試聴する

九月の夕暮れ

この曲の表示回数 16,012
歌手:

松田聖子


作詞:

三浦徳子


作曲:

小田裕一郎


灼けた肌を秋風が
そっとつつむ街角は
舟をたたんだ港の静けさ
道行く人誰もがみな
ほほえむけど知ってるわ
胸のどこかが痛んでいることを
いちょう並木あざやかな色
そして空はぬけるように

Coming soon winter
Coming sonn winter
私のどこかが変わってゆくわ

誰もいない公園に
忘れられた白い帽子
淋しそうに夕暮れ見つめる
何もかもが青い影に
つつまれて闇に向かう
浮かび上がるわ夏の日の想い出
誰も時は止められない
そうよ時は自由なのね

Coming soon winter
Coming sonn winter
私のどこかが変わってゆくわ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:九月の夕暮れ 歌手:松田聖子

松田聖子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990/10/15
商品番号:CSCL-1267
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP