歌詞を

ヘルプ

福田こうへいの歌詞一覧リスト

111 曲中 1-111 曲を表示
2019年3月22日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
南部蝉しぐれPLATINA LYLIC福田こうへい久仁京介四方章人南部盛岡雫石思えば遠い
峠越えGOLD LYLIC福田こうへい久仁京介四方章人先へ出すぎりゃ世間が叩く
風やまず福田こうへい久仁京介徳久広司岩手山からのぞめば遥か
津軽慕情福田こうへい平山忠夫遠藤実北へ流れるあの雲が
北の出世船福田こうへい仁井谷俊也四方章人霧がヨー霧がほどけた
南部のふるさと福田こうへい久仁京介四方章人よく来てくれたな南部の故郷へ
道ひとすじ福田こうへい仁井谷俊也四方章人人は天から生命を授い
天竜流し福田こうへい万城たかし四方章人雨のしずくが川になり
母ちゃんの浜唄福田こうへいさわだすずこ弦哲也夜がしらじら明ける頃
南部牛追唄福田こうへい岩手県民謡岩手県民謡田舎なれどもサーハーエー
男道(ライブバージョン)福田こうへい浅沼肇山田倫久やると決めたら悔はない
父子鷹福田こうへいさわだすずこ弦哲也竜は雲呼ぶ虎は風逆巻く
おとこ傘福田こうへい仁井谷俊也四方章人噂の雨か通り雨肩に背中に
男道福田こうへい浅沼肇山田倫久やると決めたら悔はない
宮城長持唄福田こうへい宮城県民謡宮城県民謡ハァー今日はナー日もよし
ああ上野駅福田こうへい関口義明荒井英一どこかに故郷の香をのせて
ひとりじゃないから(ライブバージョン)福田こうへい吉幾三吉幾三どんな未来が来るのかと
秋田おはら節福田こうへい秋田県民謡秋田県民謡ハァーサーサダシタガアヨーエ
おやじの海福田こうへい佐義達雄佐義達雄海はヨー海はヨーでっかい海は
最上川舟唄福田こうへい山形県民謡山形県民謡ヨーエサノマガーショ
望郷酒場福田こうへい里村龍一櫻田誠一おやじみたいなヨー酒呑みなどに
男川福田こうへい里村龍一岡千秋流れる川は生きている
津軽平野福田こうへい吉幾三吉幾三津軽平野に雪降る頃はよ
夫婦かたぎ福田こうへい浅沼肇黒川たけし俺とお前の夫婦の道は
おゆき福田こうへい関根浩子弦哲也持って生まれた運命まで
外山節福田こうへい岩手県民謡岩手県民謡わたしゃ外山の日陰のわらび
南部木挽唄福田こうへい岩手県民謡岩手県民謡ハァー木挽いたよだハァー
津軽よされ節福田こうへい青森県民謡青森県民謡アー調子変わりのよされ節
帰ってこいよ福田こうへい平山忠夫一代のぼるきっと帰ってくるんだと
炭焼き甚句福田こうへい細川吉登細川チエ子ハァー沢の仮橋おやじが渡る
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
南部蝉しぐれ(南部牛追唄入り)福田こうへい久仁京介・岩手県民謡四方章人・岩手県民謡南部盛岡雫石思えば遠い
津軽じょんから節福田こうへい青森県民謡青森県民謡アー春は弘前桜の名所
古城福田こうへい高橋掬太郎細川潤一松風騒ぐ丘の上古城よ独り
南部馬方節福田こうへい岩手県民謡岩手県民謡ハーイハイハァーハーイ
南部よしゃれ節福田こうへい岩手県民謡岩手県民謡チョイサノサーサトチョイサノ
望郷じょんから福田こうへい里村龍一浜圭介津軽は雪ん子舞い飛ぶ頃よ
秋田草刈唄福田こうへい秋田県民謡秋田県民謡朝の出がけにどの山見ても
雫石よしゃれ節福田こうへい岩手県民謡岩手県民謡チョイサノサーサチョイサノ
酒よ福田こうへい吉幾三吉幾三涙には幾つもの想い出がある
田名部おしまこ福田こうへい青森県民謡青森県民謡田名部おしまこの音頭とる声は
風雪ながれ旅福田こうへい星野哲郎船村徹破れ単衣に三味線だけば
あの娘が泣いてる波止場福田こうへい高野公男船村徹思い出したんだとさ
鰺ヶ沢甚句福田こうへい岩手県民謡岩手県民謡西の八幡港を守るアヤットセ
母恋酒福田こうへい吉幾三吉幾三寒さ気になる季節が来れば
別れの一本杉福田こうへい高野公男船村徹泣けた泣けたこらえきれずに
柿の木坂の家福田こうへい石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
長崎の女福田こうへいたなかゆきを林伊佐緒恋の涙か蘇鉄の花が風に
夫婦春秋福田こうへい福田こうへい市川昭介ついて来いとは言わぬのに
ああ上野駅(ライブバージョン)福田こうへい関口義明荒井英一どこかに故郷の香りをのせて
門出福田こうへい星野哲郎吉幾三男の暦をめくってみれば
北緯五十度福田こうへい中山大三郎望月吾郎涙黒髪えりあしおくれ毛
船方さんよ福田こうへい門井八郎春川一夫おーい船方さん船方さんよ
津軽平野(ライブバージョン)福田こうへい吉幾三吉幾三津軽平野に雪降る頃はよ
祝い酒福田こうへいたかたかし猪俣公章浮世荒波ヨイショと越える
リンゴ追分福田こうへい小沢不二夫米山正夫リンゴの花びらが風にちった
望郷酒場(ライブバージョン)福田こうへい里村龍一櫻田誠一おやじみたいなヨー酒呑みなど
渋民荷方節福田こうへい岩手県民謡岩手県民謡ハァーさても目出度い
潮来笠福田こうへい佐伯孝夫吉田正潮来の伊太郎ちょっと見なれば
北限海峡福田こうへい吉幾三吉幾三見えるものとは地平線と
奥飛騨慕情福田こうへい竜鉄也竜鉄也風の噂にひとり来て
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
南部酒福田こうへい荒木とよひさ浜圭介酒を飲むなら肴はいらぬ
赤いランプの終列車福田こうへい大倉芳郎江口夜詩白い夜霧の灯りに濡れて
おんな船頭唄福田こうへい藤間哲郎山口俊郎嬉しがらせて泣かせて消えた
哀愁列車福田こうへい横井弘鎌多俊与惚れて惚れて惚れていながら
夕焼け雲福田こうへい横井弘一代のぼる夕焼け雲に誘われて別れの橋を
北の漁場福田こうへい新條カオル櫻田誠一いのち温めて酔いながら
花と竜福田こうへい二階堂伸北くすを波も荒けりゃ心も荒い
ああ田原坂福田こうへい高橋掬太郎山口俊郎雨は降る降る人馬は進む
赤い夕陽の故郷福田こうへい横井弘中野忠晴おーい呼んでいる呼んでいる
母恋吹雪福田こうへい矢野亮林伊佐緒酔ってくだまく父さの声を
無法松の一生 (度胸千両入り)福田こうへい吉野夫二郎古賀政男小倉生まれで玄海育ち
兄弟船福田こうへい星野哲郎船村徹波の谷間に命の花が
江差恋しや福田こうへい高橋掬太郎飯田三郎江差恋しや別れて三月
祝い船福田こうへい千葉幸雄中村典正晴れの門出のはなむけに
旅鴉福田こうへい藤田まさと遠藤実百里千里を歩いても
酒は男の隠れ宿福田こうへい里村龍一岡千秋駅裏酒場はガード下
矢切の渡し福田こうへい石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
武田節福田こうへい米山愛紫明本京静甲斐の山々陽に映えて
大利根無情福田こうへい猪又良長津義司利根の利根の川風よしきりの
達者でナ福田こうへい横井弘中野忠晴わらにまみれてヨー
王将福田こうへい西條八十船村徹吹けば飛ぶよな将棋の駒に
おさげと花と地蔵さんと福田こうへい東條寿三郎細川潤一指をまるめてのぞいたら
おさらば東京福田こうへい横井弘中野忠晴死ぬほどつらい恋に破れた
雪の渡り鳥福田こうへい清水みのる陸奥明合羽からげ三度笠
星屑の町福田こうへい東條寿三郎安部芳明両手を回して帰ろ
一本刀土俵入り福田こうへい高橋掬太郎細川潤一角力名乗りをやくざに代えて
夢追い酒福田こうへい星野栄一遠藤実悲しさまぎらすこの酒を
東京五輪音頭福田こうへい宮田隆古賀政男ハアーあの日ローマでながめた
リンゴ村から福田こうへい矢野亮林伊佐緒おぼえているかい
石狩挽歌福田こうへいなかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが
女のみち福田こうへい宮史郎並木ひろし私がささげたその人に
長良川艶歌福田こうへい石本美由起岡千秋水にきらめくかがり火は
山の吊橋福田こうへい横井弘吉田矢健治山の吊橋ァどなたが通る
さざんかの宿福田こうへい吉岡治市川昭介くもりガラスを手で拭いて
星影のワルツ福田こうへい白鳥園枝遠藤実別れることはつらいけど
夕焼とんび福田こうへい矢野亮吉田矢健治夕焼け空がマッカッカ
チャンチキおけさ福田こうへい門井八郎長津義司月がわびしい露地裏の
あん時ゃどしゃ降り福田こうへい矢野亮佐伯としをあん時ゃどしゃ降り雨ン中
お富さん福田こうへい山崎正渡久地政信粋な黒塀見越しの松に
北の旅人福田こうへい山口洋子弦哲也たどりついたら岬のはずれ
酔歌福田こうへい吉幾三吉幾三ぽつりぽつりと降りだした雨に
あの娘たずねて福田こうへい永井浩桜田誠一花の東京のどまン中
北酒場福田こうへいなかにし礼中村泰士北の酒場通りには長い髪の女が
東京の灯よいつまでも福田こうへい藤間哲郎佐伯としを雨の外苑夜霧の日比谷今も
赤いハンカチ福田こうへい萩原四朗上原賢六アカシアの花の下であの娘が
憧れのハワイ航路福田こうへい石本美由起江口夜詩晴れた空そよぐ風港出船の
雪國福田こうへい吉幾三吉幾三好きよあなた今でも今でも
おふくろさん福田こうへい川内康範猪俣公章おふくろさんよおふくろさん
名月赤城山福田こうへい矢島寵児菊地博男ごころに男が惚れて
みちづれ福田こうへい水木かおる遠藤実水にただよう浮草に
いっぽんどっこの唄福田こうへい星野哲郎安藤実親ぼろは着ててもこころの錦

福田こうへい (ふくだ こうへい、本名:福田廣平、1976年9月21日 - ) は、岩手県岩手郡雫石町出身の演歌歌手。盛岡市在住http://fukuda-kouhei.syncl.jp/?p=profile。 wikipedia