして 苦労かけるね 苦労かけるね ほんとうに ごめんね  ごめんね ごめんね 君の寝顔に ごめんね ごめんね 君の心に 夜の 夜の酒場で つらいだろうな 酒にやつれて 酒にやつれて ほんとうに ごめんね
人生に乾杯千昌夫千昌夫いではく遠藤実馬場良乾杯しようぜ 久しぶり オジンと言われても 今、いま 青春してる 人生見かけや 年令(とし)じゃない 心に熱さ 忘れてなけりゃ 時には一刻(ひととき) 少年にかえろう  いつでも夢みる おれ達は 仕事も遊びにも 今、いま 青春してる 若さで恋した 傷跡も いまでは遠い 笑い話さ 時には一刻(ひととき) 少年にかえろう  言葉もいらない 仲間なら こころのふるさとで 今、いま 青春してる 昔の歌でも 唄おうか まぶたの奥に 夕陽が見える 時には一刻(ひととき) 少年にかえろう
雑草の歌美空ひばり美空ひばり加藤和枝遠藤実生まれて今日まで 耐えてきた こんな涙を 誰が知る 踏まれながらに 生き抜いて 路ばたにはえる 草のよな 強い 強い 女になりました  咲かずに散っては いけないと そんな自分に むちを打つ 辛いこの世を 生き抜いて 路ばたにはえる草のよな 強い 強い 女になりました  私のこの体の中には 日本に生まれた古い血が流れています そんな人間の少なくなった今日でも おてんと様だけは 私を照らしてくれました  辛いこの世を 生き抜いて 路ばたにはえる 草のよな 強い 強い 女になりました
あいつ渡哲也渡哲也水木かおる遠藤実この指泣いて かんだやつ 今でもおれを 憎むやつ それでもじっと 陰ながら どこかでおれを 見てるやつ 遠くになるほど 近くなる あいつ あいつ 忘れられないあいつ  名もない花が 好きなやつ 子供のように 怒るやつ いっしょに側に いるだけで 不思議にこころ なごむやつ 日なたの匂いが するような あいつ あいつ 心ひかれるあいつ  ひとりでいまも 暮らすやつ かなしい意地を 通すやつ 二度ない春を 無駄にして ひそかに愛を 燃やすやつ 忘れてくれたら いいものを あいつ あいつ 俺を泣かせるあいつ
純子小林旭小林旭遠藤実遠藤実遊び上手なやつに だまされていると聞いた 噂だけだね 純子 純子 僕は淋しい  いつか目ざめた朝は そばに可愛くいたね ふるえながらも 純子 純子 愛をくれたね  離ればなれでいても 忘れはいないよ僕は 負けちゃいけない 純子 純子 待ってておくれ  風は話をつくる だから噂はきかない 信じているのさ 純子 純子 便りをおくれ
花咲く乙女たち舟木一夫舟木一夫西条八十遠藤実遠藤実カトレアのように 派手なひと 鈴蘭のように 愛らしく また忘れな草の 花に似て 気弱でさみしい 眼をした子 みんなみんな どこへゆく 街に花咲く 乙女たちよ みんなみんな どこへゆく 街に花咲く 乙女たちよ  あの道の角で すれちがい 高原の旅で 歌うたい また月夜の 銀の波の上 ならんでボートを 漕いだひと みんなみんな 今はない 街に花咲く 乙女たちよ みんなみんな 今はない 街に花咲く 乙女たちよ  黒髪をながく なびかせて 春風のように 笑う君 ああだれもがいつか 恋をして はなれて嫁いで ゆくひとか みんなみんな 咲いて散る 街に花咲く 乙女たちよ みんなみんな 咲いて散る 街に花咲く 乙女たちよ
一週間に十日来い五月みどり五月みどり小島胡秋遠藤実見れば見るほど いい男 飲みっぷりなら日本一 トコトン トコトン あなた好き好き かわいいお方 花も咲きます トコトン酒場 一週間に十日来い トコトン トコトン  惚れちゃ駄目よと 意見して それでいつしか こうなった トコトン トコトン はしご酒なら 浮気なしょうこ さあさ飲みましょ トコトン酒場 一週間に十日来い トコトン トコトン  人の前では つれないが 胸の中では 手を合わす トコトン トコトン 私ひとりを せめてはいやよ これが浮世よ トコトン酒場 一週間に十日来い トコトン トコトン  四角四面の 世の中を 丸く 渡れば 春も来る トコトン トコトン 小皿たたけば 手拍子そえて 苦労忘れる トコトン酒場 一週間に十日来い トコトン トコトン
アケミという名で十八で千昌夫千昌夫西沢爽遠藤実波止場でひろった 女の子 死にたいなんて 言っていた アケミという名で 十八で おれと暮らした 三日目に もとの男へ行っちゃった 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 あゝさびしいぜ  ごめんなさいって 走り書き 女の匂いが 残るだけ 一間のオンボロ アパートを どんなつもりか 知らないが 花を飾って消えちゃった 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 あゝさびしいぜ  夜霧の波止場にゃ 影もない 遠くで霧笛がむせぶだけ アケミという名の 変な娘が もしもどこかで 泣いてたら 待っているぜと 言ってくれ 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 あゝさびしいぜ
日暮れ坂渡哲也渡哲也水木かおる遠藤実何のために やすらぎに 背をむけて 何のために ひとり行く 日暮れ坂 ほこりによごれた 上着を肩に 出逢いと別れ 今日もかさねる ふりむいたら なにもかも くずれ去る ふりむかずに ひとり行く 日暮れ坂  夢は遠く 傷ついて たおれても 夢の重さ なげくまい 日暮れ坂 ネオンの灯りは はなやかだけど 吹きすぎてゆく 風は冷たい 風の中で ひらく花 枯れる花 風に吹かれ ひとり行く 日暮れ坂  かがやき忘れた 都会の星よ ささくれだった 人の心よ 遠い道の はてで呼ぶ ものはなに 遠い道を ひとり行く 日暮れ坂
大東京音頭野路由紀子野路由紀子滝田常晴・補作詞:藤田まさと遠藤実人が輪になる (ソレ) 輪が花になる (ヨイサ ヨイサ) 江戸の残り香 ほのぼのとけて 通う心に 咲き残る (ヨイショ) 東京 東京 大東京 (サテ) 咲いて咲かせて いつまでも ソレ いつまでも  明日のしあわせ (ソレ) 願いをこめて (ヨイサ ヨイサ) 伸びる地下鉄 高速道路 苦労なんかは 吹きとばせ (ヨイショ) 東京 東京 大東京 (サテ) ご覧隅田の 水も澄む ソレ 水も澄む  富士も見えます (ソレ) 筑波も見える (ヨイサ ヨイサ) むかし武蔵野 いまニュータウン ビルの林に 歌が湧く (ヨイショ) 東京 東京 大東京 (サテ) 月が笑顔で 今晩は ソレ 今晩は  夢はひろがる (ソレ) 南へ西へ (ヨイサ ヨイサ) 文化日本の あこがれ乗せて 今日も空から 港から (ヨイショ) 東京 東京 大東京 (サテ) 行くぞ世界の 果てまでも ソレ 果てまでも
七夕おどり島倉千代子島倉千代子丘灯至夫遠藤実松尾健司晴れて楽しい 星空みれば 青葉城から 笛太鼓 笛太鼓 年に一度の 七夕まつり キンキン キラ キラ お星さまも 嬉しそう 笹に花咲く 街かざり  広瀬川さえ ネオンに染まる 染まる掛橋 いそいそと いそいそと 急ぐお方は 織姫さまか キンキン キラ キラ お星さまも 嬉しそう 団扇 片手に しのびあい  蛍とるとて 出かけたあの娘 見れば踊りの 仲間入り 仲間入り 無理もないでしょ 一年一度 キンキン キラ キラ お星さまも 嬉しそう ごらん 明るい 天の川  願いかけたは 去年の今夜 やがて この秋 お嫁入り お嫁入り 仕立ておろしの そろいの浴衣 キンキン キラ キラ お星さまも 嬉しそう かわい妹と 着て踊る
アキラのダンチョネ節小林旭小林旭西沢爽遠藤実逢いはせなんだか 小島の鴎 可愛あの娘(こ)の 泣き顔に いやだ やだやだ 別れちゃやだと いまも聞こえるサ この胸に ダンチョネ  赤い椿が ほろりと散った 旅のお方の 恋しさに 沖の 瀬の瀬で どんと打つ波は なぜに出船をサ 押し戻す ダンチョネ  別れ風だよ やませの風だ 俺をうらむな 風うらめ 忘れまいぞと あとふりむいて ダンチョうたえばサ また涙 ダンチョネ
愛待草より山川豊山川豊川内康範遠藤実見知らぬ人から 便りが届いた 寂しいのですと書いてある 紅花(べにばな)すかしの便箋に 想い出抱いてと書いてある たぶん雪国みちのくあたり 身寄りのすくない女性(ひと)なのか 愛待草よりと 愛待草よりと書いてある  おんなじ人から便りが届いた 逢いたいのですと書いてある 矢車すかしの便箋に いつかはきっとと書いてある たぶん旅路の消印ばかり 名前をなのれぬ女性(ひと)なのか 愛待草よりと 愛待草よりと書いてある  いつもの人から 便りが届いた 淡雪とけたと書いてある 鈴蘭すかしの便箋に 命のかぎりと書いてある たぶん孤独の暮らしの中で 昔を夢見る女性(ひと)なのか 愛待草よりと 愛待草よりと書いてある
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
三味線姉妹こまどり姉妹こまどり姉妹遠藤実遠藤実藤原秀行お姉さんのつまびく 三味線に 唄ってあわせて 今日もゆく 今晩は 今晩は 裏町屋台は お馴染みさんが待ってるね つらくても つらくても 姉妹(きょうだい)流しは 涙を見せぬ  お月さんも雲間に 顔を出す 可愛い妹の 名調子 今晩は 今晩は ねじめをあわせて テンツルシャンとゆくんだよ 花の咲く その日まで 姉妹流しは 涙を見せぬ  初恋の甘さも 知らぬのに 切ない恋の 唄ばかり 今晩は 今晩は のれんをくぐって えくぼを見せて呼びかける つらくても つらくても 姉妹流しは 涙を見せぬ
蟹工船村田英雄村田英雄星野哲郎遠藤実藤原秀行蟹を網から むしりとる 腕にしぶきの 牙が立つ 船は木の葉だ 川崎舟だ どうせ稼ぎは知れてるが ドッコイ ドッコイ 度胸は千両だ  女子(あまこ)土くれ 青畳 グッと生つば のみこんで がまんしようぜ カムチャッカ月夜 蟹を肴に どぶを飲みゃ ドッコイ ドッコイ つららの花が咲く  おッかねえのは 海じゃない みれん心と いう奴さ 地獄廻りの 蟹工船だ 赤い夕日よ 呼ぶじゃない ドッコイ ドッコイ 覚悟はできている
あなたの妻と呼ばれたい牧村三枝子牧村三枝子水木かおる遠藤実京建輔お酒のしずくで つづけて書いた おなたの苗字と わたしの名前 愛しても 愛しても 愛したりない 女ごころは うるさいですか 今は夢でも いつかあなたの 妻と 妻と 呼ばれてみたい  あなたがうしろを ふりむくときを 今日まで待ったわ 爪かみながら これからも これからも 邪魔をしないで ついてゆきます 嫌わないでね 愛はひとすじ いつかあなたの 妻と 妻と 呼ばれてみたい  指輪もお金も ほしくはないが かなえてあげたい あなたの夢は つくすだけ つくすだけ どうぞわたしの 今の生き甲斐 うばわないでね 何もいらない いつかあなたの 妻と 妻と 呼ばれてみたい
江戸の黒豹杉良太郎杉良太郎いではく遠藤実乾いた街の 片隅で おまえは何を 探すのか 傷つき紅い 痛みに耐えて 炎のように 燃える眼は 男の怒りか 男の怒りか 江戸の黒豹  夜風の唄を 聞きながら おまえは何処に 帰るのか 孤独の影を みちずれにして 明日の夢を どこでみる 枯葉の枕か 枯葉の枕か 江戸の黒豹  東の空が 白む時 おまえは何を 叫ぶのか 名もない人の 小さな夢を 奪うやつなら 許せない 涙の熱さか 涙の熱さか 江戸の黒豹 江戸の黒豹
夾竹桃牧村三枝子牧村三枝子水木かおる遠藤実斉藤恒夫風邪にたおれた おまえの寝顔 夢で泣いたか ひとすじ涙 外で男は 勝手なくらし ふり向くことも なかったか 馬鹿な男に 夾竹桃の 花がしみるよ  ほんの初めは 雨やどりでも いつかつれそう 路地裏住い 俺がもすこし 器用に生きりゃ 苦労もせずに すんだろが 馬鹿な男に 夾竹桃の 花がしみるよ  熱があるのに また起きあがる 俺のためにと 夕げの支度 無理をするなと しかって抱いた 背中のうすさ 細い肩 馬鹿な男に 夾竹桃の 花がしみるよ
ひとりぼっち美空ひばり美空ひばり山口洋子遠藤実おお寒い…… 冷えるわねえ どういっぱい ところで聞いてくれる こんな淋しい女のはなし  恋をしたのは 二十才まえ 命も夢も賭けたけど 涙で終った初恋は 妻も子もある 妻も子もある相手(ひと)だった お酒が飲みたい こんな夜は お酒が飲みたい こんな夜は  北のふるさと 出たときは 十六でした肌寒い 粉雪舞い散る停車場で 泣いて泣いて 泣いてにぎった母の指 お酒が飲みたい こんな夜は お酒が飲みたい こんな夜は  ひとつひとつと 数えたら 両手にあまる 傷の跡 淋しい女の 身の上を 知っているよな 知っているよな弾き語り お酒が飲みたい こんな夜は お酒が飲みたい こんな夜は  ごめんなさい しめっぽい愚痴 聞かせちゃって そろそろ看板だけと ネッ もう一杯いかが……
なやみ杉良太郎杉良太郎久仁京介遠藤実左の腕が 今朝はしびれる お前の肩抱き ひと晩眠った 男のアパート 訪れた お前の場合は あそびじゃなくなる これでいいのか 間違いか 出来ればこの手で しあわせあげたい  畳の上に 朝の新聞 パジャマをたたんで はじらい浮べる くずれた生活 みせたなら お前の場合は 苦しむだろうよ これでいいのか 間違いか 別れて行くほど 強くもないのさ  あまりにまぶしい 眼のひかり みるほどお前が 愛しくなるけど これでいいのか 間違いか 出来れば この手でしあわせあげたい
風が吹くまま杉良太郎杉良太郎いではく遠藤実茜色に染まる 町並みつめていれば 明日はいいことありそうな 気がするだろう ひとり寝の 淋しさに愛を知り 肩を寄せ ぬくもりを さぐりあうのが 俺達ふたり 風が吹くまま 時が往くまま この身をまかせて 生きてゆきたい  子供の歌声が 聞こえる夕暮れ刻(とき)に 人は誰もがあたたかな 家路を思う ささやかな幸せを 分かちあい ほほえみを かわしての 暮らしが似あう 俺達ふたり 風が吹くまま 時が往くまま この身をまかせて 生きてゆきたい  身にあまる 望みなど 抱くことも 夢にさえ みることが なくてもいいさ 俺達ふたり 風が吹くまま 時が往くまま この身をまかせて 生きてゆきたい
同級生森昌子森昌子阿久悠遠藤実朝の改札 ぬけた時 何げないように 待っていた 昨日もらった あの手紙 今日は私が あげました きっといつかは 想い出す 好きでたまらぬ 同級生 小さなうわさたちました 小さなうわさたちました  雨で汚れた 校庭で 彼はボールを追っていた そっとさし出す ハンカチに 白いほほえみ くれました きっといつかは 想い出す 好きでたまらぬ 同級生 手をふりながら行きました 手をふりながら行きました  肩をならべて 帰る道 秋の落葉が 降っていた 本の 間に いちょうの葉 ふたりはさんで 行きました きっといつかは 想い出す 好きでたまらぬ 同級生 明日もまたと云いました 明日もまたと云いました
江差・追分・風の街大川栄策大川栄策遠藤実遠藤実江差 追分 ながれる町は 風も尺八 ヒュル ヒュル ヒュル 吹いてゆく あの人に 詫びたいよ… 情けの深さを 知らない昔を  江差 追分 ながれる宿の 窓の向こうは ヒュル ヒュル ヒュル 日本海 あの人は どこにいる… 心の痛みを なぐさめ合いたい  江差 追分 ながれる港 かもめ 誰待つ ヒュル ヒュル ヒュル 日が暮れる あの人に 逢いたいよ… この世が かぎりの 縁じゃないか
くちなしの花石原裕次郎石原裕次郎水木かおる遠藤実いまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ くちなしの花の 花のかおりが 旅路のはてまで ついてくる くちなしの 白い花 おまえのような 花だった  わがままいっては 困らせた 子供みたいな あの日のおまえ くちなしの雨の 雨のわかれが 今でもこころを しめつける くちなしの 白い花 おまえのような 花だった  小さなしあわせ それさえも 捨ててしまった 自分の手から くちなしの花を 花を見るたび 淋しい笑顔が またうかぶ くちなしの 白い花 おまえのような 花だった
裏通り五木ひろし五木ひろし藤田まさと遠藤実河合英郎表通りの お陽さまに はじき出されて 裏通り 日陰ぐらしの この俺に 花の咲く日は 花の咲く日は まだ遠い  枯葉小僧じゃ ないけれど 風が今夜も 身にしみる 春を逃がして 追いかけて ばかな男で ばかな男で ございます  好きというなら ついて来い 俺もいのちを くれてやる 負けずぎらいの 落し穴 お前だけには お前だけには つい負けた
浅草姉妹こまどり姉妹こまどり姉妹石本美由起遠藤実藤原秀行なにも言うまい 言問橋の 水に流した あの頃は 鐘が鳴ります 浅草月夜 化粧なおして エー化粧なおして 流し唄  親にはぐれた 浅草姉妹 胸にゃ涙の 露しぐれ 泣いているのに 笑顔で唄う 辛い苦労を エー辛い苦労を 誰が知る  眼では見えない こころの中にゃ 母に逢う日の 夢がある 二人そろって 観音さまに 祈る願いは エー祈る願いは ただ一つ
瞼の母二葉百合子二葉百合子横井弘遠藤実親はあっても 顔さえ知らず 表通りを はずれ笠 どこに どこにいるのか おっかさん おっかさん 瞼あわせて 今日も呼ぶ  「おかみさんそれじゃあ番場宿の忠太郎と云う 者に憶えはねえとおっしゃるんでござんすか」  永い歳月(としつき) 別れて住めば 遠くなるのか 気持まで 俺は 俺は馬鹿だよ おっかさん おっかさん なまじ逢わなきゃ 泣くまいに  「考えてみりゃあ俺も馬鹿よ 骨をおって夢を消してしまった…」  西へ飛ぼうが 東へ行こうが とめてくれるな 花すすき これで これでいいのさ おっかさん おっかさん 瞼とじれば また逢える
風の子守唄五木ひろし五木ひろし山口洋子遠藤実なじみの酒場で はなうたを 歌えばギターが ついてくる しゃれたロックも いいけれど 夜は演歌が じんとくる まして逢えない こんな夜は 淋しいね 淋しいね 雨の夜更けは 淋しいね  命もあげると 惚れた恋 世間がなにさと 燃えた恋 十に一つの 優しさに すがりついてた 恋ごころ どこで濡れてる あのひとは 淋しいね 淋しいね 昔ばなしは 淋しいね  いっぱい飲むたび ふるさとが 近くになるよな 酒の味 窓のすき間を はたはたと 風がたたいて 呼びにくる 一緒に故国へ 帰ろうと 淋しいね 淋しいね 酔えば酔うほど 淋しいね
福寿草小林幸子小林幸子星野哲郎遠藤実やさしさに 負けてはだめよ 花のある 男でなけりゃ ゆるしませんよと 叱ってみても ごめんなさいと 肩ふるわせる 娘の恋に 泣き負けて 淋しくうなづく その母の 心の色は 心の色は福寿草  おまえより 遠くが見える 母の目を 信じなさいと さとしてみても いまさら遅い 死んでもいいと 唇むすぶ 娘の愛に ほだされて ほろりとこぼれる その母の 涙の色は 涙の色は福寿草  辛らければ 戻っておいで がまんなど しなくていいと 見送る母に 手を振りながら ごめんなさいと 瞼をぬらす 娘の頬に 若き日の 自分をみつける その母の 吐息の色は 吐息の色は福寿草
めぐり逢いしのび逢い渡哲也・多岐川裕美渡哲也・多岐川裕美水木かおる遠藤実齊藤恒夫月日はお前を変えていた 月日にあなたも変わったわ 半分残ったボトルだけ 酒場の棚に眠ってた めぐり逢い しのび逢い 遠い日の夢 夢 夢 夢 心変わりというよりは 春があまりに 永すぎた  駅まで送るというおまえ ひとりが似合うというあなた 気まずい時間をつなぐよに 流行の歌が鳴っていた めぐり逢い しのび逢い 遠い日の夢 夢 夢 夢 ふたりそれぞれやすらぎを くれるとまり木 ほしかった  めぐり逢い しのび逢い 遠い日の夢 夢 夢 夢 何か別れにぬくもりを 残すひとことさがしてた
女のさだめ三船和子三船和子遠藤実遠藤実別れてしまえば 他人より 冷たくなるのね 男って いいのよ いいのよ こんど生まれて 来るときは 私が男で あなたを泣かす  心ははなれて 顔だけが やさしいあなたで 苦しめる いいのよ いいのよ 二度と男は 愛さずに おもかげだけの あなたと暮らす  愛した心を かえしてと あなたにすがった 指が泣く いいのよ いいのよ こんど生まれて 来るときは あなたが女で 泣いても泣かす
ふたりの春川中美幸川中美幸いではく遠藤実斉藤恒夫なにもいらない あなたが欲しい いのち重ねて くださいね… 夜更けの街を 裸足で駆けて 旅立つわたしに 雨が降る あなた強く強く 抱いてくれますか  夜が明ければ かけおちしたと きっと噂に なるでしょう あなたとふたり 暮らせるならば いばらの道さえ 歩きます あなた強く強く 抱いてくれますか  悪い女と 呼ばれていいの 耐えてゆきます この愛で… 貧しさなんて 泣いたりしない 心が変わる日 怖いだけ あなた強く強く 抱いてくれますか
さっそく振込みありがとう順弘子順弘子いではく遠藤実立て替え払いの 月末が またきて あゝ やんなっちゃう あんたはいい男 私のつらさがわかるひと  さっそく振込みありがとう あなた好き好き お金はもっと好き もっと もっと 好きよ アッハハン タコ  今夜も入れましょニューボトル 会社の あゝ ツケでしょう 気分がいいひとね 中年ばんざい よくやるわ  さっそく振込みありがとう あなた好き好き お金はもっと好き もっと もっと 好きよ アッハハン タコ  おなかの出ぐあい 貫禄で あたまは あゝ アメリカン 酎ハイ似合うのに 見栄はってのんでる ブランデー  さっそく振込みありがとう あなた好き好き お金はもっと好き もっと もっと 好きよ アッハハン タコ  おさわり上手の悪い手が しつこく あゝ こまっちゃう おうちに帰ったら かわいい奥さん いるんでしょう  さっそく振込みありがとう あなた好き好き お金はもっと好き もっと もっと 好きよ アッハハン タコ  カラオケ自慢のねえあなた ハートが あゝ しびれちゃう 今夜ははなさない 私のすべてを あげちゃうわ  さっそく振込みありがとう あなた好き好き お金はもっと好き もっと もっと 好きよ アッハハン タコ
信濃路梓川森昌子森昌子いではく遠藤実かなかな鳴いてるひぐらしが 心にしみこむ昼下り 信濃路 梓川 ひとり旅 竹籠を 背負ったおばさんが 日やけした顔をほころばせ 話しかける ふと浮ぶやさしい あのひとの顔  短い夏の日おしむよに コスモス垣根に もたれてる 信濃路 梓川 ひとり旅 笹舟を流して届くなら 私にも想い届けたいひとが ひとり ふと浮ぶやさしい あのひとの顔  緑の風吹く縁側に 古びた時計が刻(とき)をうつ 信濃路 梓川 ひとり旅 いつの日か ふたりで来ませんか 絵葉書に書いておくります 恋ごころ ふと浮ぶやさしい あのひとの顔
君は人のために死ねるか杉良太郎杉良太郎杉良太郎遠藤実昨日ひとりの男が死んだ 戦って戦って ひっそり死んだ あいつは何の取り柄もない 素寒貧な若ものだった しかしあいつは知っていた熱い涙を 戦って死ぬことを どうして死んだのかとは 訊かない訊かない でもあいつの青春は 何処へ何処へ埋めてやればいい  君は人のために死ねるか 君は人のために死ねるか あいつの名はポリスマン  昔 人は戦さで死んだ 国のため戦って 黙って死んだ いま熱い血は何処にもない 泣くことさえ人は忘れた しかし世慣れたさゝやきや薄ら笑いで 倖せを守れるか 明日に男が死んで 消えても消えても 花も言葉もいらない 風が空を過ぎたら忘れてほしい  君は人のために死ねるか 君は人のために死ねるか そいつの名はポリスマン  許せない奴がいる 許せない事がある だから倒れても倒れても 立ち上る立ち上がる 俺の名前はポリスマン
雨のヨコハマ五木ひろし五木ひろし北五郎遠藤実好きになっては いけない女(ひと)と 知っていながら 待ちわびる 雨の横浜 外人(がいじん)墓地に 白いクルス(十字架)が目にしみる せつない恋を かきたてて むせび泣いてる 汽笛さへ  会えればいいの ただそれだけで 長いまつげが ふるえてる 雨の横浜 伊勢佐木町は 赤いネオンも 濡(ぬ)れていた 悲しい恋を 照らすよに マリンタワーの 灯がまわる  別れることは 出来ない女と はじめて知った あの夜も 雨の横浜 港を見てた 青く光った 船の灯(あかり)に 燃やした恋の 想(おも)い出が いまも生きてる 元町に
十七才は一度だけ高田美和高田美和川井ちどり遠藤実遠藤実谷のりんどう 山の百合 枝にないてる 鳥の声 指にちらつく 葉もれ陽に ゆれるほのかな 胸のうち 十七才は一度だけ 十七才は一度だけ  草のささやき そよぐ風 水によじれる 白い雲 あわくもえたつ 恋の芽を ひとり抱きしめ 歩く道 十七才は一度だけ 十七才は一度だけ  月のやさしさ 森の影 遠くうるんだ 窓あかり 耳になじんだ 水車まで なぜか嬉しい 愛の唄 十七才は一度だけ 十七才は一度だけ
わかれ道北原謙二北原謙二三浦康照遠藤実幼なじみさ 喧嘩もしたさ 喧嘩しながら 歩いてた なんにも言わずに 右 左 きっとどこかであの娘は いつも振り返る ねむれないよ ねむれないよ そんな日は………  雲が流れる 日暮れの空を 見ればかなしい わかれ道 今度逢うまで 元気でネ 肩を抱いたらあの娘は そっとふるえてた たまらないさ たまらないさ 僕だって………  好きと一度も 言わないけれど じっと瞳を見りゃ わかるのさ それでいんだよ 僕達は 若い自由が二人に いつもあるからさ 忘れよう 忘れよう わかれ道………
比叡の風北島三郎北島三郎いではく遠藤実庄司龍荒行千日 比叡の風を 受けて歩いた 山道万里 暑さ寒さに 雨雪越えて 無我の心に 咲く花を あゝ 不滅の法灯(あかり)が いま照らす  満ちるも欠けるも 見る人次第 月の姿も 心を映す 人の世なれば 悩みや欲も あって不思議は ないけれど あゝ せめても願うは 慈悲ごころ  国の宝は 人づくりだと 伝え広めた 聖(ひじり)のおしえ 照らす一隅(いちぐう) 衆生(しゅじょう)のために 捧げ尽くさん この命 あゝ 比叡の風に 誓う朝
若い明日北原謙二北原謙二石本美由起遠藤実赤い野の花 あの娘と摘めば 空でつばめが 宙返り 宙返り 幼馴染みの 初恋は 好きと言えない まだつぼみ 若い明日の 若い明日の 風に咲け  たまらないほど いとしいけれど 肩も抱けない もどかしさ もどかしさ じっとだまって 見つめたら 頬が燃えてる お下げ髪 若い明日の 若い明日の 恋人さ  どんな時でも 悲しみなんか 僕は知らない 持ってない 持ってない いつも二人で しあわせの 星をこゝろに 呼びながら 若い明日の 若い明日の 夢を見る
ときめきワルツ山川豊山川豊川内康範遠藤実風がどこかで 寂しく歌う なんであんなに 寂しいのかと 問わず語りに 耳かたむけて あれは誰かが なくした恋の きっと切ない 想い出ワルツ お前はそんな やさしい人さ  花と蝶だわ 私とあなた 流行(はやり)歌さえ お前にとっちゃァ しあわせ育てる 夢子守歌 つらい季節の 涙に耐えて 笑顔忘れぬ 愛情ワルツ おれの心の ときめきなのさ  影と形だ お前とおれは たがいに寄り添い あたためあって なんとかしあわせ 守ってきたが お前があっての しあわせだから 二人あわせて ときめきワルツ お前はおれの 命をつくる お前はおれの 命をつくる
夫婦きどり牧村三枝子牧村三枝子水木かおる遠藤実斉藤恒夫抱けばそのまま 腕の中 とけて消えそな あゝおまえ 夫婦みたいに 暮らしたい せめて三日でもねえという おまえに うそはつけない  爪をかむくせ その癖も いつか忘れた あゝおまえ 買った揃いの お茶わんに 夢がさめなけりゃねえという おまえの 顔がまぶしい  肩で甘えて ついてくる 白いうなじの あゝおまえ 襟をあわせて 寂しそに 雨になるかしらねえという おまえの 声が泣いていた 
酒に酔いたい冠二郎冠二郎三浦康照遠藤実前田俊明別れが辛い 酒もある 忘れるための 酒もある 古い男で いんだよ俺は お前のために 身を引いて さすらう旅の 淋しさを まぎらす酒に酒に 酔いたいよ  思い出流す 酒もある 恋しさつのる 酒もある 未練ごころを ひきずりながら 海辺の町の 居酒屋で 男がひとり しみじみと 今夜も酒に酒に 酔いたいよ  運命を恨む 酒もある 涙であおる 酒もある 逢ったときから ふたりはいつか 別れるための 恋なのさ 面影捨てて 思いきり 旅路の酒に酒に 酔いたいよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
おやじ先生千昌夫千昌夫いではく遠藤実世の中どんなに変っても 先生ちっともお変りありませんね エッー!忘れてしまったんですか!! 蒲原又次郎ですよ 親父が農協に勤めてた 蒲原又次郎であります  先生に会うと 背すじが伸びる 腕白小僧で 迷惑かけました 立たされた時 叱られた時 恨みもしたけど 今日は先生と 男同士で 酒くみ合える  修学旅行で 枕ぶつけあい げんこつもらった 痛みがなつかしい いまではみんな 一人前の 顔しているけど 今日はあの頃の いたずら坊主が お酌をします  卒業式の日 先生が見せた はじめての涙 いまでも忘れない つらさに出会い 悲しみもある 人生だけれど 教えてもらった 男の生きざま 通しています
他人船小野由紀子小野由紀子遠藤実遠藤実別れてくれと 云う前に 死ねよと云って ほしかった ああ この黒髪の 先までが あなたを愛して いるものを 引離す 引離す 他人船  背中を向けた 桟橋で さよなら云えず 濡らす頬 ああ この指切の 指までが あなたを愛しているものを 引離す 引離す 他人船  いつか逢えると それだけを のぞみにかけて 生きてゆく ああ この目の下の ホクロさえ あなたを愛して いるものを 引離す 引離す 他人船
ひろしのさくら音頭五木ひろし五木ひろし山口洋子遠藤実ハァー (ア ヨイショ) さくら咲いた咲いた パッとパッと咲いた (ア パットネ) 北も南もひといろに (ソレ ドッコイ ドッコイ) そめて日本の春が来た (ア ヨイショ) ごきげんよろしゅう お達者と (ソレッ) さくら音頭で日本晴れ 日本晴れ  ハァー (ア ヨイショ) さくら咲いた咲いた パッとパッと咲いた (ア パットネ) さす手ひく手の見せどころ (ソレ ドッコイ ドッコイ) 唄に惚れたか花びらも (ア ヨイショ) 風にひらひら浮かれだす (ソレヨ) さくら音頭でひと踊り ひと踊り  ハァー (ア ヨイショ) さくら咲いた咲いた パッとパッと咲いた (ア パットネ) 明日の平和な夢のため (ソレ ドッコイ ドッコイ) 男だったら音頭とれ (ア ヨイショ) あなたも私もふるさとは (ソレヨ) さくら音頭で花の日本 花の日本
昭和時次郎渥美二郎渥美二郎里村龍一遠藤実渡る明日(あした)に夢さえ無くて なんで出来よう みちづれに 惚れていりゃこそ 冷たく捨てて 夢を消すのも 男の恋さ 野暮な野郎で ござんすが 俺は昭和の 時次郎  別れ酒だと 知らずに飲んで 酔って甘えて 泣いた奴 風が啼くたび 遠くの町で 想い出すだろ お前のことを 半端がらすで ござんすが 俺は昭和の 時次郎  花も風吹きゃ ひとりで散るさ 啼くな未練な ほととぎす 風の冷たさ 浮世の寒さ 教えたくない お前にだけは 明日(あす)は何処(どこ)やら 雲に聞け 俺は昭和の時次郎
おしんの子守唄金沢明子金沢明子橋田壽賀子遠藤実冷たい川を 上(のぼ)ってゆけば 近くて遠い ふるさとよ 大根めしを 食べてゝも 囲炉裏(いろり)の明かりが 暖(あった)かい 山の家 山の家 帰りたい  春が来なけりゃ 年季があけぬ おしん 哀しや 小さな肩に おぼこが重い 「かあちゃーん! ばんちゃーん!」  吹雪(ふぶき)の雪山(やま)を 登ってゆけば 兄(あん)ちゃん恋しい 泣けてくる 人を憎むな 死なすなと やさしく強く 云ったのに 白雪が 白雪が 血にそまる 「兄ちゃーん ぢんちゃーん!」  弁当持たず 読み書き習い 近くて遠い ふるさとに 月の明かりで 便り書く みんなが通う 学校に 子守っ子 子守っ子 なぜゆけぬ  春が来なけりゃ 年季があけぬ おしん 辛抱(しんぼう) 小さな肩に おぼこが重い 「せんせーい! とうちゃーん!」
最上川恋唄音羽しのぶ音羽しのぶ松井由利夫遠藤実前田俊明霧に抱かれた お山のように わたしはあなたの 腕の中 恋の一の瀬 また一の堰 運命まかせて 川下り エンヤコラ マカショ エ~エ コラマカセ 夢の舟歌 最上川  酒田港の そこから先は 苦労は覚悟の 六十里 死ぬも生きるも またこの人と 決めて結んだ 川の帯 エンヤコラ マカショ エ~エ コラマカセ 夢の舟歌 最上川  舟が揺れれば 飛沫がかかる 飛沫は紅花 絞り染め 濡れりゃ 思いも またひとしおに 切り絵細工の 川景色 エンヤコラ マカショ エ~エ コラマカセ 夢の舟歌 最上川
乾杯しようぜ千昌夫千昌夫いではく遠藤実乾杯しようぜ 久しぶり オジンと言われても 今 いま 青春してる 人生見かけや 年令(とし)じゃない 心に熱さ 忘れてなけりゃ 時には一刻(ひととき) 少年にかえろう  いつでも夢みる おれ達は 仕事も遊びにも 今 いま 青春してる 若さで恋した 傷跡も いまでは遠い 笑い話さ 時には一刻(ひととき) 少年にかえろう  言葉もいらない 仲間なら こころのふるさとで 今 いま 青春してる 昔の歌でも 唱おうか まぶたの奥に 夕陽が見える 時には一刻(ひととき) 少年にかえろう
オロロン慕情小林旭小林旭遠藤実遠藤実俺と一緒に泣いた娘が死んだよ…… 網走尋ねたひとり旅 ふたりでいつか来たあのときも オロロンバイ オロロンバイ 鴉が啼いてた……  俺と一緒に笑う娘が死んだよ…… 男にだまされ苦労して 面影抱いても凍ってしまう オロロンバイ オロロンバイ オホーツクの海……  俺と一緒に遊ぶ娘が死んだよ…… 網走おもいで すさぶ風 今度はながい命をもらい オロロンバイ オロロンバイ 生まれておいでよ……
水色のひと舟木一夫舟木一夫丘灯至夫遠藤実心のいたむ日 淋しい日 思い出すんだ 水色のひと 流れる夜霧が 東京の 東京の ドリーム・ネオンを 濡らすよに やさしくささやく あの声が  たよりになるのは 自分だけ いつか教えた 水色のひと 名前もところも 知らないが 知らないが いまでも生きてる あざやかに 勇気を出しなと あの声が  アカシヤ落葉を 踏みながら 思い出すんだ 水色のひと イタリアン・カット なつかしい なつかしい 姿にひょっこり 逢えそうな 今夜もきこえる あの声が
ふるさとの四季をうたう千昌夫千昌夫遠藤実遠藤実春は 菜の花が揺れていた あの頃の母さんの 笑顔に逢いたいな 夏は家族して海へ出た リヤカー引く父さんの 背中はひろかった  ふるさとは ふるさとは 父母の匂いがするよ あの人の あの友の 想い出を唄おう  秋は 稲穂にも赤とんぼ 初恋のあの人と別れた山の駅 冬はしんしんと雪が降る 静けさに涙置き 心を休めたい  ふるさとは ふるさとは 父母の匂いがするよ あの人の あの友の 想い出を唄おう  ふるさとは ふるさとは 父母の匂いがするよ あの人の あの友の 想い出を唄おう
可愛いおまえ渥美二郎渥美二郎遠藤実遠藤実ヒモつきの女と 言われたのかい お店のつとめは 辛かろな 俺に望みをつないで 今日も 酔っぱらって足腰たたずに泣いている おまえが可愛い おまえが可愛い 苦労をかけるね  待ってろ待ってろ くり返しては 歌うスターの 夢は散る 負けちゃだめよと 蝶々の着物 似合いもせぬのに今夜も派手づくり うしろ姿に うしろ姿に この俺泣いたよ  おまえも欲しかろ ダイヤの指輪 いいえいいのと 見せる指 ガラス玉でも あなたが好きと やさしい心を キラキラ映してる おまえが可愛い おまえが可愛い 幸せあげたい 
昭和舟歌小林旭小林旭いではく遠藤実世間に背き 義理に泣き 故郷はなれた 遠い日々 舵とるおまえ おれが櫓で ふたりで渡った 浮世川  涙の先に 明日を見て いい夢さがしに 流れ舟 肌刺す風と 月の夜は ふたりが唄った 船頭歌  結んだ縁 ふり向けば いまなら言えるさ ありがとう 今夜は飲めよ 熱い酒 ふたりの人生 たたえよう
未練ごころこまどり姉妹こまどり姉妹西沢爽遠藤実死ねといわれりゃ 死にもしょう それほどあなたが 大好きでした 私はやっぱり だめなのね あゝ だめなのね 忘れたいのに 今日もまた 夢であなたに 逢いました  待てというなら 待ちもしょう さみしい恋でも 忍ぶ気でした 私はやっぱり だめなのね あゝ だめなのね すがりつくほど 遠くなる 男ごころを 知りました  泣いてすむなら 泣きもしょう 涙じゃ洗えぬ 思い出でした 私はやっぱり だめなのね あゝ だめなのね きれぬ未練の 糸切歯 じっと唇 かみました
ふるさとの祭り千昌夫千昌夫いではく遠藤実風に流れる 白い雲 見れば浮かぶさ ふるさとの ふるさとの祭り 頑固なおやじが 自慢の民謡(うた)を この日ばかりは はしゃいで唄う 心がふるさとに 飛んで飛んで もうすぐ祭りだなあ  のぼりはためく 杜の空 太鼓ひびいて ふるさとの ふるさとの祭り おさない心で あこがれていた きれいなせんせい どうしてるかな 心がふるさとに 飛んで飛んで もうすぐ祭りだなあ  露店 わた飴 風車 笑顔あふれる ふるさとの ふるさとの祭り 今年もおふくろ 手料理つくり おれの帰りを 待ってるだろか 心がふるさとに 飛んで飛んで もうすぐ祭りだなあ
もうさよならですか山岡浩二山岡浩二遠藤実遠藤実亜乃庸[ラー ララー ララー ララー ラ] もうさよならですか もうおわかれですね あなたと暮らすのはやっぱり 足でまといになるばかりですね 駄目な私に優しさをありがとう 花が咲き散る間の恋だけど 忘れないで もうあまえられない もう遠い人なのね あなた あなた さよなら [ラー ララー ラー ラー ラララー ラ]  いま あなたの胸に 熱い涙置きます うらみの心など私に 湧くことさえも 許されない恋 駄目な私に思い出ありがとう 花が咲き散る間の恋だけど 忘れないで もうあまえられない もう遠い人なのね あなた あなた さよなら あなた あなた さよなら[ハー ハー ハー]
父親(おやじ)北島三郎北島三郎遠藤実遠藤実おやじと云う山 でっかい山だ 恩の山々 子は越えられぬ 吹雪の港で 握手した ぶ厚い手の平 苦労の証 元気でやれよと あの目に涙 おやじ おやじ… 優しさ ありがとう  おやじの郵便 消印見ては 遠い故里 浮かべていたよ あしたが見えなく なったなら 夢でも燃やせと あばれた文字を 読んだらいつでも 力が湧いた おやじ おやじ… 勇気を ありがとう  おやじがおふくろ 愛したように 俺を惚れさす 女と添えた 十から転がる それよりも 一からあせらず 登って行けと さとしたあの声 いまでも残る おやじ おやじ… 根性 ありがとう
青春想譜新沼謙治新沼謙治菅野小穂子遠藤実俺の名前で 故郷の母に 金を送ってくれたのは 君だろう 君に違いない 出過ぎた真似をするなよと 口で叱って 目で詫びる 俺の 俺の 俺の 青春想譜  何も言うなよ 分っているよ 言葉なんかが何になる 昼間の君と 夜の君 二人の君がいるけれど 想う心は ただひとつ 俺の 俺の 俺の 青春想譜  寒い冬の夜 屋台で食べた 君のおごりの中華そば お汁(つゆ)も全部 吸うのよと 姉さんみたいな口をきく 声は生活(くらし)に 荒れてても 俺の 俺の 俺の 青春想譜
命船祭小春祭小春遠藤実遠藤実海の男なら ひとりの女に 泣くな なげくなヨー 広いでっかい海原めがけて 船を沖へ出せ 泣いたら 負けだよ 両手をふれふれ花港 ソレキタ ドッコイショ 行こうぜ 命船  どやせどやせよ 陰口言うやつァ なんだ なんだとヨー 真実つらぬけ やがてはお前の 出番来るはずだ 泣いたら 負けだよ 黒潮育ちの この腕で ソレキタ ドッコイショ 勝とうぜ 命船  耐えて乗り切れ怒涛の波を それが男だヨー かもめ音頭で 調子を合わせて 網を引くんだぜ 泣いたら 負けだよ 生まれたからには 花咲かせ ソレキタ ドッコイショ やろうぜ 命船
夕顔の雨森昌子森昌子阿久悠遠藤実只野通泰夕顔つんだら 雨になる 雨が降ったら また逢える あのひとよそから来たひとか 小雨の灯台見てたけど 夕顔ひとつ 指につまんで そっと願いをかけてみました  夕顔咲いてた 雨の道 声をかけられ ふりむいた 名前をきかれたそれだけで その日は別れて来たけれど 夕顔ひとつ 指につまんで そっと願いをかけてみました  休みが終われば もう逢えぬ 心を伝えるすべがない 夕顔ひとつ 指につまんで そっと願いをかけてみました
潮風を待つ少女安達明安達明松田ルミ・補詞:吉岡治遠藤実安藤実親海のむこうから 潮風にのって きっとしあわせ くるという だからいつでも はまなすの 花の咲いてる 砂山で ああ 君は君は 潮風を待つ少女  海のむこうから ばら色にもえて あすものぼるよ 太陽が だからくじけちゃ いけないと 瞳うるませ 励ました ああ 君は君は 潮風を待つ少女  海のむこうから つばめたちだって 細いつばさで とんでくる だからどんなに 遠くても いつも心は 離れない ああ 君は君は 潮風を待つ少女
博多しぐれ祭小春祭小春白鳥園枝遠藤実逢いに行きたい 行かれない しのび泣くよな 雨が降る つらいはかない 女の運命 熱い心を 抱きしめる 夢もぬれます 夢もぬれます 博多しぐれ  遠くなるほど 恋しくて つのる想いで 眠れない そばにいさせて 死ぬほど好きよ あなたひとすじ咲いている 花もぬれます 花もぬれます 博多しぐれ  そうよ待ちます 逢える日を 紅もほんのり 薄化粧 あなた一人が 命のきずな 燃えてあずけた あの夜の 恋もぬれます 恋もぬれます 博多しぐれ 
冬仕度牧村三枝子牧村三枝子水木かおる遠藤実池多孝春あゝ肩を抱く 腕のちからで 冷えてゆく 心がわかる 近づく別れの足音に 背中が寒い 逃げないわ 逃げないわ 陽ざしは春でも これから私 季節はずれの こころは 冬支度  あゝ悲しみに なれていくよに 捨てるなら 時間をかけて ひとひら ふたひら 紅バラも 花びら散らす 追わないわ 追わないわ 別れのつらさに 負けないように 季節はずれの こころは 冬支度  あゝ汽車の窓 よせた笑顔も 沈む陽に 半分かげる 残りの少ない恋の日の 想い出づくり 泣かないわ 泣かないわ ひとりで生きてく 明日のために 季節はずれの こころは 冬支度 
わかれ花渡哲也渡哲也水木かおる遠藤実誰かがささえて やらなけりゃ 倒れてしまう あの女 俺は行くぜと 別れたけれど うしろ髪ひく 残り雨  今日からひとりと つぶやいて 怨みをこめた あの泪  女ごころは 切ないけれど 俺にゃできない 幸せに  よごれたこの世に ただひとり 真珠のような あの女 きっと浮かぶさ 淋しい顔が 俺がいのちを 閉じるとき
靖国の母二葉百合子二葉百合子横井弘遠藤実夢を見ました 倅(せがれ)の夢を 肩をたたいて くれました 骨になっても 母を忘れぬその優しさに その優しさに 月がふるえる 九段坂  (セリフ) あの日、万歳の声に応えて、 お前は挙手の礼をしたっけ。 日の丸の旗を、たすきにかけたお前は、 とても凛々しかった。 「お国の為に、立派に死ぬんだよ」 私は殊更きびしく言ったけど、 心の中では 「どうか無事で帰ってくるように」って、 泣きながら祈っていたんだよ。  生きてきました 嵐に耐えて めぐり逢う日を 待ちました 愚痴は言うまい ここの社(やしろ)へ 詣(もう)でる人は 詣でる人は みんなせつない 人ばかり  (セリフ) それでも、まだ南の島に 日本兵がいるって噂をきくと、 もしやお前じゃないか、 もしや生きているのじゃないかと、 居ても立ってもいられなくなるのさ。 こんな母さんを、許してくれるね。  花が咲きます 桜の花が まるで倅(せがれ)の 姿です 帰る望みも 今じゃはかない陰膳(かけぜん)だけど 陰膳だけど 供え続ける いつまでも
三度笠杉良太郎杉良太郎藤田まさと遠藤実「泣くのは やめておくんなさいよ 泣くのが嫌さに笑って すごすはぐれの異三郎 他人(ひと)が泣くのを見るのも 辛うござんす」  人の浮世に 背中を向けて やくざ三年 さんど笠 馴れたつもりの 草鞋の紐も 今じゃ一里で ゆるみがち  どこでどうして 狂ったのやら 俺の行く道 明日の道 一度狂えば 行く先ァ一つ 末はからすの 餌(えさ)になる  ドスで斬れない 情けの糸が からむ男の 意地を斬る 野暮な奴だと 仰言(おっしゃ)いますが 野暮もたまには 夢を見る
酒は男の子守唄渡哲也渡哲也水木かおる遠藤実心に燃える 火はあれど 夢まだ寒き 風の街 ふるさと遠く ひとりくむ 酒は男の 子守唄  海山ゆけば 露おびて 手足にからむ 乙女花 明日の別れ 待つ身には 恋は緑酒か 苦酒か  みどりの竹に くむ酒も カニの甲らに にる酒も 心にしみて かけめぐる 酒はみちづれ 酒は友  水より薄き 人の世に 情けをともす 宿あかり 酔いきわまれば 泣くもよし 酒に男の 涙あり  
逢坂川渡哲也渡哲也水木かおる遠藤実汚れた女と 目を伏せたけど 襟の白さに あゝ 少女が残る おなじ痛みの川千鳥 今のおまえがいいんだよ 水の都の さすらいに ゆれて 流れて 逢坂川  小雨の街角 けんかをしても 背中あわせの あゝ ぬくみがかよう 夢にはぐれた 淋しさを うめる相手はおまえだけ 北へ南へ あてもなく ゆれて 流れて 逢坂川  捨てきれなかった この街の灯は ひとの情に あゝ ほろりとにじむ 酔ってグラスに 逃げた日を 笑いばなしにしておくれ ついてくるかい どこまでも ゆれて 流れて 逢坂川
東京へ戻っておいでよ守屋浩守屋浩星野哲郎遠藤実惚れたと言ったら あの娘は泣いていた 生まれは越後の佐渡だと 言っていた ハー 佐渡はいよいか 住みよいか 住みよい筈だよ あの娘は帰ってこない 東京へ戻っておいでよ 早く早く早く  嫌かと訊いたら あの娘はうつむいた 俺らにゃ言えない 過去(むかし)があるんだろ ハー 駅のホームに 佇んで 見送るおいらも 思わずほろほろ涙 東京へ戻っておいでよ 早く早く早く  待つぜと言ったら コックリうなずいた ゆうべも夜どおし 越後の夢をみた ハー 二度と惚れまい 女には 女にゃ惚れぬが あの娘は忘れはしない 東京へ戻っておいでよ 早く早く早く
満天の星冠二郎冠二郎三浦康照遠藤実遠く連なる 白い峰 続く果てない モンゴル昿野 ひとり孤独に 耐えながら 夢に命を 賭けるのさ 夕映えにかがやく 雪山の姿 満天の星の あ…美しさ  凍る氷河を 吹き抜ける 肌を刺すよな ヒマラヤ颪(おろし) 遙かロマンを 追い駆けて 雪の大地を 踏みしめる 見上げればきらめく メルヘンの世界 満天の星を あ…胸に抱く  見上げればまたたく 星空の女神 満天の星を あ…胸に抱く あ…胸に抱く
北国の春テレサ・テンテレサ・テンいではく遠藤実白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘北国の ああ北国の春 季節が都会では わからないだろうと 届いたおふくろの 小さな包み あの故郷へ 帰ろかな 帰ろかな  雪どけ せせらぎ 丸木橋 落葉松の芽がふく北国の ああ北国の春 好きだとおたがいに 言い出せないまま 別れてもう五年 あの娘はどうしてる あの故郷へ 帰ろかな 帰ろかな  山吹 朝霧 水車小屋 わらべ唄聞こえる北国の ああ北国の春 あにきもおやじ似で 無口なふたりが たまには酒でも 飲んでるだろうか あの故郷へ 帰ろかな 帰ろかな
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
大物祭小春祭小春遠藤実遠藤実売られた喧嘩ならば 買ってもいいが 相手をよくみろ 小物じゃないか そういう時は そういう時は 演歌一発 うなりとばせよ そうだろうなァ…… おまえは なるのだ 俺を乗り越え 大物に  命を張るのならば とことん張れよ おまえのためなら おいらもやるぜ 今夜は酒だ 今夜は酒だ 気分なおしに 飲めよ泣くなよ そうだろうなァ…… おまえは なるのだ 俺を乗り越え 大物に  情けを燃やすならば 火のよに燃やせ 男の街道 女で光る しんみりしたら しんみりしたら 惚れた証だ 抱いておやりよ そうだろうなァ…… おまえは なるのだ 俺を乗り越え 大物に
雨の新宿大木英夫&津山洋子大木英夫&津山洋子別所透遠藤実雨の新宿 拾った恋は スナックバーのカウンター 肩のしずくを払ってあげた オンザロックの好きな人 あなたも酔って わたしも酔って 降る降る 雨に 燃えました  雨の新宿 めばえた恋は 真珠のように 素敵なの どこか遠くへ さらってくれと サワーグラスにひとりごと 誰にもやらない 離しはしない 降る降る 雨に 燃えました  雨の新宿 ふたりの恋は 濡れたネオンの 夜の虹 光る時計の きれいなビルの 横を曲がれば ニューパーク ひとつのコートに 頬寄せながら 降る降る 雨に 燃えました
通り雨渡哲也渡哲也水木かおる遠藤実洗いざらしの 矢がすりの どこにかくれた 酒場の匂い それがほんとの おまえだね 送るつもりが ころがりこんで さめてまぶしい 朝の部屋  風呂屋がえりの たわむれに おれの背中に おぶさるおんな そんな甘えも かわいいが 明日の約束 できないおれが なぜかつらくて 気が重い  更けて路地うら 小走りに かえる姿が 瞼にうかぶ つけておいたよ 窓の灯は 今のうちなら おまえもきっと 通り雨だと 忘れるさ
春を待つ少女安達明安達明西沢爽遠藤実雪割草に くちづけて はるかな山を 見る少女 ひとりぼっちは さみしいけれど ほら ほら すぐに花咲く春が 青い 青い あの尾根に ほら ほら 君の瞳にも  手編みの 白いセーターに 包んでいるは どんな夢 そっと誰かを 想っていたら ほら ほら きっとみどりの風が 甘い 甘い さゝやきが ほら ほら 君のこゝろにも  悲しいなんて 泣いたなら なおさらつらく なるだけさ 春を待とうよ 肩よせあって ほら ほら 光る陽ざしの春が 若い 若い 太陽が ほら ほら 君のえくぼにも
雪国の女春日八郎春日八郎遠藤実遠藤実只野通泰雪深い北国の ちいさな ちいさな宿だけど 別れたやつに そっくりな 着物の女が 酒を注ぐ 外はしんしん 雪が降る 夢もしんしん 凍りつく 好きだけど 今は駄目よと…… 雪国の女  幸せになりたいと ふるえる ふるえる唇で 昔を語り 泣いた目の 目元に春よ 早く来い 外はしんしん 雪が降る 夢もしんしん 凍りつく 好きならば 春に来てよと…… 雪国の女  外はしんしん 雪が降る 夢もしんしん 凍りつく さようなら 名残り惜んだ 雪国の女
都忘れの花のように冠二郎冠二郎三浦康照遠藤実お前の涙は 俺の涙だよ 小さな幸せ 分け合って 暮らしたころが なつかしい 都忘れの 花のように 想いを抱いて 咲く花の さだめのような ひとだった  お前のはじらう そんな仕草にも 俺には女の 可愛いさが 心にしみて 好きだった 都忘れの 花びらが 淋しく揺れて 泣いている 思い出偲ぶ 旅の空  お前の笑顔を 俺は夢に見た うれしさ浮べて 縋るよに 甘える姿 忘れない 都忘れの 花のように ひそかに咲いて 散る花の いのちのような ひとだった
雪わり草渡哲也渡哲也塔山清遠藤実あてもないのに 夕げの支度 いつもおまえは ふたりぶん 雪わり草の 好きなやつ 日陰の恋に 耐えるやつ  薄い情を うらんでおくれ あれからふた冬 もうすぎた 飾り窓さえ もう春なのに ひと目気にして 裏通り 雪わり草の 好きなやつ 苦労もくちに しないやつ  心ゆるして 初めてみせた まぶしい素顔が 目にしみる 夢がさめたら もういないよで 眠れないって うるむ声 雪わり草の 好きなやつ 手と手をくんで ねむるやつ  寒い季節も つぼみはあかい 咲かせてやりたい 幸せに
困るのことヨ都はるみ都はるみ西沢爽遠藤実安藤実親甘い言葉と 知りながら うれし涙が ポーロポロ なんとかしてよ ネエ 娘ごころの この涙 あなたが とめなきゃ チョイト とまらない アラ 私だって だって 困るのこと ヨ  月がきれいと 肩よせりゃ 影が一つに ユーラユラ なんとかしてよ ネエ お顔見るだけ 逢うだけじゃ いやよと すねてる チョイト 裏のうら アラ 私だって だって 困るのこと ヨ  若いふたりを 笑うよに 街の灯りが チーカチカ なんとかしてよ ネエ 別れられない 別れ道 つないだ 手と手が チョイト はなれない アラ 私だって だって 困るのこと ヨ
恋しぐれ藤原浩藤原浩川内康範遠藤実あなたのやさしさ知るまえに 別れてしまった 酒場まち ばかでした ばかでした 酒に涙をうすめても 逢いたさが つのるだけ 今夜も 恋しぐれ  おとこの時計を腕につけ いい人いるのと嘘をつく もう一度 もう一度 胸にすがって 詫びたいの 若すぎた春を恨み 今夜も 恋しぐれ  暮らしも荒れたと 指さされ 噂も冷たい 酒場まち 肩を抱き 肩を抱き ついて来いよと 言った日を 思い出し 思い出し 今夜も 恋しぐれ
希望の詩北山たけし北山たけしたかたかし遠藤実前田俊明君と別れる かなしみに 涙あふれて とまらない ふたりで過ごした 思い出に かわれるものなど ないけれど 涙をふいて 歌おうよ 君とぼくの 君とぼくの 希望の詩を…  忘れないでと ぼくを見た 君の瞳も 泣いていた 離れてしまえば 過去になる それでも心に 君がいる 涙をふいて 歌おうよ 君とぼくの 君とぼくの 希望の詩を…  遠く旅立ち 行く君に 贈る野ばらの 一枝を さみしい別れの その先に 明日という日が あるんだよ 涙をふいて 歌おうよ 君とぼくの 君とぼくの 希望の詩を…
下町の青い空森昌子森昌子横井弘遠藤実下町の青い空 空を写して 川が行く 川が行く ランランラン…… 悩みに胸がくもる時 明るい声で子守唄 うたってくれる 母さんの ああ 母さんの 川が行く  下町の格子窓 窓に小さな 花が咲く 花が咲く ランランラン…… 祭りの笛がひびく頃 袂に抱いた夢ひとつ わかってくれる 友だちの ああ 友だちの 花が咲く  下町の細い露地 露地に笑顔の 灯がともる 灯がともる ランランラン…… 暮しの風がしみるとき 明日があると温かく ささえてくれる 恋人の ああ 恋人の 灯がともる
さざんかの女渡哲也渡哲也水木かおる遠藤実小さな花が 寒かろと 雪をはらって いたおまえ さざんかに はつ雪の 降った朝…… 花にもやさしい おまえを見たら とても別れが 云えなかったよ  焚火をしてた うしろから そっと目かくし したおまえ さざんかの 花白く 匂う朝…… 子供の時代に かえれるならば 生まれかわって 出直したいよ  憎んでいても そのうらで 涙ながして いるおまえ さざんかの 実がひとつ 落ちた朝…… おまえに変わりが なければいいが 遠い空見て 胸がいたむよ
夢よもういちど渥美二郎渥美二郎たかたかし遠藤実斉藤恒夫雨にうたれて 散る花は 涙かくして 春を待つ 夢よ 夢よ 夢よ もういちど ネオンやけした この肌に あなたがもどる その日はいつ来るの  もしも私が 男なら 女ごころを ぶたないわ 夢よ 夢よ 夢よ もういちど 夜の化粧で 飾っても あなたのいない 淋しさかくせない  夜にこぼれて 恋に泣き なんど死のうと 思ったか 夢よ 夢よ 夢よ もういちど 酒をわすれて 朝のある 暮らしがほしい あなたにつくしたい
越後絶唱小林幸子小林幸子たかたかし遠藤実冬の越後は 涙も凍る まして子を持つ 女には あなたがいない 淋しさつらさ 泣いてるばかりじゃ 暮らせない がんばって がんばって つよく生きるのよ 吹雪く北風に 耐えて咲く 母子草(おやこぐさ)  わが身けずって 育ててくれた 母の苦労が わかります お腹をすかせ お乳をねだる 紅葉(もみじ)の手をした この命 泣かないで 泣かないで つよく生きるのよ 夢を胸に抱く 愛の花 母子草(おやこぐさ)  雪の重さに 身をしならせて 竹と女は 冬を越す 越後の里に 花咲く頃は この子も元気に 歩きだす がんばって がんばって つよく生きるのよ 春はきっと来る きっと来る 母子草(おやこぐさ)
大江戸喧嘩花小林幸子小林幸子松井由利夫遠藤実櫻庭伸幸月はおぼろに 川風夜風 浮かれ柳が 袖を引く お神酒一杯 ひっかけて そぞろ歩きの 河岸(かし)の道 おっと野暮だね お兄さん… 肩が触れたの 難癖(いちゃもん)かい やれるものなら やってみな サ サ サ サ… 売られた喧嘩は 買ってやる  花は七分で 残りの三分 粋に咲かせて 粋に散る 線香花火の 強がりで 火傷したって 知らないよ おっとどうした お兄さん… 腰をひかずに 前へ出な やれるものなら やってみな サ サ サ サ… こうなりゃ後へは ひかないよ  女だてらに 度胸と意地で 染めて仕上げた 鉄火肌 江戸は由縁(ゆかり)の 助六の 伊達が命の こむらさき おっと強気な お兄さん… さわぐばかりじゃ 三社さま やれるものなら やってみな サ サ サ サ… 区別(けじめ)はきっちり つけてやる
おもいで螢渡哲也渡哲也水木かおる遠藤実夢をともしに きたこの街は 夢の住めない 街だった 螢 螢 ほうほう螢 どこ行った 誰がうたうか わらべ唄  羽根をうたれて 飲まされたのは 甘い水かよ にがい水 螢 螢 ほうほう螢 風の中 ゆくえ迷って どこへ飛ぶ  みんなうわべは 幸せそうで しんはさみしい 奴ばかり 螢 螢 ほうほう螢 ネオン川 酒に涙を すてに来た  ふとんかぶれば 故郷が見える 見える故郷にゃ 帰れない 螢 螢 ほうほう螢 街の空 俺は飛びたい もう一度
燃える男杉良太郎杉良太郎山下リラ遠藤実あしたの夜明けを 呼ぶために おれの生命は 燃えている 消えてなくなれ 黒い雲 男怒りを たぎらせて あげた拳が ふるえてる ふるえてる  小さな名もない 花にさえ おれのこの目は 開(あ)いている 罪もないのに 泣き寝入り そんな無法が 風切って 通るこの世を 許せない 許せない  男と生まれた 生きがいが おれのからだを 熱くする 涙なくしちゃ 人じゃない 道はひとすじ 意地かけて 風のまんなか つっぱしる つっぱしる
ふたりの坂道春日八郎春日八郎いではく遠藤実京建輔ちいさな 陽(ひ)だまりのような しあわせみつめて 生きてきたふたり 苦労ばかりの くらしでも 若さがあるわと 笑ってたおまえ…… あゝおまえにいま 贈る言葉は ありがとう ありがとう  いつでも 坂道をのぼり ためいきあえぎの 人生だった やっと陽(ひ)のさす 時がきて どこかにやつれを みせてるおまえ…… あゝおまえにいま 贈る言葉は ありがとう ありがとう  だまって わがままなおれの うしろを歩いて きた道がひとつ 今度生れて きた時も あなたの女房が いいというおまえ…… あゝおまえにいま 贈る言葉は ありがとう ありがとう
若い太陽北原謙二北原謙二三浦康照遠藤実明日がとても 待ちどおしい 君のせいだよ 恋をしたからさ 燃えろ燃えろ 若い若い若い太陽 燃えろ燃えろ 若い若い若い太陽 君のこゝろを 溶かすまで 僕のこゝろを 溶かすまで  今日から君は 恋人さ 何処へ行くにも つれて歩くのさ 燃えろ燃えろ 若い若い若い太陽 燃えろ燃えろ 若い若い若い太陽 花の蕾が 開くまで 若い蕾が 開くまで  笑って泣いて 喧嘩する 好きだからだよ 恋をしたからさ 燃えろ燃えろ 若い若い若い太陽 燃えろ燃えろ 若い若い若い太陽 恋の炎で いつまでも 紅い炎で いつまでも
夢の中まで杉良太郎杉良太郎いではく遠藤実肩のうすさと ほつれ毛に おまえの苦労 のぞいたような 港の酒場 やっと会えたのさ 泣くだけ泣けよ 今日からは 今日んらは 夢の中まで おれと一緒だぜ  ふたり暮らした あの頃は 気づかなかった おまえのよさに 馬鹿だぜ おれも 霧につつまれて 歩いて行こう わかるさ わかるさ 夢の中まで おれが離さない  爪の先まで 白くして しがみついてる いとしいおまえ 泣けるぜ おれも 抱けばふるえてる かぼそい肩に 幸せを 幸せを 夢の中まで おれがくれてやる
男の哀歌千昌夫千昌夫いではく遠藤実故郷を出たときゃ おれだって でっかいのぞみを 持ってたが みんなどこかへ とんでった それでも場末の居酒屋で ほらを肴にひとり酒 これもきらくで あゝ いいもんさ  雨がしょぼしょぼ 降る夜更け 送って行くわと 女の子 いいことあるかと 思ってた ところが オンボロアパートの 前でじゃあねと それっきり せんべ布団が あゝ 身にしみる  昨日 おやじの手紙来て おまえは みどころあったから 期待をしてると 書いてある 泣くなよ おふくろ 運命だよ 草がなければ 花だって 目立ちゃしないと あゝ ひとりごと
想い出のひと渥美二郎渥美二郎たかたかし遠藤実おもいでさみしい いで湯の宿は 雨の音にも こころが濡れる あなた やめてよ わたしを呼ぶのは 死ぬほどあなたが好きだった 弱いあの日の むかしにかえる  愛していたとて 運命に負けて 泣いてわかれる ふたりもあろう 酒よ 酔わせて 今夜のわたしを あなたに抱かれた旅の夜の うぶな涙が わたしを泣かす  湯もやにかすんだ おもかげ酒場 未練ばかりが お酒ににじむ あなた やめてよ わたしを呼ぶのは 流しのギターよ その演歌は あの日あなたと うたった唄よ 
橋幸夫橋幸夫遠藤実遠藤実馬飼野俊一いくつかの悩み 越えてきて 涙の河を 渡ってく 生きるって 生きるって 淋しいものですね だから歌がある 夢が湧く だから歌がある 幸福(しあわせ)になろうと 優しさを連れてくる 歌がある  人には笑顔で 行き過ぎて 心の痛み 誰も持つ 生きるって 生きるって 厳しいものですね だから歌がある 夢が湧く だから歌がある 幸福(しあわせ)になろうと 故里(ふるさと)を浮かばせる 歌がある  青春の季節 いちどだけ 愛する翼 広げよう 生きるって 生きるって 嬉しいものですね だから歌がある 夢が湧く だから歌がある 幸福(しあわせ)になろうと 想い出がよみがえる 歌がある 歌がある 歌がある
博多舟祭小春祭小春白鳥園枝遠藤実やさしい心に つつまれた 思い出ばかりに 泣かされる 啼いてくれるか 情けのかもめ 夕陽哀しい 室見川 あなたと乗りたい 博多舟  女に生まれた 幸せは 愛してつくして 生きること ついて行きたい 肩寄せながら 越すに越せない 運命川 あなたと漕ぎたい 博多舟  命をかけても 愛しても 世間の許さぬ 恋ですか 抱いて下さい 待つ身はつらい 明日を夢見る 夫婦川 あなたを待ちます 博多舟 
初恋マドロス美空ひばり美空ひばり西沢爽遠藤実霧のむこうの 桟橋で やがて出船の ドラが鳴る 泣くだけお泣き 泣くだけお泣き 一夜かぎりの マドロスだもの 泣いて 泣いて忘れて くれるならヨー  「さあ 涙をふきなよ ちょっとだけでも笑顔を見せておくれ ほら 俺だって笑ってるじゃないか 惚れてんなら、笑顔で別れるもんだって 誰かがいってたぜ でもなあ、テープの最後の一本が ぷっつりと切れたときは 想わず海にとび込みそうになったぜ あの娘がいじらしくってなァ」  海でそだてば 鴎さえ 海へ帰るが 本当さ 忘れちまいな 忘れちまいな 別れテープが ちぎれるように もとにゃ もとにゃ戻らぬ 二人ならヨー  波や嵐は 平気だが 恋の涙にゃ 弱かった せつないもんさ せつないもんさ そっと降りなよ 港の夜霧 つらい つらいこころが わかるならヨー
愛を灯りに渥美二郎渥美二郎遠藤実遠藤実おまえが ついて来るならば 死ぬまで 俺もはなさない 命重ねた ふたりなら たとえこの道 つらくても 愛を灯りに 愛を灯りに 歩いてゆこう  おまえが泣いた その時は 肩寄せながら 歌おうよ 心かよわす 俺たちは ふたり合わせて 夢づくり 愛を灯りに 愛を灯りに 生きようじゃないか  おまえが笑う この部屋は もうすぐ春が 来るようだ 熱い吐息が かかるほど もっと寄りなよ 俺のそば 愛を灯りに 愛を灯りに 歩いてゆこう
くちなしの花テレサ・テンテレサ・テン水木かおる遠藤実薗広昭いまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ くちなしの花の 花のかおりが 旅路のはてまで ついてくる くちなしの白い花 おまえのような 花だった  わがままいっては 困らせた 子供みたいな あの日のおまえ くちなしの雨の 雨のわかれが 今でもこころを しめつける くちなしの白い花 おまえのような 花だった  小さなしあわせ それさえも 捨ててしまった 自分の手から くちなしの花を 花を見るたび 淋しい笑顔が またうかぶ くちなしの白い花 おまえのような 花だった
無理をするなよ渡哲也渡哲也水木かおる遠藤実無理をするなよ 上着の裾に つかまって はぐれないよに ついてくる今日子 おれに歩みを 合わせても この世はみ出た 意地っぱり 疲れないかい 無理をするなよ  無理をするなよ 明日がないから 別れろと 云った親さえ 捨ててきた今日子 化粧落さず 寝た顔に 夢で泣いたか ひかる露 すまなかったね 無理をするなよ  無理をするなよ みじめな暮らし 見せまいと 人の前では 背伸びする今日子 いつか幸せ やりたいが 思うばかりの 路地住まい 弱いからださ 無理をするなよ
青春譜五木ひろし五木ひろしいではく遠藤実京建輔丸い小さな陽ざしが 部屋の片隅 横切った 北向きの部屋だけど ふたりの世界があった 肩をたがいに寄せあい カーテンのない窓越しに 寒そうな空見上げ きれいな星ねと言った  青春と呼ぶには 貧しすぎたけど 若さだけで生きていた あの頃… あの頃…  長いマフラーふたりで 首に巻いてはよく行った 夕暮れの公園は 落葉がカサカサ鳴った 屋台そば屋のおじさんは 太い指で箸をとり 苦しさに負けるなと 熱いラーメンくれた  青春と呼ぶには 貧しすぎたけど 若さだけで生きていた あの頃… あの頃…  若さだけで 生きていた あの頃… あの頃…
朝やけ渡哲也渡哲也水木かおる遠藤実何かあったら こわれそうな あぶないあぶない あの女 小さくうなずき 大丈夫よと 答えてゆがんだ 笑い顔 朝やけの朝やけの 空は晴れても ひとりで行かせた 苦みがのこる  いつか暗さに なれた目に まぶしいまぶしい あの女 汚れたこの手で 傷ついた 小鳥を抱いたら 罪つくり 朝やけの朝やけの 光さしても こころは夜霧に さまようようだ  胸のどこかに ひっかかる 別れた別れた あの女 この先逢う日も ないだろが 行く道迷うな ケガするな 朝やけの朝やけの 雲はながれて しめったタバコの けむりがにがい しめったタバコの けむりがにがい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
みちづれテレサ・テンテレサ・テン水木かおる遠藤実早川博二水にただよう 浮草に おなじさだめと 指をさす 言葉少なに 目をうるませて 俺をみつめて うなづくおまえ きめた きめた おまえとみちづれに  花の咲かない 浮草に いつか実のなる ときをまつ 寒い夜ふけは お酒を買って たまのおごりと はしゃぐ姿に きめた きめた おまえとみちづれに  根なし明日なし 浮草に 月のしずくの やどるころ 夢の中でも この手をもとめ さぐりあてれば 小さな寝息 きめた きめた おまえとみちづれに
良太郎節杉良太郎杉良太郎いではく遠藤実さても満座の皆様へ ようこそおいで下さいました 高い所で恐縮ですが 杉良節にのせまして ひとこと挨拶申し上げます  港・神戸の産声で 波と汽笛が 子守歌 末は船乗り 夢みたが 歌にひかれて この世界 だけど世の中 甘くない 花の咲かない 毎日で 目指すスターは ハァ ゆめの夢  いつか芝居と二本道 これも習ったわけじゃない 一匹狼 行く道は 汗と意地とで 体当り からだ傷つけ 身につけた  歌と芝居は この命 男一匹 かけた道 ならば死ぬのも 生きるのも 奈落の上の この舞台 つっぱり野郎と言われても つっぱらなければ 生きられない 雨の振る日も ハァ 晴れた日も 皆さんあっての 良太郎 ともに心を 結び合い 一緒に手拍子 打ちながら 今日も楽しく 過ごしましょう どうぞ よろしく 頼みます 
地下鉄(メトロ)は今日も終電車井上ひろし井上ひろし水島哲遠藤実おれを好きだと いいながら なんでお前は 涙ぐむ “聞かないさ”“忘れなよ” 明日の日を信じよう あゝ あとあと三台で 地下鉄(メトロ)は 地下鉄(メトロ)は今日も終電車  おれにとっては はじめての たった一人の お前だぜ しあわせを つかもうよ おれたちゃ若いんだ あゝ あとあと二台で 地下鉄(メトロ)は 地下鉄(メトロ)は今日も終電車  おれの心を 知りながら なんで二人を ひきはなす “あしたまた”“このホーム” 握手して別れよう あゝ あとあと一台で 地下鉄(メトロ)は 地下鉄(メトロ)は今日も終電車
風車渡哲也渡哲也水木かおる遠藤実飲みすぎた わけではないが 今夜の酒は ひとりがしみる 夢は通せんぼ 女はかくれんぼ 俺は今日まで道草ばかり 飲むほどに 酔うほどに つれもどす 思い出 クルクル 風車  ひかえめで 気だてがよくて 俺にはすぎた いい奴だった 恋はそれっきり あいつがひとりきり 胸に散っても 散らない花よ 飲むほどに 酔うほどに つれもどす 思い出 クルクル 風車  盃 を とめるひとなく 破れた夢を つくろう夜ふけ 酔って通りゃんせ 夢路で帰りゃんせ とてもしらふじゃ 帰れぬ故郷 飲むほどに 酔うほどに つれもどす 思い出 クルクル 風車
女のこよみ敏いとうとハッピー&ブルー敏いとうとハッピー&ブルー山口洋子遠藤実煙草はおやめ 口紅も うすくと いつでも 叱られたわね あなたで変わった 女ごころを いまさら どなたに あげろと云うの たった一夜で 散る花も 恋もあります さくらの季節  女がお酒を飲むなんて きらいとあなたは云ってたけれど 飲まなきゃならない 夜にしたのも やっぱりあなたよ 耐えられないわ 愛を教えた くちびるで 嘘もつくひと 浮気なひとね  自分の生活に そめかえて 男はあっさり 逃げてゆくのね 短い爪も 地味な着物も 最後の女に なりたいばかり 夢を見てたの お馬鹿さん 泣いてみせても 私の負けね 
想い出づくり牧村三枝子・岩渕守志牧村三枝子・岩渕守志水木かおる遠藤実(女)あなたと旅に 出たかった (男)ようやくなれたのね ふたりきり (男女)やさしく耳を 咬むように (男女)波音ささやく 港町 (男)小さな旅の 海ぞいの宿 (女)あなた あなた燈台に (女)灯がともったわ  (男)このまま遠くへ ゆきたいね (女)さらっていってよ 波の果て (男女)明日になれば またひとり (男女)水割り淋しい 三杯目 (女) お酒に酔えば すぐ泣くわたし (男)おまえ おまえ可愛いいね (男)もうはなさない  (女)やさしい寝顔を してるのね (男)子供のようだと いうんだろ (男女)星空見上げ 肩よせて (男女)幸せふたりで さがす夜 (男)小さな旅の 海ぞいの宿 (女)あなた あなた想い出が (男女)またふえました 
青い月の恋千昌夫千昌夫遠藤実遠藤実青い青い 月の下で 君に告げた 愛の言葉 好きと云われ 好きと云った あれは夢か 遠い夢か  花も眠る 月の下で 恋は終り わかれわかれ 君が泣いて 僕も泣いた 風も泣いて 星も泣いた  ひとり歩く 月の下で 君を想う 僕の涙 肩は落ちて 影は濡れる 僕は君が 君がほしい  青い青い 月の下で 君は誰と いまは暮す 僕にもどれ 君よもどれ みんな夢か 遠い夢か
ふたりの明日渥美二郎渥美二郎里村龍一遠藤実俺のこの胸に 二度ない春を くれたお前の その瞳(め)に負けた 寒い夜には お酒をのんで 甘えても いいんだよ 渡る世間の 雨風に 泣けば苦労の 甲斐がない  いつもわがままを 聞いてた陰で 濡れていただろ 冷たい雨に 俺を忘れて 倖せひとつ みつけたら いいものを 姉さん女房の 真似をする 可愛おまえに 泣ける夜  風に飛ばされて かさなり合った 落ち葉みたいな 俺達ふたり つらい昨日(きのう)を 振り向くよりも 幸せに なるんだよ 夢のひとつに 片寄せて 生きてゆこうな 二人して
おもいで日記島倉千代子島倉千代子西沢爽遠藤実佐伯亮・牧野昭一指がつめたい人は 心が燃えてるんだって ほんとかしら でも、あれほど誓った指きりも 今は遠い想い出になってしまったの  忘れな草の 青い花 さみしく風に こぼれる道で わたしは今日も 泣いている ああ あの人は あの人は ここでさよなら いったっけ  心変わりを うらむより きれいな恋の 想い出だけを いついつまでも 抱きしめて ああ あの人に あの人に ここでさよなら いったっけ  誰にもおぼえが あるのでしょ 夢より淡い おもいで日記 涙のペンで 書いた日を ああ あの人と あの人と ここでさよなら いったっけ
白樺日記森昌子森昌子阿久悠遠藤実“お兄さんと甘えてた…… それが私の初恋でした”  白樺林の細い道 名前を刻んだ木をさがす 心でどんなに叫んでも 今ではとどかぬ遠いひと 忘れられないお兄さん 想い出ばかりのお兄さん  湖畔を秋風わたるころ 手紙を何度も読みかえす 私の心も知らないで 楽しい都会のことばかり 忘れられないお兄さん もう一度逢いたいお兄さん  涙でにじんだ日記だけ せつない初恋知っている かわしたことばのひとつずつ 今でも覚えている私 忘れられないお兄さん 心を捧げたお兄さん  “白樺林にはもう誰もいません とてもさびしい季節です”
出世船松村和子松村和子遠藤実遠藤実伊戸のりお世間が俺を みとめたならば 必ずお前を 迎えに来るよ 泣いちゃいけない 男を賭けて 波を乗り切る 出世船  生まれた時は はだかじゃないか 一から出直す 人生航路 捨てやしないよ お前の島を 遠くなるけど 出世船  死ぬ気でやれば 希望の花も やがては 咲くだろう お前と俺に せめて笑顔で 桟橋下りて 両手振れふれ 出世船
雪うさぎチェリッシュチェリッシュ白鳥園枝遠藤実前田俊明お盆の上に まっ白な 雪をこんもり もりあげて うさぎの形が できました 南天の赤い実は 可愛いお目々 サラサラこな雪 降る夜に 雪から生まれた ランラ ランラ 雪うさぎ  やさしいお目々が 大好きよ 何かお話 しましょうか それともあそびに 行きたいの いつまでもここにいて 私のそばに 生きてるみたいな 気がします 雪から生まれた ランラ ランラ 雪うさぎ  明るく晴れた 窓の外 雪もすっかり やみました うさぎはどこかな もういない お盆にはお日さまが キラキララリ ピョンピョンお山へ 行ったかな 雪から生まれた ランラ ランラ 雪うさぎ 雪うさぎ
雪椿丘みどり丘みどり星野哲郎遠藤実山田年秋やさしさと かいしょのなさが 裏と表に ついている そんな男に 惚れたのだから 私がその分 がんばりますと 背(せな)をかがめて 微笑み返す 花は越後の 花は越後の 雪椿  夢にみた 乙女の頃の 玉の輿には 遠いけど まるで苦労を 楽しむように 寝顔を誰にも 見せないあなた 雪の谷間に 紅さす母の 愛は越後の 愛は越後の 雪椿  つらくても がまんをすれば きっと来ますよ 春の日が 命なげすて 育ててくれた あなたの口癖 あなたの涙 子供ごころに 香りを残す 花は越後の 花は越後の 雪椿
明日があるテレサ・テンテレサ・テン藤田まさと遠藤実斉藤恒夫花咲く春を 信じよう 明日という日を 信じよう どんなに道は 遠くとも 信じて歩く この一歩 やがて希望の 朝がくる  つらいといえば みなつらい それが男の 人生だ 涙の中に 夢は住む つらさをじっと かみしめて 明日をこの手で つかもうよ  なくしたものは 戻らない それでいいのだ それでいい きのうをすてて 明日ばかり ふりむかないで 行くだけだ 若いいのちに 過去はない
春蝉小林幸子小林幸子星野哲郎遠藤実前田俊明人の心は 変るというが いいえ逢うたび 好きになる 小枝だきしめ 啼く春蝉の 声を窓辺で ききながら わかる気がする 忍び宿  添えぬさだめと あきらめながら 人を恋する 身のつらさ はなればなれに 電車に乗って あなたくるかと 待ちわびる 宿の時計のおそいこと  思い叶わぬ 恋なら熱く いのち燃やして 終わりたい 逢えば一夜で 別れにゃならぬ 恋を恨んで ちぎり灯の かげで小夜着(さよぎ)の 帯が泣く
アンコなぜ泣く藤島桓夫藤島桓夫松村又一遠藤実燃える三原の 御神火眺め ともに誓った 仲ではないか エンヤラヤノヤエンヤラヤノヤ エンヤラヤノ あの唄 うたっておくれ アンコなぜ泣くアンコなぜ泣く 出船の夜は  人に言えない 悲しいことが 胸にあるなら 話してくれよ エンヤラヤノヤエンヤラヤノヤ エンヤラヤノ あの唄 も一度たのむ 明日は出船の明日は出船の 俺らのために  待っていてくれ あともう三月 辛いだろうが もうしばらくだ エンヤラヤノヤエンヤラヤノヤ エンヤラヤノ あの唄 唄おじゃないか アンコ泣くなよアンコ泣くなよ 笑ってくれよ
恋女房牧村三枝子牧村三枝子水木かおる遠藤実伊戸のりお「今度生まれかわったら あんたの女房になるわ 恋女房にね」 やせたからだを すり寄せて 指切りのまね するおまえ バカだよ バカだよ 身をひくなんて  「あたしなんかついてたら あんたの荷物になるわ 苦労の種にね」 おれのこの手を すりぬけて みぞれの街を どこへ行く からだに からだに さわるじゃないか  「いつかきっと添いとげて あんたの女房になるわ 恋女房にね」 無駄な気苦労 するよりも いっしょに越える 水たまり 背中に 背中に おぶさっておいで バカだよ バカだよ 身をひくなんて
一緒に暮らそう細川たかし細川たかしいではく遠藤実齊藤恒夫とまどう時に 上目づかいで 爪をかむ くせはなおって ないんだね おまえも だまされて 泣いてばかりの おひとよし 似たもの同志 似たもの同志 一緒に暮らしてみよう  無理やり酒で ふった男を 忘れると 荒れているのがいじらしい おまえを みていると おれも昔を 思い出す 似たもの同志 似たもの同志 一緒に暮らしてみよう  男はみんな 浮気ものだと 言いながら いつか眠った涙顔 おまえと ふたりして きっと幸せ さがそうよ 似たもの同志 似たもの同志 一緒に暮らしてみよう
想い出のからたち日記島倉千代子島倉千代子西沢爽遠藤実池多孝春こころで好きと 叫んでも 口では言えず ただあの人と 小さな傘を かたむけた ああ あの日は雨 雨の小径に 白い仄かな からたちの花  くちづけすらの 想い出も のこしてくれず 去りゆく影よ 単衣の袖を かみしめた ああ あの夜は霧 霧の小径に 泣いて散る散る からたちの花  からたちの実が みのっても 別れた人は もう帰らない 乙女の胸の 奥ふかく ああ 過ぎゆく風 風の小径に いまは遥かな からたちの花
若き日の歌千昌夫千昌夫いではく遠藤実昨夜(ゆうべ)ラジオから なつかしい歌が流れた 青春がよみがえる あの若い日の歌 夕映えの校庭で 汗にまみれて 帰る途中の喫茶店 はやりの歌聴き 熱く語った 友たちに 会いたいな  今もときどきは ギターとり出して歌うよ 古いレコードだけに 残っている歌を ときめいたラブレター 出せずに悩み いつか終わった恋だけど 心の中では きれいなままの あのひとに 会いたいな  思い出がつまってる あの日の歌を 孫に聞かせて伝えたい 二度目の青春 歩きはじめた 友たちに 会いたいな
愛しても今は他人八代亜紀八代亜紀石本美由起遠藤実他人ね いまのあなたは 悲しい他人 信じるままに 身をまかせ こころに受けた 恋のきず 奥歯でかんだ 怨みごと グラスの酒に 告げて泣く  他人ね いまのあなたは 悲しい他人 許して燃えた春は過ぎ 別れて独り 秋のくれ みれんは肌に 残るのに 抱かれて眠る 夜はない  他人ね いまのあなたは 悲しい他人 男は過去を忘れても 女に過去は つきまとう 崩れるように 酔いしれて しあわせ薄い 爪をかむ
おもいで北千住渥美二郎渥美二郎星野栄一遠藤実おもいでは北向きの あの下宿屋 そして町の名は 北千住 雨あがり 光る舗道 あのひとの 出会い とても身の上 似てました 優しさを ありがとう 初恋の人 いまも住むという しあわせですか しあわせですか 北千住  おもいでは春を待つ あの町並み そして走馬燈 北千住 花を生け レース編んで あの人の匂い いまもおぼえて つらくなる さみしさに 負けたけど 思い出の人 いまも住むという ひとり身ですか ひとり身ですか 北千住  北千住 北千住 面影の人 いまも住むという しあわせですか 本当ですか 北千住
旅路の雨渡哲也渡哲也水木かおる遠藤実こんな晩には さびしそうねと お酒をつけて くれたっけ 男の気持ち 手にとるように わかってくれた あの女 なんでだまって 消えたのか 旅路の雨に 思い出す  芝居みてさえ 身につまされて 涙を流す やつだった あいつのなやみ しんみになって わかってやれば よかったよ どんな思いで きくだろか 旅路の雨に 春がゆく  苦労させたが 寝顔は別の 女のように 笑ってた この手の中で 可愛くいつも 花開こうと してたやつ ごめん幸せ やれなくて 旅路の雨が 身をせめる
いいってことよ杉良太郎杉良太郎いではく遠藤実前田俊明若気(わかげ)のいたりで 勇み足 心ならずも 傷つけた 二十才(はたち)の頃の 純情に あいつの親父(おやじ)が こう言った 「いいってことよ…」 たったひと言 身にしみた  まっすぐばかりじゃ 歩けない 人が生きてく 道の上 それでも真実(まこと) 一本に 通してゆきたい 馬鹿もいる 「いいってことよ…」 そっと自分に 言いきかす  些細なことから 根にもって こだわるやつは 愚の骨頂 はみだしつっぱる 若い衆 始末が自分で つけられりゃ 「いいってことよ…」 時代(とき)と因果は 回りもの  「いいってことよ…」
いたわり渥美二郎渥美二郎星野栄一・遠藤実遠藤実なんで今夜も悲しげに 酔っているんだ なあ おまえ うわさも とだえた あんなやつ 忘れてしまいな おいらの胸で  化粧落とした その顔に おさなさ残る 朝の顔 おまえの不幸は この俺が 背負ってあげるよ あまえておくれ おまえておくれ  涙色したドレスより 可愛いエプロン 似合いだよ 冷たい仕打ちを くぐりぬけ 明日に向かって 生きてくふたり 生きてくふたり
女侠一代畠山みどり畠山みどり遠藤実遠藤実やってやれない 事はない 人は一代 人は一代 名は末代さ アア… 女だてらに たんかをきって 持ったつるはしゃ だてじゃない  洒落気色気も どこへやら ぼろなどてらに ぼろなどてらに この身はつつむ ウウ… 酒も男にゃ 負けてはせぬに なんで今夜の 月は泣く  泣けばやっぱり 女だと 背で世間が 背で世間が 笑ってなぶる ウウ… トロッコ押せ押せ よしなよ愚痴は 花も実もある この渡世
旅鴉(たびがらす)氷川きよし氷川きよし藤田まさと遠藤実伊戸のりお百里千里を 歩いても 歩くだけでは 能がない ましてやくざな 仁義沙汰 広い世間を 狭くして どこに男の どこに男の 明日がある  はなればなれに 散る雲に 訊いて答えが 出るものか 一つしかない 命なら 一つしかない ふるさとの せめて畳の せめて畳の 上で死ぬ  意地と情けは 垣根越し それが道理と 知りながら 知った道理の 裏をゆく 野暮な野郎の 意地っ張り 今日も草鞋の 今日も草鞋の 紐が泣く
面影の女冠二郎冠二郎三浦康照遠藤実前田俊明白いうなじに 細い肩 着物が似合う 女(ひと)だった 思い出だけを この俺に 残してどこへ 消えたのか いとしいお前の いとしいお前の 面影よ  辛い過去(むかし)が あったのか 幸せ薄い 女(ひと)だった ふたりで強く 生きようと 誓ったはずの 愛なのに 瞼に浮かぶよ 瞼に浮かぶよ 面影が  風に乱れた 黒髪が 愁いを誘う 女(ひと)だった お前のいない この道に 木枯らしだけが 泣いている いとしいお前の いとしいお前の 面影よ
アカシヤ物語藤原浩藤原浩水木れいじ遠藤実伊戸のりおアカシヤの 咲くこの町で 待っていたんだね ひとりあてもなく 俺のいのちを ひきかえに 幸せやれたら それでいい… 夜が…夜が…せつない ふたりのしのび逢い  アカシヤの 小窓の下に 愛の目じるしか 赤く錆びた合鍵 俺が夢など 追わなけりゃ 続いていたのか あの暮らし… 夜を…夜を…どこまで はぐれた流れ星  アカシヤの 花降りやまず 時は過ぎたけど 今も綺麗だね 俺に抱かれて 泣く君と 死ぬまで一緒さ 今度こそ… 夜が…夜が…泣かせる ふたりの物語
愛されてみたい八代亜紀八代亜紀小野朱美遠藤実あなたにめぐり逢えてから いつも心で あなたへの愛を あたためている 私です  あなたにとって 私が想いを 寄せることは 迷惑ですか  あなたを知ってから 私は 生まれかわったみたいです いますぐこのほほつけたい 夢でもいいから 夢でもいいから 愛されてみたい 私はあなたに…  あなたの恋が 私には たったひとつの 生きがいのように おもかげを呼び 暮らします  あなたにとって 私が想いを寄せることは 迷惑ですか  なんにもできない 私が 人を愛する 資格なんて ないことわかっていますが 夢でもいいから 夢でもいいから 愛されてみたい 私はあなたに…  夢でもいいから 夢でもいいから 愛されてみたい 私はあなたに…  あなたに…
昭和川順弘子・城大作順弘子・城大作遠藤実遠藤実(男女)明日という舟 ふたりでこいで (男女)夢をさがした 昭和川 (男)世渡りへたな この俺の (男)おまえは灯りさ 人生の (男)はなれちゃだめだよ (女)はなれはしない  (女)あなたと (男)おまえと (男女)死ぬまで一緒  (男女)夫婦という舟 ふたりでこいで (男女)苦労しょうちの 昭和川 (女)昔の傷がいたむなら (女)私の胸で やすんでね (女)もうすぐ幸せの 岸辺が見える  (女)あなたと (男)おまえと (男女)死ぬまで一緒  (男女)命という舟 ふたりでこいで (男女)愛がいろどる 昭和川 (女)木枯しいたく しみる夜は (女)いつものように 抱きしめて (男)泣かせはしないよ もうこれ以上  (女)あなたと (男)おまえと (男女)死ぬまで一緒
きずな杉良太郎杉良太郎いではく遠藤実あなたがいのちと 帰る背中に 泣きながら しがみつく いとしいおまえ 苦労をかけると 心でわびて 肩よせくぐった 縄のれん 熱めの酒が 熱めの酒がしみてくる  世間の噂が こころにささる つらさにも なれたわと 言ってたおまえ わずかの酒にも ほほそめながら はなやぐおまえを みていると すさんだおれが すさんだおれが洗われる  あなたのともした 愛の灯りを 生きがいに 暮らすわと けなげなおまえ 男の涙は 見せないけれど おまえのこころにゃ 負けたよと 絆の糸を 絆の糸をかたく抱く
冬の月五月みどり五月みどり遠藤実遠藤実庄司龍小雪舞い散る 夢の中 あなたの云うまま 帯を解く あぁ 息の白さが まつ毛を濡らす そんな宵でも 燃えた肌 冬の月 見ていると 恋しくて… あなたに逢いたい  愛し過ぎると 恥じらいも 女は忘れる ものですか あぁ あなたひとすじ 尽くして来ても なぜか別れが 待っていた 冬の月 見ていると 恋しくて… あなたに逢いたい  夜は手枕 頬つけた あなたの匂いが なつかしい あぁ だめねおぼろな 一人寝暮らし 夢をさがして 泣くばかり 冬の月 見ていると 恋しくて… あなたに逢いたい
春の来ない冬はない遠藤実遠藤実遠藤実遠藤実美野春樹あなたの心の慰めに 私は歌を うたいます 親子の愛は 海を越え 必ず届いて おりますよ 近くて 遠い 国だけど 春の来ない 春の来ない 冬はない  家族で暮らす 幸福が 何にも勝る ものですね 運命と言って あきらめず 希望の花を 咲かせましょう 嵐の時があろうとも 春の来ない 春の来ない 冬はない  あなたと抱き合う人たちの こぼれた涙 光ってた 心をひとつに よせあえば 誰にも消せない 夢が湧く 近くて 遠い 国だけど 春の来ない 春の来ない 冬はない
君ひとり千昌夫千昌夫遠藤実遠藤実優しく やさしく 肩をくみ うたった歌の 懐かしさ 忘れるものか いつだって 心にえがくは 君ひとり  夜空の よぞらの 星よりも うるんで光る あの瞳 泣きたいような 夕暮れは 遥かに偲ぶは 君ひとり  悲しく かなしく うなづいて 送ってくれた 別れの日 逢いたい時は 目をつぶり 心にえがくは 君ひとり
赤い椿と三度笠三波春夫三波春夫北村桃児遠藤実花がひと片 夜風に落ちた 抱いておくれと 笠の上 こんなやくざにゃ お寄りなさんな 洗い流せぬ 身の錆に 俺も泣きたい 旅ぐらし  赤い椿の 身の上話し 聞けば俺らも ついほろり 縞の合羽に 抱いてた夢は 脇差も要らなきゃ 名も要らぬ せめて堅気に 戻りたや  無理に通れば 白刃の雨が 俺の行手に 降りかかる ままよ地獄の 峠を越えて 花の手を引く 旅発(だ)ちに 被り直した 三度笠
大東京音頭三波春夫三波春夫滝田常晴・補作詞:藤田まさと遠藤実人が輪になる (ソレ) 輪が花になる (ヨイサヨイサ) 江戸の残り香 ほのぼのとけて 通う心に 咲き残る (ヨイショ) 東京東京 大東京 (サテ) 咲いて咲かせて いつまでも ソレいつまでも  明日のしあわせ (ソレ) 願いをこめて (ヨイサヨイサ) 伸びる地下鉄 高速道路 苦労なんかは 吹きとばせ (ヨイショ) 東京東京 大東京 (サテ) ご覧隅田の 水も澄む ソレ水も澄む  富士も見えます (ソレ) 筑波も見える (ヨイサヨイサ) むかし武蔵野 いまニュータウン ビルの林に 歌が湧く (ヨイショ) 東京東京 大東京 (サテ) 月が笑顔で 今晩は ソレ今晩は  夢はひろがる (ソレ) 南へ西へ (ヨイサヨイサ) 文化日本の あこがれ乗せて 今日も空から 港から (ヨイショ) 東京東京 大東京 (サテ) 行くぞ世界の 果てまでも ソレ果てまでも
夜汽車で帰ろう神戸一郎神戸一郎石本美由起遠藤実虹より儚い 初恋の あの娘を尋ねて 来たけれど 来るんじゃなかった 思い出が 俺らを呼ぶから 辛いんだ さよなら さよなら おもかげを さよなら さよなら 抱いてゆく  死ぬほど好きだと 言ったのに この世じゃ実らぬ 恋だった つばきは咲いても この胸に やさしく微笑む 春はない さよなら さよなら 幸せで さよなら さよなら いておくれ  泣かないつもりで いるものを 汽笛がこころを 泣かすのさ 涙と悲しみ 道づれに 夜汽車で帰ろう あきらめて さよなら さよなら 初恋の さよなら さよなら 町の灯よ
~さようなら~森昌子森昌子阿久悠遠藤実さようならは こころを翔(と)び立つ小鳩 傷ついた翼を けなげにもはばたかせ いつまでも 見送る人の目の中に…… 言葉はたくさんあったのに とうとう一つになりました 風吹き花散るその中で あなたに あなたに まごころで さようなら さようなら さようなら  さようならは 小枝をはなれる枯葉 去りがたい思いで 二度三度うちふるえ あわれと 感じる人のおもいでに…… 生まれて何度も云ったのに 云うたびからだがやせました 季節を見送るその中で あなたに あなたに まごころで さようなら さようなら さようなら さようなら さようなら…………
君が好き千昌夫千昌夫若山かほる遠藤実君だから 君だから こんなに待って いたんだよ 初めて知った その時に はなしはしないと ただ一つ 心にきめた ぼくだもの  君だから 君だから 叱ってしまう こともある 悲しい顔で 空を見て こぼした涙の 美しさ いたむよ胸が 君ゆえに  君だから 君だから なんでもぼくは かたるのさ 愛する心 信じあい これからいつでも 二人して 歩いて行こう どこまでも
夢追い酒テレサ・テンテレサ・テン星野栄一遠藤実伊部晴美悲しさまぎらす この酒を 誰が名付けた 夢追い酒と あなた なぜなぜ わたしを捨てた みんなあげてつくした その果てに 夜の酒場で ひとり泣く  死ぬまで一緒と信じてた わたし馬鹿です 馬鹿でした あなたなぜなぜ わたしを捨てた 指をからめ 眠った幸わせを 思いださせる 流し唄  おまえと呼ばれた 気がしたの 雨ににじんだ 酒場の小窓 あなたなぜなぜ わたしを捨てた じんとお酒 心に燃えさせて 夢を追いましょ もう一度
酒場のすずめ五月みどり五月みどり遠藤実遠藤実佐伯亮甘いと思った 恋の実は 涙が出るほど 苦かった あれから流れて 裏町の 私は酒場の チュンチュクすずめ  一緒になろうと 言う人も 好きだと言った あの人も お酒が言わせる 嘘かしら 情けに弱いの チュンチュクすずめ  ふるさとなまりが 懐かしく おしゃくをする手が ふるえちゃう 母さんごめんね 許してね 今夜は泣かせて チュンチュクすずめ  お熱いところを 注ぎましょうか それとも手拍子 そえましょうか 浮世の暗い 笹やぶで 明日も待ちましょ チュンチュクすずめ
中学三年生山口百恵山口百恵阿久悠遠藤実馬飼野康二別れの季節の悲しみを 生れてはじめて知りました しるしをつけたカレンダー もうすぐそこに来ています 蛍の光が歌えない 涙でつまって歌えない あのひと卒業して行くの めそめそしていちゃいけないわ 私も中学三年生  明日からやさしいあの声も  とってもすてきなあの顔も 逢えないなんて思えない そこまで春が来てるのに 蛍の光が歌えない 涙でつまって歌えない あのひと卒業して行くの さよなら云えなきゃいけないわ 私も中学三年生  蛍の光が歌えない 涙でつまって歌えない あのひと卒業して行くの さよなら云えなきゃいけないわ 私も中学三年生
あの人の船行っちゃった森昌子森昌子山口あかり遠藤実斉藤恒夫船が出る出る 船が出る あなたを乗せた 船が出る リンゴの花咲く 道駆けて 手を振るわたしに 涙雨 恋しいな 恋しいな 海鳴りさんよ 唄ってね わたしのあの人 行っちゃった  夢が散る散る 夢が散る 淡い光の 灯台に 雨に打たれた 人形が 泣いているよな 影ひとつ 恋しいな 恋しいな かもめの親子 唄ってね わたしのあの人 行っちゃった  船が行く行く 船が行く 幾度も手紙 よみました いつかはわたしの この胸に 錨を降ろすと かいてある 恋しいな 恋しいな 北風さんよ 唄ってね わたしのあの人 行っちゃった
ソーラン渡り鳥島津亜矢島津亜矢石本美由起遠藤実津軽の海を 越えて来た ねぐら持たない みなしごつばめ 江差(えさし)恋しや 鰊場(にしんば)恋し 三味を弾く手に 想いを込めて ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン 唄うソーラン ああ 渡り鳥  故郷の港 偲んでも 夢も届かぬ 北国の空 愛嬌えくぼに 苦労を隠し 越えたこの世の 山川幾つ ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン 旅のソーラン ああ 渡り鳥  瞼の裏に 咲いている 幼なじみの はまなすの花 つらいことには 泣かないけれど 人の情けが 欲しくて泣ける ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン 娘ソーラン ああ 渡り鳥
おけさ宿大川栄策大川栄策石本美由紀遠藤実愛してほしいと 崩れるように 運命をあずける 佐渡の旅 女なら火と燃えて 抱かれたい 約束の 約束の 夢を重ねる ハアー おけさ宿  酔ってもいいよと あなたに言われ グラスのお酒に くちづける この恋の温りに 縛られて 幸せを 幸せを 肌に呼びたい ハアー おけさ宿  心も身体も ひとつになれた おけさが聞こえる 星月夜 人の世は 独りでは 渡れない 明日の日を 明日の日を 賭けて悔いない ハアー おけさ宿
海鳴りの宿石原裕次郎石原裕次郎池田康生遠藤実高田弘過去なんて どうでもよかった ついてきてほしかった 海鳴りのきこえる この宿で しあわせの貝がらを あげたかったのに やせてうつくしい あの手には 今日もグラスが握られて 揺れてるだろうか… むなしく…  約束の切符を見つめて うなずいたひとだった 海鳴りがやたらと はげしくて しあわせの貝がらは くだけてしまった やはり昨日から 逃げられず こころの扉 締めたまま 泣いてるだろうか…ひとりで…
ひとりぼっちのガキ大将北原謙二北原謙二西沢爽遠藤実こども時代は ガキ大将 えらくなる夢 抱いていた いまじゃ名も無い 男だが ケチな背広と 笑うなよ 俺はね ひとりぼっちの ガキ大将  ビルの谷間に しずむ陽も 燃えて明日は また昇る 今日は落葉に 埋もれても これで終りに なるものか 俺はね ひとりぼっちの ガキ大将  見てろ家来を 引連れて きっと登るぞ 山の上 泣きはしないぜ この胸にゃ あすを夢見る 血がさわぐ 俺はね ひとりぼっちの ガキ大将
雪の宿杉良太郎杉良太郎いではく遠藤実軽い寝息の 横顔に 窓から差しこむ 雪あかり うすい氷を 踏むような 暮しに耐えて 生きてきた おまえに何をやればいい  せめて今夜は やすらかな 夢でも見てくれ 雪の宿 あしたあしたと 春を待つ 雪割り草に 似たような おまえに 何をやればいい  なにか求めて さぐるよに からめたつめたい 白い指 長い苦労の クセからか 涙で枕 濡らしてる おまえに 何をやればいい
つゆ草の女藤原浩藤原浩かず翼遠藤実命ふたつを 重ねて生きた 春夏秋冬 忘れるものか つゆ草の つゆ草の 花は水色 なみだ花 うらみ言葉も 言わないで 見つめた瞳の 哀しさよ  たとえこのまま 逢えなくたって あなたを愛して 生きると言った つゆ草の つゆ草の 花は水色 なみだ花 ふたり暮らした 北国の 灯りが瞼に また浮かぶ  なんで運命に 背いてやれぬ 魂が呼び合う この恋なのに つゆ草の つゆ草の 花は水色 なみだ花 今度生まれて 来る時は 離れはしないと 泣いた女
全3ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 366日
  3. ライラック
  4. さよーならまたいつか!
  5. つけまつける

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. Penalty
  4. 笑い話
  5. カリスマジャンボリー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×