鈴木淳作曲の歌詞一覧リスト  237曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
237曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
なみだ恋GOLD LYLIC八代亜紀GOLD LYLIC八代亜紀悠木圭子鈴木淳夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 誰を恨んで 濡れるのか 逢えばせつない 別れがつらい しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 こぼれ花 一緒に暮らす しあわせを 一度は夢に みたけれど 冷たい風が 二人を責める しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 裏通り 夜咲く花が 雨に散る 悲しい運命を 占う二人 何故か今夜は 帰したくない しのび逢う恋 なみだ恋
小指の想い出GOLD LYLIC伊東ゆかりGOLD LYLIC伊東ゆかり有馬三恵子鈴木淳あなたがかんだ 小指が痛い 昨日の夜の 小指が痛い そっと唇 おしあてて あなたのことを しのんでみるの 私をどうぞ ひとりにしてね 昨日の夜の 小指が痛い  あなたがかんだ 小指がもえる ひとりでいると 小指がもえる そんな秘密を 知ったのは あなたのせいよ いけない人ね そのくせすぐに 逢いたくなるの ひとりでいると 小指がもえる  あなたがかんだ 小指が好きよ かくしていたい 小指が好きよ 誰でもいいの 何もかも 私の恋を 教えてみたい ほんとにだけど いえないものね かくしていたい 小指が好きよ
霧にむせぶ夜GOLD LYLIC黒木憲GOLD LYLIC黒木憲丹古晴己鈴木淳涙じゃないよと 言いたいけれど こらえても こらえても まつ毛がぬれる 君よりせつない この俺なのさ だから笑顔が ほしいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  逢いたくなったら 夢でも逢える はなれても はなれても かわらぬ心 君よりはげしい この恋なのさ だから死ぬほど つらいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  分ってくれたら 泣くのをやめて いつまでも いつまでも 待たせはしない 君よりさみしい この胸なのさ だからみじかい 旅なのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜
雨に濡れた慕情GOLD LYLICちあきなおみGOLD LYLICちあきなおみ吉田旺鈴木淳雨の降る夜は 何故か逢いたくて 濡れた舗道をひとり あてもなく歩く すきでわかれた あの人の 胸でもう一度 甘えてみたい 行きすぎる傘に あの人の影を 知らず知らずにさがす 雨の街角  ひえたくちびるが 想い出させるの 傘にかくした夜の 別れのくちづけ 今は涙も かれはてた 頬に黒髪 からみつくだけ ふりしきる雨に このまま抱かれて あゝ死んでしまいたい 落葉のように  すきでわかれた あの人の 胸でもう一度 甘えてみたい 行きすぎる傘に あの人の影を 知らず知らずにさがす 雨の街角 知らず知らずにさがす 雨の街角
愛のきずなGOLD LYLIC安倍里葎子GOLD LYLIC安倍里葎子加茂亮二鈴木淳いつか知らないとこで あなたに抱かれたの いつか知らないとこで 朝が明けるのをみたの 目と目があってそれだけで 愛の誓いができたのに 今では遠い夢の中で すぎた事みたい  どこか遠いところで あなたに甘えたの どこか遠いところで 愛が燃えるのをみたの 手と手がふれてそれだけで 愛のきずなに結ばれた それさえどこか遠いとこで おきた事みたい  なぜか風に消えたの あなたをせめないわ なぜか風に消えたの 夜は答えてくれない 愛の涙は霧になり ぼやけて星がにじんでる 今夜はなぜか泣けてくるの 遠い事なのに
女…ひとり旅GOLD LYLIC田川寿美GOLD LYLIC田川寿美悠木圭子鈴木淳北のはずれのこの町へ いつかふたりで行こうと 旅行ガイドの写真見ながら 肩に甘えたあの頃 凍る夜汽車の窓から 白い吹雪が目に沁む ああ… 楽しかった思い出 ああ… 今も胸に消えない 未練心を捨てる季節はずれの 女ひとりの旅です  途中下車したこの駅も あの日の本に出てます 待合室のストーブの火が 真っ赤に燃えてせつない あなたどうしていますか 遠く離れて偲べば ああ… 寒い心乱れて ああ… 恋しさだけがつのる あなた求める心 叱りながらの 女ひとりの旅です  あなたどうしていますか 遠く離れて偲べば ああ… 寒い心乱れて ああ… 恋しさだけがつのる あなた求める心叱りながらの 女ひとりの旅です
初恋のひと小川知子小川知子有馬三恵子鈴木淳そよ風みたいにしのぶ あの人はもう 私の事など みんな忘れたかしら のばらをいつも 両手に抱いて 朝の窓辺に 届けて呉れた 何故だか逢えなくなって 恋しい人なの  麦わら帽子のような 匂いをさせて 私を海辺へつれて 走った人よ 光の中を もつれるように はずんだ胸は 熱かったわね 懐しがっても 遠い夢の人なの  小麦色した あの日の笑顔 私一人が 知っているのに 今なら恋だと分る はるかな人なの
逢えて…横浜五木ひろし五木ひろし悠木圭子鈴木淳泣くのはおよしよ 逢えたじゃないか ずっと今夜は 側にいてあげる 港の灯りが 雨に滲んでる あの日のように霧も 二人を包む  もっとお寄りよ 髪が濡れてる お前がいとしい 帰したくない 何処か遠くへ 連れて行きたい 涙が笑顔に 変るものなら  グラスを傾け 語り明かそうよ 時を忘れて 今は二人だけ どんな話も 聞いてあげるから 昔のようにもっと 甘えて欲しい  細い指先 冷た過ぎるよ この侭どこへも 帰したくない 雨の横浜 濡れてせつない 涙はこの手で 拭いてあげよう  お前ひとりを 泣かせはしない あふれる涙は 真珠に変えて 恋の横浜 夢の果てまで 離しはしないよ 今日から二人
四つのお願いちあきなおみちあきなおみ白鳥朝詠鈴木淳たとえば私が 恋を 恋をするなら 四つのお願い 聞いて 聞いてほしいの 一つ やさしく 愛して 二つ わがまま 言わせて 三つ さみしく させないで 四つ 誰にも 秘密にしてネ 四つのお願い 聞いて 聞いてくれたら あなたに私は 夢中 恋をしちゃうわ  それからあなたが 恋を 恋をするなら 四つのお願い 聞いて 聞いてほしいの 一つ やさしく キスして 二つ こっそり 教えて 三つ あなたの 好きなこと 四つ そのあと わたしにしてネ 四つのお願い 聞いて 聞いてくれたら あなたに私は 夢中 恋をしちゃうわ  一つ やさしく いつでも 二つ ふたりは しあわせ 三つ いつしか 結ばれて 四つ あなたと わたしは一つ 四つのお願い 聞いて 聞いてくれたら あなたに私は 夢中 恋をしちゃうわ
雨の東京真木ひでと真木ひでと山口洋子鈴木淳おまえがそばに いるような そんな気がして 飲んでいる 雨の東京の 片すみは 恋にはぐれた 奴ばかり 泣かせてくれるな 流しうた  あれからひとりで いるという 風の便りが なつかしい 雨の東京の おもいでは 濡れて送った 帰り道 呼びとめたいような うしろ影  いつかはきっと めぐり逢い 抱いてやりたい いつまでも 雨の東京に うるむ灯(ひ)も 夢をのこして 消えてゆく 逢えない二人を 結ぶように
別れても黒木憲黒木憲有馬三恵子鈴木淳久し振りだね お前と会うのは あれからどうして いたのかい 別れた頃より またひとつ きれいになった みたいだが すぐ泣く癖は 変らない しあわせならば それでいい  風の噂は 聞いていたけれど 思いがけずに 逢うなんて こうして二人で 飲んでると 遠い昔に いるようで 別れたことも 忘れるよ キャラの香りも 同じだね  二度とこうして 逢えないだろうが 今なら言えるさ この気持 あの時俺が 大人なら 別れはしない 離さない そいつをいつも くやんでる 送らないけど 幸せに
哀愁港田川寿美田川寿美悠木圭子鈴木淳思い出すまい二度と 心に決めて 遠く離れた 筈なのに 女ひとりの 哀しさを こらえ切れずに 泣けて来る 夜の波止場の 冷たい風が 凍りつくよに 胸を刺す  俺と一緒じゃ いつか 不幸になると すがる私に 背を向けた 今も心に 棲みついて 暗い波間に 面影が 消えて浮かんで 又消えてゆく 未練せつなく 燃え残る  恋のぬけがら何処へ 捨てればいいの あなたにあげた この命 生まれ変わって もう一度 めぐり逢えたら その時は 痩せた分だけ 愛して欲しい 夢もはかなく 波に散る
霧にむせぶ夜石原裕次郎石原裕次郎丹古晴己鈴木淳涙じゃないよと 言いたいけれど こらえても こらえても まつ毛がぬれる 君より切ない この俺なのさ だから笑顔が ほしいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  逢いたくなったら 夢でも逢える はなれても はなれても かわらぬ心 君より激しい この恋なのさ だから死ぬほど つらいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  分ってくれたら 泣くのをやめて いつまでも いつまでも 待たせはしない 君より淋しい この胸なのさ だからみじかい 旅なのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜
おんなの夢八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳一度でいいから 人並に あなたの妻と 呼ばれてみたい あゝ夢を… 夢を… 夢をみたのよ 他人じゃないよと 抱きしめられて 一生一度の 恋に泣く  ひとりでこれから 生きるより 例え日陰の 花でもいいの あゝ涙… 涙… 涙かみしめ 人のそしりも 耐えているけど 女ですもの 泣きたいの  あなたと暮らす しあわせは 私ひとりの 夢でもいいの あゝ女… 女… 女運命を 夜の化粧に 涙をかくし 一生一度の 恋に泣く
しのび恋八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳逢いに行きたい 逢うのがつらい 誰も許さぬ この恋故に 二度と触れ合う こともない あなたが愛した この指も 雨に震えて 泣いている  人の噂は こわくはないが やつれたあなたの 涙がこわい 逢えば逢うほど 苦しめる 何も言わずに 別れたが 心も命も あなただけ  二度と逢っては いけない人と 思えば尚更 未練がつのる せめてあなたの 窓灯り 一目だけでも 逢いたいと 傘にかくれて しのび泣く
忘れるものか石原裕次郎石原裕次郎有馬三恵子鈴木淳抱いてやりたい 燃えてもみたい それさえ出来ない 恋なのに すこし逢えぬと すぐ淋しがる 君をみてると いとしくて 今日も云えない さよならが  こんな切ない 恋になるなら 君には逢いたく なかったぜ 風に吹かれる 黒髪までが 過ぎたおもいで さそう夜 俺はいまさら くやむのさ  君の涙を 見るのがつらい だから黙って 別れるが 花の匂いの 可愛い君を 忘れるものか いつまでも 遠く倖せ みているぜ
朝のくちづけ伊東ゆかり伊東ゆかり有馬三恵子鈴木淳あなたの面影 だきしめながら 目ざめる朝の 私は幸福(しあわせ)よ 愛してみて 愛してみて はじめて わかるのね あなたのもとへ 届けたい やわらかい 朝のくちづけ  昨日のなごりが どこかにあって 私の胸は いまにもあふれそう 何にもかも 何にもかも いとしく みえるのよ 心をこめて おくりたい あなたへの 朝のくちづけ  恋しいおもいを 胸にたたんで 一人でしのぶ ゆうべの出来事 私はもう 私はもう どこへも 行かないわ あなたのもとへ 燃えてゆく ひそやかな 朝のくちづけ
浮雲香西かおり香西かおり悠木圭子鈴木淳湯ぶねにからだを 沈めても 心は寒く 身は細る 泣いたって 泣いたって 二度と逢えない 泣いたって ひとりぼっちの 旅の空 私は浮雲 流れ雲  あなたの寝息を 聞きながら しあわせ涙 かみしめる 尽くしても 尽くしても 尽くし足りない 尽くしても そんなあなたに 嫌われた 私は浮雲 流れ雲  木枯らし吹く夜は 哭くように 胸がきりきり 痛みます 恋しくて 恋しくて くずれそうです 恋しくて ぬくもり探す 胸もない 私は浮雲 流れ雲 
ともしび八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳あなたの命の ともしびが もうすぐ消えると 聞かされた ああ編みかけの カーディガン それが出来たら 夜明けの釣も もう寒くはないねと 細くなった手で 私の手を握る あなた…… 明るく笑って あなたをだまし ただ祈るだけの 私でした  なんにも知らずに この春の 桜の花びら 散る頃は ああ教会で 鐘が鳴る 白いドレスの 花嫁衣装 早く見たいと はしゃいで 細くなった手で 私の手を握る あなた…… どうすればいいの 何が出来るの ただ祈るだけの 私でした  あれから二度目の 春が来たけど 私の中に生きてる あなた……
春陽炎香西かおり香西かおりいではく鈴木淳桜吹雪が舞う頃 ふたり出会った この町 恋は不思議 いつのまにか あなた私のすべてに 男と女 好きになったら負けね 背中みつめているだけで幸せだった 見える景色すべてが バラ色で ゆれて歩いた街並  風に銀杏が踊って 道も黄金に色づく 移る季節見れば少し 心がわりが恐いの 男と女 愛の言葉のかわりに 抱いて抱かれてふたりは確かめあった 窓の下は通りに影もなく 夜明けまどろむ小部屋で  氷雨まじりの夕暮れ ぬれてさみしい並木路 傘の群れに背中向けて 来ないあなたを待ってた 男と女 出会いと別れは運命 昨日しあわせ明日は はかない涙 恋は春の陽炎 あやしげに 消えてひとりの街角
嫁入り舟野路由紀子野路由紀子吉田旺鈴木淳傘にからみつく 柳をよけながら 雨の堀割りを 嫁入り舟がゆく 彼のもとへ嫁ぐひとを 私はずぶ濡れて みつめている 頬の泪 ぬぐいもせずに 今日の最終で この町出たいけど 老いた母ひとり 残して行かれない  濡れた白壁を かすめて飛ぶ燕 あやめ咲く中を 嫁入り舟がゆく 彼の手紙細く裂いて 水面に浮かべてる かなしみなど誰も知らず 小舟に手を振る 今日の最終で この町出たいけど 老いた母ひとり 残して行かれない  いちどだけ彼にあげた 唇かみしめて 雨の中にかすんでゆく 幸福見送る 今日の最終で この町出たいけど 老いた母ひとり 残して行かれない
海鳴り田川寿美田川寿美悠木圭子鈴木淳こんな別れが 来るのなら あなたとは… めぐり逢わずに いたかった 遠く聞こえる 冬の海鳴りが やつれた女の 胸を打つ 愛の名残りを 掻き消すような 北の岬の 波しぶき  女ひとりで 生きてゆく 淋しさは… わかる筈ない あなたには 遠い思い出に 今もすがりつく 私の涙が 見えますか 寒い北国の こゝは行き止まり 何処へこの身を 置けばいゝ  あなた恋しと 泣く胸に 海鳴りが… やさしいあなたの 声になる 吹雪舞い上がり 海に消えてゆく からだの芯まで 凍ります 夢でもいゝから もう一度だけ あなたに抱かれて 眠りたい 
北の港駅田川寿美田川寿美悠木圭子鈴木淳好きだから離れても 必ず帰るよと ふるえる私を 抱きしめた 何もかも捨てゝ貴方の後から追いかけて 行けばよかった 最終列車 涙まじりの 雪が舞う  恋しくて今日も又 貴方の夢を見て あふれる涙で 夜が明ける 傍にいるようで貴方のぬくもり探してる 肌を刺すように吹雪が鳴いて 凍りつきます 北国の冬  馬鹿ですか 馬鹿ですね 貴方を待っている しんしん降る雪 北の駅 忘れられないの 貴方と過ごした愛の日を 固い契りで 結ばれたのに 二度と逢う日は ないのでしょうか
東京の雨を札幌で秋庭豊とアローナイツ秋庭豊とアローナイツ山口洋子鈴木淳昨夜 銀座で 濡れていた この雨あの娘の しのび泣き アカシア並木を銀の糸で煙らせて 逃げちゃいやよと 追ってきた ああ 愛して 愛して 愛したりない ああ 東京の雨を札幌で  小指からめて うつむいた 遊びじゃ恋などしないわと 想い出たずねて ひとり歩く時計台 忘れないでと 風が吹く ああ 愛して 愛して 愛したりない ああ 東京の雨を札幌で  未練ごころで ふりむけば あの傘 この傘 二人連れ すすきの灯りに 白く浮かぶ横顔が どこか似ている 濡れまつ毛 ああ 愛して 愛して 愛したりない ああ 東京の雨を札幌で
早春慕情椎名佐千子椎名佐千子悠木圭子鈴木淳僅(わず)かな暖房が残った 夜明けのローカル列車には 人影もなく… 忘れたはずの 貴方のぬくもり 恋しいの 窓から見える町は 貴方が育ったという 海辺の町に 似ていて なぜか 心がふるえる 帰らないはずの 思い出が 私の胸を揺(ゆ)する  一人で降り立つ ホームには 霜柱が白く光って 心も寒く… 忘れたはずの 貴方の笑顔が 浮かびます 初めて歩く町は 潮の匂いがしていて 貴方が歩いて来そうで なぜか 心がふるえる 帰らないはずの 思い出が 私の胸を濡らす  歩き疲れた町で 貴方の言葉によく似た 故郷(ふるさと)訛りが聞こえて 思わず胸がときめく 帰らないはずの 思い出が 私の胸を焦(こ)がす
おまえと生きる山本譲二山本譲二悠木圭子鈴木淳白いうなじの ほつれげさえも こんなにやつれて 心が傷む やっとふたりが 逢えたから 離しはしない 離さない だからそんなに 泣かないで 俺のこの手でおまえを まもってあげる  抱いてやりたい なんにも言うな か細い背中が ふるえているね ずっと捜して いたんだよ 忘れるものか 忘れない 辛い過去(むかし)を うらむより 俺のこの手でおまえを まもってあげる  おまえひとりを 泣かせはしない 今日からふたりは 一緒に生きる 何があっても そばにいて 離しはしない 離さない いつか笑顔が 戻るまで 俺のこの手でおまえを まもってあげる
あなたが欲しいぴんから兄弟ぴんから兄弟悠木圭子鈴木淳あんな男と恨んでも 恨むそばから すがりたい 馬鹿な女と 言われても すべて捧げた 男だから 今でも 私は あなたが欲しい  あなたにぶたれた 痛みより 別れた言葉が なお痛い どうせ嘘なら 最後まで だまされつづけて いたかった 今でも 私は あなたが欲しい  あなたの匂いが しみついた 愛を重ねた この部屋で 一人枕で 眠る夜は 夢の中でも すすり泣く 今でも 私は あなたが欲しい
とびだせヤクルトスワローズ松岡弘松岡弘管野さほ子鈴木淳男が大地の花と咲く 野球はドラマだ 人生だ 虎(とら)を生け捕り 鯨(くじら)をさばき 竜(りゅう)を呑みこみ 鯉(こい)をつり 巨人の星をうちおとし とびだせ ヤクルト・スワローズ  一球一心命がけ 投げ込む速球 変化球 燃える斗魂 涼しい眉に 秘めてピンチを切り抜けりゃ 大逆転の時が待つ とびだせ ヤクルト・スワローズ  汗と涙で磨(みが)かれた 男にゃ似合うぜ ユニホーム ロードゲームの疲れも知らず 檜舞台(ひのきぶたい)の神宮で 火をふく猛打 鉄の守備 とびだせ ヤクルト・スワローズ  おまえがガッツな主役なら 俺はシュアーな脇役だ チーム・ワークが勝利の道だ 野球の涙はグランドで 晴らせ男の意地かけて とびだせ ヤクルト・スワローズ
霧笛田川寿美田川寿美悠木圭子鈴木淳連れて行ってと 云えないまゝで 船は出てゆく あなたを乗せて 女に生まれた 倖せを あなたが教えてくれたのに 却(かえ)らぬ夢ですか… 今日も岬で あなたを待てば 霧笛が涙で 遠ざかる  三年過ぎても 便りは無くて どこで暮らして いるのでしょうか あなたが愛した 黒髪も 冷たい夜風に さらされて あなたを恋しがる… ひとりぼっちの 淋(さび)しい胸に 霧笛が切なく 咽(むせ)び泣く  生きる支えを 失くした今も うらむ傍(そば)から 愛(いと)しさつのる あなたと揃いの セーターを 編んでは解(ほど)いて 又編んで 哀しい未練です… 今日も岬で あなたを待てば 霧笛が儚なく 消えてゆく
久しぶりだね和田浩治和田浩治有馬三恵子鈴木淳久し振りだね お前と逢うのは あれから どうして いたのかい 別れた頃より またひとつ きれいになった みたいだが すぐ泣く癖は変らない しあわせならば それで良い  風の噂は 聞いていたけれど 思いがけずに 逢うなんて こうして二人で 飲んでると 遠い昔に いるようで 別れたことも 忘れるよ キャラの香りも 同じだね  二度とこうして 逢えないだろうが 今なら言えるさ この気持 あの時俺が 大人なら 別れはしない離さない そいつをいつも くやんでる 送らないけど 幸せに
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
再り会い五木ひろし五木ひろし悠木圭子鈴木淳つらいことなど 何もないと 笑うその目が 泣いている やっと逢えたね 思い出酒場 昔の二人にゃ 戻れないのか 今ならお前を しあわせに出来る  こんな私で いゝのでしょうか 涙かくして 背を向ける 肩を抱きしめ 燃えてもみたい 俺をうらんで 責めてもいゝよ 今ならお前に やすらぎをあげる  めぐり逢うのも 二人の縁 二度とお前を 離さない 酔って忘れる 涙じゃないが この手に抱かれて 眠ればいゝさ 今ならお前を しあわせに出来る
X+Y=LOVEちあきなおみちあきなおみ白鳥朝詠鈴木淳X それはあなた Y それは私 プラス イコール ラヴ ラヴ ラヴ アイ ラヴ ユー 愛しあっていれば 二人はいつもプラス お別れなんて いやよ マイナスは いらないわ XプラスY XプラスY イコール ラヴ イコール ラヴ ラヴ ラヴ アイ ラヴ ユー  X それはあなた Y それは私 プラス イコール ラヴ ラヴ ラヴ アイ ラヴ ユー 信じあっていれば 二人はいつもプラス 嘘をついたら いやよ さみしくて 泣いちゃうわ XプラスY XプラスY イコール ラヴ イコール ラヴ ラヴ ラヴ アイ ラヴ ユー  恋の夢があれば 二人はいつもプラス キッスを忘れちゃ いやよ いつまでも 甘えたい XプラスY XプラスY イコール ラヴ イコール ラヴ ラヴ ラヴ アイ ラヴ ユー
貴方につくします八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳雨に打たれて 消えるなら 過去(むかし)の私を 流したい あげるものなど 何も無いけれど こんな私で よかったら ああ あなた あなたひとすじ 尽します  夜の化粧は していても 心は誰より 綺麗だと 泣けてくるよな やさしい言葉 こんな私で よかったら ああ あなた あなたひとすじ 尽します  熱い涙を かみしめて あなたの言葉を 待っています 何のとりえも 無いけれど こんな私で よかったら ああ あなた あなたひとすじ 尽します
冬の日本海田川寿美田川寿美悠木圭子鈴木淳北の海は荒れて波の 飛沫(しぶき)が頬を打つ 海岸線の灯りが揺れて 貴方の面影消えてゆく はぐれ鴎が一羽 ねぐらを見つけたの 私にはもう待つ人も ぬくもりも胸もない 涙みちづれ 想い出抱いて 冬の日本海  夜明け間近か風雪(かぜ)が哭(な)いて 心に凍(し)みて来る 愚かでしょうか ふるえる胸が 来ない貴方を待ってます 津軽の海を越えて 離れて来たけれど 恋しさがつのるばかりで 逢いたくて泣けてくる 涙みちづれ 想い出抱いて 冬の日本海  凍りついた指で書いた 最後の手紙です こんなにつらい胸の痛みを あなた分かってくれますか 涙で滲んだ文字は 心の乱れです もう二度と逢えない人と 知りながら未練です 涙みちづれ 想い出抱いて 冬の日本海 冬の日本海
朝がくるまえにちあきなおみちあきなおみ吉田央鈴木淳夜更けの霧が 雨に変るとき あなたの吐息 肩に感じるの 泣いたりするの 明日にしよう あなたのすきな ながい黒髪を きってしまいたい 朝がくるまえに  夜霧のしずくが 忘れたはずの つれないあなたを おもいださせるの 今の私にゃ 広すぎる部屋に もどるはずもない あなたの足音が きこえる気がする 霧のガラス窓  他人じゃないよと 抱きしめてくれた あなたのいない 涙の町から 旅に出たいの 朝がくるまえに
華観月田川寿美田川寿美たきのえいじ鈴木淳水の鏡を 朱に染める 沈む夕陽の 紅い帯 燃える心が あなたに走る おもいでばかり 巻きつけて 咲かせて 咲かせて そばにきて 思い届ける 術もない 咲かせて 咲かせて 胸が泣く あなた 恋しい 華観月  せめてひと言 耳元で 好きと云わせて くれますか 雲の切れ間を 横切る月を くちびる噛んで みるばかり 焦がれて 焦がれて 待ちわびて 耐えることだけ 上手くなる 焦がれて 焦がれて 淋しくて 窓をあければ 華観月  咲かせて 咲かせて そばにきて 思い届ける 術もない 咲かせて 咲かせて 胸が泣く あなた 恋しい 華観月
霧降り岬椎名佐千子椎名佐千子麻こよみ鈴木淳握りしめたら くだけ散る 貝殻細工ね 幸せは 一月(ひとつき)泣いて 二月(ふたつき)泣いて 涙は乾いた はずなのに…… あなたの面影 今すぐすぐに どうぞ隠して 霧降り岬  つらい別れを 哀しみを 知らずにいました あの日まで 震える髪が 凍(こご)える指が あなたのぬくもり またさがす…… も一度逢いたい 今すぐすぐに 未練寄せ来る 霧降り岬  はぐれ鴎が ただ一羽 似た者同志か 北の空 半年過ぎて 一年過ぎて いつかは笑顔に なれますか…… 明日(あした)の行方を 今すぐすぐに どうぞおしえて 霧降り岬
別れたあとでちあきなおみちあきなおみ白鳥朝詠鈴木淳「あそびにしよう」と あなたが言った 「そうね」と私も 笑って別れた それで終った 恋なのに なんで今更 涙が出るの 愛していると わかったことが 遅すぎたのね 別れたあとじゃ  「浮気でいいね」と あなたが言った 「いいわ」と私は 抱かれて燃えた それで終った 夜なのに なんで今更 悩んで泣くの 死ぬほど好きと わかったことが 遅すぎたのね 別れたあとじゃ  「逢うのはよそう」と あなたが言った だまって私は 涙を拭いた それで終った 朝なのに なんで今更 あきらめないの 命をかけて 愛することが 遅すぎたのね 別れたあとじゃ
いのちの花だから黒木じゅん黒木じゅん悠木圭子鈴木淳思い出の時計台の下 約束のこの場所で やっとめぐり逢う 笑うえくぼは変わらない 二度とお前を 離しはしない だからそんなに 泣かないで ずっと今夜はおまえの 側にいてあげる  ひとりでは生きて行(ゆ)けないと すがりつく泣いた目が 俺を責めている 何があっても一緒だよ めぐり逢うのも 二人の縁(えにし) 俺の心に 咲いた花 大事にするよおまえは 命の花だから  お前には笑顔が似合う 抱きしめたこの胸に 涙がしみる 細いうなじも愛しくて 燃えてこのまま 離れたくない 熱い思いが こみ上げる 昔のように甘えて 眠ればいいよ
いのち恋歌五木ひろし五木ひろし悠木圭子鈴木淳静かに降る雪 花びら哀し いとしいおまえの 黒髪よ 運命に流され 別れたけれど 今でも 忘れられない 儚ない 恋を  ふたりで歩いた 白樺道を ひとりで辿れば ただ涙 帰らぬおもかげ せつない胸が 冷たい 夜露に濡れて 恋しさ つのる  離れて生きても 心はひとつ この世でひとりの 妻だから 身を切る寒さに 耐えられるのか この手に 抱きしめたいよ いのちが 燃える
すべてを愛して内山田洋とクール・ファイブ内山田洋とクール・ファイブ川内康範鈴木淳そんなに私を きれいに見ないで はじめて恋する わけじゃない つまずき つまずき ささくれた 女の女の 真実の すべてを 愛してくれたなら 私はきっと あなたのために よみがえる  そんなに私の 昔を見ないで 隠して恋した わけじゃない 涙でよどんだ さすらいの 女の女の 真実の すべてを 愛してくれたなら 私はきっと あなたのために よみがえる  そんなに私の 明日を見ないで それほど りこうな わけじゃない どこにもあるよな ありふれた 女の女の 真実の すべてを 愛してくれたなら 私はきっと あなたのために よみがえる
恋のときめき小川知子小川知子有馬三恵子鈴木淳あまえていたい あなたの胸で いい夢だけを 見つづけたいの あなたひとりに 逢いたいために さみしい夜も こらえてきたの だからどこへも もう行かないで お願いなの 約束して  恋の涙で あなたの胸を ぬらすわたしを しからないでね この幸せが こわれないかと 思っただけで 涙になるの とてもくちでは 言えないくらい 愛してるの わかるでしょ  熱いその手に 抱かれていると 何もいらない そんな気持よ  やっと見つけた すてきなあなた わたしだけを みつめていて
さよならは云ったけど石原裕次郎石原裕次郎有馬三恵子鈴木淳髪の先まで 夜露にぬれて 君のぬくみを 教えてくれたね あの目 あの声 夢ではないか 帰したばかりの 君なのに 恋しい  腕に抱かれて すなおにしてた 君の吐息が どこかにしみてる 忘れられない 夜になったね 別れたばかりの 君なのに 会いたい  君が残した うつり香さえも 俺の心を 炎にするのさ 霧にしめった 夜道をゆけば おくったばかりの 君なのに せつない
あなたのせいよ椎名佐千子椎名佐千子麻こよみ鈴木淳あなたのせいよ 欲張りなのは 恋する女は わがままかしら 唇も 優しさも 何もかも この胸に ひとり占め したいの… あなたでなけりゃ 駄目なの私 どうぞ もう一度 抱きしめてね  あなたのせいよ 泣き虫なのは 幸せ過ぎると せつなくなるの あたたかな 眼差(まなざ)しに 包まれて この胸の 傷跡が 消えるの… あなたがいれば 何もいらない どうぞ 涙ごと 抱きしめてね  あなたのせいよ 臆病(おくびょう)なのは 恋する女は 哀しいものね 突然に さよならを 言われそで この胸が シクシクと 痛むの… あなたが好きよ 誰より私 どうぞ もう一度 抱きしめてね
おれの人生始発駅鳥羽一郎鳥羽一郎荒川利夫鈴木淳前に広がる この英虞湾(あごわん)の かもめと同じよ ここ生まれ 夢を咲かせて 見たいから 浮雲追って 旅をゆく ああ 暫くおさらばだ おれの人生 始発駅 港駅  恋を教えた 渡鹿野島(わたかのじま)に 背中を向けてく 淋しさよ 好きな笑顔を 抱いたから 心の杖に なってくれ ああ 力が湧いてくる おれの人生 始発駅 別れ駅  熊野灘から 学んだ根性 この世を相手に 試すとき 負けてたまるか 男なら 尻尾を巻いて 戻れよか ああ 故郷(ふるさと)後にする おれの人生 始発駅 港駅
帰り道別れ道石原裕次郎石原裕次郎増永直子鈴木淳優しく肩を抱かれてみたい せめて一度甘えたくて 横顔をのぞく 目をそらし足も止めず 帰り道たどって 何気ないその顔が 今夜は憎い  かたてを組んで歩いてみたい 愛のささやき待ちつづけて うつ向いて歩く 街の灯を顔に映し 別れ道近づく さりげないその言葉 心に痛い  淋しげなうしろ姿 街角に消えてく 約束もないままの 別れが辛い 
紀淡海峡入山アキ子入山アキ子悠木圭子鈴木淳燃える夕焼け 二つの命 溶けて流れて 沈む紀ノ川 恋の名残りを さまよう胸に 面影までも 消えてゆく 紀淡海峡(きたんかいきょう) 鳴くように 遠く汽笛が 汽笛が響く  生きてゆけます 一人でだって 涙かくせば 潤(うる)む紀ノ川 あなたの嘘は 哀しいけれど 女の恋は 命です 重荷なんかに なるよりは 私ひとりで ひとりで生きる  こんな哀しい 女の心 知っているのか 霞(かす)む紀ノ川 泣けば明日が 見えるでしょうか 涙が涸(か)れて しまうまで 無人駅(むじんえき)から あなたから ひとり旅立つ 旅立つ私
くちなし情話金田たつえ金田たつえ吉田旺鈴木淳好きで我が子を 死なせる母が どこにいましょう いるならば それは鬼です 母親じゃない 白いくちなし 匂う夜は なぜかあの子が この乳房 探し求めて いる気がします  それであなたの 気が済むならと ひどい仕打ちも 裏切りも 耐えてきました やつれた胸で そんな私を 置き去りに 逝ったあなたを 恨みます ましてくちなし 零れる宵は  可愛我が子を 亡くした母に 乱れ縁の 置き土産 抱けば泣けます 幼いこの子 白いくちなし 目で追って こぼす笑顔に 罪はない 生きて行きます この子とともに
北海岸田川寿美田川寿美たきのえいじ鈴木淳遠く聞こえる 海鳴りが  闇を引き裂き 啼いてる 船も息を殺し 波を浴びてる 北海岸 笑いますか 私を  愚かですか 私が 思い切れない 今もなお  日毎夜毎に この身が細る せめて抱いて寝かせて も一度  あなた断ち切る 旅なのに  涙ばかりが あふれる どうかそばに来てよ 風も凍える 北海岸 報われない 恋でも  恨まないわ あなたを 急がせないで さよならを  寝ても覚めても 肌が淋しい ましてこんな夜更けはなおさら  叱りますか 私を  重荷ですか 私が 答えて欲しい あなたから おもいでばかり 浮かべています 今日もひとり 枕を相手に
みれん海峡田川寿美田川寿美悠木圭子鈴木淳行かないで… 行かないで 一人じゃ生きては いけないわ こんなか細い肩だから 倖せあげると 抱きしめたのに 風よ… 海よ… 嵐を呼んで あの人 乗せた 船を帰してよ  あの日から… あの日から あなたに預けた 命です 船が小さく消えて行く 誰をうらんで 泣いてる汽笛 空よ… 雲よ… 嵐を呼んで あの人 乗せた 船を帰してよ  叫んでも… 叫んでも 想いははかなく 砕け散る 羽を失くした 海鳥は 闇にふるえて ただ泣きじゃくる 風よ… 海よ… 嵐を呼んで あの人 乗せた 船を帰してよ 
なみだの宿石川さゆり石川さゆりたかたかし鈴木淳小雨にけむる 山あいの ほのかにゆれる 湯の町あかり 思い出のこる なみだの宿で ひとりお酒を飲んでます どこにいるのよ あなた この胸 ほそります  おまえと呼ばれた あの夜が 夢なら泣いて 忘れもしよう ほどけた髪に ふれたあなたの 指の重さのいとしさよ どこにいるのよ あなた 面影ゆれてます  想いはつきぬ せせらぎの 流れにうかぶ 淋しい花よ あなたの妻と 心にきめて 燃えた一夜の湯けむりよ どこにいるのよ あなた 恋しさつのります
涙の朝八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳星の数ほど 女はいると 私を捨てた 憎い人 泣いて泣いて 涙も涸れて 眠る私の 夢にまで あゝ あなたあなたが あなたがいるの  二度と逢うまい 逢わずにいたい 苦しいだけの 恋だから 待って待って 涙の中で 朝を迎える 悲しさは あゝ あなたあなたにゃ わかりはしない  遊び疲れて 私の胸が 欲しくなったら 帰ってね 馬鹿な馬鹿な 女でいいの 生きてゆけない 一人では あゝ あなたあなたが あなたが欲しい
あの人の足音伊東ゆかり伊東ゆかり有馬三恵子鈴木淳足音だけで あなたがわかる 目を閉じてても あなたがわかる いきなり肩を 抱いてほしくて ふり向かないの あなたしかない 私の胸に 目を閉じてても あなたがわかる  足音だけで あなたがわかる だまっていても あなたがわかる ゆうべのことを 思い出させる せつない音を 私ひとりが 知っているのよ だまっていても あなたがわかる  足音だけで あなたがわかる そこに立ってる あなたがわかる 鏡の前で 胸をしずめて あなたを待てば 恋にふるえて ときめく耳に そこに立ってる あなたがわかる
愛いつまでも ~Forever Love~大月みやこ大月みやこ湯川れい子鈴木淳あなたと 恋をして 傷つき さまよい 泣いたけど…  幸せは こんな風に 涙が優しく 連れてくる  ときめく 紅をさして(Always be with you) 心 少女のまま(Oh my mind) いつも 瞳 あなただけを 見ていたい  ああ あなたの腕の中で I will Love you Forever more 愛してる…  初めて 結ばれた 遠い 夏の日を 忘れない…  あふれてく 私の海で 疲れた身体を  やすめてね  窓には 赤い花を(Always be with you) いつも 咲かせましょう(On my mind) 辛い時も 愛の夢を 見るように  ああ 今夜も 腕の中で I will Love you Forever more 目を閉じて…  EVEN IF WINDS KEEP BLOWIN' EVERYDAY (Please just all my name) I'll BE AT YOUR SIDE ALL THE WAY (All the way) DARLING, I NEED YOU SO YOU MAKE MY LIFE COMPLETE TILL THE END OF TIME  ああ 世界を 満たしながら I will Love you Forever more いつまでも‥‥  I will Love you Forever more いつまでも‥‥
雪舞い岬瀬口侑希瀬口侑希石原信一鈴木淳紅葉終われば 冬便り 空から雪虫 降りて来て 熱く抱かれた 思い出も 白い宗谷に 消えてゆく ああ 恋を失くした 女がひとり 心凍えて 汽車に乗る 愛したことが 罪ですか… 北の岬に 雪が舞う  名前知らない 無人駅 あなたがホームに いるようで 知らず知らずに 探してる 追えばむなしい 幻を ああ 恋を失くした 女がひとり 荒れる海沿い 汽車に乗る はぐれかもめが 風の中… 遥かサハリン 雪が舞う  夜のトンネル その先に あの日のあなたは いないけど 思い出ひとつ ぬくもりに 明日信じて 旅を行く ああ 恋を失くした 女がひとり 春を訪ねて 汽車に乗る いつか悲しみ とけますか… 北の岬に 雪が舞う
雪舞い港椎名佐千子椎名佐千子麻こよみ鈴木淳船がいつ出る あてさえなくて 吹雪いて荒れる 北の海 あなたの後を 追いかけて ここまで ここまで 来たものを… 行く手遮(さえぎ)る 波しぶき ひとり足留め 雪舞い港  「忘れて欲しい」 あの一言が 氷柱(つらら)みたいに 胸を刺す 一縷(いちる)の望み 抱きしめて ここまで ここまで 来たものを… 私を捨てる その訳を せめて聞きたい あなたから  風はいつ止む 待ち合い室の 吐息に曇る ガラス窓 涙をこらえ 追いかけて ここまで ここまで 来たものを… 海よ荒れるな 今日だけは 祈る思いの 雪舞い港
二人の雨石原裕次郎石原裕次郎山口洋子鈴木淳もっとこっちへお寄りよ 背中が濡れる どうしよう来た道 また戻ろうか ひとつしかない この傘は 別れたくない夜の 恋ごころ  寒くないかとコートを 着せかけながら 今日もまた云えない 愛していると どこか幼い くちびるに ささやいているような 雨の音  きっと明日もこのまま 降りつづくだろう ひとつづつ消えてゆく うるんだ灯り 二人を結んだ 銀の糸 どこまでも歩こうよ 雨の街
夜の東京の片隅で黒木憲黒木憲有馬三恵子鈴木淳泣いているんだね 何か辛いんだね 痛いほど わかる気がするその泪 夜の東京の片隅で 俺もいつか こらえきれずに泣いたから  戻っちゃ来ないさ 忘れちまいなよ 出来るなら 肩をたたいてやりたいが 夜の東京の片隅で 俺も知ってる 無理に忘れた哀しさを  風が出てきたよ 雨になるんだろうか 寂しくて 俺もこのまま帰れない 夜の東京の片隅で 待ってやるさ 気がすむまで泣くがいい
春夏秋冬 ふられ節多岐川舞子・八代亜紀・神野美伽・林あさ美多岐川舞子・八代亜紀・神野美伽・林あさ美荒木とよひさ鈴木淳男なんて 男なんて 可愛いいすずめ (ほんと そうよね) その気になって 惚れたけど (ア、ヨイショ) こんないい女 捨てちゃって どこかの誰かと 膝枕  (それで どうしたの)  ふられちゃって ふられちゃって ふられちゃってさ 桜吹雪の 月の晩に ふられちゃって ふられちゃって ふられちゃってさ 酒もっておいでよ 酒もっておいでよ ふられ節  男なんて 男なんて 三ヶ月のつばめ (ほんと そうよね) 嘘つき三寸 巣を作り (ア、ヨイショ) こんないい女 捨てちゃって 紫陽花しぐれの 蚊帳ん中 (それで どうしたの)  ふられちゃって ふられちゃって ふられちゃってさ 七夕さんに しがみつき ふられちゃって ふられちゃって ふられちゃってさ 酒もっておいでよ 酒もっておいでよ ふられ節  男なんて 男なんて 酔っぱらいカラス (ほんと そうよね) 飲ませて 着せて 尽くしたが (ア、ヨイショ) こんないい女 捨てちゃって 秋桜畑に かくれんぼ (それで どうしたの)  ふられちゃって ふられちゃって ふられちゃってさ 帰っちゃ来ない 寺の鐘 ふられちゃって ふられちゃって ふられちゃってさ 酒もっておいでよ 酒もっておいでよ ふられ節  男なんて 男なんて 薄情なかもめ (ほんと そうよね) 未練なんぞは ないけれど (ア、ヨイショ) こんないい女 捨てちゃって 椿をくわえて 波の上 (それで どうしたの)  ふられちゃって ふられちゃって ふられちゃってさ 雪に残した 下駄のあと ふられちゃって ふられちゃって ふられちゃってさ 酒もっておいでよ 酒もっておいでよ ふられ節  ふられちゃって ふられちゃって ふられちゃってさ 酒もっておいでよ 酒もっておいでよ ふられ節 酒もっておいでよ 酒もっておいでよ ふられ節
対馬海峡椎名佐千子椎名佐千子仁井谷俊也鈴木淳風がうず巻く 海が鳴く 波のしぶきが 頬に散る こころに想い出 抱いたまま 別れてゆくのは あなた… 辛すぎる 対馬海峡 せつない涙が まつげを濡らす…  耳をつんざく あの汽笛 誰に想いを 告げて鳴る いけない所が あるのなら 我がまま強がり あなた…直します 対馬海峡 ひとりで旅する いのちが寒い…  カモメ騒いで 日が昏れて 岬 燈台 灯がともる も一度出直し 出来るなら やさしいあの胸 あなた… 帰りたい 対馬海峡 愛しいこころが あなたに走る…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
それでもいいの香川裕子香川裕子悠木圭子鈴木淳男につくして 捨てられる 馬鹿な女と 世間は笑う いいの いいのよ だますより 女ですもの だまされましょう 夜の裏街 通り雨  一度はわたしを 抱いた人 なんで憎いと 責められましょう 涙 涙が かわくまで せめてお酒に 溺れていたい 夜の裏街 通り雨  しあわせなんかにゃ 縁がない ついてないわと 自分を笑う 男 男の 言うままに 今度こそわと また泣かされる 夜の裏街 通り雨
泣きむし海峡椎名佐千子椎名佐千子仁井谷俊也鈴木淳追ってゆけずに わかれたひとを 待てば泣けます 港駅 船が着くたび 桟橋に 走る私が 見えますか 帰ってよ…帰ってよ… 帰ってきてよ 呼べばしぐれる… 泣きむし海峡  心細げな 海鳥一羽 どこか私に 似ています おれの港は おまえだと 抱いたあの夜は 嘘ですか 帰ってよ…帰ってよ… 帰ってきてよ 声もせつない… 泣きむし海峡  雨に滲んだ 漁火みつめ 遠い想い出 指で折る いくつ季節を 見送れば 好きなあなたに 逢えますか 帰ってよ…帰ってよ… 帰ってきてよ 波につぶやく… 泣きむし海峡
女・なみだ酒入山アキ子入山アキ子悠木圭子鈴木淳女がひとりで 飲んでる胸に 寂しさばかりが 沁みてくる 飲んでも酔えない なみだ酒 あなた ゝ あなただけしか 愛せないのに 二度と逢う日は ないのでしょうか 今でも貴方を 待ってる私  あなたが笑った あなたが泣いた 哀しいくらいに 思い出す 涙に曇った ガラス窓 いつか ゝ いつかあなたが帰る気がして 風の音にも 心が騒ぐ はかない女の 未練でしょうか  女の幸せ 夢見ることが 男の人生 邪魔ならば 夢など一生 見ないから せめて ゝ せめて冷たい雨降る夜は 背中合わせの あなたでいいの 何(なん)にもいらない 帰って欲しい
おんなの涙八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳こんな哀しい 女の涙 知っているのか 夜の雨 死ぬ程惚れて 捨てられて 憎む事さえ 出来ない私 今夜も冷たい 雨に泣く  どんな花でも 一度は咲いて 夢をみてから 散るものを あなたの重荷に なるのなら 日蔭の花でも よかった私 あゝ想い出が泣く 雨が降る  夜更けてひとり 未練の涙 いつしか覚えた 夜の酒 この世でも一度 逢えるまで 死ぬ事さえも 出来ない私 今夜も溺れて 雨に泣く
信濃慕情入山アキ子入山アキ子悠木圭子鈴木淳あなたと歩いた 信濃路を 一人で歩けば 冬の雨 はぐれ鳥啼きながら霧の彼方へ飛んで行く 私にはもう 帰る胸もない 背中が濡れる 心も濡れる 幸せ遠い 恋でした  生きてることさえ 辛くなる 思い出ばかりの 信濃川 こぶし咲く夕暮れのからまつ林に陽が落ちて はらはらと 花びらが降りかかる あなたの胸に 甘えたことも はかない夢と 消えてゆく  心も命も 一つだと 二人で誓った 信濃宿 押し寄せる寂しさに崩れそうです一人では もう一度逢いたいと 胸が泣く 愛しいあなた 忘れられずに あふれる涙 止まらない
あなたとならばO'sO's山上路夫鈴木淳あなたとならば 前を向いて歩ける 涙がでても すぐにかわくわ あなたとならば たとえ世界の果ての 凍りついた荒野にでも わたしはゆける 街の店コーヒーを 飲んでるだけで 二人の愛は 育ってゆくの あなたとならば 明日を信じてゆける 今日という日が 灰色だって めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  あなたとならば 歌を唄ってゆける 悲しいことも 耐えられるでしょう あなたとならば 生きる悩みを抱いて 生きてゆける二人の道 歩いてゆける 街はずれ星空を ながめていたら 流れ星ふたつ 流れていった あなたとならば 今はかすんだ未来 恐くはないわ 進んでゆける めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  今日はもうあの空の 向こうに消えた 新しい時を 二人して待ちましょう  あなたとならば 夜が淋しい時も わたしは待てる 朝焼けの時 めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  眠る前に祈りたいの あなたのこと やさしい夢を見て おやすみなさい
恋勿草椎名佐千子椎名佐千子悠木圭子鈴木淳夜明け間近かの 雨降り橋に 遠く霞んだ あなたの背中 誰にも云えない 恋だから 大事にひとりで 抱きしめる あなた どうぞ 行かないで 濡れてせつない 恋勿草(こいなぐさ)  何も云わずに あなたを待てば いつか一緒に なれるでしょうか あなたの大きな 腕の中 甘えて泣いても いいですか どうぞ 傍で 尽したい 夢もせつない 恋勿草  ひとりぼっちの 雨降る夜は 凍りつくよに 心も寒い この侭逢えなく なるようで 夢でもいいから 逢いたいの あなた 強く 抱きしめて 燃えてせつない 恋勿草
女だから八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳お前の為なら この命 惜しくはないよと 云うあなた 弱い女の 古傷も 愛して呉れると 云うのなら あなたの情に すがろうか 恋に傷つき 流されて 男の心が わからない  今度こそはと 夢をみて 溺れてゆくのが こわいから やさしい言葉は かけないで 熱い涙が 流れても 心は燃えない 冷えてゆく 男になんかと 云いながら 尽くして捨てられ 又すがる やっぱり 私も 女だから 
おとこの夢黒木じゅん黒木じゅん悠木圭子鈴木淳男の夢を 掴んだら 必ず迎えに 来るから泣くな ふるえる小さな 肩を抱きしめ 二人で泣いた 別れの夜明け 季節(とき)は流れて あれから五年 今でもお前は 待っているのか  陽だまりの中 佇(たたず)んで いつでもやさしく 微笑んでいた お前の笑顔が 哀しく揺れて 目覚める夢に 心が痛む 飛んで行きたい 抱きしめたいよ 今でもお前は 待っているのか  あこがれだった この都会(まち)は 負け犬ばかりが 肩寄せ合える 男は涙を 酒と飲みほし はぐれた夢を 又追いかける きっと帰るよ しあわせ連れて 今でもお前は 待っているのか
白線流し椎名佐千子椎名佐千子木下龍太郎鈴木淳あなたの帽子の 白線と セーラー服の あのリボン 卒業式の 夕暮れ川に 結んで流した 白線流し 二人の肩に 牡丹雪 ああ 想い出は 雪の彼方に  学生時代は ふるさとへ 戻って暮れた 冬休み 暦に朱(あか)い 印を付けて セーター編んでは その日を待った 黒髪飾る 細雪 ああ 想い出は 雪の彼方に  あなたの手紙は いつか絶え 逢えなくなって 幾年か 変わらぬ愛を 誓ったはずが 幻だったか 白線流し 心の中に 名残り雪 ああ 想い出は 雪の彼方に
知床岬入山アキ子入山アキ子悠木圭子鈴木淳北へ 北へと 流れる船の デッキにひとり立てば 涙のしぶき 胸に抱いてた あなたの写真 暗い波間に 消えてゆく 帰らぬ人は もう待たないで 明日に生きる 女の旅です  命 命を 預けたけれど あなたの心いつも 遠くを見ていた 顔をうずめて 泣きたい時も ひとり枕を 濡らしてた はかない夢も 想い出も捨て 明日に生きる 女の旅です  涙 涙が 凍りつくよな 吹雪鳴いて舞い散る 知床岬 振り向かないと 心に決めて 未練心は 捨てました あなたひとすじ 愛したけれど 明日に生きる 女の旅です
女ごころ八代亜紀八代亜紀千家和也鈴木淳なんで私を 女になんか 生んでくれたの お母さん 男ごころを 知りたさに 嘘やお世辞も 嘘やお世辞も 身につけた  瞼 閉じれば 見えてた人が 瞼開ければ 何故消える 逢えば別れが 来ることを 誰が決めたの 誰が決めたの 守ったの  訳があるなら 教えてほしい 訳がないなら 戻ってと 胸のあたりで 合わす手に 宿る倖せ 宿る倖せ 何故薄い  川を流れる 木の葉でさえも 指を差し出す 人はいる 知らぬ誰かに 身をまかせ 眠りたくなる 眠りたくなる 夜もある
銀色の雨小川知子小川知子松井由利夫鈴木淳あなたの涙で ぬらして欲しいの せつなくふるえる 私の唇 銀色の雨の中 小さな傘がひとつ ふれあう指が 愛に燃える あなただけ見つめて 歩いていたい  あなたの心を とりこにしたいの あなたが夢みる 私になりたい 銀色の雨の中 しずくが胸にしみる 信じてゆける 二人だから あなただけ見つめて 歩いていたい  あなたが私に おしえてくれたの 愛する喜び 恋する苦しさ 銀色の雨の中 ため息だけが熱い はじめて咲いた 花のように あなただけ見つめて 歩いていたい
女の街角八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳女の夢は 捨てたけど この恋だけは 離せない 涙 ぼろぼろ 夜の街 あなたに逢えぬ 苦しさに 心は乱れて 酔いしれる  やっと二人が 逢えたのに 今日も人の眼 避けながら 涙 ぼろぼろ 夜の街 泣いて別れを 云うけれど 逢わなきゃ想いが 又つのる  なんで世間は 女だけ 冷たい目をして 指をさす 涙 ぼろぼろ 夜の街 これが二人の 宿命なら 落ちてゆきます 何処までも
私という女ちあきなおみちあきなおみなかにし礼鈴木淳こぬか雨に 芯まで濡れて 消えたあなたは 何処にいるの ああ 心変りさえ ああ 愛のひとつなの 信じていいなら 待てと教えて 私という女に  膝を重ね 坐った椅子が ひとり揺れてる 影をのせて ああ 忘れるためには ああ 何をすればいい 愛していたなら せめて教えて 私という女に  似合いすぎる 最後のルージュ ぬればあなたの 匂いがする ああ 泣いてくらすのが ああ 女のつとめか 情があるなら 死ねと教えて 私という女に
別れ雨香西かおり香西かおり悠木圭子鈴木淳男のあなたが 涙をみせて 女の私が 涙をのんだ 別れの言葉が 嵐のように 身体の中まで かけめぐります すがりつきたい あなたの背中 夜の巷に 消えて行く  泣いてもいいから あなたの側で 日蔭の花でも よかった私 想い出たどれば しあわせ芝居 一つの傘に 寄り添いながら はかない夢に 酔いしれていた 女みれんの しのび雨  涙ににじんだ 灯りも消えて 冷たい時雨が 心にしみる 逢ってはいけない この恋ならば どうしてあの夜 私を抱いた うらむことさえ 出来ない私 濡れて哀しい 別れ雨
追憶の面影橋八代亜紀八代亜紀喜多條忠鈴木淳(セリフ) やさしい人と 暮らしています 遠いあなたの知らない街で  あなたと暮らした あの頃は ふたり貧しい 学生でした 六畳一間の アパートに 若さと夢が 暮らしてました  あなたのジーパン 掛けるたび いつでも小銭が パラパラ落ちた ちいさな幸せ 拾うよに あなたにそっと 返してました  面影橋の 都電の音が 今も時々 聞こえて来ます 青春という名の チンチン電車 今も心に 走って来ます  お酒を飲んでは ケンカする あなたを心配 したものでした 汚れて破れた セーターを 繕う時が やすらぎでした  バイトでお金が 入るたび ゼイタクカステラふたりで買った あなたと暮らせる そのことが わたしにとって ゼイタクでした  やさしい人と 暮らしています どこかあなたに 似ている人と 思い出という名の チンチン電車 今も心に 走っています 思い出という名の チンチン電車 今も心に 走っています
お酒でワルツ長保有紀長保有紀さいとう大三鈴木淳優しい男は 嘘つきだって 港のカモメも 知っている 幸せばかりを 欲しがれば みんな男は 嘘をつく 今夜はお酒 朝までお酒 未練が踊る お酒でワルツ  想い出一緒に 煙草の煙り どこかへ消えたら いいのにね 元町辺りが 恋しくて 少し涙が こぼれます 今夜はお酒 朝までお酒 心で踊る お酒でワルツ  港の灯りが 涙でにじむ 幸せ夢見た 観覧車 ばかだねばかだね もうおわり 戻らないのよ 何もかも 今夜はお酒 朝までお酒 涙と踊る お酒でワルツ
君に逢いたい黒木憲黒木憲有馬三恵子鈴木淳君に逢いたい 今一度 好きで別れた 遠いひと 帰らぬ 愛のおもかげを 泉に淡く 浮かべても 涙でくずれる 想い出の道  君は日傘を ふりながら 待ってくれてた 風の中 ポプラ並木の こぼれ陽が 今もこの目に いたいけど 別れて逢えない 初恋のひと  君は今頃 倖せか 春のあの日を 忘れたか 夢にまで見る 君の名を 夕焼け雲に 呼んだけど 声さえかえらぬ 故郷の空
女の華祭り椎名佐千子椎名佐千子仁井谷俊也鈴木淳恋した女は 口紅の 色彩(いろ)にもこころが 迷います 綺麗になったと あなたから 言われてみたいの 耳許(みみもと)で 春咲く花なら すみれ草 うつむき加減(かげん)に 揺れてます 夏咲く花なら 夾竹桃 あなたの隣で 薫ります 幸せに なりたいの 恋はおんなの 華祭り  夢から醒(さ)めろと 云われても ときめく想いは 隠せない 抱かれて不幸に なるのなら 堕(お)ちてもいいのよ 何処までも 秋咲く花なら 鳳仙花 おんなの果実(いのち)が はじけます 冬咲く花なら 寒椿 あなたをひとすじ 慕います やさしさが 欲しいのよ 恋はせつない 華祭り  幸せに なりたいの 恋はおんなの 華祭り
哀しみ桟橋椎名佐千子椎名佐千子麻こよみ鈴木淳あなたを待ちわび 三年三月 こぼす涙が 波になる 必ず戻る なぐさめを 信じた私が ばかでした ほんとにばかですね 私いつまで 待てばいい 哀しみ桟橋 雨が降る  ひとつの毛布に くるまりながら 沖の漁り火 見た夜ふけ あの日のふたり 幸せを 思えばなおさら せつなくて やっぱりせつなくて 私いつまで 泣けばいい 日暮れの桟橋 雨が降る  女の心の 涙の海に 揺れる未練が 渦(うず)を巻く どこかの町で 今頃は 誰かと暮らして いるでしょか ほんとにいるでしょか 私いつまで 待てばいい 哀しみ桟橋 雨が降る
恋しぐれ大月みやこ大月みやこ悠木圭子鈴木淳涙まじりの 氷雨に濡れて 白い京都に ただひとり 二度と戻らぬ 恋だから 心が凍って しまうまで 想い出捨てて 涙を捨てて 未練も捨てて 生きる女の 恋しぐれ  心だけでも 欲しいとすがる 背中合わせの 恋でした 酔って抱かれた だけですが 離さないよと 燃えたのに あなたはいない 涙も涸れて 私はひとり 生きる女の 恋しぐれ  誰が唄うか あの恋歌を 白い京都に 響きます 比叡おろしの 風に乗り からだの芯まで しみてくる 愛する人と 別れることは 死ぬよりつらい 生きる女の 恋しぐれ 
新宿なみだ町八代亜紀八代亜紀荒木とよひさ鈴木淳酒よ 酒よ 酒よあんたが 男なら あたしを あたしを 捨てないわ 嘘とわかって また惚れて また惚れて 夢につまづく 赤い靴 泣くな新宿 泣くな新宿 新宿なみだ町  雨が 雨が 雨が別れの 未練なら このまま このまま 行かないで ひとり想い出 探しても 探しても 虹も見えない 雨やどり 泣くな新宿 泣くな新宿 新宿なみだ町  夢の 夢の 夢の続きが あるのなら 何処かへ 何処かへ 連れてって そんな倖せ 落ちてれば 落ちてれば 生れ変って 薄化粧 泣くな新宿 泣くな新宿 新宿なみだ町
とおりゃんせ八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳とおりゃんせ とおりゃんせ 此処はどんな おんな道 右を歩けば 情道 左を歩けば 棘道 ゆらり ゆら ゆらり 女の心は 七変化(ななへんげ) ゆらり ゆら ゆらり 渡る世間は 男次第 紅蓮の炎に 身を焦がし 生きて行くのか おんな道  とおりゃんせ とおりゃんせ 何処へ続く 迷い道 ひとつ狂えば 行き止まり 迷い続けて 戻れない くるり くる くるり 女の命は 万華鏡 くるり くる くるり 恋の筋書き 男次第 廻り舞台に 身をゆだね 生きて行くのか おんな道  ゆらり ゆら ゆらり 女の心は 七変化(ななへんげ) ゆらり ゆら ゆらり 渡る世間は 男次第 紅蓮の炎に 身を焦がし 生きて行くのか おんな道
私をもう一度ちあきなおみちあきなおみなかにし礼鈴木淳離しはしないと 背中を抱いた 貴方の右手は 今じゃ他人のもの 淋しがりやを 直してくれず 弱い女に 育てておいて 何故すてる 何故すてる 意地悪は やめて 貴方はそんな人じゃないはずね 私をもう一度 燃えさせて  嬉し涙の まつげを拭いた 貴方のその胸 今じゃ他人のもの 待つことだけを 教えておいて 好きな通りに 仕上げておいて 何故すてる 何故すてる たわむれは やめて 貴方はそんな人じゃないはずね 私をもう一度 見なおして  はかない夢を 見させておいて 女の望み もたせたまゝで 何故すてる 何故すてる 泣かすのは やめて 貴方はそんな人じゃないはずね 私をもう一度 抱きしめて
おきゃん田川寿美田川寿美吉田旺鈴木淳仕立ておろしの花浴衣 見せたいあいつは 鉄砲玉 ドンと尺玉ドンとドンとドンと 祭り花火は燥ぐけど 待ち呆け  おきゃんの濡れまつげ(アチョイと) からかわないでよ エゝエ…エ お月さま だってあたしも だってあたしも お年頃 ハイ お年頃  浮かれチャンチキ 聴かせたら あいつの心は うわの空 ソイヤ ソイヤ ソイヤ ソイヤ ソイヤ ソイヤ 神輿追っかけ西東(にしひがし) あたしのことなど そっちのけ(アチョイと) ひょっとこ面して エゝエ…エ 何処へやら あいついなせな あいついなせな 阿呆鳥(あほうどり) ハイ 阿呆鳥(あほうどり)  待てど暮らせど 来ない彼 怨めば涕けます 隅田河岸 ポンとラムネを ポンとポンとポンと  抜けば泡だつ恋心 どうすりゃいいのよ この気持(アチョイと) 言問橋(ことといばし)から エゝエ…エ 飛ばそうか だっておきゃんも だっておきゃんも お年頃 ハイ お年頃 
なみだの港田川寿美田川寿美悠木圭子鈴木淳生きてあなたを 憎むより いっそ死にたい この海で 弱い女を 哀れむように 遠くで海鳥 ホロホロ鳴いた あなた…あなた 未練でしょうか 思い出が 泣いている港  馬鹿な女と 言われても 忘れられない あの人を 夢を見ました 女の夢を 遠くで漁り火 ちらちら潤む あなた…あなた 未練でしょうか 夢が散る おんなの港  風によろける 細い肩 波が飛沫が 頬を打つ 涙こらえて 岬に立てば 恋しい面影 ゆらゆら揺れる あなた…あなた 未練でしょうか 海が哭く なみだの港
ふたりの夢八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳あなたの好きな 手料理だけを 夢中で覚えた 私です あなたの苦しみ 知らないで 甘えた私が 馬鹿でした 笑ってお別れ したいけど 涙であなたが 見えないわ 見えないわ  あなたの夢は 私の夢と 今日まで尽くした この私 女に生まれた しあわせを あなたが教えて くれたから あなたの重荷に なるよりは 遠くで 倖せ 祈ります 祈ります  お酒やタバコ 飲み過ぎないで たまには 躰を 休めてね 今更 あなたに こんなこと 出過ぎた私を 許してね あなたと別れて 暮らしても 私はあなたの 女です 女です
霧にむせぶ夜舟木一夫舟木一夫丹古晴己鈴木淳涙じゃないよと 言いたいけれど こらえても こらえても まつ毛がぬれる 君より切ない この俺なのさ だから笑顔が ほしいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  逢いたくなったら 夢でも逢える はなれても はなれても かわらぬ心 君より激しい この恋なのさ だから死ぬほど つらいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  分ってくれたら 泣くのをやめて いつまでも いつまでも 待たせはしない 君より淋しい この胸なのさ だからみじかい 旅なのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜
愛憐歌香西かおり香西かおりいではく鈴木淳顔をあげれば東の空に 浮かぶ半月 黄昏もよう 遠く見下ろす 街場の灯り 二年の月日は思い出ばかり あなたの心のどこに私がいたのでしょう 聞いても写真が笑うだけ 哀しみ抱いたまま たどる道 歌う愛憐歌  道で行き交う誰もがみんな 見えるしあわせ 気のせいですか ふたつ たむけた桔梗の花と お酒の瓶がせめての想い あの頃 ふたりで飲んではしゃいでいたものを 今では哀しい彼岸会(ひがんえ)に 涙でつぶやいた あんた馬鹿 ひとり愛憐歌  夕餉の仕度も 心むなしいものだけど 明日をみつめて生きるため ため息 捨てました今日からは 夢で愛憐歌
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ねんねん ふるさと田川寿美田川寿美悠木圭子鈴木淳ねんねんころりと 流れる声を 夢かうつゝか 聴きながら 遠い昔に 辿りつく 母の背中の 子守唄 ねんねんころりよ おころりよ 春にはリンゴの 花が咲き 秋にはコスモス こぼれて咲いた あゝ ふるさとが遠くなる あゝ あのふるさとが好きなのに  ねんねんころりと つぶやいてみた 何故か涙が 湧いてくる 遠い昔に いるようで 父に甘えた 肩車 ねんねんころりよ おころりよ 流れる綿雲 赤トンボ からまつ林に 粉雪が舞う あゝ ふるさとは胸の中 あゝ あのふるさとが好きだった  ねんねんころりよ おころりよ あゝ ふるさとへいつの日か あゝ あのふるさとへ帰りたい  
恋街ブルース八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳シュヴィドゥヴァー シュヴィドゥヴァー シュドゥヴィ シュドゥヴィ シュヴィドゥヴァー  たとえ一夜の 契りでも つれない人と 知りながら 待っているのよ 貴方だけ 花も夜咲く 函館 大門 恋の街  貴方来るかと 今日も又 涙に濡れて 霧の中 燃える想いを 伝えたい 汽笛切ない 港 横浜 恋の街  シュドゥヴィ シュドゥヴィ シュヴィドゥヴァー  人の心を ひきつけて 他の誰かに 溺れてる お酒のせいに するなんて 罪な話よ 京都 木屋町 恋の街  好きな貴方の 嘘だから 一度だけなら 許したが 二度が三度じゃ 気にかかる なみだ元町 神戸 元町 恋の街  シュヴィドゥヴァー シュヴィドゥヴァー シュドゥヴィ シュドゥヴィ シュヴィドゥヴァー  嘘を承知で だまされる 逢えば貴方の 腕の中 待っていたのよ 貴方だけ 夜に濡れてる 博多 中洲は恋の街
放浪記田川寿美田川寿美悠木圭子鈴木淳二度と逢えない 別れでしょうか 忘れるなんて 出来ないわ ふるさと捨てた あなたを追って 津軽の海は 越えたけど あてもなく あてもなく 何処まで行けば あなたに逢える  こんな哀しい 女の胸に 誰が弾くやら じょんがらの せつなくしみる 哀しい歌が 北の果てまで 追いかける 流されて 流されて 何処まで行けば あなたに逢える  風に押されて 歩いています 今夜は吹雪に なると云う 見知らぬ人の やさしい言葉 こらえた涙が こぼれます 泣かないで 泣かないで 何処まで行けば あなたに逢える
風岬田川寿美田川寿美悠木圭子鈴木淳ひゅう ひゅう ひゅう ひゅる ひゅる 風が泣く あなた恋しと 吹き荒れる 二人で歩いた 風の岬は 涙のむこうに かすみます  行先もなく 道連れもなく からだの芯まで 凍ります もう一度あなた あの日のように 心 重ねたい あなた… あなた… 哀しすぎます 日本海  ひとりぼっちで 膝を抱き 海に降る雪 見ています 花いちもんめ どの子が欲しい 私を選んで くれた人  涙ににじむ 灯りも消えて 遠い昔が 浮かびます 今の私は あなたが欲しい 心 奪いたい あなた… あなた… 哀しすぎます 日本海  行先もなく 道連れもなく からだの芯まで 凍ります もう一度あなた あの日のように 心 重ねたい あなた… あなた… 哀しすぎます 日本海
再会ラブソング由紀さおり由紀さおり岡田冨美子鈴木淳元気そうね ばったり逢うなんて不思議ね 今でもまさか 一人じゃないでしょね 別れてからいろいろあったのよ わたしは 淋しくなると あなたを思い出してた  人生は夢のようなもの 過ぎて行く すごいスピードで 人生はだから面白い 再会に乾杯 お久しぶり  変わらないね いつかも水割りをゆらして 仕事が恋人なんて言ってたね 昔のこと忘れて友達になれたら 今度はずっと楽しく付きあえそうね  人生は風のようなもの 吹き抜けて 二度と帰らない 人生を熱く抱きしめて 再会に乾杯 お久しぶり  人生は夢のようなもの 過ぎて行く すごいスピードで 人生はだから面白い 再会に乾杯 お久しぶり  再会に乾杯 お久しぶり
裸足のシンデレラ八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳ガラスの靴を脱いで カボチャの馬車を降りて いつものブルージーンで 恋をしましょう 頬と頬寄せ 踊っていたい  あなたの囁く(あなたの囁く)甘い言葉に 恋のボタン外れ 胸がときめく 燃えて 燃えて 燃えて 少女になって 時間忘れ 二人だけの世界で 1et's go dance 激しい リズムで踊ろう  魔法の切れた後は 只の男と女 裸足になって二人 恋をしましょう  時刻が過ぎても 踊っていたい  何にも見えない(何にも見えない)なにもいらない つらい事も 今はみんな忘れて 揺れて 揺れて 揺れて 夢を見ている 貴方だけの私 恋の虜よ 1et's go dance 激しい リズムで踊ろう  頬と頬寄せ 踊っていたい  あなたの囁く(あなたの囁く)甘い言葉に 恋のボタン外れ 胸がときめく 燃えて 燃えて 燃えて 少女になって 時間忘れ 二人だけの世界で 1et's go dance 激しい リズムで踊ろう 1et's go dance 激しい リズムで踊ろう
きずな道入山アキ子入山アキ子悠木圭子鈴木淳生きてゆくのが 辛くなるよな 苦しく哀しい 茨(いばら)の道も この世に生まれた 試練だと 明るい笑顔に 夢を乗せ あなたは何時でも 前向きでした お母さん お母さん 私も歩く あなたの道を  胸の灯りを 消さないように 嵐の中でも 守っています 冷たい吹雪に 耐えて咲く 名もない 小さな野の花も やがては雪解け 蕾も開く お母さん お母さん 私も歩く あなたの道を  泣いてばかりの 人生だけど 心は貧しく ならないように 大空見上げて 歩きます あなたの背中の ぬくもりを 今でもしっかり 覚えています お母さん お母さん 私も歩く あなたの道を
おんなの夢真木ひでと真木ひでと悠木圭子鈴木淳一度でいいから 人並に あなたの妻と 呼ばれてみたい あゝ夢を…… 夢を…… 夢をみたのよ 他人じゃないよと 抱きしめられて 一生一度の 恋に泣く  ひとりでこれから 生きるより 例え日陰の 花でもいいの あゝ涙…… 涙…… 涙かみしめ 人のそしりも 耐えているけど 女ですもの 泣きたいの  あなたと暮らす しあわせは 私ひとりの 夢でもいいの あゝ女…… 女…… 女運命を 夜の化粧に 涙をかくし 一生一度の 恋に泣く
無駄な抵抗やめましょうちあきなおみちあきなおみなかにし礼鈴木淳嘘をついても だめなのね 下手なごまかし 効かないわ 無駄な抵抗 やめましょう あなたに身柄を 預けましょう そうよ あなたの勝ちよ 負けて私は 幸せよ 意地をはってた 今日までが 私はとっても 恥ずかしい  顔を伏せても もうおそい 何処へ逃げても つかまるわ 無駄な抵抗 やめましょう あなたに運命 任せましょう そうよ あなたのものよ 爪の先から 心まで あなたの自由に されるのが 私はほんとに 嬉しいの  どうぞあなたの すきに 恋の戦さの 捕虜だから 左目ひらいて 右とじて 私はひそかに 待っている
季節は流れても田川寿美田川寿美悠木圭子鈴木淳あなた…どうぞ…思い出してよ あの日二人で砂を枕に星空見ていた 波の音は子守唄のように 流れ星が一つ海に消えて つなぐ手と手に夢を預けて 愛した… あなた…どうして 離ればなれに 生きてゆくなんてとても出来ない あなたに逢いたい…  今日も…ひとり…海を見てます 風が背中を押しているのに 思わず振り向く きっと逢えるいつか帰るあなた こんな私今は重荷ですか 愛を覚えた心せつなく 恋しい… 命重ねた日々を信じて 季節(とき)は流れても愛はそのまゝ 誰にも消せない…  あなた…どうして 離ればなれに 生きてゆくなんてとても出来ない あなたに逢いたい…
雨のよりそい花入山アキ子入山アキ子悠木圭子鈴木淳ひとりが淋(さみ)しい 雨降る夜は 飲めぬお酒を 並べています 傘もささずに 夜の街 濡れてあなたは 流されて 女の心を 裏切るけれど 憎めないのよ 二人は一つ  何も云わずに 騙されましょう 好きで一緒に なったのだから 顔で笑って 心で泣いて 雨にうたれた 鉢植は あなたと私の 大事ないのち 花を咲かせて 二人は一つ  女に生まれた 幸せなんて 口に出したら 壊れてしまう 子供みたいに 膝枕 酔った振りする あなたには 明日(あした)の夢など 見えないけれど 心重ねて 二人は一つ
さよならがこわいの小川知子小川知子悠木圭子鈴木淳お別れの口づけが なぜか今夜は冷たくて さよならするのがこわいの あえなくなるようで 雨の中濡れながら 帰ってゆくあなたの影に しのび逢うこの恋が たまらない私  唇をかみながら じっと見つめるぬれた目が 信じていてもこわいの はなれて行くようで 闇の中ふりむかず 消えてゆく今夜のあなた もう一度その胸に 抱きしめて欲しい  胸の中くるおしく 残してゆくあなたのかおり しのび逢うこの恋が たまらない私
港町純情八代亜紀八代亜紀水木かおる鈴木淳酒を浴びせて グラスを砕き 後ろも見ないで 消えたひと あなたの思いの はげしさを 今さら知った 雨の 雨の港町 むせぶ霧笛が 胸をさす  男ごころを 秤にかけて ためした私が 悪かった 怒りにふるえる あの肩に すがって詫びる 雨の 雨の港町 かもめ翔びたつ 北の海  棚のボトルに 半分残る あなたのお酒の いとおしさ 気まずい別れを したままで 待つのはつらい 雨の 雨の港町 酔って霧笛と 泣く夜更け
風ぐるま・恋唄田川寿美田川寿美悠木圭子鈴木淳冬の海は荒れて 遠く岬がかすむ 弱い心 叱るように 風がこの頬 叩きます あなた忘れて 生きるのは 命縮める 思いです 誰が捨てたか 砂山に 赤い小さな 風ぐるま きゅる きゅるり きゅる きゅるり 風にふるえて 泣いてます  あなたがギターを弾いて 私を泣かせた歌が 一人ぼっちの この町で 今日も心に 浮かびます つらい恋です 運命です 熱い想いが つのります 昨日拾った 風ぐるま 今の私の 心です きゅる きゅるり きゅる きゅるり 風に吹かれて 泣いてます  いつかあなたの 胸の中 たどりつきたい 私です 燃える想いを 抱きしめて 赤い小さな 風ぐるま きゅる きゅるり きゅる きゅるり 風に向かって 泣いてます
あなたに乾盃八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳ごめん…なんて云われたらもう終わりです 今度たけは言い訳も 何もなくて いきなり両手をついて 謝られても 泣いてすがる 年でもないし…  七年も一緒に 過ごした仲だから あなたの心は わかってしまう どうぞ自分の好きなように生きて下さい でもどこかでばったり出逢ったら 笑って手ぐらい 振ってよね  涙…なんか見せないでさよならしましょう 久し振りの乾盃が 別れの酒ね 夜明けにこうして二人で 呑んでるなんて 今になって 胸がときめく  可笑しいね 今更 女になるなんて あなたの心は 遠くを見てる ワインに酔ったふりをしてはしゃぐ私を 哀しい目をして見ないで欲しい 明日は他人に なる二人  七年も一緒に 過ごした仲だから あなたの心は わかってしまう どうぞ自分の好きなように生きて下さい でもどこかでばったり出逢ったら 笑って手ぐらい 振ってよね  笑って手ぐらい 振ってよね
あなたに夢中なの小川知子小川知子有馬三恵子鈴木淳食べてしまいたいわ とても可愛いんだもん 甘い恋をしたい あなたに夢中なのよ 声もムードもすてきよ みんな みんな 好きなの 内緒話しましょ 二人だけの時に 泣いてみたいくらい あなたに夢中なのよ  みんな見せてあげる 恋に燃えるハート かくしたって駄目ね あなたに夢中なのよ そばに居れば楽しい 夢を見てる気持よ もしもキッスしたら 二人だけの秘密 胸が痛いくらい あなたに夢中なのよ
明日に生きる愛の歌八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳人生は山があり 谷もあり デコボコ道が あるけれど 負けない 泣かない 何処までも 信じたこの道 頑張るよ みんなで一緒に 手をつなぎ 心を一つに 寄り添えば ほら 楽しい歌が 聞こえてくるよ さあ 歌いましょう 愛の歌 明日に生きる 愛の歌  心からありがとう 今日も又 感謝の涙! 止まらない 誰にも云えない 哀しみも 弱音をはかずに 頑張るよ 必ず誰かが 手を貸して やさしい光も 見えてくる ほら 楽しい歌が 聞こえてくるよ さあ 歌いましょう 愛の歌 明日に生きる 愛の歌  明日に生きる 愛の歌
紅い寒ぼたん椎名佐千子椎名佐千子麻こよみ鈴木淳はらはらこぼれる 花びらは 女の涙か 寒ぼたん 終った恋だと わかっても あきらめきれない 私です・・・・・ あなたを待つのは 愚かでしょうか 未練曇りの 冬の空  あなたのぬくもり 優しさも 私のものだと 信じてた 女の心の うぬぼれが いつしかあなたに 嫌われた・・・・・ 恋しい面影 消せるでしょうか 胸の痛みが また戻る  身を切る寒さに 耐えながら 咲いて誰待つ 寒ぼたん 哀しい別れの あの日から 口紅引く気も なれなくて・・・・・ あなたを待つのは 愚かでしょうか 名前呼ぶ声 風に散る
初恋のひと山口百恵山口百恵有馬三恵子鈴木淳そよ風みたいにしのぶ あの人はもう 私の事など みんな忘れたかしら のばらをいつも 両手に抱いて 朝の窓辺に 届けて呉れた 何故だか逢えなくなって 恋しい人なの  麦わら帽子のような 匂いをさせて 私を海辺へつれて 走った人よ 光の中を もつれるように はずんだ胸は 熱かったわね 懐しがっても遠い 夢の人なの  小麦色した あの日の笑顔 私一人が 知っているのに 今なら恋だと分かる はるかな人なの
花はまぼろし黒木憲黒木憲丹古晴己鈴木淳こころのすみで いつまでも 涙にぬれて 咲いている 思い出だけの はかないかおり ああ 初恋の 花はまぼろし  かなしいトゲの あることを あの娘も俺も 知らなくて いちずにもえた かえらぬ月日 ああ 初恋の 花はまぼろし  千切ってすてて すむのなら こんなに胸も いたまない 夢より淡い おもかげなのに ああ 初恋の 花はまぼろし
おじぎ草椎名佐千子椎名佐千子仁井谷俊也鈴木淳人眼にかくれて 咲く花に 愛の陽射しを くれたひと あなたの飾りに なるような 綺麗な花では ないけれど おじぎ草… おじぎ草… 咲いていたいの あなたの傍で  身の程知らずと 云われても あなた以外は 愛せない 世間に負けそな この心 ささえて欲しいと うつむいた おじぎ草… おじぎ草… ついてゆきたい あなたの後を  やさしくされると 恐くなる 慣れてないのよ 倖せに こうしてあなたの 胸の中 夢みていたいと 羞じらった おじぎ草… おじぎ草… 生きてゆきたい あなたとふたり
北国の白い花橋幸夫橋幸夫有馬三恵子鈴木淳二人の好きな 白い花 君ににている 白い花 別れの夜に 心こめ やさしく僕に くれたとき さよならも云えないで 見つめあい ただ淋しげに していたね なぜに二人は 逢ったのか なぜに二人は ふりむいた  二度とは逢えない 白い花 熱い想いを ひめた花 君のにおいの する花が 僕の心を くるしめた 好きだから好きだから 夢として 指もふれずに 別れたね 花は海辺に 流そうか 砂に涙で うめようか  風が梢(こずえ)を ゆする日は 空の青さが しみるよな 北国の北国の 思い出は 好きと云えずに 消えた恋 忘れられない 白い花 忘れられない 白い花
銀色小川知子小川知子松井由利夫鈴木淳あなたの涙で ぬらして欲しいの せつなくふるえる 私の唇 銀色の雨の中 小さな傘がひとつ ふれあう指が 愛に燃える あなただけ見つめて 歩いていたい  あなたの心を とりこにしたいの あなたが夢みる 私になりたい 銀色の雨の中 しずくが胸にしみる 信じてゆける 二人だから あなただけ見つめて 歩いていたい  あなたが私に おしえてくれたの 愛する喜び 恋する苦しさ 銀色の雨の中 ため息だけが熱い はじめて咲いた 花のように あなただけ見つめて 歩いていたい
哀しみにさようなら田川寿美田川寿美悠木圭子鈴木淳地図にないふるさとの 小さな寂しい無人駅 季節はずれの 粉雪が 涙と一緒に 消えてゆく  今日から 明日へ又その明日 やがて来る雪どけの 春を信じて 哀しみに さようなら 片道切符握りしめ 私はひとり 旅に出る…  青い空白い雲 見上げて心が途中下車 昨日の涙 捨てながら 大地に抱かれて 歩きます  今日から 明日へ又その明日 振り向けば傷ついた 愛の想い出 今はもう 捨てました いつかはきっと 倖わせに 夢を追いかけて めぐり逢う…  今日から 明日へ又その明日 やがて来る雪どけの 春を信じて 哀しみに さようなら 片道切符握りしめ 私はひとり 旅に出る…
ザンザ岬入山アキ子入山アキ子星野哲郎鈴木淳いい奴(ひと)見つけて 一緒になれよ 俺らを当てに するなよと 野寒布(ノシャップ)岬で あのひとが 投げた別れの 横波が ザンザザ ザンザザ ザンザとヨー ザンザザ ザンザザ ザンザとヨー 女心を ゆさぶりまわす 熱い血潮が のたうちまわる  あくびが出るほど 嫌った人を 死にたくなるほど 好きになる 女の潮時 かくれ岩 食わず嫌いの その性(さが)を ザンザザ ザンザザ ザンザとヨー ザンザザ ザンザザ ザンザとヨー  惚れて艶出す ヤン衆娘 礼文(れぶん)育ちの 鴎がわらう シベリア帰りの 蟹篭船(かにかごせん)の 雪焼顔(ゆきやけがお)を 待ちわびる 野寒布岬の 船宿は 三月前から 札止めさ ザンザザ ザンザザ ザンザとヨー ザンザザ ザンザザ ザンザとヨー 海が鳴るたび 乳房が軋(きし)む 秘めた素足が ぽっぽと火照(ほて)る
おんなの夜雨椎名佐千子椎名佐千子麻こよみ鈴木淳幸せ一文字(ひともじ) グラスに浮かべ 揺らせば涙が こぼれます あなたのいない この胸に しみてせつない 雨の音 あきらめきれない 今もまだ ひとり止まり木 おんなの夜雨(よさめ)  寄り添い甘えて 暮らした月日 たどれば心が 震えます 差し出す傘を 振り切って 消えたあの日の うしろ影 思い出雫(しずく)に また濡れて 胸に篠突(しのつ)く おんなの夜雨(よさめ)  朝には覚めると わかっていても 酔ってあなたを 忘れたい 面影いつか 消せたなら 他の幸せ ありますか あきらめきれない 今もまだ 尽きぬ未練の おんなの夜雨(よさめ)
盛り場流れ唄八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳夜の中洲は 思い出ばかり 恋もしました 泣きました 花を散らした この街で 別れた人の いとしさが 心濡らして つのります  夜の新地は 情の花が 雨に打たれて 散ってゆく 酔って紛らす この背(せな)に 昔の演歌(うた)が 聞こえます 強がり女の しのび泣き  夜の栄は 涙の雨が 遠い思い出 流します 今夜限りの 優しさを 嘘と知りつゝ 許したの 馬鹿な女の 深情  夜のすゝきの 灯(あかり)が点りゃ 女心が うずきます 今度こそはと 夢を見て 今日もあなたの 一夜妻 夜の化粧の 裏で泣く
男のららばい山川豊山川豊たきのえいじ鈴木淳おもいで肴に くみ交わす 男の背中に 顔がある 十人十色の とまり木で 夢を丸めて 流し込む  ららばい ららばい 胸に刺さる 注ぎ足す氷の 割れる音 ららばい ららばい 心が寒い 今もおまえが 気にかかる ららばい ららばい 洋酒がしみる 酔う程昔が 近くなる ららばい ららばい おまえが映る 何故に捨てたと 身をせめる  カモメも飛ばなきゃ 船もない 酒場と云う名の 船着場 しり切れとんぼの しあわせを 洋酒に浮かべて 酔いしれる  ららばい ららばい 変わりないか 今更未練じゃ ないけれど ららばい ららばい 雨降る夜は 胸がおまえを 恋しがる ららばい ららばい 洋酒がしみる 酔う程昔が 近くなる ららばい ららばい おまえが映る 何故に捨てたと 身をせめる 
かなしい唇ちあきなおみちあきなおみ丹古晴己鈴木淳今夜もかわくの 悲しい唇 あなたを忘れぬ 悲しい唇 別れのキッスを 濡らした雨が ひとりぼっちの 窓に降る あゝ…… 私の愛はどこへいったの  今夜もかわくの 悲しい唇 あなた一人の 悲しい唇 雨より冷たい 涙の粒が カットグラスの 灯にもえる あゝ…… 私の夢はどこへいったの  今夜もかわくの 悲しい唇 あなたを求める 悲しい唇 こわれたライター ならしてみても 雨の音しか きこえない あゝ…… 私の夜はどこへいったの
おしず大月みやこ大月みやこ池田充男鈴木淳あと二日 もうひと夜 はじめて逢った あのやどで 指の先まで あまえたい きつく結んだ 塩瀬帯 細い体が 痛みます 折れそうに 雪国 おしずを 忘れないでほしい  燃えたって 雪なさけ 死ぬほど好きに なるなんて ばかね私が 悪いのね 離ればなれの 長い冬 つらくなります 明日から また一人 待ってる おしずを 忘れないでほしい  むらさきの 蛇の目傘 あなたのほうへ 傾けて 歩く雪道 ころびそう 泣いてとめても 帰るひと 上り列車の 憎らしさ あの汽笛 あなたの おしずを 忘れないでほしい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
いつものお店で…おおい大輔・みずき舞おおい大輔・みずき舞悠木圭子鈴木淳今夜はあなたに 逢えそうで いつものお店で 雨やどり 名前も知らない 二人だけれど 隣に座れば 通い合う 大人の恋感じて 夜が更けてゆく 瞳と瞳で選んだ ハイボール 乾杯! 乾杯! 最終電車 まだまだ間に合う外は雨  からだがファファ いい気持ち 濡れてもいいから 帰ろかな 介抱するから 酔ってもいいよ 今夜は特別 色っぽい 触れあう指 せつなく胸がときめく 心にしみ入る ハイボール 乾杯! 乾杯! 二人の世界 すべてを忘れてしまいそう  グラスの中燃えてる 氷が溶けて 二人で飲み干す ハイボール 乾杯! 乾杯! 時計を止めて 今夜は楽しく飲みましょう  シュビドゥビ シュビドゥビ 今夜は素敵な恋人 このまま二人で一緒に飲みましょう  シュビドゥビ シュビドゥビ 今夜は素敵な恋人 このまま朝まで二人で楽しく乾杯
濡れて神戸黒木じゅん黒木じゅん悠木圭子鈴木淳逢えば逢う程 苦しいと 背中を向ける 肩が泣いてた あの時追いかけ 抱きしめてたら 二人は一緒に なっていたのか 悔やんでも 悔やんでも 却(かえ)らない 神戸港は涙雨 あなたは遠い人妻(ひと)  二人出逢った この店で 面影傍(そば)に 酔いしれている ドアーが開(あ)くたび もしやと思う 未練な男に 風も冷たい 愛しても 愛しても 却(かえ)らない 神戸元町涙雨 あなたを奪いたい  馬鹿な男と 笑うよに 遠くで汽笛 鳴いて響くよ どんなに自分を 責めてみたって 二人の絆は 切れてしまった 叫んでも 叫んでも 却(かえ)らない 神戸港は涙雨 あなたは遠い人妻(ひと)
終着港椎名佐千子椎名佐千子悠木圭子鈴木淳船が港を出て行く時 二人の愛も終わるの 指を絡めて眠った日々 みんな消えて行くのでしょうか 愛し過ぎた私が重荷ですか今では 雨がみぞれに変わる岬で 私はひとり あなたの胸には帰れない 汽笛が哭(な)いてる  岩に砕ける波のしぶき 子供のようにはしゃいだ 濡れた私を胸に抱いて 離さないと叫んでくれた 熱い涙あふれて今も胸が痛むの あなただけしか愛せないのに私はひとり あなたの胸には帰れない 汽笛が呼んでる  愛し過ぎた私が重荷ですか今では 雨がみぞれに変わる岬で 私はひとり あなたの胸には帰れない も一度逢(あ)いたい
何故か愛せない石原裕次郎石原裕次郎なかにし礼鈴木淳あともどり出来ぬ 俺の人生は ビルの谷間を 吹き抜ける 風のまにまに どこへ行く 道ばたに咲いてる 可憐な花に 立ち止まる足許に 涙が落ちる  (セリフ)さようなら 小さな思い出 何故か 愛せない  汚れてしまった 俺の悲しみは ほこりまみれの 街灯か 雨にうたれて ただ一人 夢にみるあたたかさ やさしい心 みたされぬ唇が 求めて歌う  (セリフ)君にわかるかな 何故か 愛せない  捨てどころない 俺の淋しさは 重い足音 影法師 きっと死ぬまで つきまとう 幸せにあふれてた 幼い頃よ あの頃のほほえみを みつけるまでは  (セリフ)もう少し 待っていてくれないか 何故か 愛せない
夢でいいから大木あつし大木あつし悠木圭子鈴木淳馬鹿な 馬鹿な 馬鹿な奴と 人に云われても あなただけを今もずっと 愛し続けてる こんな別れは 信じられないよ たとえ嘘でも俺の 胸に甘えてた あの日が今でも 甦るたび 熱い涙が あふれる 会いたいも一度 あなたに会いたい  雨に 雨に 雨に濡れて 抱いて欲しいのと 細い声が泣いて俺の 胸を熱くする そんなあなたを 強く抱きしめて 朝が来るまで二人 夢を見ていたね 会えなくなっても 愛しさつのる 何が二人を 離した 夢でもいいから あなたに会いたい  あの日が今でも 甦るたび 熱い涙が あふれる 会いたいも一度 あなたに会いたい 夢でもいいから あなたに会いたい
紅葉川椎名佐千子椎名佐千子仁井谷俊也鈴木淳ひとひらふたひら 散りゆく紅葉 恋の終わりを 見るように あなた嫌です あきらめないで どうか離れて 行かないで 情念(いのち)もえます くれないに あゝ紅葉川  あなたを失う その日が来たら きっと生きては ゆけないわ おまえひとりと この手を握り 抱いてくれたわ 夜明けまで 愛のさざ波 また寄せる あゝ紅葉川  世間の冷たさ 涙のにがさ 胸で庇(かば)って くれるひと やがて来る冬 ふたりで越えて 春を待ちたい 倖せを 夢が流れる ゆらゆらと あゝ紅葉川
想い出なんて欲しくないちあきなおみちあきなおみ悠木圭子鈴木淳ある日突然 あなたを知って 何も知らずに 恋によったの ある日突然 愛が消えたの だから一人で 旅に出たのよ あの日の愛は 嘘ではないわ 誰も信じて くれないけれど 思い出なんて 欲しくないから だから一人で 旅に出たの  ある日突然 あなたに会って 通りすがりの 他人を感じ ある日突然 死にたくなって だから一人で 旅に出たのよ 何も告げずに 何も残さず めぐり会う日が 死んでも来ないように 思い出なんて 欲しくないから だから一人で 旅に出たの  愛のよろこび 愛のむなしさ すべてを何処かへ 捨てゝしまいたい 思い出なんて 欲しくないから だから一人で 旅に出たの
札幌ぶるうす真木ひでと真木ひでと山口洋子鈴木淳たばこは おやめよ 口紅(くちべに)も うすめの方が にあうよと 帰るまぎわに 云(い)ったひと ひとり焦(こが)れて 夢を待つ 北の恋街(こいまち) 札幌ぶるうす  噂できいたの 恋人は クラブの若い ママだって ぬれたまつ毛を さり気なく 伏(ふ)せてかくした 片想い 泣いて恋街 札幌ぶるうす  あなたに似(に)ている 甘い声 ささやくように 歌うひと 昨夜(ゆうべ) わたしを 抱いたまま 酔って歌った ラヴソング 夜の恋街 札幌ぶるうす  云(い)われた通りの うす紅(べに)が お酒で褪(あ)せて もう一時 今日も逢えない すすきのに しろい夜ぎりが 舞いおりる ぬれて恋街 札幌ぶるうす
好きやねん朝倉由美子朝倉由美子いではく鈴木淳たった二合の お酒でも 酔わな話せん こともある 赤恥しのんで一度だけ 言うたるわ 「うちあんたのこと すきやねん」 あんまり気にせんでも ええけどな しょぼ降る小雨の 法善寺 街が言わせた 台詞かも  アホだケチだの よう言うわ けなしは愛情の 裏返し あんたもわたしをひょっとして 好きなんか 「あんたのテレてるのが 可愛いわ」 そないにあきれたような 顔しいな ごちゃつく横丁 居酒屋で 夫婦善哉 できるかも  酒を飲んだら 女ぐせ 悪いがあんたの 玉にきず しょうもない男と承知して 言うたるわ 「うちあんたのこと すきやねん」 べつに売り込んでは ないけどな 提灯恋しい 秋の宵
女は花になれ八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳雨にうたれて こぼれた花を グラスに浮かべて 泣いていた 酔いどれ男の 傷跡を そっと優しく つつむよに 女は 花に… 花になれ 咲いてあなたの こころ花  嘘と知りつつ 騙されて来た 男の遊びは 綱渡り 流した涙も 涸れました どしゃぶり雨の 泥沼で 女は 花に… 花になれ 咲いて一輪 蓮の花  命けずって 今日まで生きた 所詮 女は 女です 男が命を 賭けるなら 心重ねた 人だから 女は 花に… 花になれ 咲いて散ります いのち花
愛のふれあい三田悠子三田悠子たかたかし鈴木淳どこか淋しい目をした あなたに抱かれたの 胸とむねのすき間を 愛でうずめたの  白い足跡 夜明けの砂浜 恋の名残り 指でたどる 愛のしあわせ 誰もいない ふたりの朝は 私死ぬまで 忘れはしない  なぜか消えそで怖いの あなたのやさしさが 指とゆびをからませ 愛をかさねるの  白い灯台 夜明けのかもめ 風の中に めぐり逢えた 愛のしあわせ 朝も夜も あなたの腕に 私しあわせ 感じていたい  白い足跡 夜明けの砂浜 恋の名残り 指でたどる 愛のしあわせ 誰もいない ふたりの朝は 私死ぬまで 忘れはしない
雨に濡れた慕情森昌子森昌子吉田央鈴木淳雨の降る夜は 何故か逢いたくて 濡れた舗道をひとり あてもなく歩く すきでわかれた あの人の 胸でもう一度 甘えてみたい 行きすぎる傘に あの人の影を 知らず知らずにさがす 雨の街角  ひえたくちびるが 想い出させるの 傘にかくした夜の 別れのくちづけ 今は涙も かれはてた 頬に黒髪 からみつくだけ ふりしきる雨に このまま抱かれて あゝ死んでしまいたい 落葉のように  すきでわかれた あの人の 胸でもう一度 甘えてみたい 行きすぎる傘に あの人の影を 知らず知らずにさがす 雨の街角
夜は誰にもあげないでちあきなおみちあきなおみ吉田央鈴木淳夜は誰にも あげないで あなたの腕を どうぞ私に 昨日より今日 今日よりあした 深まる想いが 私こわいの 夜は誰にも あげないで あなたの夜を どうぞ私に  夜は誰にも あげないで 私の髪を どうぞあなたに 昨日より今日 今日よりあした もとめるこころが とてもこわいの 夜は誰にも あげないで 私の夜を どうぞあなたに 私の夜を どうぞあなたに
お父さん八代亜紀八代亜紀川内康範鈴木淳ある人が言った 「母の愛は歌になるが、父の愛はきびしすぎて歌にもならない」 そうかなあと思う。 目をつむれば、父の色々な顔が思い出されて来る。 まがった事がきらいで、だから厳しく海の様な厳しさで生きていた。 そのくせちょっぴり涙もろくて母よりももっと涙もろくて 困った人を見るとほっておけないそんな父を私は好きだった。 雨が降る風が吹く貧しさの中にあっても、 母も私も父の胸に抱かれて暖かった。 あゝお父さん、歌にならないと言われるあなたの歌を 八代亜紀まぎれもない あなたの娘が感謝をこめて歌います。  生まれたときからお父さん あなたはわたしの鬼だった 雨の降る日も 風の日も 我が子を守る 鬼だった この世に虹をかけるよな こころきれいな 花になれ しみじみ教えて 抱きしめて 強い男の 鬼の眼に きらりと見せた 真珠の涙 ああ お父さん ありがとう  生まれたときからお父さん わたしはあなたの夢だった 雨の降る日も 風の日も あなたを困らす 夢だった 泣き虫だから 手を焼いて どこかにすてると いいながら そのくせなおさら 抱きしめて 強い男の 鬼の眼に きらりと見せた 真珠の涙 ああ お父さん ありがとう
秋芳洞愛歌入山アキ子入山アキ子星野哲郎鈴木淳永遠(とわ)の国から 湧(わ)いてくる 愛の清水に 吸いよせられて 影がより添う 秋芳洞よ ああ この水の 流れのように 澄んだ私を あなたにあげたい  秋のリンドウ 春の蝶 鳥の声さえ 静かに避けて 何を語るか 黄金柱(こがねばしら)よ ああ 底知れぬ 闇路(やみじ)に光る 石はそのまま この世の姿  涙 涙を くぐり抜け いつかいい日が くるよとわらう 石の乳房よ 百枚皿よ ああ この胸に いま訪れた 愛よ渇れるな いついつまでも
哀恋歌入山アキ子入山アキ子悠木圭子鈴木淳雪のあかりに この身をゆだね 溶けてゆきます しのび宿 好きだから 夢の中 どこまでもひとすじに どこまでも あなたに抱かれて 命の愛を 生まれてはじめて 知りました  燃えて乾いた くちびる哀し じんとしみます 冬の酒 愛しても 他人(よそ)の人 泣いたって夜は明ける 泣いたって 貴方の背中が 遠くへ消える 名残り惜しんで 雪が舞う  今度逢う日の 約束もない いのち縮める 恋だから あなたには もう二度と 逢うまいと今日限り 逢うまいと 心に決めても 乱れて揺れる 哀しい女の 未練です
変身ちあきなおみちあきなおみ白鳥朝詠鈴木淳あなたにくちづけ されたくて わたしは花に なりました あなたに甘えて みたくって わたしは仔猫に なりました だからいつでも だからいつでも わたしをやさしく 愛してね わたしのほかには どなたへも あなたの愛を あげないで 姿を変えても 恋をする わたしを愛して くださいね  あなたの心が ほしくって わたしは涙に なりました あなたに抱かれて いたくって わたしは人形に なりました だからいつでも だからいつでも わたしをやさしく 愛してね わたしのほかには どなたへも あなたの愛を あげないで 姿を変えても つくします わたしを愛して くださいね  だからいつでも だからいつでも わたしをやさしく 愛してね あなたのためなら なんにでも 姿をかえます このわたし 恋する女の まごころを お願いわかって くださいね
夢の涯て~子午線の夢~小林幸子小林幸子津城ひかる鈴木淳熱き心の 命ずるままに 大地を踏みしめ 風に吹かれて いのちの翼で 山河を越える 自由に大空 羽ばたくように 夢を訪ねて 歩き続けよう 見果てぬ荒野を 道なき道を 人生は地図のない さすらいの旅 ときめく想い 道連れにして  歩き疲れて 道に迷えば 星空見上げて おまえを想う 足踏みしてたら 明日は来ないと 変わらぬ笑顔が 勇気をくれる 愛を両手に 歩き続けよう 雨にも負けずに 風にも負けず 運命のいたずらに 試されながら いつかはおまえの 星になりたい  夢を訪ねて 歩き続けよう 見果てぬ荒野を 道なき道を 人生は地図のない さすらいの旅 ときめく想い 道連れにして
あじさいの雨真咲よう子真咲よう子悠木圭子鈴木淳雨に滲んだ 街灯り 泣いているよに ゆれてます もっとやさしく 尽していたら 二人に別れは ないのでしょうか  雨 雨 雨が 雨が降り続く あなたに逢えなく なってから あじさいの花 色を変え あなたの帰り 待ってます  夜明け間近の 雨の中 遠く霞んで 消えていた すがりつきたい あなたの背中 もっと素直に 甘えたかった  雨 雨 雨は 雨はいつあがる あなたに逢いたい もう一度 あじさいの花 咲き乱れ 心もふるえ 泣き濡れる  雨 雨 雨が 雨が降り続く あなたに逢えなく なってから あじさいの花 色を変え あなたの帰り 待ってます
杏の花咲く頃O'sO's山上路夫鈴木淳杏の花が咲く 春まだ浅い頃 わたしは帰りたい はるかな ふるさとに 燕がとんでいた 柳がゆれていた どうして わたしたち ふるさと出たのでしょう 今は街の暮らしになれ 恋人もいるけど 杏の花咲く頃は 帰りたくて 心がさわぐ  杏の北国に 帰ったことはない どうしているでしょうか 別れた友だちは 小さな あの町で 暮らしていたほうが 幸せだったかも 疲れたとき思う 都会のなか 自分のこと 見失ってしまいそう 杏の花咲く頃は 街を歩き 落ちつかないの 風のなかに 杏の花 匂うような気がする 杏の花咲く頃は 帰りたくて 心がさわぐ
雨に散る花入山アキ子入山アキ子悠木圭子鈴木淳咲いてすぐ散る 沙羅(しゃら)の花 誰が名づけた 一夜花(ひとよばな) たとへ儚い 命でも 明日を夢みて 咲く花に 何故に無情の 雨が降る  雨に心が あるならば たった一夜の 花だから せめて今夜は 花開く 夢を叶えて 欲しいのに 何故に無情の 雨が降る  雨に打たれて 沙羅(しゃら)の花 蕾のままで 散ってゆく どこか私と 似た運命 花が咲いても 一夜花(ひとよばな) 何故に無情の 雨が降る 何故に無情の 雨が降る
二人で来た道黒木憲黒木憲丹古晴己鈴木淳君とあるいた から松林 忘れられない 雨がふる ぬれてつめたい あのくちづけを 思い出すたび せつなくて 二人で来た道を ひとりで来たのさ  君は遥かな 思い出の人 雨の湖畔で 消えた人 偲ぶことさえ いけないことと 知っていながら 恋しくて 二人で来た道を たどってみるのさ  君の呼ぶ声 きこえるような 風の梢に 涙ぐむ つらいさだめを うらんで泣いて 死んでいいよと だきあった 二人で来た道は 野菊も咲くのに
愛愁真咲よう子真咲よう子悠木圭子鈴木淳愛を断ち切る 夜汽車から 町の灯りが 消えゆく 一人ぼっちの 胸を濡らして 熱い涙が あふれる 窓に浮かぶ あなたの顔 あの日のように やさしい もう一度 凍るからだ 抱きしめて 欲しいの こんな私 重荷ですか 遠く儚い 夢です  あなた忘れる 旅なのに 未練ごころが 哀しい 二度とあなたに 逢う日はないと 思う傍から 逢いたい 誰もいない 冬の海は 胸の奥まで 寂しい 岩陰で はぐれかもめ 啼きながら 震える 今の私 涙も 涸れ 生きることさえ 切ない  暗い夜空 白く染めて 風に舞い散る 粉雪 遠ざかる 愛の記憶 行かないで 思い出 いつか二人 めぐり逢える 夢の中でも 恋しい
なみだ恋水森かおり水森かおり悠木圭子鈴木淳夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 誰を恨んで 濡れるのか 逢えばせつない 別れがつらい しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 こぼれ花 一緒に暮らす しあわせを 一度は夢に みたけれど 冷たい風が 二人を責める しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 裏通り 夜咲く花が 雨に散る 悲しい運命を 占う二人 何故か今夜は 帰したくない しのび逢う恋 なみだ恋
舞酔坂鳥羽一郎鳥羽一郎星野哲郎鈴木淳あの子に惚れた その日から 積立貯金を 始めたと あの酒呑みが 私に言うの たかが恋 されど恋 恋は男の 舞酔坂  涙と歩く 人もいる 面影ひきずる 影もある 銀座で拾い 渋谷で捨てる たかが恋 されど恋 恋は命の 舞酔坂  好かれもしない その人を 愛して他人で いるよりも 男を変えて 出直しゃいいに たかが恋 されど恋 恋は女の 舞酔坂
追憶のタンゴ入山アキ子入山アキ子悠木圭子鈴木淳季節(とき)は流れて あなたも消えて 心もからだも 痩せてゆきます 風の便りを 追いながら 逢いに来ました この町で 誰に思いを 話せばいいの 恋しい貴方は あなたは何処に  今日も空似の あなたの影に 涙があふれて もう歩けない 暗い夜空に 星もなく 遠く灯りも 消えてゆく 女ひとりの 淋しい胸に 恋しい貴方は あなたはいない  固い契りも 誓った夢も ひと夜の恋だと 笑うのですか 馬鹿な女と 云われても 忘れられない 人だから うらむことなど 出来ない私 恋しい貴方は あなたは何処に
女の川真咲よう子真咲よう子水木れいじ鈴木淳誰が捨てたか 水面にゆれる 都忘れの 花はむらさき まるで私を 見ているようで ふいに涙が あふれてきます 愛しながらも 別れて来たが つのる未練の…つのる未練のひとり旅… 夕日に染まる 橋にたたずみ あなた呼んでる 女の川よ  汽車をおりたら もう秋でした 肩を抱かれて 聞いた鐘の音(ね) そんな想い出 探して歩く 枯葉舞い散る 寺町通り 恋はいつでも 別れたあとで 弱い私を…弱い私を泣かせるの… 面影ばかり 浮かぶ星空 あなた逢いたい 女の川よ  幸せかしら 別れた人は 今はどうして…今はどうしているかしら… 季節はめぐり やがて初雪 あなた恋しい 女の川よ
夢少年中条きよし中条きよし内舘牧子鈴木淳遠い昔の春 校舎の窓 どんなことも叶うと 夢を見ていた けれども北風 闇と裏切り 刃をあびても 俺は笑うさ 淡雪 麦踏み 鶯 芝草 たんぽぽ 草笛 夢少年  心こわれた日は 父と母の あの声を思い出して 一人語る 愛された記憶が 明日(あす)を運ぶ 生きてる限り 歩くだけさ ほおづき 風鈴 野苺 はまなす パラソル 七夕 夢少年  確かな光に 顔をあげて 生きてる限り 歩くだけさ 露草 オニヤンマ 夕立 笹舟 からたち 十五夜 夢少年
涙がこぼれたらO'sO's井上路夫鈴木淳涙がこぼれたら 星空を見にゆこう その頬をつたうのは 銀の流れ星 あなたにどんなこと 起こったか聞かないわ 話したいその時を 待ってるわ  かなしみに会って 涙一つこぼすたび 胸のなか花が 勇気出せと咲くの  涙がこぼれたら 誰もみな負けないで 次の日は涙より 強くなれ  涙がこぼれたら 街の店見にゆこう どの人も声出して お客迎えてる 誰もが生きている たったそれだけなのに この胸があたたかく なるでしょう  下を向いて生きた 昨日にもうサヨナラを ただ生きることも 大きなことなのね  涙がこぼれたら その心育つでしょう 雨あがり並木の葉 育つよに  幼な子のように 声を立てて泣けたなら どんなにか楽と 大人になり思う  涙がこぼれたら 誰もみな負けないで 次の日は涙より 強くなれ  次の日は涙より 強くなれ
モア・モア・ラヴちあきなおみちあきなおみ吉田央鈴木淳モアモア ためらわないで おしゃれな恋で わたしのくちびる ぬすんで下さい わたしが貴方になるまで どうぞわたしを ささやきで つつんで下さい  モアモア ためらわないで おしゃれな嘘で わたしの涙を ぬすんで下さい 貴方がわたしになるまで どうぞ背中に 好だって おしえて下さい  モアモア ためらわないで おしゃれな夜に わたしの秘密を ぬすんで下さい この世が二人になるまで どうぞわたしを 幸福で 泣かせて下さい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
泣いたりしない椎名佐千子椎名佐千子麻こよみ鈴木淳黄昏(たそがれ)の 並木道 遠ざかる あなたの背中 大切な 思い出が はらはら風に こぼれて落ちる… 泣いたりしないわ もう二度と 今までたくさん 泣いたから 星もみえない こんな夜 涙をそっと 隠します  幸せは 続かない 知らぬ間に 離れた心 今すぐに 追いかけて あなたの胸に 戻りたいけど… 泣いたりしないわ もう二度と 今までたくさん 泣いたから 風が冷たい こんな夜 思い出そっと 散らしたい  泣いたりしないわ もう二度と 今までたくさん 泣いたから 星もみえない こんな夜 涙をそっと 隠します
愛のきずな椎名佐千子椎名佐千子加茂亮二鈴木淳いつか知らないとこで あなたに抱かれたの いつか知らないとこで 朝が明けるのをみたの 目と目があってそれだけで 愛の誓(ちか)いができたのに 今では遠い夢の中で すぎた事みたい  どこか遠いところで あなたに甘えたの どこか遠いところで 愛が燃えるのをみたの 手と手がふれてそれだけで 愛のきずなに結ばれた それさえどこか遠いとこで おきた事みたい  なぜか風に消えたの あなたをせめないわ なぜか風に消えたの 夜は答えてくれない 愛の涙は霧(きり)になり ぼやけて星がにじんでる 今夜はなぜか泣けてくるの 遠い事なのに
おもかげ未練大木あつし大木あつし悠木圭子鈴木淳泣けとばかりに 冷たい雨が 俺の背中を 激しく叩く 惚れちゃならない 人だから 遠く離れて 来たけれど 忘れられない 面影に あゝ 男未練の 涙雨  夜明け間近の 港に一人 出船の汽笛が 淋しく響く 風の噂も 消えてゆく せめても一度 逢いたいと 呼べば谺(こだま)も 泣いている あゝ 男未練の 涙雨  いつか何処かで 笑って逢える 心の支えに 一人で生きる 馬鹿な男と 云われても 俺の命と 決めた人 抱いたあの日を 信じたい あゝ 男未練の 涙雨
出逢い橋入山アキ子入山アキ子悠木圭子鈴木淳恋にはぐれた 男と女 吹雪の中を さまよえば 見えない糸が 引き寄せる 二人を結んだ 出逢い橋 越後湯沢の 氷も溶けて 春の息吹が 聞こえます  同(おんな)じ傷持つ あなたと私 黙っていても ぬくもりが 胸の中まで しみてくる 二人を結んだ 出逢い橋 越後湯沢の 桜も咲いて 人の心も 春になる  生きてゆくのが 不器用だから 肩寄せ合って 暮らします 東京生まれで 似た者の 二人を結んだ 出逢い橋 越後湯沢が ふるさとだから 星も輝き 照らします
朝がくるまえにリンダ・コラソンリンダ・コラソン吉田旺鈴木淳夜更けの霧が 雨に変わるとき あなたの吐息 肩に感じるの 泣いたりするの 明日にしよう あなたのすきな ながい黒髪を きってしまいたい 朝がくるまえに  夜霧のしずくが 忘れたはずの つれないあなたを おもいださせるの 今の私にゃ 広すぎる部屋に もどるはずもない あなたの足音が きこえる気がする 霧のガラス窓  他人じゃないよと 抱きしめてくれた あなたのいない 涙の町から 旅に出たいの 朝がくるまえに…
好きだからアドアド悠木圭子鈴木淳好きだから 何時(いつ)でも頑張り過ぎる あなたのことが気になるの 疲れた躰 投げ出して 私の胸で眠ればいいよ 濡れた私の くちびるで やさしく瞼を 閉じてあげる ゆらり…ゆらり…夢の中 ずっとあなたを 守りたい  男なら 何時(いつ)でも背中が重い 誰かのために頑張るね 泣きたい時は 我慢せず 私の胸で泣いてもいいよ 子供みたいに 声あげて 泣いたら涙も 乾くでしょう ゆらり…ゆらり…夢の中 子守唄など 唄います  濡れた私の くちびるで やさしく瞼を 閉じてあげる ゆらり…ゆらり…夢の中 ずっとあなたを 守りたい
小指の思い出石原詢子石原詢子有馬三恵子鈴木淳あなたが噛(か)んだ 小指が痛い きのうの夜の 小指が痛い そっとくちびる 押しあてて あなたのことを しのんでみるの 私をどうぞ ひとりにしてね きのうの夜の 小指が痛い  あなたが噛(か)んだ 小指がもえる ひとりでいると 小指がもえる そんな秘密を 知ったのは あなたのせいよ いけない人ね そのくせすぐに 逢いたくなるの ひとりでいると 小指がもえる  あなたが噛(か)んだ 小指が好きよ かくしていたい 小指が好きよ 誰でもいいの 何もかも 私の恋を おしえてみたい ほんとにだけど 言えないものね かくしていたい 小指が好きよ
海の男に惚れちゃった椎名佐千子椎名佐千子仁井谷俊也鈴木淳時化りゃ怖いが 晴れたら可愛い 海はお前に よく似てる そんな口説きに ついつい負けて 出漁見送る やん衆漁港 ホーレ ボレ 惚れちゃった 海の男に 惚れちゃった  凍りつくよな 真冬の北洋で お銭稼いで 来るという こんなオンボロ 船でも良けりゃ 嫁においでと 私を抱いた ホーレ ボレ 惚れちゃった 海の男に 惚れちゃった  波のびんたを 頬っぺに浴びて あんた今頃 網を巻く 足の踏み場も 無くなるほどに 獲物乗っけて 帰ってきてね ホーレ ボレ 惚れちゃった 海の男に 惚れちゃった
夢契り岡田しのぶ岡田しのぶ悠木圭子鈴木淳季節(とき)は流れて 貴方も消えて 心もからだも 痩せてゆきます 風の便りを 追いかけて 逢いに来ました 能登岬 誰に思いを 話せばいいの 恋しい貴方は あなたは何処に  今日も空似の 貴方の影に 涙があふれて もう歩けない 凍る夜空に 星もなく 吹雪舞い散る 夢が散る 女ひとりの 淋しい胸に 恋しい貴方は あなたはいない  固い契りも 誓った夢も ひと夜の恋だと 笑うのですか 馬鹿な女と 云われても 忘れられない 恋でした うらむことなど 出来ない私 恋しい貴方は あなたは何処に
みんな愛をさがしてるLuxisLuxis宮原芽映鈴木淳夜空の星が 美しいのは 太陽がどこかに あるから  わたしがいつか 輝いてたのは あなたがいつも見つめてくれたから  離れてしまうほど あなたがよく見える 今はただ ひとりきり 歩けば見える  春の人ごみ 夏の木漏れ日 今日もみんな愛を さがしてる  木々の緑が萌えあがるのは 雨降る季節が あるから  何度つまづき 涙を拭いても あなたにきっと会えると思うから  はじめてくちづけた 世界はやさしくて 今はなぜ なにもかも 冷たく見える  秋の夕暮れ 冬の木枯らし 今日もみんな愛を さがしてる  離れてしまうほど あなたがよく見える 目と閉じて 感じれば あたたかくなれる  春がくるたび 花咲くように 今日もみんな愛を さがしてる
なみだ恋角川博角川博悠木圭子鈴木淳夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 誰を恨んで 濡れるのか 逢えばせつない 別れがつらい しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 こぼれ花 一緒に暮らす しあわせを 一度は夢に みたけれど 冷たい風が 二人を責める しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 裏通り 夜咲く花が 雨に散る 悲しい運命(さだめ)を 占う二人 なぜか今夜は 帰したくない しのび逢う恋 なみだ恋
荒海椎名佐千子椎名佐千子麻こよみ鈴木淳響く海鳴り 冷たい潮風(かぜ)に こぼれる涙 凍りつく 忘れたい 忘れたい 今日であなたを 忘れたい 海の荒さに この恋を 捨てに来ました ただひとり  心変わりを 別れの日まで 知らずにいたの 私だけ ばかでした ばかでした 恋は儚(はかな)い 波の花 肩に乱れる おくれ毛が 今もあなたを 恋しがる  さがさないでと 残した手紙 さがして欲しい 裏返し 忘れたい 忘れたい きっとあなたを 忘れます 潮風(かぜ)の痛さに この胸が 泣いて震える 北の海
恋はアドリブアドアドかず翼鈴木淳くらくら目眩(めまい)が するような あなたのくちづけ 後を引く 私も知らない この私 やさしく探して 唇で 恋は突然 燃え上がり 女の過去(むかし)を 消し去るの 筋書きなんて 分からない 約束なんて いらないわ 恋はアド アド アドリブで もっと もっと もっとあなたが欲しいのよ  ベッドじゃなくても 感じるの ふたりの心は 一つだと 中身は意外と 純情よ 運命(さだめ)の男を 待っていた 恋はあそびじゃ つまらない 女は命を 賭けたいの 嵐のような 情熱に 成り行きまかせ 身をまかせ 恋はアド アド アドリブで もっと もっと もっと私を奪ってよ  恋の呪縛に 囚われて あなたの前から 動けない 筋書きなんて 分からない 約束なんて いらないわ 恋はアド アド アドリブで もっと もっと もっとあなたが欲しいのよ
思いがけない別れ小川知子小川知子丹古晴己鈴木淳おもいがけない 別れの言葉に よりそう肩も つめたくなった お願いだから もう言わないで いつものように いつものところまで 恋人らしく 送ってほしいの かなしい朝に したくはないから  どこがわるいと いまさらきいても あなたの胸の わたしは消えた お願いだから これきりなんて 誰にもそっと ないしょにしておいて いままでどうり たまには逢ってね 思い出だけに したくはないから  たとえこのまま 離れていっても いまのあなたは 憎めないひと お願いだから あやまらないで きもちがあれば みじめにさせないで きれいな夢を のこしてほしいの 終った恋に したくはないから
なみだ恋竹村こずえ竹村こずえ悠木圭子鈴木淳夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 誰を恨んで 濡れるのか 逢えばせつない 別れがつらい しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 こぼれ花 一緒に暮らす しあわせを 一度は夢に みたけれど 冷たい風が 二人を責める しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 裏通り 夜咲く花が 雨に散る 悲しい運命(さだめ)を 占う二人 なぜか今夜は 帰したくない しのび逢う恋 なみだ恋
よせよ美川憲一美川憲一南沢純三鈴木淳よせよと煙草を とりあげた あなたはとなりに もういない よせよとボトルのふたをした 気づかうあの手がなつかしい  酔っています 泣いています 私です 憎みきれぬ 思いきれぬ あなたです 別れて一年 たったのに あなたのよせよがまだのこる  よせよとわがまま おさえられ あなたにいつでも さからった よせよと言われて 腹をたて グラスをぶつけた 日もあった  酔っています 泣いています 私です 憎みきれぬ 思いきれぬ あなたです どこかで心が ふりむけば わたしによせよと 言いにきて  酔っています 泣いています 私です 憎みきれぬ 思いきれぬ あなたです 別れて一年 たったのに あなたのよせよがまだのこる
あなたにぞっこん椎名佐千子椎名佐千子麻こよみ鈴木淳十人十色の 恋心 どこが好きかと 聞くだけ野暮よ 情けに厚く 真っさらさらで 天下一品 あの笑顔 五年 十年 百年も あなたにぞっこん 惚れてます  ようやく見つけた 幸せを 他の誰にも 渡しはしない あなたの小指(ゆび)に 紙縒(こよ)りを巻いて 浮気封じの おまじない こんな私で いいですか あなたにぞっこん 惚れてます  あなたを支えて どこまでも 越えるこの世の 雨風(あめかぜ)嵐(あらし) 見上げる夜空(そら)の 真ん丸月に 誓う心の 操(みさお)立(だ)て 五年 十年 百年も あなたにぞっこん 惚れてます
なみだ恋青江三奈青江三奈悠木圭子鈴木淳夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 誰を恨んで 濡れるのか 逢えばせつない 別れがつらい しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 こぼれ花 一緒に暮らす しあわせを 一度は夢に みたけれど 冷たい風が 二人を責める しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 裏通り 夜咲く花が 雨に散る 悲しい運命(さだめ)を 占う二人 何故か今夜は 帰したくない しのび逢う恋 なみだ恋
恋のぬくもり小川知子小川知子丹古晴己鈴木淳朝がまぶしい 恋のぬくもり 夢ではなかった 幸せなのね  夕べあなたの 熱い吐息に ふれてわたしは 変わったかしら 鏡を見るのが 少し こわいの  胸にあふれる 恋のぬくもり わたしがわたしで なくなるみたい  窓をあけても 花をかえても ひとりぼっちに もうなれないわ 煙草の においが とても せつない  誰も知らない 恋のぬくもり どこかで あなたも 抱きしめていて  そうよいつまでも 髪でかくして 愛していたい くちづけのあと あなたを信じて 生きるしるしに
初恋のひとO'sO's有馬三恵子鈴木淳そよ風みたいにしのぶ あの人はもう 私の事などみんな 忘れたかしら のばらをいつも両手に抱いて 朝の窓辺に届けてくれた 何故だか逢えなくなって 恋しい人なの  麦わら帽子のような 匂いをさせて 私を海辺へつれて 走った人よ 光の中をもつれるように はずんだ胸は熱かったわね 懐しがっても遠い 夢の人なの  小麦色した あの日の笑顔 私一人が知っているのに 今なら恋だと分る はるかな人なの
溺れ酒入山アキ子入山アキ子悠木圭子鈴木淳酒は飲むもの 呑まれちゃ駄目と 云ってた私が 溺れ酒 こんな私に なったのは あなたの あなたの あなたのせいよ 夜に泣いてる 雨が降る  雨の音にも 涙が落ちる 弱虫 泣き虫 駄目なやつ こんな私に なったのは あなたの あなたの あなたのせいよ せめて夢でも 逢いたいの  今日も来ないと わかっていても 哀しい癖です 寝化粧を こんな私に なったのは あなたの あなたの あなたのせいよ うらむ傍から 待ち侘びる
おうむアドアドかず翼鈴木淳あのひとの口癖なんか 真似しないでよ おうむ 化粧する手が止まるわ 涙をふくために 私より愛されたから 妬いていたのよ おうむ 捨てられたのよ お前だって 哀しくないの  可愛い女に なろうとしたわ つくしてみたけど 待ってみたけど…  ララバイ ララバイ 忘れさせて 他の女を選んだひとを いつまでも振り返る  あのひとの出てゆく姿 見てただけなの おうむ おしゃべりなくせに どうして引き止めなかったの 夜が更けて私の名前 呼ぶのはやめて おうむ 夢からさめて思い知るわ ひとりぼっちを  男はいつでも 面倒くさがり おいしいとこだけ 欲しがるものよ  ララバイ ララバイ 忘れさせて 月を取ってと泣く子のように あのひとが恋しいの  可愛い女に なろうとしたわ つくしてみたけど 待ってみたけど…  ララバイ ララバイ 忘れさせて 聞き分けのない この恋心 あのひとに 逢いたくて
小指の想い出O'sO's有馬三恵子鈴木淳あなたが噛んだ 小指が痛い きのうの夜の 小指が痛い そっとくちびる 押しあてて あなたのことを しのんでみるの 私をどうぞ ひとりにしてね きのうの夜の 小指が痛い  あなたが噛んだ 小指がもえる ひとりでいると 小指がもえる そんな秘密を 知ったのは あなたのせいよ いけない人ね そのくせすぐに 逢いたくなるの ひとりでいると 小指がもえる  あなたが噛んだ 小指が好きよ かくしていたい 小指が好きよ 誰でもいいの 何もかも 私の恋を おしえてみたい ほんとにだけど 言えないものね かくしていたい 小指が好きよ
しのび泣き沢木柳沢木柳広田文男鈴木淳恋をするたび 傷ついた 過去があなたを こわがるの だから 今夜も とびこめなくて ゆるして ゆるして ゆるしてよ 雨にしょんぼり ててゆく うしろ姿に あぁ しのび泣き  ひとりぼっちで のみ直す 酒はつらさを ますばかり こんな女の わがままごころ ゆるして ゆるして ゆるしてよ あなた帰した とまり木に そっと座って あぁ しのび泣き  たとへいちどで 終っても 燃えてみたいわ 思いきり こんどこそはと きめてたものを ゆるして ゆるして ゆるしてよ なくしたくない 夢だから 寒いまくらと あぁ しのび泣き 
雨に濡れた慕情由紀さおり由紀さおり吉田旺鈴木淳雨の降る夜は 何故か逢いたくて 濡れた舗道をひとり あてもなく歩く すきでわかれた あの人の 胸でもう一度 甘えてみたい 行きすぎる傘に あの人の影を 知らず知らずにさがす 雨の街角  ひえたくちびるが 想い出させるの 傘にかくした夜の 別れのくちづけ 今は涙も かれはてた 頬に黒髪 からみつくだけ ふりしきる雨に このまま抱かれて ああ死んでしまいたい 落葉のように  すきでわかれた あの人の 胸でもう一度 甘えてみたい 行きすぎる傘に あの人の影を 知らず知らずにさがす 雨の街角 知らず知らずにさがす 雨の街角
小指の想い出林あさ美林あさ美有馬三恵子鈴木淳あなたが噛んだ 小指が痛い きのうの夜の 小指が痛い そっとくちびる 押しあてて あなたのことを しのんでみるの 私をどうぞ ひとりにしてね きのうの夜の 小指が痛い  あなたが噛んだ 小指がもえる ひとりでいると 小指がもえる そんな秘密を 知ったのは あなたのせいよ いけない人ね そのくせすぐに 逢いたくなるの ひとりでいると 小指がもえる  あなたが噛んだ 小指が好きよ かくしていたい 小指が好きよ 誰でもいいの 何もかも 私の恋を おしえてみたい ほんとにだけど 言えないものね かくしていたい 小指が好きよ
雨に濡れた慕情木の実ナナ木の実ナナ吉田央鈴木淳雨の降る夜は 何故か逢いたくて 濡れた舗道をひとり あてもなく歩く すきでわかれた あの人の 胸でもう一度 甘えてみたい 行きすぎる傘に あの人の影を 知らず知らずにさがす 雨の街角  ひえたくちびるが 想い出させるの 傘にかくした夜の 別れのくちづけ 今は涙も かれはてた 頬に黒髪 からみつくだけ ふりしきる雨に このまま抱かれて あゝ死んでしまいたい 落葉のように  すきでわかれた あの人の 胸でもう一度 甘えてみたい 行きすぎる傘に あの人の影を 知らず知らずにさがす 雨の街角 知らず知らずにさがす 雨の街角
十九で別れた港町野路由紀子野路由紀子山口洋子鈴木淳あなたは旅に出る 私は爪をかむ テープが切れる 目が濡れる 船が出る どうしようもない どうしようもない すがって行きたい カモメになれたら つらい恋 この恋 信じた 港町  日暮れの鐘が鳴る 背中に風が吹く 灯(あかり)がゆれる 目を伏せる 花が散る どうしようもない どうしようもない やさしい言葉が 冷たく残る 淡い恋 この恋 祈った 港町  泣くには遅過ぎる 止めても遅過ぎる 汽笛が消える 目を閉じる 波が呼ぶ どうしようもない どうしようもない 小さなこの恋 大事にします 遠い人 あの人 愛した 港町
東京ブルーレインザ・ピーナッツザ・ピーナッツ有馬三恵子鈴木淳夜更けの雨は あなたのことを 思い出させる ブルーレイン東京  眠れぬままに 耳をすませば 小雨が唄う ブルーレイン東京  あなたをどんなに深く 愛していたか しれないの  強がりだけで 別れたけれど 悲しくなるわ ブルーレイン東京  あなたをどんなに深く 愛していたか しれないの  夜更けにひとり しのんでみるの 涙も小雨も ブルーレイン東京 涙も小雨も ブルーレイン東京 涙も小雨も ブルーレイン東京
あなたの嘘八代亜紀八代亜紀島井実鈴木淳見抜けなかった あんたの嘘に 染まっていたのね くせまでも バカな女と 責めないで 命が今夜も 淋しくて 未練があんたを 欲しがるの  夢で今夜も あんたのことを 欲しがる女に なっていた 飲んで酔いたい しみじみと 別れたあんたに 逢いたいと 涙がお酒を 欲しがるの  惚れていたから あんたとならば 死ぬまで一緒に いたかった 駄目な女と 言わないで あんたが帰って くれるなら 可愛い女で 待ちたいの
家なき子じゅん&ネネじゅん&ネネ安井かずみ鈴木淳泣いている あの子は泣いている 男にふられて 長い髪を切ったよ 使い果たして お金もなくて どこへゆくの どこへゆくの  泣いている あの子は泣いている 仕事が辛くて 指先に血がにじむ あてに出来る 友達もなく どこへゆくの どこへゆくの  泣いている あの子は泣いている 勇気もなくして 朝から何も食べず 後姿も 疲れた足で どこへゆくの どこへゆくの
愛のきずな野路由紀子野路由紀子加茂亮二鈴木淳いつか 知らないとこで あなたに 抱かれたの いつか 知らないとこで 朝が明けるのを みたの 目と目があって それだけで 愛の誓いが できたのに 今では 遠い夢の中で すぎた事みたい  どこか 遠いところで あなたに 甘えたの どこか 遠いところで 愛が燃えるのを みたの 手と手がふれて それだけで 愛のきずなに 結ばれた それさえ どこか遠いとこで おきた事みたい  なぜか 風に消えたの あなたを せめないわ なぜか 風に消えたの 夜は答えて くれない 愛の涙は 霧になり ぼやけて 星がにじんでる 今夜は なぜか泣けてくるの 遠い事なのに
ふたりになりたい小川知子小川知子有馬三恵子鈴木淳あの並木道を 曲ると 今夜ももうすぐ 終りね お別れのなごりに 目を閉じていましょう 言いたい言葉も 忘れて 夜どうし 二人でいたいわ  夜風があるから 体に 貴方のぬくみが 拡がる くちづけで二人を たしかめるひととき あしたがあるのに 切ない 別れはいつまで 続くの  あなたが差し出す その手に もう少し抱かれて いたいの そんなこと言っては わがままになるわね いつかは全てを まかせて わたしもあなたに なりた
忘れないでおおい大輔・みずき舞おおい大輔・みずき舞悠木圭子鈴木淳あなたを乗せた 最終便が 霧の彼方へ 消えてゆく ふたりで決めた 旅立ちなのに 涙に濡れた エアポート 時は流れて 消えてゆく 運命(さだめ)のいたずら すれ違い 忘れないで 忘れないわ 忘れないでね 忘れないよ  あなたの肩に 寄り添いながら 沈む夕陽を 見つめてた 海辺の白い 小さなホテル つのる思いに ふるえてた 命一つに なれたのに 二人に別れが くるなんて 忘れないで 忘れないわ 忘れないでね 忘れないよ  めぐり逢えたら 抱きしめて この身が果てても 離さない 忘れないで 忘れないわ 忘れないでね 忘れないよ  忘れないでね 忘れないよ
東京レトロ真咲よう子真咲よう子水木れいじ鈴木淳蒼いガス燈 ともる街角 おもいがけない めぐり逢い どうしていたのと 声かけられて 何も言えずに 涙ぐむ… ああ…恋・恋 レトロな恋ですか 再びの花が咲く 夜の東京  愛しながらも またすれ違う それは運命の いたずらね あの時あなたに すがっていたら 別の人生 あったのに… ああ…恋・恋 レトロな恋ですか うしろ影見送った 雨の東京  帰るあなたの シャツの襟もと わざと口紅 つけてみた 好きなら許して くれるでしょうか 今も綺麗と 抱きしめて… ああ…恋・恋 レトロな恋ですか 倖せにしてほしい 夢の東京
八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳青い空に 浮かぶ 白い雲 追いかけ 川土手を 転がり 蜊蛄(ざりがに)を みつけた 風もはしゃいで白い花びら 頭の上 舞い散る 声あげて遊んだ日の 遠い 思い出  駆(か)け足(あし)で 過ぎる 都会での 毎日 ふるさとを 偲べば 帰りたい 泣きたい 昨日も今日もビルの谷間で つぶれそうな 心に 負けるなと叱る声が 今も 聞こえる  あかね色に 染まる 夕焼けが まぶしい 丘の上 登って いつまでも 見ていた 海の向こうの見知らぬ街に 心踊り 夢見た あの時の友は今も ずっと 友達 ずっと 友達
COME ON! COME ON!伊藤美裕伊藤美裕岡田冨美子鈴木淳今夜は何して遊びましょう 恋愛ごっこじゃ物足りないわ あなたの瞳に抱きしめられて 炎の女になれたらいいな  未熟なあなたを激しい愛で 強い男に育てたくなる  私が好きでしょ COME ON! COME ON!  この世に生まれてよかったと 感じさせてあげるから  甘えて私を困らせて いじめて私をよろこばせてよ 退屈している場合じゃないわ 地球はくるくるまわってる  スタートダッシュであせっちゃダメよ 自信つくまでキッスで攻めて  夜は短い COME ON! COME ON!  この世に生まれてよかったと 感じさせてあげるから  未熟なあなたを激しい愛で 強い男に育てたくなる  私が好きでしょ COME ON! COME ON!  この世に生まれてよかったと 感じさせてあげるから
恋待岬入山アキ子入山アキ子悠木圭子鈴木淳北の海は荒れて 波のしぶきが胸をうつ 心みだれて このまま海に 流されそうで 泣けてくる あんな男と世間は 噂をするけれど 何があっても好きだから あなたをずっと 待ってます  今日も汽笛遠く消えて あなたは帰らない “必ず帰るよ おまえの側(そば)に” あの日の言葉を 信じたの あなたの胸で 女のしあわせ知ったから 雪に埋もれるこの町で あなたをずっと 待ってます  窓を叩く風の音に あなたの声がする 夢の中でも 枕が濡れて 冷たいからだ 抱きしめる 馬鹿な女と笑われ 泣いてもいいのです 生きる支えの人だから あなたをずっと 待ってます
青春のダイヤモンド猪島庄司猪島庄司喜多條忠鈴木淳緑に輝く 神宮の杜 歌おう 肩組んで 僕らの歌を ときめく思いを 拍手に乗せて こころを合わせて 快進撃だ 若い力で 今日も嵐を呼ぶぞ 燃えろ はばたけ 勝て! 勝て! 勝て! 熱い血潮が 味方だ 勝利の女神が 味方だ ヤクルト・スワローズ  誇りと希望が あふれる胸に 歌おう 勇ましく 僕らの歌を ピンチを乗り越え チャンスを活かせ 糸ひく白球 フェンスを越えろ 若い力で 今日も嵐を呼ぶぞ 燃えろ はばたけ 勝て! 勝て! 勝て! 熱いハートが 味方だ 勝利の女神が 味方だ ヤクルト・スワローズ  涙と汗との ペナントめざし 歌おう 胸をはり 僕らの歌を 明日を夢見る 男のドラマ この手でつかむぞ 栄光の旗 若い力で 今日も嵐を呼ぶぞ 燃えろ はばたけ 勝て! 勝て! 勝て! 熱い祈りが 味方だ 勝利の女神が 味方だ ヤクルト・スワローズ
あなたとならばLuxisLuxis山上路夫鈴木淳あなたとならば 前を向いて歩ける 涙がでても すぐにかわくわ あなたとならば たとえ世界の果ての 凍りついた荒野にでも わたしはゆける 街の店コーヒーを 飲んでるだけで 二人の愛は 育ってゆくの あなたとならば 明日を信じてゆける 今日という日が 灰色だって めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  あなたとならば 歌を唄ってゆける 悲しいことも 耐えられるでしょう あなたとならば 生きる悩みを抱いて 生きてゆける二人の道 歩いてゆける 街はずれ星空を ながめていたら 流れ星ふたつ 流れていった あなたとならば 今はかすんだ未来 恐くはないわ 進んでゆける めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  今日はもうあの空の 向こうに消えた 新しい時を 二人して待ちましょう あなたとならば 夜が淋しい時も わたしは待てる 朝焼けの時 めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  眠る前に祈りたいの あなたのこと やさしい夢を見て おやすみなさい
しあわせ気分八代亜紀八代亜紀悠木圭子鈴木淳電車に乗ると いろんな人に逢うのです 目の前に恐い顔したおじいさん 隣に座った赤ちゃんを ちらちら見ながらやさしい目 面白い顔であやしたら 赤ちゃん声だし笑ってる  人って見かけじゃわからない 私の心もほほえんで 今日は一日しあわせでした  電車の中は いろんな事が見えてくる 杖ついてよろよろしているおばあさん マンガを読んでた若者が 慌てて眠った振りをして 隣りのつっぱり少年が そっと黙って席を立つ  人って見かけじゃわからない 思わず私も“ありがとう” 今日も一日しあわせでした  人って見かけじゃわからない 私の心もほほえんで 今日は一日しあわせでした
ザンザ岬長谷川千恵長谷川千恵星野哲郎鈴木淳いい奴見つけて 一緒になれよ 俺らを当てに するなよと  野寒布岬で あのひとが 投げた別れの 横波が  ザンザザ ザンザザ ザンザとヨー ザンザザ ザンザザ ザンザとヨー  女心を ゆさぶりまわす 熱い血潮が のたうちまわる  あくびが出るほど 嫌った人を 死にたくなるほど 好きになる  女の潮時 かくれ岩 食わず嫌いの その性を  ザンザザ ザンザザ ザンザとヨー ザンザザ ザンザザ ザンザとヨー  惚れて艶出す ヤン衆娘 礼文育ちの 鴎がわらう  シベリア帰りの 蟹籠船の 雪焼顔を 待ちわびる  野寒布岬の 船宿は 三月前から 札止めさ  ザンザザ ザンザザ ザンザとヨー ザンザザ ザンザザ ザンザとヨー  海が鳴るたび 乳房が軋む 秘めた素足が ぽっぽと火照る
流れて港町長谷川千恵長谷川千恵たきのえいじ鈴木淳二泊三日の旅のつもりが 思えばかれこれもう二年 土地のなまりも身について 今じゃふるさと 北の町  帰ろうか 帰れない あなたの その胸に 出船入船 見つめて忍ぶ ひとり 流れて港町  何度書いたか手紙の束も 出さずじまいで置いてある まるで悲しいメロドラマ 仕方ないよね 恨んでも  忘れたい 忘れない あなたが 恋しいよ カモメ鳴く度 また冬がくる おんな 流れて港町  帰ろうか 帰れない 今更 その胸に 出船入船 見つめて忍ぶ ひとり 流れて港町
霧にむせぶ夜黒木じゅん黒木じゅん丹古晴己鈴木淳涙じゃないよと 言いたいけれど こらえても こらえても まつ毛がぬれる 君よりせつない この俺なのさ だから笑顔が ほしいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  逢いたくなったら 夢でも逢える はなれても はなれても かわらぬ心 君よりはげしい この恋なのさ だから死ぬほど つらいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  分かってくれたら 泣くのをやめて いつまでも いつまでも 待たせはしない 君よりさみしい この胸なのさ だからみじかい 旅なのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜
たちどまればいいさLuxisLuxis宮原芽映鈴木淳歩き疲れたなら たちどまればいいさ 頭の上 三日月が 君に微笑んでる  苦しいときはただ たちどまればいいさ 地平線に 太陽は まだかくれてる  夢はバスに乗り 坂道を登ってゆく 今日の言い訳を 考えなくても  涙がにじんだら たちどまればいいさ 明日はきっと青空が 見えるよ  何も見たくなくて 暗闇にいるとき ひとりぼっち 人生の荷物を背負うとき  答えを今すぐに あせらなくてもいい 負けるが勝ち そんな日も きっとあるから  ずっと見つめてる 細いあの月のように 今は遠くても 君のそばにいる  風がつめたいなら たちどまればいいさ 明日はきっと やさしさに会えるよ  夢はバスに乗り 坂道を登ってゆく 時がくればまた 走り出せるから  涙がにじんだら たちどまればいいさ 明日はきっと 青空が見えるよ  忘れないで いつも
霧にむせぶ夜瀬口侑希瀬口侑希丹古晴己鈴木淳涙じゃないよと 言いたいけれど こらえても こらえても まつ毛がぬれる 君より切ない この俺(おれ)なのさ だから笑顔が ほしいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  逢(あ)いたくなったら 夢でも逢える はなれても はなれても かわらぬ心 君より激しい この恋なのさ だから死ぬほど つらいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  分ってくれたら 泣くのをやめて いつまでも いつまでも 待たせはしない 君より淋しい この胸なのさ だからみじかい 旅なのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜
あなたとならば石川ひとみ石川ひとみ山上路夫鈴木淳あなたとならば 前を向いて歩ける 涙がでても すぐにかわくわ あなたとならば たとえ世界の果ての 凍りついた荒野にでも わたしはゆける  街の店コーヒーを 飲んでるだけで 二人の愛は 育ってゆくの  あなたとならば 明日を信じてゆける 今日という日が 灰色だって めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  あなたとならば 歌を唄ってゆける 悲しいことも 耐えられるでしょう あなたとならば 生きる悩みを抱いて 生きてゆける二人の道 歩いてゆける  街はずれ星空を ながめていたら 流れ星ふたつ 流れていった  あなたとならば 今はかすんだ未来 恐くはないわ 進んでゆける めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  今日はもうあの空の 向こうに消えた 新しい時を 二人して待ちましょう  あなたとならば 夜が淋しい時も わたしは待てる 朝焼けの時 めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  眠る前に祈りたいの あなたのこと やさしい夢を見て おやすみなさい
待ちつづけてアドアド岩谷時子鈴木淳あなたを 待ちつづけて ハートを つかまえた 移り気な私には 幸せすぎる夜ね 恋に落ちた 私はおんな ダンスのあとで やさしく抱いてね アダムとイヴが 初めて出あったように 踊りたいわ あなたとなら 胸の中で 燃えつきたいの  あなたを 待ちつづけて 私は こわれそう 火のように愛されて いつか死んでもいいよ 恋に負けた ひとりのおんな ダンスのあとで やさしく抱いてね つがいの鳩が 翼を重ねるように 歌いたいわ ふたりでなら 夜が明けても すなおな私 あなたを待ちつづけて あなたを待ちつづけて
雨に濡れた慕情野路由紀子野路由紀子吉田旺鈴木淳雨の降る夜は 何故か逢いたくて 濡れた舗道をひとり あてもなく歩く すきでわかれた あの人の 胸でもう一度 甘えてみたい 行きすぎる傘に あの人の影を 知らず知らずにさがす 雨の街角  ひえたくちびるが 想い出させるの 傘にかくした夜の 別れのくちづけ 今は涙も かれはてた 頬に黒髪 からみつくだけ ふりしきる雨に このまま抱かれて あゝ死んでしまいたい 落葉のように  すきでわかれた あの人の 胸でもう一度 甘えてみたい 行きすぎる傘に あの人の影を 知らず知らずにさがす 雨の街角
四つのお願い由紀さおり由紀さおり白鳥朝詠鈴木淳たとえば私が 恋を 恋をするなら 四つのお願い 聞いて 聞いてほしいの 一つ やさしく 愛して 二つ わがまま 言わせて 三つ さみしく させないで 四つ 誰にも 秘密にしてネ 四つのお願い 聞いて 聞いてくれたら あなたに私は 夢中 恋をしちゃうわ  それからあなたが 恋を 恋をするなら 四つのお願い 聞いて 聞いてほしいの 一つ やさしく キスして 二つ こっそり 教えて 三つ あなたの 好きなこと 四つ そのあと わたしにしてネ 四つのお願い 聞いて 聞いてくれたら あなたに私は 夢中 恋をしちゃうわ  一つ やさしく いつでも 二つ ふたりは しあわせ 三つ いつしか 結ばれて 四つ あなたと わたしは一つ 四つのお願い 聞いて 聞いてくれたら あなたに私は 夢中 恋をしちゃうわ
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. ウタカタララバイ
  2. 新時代
  3. ミックスナッツ
  4. Habit
  5. どうして

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. ウタカタララバイ
  2. 新時代
  3. Scream
  4. 逆光
  5. Beautiful

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照