歌詞を

ヘルプ

遠藤実作曲の歌詞一覧リスト

511 曲中 1-200 曲を表示
2021年12月7日(火)更新
並び順:
全3ページ中 1ページを表示 [前の200曲|次の200曲]
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
高校三年生PLATINA LYLIC舟木一夫丘灯至夫遠藤実赤い夕日が校舎をそめて
くちなしの花PLATINA LYLIC渡哲也水木かおる遠藤実いまでは指輪もまわるほど
北国の春PLATINA LYLIC千昌夫いではく遠藤実白樺青空南風こぶし咲く
星影のワルツGOLD LYLIC千昌夫白鳥園枝遠藤実別れることはつらいけど
雪椿GOLD LYLIC小林幸子星野哲郎遠藤実やさしさとかいしょのなさが
夢追い酒GOLD LYLIC渥美二郎星野栄一遠藤実悲しさまぎらすこの酒を
みちづれGOLD LYLIC牧村三枝子水木かおる遠藤実水にただよう浮草におなじ
すきま風GOLD LYLIC杉良太郎いではく遠藤実人を愛して人は心ひらき
せんせいGOLD LYLIC森昌子阿久悠遠藤実淡い初恋消えた日は
学園広場GOLD LYLIC舟木一夫関沢新一遠藤実空にむかってあげた手に
津軽慕情GOLD LYLIC福田こうへい平山忠夫遠藤実北へ流れるあの雲が
青春の城下町GOLD LYLIC梶光夫西沢爽遠藤実流れる雲よ城山にのぼれば
からたち日記GOLD LYLIC島倉千代子西沢爽遠藤実こころで好きと叫んでも
みちづれGOLD LYLIC渡哲也水木かおる遠藤実水にただよう浮草におなじ
おかあさんGOLD LYLIC森昌子神坂薫遠藤実やせたみたいねおかあさん
ぼけたらあかん長生きしなはれGOLD LYLIC杉良太郎天牛将富遠藤実年をとったら出しゃばらず
水割り渡哲也水木かおる遠藤実いつもおまえは微笑った
明日の詩杉良太郎いではく遠藤実たとえひと時のやすらぎ
修学旅行舟木一夫丘灯至夫遠藤実二度とかえらぬ思い出乗せて
新宿そだち大木英夫&津山洋子別所透遠藤実女なんてサ女なんてサ
雨の港大川栄策たかたかし遠藤実別れりゃ他人のはずなのに
あゝ青春の胸の血は舟木一夫西沢爽遠藤実溢れる若さあればこそ
若いふたり北原謙二杉本夜詩美遠藤実君には君の夢があり
君がすべてさ千昌夫稲葉爽秋遠藤実これきり逢えない
他人船三船和子遠藤実遠藤実別れてくれと云う前に
ついて来るかい小林旭遠藤実遠藤実ついて来るかい何も聞かないで
津軽慕情山本謙司平山忠夫遠藤実北へ流れるあの雲が
ソーラン渡り鳥こまどり姉妹石本美由起遠藤実津軽の海を越えて来た
灯りが欲しい五木ひろし藤田まさと遠藤実日蔭そだちのこの俺が
君たちがいて僕がいた舟木一夫丘灯至夫遠藤実清らかな青春爽やかな青春
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
仲間たち舟木一夫西沢爽遠藤実歌をうたっていたあいつ下駄を
こまっちゃうナ山本リンダ遠藤実遠藤実こまっちゃうナデイトに
あじさいの雨渡哲也水木かおる遠藤実弱いからだにかさねた
哀愁出船美空ひばり菅野小穂子遠藤実遠く別れて泣くことよりも
昭和流れうた森進一いではく遠藤実昭和流れうた心にしみる
おまえとおれ杉良太郎杉良太郎遠藤実そんなに好きじゃなかった
ギター仁義北島三郎嵯峨哲平遠藤実雨の裏町とぼとぼと
旅鴉五木ひろし藤田まさと遠藤実百里千里を歩いても
忘れてほしい渥美二郎遠藤実遠藤実ごめんなさいあなた昔にもどる
哀愁海峡扇ひろ子西沢爽遠藤実瞼とじてもあなたが見える
男の人生杉良太郎藤田まさと遠藤実泥をつかんで歩こうと
おひまなら来てね五月みどり枯野迅一郎遠藤実おひまなら来てよネ
他人酒渥美二郎遠藤実遠藤実捨てられても捨てられても
ひとり渡哲也水木かおる遠藤実都会裏窓袋小路夢を消された
ごめんね小林旭遠藤実遠藤実ごめんねごめんね幸福あげず
中学三年生森昌子阿久悠遠藤実別れの季節の悲しみを
アケミという名で十八で千昌夫西沢爽遠藤実波止場でひろった女の子
襟裳岬島倉千代子丘灯至夫遠藤実風はひゅるひゅる波は
純子小林旭遠藤実遠藤実遊び上手なやつにだまされて
花咲く乙女たち舟木一夫西条八十遠藤実カトレアのように派手なひと
お月さん今晩は藤島桓夫松村又一遠藤実こんな淋しい田舎の村で
大東京音頭野路由紀子滝田常晴・補作詞:藤田まさと遠藤実人が輪になるソレ輪が花になる
雑草の歌美空ひばり加藤和枝遠藤実生まれて今日まで耐えてきた
七夕おどり島倉千代子丘灯至夫遠藤実晴れて楽しい星空みれば
アキラのダンチョネ節小林旭西沢爽遠藤実逢いはせなんだか小島の鴎
あいつ渡哲也水木かおる遠藤実この指泣いてかんだやつ
人生に乾杯千昌夫いではく遠藤実乾杯しようぜ久しぶり
一週間に十日来い五月みどり小島胡秋遠藤実見れば見るほどいい男
蟹工船村田英雄星野哲郎遠藤実蟹を網からむしりとる
日暮れ坂渡哲也水木かおる遠藤実何のためにやすらぎに
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
ひとりぼっち美空ひばり山口洋子遠藤実おお寒い冷えるわねえ
三味線姉妹こまどり姉妹遠藤実遠藤実お姉さんのつまびく三味線に
愛待草より山川豊川内康範遠藤実見知らぬ人から便りが届いた
風の子守唄五木ひろし山口洋子遠藤実なじみの酒場ではなうたを
あなたの妻と呼ばれたい牧村三枝子水木かおる遠藤実お酒のしずくでつづけて
裏通り五木ひろし藤田まさと遠藤実表通りをお陽さまに
なやみ杉良太郎久仁京介遠藤実左の腕が今朝はしびれる
江差・追分・風の街大川栄策遠藤実遠藤実江差追分ながれる町は
夾竹桃牧村三枝子水木かおる遠藤実風邪にたおれたおまえの寝顔
くちなしの花石原裕次郎水木かおる遠藤実いまでは指輪もまわるほど
同級生森昌子阿久悠遠藤実朝の改札ぬけた時
浅草姉妹こまどり姉妹石本美由起遠藤実なにも言うまい言問橋の
瞼の母二葉百合子横井弘遠藤実親はあっても顔さえ知らず
さっそく振込みありがとう順弘子いではく遠藤実立て替え払いの月末がまたきて
めぐり逢いしのび逢い渡哲也・多岐川裕美水木かおる遠藤実月日はお前を変えていた
福寿草小林幸子星野哲郎遠藤実やさしさに負けてはだめよ
わかれ道北原謙二三浦康照遠藤実幼なじみさ喧嘩もしたさ喧嘩
比叡の風北島三郎いではく遠藤実荒行千日比叡の風を受けて
信濃路梓川森昌子いではく遠藤実かなかな鳴いてるひぐらしが
ときめきワルツ山川豊川内康範遠藤実風がどこかで寂しく歌う
おやじ先生千昌夫いではく遠藤実世の中どんなに変っても
江戸の黒豹杉良太郎いではく遠藤実乾いた街の片隅で
昭和時次郎渥美二郎里村龍一遠藤実渡る明日に夢さえ無くて
女のさだめ三船和子遠藤実遠藤実別れてしまえば他人より
風が吹くまま杉良太郎いではく遠藤実茜色に染まる町並みつめて
ふたりの春川中美幸いではく遠藤実なにもいらないあなたが欲しい
おしんの子守唄金沢明子橋田壽賀子遠藤実冷たい川を上ってゆけば
若い明日北原謙二石本美由起遠藤実赤い野の花あの娘と摘めば
乾杯しようぜ千昌夫いではく遠藤実乾杯しようぜ久しぶり
夫婦きどり牧村三枝子水木かおる遠藤実抱けばそのまま腕の中
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
最上川恋唄音羽しのぶ松井由利夫遠藤実霧に抱かれたお山のように
水色のひと舟木一夫丘灯至夫遠藤実心のいたむ日淋しい日思い出す
酒に酔いたい冠二郎三浦康照遠藤実別れが辛い酒もある
ふるさとの四季をうたう千昌夫遠藤実遠藤実春は菜の花が揺れていた
昭和舟歌小林旭いではく遠藤実世間に背き義理に泣き故郷
雨のヨコハマ五木ひろし北五郎遠藤実好きになってはいけない女と
オロロン慕情小林旭遠藤実遠藤実俺と一緒に泣いた娘が死んだよ
君は人のために死ねるか杉良太郎杉良太郎遠藤実昨日ひとりの男が死んだ
もうさよならですか山岡浩二遠藤実遠藤実もうさよならですか もうおわかれ
ひろしのさくら音頭五木ひろし山口洋子遠藤実ハァー ア ヨイショさくら咲いた
わかれ花渡哲也水木かおる遠藤実誰かがささえてやらなけりゃ
ふるさとの祭り千昌夫いではく遠藤実風に流れる白い雲見れば浮ぶさ
他人船小野由紀子遠藤実遠藤実別れてくれと云う前に
父親(おやじ)北島三郎遠藤実遠藤実おやじと云う山でっかい山だ
命船祭小春遠藤実遠藤実海の男ならひとりの女に
酒は男の子守唄渡哲也水木かおる遠藤実心に燃える火はあれど
十七才は一度だけ高田美和川井ちどり遠藤実谷のりんどう山の百合
可愛いおまえ渥美二郎遠藤実遠藤実ヒモつき女と言われたのかい
博多しぐれ祭小春白鳥園枝遠藤実逢いに行きたい行かれない
北国の春テレサ・テンいではく遠藤実白樺青空南風こぶし咲く
雪国の女春日八郎遠藤実遠藤実雪深い北国のちいさなちいさな
青春想譜新沼謙治菅野小穂子遠藤実俺の名前で故郷の母に
夕顔の雨森昌子阿久悠遠藤実夕顔つんだら雨になる
春を待つ少女安達明西沢爽遠藤実雪割草にくちづけてはるかな
逢坂川渡哲也水木かおる遠藤実汚れた女と目を伏せたけど
冬仕度牧村三枝子水木かおる遠藤実ああ 肩を抱く腕のちからで
雨の新宿大木英夫&津山洋子別所透遠藤実雨の新宿拾った恋は
都忘れの花のように冠二郎三浦康照遠藤実お前の涙は俺の涙だよ
靖国の母二葉百合子横井弘遠藤実夢を見ました倅の夢を
雪わり草渡哲也塔山清遠藤実あてもないのに夕げの支度
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
おもいで螢渡哲也水木かおる遠藤実夢をともしにきたこの街は
未練ごころこまどり姉妹西沢爽遠藤実死ねといわれりゃ死にもしょう
満天の星冠二郎三浦康照遠藤実遠く連なる白い峰続く果てない
恋しぐれ藤原浩川内康範遠藤実あなたのやさしさ知るまえに
大物祭小春遠藤実遠藤実売られた喧嘩ならば
東京へ戻っておいでよ守屋浩星野哲郎遠藤実惚れたと言ったらあの娘は
大江戸喧嘩花小林幸子松井由利夫遠藤実月はおぼろに川風夜風
希望の詩北山たけしたかたかし遠藤実君と別れるかなしみに涙あふれて
通り雨渡哲也水木かおる遠藤実洗いざらしの矢がすりの
越後絶唱小林幸子たかたかし遠藤実冬の越後は涙も凍る
若い太陽北原謙二三浦康照遠藤実明日がとても待ちどおしい
男の哀歌千昌夫いではく遠藤実故郷を出たときゃおれだって
夢よもういちど渥美二郎たかたかし遠藤実雨にうたれて散る花は
夢の中まで杉良太郎いではく遠藤実肩のうすさと ほつれ毛に
初恋マドロス美空ひばり西沢爽遠藤実霧のむこうの桟橋でやがて
さざんかの女渡哲也水木かおる遠藤実小さな花が寒かろと
出世船松村和子遠藤実遠藤実世間が俺をみとめたならば
下町の青い空森昌子横井弘遠藤実下町の青い空空を写して
みちづれテレサ・テン水木かおる遠藤実水にただよう浮草におなじ
青春譜五木ひろしいではく遠藤実丸い小さな陽ざしが部屋の片隅
無理をするなよ渡哲也水木かおる遠藤実無理をするなよ上着の裾に
博多舟祭小春白鳥園枝遠藤実やさしい心につつまれた
ふたりの坂道春日八郎いではく遠藤実ちいさな陽だまりのような
愛を灯りに渥美二郎遠藤実遠藤実おまえがついて来るならば
くちなしの花テレサ・テン水木かおる遠藤実いまでは指輪もまわるほど
潮風を待つ少女安達明松田ルミ・補詞:吉岡治遠藤実海のむこうから潮風にのって
三度笠杉良太郎藤田まさと遠藤実泣くのはやめておくんなさいよ
困るのことヨ都はるみ西沢爽遠藤実甘い言葉と知りながら
地下鉄(メトロ)は今日も終電車井上ひろし水島哲遠藤実おれを好きだといいながら
想い出のひと渥美二郎たかたかし遠藤実おもいでさみしいいで湯の宿は
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
旅路の雨渡哲也水木かおる遠藤実こんな晩にはさびしそうねと
風車渡哲也水木かおる遠藤実飲みすぎたわけではないが
良太郎節杉良太郎いではく遠藤実さても満座の皆様へ
一緒に暮らそう細川たかしいではく遠藤実とまどう時に上目づかいで
女のこよみ敏いとうとハッピー&ブルー山口洋子遠藤実煙草はおやめ口紅もうすくと
白樺日記森昌子阿久悠遠藤実お兄さんと甘えてた
青い月の恋千昌夫遠藤実遠藤実青い青い月の下で
おもいで北千住渥美二郎星野栄一遠藤実おもいでは北向きのあの下宿屋
朝やけ渡哲也水木かおる遠藤実何かあったらこわれそうな
面影の女冠二郎三浦康照遠藤実白いうなじに細い肩着物が
想い出づくり牧村三枝子・岩渕守志水木かおる遠藤実あなたと旅に出たかった
昭和川順弘子・城大作遠藤実遠藤実明日という舟ふたりでこいで
ふたりの明日渥美二郎里村龍一遠藤実俺のこの胸に二度とない春を
恋女房牧村三枝子水木かおる遠藤実今度生まれかわったらあんたの
いたわり渥美二郎星野栄一・遠藤実遠藤実なんで今夜も悲しげに
愛しても今は他人八代亜紀石本美由起遠藤実他人ねいまのあなたは
アンコなぜ泣く藤島桓夫松村又一遠藤実燃える三原の御神火眺め
赤い椿と三度笠三波春夫北村桃児遠藤実花がひと片夜風に落ちた
いいってことよ杉良太郎いではく遠藤実若気のいたりで勇み足
つゆ草の女藤原浩かず翼遠藤実命ふたつを重ねて生きた
おもいで日記島倉千代子西沢爽遠藤実指がつめたい人は心が燃えてる
きずな杉良太郎いではく遠藤実あなたがいのちと帰る背中に
おけさ宿大川栄策石本美由紀遠藤実愛してほしいと崩れるように
夜汽車で帰ろう神戸一郎石本美由起遠藤実虹より儚い初恋のあの娘を
夢追い酒テレサ・テン星野栄一遠藤実悲しさまぎらすこの酒を
春蝉小林幸子星野哲郎遠藤実人の心は変るというが
海鳴りの宿石原裕次郎池田康生遠藤実過去なんてどうでもよかった
中学三年生山口百恵阿久悠遠藤実別れの季節の悲しみを
想い出のからたち日記島倉千代子西沢爽遠藤実こころで好きと叫んでも
~さようなら~森昌子阿久悠遠藤実さようならはこころを翔び立つ
酒場のすずめ五月みどり遠藤実遠藤実甘いと思った恋の実は
橋幸夫遠藤実遠藤実いくつかの悩み越えてきて
冬の月五月みどり遠藤実遠藤実小雪舞い散る夢の中
あの人の船行っちゃった森昌子山口あかり遠藤実船が出る出る船が出る
燃える男杉良太郎山下リラ遠藤実あしたの夜明けを呼ぶために
春の来ない冬はない遠藤実遠藤実遠藤実あなたの心の慰めに私は歌を
明日があるテレサ・テン藤田まさと遠藤実花咲く春を信じよう
若き日の歌千昌夫いではく遠藤実昨夜ラジオからなつかしい歌が
旅鴉(たびがらす)氷川きよし藤田まさと遠藤実百里千里を歩いても歩くだけ
夕焼け渡哲也搭山清遠藤実やりきれないよな淋しさに
男の花道杉良太郎松井由利夫遠藤実紙のこよりじゃ魚は釣れぬ
ひとりぼっちのガキ大将北原謙二西沢爽遠藤実こども時代はガキ大将
歌い残した歌渡哲也搭山清遠藤実つぼみのままで夢は枯れ
出世船田端義夫遠藤実遠藤実世間が俺をみとめたならば
星影のワルツ五木ひろし白鳥園枝遠藤実別れることはつらいけど
倖せありがとう藤原浩水木れいじ遠藤実泣きたい時ほど笑顔をみせて
さすらいの挽歌渡哲也塔山清遠藤実しあわせうすい窓に灯りともし
愛されてみたい八代亜紀小野朱美遠藤実あなたにめぐり逢えてから
優子藤原浩いではく遠藤実ありふれた名前でひかえめだけど
北国の春三山ひろしいではく遠藤実白樺青空南風こぶし咲く
123>