赤い椿と三度笠

この曲の表示回数 14,659
歌手:

三波春夫


作詞:

北村桃児


作曲:

遠藤実


花がひと片 夜風に落ちた
抱いておくれと 笠の上
こんなやくざにゃ お寄りなさんな
洗い流せぬ 身の錆に
俺も泣きたい 旅ぐらし

赤い椿の 身の上話し
聞けば俺らも ついほろり
縞の合羽に 抱いてた夢は
脇差も要らなきゃ 名も要らぬ
せめて堅気に 戻りたや

無理に通れば 白刃の雨が
俺の行手に 降りかかる
ままよ地獄の 峠を越えて
花の手を引く 旅発(だ)ちに
被り直した 三度笠
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:赤い椿と三度笠 歌手:三波春夫

三波春夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/07/22
商品番号:TECE-28846
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP