浜口庫之助作曲の歌詞一覧リスト  239曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
239曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夜霧よ今夜も有難うPLATINA LYLIC石原裕次郎PLATINA LYLIC石原裕次郎浜口庫之助浜口庫之助しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜も有難う  夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜も有難う
恋の町札幌PLATINA LYLIC石原裕次郎PLATINA LYLIC石原裕次郎浜口庫之助浜口庫之助時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに ついてくだけで 私はとても 幸せだった 夢のような 恋のはじめ 忘れはしない 恋の町札幌  はじめて恋を 知った私 やさしい空を 見上げて泣いたの 女になる日 だれかの愛が 見知らぬ夜の 扉を開く 私だけの 心の町 アカシヤも散った 恋の町札幌  淋しい時 むなしい時 私はいつも この町に来るの どこかちがうの この町だけは なぜか私に やさしくするの 恋人なのね ふるさとなのね ありがとう私の 恋の町札幌
バラが咲いたPLATINA LYLICマイク眞木PLATINA LYLICマイク眞木浜口庫之助浜口庫之助バラが咲いた バラが咲いた まっかなバラが 淋しかった僕の庭に バラが咲いた たったひとつ咲いたバラ 小さなバラで 淋しかった僕の庭が 明るくなった バラよバラよ 小さなバラ いつまでもそこに咲いてておくれ バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラで 淋しかった僕の庭が 明るくなった  バラが散った バラが散った いつの間にか ぼくの庭は前のように 淋しくなった ぼくの庭のバラは散ってしまったけれど 淋しかった僕の心に バラが咲いた バラよバラよ 心のバラ いつまでも ここで咲いてておくれ バラが咲いた バラが咲いた 僕の心に いつまでも散らない まっかなバラが
人生いろいろGOLD LYLIC島倉千代子GOLD LYLIC島倉千代子中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねぇおかしいでしょ若いころ ねぇ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
涙くんさよならGOLD LYLIC坂本九GOLD LYLIC坂本九浜口庫之助浜口庫之助涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君なしではとても 生きて行けそうもない だけど僕は恋をした すばらしい恋なんだ だからしばらくは君と 逢わずに暮らせるだろう 涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで  涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君なしではとても 生きて行けそうもない だけど僕のあの娘はね とってもやさしい人なんだ だからしばらくは君と 逢わずに暮らせるだろう 涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで
愛のさざなみGOLD LYLIC島倉千代子GOLD LYLIC島倉千代子なかにし礼浜口庫之助この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくやさしく くちづけしてね くり返すくり返す さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すくり返す さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くり返すくり返す さざ波のように さざ波のように
星のフラメンコGOLD LYLIC西郷輝彦GOLD LYLIC西郷輝彦浜口庫之助浜口庫之助好きなんだけど 離れてるのさ 遠くで星をみるように 好きなんだけど だまってるのさ 大事な宝 かくすように 君は僕の心の星 君は僕の宝 こわしたくない なくしたくない だから 好きなんだけど 離れてるのさ 好きなんだけど だまってるのさ  とどかぬ星を 恋した僕の 心をうたう 星のフラメンコ 輝け星よ 君の夜空で 歌えよ涙 僕の心で 君は僕の心の星 君は僕の宝 こわしたくない なくしたくない だから 歌うよせめて 心の歌を ひびけ夜空に 星のフラメンコ 星のフラメンコ
粋な別れGOLD LYLIC石原裕次郎GOLD LYLIC石原裕次郎浜口庫之助浜口庫之助生命に終りがある 恋にも終りがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れをしようぜ  生命に終りがある 恋にも終りがくる はかない生命は 切なくもえて どこか消えてゆく 煙草の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れをしようぜ
愛して愛して愛しちゃったのよGOLD LYLIC和田弘とマヒナスターズ&田代美代子GOLD LYLIC和田弘とマヒナスターズ&田代美代子浜口庫之助浜口庫之助寺岡真三愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 死ぬ程に 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ ねてもさめても たゞあなただけ 生きているのが つらくなるような長い夜 こんな気持ちは 誰もわかっちゃくれない 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 生命をかけて  いつからこんなに いつからこんなに あなたを好きに なったのか どうしてこんなに どうしてこんなに あなたの為に 苦しいのかしら もしもあなたが 居なくなったらどうしよう 私一人じゃ とても生きちゃいけない 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 生命をかけて 生命をかけて 生命をかけて
港町 涙町 別れ町GOLD LYLIC石原裕次郎GOLD LYLIC石原裕次郎浜口庫之助浜口庫之助港町 別れ町 未練に けむる町 明日は離れて 行く男 今日を限りに 飲む女 残してく 残されてゆく みんなこの町 なみだ町  港町 別れ町 涙に ぬれる町 夜霧に消えて 行く男 汽笛のかげに 泣く女 捨ててゆく 捨てられてゆく それもこの町 なみだ町
僕は泣いちっちGOLD LYLIC守屋浩GOLD LYLIC守屋浩浜口庫之助浜口庫之助僕の恋人 東京へ 行っちっち 僕の気持を 知りながら なんで なんで なんで どうして どうして どうして 東京がそんなに いいんだろう 僕は泣いちっち 横向いて泣いちっち 淋しい夜は いやだよ 僕も行こう あの娘の住んでる 東京へ  祭の太鼓が テンテケテンと 鳴っちっち みんな浮き浮き 踊るのに なんで なんで なんで どうして どうして どうして 僕だけションボリ みそっかす 涙がホロリ ひとりで出っちっち お祭なんか いやだよ 僕は思う 遠い東京の ことばかり  上りの急行が シュッシュラシュッと 行っちっち いやな噂を ふりまいて せめて せめて せめて 遠い 遠い 東京の 空に飛んでけちぎれ雲 汽笛がなっちっち 遠くでなっちっち 夜汽車の笛は いやだよ 早く行こう あの娘の住んでる 東京へ
空に太陽がある限りGOLD LYLIC錦野旦GOLD LYLIC錦野旦浜口庫之助浜口庫之助小杉仁三愛してる とても 愛してる ほんとに 愛してる いつまでも 空に太陽がある限り 君と僕は 君と僕は 二人でひとり 愛してる 愛してる 空に太陽がある限り  愛してる 心 愛してる 瞳 愛してる いつまでも 空に太陽がある限り 君と僕も 君と僕も 生命の限り 愛してる 愛してる 空に太陽がある限り
夕陽が泣いているGOLD LYLICザ・スパイダースGOLD LYLICザ・スパイダース浜口庫之助浜口庫之助夕焼け 海の夕焼け 真赤な 別れの色だよ 誰かに恋をして 激しい恋をして 夕陽が泣いている 僕の 心のように 夕陽も 泣いているのだろう  真赤な 唇のような 夕焼けの 空と海の色 あの娘の唇が 真赤な唇が 僕を呼んでいる 夕焼け 海の夕焼け 大きな 夕陽が泣いている 夕焼け 夕焼け ……
みんな夢の中高田恭子高田恭子浜口庫之助浜口庫之助小谷充恋はみじかい 夢のようなものだけど 女心は 夢を見るのが好きなの 夢のくちづけ 夢の涙 喜びも悲しみも みんな夢の中  やさしい言葉で 夢がはじまったのね いとしい人を 夢でつかまえたのね 身も心も あげてしまったけど なんで惜しかろ どうせ夢だもの  冷たい言葉で 暗くなった夢の中 みえない姿を 追いかけてゆく私 泣かないで なげかないで 消えていった面影も みんな夢の中
恍惚のブルース青江三奈青江三奈川内康範浜口庫之助女の命は 恋だから 恋におぼれて流されて 死ぬほどたのしい夢をみた あとはおぼろ あとはおぼろ ああ 今宵またしのびよる 恍惚のブルースよ  あたしをこんなにしたあなた ブルーシルクの雨が降り こころがしっとり濡れていた あとはおぼろ あとはおぼろ ああ 今宵またしのびなく 恍惚のブルースよ  あなたがこんなにしたわたし ブルーパールの霧が降り わたしは貝になっていた あとはおぼろ あとはおぼろ ああ 今宵またすすり泣く 恍惚のブルースよ
吉田松陰尾形大作尾形大作星野哲郎浜口庫之助時と命の 全てを賭けた 吉田松陰 憂国の 夢草莽に 果つるとも 松の雫は 久坂に宿り 花は桂の 枝に咲く  口で言うより 行うことが 志士の志士たる 誇りなら かくごの罪の 踏海忌(とうかいき) 下田港の 弁天島の 波も讃える 男意気  何も持たない 若者たちの 無欲無限の 赤心が 日本の明日を 創るのだ 松下村塾(しょうかそんじゅく) 長州魂 いまも生きてる 萩の町
花と小父さん伊東きよ子伊東きよ子浜口庫之助浜口庫之助前田憲男小さい花にくちづけをしたら 小さい声で僕に言ったよ 小父さん あなたは優しい人ね 私を摘んで お家につれてって 私はあなたのお部屋の中で 一生懸命咲いて 慰めてあげるわ どうせ短い 私の命 小父さん見てて 終るまで  可愛い花を僕は摘んで 部屋の机に 飾っておいた 毎日僕は 急いで家に 帰って花と お話をした 小さいままで 可愛いままで 或る朝花は 散っていったよ 約束通り 僕は見ていた 花の生命の終るまで  約束通り 僕は見ていた 花の生命の終るまで
黄色いさくらんぼスリー・キャッツスリー・キャッツ星野哲郎浜口庫之助浜口庫之助若い娘は お色気ありそうで なさそで ありそで ほらほら 黄色いサクランボ つまんでごらんよ ワン しゃぶってごらんよ ツー 甘くてしぶいよ スリー ワンー ツー スリー ウーン 黄色いさくらんぼ  若い娘が 三人揃えば ペチャクチャ ペチャクチャ コロコロ 黄色いさくらんぼ お熱い話に ンー おしゃれな話に ヘェー おいしい話に ウァー ワンー ツー スリー ウーン 黄色いさくらんぼ  若い娘は お脈がありそで なさそで ありそうで なんだか 黄色いさくらんぼ さわっちゃいやいや ワン はなしちゃいやいや ツー ふざけてすまして スリー ワン ツー スリー ウーン 黄色いさくらんぼ
コロッケの唄五月みどり五月みどり浜口庫之助浜口庫之助こんがりコロッケにゃ 口もない 目もない 手もない 足もない だけどコロッケは 知っている あなたとわたしの あの頃を 今日もコロッケ 明日もコロッケ これじゃ年がら年中 コロッケ コロッケ  コロッケだけしか作れない 悲しい私に ニコニコと 食べてくださる 思いやり 心でおがんだ この私 今日もコロッケ 明日もコロッケ これじゃ年がら年中 コロッケ コロッケ  君は新妻 僕の妻 じっとみつめて いるだけで 僕はこんなに 幸福と あなたは私に言いました 今日もコロッケ 明日もコロッケ これじゃ年がら年中 コロッケ コロッケ  コロッケみるたび 想い出す あなたと二人の 晩ごはん 何はなくとも 幸福が 胸にあふれた あの頃よ 今日もコロッケ 明日もコロッケ これじゃ年がら年中 コロッケ コロッケ
恋の山手線小林旭小林旭小島貞二浜口庫之助上野オフィスの 可愛い娘(こ) 声は鶯 谷わたり 日暮里笑った あの笑くぼ 田端ないなァ 好きだなァ 駒込したことァ ぬきにして グッと巣鴨が いかすなァ  始め大塚 びっくりに デートさそいに 池袋 ところが男が 目白押し そこを何とか 連れ出して 高田のバーで 酔ったとき 胸の新宿 うちあけた あゝ恋の山手線  代々木泣くのは およしなさい 原宿ならば 食べなさい 渋谷顔など いやですわ 顔は恵比寿に かぎります 目黒のさしみか 天ぷらで あたし五反田 いただくわ  今日はあなたの 月給日 まず大崎は 買物よ どの品川が いいかしら 田町が宙に 浮くようね 無理な新橋 かけないわ うんと有楽 町だいな あゝ恋の山手線  素ッ東京な ことばかり 何んだ神田の 無駄づかい 僕はいささか 秋葉原 御徒な恋だと 云われても 山手花咲く 日も近い 青くホームの 灯がゆれる あゝ恋の山手線
ちいさな恋天地真理天地真理安井かずみ浜口庫之助たまに会えない日もあるけれど それでもわたしは待っている ひみつの約束指切りは 今度の日曜 青い空 ちょっとこわいの 恋かしら 赤い夕陽が 今沈む  きいてみたいの 一度だけ それでもわたしは黙ってる みつめる目と目はかくしても かくしきれない この気持 涙ひとつぶ 恋かしら 光る星空 影ぼうし  なぜかゆれてる バラの花 はずかしそうな 恋の歌
へんな女水原弘水原弘浜口庫之助浜口庫之助ウパウパティンティン ウパウパティン ウパウパティンティン ウパウパティン へんな女に 会いました へんなところで 会いました へんな気持ちに なっちゃって 俺はその子に 惚れたのよ へんな格好してる へんな女  ウパウパティンティン ウパウパティン ウパウパティンティン ウパウパティン へんな女はいいました あなたはほんとに へんな人 あたしのような へんな女 どこがいいのよ 好きなのよ へんなものすきな へんな大人  ウパウパティンティン ウパウパティン ウパウパティンティン ウパウパティン そこでおいらは いいました 俺はもともと へんな男 まともな女じゃ ものたりない へんな女が すきなのよ へんな音ならす へんなバンド  ウパウパティンティン ウパウパティン ウパウパティンティン ウパウパティン 恋はもともと へんなもの へんな女に へんな男 それでも好きなら いいじゃないの 恋はいいもの へんなもの へんな歌うたう へんな男 水原弘!! ウパウパティンティン ウパウパティン ウパウパティンティン ウパウパティン
もう恋なのか錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助森岡賢一郎恋というもの 知りたくて あの娘の名まえを呼んでみたら 俺の心のかたすみを 冷たい夜風が 吹きぬけた ああ この淋しさは もう恋なのか ああ この淋しさは もう恋なのか  大人になりたい頃がある 恋を知りたい頃もある あの娘の笑顔も 約束も 信じられないことばかり ああ このむなしさは もう恋なのか ああ このむなしさは もう恋なのか  死ぬということ 知りたくて 月の光に 照らされた 冷たい線路をみつめていたら いつか涙がこぼれてた ああ この悲しみは もう恋なのか ああ この悲しみは もう恋なのか
黄色いさくらんぼゴールデン・ハーフゴールデン・ハーフ星野哲郎浜口庫之助川口真若い娘はウフン お色気ありそうでウフン なさそでアハン ありそでアハン ほらほら 黄色い さくらんぼ つまんでごらんよ ワン しゃぶってごらんよ ツー 甘くてしぶいよ スリー ワンー・ツー・スリー ウーン 黄色い さくらんぼ  若い娘がウフン 三人揃えばウフン ペチャクチャアハン ペチャクチャアハン コロコロ 黄色い さくらんぼ お熱い話に ンー おしゃれな話に ヘェー おいしい話に ウァー ワンー・ツー・スリー ウーン 黄色い さくらんぼ  若い娘はウフン お脈がありそでウフン なさそでアハン ありそでアハン なんだか 黄色い さくらんぼ さわっちゃいやいや ワン はなしちゃいやいや ツー ふざけてすまして スリー ワン・ツー・スリー・ウーン 黄色い さくらんぼ 黄色い さくらんぼ
風が泣いているザ・スパイダースザ・スパイダース浜口庫之助浜口庫之助ゴーゴーゴー 風が泣いている ゴーゴーゴー ゴーゴーゴー 風がさけんでる ゴーゴーゴー 誰を 追いかけてゆくどこへ 何が そんなに悲しいのさ 夜更けも ゴーゴー 暴れる ゴーゴー 嵐の ゴーゴーゴーゴー  ゴーゴーゴー 風が泣きながら ゴーゴーゴー ゴーゴーゴー 風が踊っている ゴーゴーゴー どうせ 帰らない恋ならば 早く 忘れた方がいいぜ 夜更けも ゴーゴー 踊れよ ゴーゴー 嵐の ゴーゴーゴーゴー 嵐の ゴーゴーゴーゴー ゴーゴーゴー ……
恋の町札幌石原裕次郎・川中美幸石原裕次郎・川中美幸浜口庫之助浜口庫之助時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに ついてくだけで 私はとても 幸せだった 夢のような 恋のはじめ 忘れはしない 恋の町札幌  はじめて恋を 知った私 やさしい空を 見上げて泣いたの 女になる日 だれかの愛が 見知らぬ夜の 扉を開く 私だけの 心の町 アカシヤも散った 恋の町札幌  淋しい時 むなしい時 私はいつも この町に来るの どこかちがうの この町だけは なぜか私に やさしくするの 恋人なのね ふるさとなのね ありがとう私の 恋の町札幌
夜空の笛守屋浩守屋浩浜口庫之助浜口庫之助チイタカタッタ チイタカタッタ 笛の音が ビルの窓から 飛びだして 暗い夜の空へ 流れて行く 僕の姉さんの 住んでる遠い国 ヤイヤイヤイ ヤイヤイヤイ ヤイヤイヤイヤイヤイ 僕も行きたいな 夜空をかけて  チイタカタッタ チイタカタッタ 笛の音が 聞こえる窓の あの中で 僕の一番好きな 姉さんが きれいなドレス着て 毎日踊ってた ヤイヤイヤイ ヤイヤイヤイ ヤイヤイヤイヤイヤイ 僕は一人で 風吹くビルの外  チイタカタッタ チイタカタッタ 笛の音が 聞こえる窓を 見ていると きれいで優しかった 姉さんが 今でも笑って 踊っているようだ ヤイヤイヤイ ヤイヤイヤイ ヤイヤイヤイヤイヤイ 僕はあの窓を 今夜も眺めてる ヤイヤイヤイ ヤイ…………
星娘西郷輝彦西郷輝彦浜口庫之助浜口庫之助星娘イエイエイ 星娘イエイエイ 星娘イエイエイ  星のようなあの子 輝くひとみが 暗い淋しい僕の 夜を照らしてくれる どんな淋しい時でも あの子に会えば 僕の心はすぐに パッと明るくなるのさ だけどあの娘は 星娘 イエイエイ 遠い届かぬ 夜空で光る そうさあの子は 僕には遠い 夜空の国の 星娘 イエイエイ  遠くにいても 近くにいても キラリと光る あの子のひとみ 横向いたあの子 下向いたあの子 どっちを向いても 光るあの子の姿 だからあの子は 星娘 イエイエイ 遠い届かぬ 夜空で光る そうさあの子は 近くて遠い 夜空の国の 星娘 イエイエイ 星娘 イエイエイ 星娘イエイエイ
月のエレジー守屋浩守屋浩浜口庫之助浜口庫之助胸と胸を合わせ 誓い合った恋も 今じゃ遠い思い出に なってしまったよ 何処へ行くのか恋 何故に急ぐか恋 僕とあの娘を泣かせておいて 逃げて行くのかよ  月が僕を見てる そうだ月に頼もう 逃げた恋を呼んで来ておくれよ 今すぐに 聞いているのか月 知らん顔した月 僕がこんなにあの娘のことを 頼んでいるのに
涙くん さよならジャニーズジャニーズ浜口庫之助浜口庫之助涙くんさよなら さよなら涙くん また会う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しい事だらけ 君なしではとても 生きてゆけそうもない だけど僕は恋をした 素晴しい恋なんだ だからしばらくは君と 会わずに暮せるだろう  涙くんさよなら さよなら涙くん また会う日まで  涙くんさよなら さよなら涙くん また会う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しい事だらけ 君なしではとても 生きてゆけそうもない だけどぼくのあの娘はね とっても優しい人なんだ だからしばらくは君と 会わずに暮せるだろう  涙くんさよなら さよなら涙くん また会う日まで
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
花の手拍子英亜里英亜里浜口庫之助浜口庫之助私はつぼみ 真赤な花の わかっているのもうすぐ咲くの あなたの愛がふくらんで 小さなはずみ待つばかり  私を咲かせてくれるなら 花のこころにひびくように こころをこめて手のひらに 花の手拍子打ちましょう タン タン タン タン タン…  私はつぼみ 待っていました いつか誰かのために咲く日を あなたは光あなたは露 つぼみはやっとふくらみました 
みんな夢の中玉置浩二玉置浩二浜口庫之助浜口庫之助恋は短い 夢のようなものだけど 女心は 夢をみるのが好きなの 夢のくちづけ 夢の涙 喜びも悲しみも みんな夢の中  やさしい言葉で 夢が始まったのね いとしい人を 夢で捕まえたのね 身も心も あげてしまったけど なんで惜しかろ どうせ夢だもの  冷たい言葉で 暗くなった夢の中 見えない姿を 追いかけてゆく私 泣かないで 嘆かないで 消えていった面影も みんな夢の中
愛の渚水原弘水原弘浜口庫之助浜口庫之助もしも おまえが 貝になったら 俺は渚の波になろう 砂に埋もれた おまえを見つけて 月の光をあててやろう  二人の愛よ いつまでも あゝいつまでも  貝は淋しい 海の底から 月の渚につれてこよ 夜の浜辺は 貝と波との 誰も知らない 秘密の世界  二人の愛よ いつまでも あゝいつまでも
願い星 叶い星西郷輝彦西郷輝彦浜口庫之助浜口庫之助涙星エイ エイ エイ 別れ星エイ エイ エイ 今夜の星は みんな涙色 君の心が 信じられずに 悲しくなって 見上げた空に 見つけた星は 涙星 いまにも消えそな 別れ星 ぼくの心の 涙色  願い星エイ エイ エイ 叶い星エイ エイ エイ 今夜の星は みんな恋の色 変わらぬ愛の やさしい便り 踊る心で 見上げた空に 輝く星は 願い星 光まぶしい 叶い星 ぼくの心の 恋の色
愛して愛して愛しちゃったのよ原由子&稲村オーケストラ原由子&稲村オーケストラ浜口庫之助浜口庫之助KUWATA KEISUKE・KOBAYASHI TAKESHI愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 死ぬ程に 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ ねてもさめても ただあなただけ 生きているのが つらくなるような長い夜 こんな気持ちは 誰もわかっちゃくれない 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 生命(いのち)をかけて  “真夏の風は どうして こんなに 切ないのでしょう 世の中が どんなに 変わっても あなたを 思う気持ちは きっと いつまでも 変わりません”  いつからこんなに いつからこんなに あなたを好きに なったのか どうしてこんなに どうしてこんなに あなたの為に 苦しいのかしら もしもあなたが 居なくなったらどうしよう 私一人じゃ とても生きちゃゆけない 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 生命をかけて 生命をかけて 生命をかけて‥‥  愛してしまう 生命をかけて こんな気持ちは ただあなただけ つらくなるような夜 寝てもさめても夢
西郷隆盛島津亜矢島津亜矢星野哲郎浜口庫之助伊戸のりお右も左も まとめて入れる 胸の深さに 竜馬も惚れた 薩摩隼人の 西郷(せご)どんは 燃えて火を吐く 桜島 国の為なら 死ぬという 死ぬという 死ぬという  弱い者にも しあわせがくる それが維新の 精神(こころ)じゃないか 行けよ若者 絆(きずな)を断(た)って 流す血潮を 吸って咲く 花は霧島 山つつじ 山つつじ 山つつじ  雨がふるふる 男の雨が 太(ふと)か目(め)ン玉(たま) あふれて落ちる 江戸を救うた 大南州が 負けて身を切る 城山の 春にゃ小鳥の 声も無し 声も無し 声も無し
愛のさざなみ原由子原由子なかにし礼浜口庫之助斎藤誠この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくやさしく くちづけしてね くり返すくり返す さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すくり返す さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くり返すくり返す さざ波のように さざ波のように
旭川恋の町細川たかし細川たかし浜口庫之助浜口庫之助竜崎孝路旭川に 来た頃は 俺は一人で 淋しかったぜ 冬は冷たく 友もなく なじみの店も なかった  それが 一年たった今 俺はこの町 好きになったぜ 逢えばいるいる いい奴が 行けばあるある いい店が  旭川 俺の町 ほめない俺が ほめる町 旭川 恋の町 ほれない俺が ほれた町  あつあつの お二人さん 早くおいでよ 旭川 雪にうもれた 冬の宿 恋をかためりゃ いいのさ  愛しあったら どこまでも ついておいでと 呼んでいる 小雪ちらちら ランタンの ともる夕暮れ 旭橋  願い橋 叶い橋 夢のランタン ともる頃 二人で 渡れば 恋の願いが かなうだろう  旭川 俺の町 ほめない俺が ほめる町 旭川 恋の町 ほれない俺が ほれた町  旭川 俺の町 ほめない俺が ほめる町 旭川 恋の町 ほれない俺が ほれた町
旭川ブルース細川たかし細川たかし鳥井実浜口庫之助竜崎孝路あなたを信じて傷ついた 女心は淋しく悲し 夜毎の夢にまぼろしに 命も泪も凍ってしまう ああ 氷点の街 旭川  忘れてしまえる恋ならば こんなみじめな想いはしない 星さえ見えぬ暗い道 あてなくさまよい探して歩く ああ 氷点の夜 旭川  あなたと一緒にいなければ とても生きてはいけないわたし この世の運命恨んでも どうにもならない想い出ばかり ああ 氷点の街 旭川
エンピツが一本坂本九坂本九浜口庫之助浜口庫之助エンピツが一本 エンピツが一本 ばくのポケットに エンピツが一本 エンピツが一本 ぼくのこころに 青い空を書くときも まっかな夕やけ書くときも 黒いあたまのとんがった エンピツが一本だけ  エンピツが一本 エンピツが一本 君のポケットに エンピツが一本 エンピツが一本 君のこころに 明日の夢を書くときも 昨日の想い出書くときも 黒いあたまのまるまった エンピツが一本だけ  エンピツが一本 エンピツが一本 ばくのポケットに エンピツが一本 エンピツが一本 ぼくのこころに 小川の水のゆくすえも 風と木の葉のささやきも 黒いあたまのちびた エンピツが一本だけ  エンピツが一本 エンピツが一本 君のポケットに エンピツが一本 エンピツが一本 君のこころに 夏の海辺の約束も もう―度会えない淋しさも 黒いあたまの悲しい エンピツが一本だけ
花と小父さん植木等植木等浜口庫之助浜口庫之助溝淵新一郎小さな花に くちづけをしたら 小さい声で 僕に言ったよ 小父さんあなたは やさしい人ね 私を摘んで お家につれてって 私はあなたの お部屋の中で 一生懸命咲いて 慰めて上げるわ どうせ短い 私の生命 小父さん見てて 終るまで  可愛い花を 僕は摘んで 部屋の机に 飾っておいた 毎日僕は 急いで家に 帰って花と お話をした 小さいままで 可愛いままで 或る朝花は 散っていったよ 約束通り 僕は見ていた 花の生命の 終るまで 終るまで
夜の虫みのもんたみのもんた浜口庫之助浜口庫之助竜崎孝路虫 虫 恋の虫 夜の虫 昼は寝ている 夜の虫 酒と煙草と 恋だけで 生きてゆくゆく 夜の虫 ああ 夜の虫  夜が来た来た 目をさませ 酒場の窓にも 灯がともる みんなおいでおいで 夜の虫 恋をさかなに 飲みあかそう ああ 飲みあかそう  死んでいるよな 顔をして 女泣かせる 夜の虫 泣いて泣かせて 今日もまた 黒い涙を ひとしずく ああ ひとしずく  うそかほんとか でたらめか 何も知らない 夜の虫 だけどほんのり 恋だけは 肌で知る知る 夜の虫 ああ 夜の虫  いたいたここにも もう一人 淋しがりやの 夜の虫 暗い酒場の片すみで グラスなめてる 夜の虫 ああ 夜の虫  何処の生まれか お育ちか 誰も知らない 夜の虫 なぜか冷たい 横顔を 覗く女も 夜の虫 ああ 夜の虫
熱い涙錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助小杉仁三君の 君の 君の 熱い 熱い 涙を 僕の 僕の 胸に そそいでおくれ 夜の 夜の 街も 空の 空の 星も みんな みんな 消えた 二人だけの世界 熱い涙 この胸に 二人だけの空の下で  君の 君の 君の 甘い 甘い 涙で 僕の 僕の 唇 ぬらしておくれ 愛の 愛の 言葉も 何も 何も いらない 甘く 甘く ぬれた 涙のくちづけ 甘い涙 唇に 二人だけの愛のくちづけ  甘い涙 唇に 二人だけの愛のくちづけ
大人になれば大場久美子大場久美子浜口庫之助浜口庫之助大人になれば チョコレートたべて いろんな事を考えるものさ 夢とはなんでしょう 恋とはなんでしょう 甘くてにがい 味のものかな ララララ ララ ちょっとまって 青い空に とんでいって 恋の味を そっとそっと きいてみよう ララララ ララ ちょっとまって 青い空に とんでいって 恋の味を そっとそっと きいてみよう  見わたす限り  空と波との 青い海原に ひとり船うかべ チョコレートひとつ 口にふくんで 淡い面影 胸にだきしめ ララララ ララ きっときっと 思い出も もっともっと この胸に そっとそっと きいてみよう ララララ ララ きっときっと 思い出も もっともっと この胸に そっとそっと きいてみよう
ARIGATAYA (有難や節)守屋浩守屋浩浜口庫之助浜口庫之助有難や有難や有難や有難や 金がなければくよくよします 女に振られりゃ泣きまする 腹がへったらおまんまたべて 寿命尽きればあの世行き 有難や有難や有難や有難や 恋というから行きたくなって 愛というから会いたがる こんな道理は誰れでもわかる それを止めたきゃ字を変えろ 有難や有難や有難や有難や  有難や有難や有難や有難や デモはデモでもあの娘のデモは いつもはがいいじれったい 早く一緒になろうと言えば デモデモデモと言うばかり 有難や有難や 有難や有難や 近頃地球も人数がふえて 右も左も 満員だ だけど行くとこ沢山ござる 空にゃ天国 地にゃ地獄 有難や有難や有難や有難や  有難や有難や有難や有難や 酒を飲んだら極楽行きと 思うつもりで地獄行き どこでどうやら道間違えて どなる女房の えんま顔 有難や有難や有難や有難や 親の教えは 貴いものよ 俺もそろそろ 見習おか 親父ゃええとこで酒飲んで ござる勉強ばかりじゃ 親不孝(おやふこう) 有難や有難や有難や有難や 
港町・涙町・別れ町五木ひろし五木ひろし浜口庫之助浜口庫之助ミッキー吉野港町 別れ町 未練にけむる町 あすは離れてゆく男 今日をかぎりに飲む女 残してく 残されてゆく みんな この町 涙町  港町 別れ町 涙にぬれる町 夜霧に消えてゆく男 汽笛のかげに泣く女 すててゆく すてられてゆく それも この町 涙町
夜霧よ今夜も有難うちあきなおみちあきなおみ浜口庫之助浜口庫之助しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う  夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う 夜霧よ今夜も有難う
愛をありがとう錦野旦錦野旦阿久悠浜口庫之助葵まさひこ夜はどんなに長くても いつか夜明けが来るものさ それを信じることさえも 出来ずに泣いてた つらい日に 愛をありがとう 愛をありがとう ありがとう あなたの愛で生きられたことを  だれも一度は悲しみと はなれられずに泣くものさ  旅に出ようか 眠ろうか いっそ死のうか 迷う日に 愛をありがとう 愛をありがとう ありがとう あなたの愛で生きられたことを  愛をありがとう 愛をありがとう ありがとう あなたの愛で生きられたことを
涙くんさよなら鈴木雅之鈴木雅之浜口庫之助浜口庫之助涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで  君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君なしではとても 生きて行けそうもない だけど僕は恋をした すばらしい恋なんだ だからしばらくは君と 逢わずに暮らせるだろう  涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで  涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで  君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君なしではとても 生きて行けそうもない だけど僕のあの娘はね とってもやさしい人なんだ だからしばらくは君と 逢わずに暮らせるだろう  涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで
涙くんさよならTOKIOTOKIO浜口庫之助浜口庫之助香取良彦・小西康陽涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで  君は僕の友達だ この世は悲しい事だらけ 君なしではとても 生きてゆけそうもない だけど僕は恋をした すばらしい恋なんだ だからしばらくは君と 逢わずに暮らせるだろう  涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで  君は僕の友達だ この世は悲しい事だらけ 君なしではとても 生きてゆけそうもない だけど僕のあの娘はね とってもやさしい ひとなんだ だからしばらくは君と 逢わずに暮らせるだろう  涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで
粋な別れちあきなおみちあきなおみ浜口庫之助浜口庫之助生命に終りがある 恋にも終りがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れをしようぜ  生命に終りがある 恋にも終りがくる はかない生命は 切なくもえて どこか消えてゆく 煙草の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れをしようぜ
しのび逢う恋ちあきなおみちあきなおみ白鳥朝詠浜口庫之助小杉仁三あの日の偶然が 彼とめぐり逢い 愛しあう今は 人目避けてしのび逢う 恋のはじめは 悩み 恋の終わりは 涙 だけど二人の心は 激しく燃えて求めあい いつまでも離れずに 愛しあいしのび逢う  あの夜のくちづけが 二人を結びあい 今宵また深く 愛を誓いしのび逢う 恋の掟は 秘密 恋の運命は 別れ だけど二人の心は 別れられずに 求めあい 幸せの夢を見て いくたびもしのび逢う  恋の掟は 秘密 恋の運命は 別れ だけど二人の心は 別れられずに 求めあい 幸せの夢を見て いくたびもしのび逢う
恋の山手線モダンチョキチョキズモダンチョキチョキズ小島貞二浜口庫之助上野オフィスのかわいい娘 声は鴬谷わたり 日暮里笑った あのえくぼ 田端ないなァ 好きだなァ 駒込したことァ抜きにして グッと巣鴨がいかすなァ  始め大塚びっくりに デートさそいに池袋 ところが男が目白押し そこを何とか連れ出して 高田のバーで酔ったとき 胸の新宿うちあけた ああ恋の山手線  代々木泣くのはおよしなさい 原宿ならば食べなさい 渋谷顔などいやですわ 頬は恵比寿にかぎります 目黒のさしみか天ぶらで あたし五反田いただくわ  きょうはあなたの月給日 まず大崎は買物よ どの品川がいいかしら 田町が宙に浮くようね 無理な新橋かけないわ うんと有楽町だいな ああ恋の山手線  素ッ東京なことばかり 何だ神田のむだづかい ボクはいささか秋葉原 御徒な恋だといわれても 山手花咲く日も近い 青くホームに灯がゆれる ああ恋の山手線
人生いろいろテレサ・テンテレサ・テン中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねぇおかしいでしょ若いころ ねぇ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
恋の町札幌水森かおり水森かおり浜口庫之助浜口庫之助時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに ついてくだけで 私はとても 幸せだった 夢のような 恋のはじめ 忘れはしない 恋の町札幌  はじめて恋を 知った私 やさしい空を 見上げて泣いたの 女になる日 だれかの愛が 見知らぬ夜の 扉を開く 私だけの 心の町 アカシヤも散った 恋の町札幌  淋しい時 むなしい時 私はいつも この町に来るの どこかちがうの この町だけは なぜか私に やさしくするの 恋人なのね ふるさとなのね ありがとう私の 恋の町札幌
ボン・ボヤージ守屋浩守屋浩石本美由起浜口庫之助長いまつ毛が ぬれている 船出に涙は 不吉だよ 泣かないで お別れしよう 港の星が 見てるから 見せちゃいけない 泣き顔を ボン・ボヤージ ボン・ボヤージ グッバイ スイートハート  夜のとばりに いだかれて チャコールグレーの 霧がふる いつまでも 愛しているよ 『さよなら』するのも この波止場 今度逢うのも この波止場 ボン・ボヤージ ボン・ボヤージ グッバイ スイートハート  甘いシャネルの 移り香が 背広の胸にも にじんでる 待ってるよ いつの日までも 誰も知らない 約束を 秘めたこころが 燃えている ボン・ボヤージ ボン・ボヤージ グッバイ スイートハート
粋な別れ五木ひろし五木ひろし浜口庫之助浜口庫之助ミッキー吉野生命に 終わりがある 恋にも 終わりがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も 涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れを しようぜ  生命に 終わりがある 恋にも 終わりがくる はかない生命は 切なく燃えて どこか消えてゆく 煙草のけむり 恋の 行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れを しようぜ
海の声 森の声五木ひろし五木ひろし浜口庫之助浜口庫之助ミッキー吉野みなさん 静かにしてください 耳をすませて ききましょう ちかごろの地球は うるさくて 本当の声が きこえません  潮騒のむこう 沖の彼方から きこえるでしょう 海の声 世界の人の 悲しみとともに 海の心も 泣いています やさしい海を いじめないで きれいな海を 汚さないで みなさん静かに 耳をすませて みんなでききましょう 海の声を 嘆きの海の あの声を  みなさんもう一度 耳をすませて きいてください 森の声を よごれた風に よごれた雨に 疲れた森は 泣いています やさしい木々を 傷めないで 森の静けさ 壊さないで みなさん静かに 心をすませて きいてください 森の声を 森の心の あの声を 嘆きの海の あの声を
恋する蝶ちょ五月みどり五月みどり浜口庫之助浜口庫之助蝶々 飛べ飛べ蝶々 明るい街を 飛んで遊べ お前の生命 短いけれど くるくるかわる 楽しい人生 かいこからさなぎ さなぎから蝶々 それから卵を 生んで また蝶々 蝶々蝶々 菜の葉にとまれ 菜の葉があきたら 男に止まれ 菜の葉のつゆは 甘いけれど 男のみつはもっと甘い 飛べ飛べ蝶々 楽しい街を みつをさがして 飛んで遊べ  蝶々 飛べ飛べ蝶々 おまえの好きな 夜の街 どうせ短い はかない生命 甘く哀しく 涙かくして かいこからさなぎ さなぎから蝶々 きれいな羽をひろげ あでやかに 蝶々 蝶々 男にとまれ 男があきたら 飛んでゆけ 男のみつは 甘いけれど 恋の香りに気をつけて 飛べ飛べ蝶々 恋する蝶々 ロマン求めて 飛んで遊べ
東京-大阪田辺靖雄田辺靖雄浜口庫之助浜口庫之助高速道路で 陽がくれた 白いジェットが 逃げてゆく もう間に合わない憎い空 俺を見捨てて しらん顔  東京 大阪 大阪 東京 俺とおまえ おまえと俺  夜はとめても 更けてゆく 恋はいやでも 燃えてくる とどかないのか 叫んでも 遠い東と 西の町  東京 大阪 大阪 東京 俺とおまえ おまえと俺  一つの恋を 追いかけて 二つの生命が 燃えるとき 暗い夜空を 飛んでゆく 俺のジェット もどれジェット  東京 大阪 大阪 東京 俺とおまえ おまえと俺
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛のさざなみ五木ひろし五木ひろしなかにし礼浜口庫之助ミッキー吉野この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい あゝ 湖に 小舟がただひとつ やさしく やさしく くちづけしてね くりかえす くりかえす さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい あゝ 湖に 小舟がただひとつ 別れを 思うと 涙があふれる くりかえす くりかえす さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの あゝ 湖に 小舟がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くりかえす くりかえす さざ波のように
心うきうき島倉千代子島倉千代子中山大三郎浜口庫之助街を歩けば 気がつくでしょう 五月のバラの 美しさ 九月のバラの あでやかさ どこがちがうの 私 何度も 恋して 泣いて きれいに生きて 行きたいの 散ってまた咲く バラのように 夢に生きるのよ それはネ それは女のねがいごと いつもネ いつもおしゃれな 花ごころ 秋にも赤く 咲きますよ 冬にも赤く 咲きますよ  バラよ バラよ きれいなバラ バラをみつめて こころうきうき  あしただれかに 会うのでしょうか こころがあつく なるでしょうか そのときどきで あたらしい 恋は初恋 だってその度 ときめくものよ なみだもあまいものなのよ 風にあやしくゆれてみたり 雨に泣いたり 今日はネ 今日は何にもなくっても あすはネ あすはすてきなことがある 秋にも赤く 咲きますよ 冬にも赤く 咲きますよ  バラよ バラよ きれいなバラ バラをみつめて こころうきうき  バラよ バラよ きれいなバラ バラをみつめて こころうきうき
恋の町札幌五木ひろし五木ひろし浜口庫之助浜口庫之助ミッキー吉野時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに ついてくだけで 私はとても 幸わせだった 夢のような 恋のはじめ 忘れはしない 恋の町札幌  はじめて恋を 知った私 やさしい空を 見上げて泣いたの 女になる日 だれかの愛が 見知らぬ夜の 扉を開く 私だけの 心の町 アカシヤも散った 恋の町札幌  淋しい時 むなしい時 私はいつも この町に来るの どこかちがうの この町だけは なぜか私に やさしくするの 恋人なのね ふるさとなのね 有難う私の 恋の町札幌
星のフラメンコ井上陽水井上陽水浜口庫之助浜口庫之助星勝好きなんだけど 離れてるのさ 遠くで星をみるように 好きなんだけど だまってるのさ 大事な宝 かくすように 君は僕の心の星 君は僕の宝 こわしたくない なくしたくない だから 好きなんだけど 離れてるのさ 好きなんだけど だまってるのさ  とどかぬ星を 恋した僕の 心をうたう 星のフラメンコ 輝け星よ 君の夜空で 歌えよ涙 僕の心で 君は僕の心の星 君は僕の宝 こわしたくない なくしたくない だから 歌うよせめて 心の歌を ひびけ夜空に 星のフラメンコ 星のフラメンコ
人生いろいろ五木ひろし五木ひろし中山大三郎浜口庫之助ミッキー吉野死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ  ねぇ おかしいでしょ 若いころ ねぇ 滑稽でしょ 若いころ 笑いばなしに 涙がいっぱい 涙の中に 若さがいっぱい  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そして心を乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ  いまかがやくのよ 私たち いまとびたつのよ 私たち 笑いばなしに 希望がいっぱい 希望の中に 若さがいっぱい  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
奪われたいの稲森明美稲森明美浜口庫之助浜口庫之助あげるのは いやいや 奪われたいの あげれば あなたの 愛がわからないわ だから 奪って 奪って 奪われた時 私は あなたの 愛を感じるのよ  見せるのは いやいや のぞかれたいの 見せれば あなたは 目をつぶっちゃうじゃないの だから のぞいて のぞいて のぞかれた時 私と あなたは 結ばれてゆくの  教えるのは いやいや 探られたいの 私の 秘密は 女の秘密なの だから 探って 探って 探られた時 私は あなたから もう逃げられないわ  だから 探って 探って 探られた時 私は あなたから もう逃げられないわ もう逃げられないわ もう逃げられないわ
涙くんさよなら和田弘とマヒナスターズ和田弘とマヒナスターズ浜口庫之助浜口庫之助寺岡真三涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君なしでは とても 生きてゆけそうもない  だけど僕は恋をした すばらしい恋なんだ だからしばらくは 君と逢わずに 暮らせるだろう 涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで  涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君なしでは とても 生きてゆけそうもない  だけど僕のあの娘はね とってもやさしいひとなんだ だからしばらくは 君と逢わずに 暮らせるだろう 涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで…
白馬童子児童合唱団児童合唱団仲木睦浜口庫之助チャンチャン チャンバラリ チャンチャン バラバラ チャン チャンバラリ 白馬童子が とんで行く さあ大変だ 大変だ 大変だ それ行け 見に行け みんな行け 悪人ばらを けちらすぞ ヘイ またがる白馬は 流れ星 白馬童子 白馬童子 チャンチャン チャンバラリ チャンチャン バラバラ チャン チャンバラリ
バラが咲いた芹洋子芹洋子浜口庫之助浜口庫之助青木望バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラが 淋しかった僕の庭に バラが咲いた  たったひとつ 咲いたバラ 小さなバラで 淋しかった僕の庭が 明るくなった  バラよ バラよ 小さなバラ そのままで そこに咲いてておくれ  バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラで 淋しかった僕の庭が 明るくなった  バラが散った バラが散った いつの間にか 僕の庭は前のように 淋しくなった  僕の庭のバラは 散ってしまったけれど 淋しかった僕の心に バラが咲いた  バラよ バラよ 心のバラ いつまでも ここで咲いてておくれ  バラが咲いた バラが咲いた 僕の心に いつまでも 散らない 真赤なバラが いつまでも散らない 真赤なバラが…
吉田松陰島津亜矢島津亜矢星野哲郎浜口庫之助伊戸のりお時と命の 全てを賭けた 吉田松陰 憂国(ゆうこく)の 夢 草莽(そうもう)に 果つるとも 松の雫(しずく)は 久坂(くさか)に宿り 花は桂(かつら)の 枝に咲く  口で言うより 行うことが 志士の志士たる 誇りなら かくごの罪の 踏海忌(とうかいき) 下田港の 弁天島の 波も讃(たた)える 男意気  何も持たない 若者たちの 無欲無限の 赤心が 日本の明日(あす)を 創るのだ 松下村塾(しょうかそんじゅく) 長州魂(ごころ) いまも生きてる 萩(はぎ)の町
心に火をつけて錦野旦錦野旦阿久悠浜口庫之助小杉仁三熱い恋の炎 ゆれる君の胸に 強く抱いて点ける 甘い夜にもえて 君をこんなにしたのは ぼくさ ぼくをこんなにしたのは 君さ 頬に光る涙 それは愛のしるし ほかの誰も忘れ ふたりだけの世界  君を見てるだけで 胸がつまる想い たった一度だけの 赤いぼくの炎 君をこんなにしたのは ぼくさ ぼくをこんなにしたのは 君さ だから君の胸を ぼくと同じように 夢のかけら集め 熱く灼いてしまう  君をこんなにしたのは ぼくさ ぼくをこんなにしたのは 君さ だから君の胸を ぼくと同じように 夢のかけら集め 熱く灼いてしまう
愛して愛して愛しちゃったのよはやぶさはやぶさ浜口庫之助浜口庫之助愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを死ぬ程に 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ ねてもさめてもただあなただけ 生きているのがつらくなるよな長い夜 こんな気持ちは誰もわかっちゃくれない 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを生命をかけて  いつからこんなに いつからこんなに あなたを好きになったのか どうしてこんなに どうしてこんなに あなたのために苦しいのかしら もしもあなたが居なくなったらどうしよう 私一人じゃとても生きちゃゆけない 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを生命をかけて 生命をかけて 生命をかけて…
粋な別れ増位山太志郎増位山太志郎浜口庫之助浜口庫之助生命(いのち)に終わりがある 恋にも終わりがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れをしようぜ  生命に終わりがある 恋にも終わりがくる はかない生命は せつなくもえて どこか消えてゆく 煙草の煙り 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れをしようぜ
クロスオーバー・ラブ石原裕次郎石原裕次郎浜口庫之助浜口庫之助小杉仁三夏がまだ 終らないのに 秋がもうしのびよる クロスオーバー クロスオーバー 太陽がまぶしい にぎやかな街に かくれたいひとりで クロスオーバー 私の心に 夏と秋のふたつの恋 クロスオーバー クロスオーバー クロスオーバー・ラブ  夢がまだ さめてないのに 朝がもうさわぎだす クロスオーバー クロスオーバー 太陽がまぶしい 新しいひとに 心をのぞかれて クロスオーバー 私の心で出逢う ふたつの恋の影 クロスオーバー クロスオーバー クロスオーバー・ラブ
愛のさざなみ坂本冬美坂本冬美なかにし礼浜口庫之助萩田光雄この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくやさしく くちづけしてね くり返すくり返す さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すくり返す さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くり返すくり返す さざ波のように さざ波のように
がまの油売り守屋浩守屋浩浜口庫之助浜口庫之助がまの油 がまの油 がまの油 がまの油  さあ よった よった ご用と急ぎの ない方もある方も よった よった  さてさて お立ち合い これが何だか知ってるかい こいつは名薬 がまの油だ 本当のがまの油だよ がまと言ってもちがうんだい 四六のがまと言うんだよ 前足四本 後足六本 ピョンと とぶやつ つかまえて  鏡の箱に入れとくと がまのオッサン鏡にうつった 自分の姿にびっくり仰天 タラッタラッタラッタラッ タラタラタラタラ 流した油をかき集め コトコトコトコト 三週間 煮つめて作ったがまの油だ ほんとによくきく油だよ  どうだいお立ち合い おわかりかな 音にきこえた がまの油たあ こんなもんだい がまも楽じゃないが 売り込む私も 楽じゃないよ さあお立ち合い  こいつは何でも良くきくよ 坊やがころんですりむいた そいつは簡単 がまの油を ちょいとつけたらおしまいだ  まだまだなんでもきくんだよ おなかがチクチク痛んだら ちょいと一口なめてごらんよ スイスイケロリとなおっちゃう  なおらぬ病気は一つもない お酒の飲みすぎ 二日酔 彼氏にふられた ふとりすぎでも キューキュー キューキュー キュキュ キュキュ みるみる中にやせて来て もとの美人に逆もどり 恋の病に なやむお方は ためしてごらんよ この油  がまの油 がまの油 がまの油  さあ買った買った お立ち合い 今買わなければ 子孫代々恥となる さあ買った 買ったァ
ここがいいのよ浜口庫之助浜口庫之助浜口庫之助浜口庫之助ここ ここ ここがいいのよ あなたのそばが どこにも 行きたくないの ここにいたいの 何でも ここにあるの わたしの欲しいもの 夢も愛も幸せも ここ ここ ここにあるのよ あなたのそばに ここ ここ ここにあるのよ あなたのそばに ここ ここ ここがいいのよ あなたのそばが ここより ほかにないのよ わたしの世界 たとえどんなに 小さな世界でも 胸をいっぱいふくらませて ここ ここ ここでみるのよ 二人の夢を 夢 夢 夢をみるのよ 大きな夢を あなたのそばで あなたのそばで
粋な別れ渡哲也渡哲也浜口庫之助浜口庫之助川上義彦生命に 終りがある 恋にも 終りがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れを しようぜ  生命に 終りがある 恋にも 終りがくる はかない生命は 切なく燃えて どこか消えてゆく 煙草の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れを しようぜ
バラが咲いたSeptemberSeptember浜口庫之助浜口庫之助バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが 淋しかった僕の庭に バラが咲いた たったひとつ咲いたバラ 小さなバラで 淋しかった僕の庭が 明るくなった バラよバラよ 小さなバラ いつまでもそこに咲いてておくれ バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラで 淋しかった僕の庭が 明るくなった  バラが散った バラが散った いつの間にか ぼくの庭は前のように 淋しくなった ぼくの庭のバラは散ってしまったけれど 淋しかった僕の心に バラが咲いた バラよバラよ 心のバラ いつまでも ここで咲いてておくれ バラが咲いた バラが咲いた 僕の心に いつまでも散らない 真っ赤なバラが いつまでも散らない 真っ赤なバラが
社長さんはいい気持鈴木やすし鈴木やすし浜口庫之助浜口庫之助朝日が昇る頃 社長さんが帰る ああー いい気持 どうして 朝日が昇るのか 電信柱に 聞いて見よったららった あーあ 社長さんはいい気持  お月さんが昇る頃 おっぺけぺが出てく ああー いい気持 お月さんに キスしてやりたいが 男か女か わからないったららった あーあ おっぺけぺはいい気持  権兵衛が種蒔きゃ カラスが出てく ああー いい気持 早起きカラスは 顔洗う カアカア うがいもやっているったららった あーあ カラスはいい気持
みんな夢の中柳澤純子柳澤純子浜口庫之助浜口庫之助石倉重信恋は短い夢のようなものだけど 女心は夢をみるのが好きなの 夢のくちづけ 夢の涙 喜びも悲しみも みんく夢の中  やさしい言葉で夢が始まったのね いとしい人を夢で掴まえたのね 身も心もあげてしまったけど なんで惜しかろ どうせ夢だもの  冷たい言葉で暗くなった夢の中 見えない姿を追いかけてゆく私 泣かないで 嘆かないで 消えていった面影も みんな夢の中
涙くんさよなら国仲涼子国仲涼子浜口庫之助浜口庫之助Haya10涙くんさよなら さよなら涙くん また会う日まで  君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君なしではとても 生きて行けそうもない  だけど僕は恋をした 素晴らしい恋なんだ だからしばらくは君と 会わずに暮らせるだろう  涙くんさよなら さよなら涙くん また会う日まで  君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ  君なしではとても 生きて行けそうもない  だけど僕のあの娘はね とっても優しい人なんだ だからしばらくは君と 会わずに暮らせるだろう  涙くんさよなら さよなら涙くん また会う日まで また会う日まで また会う日まで
ポプラと私石原裕次郎石原裕次郎浜口庫之助浜口庫之助小谷充ポプラ並木を 歩いていたら ポプラがみんな 歌っていたぜ 恋をするなら 北国の町 捜しにおいで 本当の恋を そうかもしれない 本当の恋が 生まれる町は 北国の町 あの娘をつれて 来たこの並木 愛の言葉が はじめて言えた 風に吹かれて ポプラは笑う お前もやっと 恋人みつけた あの日あの時 北一条の ホテルもオレを 笑っていたぜ  恋がはじまり 炎が燃える だけど北国 冬の訪れ 雪の夜空に 祈るよポプラ 恋の炎が 消えないように ポプラよごらん ホテルの窓を 本当の恋の 灯りの窓を
たそがれの海辺ちあきなおみちあきなおみ白鳥朝詠浜口庫之助小杉仁三美しい瞳が 燃えて 歌う歌う たそがれの海辺 馬に乗り遥かな 渚 走る走る 波に濡れながら シャルラララ……… 歌う乙女の 花のかおりが シャルラララ……… はじめて恋を 教えてくれた  美しい黒髪 ゆれて 歌う歌う たそがれの海辺 目を閉じて静かに ひとり 甘い甘い 恋の夢を見る シャルラララ……… 歌う乙女の 白い小指が シャルラララ……… いつしかそっと やさしく触れた  シャルラララ……… 歌う乙女の 白い小指が シャルラララ……… いつしかそっと やさしく触れた いつしかそっと やさしく触れた
チビのジュリーザ・スパイダースザ・スパイダース浜口庫之助浜口庫之助チビのジュリー チビのジュリーは淋しい娘 チビのジュリーは恋をしても 何にも云えない だまって夕日を 見ているだけさ だまって涙を 浮べてるだけ ジュリージュリー チビのジュリーは淋しい娘 ジュリージュリー 
白馬童子児童合唱団児童合唱団仲木睦浜口庫之助正義の楯に けつ然と 貫き通す 武士の道 白馬の背(せな)に むちうって 嵐の中へ 駈けて行く 光の王子 白馬童子
おばさん森昌子森昌子浜口庫之助浜口庫之助おばさん おばさん 待っててちょうだい おばさん おばさん 早く逢いたい お葉書よんだら 風邪をひいて 寝てるって 書いてあったわ おばさん とっても寂しがりや わたしも悩みあるのよ この頃 いつも ひとりで泣くの おはなしきいて いつものように  おばさん おばさん 待っててちょうだい おばさん おばさん 早く逢いたい 汽車にのったら 私の好きな 景色にきっと あえるわ 窓の景色と おはなしするの 遠い昔のことを− 夕焼けの空 思い出の町 おばさんの呼ぶ なつかしい声  おばさん おばさん 待っててちょうだい おばさん おばさん 早く逢いたい 私の大事な このお守りで おばさん きっと 直るでしょう そしたら ねましょう ふたり ねていた いつもの あの部屋で 私の好きな 枕をだいて 夢をみたいの あの頃の夢
あなたとわたし青江三奈青江三奈川内康範浜口庫之助肌でおぼえた 恋の味 こころでそっと かみしめて なんにも知らない 顔してる あなたとわたしの 夜が更ける ああ…… ふたりだけの ふたりだけの ブルースよ  花になりたい 夢がある あなたの胸に 咲きながら 女の命が 燃えている あなたとわたしの 夜が更ける ああ…… ふたりだけの ふたりだけの ブルースよ  燃えるこころの つきるまで ふたりの愛は 変らない 風も知ってる あの時を あなたとわたしの 夜が更ける ああ…… ふたりだけの ふたりだけの ブルースよ
愛のさざなみ香西かおり香西かおりなかにし礼浜口庫之助薗広昭この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくやさしく くちづけしてね くり返すくり返す さざ波のように  あなたがわたしを きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すくり返す さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くり返すくり返す さざ波のように さざ波のように
愛して愛して愛しちゃったのよ奥村チヨ奥村チヨ浜口庫之助浜口庫之助池多孝春愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 死ぬ程に 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ ねてもさめても ただあなただけ 生きているのが つらくなるよな長い夜 こんな気持は 誰もわかっちゃくれない 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 生命をかけて  いつからこんなに いつからこんなに あなたを好きに なったのか どうしてこんなに どうしてこんなに あなたのために 苦しむのかしら もしもあなたが 居なくなったらどうしよう 私一人じゃ とても生きちゃいけない 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 生命をかけて 生命をかけて 生命をかけて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
今夜は君をはなさない井上ひろし井上ひろし鹿野里実浜口庫之助街の灯りも うるんでる 君の瞳も うるんでる 素敵な素敵な 夜だから いっそ戻ろか あの店へ 今夜は君を はなさない  空に今夜も 星がある 僕のそばには 君がいる いつもとおんなじ 夜なのに なぜか時間が 早くたつ 今夜は君を はなさない  午前零時が 鳴っている 駅のチャイムが 鳴っている おやすみ指切り 離したら 泣けてきそうな 夜だから 今夜は君を はなさない
みんな夢の中五木ひろし五木ひろし浜口庫之助浜口庫之助ミッキー吉野恋は短い 夢のようなものだけど 女心は 夢をみるのが好きなの 夢のくちづけ 夢の涙 喜びも悲しみも みんな夢の中  やさしい言葉で 夢が始まったのね いとしい人を 夢で掴まえたのね 身も心も あげてしまったけど なんで惜しかろ どうせ夢だもの  冷たい言葉で 暗くなった夢の中 見えない姿を 追いかけてゆく私 泣かないで 嘆かないで 消えていった面影も みんな夢の中
いたずら恋の風十朱幸代十朱幸代浜口庫之助浜口庫之助風の中に溶けた香り 甘い恋の香りが 若い娘の頬を そっとつねって行く 何んにも知らない娘に 恋というものを 教えて逃げて行く いたずら恋の風  空に一つ二つ三つ またゝく星のつぶが 若い娘の頬に いつかこぼれて来る 何んにも知らない娘に 恋のおみやげは きらりと一粒 星のような涙
愛して愛して愛しちゃったのよちあきなおみちあきなおみ浜口庫之助浜口庫之助愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 死ぬ程に 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ ねてもさめても ただあなただけ 生きているのが つらくなるような 長い夜 こんな気持ちは 誰もわかっちゃくれない 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 生命をかけて  いつからこんなに いつからこんなに あなたを好きに なったのか どうしてこんなに どうしてこんなに あなたの為に 苦しいのかしら もしもあなたが 居なくなったら どうしよう 私一人じゃ とても生きちゃゆけない 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 生命をかけて 生命をかけて…
眠られぬ夜のブルース青江三奈青江三奈川内康範浜口庫之助夜が化粧をはじめると 風もないのに 心がさわぐ あの人が訪ねてくるような ドアが気になる 気になる 気になる ひとり身の ああ 眠られぬ夜のブルースよ  恋はこりごり 捨てたのに 胸が燃えるわ 想い出されて あの人が誘いに来るような 紅が気になる 気になる 気になる ひとりの身の ああ 眠られぬ夜のブルースよ  眠るつもりで 枕べの 消した灯りの 暗さの中で あの人の電話があるような ベルが気になる 気になる 気になる ひとり身の ああ 眠られぬ夜のブルースよ
夜霧よ今夜も有難う井上陽水井上陽水浜口庫之助浜口庫之助森俊之しのび会う恋をつつむ夜霧よ 知っているのかふたりの仲を 晴れて会えるその日まで かくしておくれ夜霧夜霧 僕らはいつもそっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う  夜更けの町にうるむ夜霧よ 知っているのか別れのつらさ いつか二人でつかむ幸せ 祈っておくれ夜霧夜霧 僕等はいつもそっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う
夜霧よ今夜もありがとう中森明菜中森明菜浜口庫之助浜口庫之助千住明しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う  夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う
愛して愛して愛しちゃったのよ和田弘とマヒナスターズ with 安倍律子和田弘とマヒナスターズ with 安倍律子浜口庫之助浜口庫之助愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 死ぬ程に 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ ねてもさめても ただあなただけ 生きているのが つらくなるよな長い夜 こんな気持は 誰もわかっちゃくれない 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 生命(いのち)をかけて  いつからこんなに いつからこんなに あなたを好きに なったのか どうしてこんなに どうしてこんなに あなたのために 苦しいのかしら もしもあなたが 居なくなったらどうしよう 私一人じゃ とても生きちゃいけない 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ あなただけを 生命をかけて 生命をかけて 生命をかけて
黄色いさくらんぼ五木ひろし五木ひろし星野哲郎浜口庫之助ミッキー吉野若い娘は ン ンー お色気ありそうで ン ンー なさそで ン ン ありそで ン ン ほらほら 黄色いさくらんぼ  つまんでごらんよ ワン しゃぶってごらんよ ツー 甘くてしぶいよ スリー ワンー ツー スリー ウーン 黄色いさくらんぼ  若い娘が ン ンー 三人そろえば ン ンー ペチャクチャ ン ン ペチャクチャ ン ン ころころ 黄色いさくらんぼ  お熱い話に ンー おしゃれな話に ヘェー おいしい話に ウァー ワンー ツー スリー ウーン 黄色いさくらんぼ  若い娘は ン ンー お脈がありそで ン ンー なさそで ン ン ありそで ン ン なんだか 黄色いさくらんぼ  さわっちゃ いやいや ワン はなしちゃ いやいや ツー ふざけて すまして スリー ワン ツー スリー ウーン 黄色いさくらんぼ  つまんでごらんよ ワン しゃぶってごらんよ ツー 甘くてしぶいよ スリー ワンー ツー スリー ウーン 黄色いさくらんぼ 黄色いさくらんぼ 黄色いさくらんぼ
みんな夢の中由紀さおり由紀さおり浜口庫之助浜口庫之助坂本昌之恋はみじかい 夢のようなものだけど 女心は 夢をみるのが好きなの 夢のくちづけ 夢の涙 喜びも悲しみも みんな夢の中  やさしい言葉で 夢がはじまったのね いとしい人を 夢でつかまえたのね 身も心も あげてしまったけど なんで惜しかろ どうせ夢だもの  冷たい言葉で 暗くなった夢の中 みえない姿を 追いかけてゆく私 泣かないで なげかないで 消えていった面影も みんな夢の中
今日も初恋島倉千代子島倉千代子浜口庫之助浜口庫之助ひと目で惚れて ふた目で又惚れて どうにもならない お前と俺さ 馬鹿と言われようと 何と言われようと 俺はお前の手を離しはしない じんときたんだよ 初めて逢った時 ぴったりなんだよ お前と俺とは 本当の恋ならば 若けりゃいいってもんじゃない 燃える燃えてる今日も 初恋のように  走り続けた 恋の一本道 脇見してたら 石につまずいて ころんだついでに またまた拾った恋 僕は楽しい 恋のピエロさ だから激しく 今日も初恋 本当の恋にも 十色の恋がある 君にも見えるだろう すてきな恋の色が 燃える燃える今日も 初恋のように  惚れた数から 傷ついた数引いて 何にも残らぬ 若い頃だった それでもよかった 若さにまかせた恋 傷は涙が洗ってくれた すてちゃいけない 本当の恋なら消しちゃいけない恋の火は命 やっとわかってきた大人の恋の味が 燃える燃える今日も 初恋のように
笑えピエロ植木等植木等浜口庫之助浜口庫之助溝淵新一郎君は僕を笑ってる 僕は君を笑わせる 笑おう 笑おう 笑おう 笑おう おもいきり 君もピエロ 僕もピエロ 誰でも心は泣いている 心は泣くのにいそがしい だから 笑うと涙が出てくるぜ ほら涙が出てくるぜ  君は僕を夢見てる 僕は君を夢見てる 見よう見よう眼をとじて せめて今日は せめて今は 誰でも心は淋しいぜ 心は一人で泣いている だから 笑うと涙が出てくるぜ ほら涙が出てくるぜ  ほら涙が出てくるぜ ほら涙が出てくるぜ ほら涙が出てくるぜ
嵐の夜錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助小杉仁三おいで おいで 僕と一緒に 君と二人で 生きてゆこうよ おいで おいで 何もかも捨てて 二人だけで 幸せさがそう 嵐の夜は 僕が君を守る 雨の朝は 君がやさしくしておくれ おいで おいで 僕と一緒に 二人で夢を そだててゆこう  ここに おいで 僕のとなりに 君をやさしく 抱かせておくれ ここに おいで 小さな頬に 愛のしるしを 受けとめておくれ 君のために 僕がいるように 僕のために 君がいること忘れないで ここに おいで 僕のとなりに 君をやさしく 抱かせておくれ  嵐の夜は 僕が君を守る 雨の朝は 君がやさしくしておくれ おいで おいで 僕と一緒に 二人で夢を そだててゆこう そだててゆこう そだててゆこう
黄色いさくらんぼじゅん&ネネじゅん&ネネ星野哲郎浜口庫之助若い娘は お色気ありそで なさそで ありそで ほらほら 黄色いさくらんぼ つまんでごらんよ ワン しゃぶってごらんよ ツー 甘くてしぶいよ スリー ワン ツー スリー ウーン 黄色いさくらんぼ  若い娘が 三人揃えば ペチャクチャ ペチャクチャ コロコロ 黄色いさくらんぼ お熱い話に ンー おしゃれな話に ウァー ワン ツー スリー ウーン 黄色いさくらんぼ  若い娘は お脈がありそで なさそで ありそで なんだか 黄色いさくらんぼ さわっちゃいやいや ワン はなしちゃいやいや ツー ふざけてすまして スリー ワン ツー スリー ウーン 黄色いさくらんぼ
花と小父さん天地真理天地真理浜口庫之助浜口庫之助小さい花に くちづけをしたら 小さい声で 僕に言ったよ 小父さん あなたはやさしい人ね 私を摘んで お家につれてって  私はあなたの お部屋の中で 一生懸命咲いて 慰めてあげるわ  どうせ短い 私の命(いのち) 小父さん 見てて終るまで  可愛い花を 僕は摘んで 部屋の机に 飾っておいた 毎日 僕は急いで家に 帰って花と お話をした  小さいままで 可愛いままで 或る朝 花は散っていったよ  約束通り 僕は見ていた 花の生命の 終るまで  約束通り 僕は見ていた 花の生命の 終るまで
ブルー・ブルース青江三奈青江三奈川内康範浜口庫之助わたしのこころは 淋しい湖 ブルー・ブルー・ブルー どんなにどんなに 愛されて 幸福だいて いる時も わたしのこころは ブルー・ブルー そうよそうなの ブルー・ブルー ひとりで唄う ブルー・ブルース  わたしのこころは 悲しい湖 ブルー・ブルー・ブルー 夕陽が夕陽が 燃えてても あなたのいない 夜が来る わたしのこころは ブルー・ブルー そうよそうなの ブルー・ブルー ひとりで唄う ブルー・ブルース  わたしのこころは 冷たい湖 ブルー・ブルー・ブルー まぶしいまぶしい 幸福が どんなに赤く 咲いてても わたしのこころは ブルー・ブルー そうよそうなの ブルー・ブルー ひとりで唄う ブルー・ブルース
涙くんさよならTHE ALFEETHE ALFEE浜口庫之助浜口庫之助高見沢俊彦涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君なしではとても 生きて行けそうもない だけど僕は恋をした すばらしい恋なんだ だからしばらくは君と 逢わずに暮らせるだろう 涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで  涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君なしではとても 生きて行けそうもない だけど僕のあの娘はね とってもやさしい人なんだ だからしばらくは君と 逢わずに暮らせるだろう 涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで また逢う日まで
愛のさざなみ由紀さおり由紀さおりなかにし礼浜口庫之助坂本昌之この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくやさしく くちづけしてね くり返すくり返す さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すくり返す さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くり返すくり返す さざ波のように さざ波のように
夜霧よ今夜も有難うフランク永井フランク永井浜口庫之助浜口庫之助近藤進しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜も有難う  夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜も有難う
メキシコ娘西郷輝彦西郷輝彦浜口庫之助浜口庫之助メキシコ娘が ぼくに言ったよ コモエスタウスケ ごきげんいかが ぼくはその子に 答えて言った ムチャス・グラシァス ごきげんだよ その子は知ってた 遠い国から ぼくが一人で きてること 可愛い娘さん やさしい娘さん 今度は君が ぼくの国にいらっしゃい バイラ バイラ バイラ バイラ バイラ …… 今度は君がぼくの国にいらっしゃい  メキシコ娘が うたってくれた シェリト・リンド 青空の歌 ぼくはそのこに うたってあげた 星ふる夜の 恋のうた そのこはきいてた 夢見るように 黒いひとみを うるませて 可愛い娘さん ムチャチャ・リンダ ぼくにおくれよ 君の心をおみやげに バイラ バイラ バイラ バイラ バイラ …… 今度は会おう ぼくの国の空の下 バイラ バイラ バイラ バイラ ………
粋な別れ秋元順子秋元順子浜口庫之助浜口庫之助猪股義周生命(いのち)に終わりがある 恋にも終わりがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れをしようぜ  生命に終わりがある 恋にも終わりがくる はかない生命は 切なくもえて どこか消えてゆく 煙草の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れをしようぜ
星のフラメンコ五木ひろし五木ひろし浜口庫之助浜口庫之助ミッキー吉野好きなんだけど 離れてるのさ 遠くで星を 見るように 好きなんだけど だまってるのさ 大事な宝 かくすように  君は僕の 心の星 君は僕の 宝 こわしたくない なくしたくない だから 好きなんだけど 離れてるのさ 好きなんだけど だまってるのさ  とどかぬ星を 恋した僕の 心をうたう 星のフラメンコ 輝け星よ 君の夜空で 歌えよ涙 僕の心で  君は僕の 心の星 君は僕の 宝 こわしたくない なくしたくない だから 歌うよせめて 心の歌を ひびけ夜空に 星のフラメンコ 星のフラメンコ
みんな夢の中あさみちゆきあさみちゆき浜口庫之助浜口庫之助恋はみじかい 夢のようなものだけど 女心は 夢をみるのが好きなの 夢のくちづけ 夢の涙 喜びも悲しみも みんな夢の中  やさしい言葉で 夢がはじまったのね いとしい人を 夢でつかまえたのね 身も心も あげてしまったけど なんで惜(お)しかろ どうせ夢だもの  冷たい言葉で 暗くなった夢の中 みえない姿を 追いかけてゆく私 泣かないで なげかないで 消えていった面影(おもかげ)も みんな夢の中
えんぴつが一本浜口庫之助浜口庫之助浜口庫之助浜口庫之助鉛筆が一本 鉛筆が一本 僕のポケットに 鉛筆が一本 鉛筆が一本 僕のこころに 青い空を かくときも 真赤な夕焼 かくときも 黒い頭のとんがった 鉛筆が一本だけ  鉛筆が一本 鉛筆が一本 君のポケットに 鉛筆が一本 鉛筆が一本 君のこころに 明日の夢をかくときも 昨日の思い出 かくときも 黒い頭のまるまった 鉛筆が一本だけ  鉛筆が一本 鉛筆が一本 僕のポケットに 鉛筆が一本 鉛筆が一本 僕のこころに 小川の水の行く末も 風と木の葉のささやきも 黒い頭のちびた 鉛筆が一本だけ  鉛筆が一本 鉛筆が一本 君のポケットに 鉛筆が一本 鉛筆が一本 君のこころに 夏の海辺の約束も も―度逢えない 淋しさも 黒い頭の悲しい 鉛筆が一本だけ も―度逢えない 淋しさも 黒い頭の悲しい 鉛筆が一本だけ
君も生命を石原裕次郎石原裕次郎浜口庫之助浜口庫之助川口真恋よ恋よ どこへゆく もえてもえて もえつきて 二度ともえなく なったとき おまえはどこへ 行くのだろう もしも燃えない 恋ならば いっそ捨てよか 裏町へ 泣いて泣かれて なぐさめる せめて仲間の くる町へ  云っていました ある人が もしもほんとの 恋ならば 捨てちゃいけない 捨てたなら 君も生命を すてるだろう 君も生命を すてるだろう
よせよ恋なんて守屋浩守屋浩浜口庫之助浜口庫之助夜は暗いもの 恋はつらいもの だけど恋をする バカだよせよよせよ 恋なんて 夜の星よ 消しておくれ 俺の心の 無茶な無茶な無茶な 恋の焔を  時は過ぎるもの 恋はさめるもの だけど若い血は 何故か赤く赤く 燃えるんだ 夜の風よ 吹いておくれ 俺の心に 何時か流す流す 恋の涙を
夕陽が泣いている黛ジュン黛ジュン浜口庫之助浜口庫之助三木たかし夕焼け 海の夕焼け 真赤な 別れの色だよ 誰かに恋をして 激しい恋をして 夕陽が泣いている 僕の心のように 夕陽も泣いているのだろう  真赤な 唇のような 夕焼けの 空と海の色 あの娘の唇が 真赤な唇が 僕を呼んでいる 夕焼け 海の夕焼け 大きな夕陽が泣いてる 夕焼け 夕焼け……
夜霧よ今夜も有難う加山雄三加山雄三浜口庫之助浜口庫之助鳥山雄司しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜も有難う  夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜も有難う
古都のふたり都はるみ都はるみわだじゅんこ浜口庫之助六月の雨に濡れて あじさいの花は咲く こころ変りな 季節に めぐりあった ふたりだけど だれよりも ひそやかに だれよりも 愛されて 本当の幸せがほしい 古都のふたり  ささやきの径をゆけば 夕焼けの鐘が鳴る つらい過去には触れずに いたわりあう ふたりだから だれよりも 美しく だれよりも むすばれて 新しい愛に生きる 古都のふたり
霧の夜がこわいの浅丘ルリ子浅丘ルリ子浜口庫之助浜口庫之助燃えてゆく私も さめているあなたも ふたりとも溺れる 霧の夜がこわいの 風もない星もない 何一つ見えない 暗がりに残された 手探りのふたりに 愛だけが灯りの 霧の夜がこわいの  「私は目が見えなくなってしまったのかしら! 私はただ歩いている。貴方をたよりに―― 私には貴方が居ることしか解らない。愛している、ただそれだけ! 恐いわ! 教えて、いま何時なの? どっちへ向かっているの? ここは何処?」  何処へ行くふたりの この愛の足音 淋しさにふるえる 霧の夜の足音 立止りまた歩き また立止るのか 霧の夜の足音は 恋人のためらい 行く先も見えない 霧の夜がこわいの
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛のさざなみ伊東ゆかり伊東ゆかりなかにし礼浜口庫之助この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくやさしく くちづけしてね くりかえすくりかえす さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くりかえすくりかえす さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くりかえすくりかえす さざ波のように
恍惚のブルース美空ひばり美空ひばり川内康範浜口庫之助佐々永治女の命は 恋だから 恋におぼれて 流されて 死ぬほどたのしい 夢をみた あとはおぼろ あとはおぼろ ああ 今宵またしのびよる 恍惚のブルースよ  あたしをこんなに したあなた ブルーシルクの 雨が降り こころがしっとり 濡れていた あとはおぼろ あとはおぼろ ああ 今宵またしのび泣く 恍惚のブルースよ  あなたがこんなに したわたし ブルーパールの 霧が降り わたしは貝に なっていた あとはおぼろ あとはおぼろ ああ 今宵またすすり泣く 恍惚のブルースよ
人生いろいろ坂本冬美坂本冬美中山大三郎浜口庫之助坂本昌之死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねぇ おかしいでしょ 若いころ ねぇ 滑稽でしょ 若いころ 笑いばなしに 涙がいっぱい 涙の中に 若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ 私たち いまとびたつのよ 私たち 笑いばなしに 希望がいっぱい 希望の中に 若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
ある日私も天地真理天地真理わだじゅんこ浜口庫之助いつも見る 青空なのに なぜか違うの どこか違うの 恋のはじまりを感じる 今 四ッ葉のクローバー さがす野原で 太陽のように あなたがまぶしいの私 きっと恋をすると すべてかがやくのね ある日突然に 私も 私も  きのうきた 砂浜なのに なぜか違うの どこか違うの 恋の歓びにときめく 今 けんかの真似をして 春の渚を 裸足のままで あなたを追いかける私 きっと恋をすると 甘えたくなるのね ある日突然に 私も 私も  四ッ葉のクローバー さがす野原で 太陽のように あなたがまぶしいの私 きっと恋をすると すべてかがやくのね ある日突然に 私も 私も
僕は泣いちっち氷川きよし氷川きよし浜口庫之助浜口庫之助伊戸のりお僕の恋人 東京へ 行っちっち 僕の気持を 知りながら なんで なんで なんで どうして どうして どうして 東京がそんなに いいんだろう 僕は泣いちっち 横向いて泣いちっち 淋しい夜は いやだよ 僕も行こう あの娘の住んでる 東京へ  祭の太鼓が テンテケテンと 鳴っちっち みんな浮き浮き 踊るのに なんで なんで なんで どうして どうして どうして 僕だけションボリ みそっかす 涙がホロリ ひとりで出っちっち お祭なんか いやだよ 僕は思う 遠い東京の ことばかり  上りの急行が シュッシュラシュッと 行っちっち いやな噂を ふりまいて せめて せめて せめて 遠い 遠い 東京の 空に飛んでけちぎれ雲 汽笛がなっちっち 遠くでなっちっち 夜汽車の笛は いやだよ 早く行こう あの娘の住んでる 東京へ
愛のさざなみ浅丘ルリ子浅丘ルリ子なかにし礼浜口庫之助西村真吾この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくやさしく くちづけしてね くり返すくり返す さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すくり返す さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くり返すくり返す さざ波のように さざ波のように
夢という名の女森進一森進一阿久悠浜口庫之助秋が傾き冬になり 人が人恋う黄昏に 思い出すのはみちのくの 雪にうもれた港町 夢という名の あの女 夢もないのに 夢もないのに 何故か夢という  窓に木枯し吹き荒れて 人の心のうそ寒さ 酒を入れても歌っても まぶたかすめる港町 夢という名の あの女 夢もないのに 夢もないのに 何故か夢という  酔ってつぶれてまどろんで とぎれとぎれの夢を見る 不幸つづきの女でも 抱いて眠らす港町 夢という名の あの女 夢もないのに 夢もないのに 何故か夢という
花と小父さん五木ひろし五木ひろし浜口庫之助浜口庫之助ミッキー吉野小さい花に くちづけをしたら 小さい声で 僕に言ったよ  小父さん あなたは やさしい人ね 私を摘(つ)んで お家(うち)につれてって 私はあなたの お部屋の中で 一生懸命咲いて 慰めてあげるわ どうせ短い 私の生命(いのち) 小父さん見てて 終るまで  可愛い花を 僕は摘んで 部屋の机に 飾っておいた 毎日僕は 急いで家に 帰って花と お話をした 小さいままで 可愛いままで 或る朝花は 散っていったよ 約束通り 僕は見ていた 花の生命の 終わるまで 花の生命の 終わるまで
夕陽が泣いている五木ひろし五木ひろし浜口庫之助浜口庫之助ミッキー吉野夕焼け 海の夕焼け 真っ赤な 別れの色だよ 誰かに恋をして 激しい恋をして 夕陽が泣いている 僕の 心のように 夕陽も 泣いているのだろう  真っ赤な 唇のような 夕焼けの 空と海の色 あの娘の唇が 真っ赤な唇が 僕を呼んでいる 夕焼け 海の夕焼け 大きな 夕陽が泣いている 大きな 夕陽が泣いている
バラが咲いた浜口庫之助浜口庫之助浜口庫之助浜口庫之助バラが咲いた バラが咲いた まっかなバラが 淋しかった僕の庭に バラが咲いた たったひとつ咲いたバラ 小さなバラで 淋しかった 僕の庭が 明るくなった バラよバラよ 小さなバラ そのままで そこに咲いてておくれ バラが咲いた バラが咲いた まっかなバラが 淋しかった 僕の庭に バラが咲いた  バラが散った バラが散った いつの間にか 僕の庭は 前のように 淋しくなった 僕の庭のバラは散ってしまったけれど 淋しかった 僕の心に バラが咲いた バラよバラよ 心のバラ いつまでも ここで咲いてておくれ バラが咲いた バラが咲いた 僕の心に いつまでも 散らない まっかなバラが
僕はおまえが好きなんだ錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助竜崎孝路僕はおまえに恋をした 生きてるおまえに恋をした どこが好きだと云われても 今の僕にはわからない いとしの チャコ やさしい チャコ 僕には君が まぶしすぎるぜ チャコ チャコ 好きだよチャコ こたえておくれ 愛のことばを たった一言チャコ  僕はおまえがすきだけど おまえの気持ちはどうなんだ 僕は毎晩ねむれない おまえの気持ちが知りたくて 夢見る チャコ おさない チャコ 僕の愛を感じておくれよ チャコ チャコ だめだよ チャコ めざめておくれ ほんとの愛をわかっておくれよ チャコ  夢見る チャコ おさない チャコ 僕の愛を感じておくれよ チャコ チャコ だめだよ チャコ めざめておくれ ほんとの愛をわかっておくれよ チャコ
粋な別れ和田弘とマヒナスターズ和田弘とマヒナスターズ浜口庫之助浜口庫之助生命(いのち)に終わりがある 恋にも終わりがくる 秋には枯れ葉が 小枝と別れ 夕(ゆうべ)には太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れをしようぜ  生命に終わりがある 恋にも終わりがくる はかない生命は せつなくもえて どこか消えてゆく 煙草(たばこ)の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れをしようぜ
バラが咲いた五木ひろし五木ひろし浜口庫之助浜口庫之助ミッキー吉野バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが 淋しかった ぼくの庭に バラが咲いた たったひとつ咲いたバラ 小さなバラで 淋しかったぼくの庭が 明るくなった  バラよ バラよ 小さなバラ そのままで そこに咲いてておくれ バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが 淋しかったぼくの庭が 明るくなった  バラが散った バラが散った いつの間にか ぼくの庭は 前のように 淋しくなった ぼくの庭のバラは散ってしまったけれど 淋しかった 僕の心に バラが咲いた  バラよ バラよ 心のバラ いつまでも ここで咲いてておくれ バラが咲いた バラが咲いた ぼくの心に いつまでも 散らない 真っ赤なバラが いつまでも 散らない 真っ赤なバラが
星のフラメンコ氷川きよし氷川きよし浜口庫之助浜口庫之助好きなんだけど 離れてるのさ 遠くで星をみるように 好きなんだけど だまってるのさ 大事な宝 かくすように 君は僕の心の星 君は僕の宝 こわしたくない なくしたくない だから 好きなんだけど 離れてるのさ 好きなんだけど だまってるのさ  とどかぬ星を 恋した僕の 心をうたう 星のフラメンコ 輝け星よ 君の夜空で 歌えよ涙 僕の心で 君は僕の心の星 君は僕の宝 こわしたくない なくしたくない だから 歌うよせめて 心の歌を ひびけ夜空に 星のフラメンコ 星のフラメンコ
粋な別れ杉良太郎杉良太郎浜口庫之助浜口庫之助生命に終りがある 恋にも終りがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れをしようぜ  生命に終りがある 恋にも終りがくる はかない生命は 切なくもえて どこか消えてゆく 煙草の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れをしようぜ
夜霧よ今夜もありがとう和田弘とマヒナスターズ和田弘とマヒナスターズ浜口庫之助浜口庫之助しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜もありがとう  夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜もありがとう
花ごよみ島倉千代子島倉千代子中山大三郎浜口庫之助ひとりでも 生きられる そっと つぶやいた 悲しみに 出会うたび いつも そうするの 何度も 恋をして 何度も 泣かされた それでも また恋をする 女の 花ごよみ ちょっと待てば 春はきっとくる 信じて待ちましょう 愛の 花ごよみ  あなたなら 大丈夫 きっと くじけない 私から 私への つらい ほめことば 涙に 夢がある 涙に 明日がある それでも また泣くのでしょう 女の 花ごよみは ちょっと待てば 春はきっとくる 信じて待ちましょう 愛の 花ごよみ  いつでも はなやかに いつでも 美しく こころも またしなやかに 女の 花ごよみ ちょっと待てば 春はきっとくる 信じて待ちましょう 愛の 花ごよみ
銀座の子守唄浜口庫之助浜口庫之助浜口庫之助浜口庫之助小杉仁三淋しい時は 一人で歩こう 青い夜霧にけむる町 こらえきれずに 涙がでても 霧がかくして くれるだろう 銀座の子守唄 子守唄 僕の心に どこからか きこえるきこえる子守唄  悲しい時は 夜空をみよう つかみたいよな銀の星 帰る所も行くとこもない 僕の心のセレナーデ 銀座の子守唄 子守唄 しのびよるよに ふるように きこえるきこえる子守唄
花と小父さん里見浩太朗・熊田胡々里見浩太朗・熊田胡々浜口庫之助浜口庫之助竜崎孝路小さな花に くちづけをしたら 小さな声で 僕に言ったよ 小父さん あなたは やさしい人ね 私を摘んで お家(うち)に連れてって 私はあなたの お部屋の中で 一生懸命咲いて 慰めてあげるわ どうせ短い 私の生命(いのち) 小父さん見てて 終るまで  可愛い花を 僕は摘んで 部屋の机に 飾っておいた 毎日僕は 急いで家に 帰って花と お話をした 小さいままで 可愛いままで 或る朝花は 散っていったよ 約束通り 僕は見ていた 花の生命の 終るまで  約束通り 僕は見ていた 花の生命の 終るまで
月のエレジー五木ひろし五木ひろし浜口庫之助浜口庫之助ミッキー吉野胸と胸を合わせ 誓い合った恋も 今じゃ遠い思い出に なってしまったよ 何処へ行くのか恋 何故に急ぐか恋 僕とあの娘を泣かせておいて 逃げて行くのかよ  月が僕を見てる そうだ月に頼もう 逃げた恋を呼んで来ておくれよ 今すぐに 聞いているのか月 知らん顔した月 僕がこんなにあの娘のことを 頼んでいるのに
たった一つの愛の星都はるみ都はるみ浜口庫之助浜口庫之助あなたは星 愛の星 あなた見つめて 旅する私 ひとがよごした 砂漠の上に どうせ道など ありはしない どっちへ行くの どっちへ行くの 見失なったら 見失なったら 生きてゆけない たった一つの愛の星  あなたは星 私はおんな 愛を求めて 旅する私 だあれもいない 暗い夜空に せめて片目の星一つ 見ていてくれる 見ていてくれる おんな一人の おんな一人の 旅の道づれ たった一つの愛の星  ひとがよごした 砂漠の上に どうせ道など ありはしない どっちへ行くの どっちへ行くの 見失なったら 見失なったら 生きてゆけない たった一つの たった一つの愛の星
恋の町札幌菅原洋一菅原洋一浜口庫之助浜口庫之助大貫祐一郎時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに ついてくだけで 私はとても 幸せだった 夢のような 恋のはじめ 忘れはしない 恋の町札幌  はじめて恋を 知った私 やさしい空を 見上げて泣いたの 女になる日 だれかの愛が 見知らぬ夜の 扉を開く 私だけの 心の町 アカシヤも散った 恋の町札幌  淋しい時 むなしい時 私はいつも この町に来るの どこかちがうの この町だけは なぜか私に やさしくするの 恋人なのね ふるさとなのね ありがとう私の 恋の町札幌
粋な別れ石川さゆり石川さゆり浜口庫之助浜口庫之助南郷達也生命に終りがある 恋にも終りがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れをしようぜ  生命に終りがある 恋にも終りがくる はかない生命は 切なくもえて どこか消えてゆく 煙草の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れをしようぜ
恋の町札幌竹島宏竹島宏浜口庫之助浜口庫之助伊戸のりお時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに ついてくだけで 私はとても 幸せだった 夢のような 恋のはじめ 忘れはしない 恋の町札幌  はじめて恋を 知った私 やさしい空を 見上げて泣いたの 女になる日 だれかの愛が 見知らぬ夜の 扉を開く 私だけの 心の町 アカシヤも散った 恋の町札幌  淋しい時 むなしい時 私はいつも この町に来るの どこかちがうの この町だけは なぜか私に やさしくするの 恋人なのね ふるさとなのね ありがとう私の 恋の町札幌
人生いろいろ川中美幸川中美幸中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねぇおかしいでしょ 若いころ ねぇ滑稽でしょ 若いころ 笑いばなしに 涙がいっぱい 涙の中に 若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ 私たち いまとびたつのよ 私たち 笑いばなしに 希望がいっぱい 希望の中に 若さがいっぱい  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
小さな倖せ杉良太郎杉良太郎浜口庫之助浜口庫之助竜崎孝路どこにでもあるような小さな倖せ さがして歩く旅人になろうよ 大きな倖せはいらない たまには涙もいいだろう だけどときには肩くんで 二人で歌でも歌おう なにも云わなくていい 心で小さな倖せをひろって 旅をつづけよう  どこにでもあるような小さな倖せ ひろって二人の旅をつづけよう たとえば冬の夜道で お前の肩に降る雪 はらう冷たいこの手に 寄せる頬のぬくもり 通う心と心 暖かい倖せ 抱きしめて二人の旅をつづけよう  お前には俺がいるように 俺にはお前がいてくれる ひとりの旅は淋しい そんな旅はむなしい 通う心と心 それだけで それだけで 倖せな二人の旅をつづけよう 旅をつづけよう
我愛イ尓ファン・イ-ツンファン・イ-ツン浜口庫之助浜口庫之助あなたと私の間に何がある 海、空、それとも言葉の違い イエ イエ イエ 何もない あるのは愛だけ 我愛イ尓 我愛イ尓  小さいけれども 本当の愛ならば どんなに遠くに 離れていても イエ イエ イエ すぐ逢えるの まぶたのあなたに 我愛イ尓 我愛イ尓  二人の愛の邪魔をする者もある はかなく消えてく 愛もあるけど イエ イエ イエ 負けないわ 心に誓った 我愛イ尓 我愛イ尓
愛のさざなみ市川由紀乃市川由紀乃なかにし礼浜口庫之助星野とものぶこの世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ 湖に 小舟がただひとつ やさしく やさしく くちづけしてね くり返す くり返す さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ 湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返す くり返す さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ 湖に 小舟がただひとつ いつでも いつでも 思い出してね くり返す くり返す さざ波のように さざ波のように
愛のさざなみ石原詢子石原詢子なかにし礼浜口庫之助松井忠重この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟(こぶね)がただひとつ やさしくやさしく くちづけしてね くり返すくり返す さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すくり返す さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟(こぶね)がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くり返すくり返す さざ波のように
夜霧よ今夜も有難う五木ひろし五木ひろし浜口庫之助浜口庫之助しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜も有難う  夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜も有難う 夜霧よ今夜も有難う
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
はじめは片想い錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助馬飼野俊一君は僕を愛しているかい 僕は君をとてもとても愛しているけど もしも君が他の人を 愛していたら 僕の恋は片想いだね はじめは片想い 僕だけ片想い それはいやだ いつかきっと 僕の愛で君も僕を 好きにさせてみせるさ  僕の心知ってるかい 僕は君を恋人だと思ってるけど 君が僕をなんでもない 友達だと思ってたら ちょっと淋しいぜ はじめは片想い 悲しい片想い いつか君に僕の気持 わかったとき 君も 僕を 好きになってくれるさ  はじめは片想い 僕だけ片想い それはいやだ いつかきっと 僕の愛で君も僕を 好きにさせてみせるさ
人生いろいろ市川由紀乃市川由紀乃中山大三郎浜口庫之助山田年秋死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりをせめて 泣いてすごしたわ ねえおかしいでしょ若いころ ねえ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ  女だっていろいろ 咲き乱れるの 恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
粋な別れ浜口庫之助浜口庫之助浜口庫之助浜口庫之助生命に 終りがある 恋にも 終りがくる 秋には 枯葉が 小枝と別れ 夕べには 太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れを しようぜ  生命に 終りがある 恋にも 終りがくる はかない生命は切なくもえて どこか消えてゆく 煙草の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れを しようぜ
涙くんさよならダ・カーポダ・カーポ浜口庫之助浜口庫之助涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しい事だらけ 君なしではとても 生きてゆけそうもない だけど僕は恋をした すばらしい恋なんだ だからしばらくは君と 逢わずにくらせるだろう 涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで  涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しい事だらけ 君なしではとても 生きてゆけそうもない だけど僕のあの娘はね とっても優しい人なんだ だからしばらくは君と 逢わずにくらせるだろう 涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで………
恋の町札幌里見浩太朗里見浩太朗浜口庫之助浜口庫之助小杉仁三時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに ついてくだけで 私はとても 幸せだった 夢のような 恋のはじめ 忘れはしない 恋の町札幌  はじめて恋を 知った私 やさしい空を 見上げて泣いたの 女になる日 だれかの愛が 見知らぬ夜の 扉を開く 私だけの 心の町 アカシヤも散った 恋の町札幌  淋しい時 むなしい時 私はいつも この町に来るの どこかちがうの この町だけは なぜか私に やさしくするの 恋人なのね 故里なのね ありがとう私の 恋の町札幌
夜霧よ今夜も有難う舘ひろし舘ひろし浜口庫之助浜口庫之助船山基紀しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う  夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う
星のフラメンコ錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助馬飼野俊一好きなんだけど 離れてるのさ 遠くで星を見るように 好きなんだけど だまってるのさ 大事な宝 かくすように 君は僕の 心の星 君は僕の 宝 こわしたくない なくしたくない だから 好きなんだけど 離れてるのさ 好きなんだけど だまってるのさ  とどかぬ星を 恋した僕の 心をうたう 星のフラメンコ 輝け星よ 君の夜空で 歌えよ涙 僕の心で 君は僕の 心の星 君は僕の 宝 こわしたくない なくしたくない だから 歌うよせめて 心の歌を ひびけ夜空に 星のフラメンコ 星のフラメンコ
涙くんさよなら五木ひろし五木ひろし浜口庫之助浜口庫之助ミッキー吉野涙くん さよなら さよなら 涙くん また逢う日まで 君は僕の ともだちだ この世はかなしい ことだらけ 君なしでは とても 生きて 行けそうもない だけど僕は 恋をした すばらしい 恋なんだ だからしばらくは 君と 逢わずに 暮らせるだろう 涙くん さよなら さよなら 涙くん また逢う日まで  涙くん さよなら さよなら 涙くん また逢う日まで 君は僕の ともだちだ この世はかなしい ことだらけ 君なしでは とても 生きて 行けそうもない だけど僕の あの娘はね とってもやさしい 人なんだ だからしばらくは 君と 逢わずに 暮らせるだろう 涙くん さよなら さよなら 涙くん また逢う日まで また逢う日まで また逢う日まで 涙くん 涙くん さよなら
夜霧よ今夜もありがとう錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助馬飼野俊一しのびあう恋を つつむ夜霧よ 知っているのか 二人の仲を 晴れて逢える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕らはいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜もありがとう  夜明けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむしあわせ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕らはいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜もありがとう
粋な別れ木の実ナナ木の実ナナ浜口庫之助浜口庫之助生命に 終りがある 恋にも 終りがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れを しようぜ  生命に 終りがある 恋にも 終りがくる はかない生命は 切なくもえて どこか消えてゆく煙草の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れを しようぜ
みんな夢の中大月みやこ大月みやこ浜口庫之助浜口庫之助丸山雅仁恋はみじかい 夢のようなものだけど 女心は 夢をみるのが好きなの 夢のくちづけ 夢の涙 喜びも悲しみも みんな夢の中  やさしい言葉で 夢がはじまったのね いとしい人を 夢でつかまえたのね 身も心も あげてしまったけど なんで惜しかろ どうせ夢だもの  冷たい言葉で 暗くなった夢の中 みえない姿を 追いかけてゆく私 泣かないで なげかないで 消えていった面影も みんな夢の中
愛のさざなみクミコクミコなかにし礼浜口庫之助フェビアン・レザ・パネこの世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくやさしく くちづけしてね くり返すくり返す さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すくり返す さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くり返すくり返す さざ波のように さざ波のように
こんど生れて来る時は水原弘水原弘浜口庫之助浜口庫之助こんど生れて くる時は 君はどっちに するんだね 男もいいけど 女もいいぜ ここが思案の しどころさ 男女男 それとも 女男女 女に生れて くるならば 歌手かモデルか ホステスか それもいいけど 女なら 僕の彼女に なるてもあるぜ 男女男 それとも 女男女  こんど生れて くる時は 私は男に しようかしら あんたみたいな 男でも こんな美人に ほれられる 男女男 それとも 女男女 さてさて弱った どうしましょう やっぱり女に しようかしら 広い世間を 見渡せば もっともっと すてきな男がいるわ 男女男 それとも 女男女  こんど生れて くる時は 君はどっちに するんだね 男と女の ふたつだけだよ グーチョキパーより 少ないよ 男女男 それとも 女男女 両方ねらって 欲出して ぐつぐつしていちゃ いけないよ 早<どっちかに 決めなけりゃ まん中に生れちゃ 困るじゃないか 男女男 それとも 女男女
涙くんさよなら由紀さおり由紀さおり浜口庫之助浜口庫之助坂本昌之涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君なしでは とても 生きてゆけそうもない だけど僕は恋をした すばらしい恋なんだ だからしばらくは 君と逢わずに 暮らせるだろう 涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで  涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君なしでは とても 生きてゆけそうもない だけど僕のあの娘はね とってもやさしいひとなんだ だからしばらくは 君と逢わずに 暮らせるだろう 涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで...
愛のさざなみ大竹しのぶ大竹しのぶなかにし礼浜口庫之助この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくやさしく くちづけしてね くり返すくり返す さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すくり返す さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くり返すくり返す さざ波のように さざ波のように
人生いろいろ歌恋歌恋中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり 強く小指をかんだり 自分ばかりをせめて 泣いてすごしたわ ねぇおかしいでしょ若いころ ねぇ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そして心を乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
銀座パチャンガ通り北原謙二北原謙二水島哲浜口庫之助あの娘もこの娘も だれでもみんなが 好きで 好きで 集る 日ぐれの町 ほんとにしゃくな話だけれど 恋がめばえ 胸がしびれ お別れは 真夜中のキス 教えてあげよか こんな町 それが それが パッパッパチャンガ パッパッパチャンガ パッパッパチャンガ 銀座パチャンガ通り  知らない同志が はじめて出会い 好きに 好きに なっちゃう 日ぐれの町 申し訳ない話だけれど チャオといえば ウィンク返し 手をにぎり あいさつはキス 教えてあげよか こんな町 それが それが パッパッパチャンガ パッパッパチャンガ パッパッパチャンガ 銀座パチャンガ通り パッパッパチャンガ……
夜霧よ今夜も有難う舟木一夫舟木一夫浜口庫之助浜口庫之助荒川康男しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う  夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う
夜霧よ今夜も有難う八代亜紀八代亜紀浜口庫之助浜口庫之助伊藤雪彦しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う  夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う
粋な別れ加藤登紀子加藤登紀子浜口庫之助浜口庫之助島健命に終わりがある 恋にも終わりがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れを しようぜ  命に終わりがある 恋にも終わりがくる はかない命は 切なく燃えて どこか消えてゆく 煙草の煙り 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れを しようぜ
赤い恋のバラード錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助高田弘おまえだけが 俺の生きがいだよ おまえだけが 俺の生命(いのち)だよ おまえのためならば 友達も捨てよう おまえのためならば 罪をも犯そう 恋のために 生命がある 生命のため 恋があるのさ 恋に負けた男には 夕焼けは悲しすぎる 恋にむせぶ男には 明日は遠すぎる  灯り消して おまえ見つめるとき 夢の中で おまえを抱くとき おまえのくちびるは 涙に濡れて 耳元に忍びよる 明日のささやき 恋と生命 生命と恋 赤く燃える ひとつに燃える 恋をなくした男の夜は 砂場になり果て 恋の嵐また吹けば 砂漠によみがえる  恋のために 生命がある 生命のため 恋があるのさ 恋に負けた男には 夕焼けは悲しすぎる 恋にむせぶ男には 明日は遠すぎる
みんな夢の中おおたか静流おおたか静流浜口庫之助浜口庫之助恋は短い 夢のようなものだけど 女心は 夢をみるのが好きなの 夢のくちづけ 夢の涙 喜びも悲しみも みんな夢の中  やさしい言葉で 夢が始まったのね いとしい人を 夢で捕まえたのね 身も心も あげてしまったけれど なんで惜しかろ どうせ夢だもの  冷たい言葉で 暗くなった夢の中 見えない姿を 追いかけてゆく私 泣かないで 嘆かないで 消えていった面影も みんな夢の中
夜霧よ今夜も有難う杉良太郎杉良太郎浜口庫之助浜口庫之助しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う  夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う
みんな夢の中香西かおり香西かおり浜口庫之助浜口庫之助薗広昭恋はみじかい夢のようなものだけど 女心は夢を見るのが好きなの 夢のくちづけ夢の涙 喜びも悲しみもみんな夢の中  やさしい言葉で夢がはじまったのね いとしい人を夢でつかまえたのね 身も心もあげてしまったけど なんで惜しかろどうせ夢だもの  冷たい言葉で暗くなった夢の中 みえない姿を追いかけてゆく私 泣かないでなげかないで 消えていった面影もみんな夢の中
人生いろいろ伍代夏子伍代夏子中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり 強く小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねえおかしいでしょ若いころ ねえ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そしてこころを乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
粋な別れチャン・ウンスクチャン・ウンスク浜口庫之助浜口庫之助生命に終りがある 恋にも終りがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れをしようぜ  生命に終りがある 恋にも終りがくる はかない生命は 切なくもえて どこか消えてゆく 煙草の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れをしようぜ
人生いろいろ森光子森光子中山大三郎浜口庫之助死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり つよく小指をかんだり 自分ばかりを責めて 泣いてすごしたわ ねぇおかしいでしょ若いころ ねぇ滑稽でしょ若いころ 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの  恋は突然くるわ 別れもそうね そして心を乱し 神に祈るのよ どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ いまかがやくのよ私たち いまとびたつのよ私たち 笑いばなしに希望がいっぱい 希望の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
恋の町札幌杉良太郎杉良太郎浜口庫之助浜口庫之助時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに ついてくだけで 私はとても 幸せだった 夢のような 恋のはじめ 忘れはしない 恋の町札幌  はじめて恋を 知った私 やさしい空を 見上げて泣いたの 女になる日 だれかの愛が 見知らぬ夜の 扉を開く 私だけの 心の町 アカシヤも散った 恋の町札幌  淋しい時 むなしい時 私はいつも この町に来るの どこかちがうの この町だけは なぜか私に やさしくするの 恋人なのね 故里なのね ありがとう私の 恋の町札幌
夕陽が泣いている浜口庫之助浜口庫之助浜口庫之助浜口庫之助夕焼け 海の夕焼け 真赤な 別れの色だよ 誰かに 恋をして 激しい 恋をして 夕陽が 泣いている 僕の 心のように 夕陽も 泣いているのだろう 真赤な 唇のような 夕焼けの 空と海の色 あの娘の唇が 真赤な唇が 僕をよんでいる  夕焼け 海の夕焼け 大きな夕陽が 泣いている
花と小父さんダ・カーポダ・カーポ浜口庫之助浜口庫之助小さな花に くちづけをしたら 小さな声で 僕に言ったよ 小父さんあなたは やさしい人ね 私を摘んで お家につれてって 私はあなたの お部屋の中で 一生懸命咲いて 慰めてあげるわ どうせ短い 私の生命 小父さん見てて 終るまで  可愛い花を 僕は摘んで 部屋の机に 飾っておいた 毎日僕は 急いで家に 帰って花と お話をした 小さいままで 可愛いままで 或る朝花は 散っていったよ 約束通り 僕は見ていた 花の生命の 終るまで  約束通り 僕は見ていた 花の生命の 終るまで
花と小父さん植木等with裕木奈江植木等with裕木奈江浜口庫之助浜口庫之助溝淵新一郎小さな花に くちづけをしたら 小さい声で 僕に言ったよ 小父さんあなたは やさしい人ね 私を摘んで お家につれてって 私はあなたの お部屋の中で 一生懸命咲いて 慰めて上げるわ どうせ短い 私の生命 小父さん見てて 終るまで  可愛い花を 僕は摘んで 部屋の机に 飾っておいた 毎日僕は 急いで家に 帰って花と お話をした 小さいままで 可愛いままで 或る朝花は 散っていったよ 約束通り 僕は見ていた 花の生命の 終るまで 終るまで
愛のさざなみ野路由紀子野路由紀子なかにし礼浜口庫之助この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくやさしく くちづけしてね くり返すくり返す さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かに静かに いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すくり返す さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもいつでも 思い出してね くり返すくり返す さざ波のように さざ波のように
しあわせの輪をひろげよう河合奈保子河合奈保子湯万村拡一浜口庫之助しあわせですかと 聞かれたら 私はハーイと答えます 誰もがみんな 健康で 誰もがみんな しあわせに ラララ 農協の共済で 明るい笑顔の 輪をひろげよう 明るいしあわせの 輪をひろげよう  愛してますかと 聞かれたら 私はハーイと答えます どこでも花が 咲くように どこでも鳥が 鳴くように ラララ 農協の共済で 豊かなくらしの 輪をひろげよう 豊かなしあわせの 輪をひろげよう  お元気ですかと 聞かれたら 私はハーイと答えます いつでも夢を たいせつに いつでも心 あたたかく ラララ 農協の共済で 大きな希望の 輪をひろげよう 大きなしあわせの 輪をひろげよう
夜霧よ今夜も有難う山内惠介山内惠介浜口庫之助浜口庫之助惠介バンドしのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜も有難う  夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜も有難う
港町・涙町・別れ町細川たかし細川たかし浜口庫之助浜口庫之助港町 別れ町 未練に けむる町 明日は離れて 行く男 今日を限りに 飲む女 残してく 残されてゆく みんなこの町 なみだ町  港町 別れ町 涙に ぬれる町 夜霧に消えて 行く男 汽笛のかげに 泣く女 捨ててゆく 捨てられてゆく それもこの町 なみだ町
港町 涙町 別れ町杉良太郎杉良太郎浜口庫之助浜口庫之助竜崎孝路港町 別れ町 未練に けむる町 明日は離れて 行く男 今日を限りに 飲む女 残してく 残されてゆく みんなこの町 なみだ町  港町 別れ町 涙に ぬれる町 夜霧に消えて 行く男 汽笛のかげに 泣く女 捨ててゆく 捨てられてゆく それもこの町 なみだ町
マンゴの木の下で夏木マリ夏木マリ浜口庫之助浜口庫之助ああ マンゴの木の下で ああ まるい月の夜に 私は ひとりで こっそりかくれて あなたの来るのを 待ってるわ ああ ジャスミンの香りが ああ 甘くささやいて 頭の中まで しびれてくるような 熱いくちづけがほしいの そっと そっと そっと そっと 裸足になって そっと そっと そっと そっと 忍び足で そっと そっと そっと そっと 誰にも見られず そっと そっと そっと そっと 会いに来てね  ああ ラムの カクテルに ああ 酔えば 夜の風が あなたと私に 唄ってくれます 甘いマンゴの セレナーデ そっと そっと そっと そっと 麦わら帽子で そっと そっと そっと そっと 顔を隠して そっと そっと そっと そっと 誰にも見られず そっと そっと そっと そっと 会いに来てね  そっと そっと そっと そっと 麦わら帽子で そっと そっと そっと そっと 顔を隠して そっと そっと そっと そっと 誰にも見られず そっと そっと そっと そっと 会いに来てね  そっと そっと そっと そっと 会いに来てね そっと そっと そっと そっと
粋な別れ舘ひろし舘ひろし浜口庫之助浜口庫之助船山基紀生命に終わりがある 恋にも終わりがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れをしようぜ  生命に終わりがある 恋にも終わりがくる はかない生命は 切なくもえて どこか消えてゆく 煙草の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れをしようぜ
海の声 森の声吉田ひろき吉田ひろき浜口庫之助浜口庫之助EDISONみなさん静かにしてください 耳をすませてききましょう ちかごろ地球はうるさくて 本当の声がきこえません  潮騒のむこう 沖の彼方から きこえるでしょう海の声 世界の人の 悲しみとともに 海の心も 泣いています やさしい海を いじめないで きれいな海を 汚さないで みなさん静かに 耳をすませて みんなでききましょう 海の声を 嘆きの海の あの声を  みなさんもう一度 耳をすませて きいてください 森の声を よごれた風に よごれた雨に 疲れた森は 泣いています やさしい木々を 傷めないで 森の静けさ 壊さないで みなさん静かに 心をすませて きいてください 森の声を 森の心の あの声を 嘆きの海の あの声を
涙くんさよなら (with トンチンカン)両さん両さん浜口庫之助浜口庫之助涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しい事だらけ 君なしではとても 生きてゆけそうもない だけど僕は恋をした すばらしい恋なんだ だからしばらくは君と 逢わずに暮らせるだろう 涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで  涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで 君は僕の友達だ この世は悲しい事だらけ 君なしではとても 生きてゆけそうもない だけど僕のあの娘はね とってもやさしい ひとなんだ だからしばらくは君と 逢わずに暮らせるだろう 涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで また逢う日まで...
粋な別れ美空ひばり美空ひばり浜口庫之助浜口庫之助生命に終わりがある 恋にも終わりがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れをしようぜ  生命に終わりがある 恋にも終わりがくる はかない生命は せつなくもえて どこか消えてゆく 煙草の煙 恋の行方なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れをしようぜ
夕陽が泣いている吉幾三吉幾三浜口庫之助浜口庫之助野村豊夕焼け 海の夕焼け 真赤な 別れの色だよ 誰かに恋をして 激しい恋をして 夕陽が泣いている 僕の 心のように 夕陽も 泣いているのだろう  真赤な 唇のような 夕焼けの 空と海の色 あの娘(こ)の唇が 真赤な唇が 僕を呼んでいる 夕焼け 海の夕焼け 大きな 夕陽が泣いている 夕焼け 夕焼け 夕焼け…
バラが咲いた白鳥英美子白鳥英美子浜口庫之助浜口庫之助バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラが 淋しかった ぼくの庭に バラが咲いた たったひとつ咲いたバラ 小さなバラで 淋しかったぼくの庭が 明るくなった バラよバラよ 小さなバラ いつまでも そこに咲いてておくれ バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラで 淋しかったぼくの庭が 明るくなった  バラが散った バラが散った いつの間にか ぼくの庭は 前のように 淋しくなった ぼくの庭の バラは散ってしまったけれど 淋しかった ぼくの心に バラが咲いた  バラよバラよ 心のバラ いつまでも ここで咲いてておくれ バラが咲いた バラが咲いた ぼくの心に いつまでも 散らない 真赤なバラが  バラよバラよ 心のバラ いつまでも ここで咲いてておくれ バラが咲いた バラが咲いた ぼくの心に いつまでも 散らない 真赤なバラが  いつまでも 散らない 真赤なバラが
花と小父さん由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子浜口庫之助浜口庫之助坂田晃一ちいさい花に くちづけをしたら ちいさな声で 僕に言ったよ 小父(おじ)さんあなたは やさしい人ね 私を摘んで おうちにつれてって 私はあなたの おへやのなかで いっしょうけんめいさいて なぐさめてあげるわ どうせ短い 私の命 小父さんみてて おわるまで  かわいい花を 僕はつんで へやの机に かざっておいた 毎日僕は いそいでうちに かえって花と お話をした 小さいままで かわいいままで ある朝花は 散っていったよ 約束どおり 僕はみていた 花の命の おわるまで  約束どおり 僕はみていた 花の命の おわるまで
夜霧よ今夜も有難う三山ひろし三山ひろし浜口庫之助浜口庫之助伊戸のりおしのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜も有難う  夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕等はいつも そっと云うのさ 夜霧よ今夜もありがとう
粋な別れ細川たかし細川たかし浜口庫之助浜口庫之助土持城夫生命(いのち)に終わりがある 恋にも終わりがくる 秋には枯葉が 小枝と別れ 夕べには太陽が 空と別れる 誰も涙なんか 流しはしない 泣かないで 泣かないで 粋な別れを しようぜ  生命(いのち)に終わりがある 恋にも終わりがくる はかない生命(いのち)は せつなくもえて どこか消えてゆく 煙草の煙 恋の行方(ゆくえ)なんか わかりはしない 追わないで 追わないで 粋な別れを しようぜ
恋の町札幌北川大介北川大介浜口庫之助浜口庫之助D・C・O時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに ついてくだけで 私はとても 幸せだった 夢のような 恋のはじめ 忘れはしない 恋の町札幌  はじめて恋を 知った私 やさしい空を 見上げて泣いたの 女になる日 だれかの愛が 見知らぬ夜の 扉を開く 私だけの 心の町 アカシヤも散った 恋の町札幌  淋しい時 むなしい時 私はいつも この町に来るの どこかちがうの この町だけは なぜか私に やさしくするの 恋人なのね 故里なのね ありがとう私の 恋の町札幌
僕は泣いちっちあがた森魚あがた森魚浜口庫之助浜口庫之助僕の恋人 東京へいっちっち 僕のきもちを 知りながら なんでなんでなんで どうしてどうしてどうして 東京がそんなにいいんだろ 僕は泣いちっち 横むいて泣いちっち さびしい夜は いやだよ 僕もいこう あの娘のすんでる東京へ  祭のたいこが テンテケテンと泣いちっち みんなうきうき 踊るのに なんでなんでなんで どうしてどうしてどうして 僕だけしょんぼり みそっかす 涙がほろり ひとりででっちっち おまつりなんか いやだよ 僕はおもう とおい東京のことばかり
涙くんさよならクノシンジクノシンジ浜口庫之助浜口庫之助クノシンジ涙くんさよなら さよなら涙くん また会う日まで  君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君無しではとても生きて行けそうもない  だけど僕は恋をした 素晴らしい恋なんだ だからしばらくは君と会わずに暮らせるだろう  涙くんさよなら さよなら涙くん また会う日まで  君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君無しではとても生きて行けそうもない  だけど僕のあの子はね とっても優しい人なんだ だからしばらくは君と会わずに暮らせるだろう  涙くんさよなら さよなら涙くん また会う日まで また会う日まで また会う日まで
夕陽が泣いている錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助馬飼野俊一夕やけ 海の夕やけ 真赤な別れの色だよ 誰かに恋をして はげしい恋をして 夕陽が泣いている 僕の心のように 夕陽も泣いているのだろう  真赤な 唇のような 夕やけの空と海の色 あの娘の唇が 真赤な唇が 僕を呼んでいる 夕やけ 海の夕やけ 大きな夕陽が泣いている 真赤な夕陽が泣いている 夕やけ 夕やけ
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 銀色 暗号
  2. Subtitle
  3. Boom Boom Back
  4. Farewell
  5. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照