志津子

この曲の表示回数 3,344
歌手:

ちあきなおみ


作詞:

吉岡治


作曲:

船村徹


志津子と呼べば
霧が流れる
俺の心に からみつく
霧は志津子の 溜息か
俺はお前が 好きだった

志津子と呼べば
霧が流れる
ヘッド・ライトの 束の間に
白いうなじが またうかぶ
消えておくれよ なにもかも

志津子と呼べば
霧が流れる
未練ごころに つまづいて
泣いた男が ここにいる
きっとしあわせ なっとくれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:志津子 歌手:ちあきなおみ

ちあきなおみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-10-20
商品番号:COCP-32894
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP