男の哀歌

この曲の表示回数 16,202
歌手:

千昌夫


作詞:

いではく


作曲:

遠藤実


故郷を出たときゃ おれだって
でっかいのぞみを 持ってたが
みんなどこかへ とんでった
それでも場末の居酒屋で
ほらを肴にひとり酒
これもきらくで あゝ いいもんさ

雨がしょぼしょぼ 降る夜更け
送って行くわと 女の子
いいことあるかと 思ってた
ところが オンボロアパートの
前でじゃあねと それっきり
せんべ布団が あゝ 身にしみる

昨日 おやじの手紙来て
おまえは みどころあったから
期待をしてると 書いてある
泣くなよ おふくろ 運命だよ
草がなければ 花だって
目立ちゃしないと あゝ ひとりごと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:男の哀歌 歌手:千昌夫

千昌夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1988-08-25
商品番号:32CAT-130
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP