良太郎節

杉良太郎

良太郎節

作詞:いではく
作曲:遠藤実
発売日:1997/11/01
この曲の表示回数:23,106回

良太郎節
さても満座の皆様へ
ようこそおいで下さいました
高い所で恐縮ですが
杉良節にのせまして
ひとこと挨拶申し上げます

港・神戸の産声で
波と汽笛が 子守歌
末は船乗り 夢みたが
歌にひかれて この世界
だけど世の中 甘くない
花の咲かない 毎日で
目指すスターは ハァ ゆめの夢

いつか芝居と二本道
これも習ったわけじゃない
一匹狼 行く道は
汗と意地とで 体当り
からだ傷つけ 身につけた

歌と芝居は この命
男一匹 かけた道
ならば死ぬのも 生きるのも
奈落の上の この舞台
つっぱり野郎と言われても
つっぱらなければ 生きられない
雨の振る日も ハァ 晴れた日も
皆さんあっての 良太郎
ともに心を 結び合い
一緒に手拍子 打ちながら
今日も楽しく 過ごしましょう
どうぞ よろしく 頼みます

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:13:45

  1. Habit
  2. ミックスナッツ
  3. 喜劇
  4. ほ・ほほほの北海道
  5. ロメオ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Habit
  2. Treasure
  3. 初恋が泣いている
  4. セレナーデ
  5. 六畳の電波塔

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照