港雨情

この曲の表示回数 5,440
歌手:

星美里


作詞:

たかたかし


作曲:

船村徹


雨がふる日は さみしくて
磯の鵜の鳥 鳴きやまぬ
あれは下田のかよい船
通うつばさもないわたし
涙が走りだす 波浮の港

袖をぬらして 雨がふる
暮れて岬に 灯がともる
だれに咲くのか 白い花
雨にうたれて 背のびして
便りも 遅れがち 波浮の港

あれは三崎の 灯りやら
見えてかくれる 夜釣船
利休鼠の雨降る夜は
あなた恋しと鶴をおり
波間にとばします 波浮の港
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:港雨情 歌手:星美里

星美里の新着情報

  • しほり / ♪ひらがなみたいに やさしくて

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP