歌詞を

ヘルプ

ちあきなおみの歌詞一覧リスト

178 曲中 1-178 曲を表示
2021年9月19日(日)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
喝采PLATINA LYLICちあきなおみ吉田旺中村泰士いつものように幕が開き
黄昏のビギンPLATINA LYLICちあきなおみ永六輔中村八大雨に濡れてたたそがれの街
紅い花GOLD LYLICちあきなおみ松原史明杉本眞人昨日の夢を追いかけて
紅とんぼGOLD LYLICちあきなおみ吉田旺船村徹空にしてって酒も肴も
さだめ川GOLD LYLICちあきなおみ石本美由起船村徹明日のゆくえさがしても
冬隣GOLD LYLICちあきなおみ吉田旺杉本眞人あなたの真似してお湯割りの
矢切の渡しGOLD LYLICちあきなおみ石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
朝日のあたる家 (朝日楼)GOLD LYLICちあきなおみアメリカ民謡・訳詞:浅川マキアメリカ民謡私が着いたのはニューオリンズ
雨に濡れた慕情GOLD LYLICちあきなおみ吉田旺鈴木淳雨の降る夜は何故か
夜間飛行GOLD LYLICちあきなおみ吉田旺中村泰士最後の最後まで恋は私を
星影の小径GOLD LYLICちあきなおみ矢野亮利根一郎静かに静かに手をとり手をとり
かもめの街ちあきなおみちあき哲也杉本眞人やっと店が終わって
カスバの女ちあきなおみ大高ひさを久我山明涙じゃないのよ浮気な雨に
酒場川ちあきなおみ石本美由起船村徹あなたの憎さといとしさが
四つのお願いちあきなおみ白鳥朝詠鈴木淳たとえば私が恋を恋をするなら
帰れないんだよちあきなおみ星野哲郎臼井孝次そりゃ死ぬほど恋しくて
伝わりますかちあきなおみ飛鳥涼飛鳥涼淡い紅をかるくのせて想い出
秘恋ちあきなおみポルトガル民謡・日本語詞:吉田旺ポルトガル民謡いいの私このままでひどい女と
新宿情話ちあきなおみ猪又良船村徹新宿は西口の間口五尺の
円舞曲ちあきなおみ阿久悠川口真誰かが円舞曲を踊っています
役者ちあきなおみ荒木とよひさ浜圭介愛の幕切れは涙の数だけ
夜へ急ぐ人ちあきなおみ友川かずき友川かずき夜へ急ぐ人が居りゃ
劇場ちあきなおみ吉田旺中村泰士昨日あの町はなれてきた
都の雨にちあきなおみ吉田旺船村徹故里を想いださせて
愛のくらしちあきなおみトミー・チルドレン・アルフレッド・ハウゼ・加藤登紀子トミー・チルドレン・アルフレッド・ハウゼ・加藤登紀子この両手に花をかかえて
アゲインちあきなおみ大津あきら木森敏之迷いながら愛をくちずさめてた
ねえあんたちあきなおみ松原史朗森田公一ねえあんたなんかとって
流浪の旅ちあきなおみ後藤紫雲宮島啓二流れ流れて落ち行く先は
涙の酒ちあきなおみ伊吹とおる小池青磁男一途の火の恋を何んで
ゴンドラの唄ちあきなおみ吉井勇中山晋平いのち短し恋せよ乙女
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
惜別の唄ちあきなおみ島崎藤村藤江英輔遠き別れにたえかねて
無情の夢ちあきなおみ佐伯孝夫佐々木俊一あきらめましょうと別れてみたが
船頭小唄ちあきなおみ野口雨情中山晋平おれは河原の枯れすゝき
あなたのすべてをちあきなおみ佐々木勉佐々木勉名前も知らない貴方と私
ルージュちあきなおみ中島みゆき中島みゆき口をきくのがうまくなりました
イマージュちあきなおみ飛鳥涼飛鳥涼がらんどうな心には何も
歳月河ちあきなおみ新本創子船村徹昔のままにお前を抱けば白い
朝がくるまえにちあきなおみ吉田央鈴木淳夜更けの霧が雨に変わるとき
アカシヤの雨がやむときちあきなおみ水木かおる藤原秀行アカシヤの雨に打たれて
X+Y=LOVEちあきなおみ白鳥朝詠鈴木淳XそれはあなたYそれは私
花吹雪ちあきなおみ吉田旺都倉俊一明日あなたは卒業してひとり
ひとりしずかちあきなおみ星野哲郎船村徹湖は青い香炉よ
百花繚乱ちあきなおみ水谷啓二倉田信雄覚えてますか初めて誰かを
赤色エレジーちあきなおみあがた森魚八洲秀章愛は愛とて何になる男一郎
流浪歌(たびうた)ちあきなおみ吉田旺徳久広司都落ちする背中の寒さ
ラ・ボエームちあきなおみJacques Plante・Charles Aznavour・訳詞:なかにし礼Jacques Plante・Charles Aznavourモンマルトルのアパルトマンの
別れたあとでちあきなおみ白鳥朝詠鈴木淳あそびにしようと
かなしみ模様ちあきなおみ阿久悠川口真あなたがそこにその場所に
ちあきなおみ吉田旺池毅噂たぐって北港
君知らずちあきなおみ千家和也船村徹あて名は書けど一文字も
港が見える丘ちあきなおみ東辰三東辰三あなたと二人で来た丘は
星の流れにちあきなおみ清水みのる利根一郎星の流れに身を占って
東京砂漠ちあきなおみ吉田旺内山田洋空が哭いてる煤け汚されて
片情ちあきなおみ吉田旺船村徹あきらめて来たはずなのに
放されてちあきなおみ吉田旺徳久広司水に七色ネオンの花は
わかって下さいちあきなおみ因幡晃因幡晃貴方の愛した人の名前は
北帰行ちあきなおみ宇多博宇多博窓は夜露に濡れて都すでに
五番街のマリーへちあきなおみ阿久悠都倉俊一五番街へ行ったならば
そっとおやすみちあきなおみクニ河内クニ河内化粧のあとの鏡のまえで
昭和枯れすゝきちあきなおみ山田孝雄むつひろし貧しさに負けたいえ世間に
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
嘘は罪ちあきなおみ水谷啓二杉田眞人あなたの心が離れてくのを
玄海ブルースちあきなおみ大高ひさを長津義司情け知らずとわらわば笑え
合鍵ちあきなおみ松本隆筒美京平鉢植えに水をやりふと
悲しみを拾ってちあきなおみ荒木とよひさ浜圭介悲しみを拾ってあなたが最後に
柿の木坂の家ちあきなおみ石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
色は匂へどちあきなおみ伊集院静筒美京平ひと目で惚れちゃった
愛のために死すちあきなおみCharles Aznavour・訳詞:水谷啓二Charles Aznavour2本目の煙草に
あまぐもちあきなおみ河島英五河島英五雨雲がとんでゆくわと
私という女ちあきなおみなかにし礼鈴木淳こぬか雨に芯まで濡れて
酒と泪と男と女ちあきなおみ河島英五河島英五忘れてしまいたい事や
夜霧よ今夜も有難うちあきなおみ浜口庫之助浜口庫之助しのび会う恋をつつむ夜霧よ
男駅・女駅ちあきなおみ千家和也伊藤薫窓ぎわの席だから
恋慕夜曲ちあきなおみ吉田旺浜圭介ひとりぼっちでのむ酒は
粋な別れちあきなおみ浜口庫之助浜口庫之助生命に終りがある
恋挽歌ちあきなおみ吉田旺浜圭介弥生夜桜紅させどふたりの春は
アコーディオン弾きちあきなおみMichel Emer・訳詞:美輪明宏Michel Emer街の女のマリーは美人だった
嘆歌(えれじい)ちあきなおみ吉田旺曽根幸明あなた聴こえますか港に流れる
愛の旅路をちあきなおみ山口あかり藤本卓也死ぬも生きるもあなたひとりと
ちあきの夢は夜ひらくちあきなおみ西沢爽曾根幸明恋の遊びの夜が明けて
赤と黒のブルースちあきなおみ宮川哲夫吉田正夢をなくした奈落の底で
逢わずに愛してちあきなおみ川内康範彩木雅夫涙枯れても夢よ枯れるな
部屋ちあきなおみ小椋佳小椋佳野あざみの夢を
ルイちあきなおみ吉田旺みなみらんぼう並木通りにある小さな画廊の
雪の宿ちあきなおみ阿久悠猪俣公章しんと沈まる雪の夜腕を枕に
しのび逢う恋ちあきなおみ白鳥朝詠浜口庫之助あの日の偶然が彼とめぐり逢い
禁じられた恋の島ちあきなおみ吉田旺中村泰士約束の時間に紙のフクロ
TOKYO挽歌ちあきなおみ吉田旺杉本眞人溜息まじりの夕日の朱が
夜が笑ってるちあきなおみ星野哲郎船村徹酒があたいに惚れたのさ
ダンスパーティの夜ちあきなおみ和田隆夫林伊佐緒赤いドレスがよくにあう
泣かせるぜちあきなおみ滝田順鶴岡雅義離さないもう離さない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
別れの一本杉ちあきなおみ高野公男船村徹泣けた泣けたこらえきれずに
愛のフィナーレちあきなおみなかにし礼宮川泰恋の終わりは涙じゃないの
暗い港のブルースちあきなおみなかにし礼早川博二いとしいひとあなたは今
いかないでちあきなおみ森浩美筒美京平あぁいかないであぁ消えないで
立待岬ちあきなおみ吉田旺浜圭介内地みつめて咲く浜茄子の
氷の世界ちあきなおみ井上陽水井上陽水窓の外ではリンゴ売り
あいつと私ちあきなおみ千家和也中村泰士電車通りよろめいたら
あなたのための微笑みちあきなおみ小椋佳小椋佳ふとしたはずみに
酔いしれてちあきなおみ音羽たかし高寄潤恋に苦しみ恋に泣いて
プラットホームちあきなおみ吉田旺曽根幸明ベルが鳴る発車のベルが
おんなの宿ちあきなおみ星野哲郎船村徹想い出に降る雨もある
スタコイ東京ちあきなおみ北原じゅん北原じゅんハアおらが東京サ来る時に
私をもう一度ちあきなおみなかにし礼鈴木淳離しはしないと背中を抱いた
なみだ船ちあきなおみ星野哲郎船村徹なみだの終りのひと滴
花と蝶ちあきなおみ川内康範彩木雅夫花が女か男が蝶か
私は死にたいちあきなおみ阿久悠筒美京平涙がかわきません三日も
あいつちあきなおみ平岡精二平岡精二ゆうべあいつに聞いたけど
雨の夜あなたは帰るちあきなおみ吉岡治船村徹雨の夜にあなたは帰る
あなたならどうするちあきなおみなかにし礼筒美京平嫌われてしまったの愛する人に
最后の電話ちあきなおみ吉田旺中村泰士あなた私がいなくても
祭りの花を買いに行くちあきなおみ友川かずき友川かずき祭りの花を買いに行く
無駄な抵抗やめましょうちあきなおみなかにし礼鈴木淳嘘をついてもだめなのね
ほうずきの町ちあきなおみ水谷啓二服部隆之若い二人がひっそりと
ベッドで煙草を吸わないでちあきなおみ岩谷時子いずみたくベッドで煙草を吸わないで
芽生えてそしてちあきなおみ永六輔中村八大あなたのまつ毛がふるえて
お酒の味ちあきなおみ阿久悠小林亜星来るか来ないか半々の賭けに
女どうしちあきなおみ吉岡治川口真淋しくないとか男のように
悦楽のブルースちあきなおみ吉岡治船村徹泣いちゃ泣いちゃ泣いちゃ
つめちあきなおみ平岡精二平岡精二二人暮らしたアパートを
知りたくないのちあきなおみなかにし礼ドン・ロバートソンあなたの過去など知りたくない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
時の流れにちあきなおみ吉田旺倉田信雄時の流れに流され流れ
恋した女ちあきなおみ阿久悠彩木雅夫恋した女が悪いと言うのなら
名月赤城山ちあきなおみ矢島寵児菊地博男ごころに男が惚れて
王将ちあきなおみ西條八十船村徹吹けば飛ぶよな将棋の駒に
狂った果実ちあきなおみ石原慎太郎佐藤勝夏の陽を浴びて潮風に揺れる
ひき語りちあきなおみ阿久悠及川恒平外は雨ですか土砂降り
口紅えれじいちあきなおみ吉田旺浜圭介生まれた星が悪いのか
たばこのけむりちあきなおみ平岡精二平岡精二ちょっと火をかして頂けません
ふたり自身ちあきなおみ阿久悠筒美京平朝のコーヒーはにがい悲しみ
ちあきなおみ松本隆筒美京平雨の日曜日は受話器を
かなしい唇ちあきなおみ丹古晴己鈴木淳今夜もかわくの悲しい唇
経験ちあきなおみ安井かずみ村井邦彦やめて愛してないなら
波止場通りちあきなおみ阿久悠川口真波止場通りの朝流れる
ハンブルグにてちあきなおみClaude Delecluse & Michele Senlis-Marguerite Monnot・訳詞:永田文夫Claude Delecluse & Michele Senlis-Marguerite Monnotハンブルグでもサンチャゴの
枯れ葦小唄ちあきなおみ横井弘細川潤一風にさらさら葦が鳴るともに
真夜中ちあきなおみ吉田旺都倉俊一通いなれた店の
もう忘れましょうちあきなおみ阿久悠彩木雅夫今さら今さら何さ
なみだの宿ちあきなおみ古木花江船村徹思い出の思い出の湯の町あかり
今日で終ってちあきなおみ阿久悠彩木雅夫さよならが終ったら
どうせ拾った恋だものちあきなおみ野村俊夫船村徹矢ッ張りあンたもおんなじ男
お別れ記念ちあきなおみ阿久悠及川恒平出来るなら三日後の
くせちあきなおみ吉田旺中村泰士背中のボタンを止める時に
風の吹く日と一日はちあきなおみ阿久悠川口真風の吹く日と一日はなぜか
流転の詩ちあきなおみ阿久悠猪俣公章若い男に惚れたら駄目と貢ぐ
そ・れ・じゃ・ネちあきなおみ吉田旺倉田信雄それじゃネ別れの乾杯
やくざ若衆祭り唄ちあきなおみ米山正夫米山正夫これはお楽しみ
雨の日ぐらしちあきなおみ吉岡治川口真かもめが暗く啼いている
想い出なんて欲しくないちあきなおみ悠木圭子鈴木淳ある日突然あなたを知って
ダンチョネ節ちあきなおみ日本民謡日本民謡沖の鴎と飛行機乗りはヨ
二年前の秋ちあきなおみ吉田旺中村泰士とても恥ずかしいの
女の旅ちあきなおみ阿久悠川口真お別れをいうため
雨の日にきた別離ちあきなおみ千家和也中村泰士女物の傘さして
普通じゃないちあきなおみ友川かずき友川かずきあたしにこどもをうませた人
たそがれの海辺ちあきなおみ白鳥朝詠浜口庫之助美しい瞳が燃えて
夜は誰にもあげないでちあきなおみ吉田央鈴木淳夜は誰にもあげないで
変身ちあきなおみ白鳥朝詠鈴木淳あなたにくちづけ
十六酔いフラッパーちあきなおみちあき哲也柿沼清史ゆうべからよこの怠っぽさ
愛して愛して愛しちゃったのよちあきなおみ浜口庫之助浜口庫之助愛しちゃったのよ愛しちゃった
キリがないねちあきなおみ森浩美中崎英也やり直そういつものこと
夕笛ちあきなおみ西條八十船村徹故郷の蒼い月夜に
二泊三日ちあきなおみ阿久悠小林亜星永過ぎる春に終りを告げる
誘い水ちあきなおみ吉田旺浜圭介人が遠くに見える日は
砂塵の町へちあきなおみ森浩美筒美京平金色の馬車はゆく朽ち果てた
曖昧2ちあきなおみ関口誠人関口誠人だったら何なのよウソが
つかれたわけじゃないわちあきなおみどいあきら中村泰士つかれたわけじゃないわ
モア・モア・ラヴちあきなおみ吉田央鈴木淳モアモアためらわないで
わが恋ちあきなおみ浦辺清史船村徹春が来て花が咲き
五分前ちあきなおみ伊集院静筒美京平あと五分でバスが来るわ
しゃれた生活ちあきなおみ阿久悠川口真あなたの嘘は嘘で楽しいわ
あの娘が泣いてる波止場ちあきなおみ高野公男船村徹思い出したんだとさ
マニキュアがかわくまでちあきなおみ吉田旺中村泰士マニキュアがかわくまで
WOMAN IN TOWNちあきなおみ森浩美根本要I'M WOMAN 街灯りの下
涙にぬれた窓ちあきなおみ野村俊夫船村徹雨のしずくを手に受けて
吹きだまりの女ちあきなおみ早野哲郎船村徹お客が忘れた東京の
志津子ちあきなおみ吉岡治船村徹志津子と呼べば霧が流れる
東京の花売娘ちあきなおみ佐々詩生上原げんと青い芽をふく柳の辻に
汽笛のあなたちあきなおみ横井弘船村徹汽笛がなるのポーってなるの
ひとりぼっちの青春ちあきなおみ大高ひさを上條たけしあの女が泣いたって