前田亘輝作詞の歌詞一覧リスト  394曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
394曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夏立ちぬTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE子供の頃にずっと思い描いた 未来の国に暮らしてる 空を飛ぶ自転車や宇宙旅行は とっくに夢じゃない  うちわ 扇風機 蚊取り線香 風鈴 クワガタ カブトムシ 浴衣 夏祭り  ふとよみがえる 今も君は元気ですか  てのひらのテレビから戦争のニュース 電車の中で見るなんて 間違った未来だと誰か言ってよ 見えない別れ道  浮き輪 かき氷 水着 絵日記 スイカ 陽炎 入道雲 日傘 ほおずき  ふと思い出す 今も君は元気ですか  ひとり訪れた 故郷の海 時を越えてここにある夏 夢のかけらたち拾い集めて 君の笑顔に たどり着く  うちわ 扇風機 蚊取り線香 風鈴 クワガタ カブトムシ 浴衣 夏祭り ふとよみがえる 君は今も元気ですか 今も僕は元気ですか
真夏のピュ~!TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE・宮崎裕介やるせない恋の季節 顔パンツ? じゃないのマスクです 熱視線 女子 みだら 濡れた瞳に 好き々 時々 あわよくば  抱いちゃって 気が向くまま なんちゃって 暑さのせい アスファルト 溶け出しそう  ブンブンブン 振り回して バンバンバン 取り戻して 攻めまくる夏が来るよ 頑張ってきた君に 吹き荒れろ 真夏のピュ~!  いなせなセリフの風来坊 沈黙ビーチに旋風 ウブなそこの女子 見てて カッコいいとこ お見せしますからね  揉んじゃって それが青春 なんちゃって テレてる君 梅雨空が明けちゃう笑顔  ギュンギュンギュン いつも青春 ジンジンジン 揺れてる胸 魂が焦げちゃうkissを よみがえって来た君に 追い風さ 真夏のピュ~!  ずっきん どっきん あわよくば  抱いちゃって 気が向くまま なんちゃって 暑さのせい アスファルト 溶け出しそう  ブンブンブン 振り回して バンバンバン 取り戻して 攻めまくる夏が来るよ  頑張ってきた君に 吹き荒れろ 真夏のピュ~! よみがえって来た君に 追い風さ 真夏のピュ~!
スマイルフラワーTUBETUBE前田亘輝春畑道哉君だけ明けない夜はないから 今は笑顔の種を植えよう 熱い涙 注いで 育てる愛 僕だけ晴れない空はないから やがて昇る朝陽を待ってる この世界を 未来を 繋げるのは スマイルフラワー  春夏秋冬と無くし物ずいぶんと増えたね イメージよりダメージの方が色濃く染まっている季節 今こそ立ち止まり自分の足跡を振り返る やがて芽吹く僕じゃない僕のためにも  必ず眩しい夏が来るから 宝ものをまた探しに行こう この痛みを 忘れず 咲かせる花 いつかは思い出に変わる今日を 白い渚で君と語ろう この世界を 未来を 繋げるのは スマイルフラワー  ぼんやり見えていたなんとなく聴こえてたゴールも 振り出しへと戻りそうなやりきれない嗚呼人生ゲーム もういいかい?まぁだだよ!いつまでなの?待ちきれないよね もう少しかくれんぼ続きそうだけど…  君だけ明けない夜はないから 今は笑顔の種を植えよう 熱い涙 注いで 育てる愛 僕だけ晴れない空はないから やがて昇る朝陽を待ってる この世界を 未来を 繋げるのは スマイルフラワー
夏のひまわり加山雄三加山雄三前田亘輝春畑道哉THE G.Sずっとひとりの季節に 見上げる夏のひまわり 僕と君の叶わぬ愛が 風にふるえて咲いてるぜ  君と別れたあの夏 思い出させるひまわり 君の花は今も強く どうして太陽みつめてるの  風よ伝えてよあの娘に 僕を照らした笑顔は 今もこの胸 咲いてる いつもいつまでも  ずっとひとりの季節に 見上げる夏のひまわり 僕と君の叶わぬ愛が 風にふるえて咲いてるぜ  風よ伝えてよあの娘に 僕を照らした笑顔は 今もこの胸 咲いてる いつもいつまでも  ずっとひとりの季節に 見上げる夏のひまわり 僕と君の叶わぬ愛が 風にふるえて咲いてるぜ  笑ってる
日本の夏からこんにちはTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE「あぁ、嫌な暑さだなぁ...」  日本の夏からこんにちは  月が出た出た出た 腹も出たァ~ 何度地球が廻ったろう また夏だ皆の衆  悲しいニュース多いけど メゲてるだけじゃ しょうがない  涙拭いたら笑ってみよう 手と手合わせてこんにちは 眩しい未来へと 幸せ音頭  燦々 SUN SUN ありがとさん  夏が来た来た来た アタマにキタァ~ 年々地球は暑いけど 元気で負けないで  悲劇の過去は変えられない 向日葵のように上向こう  丸い地球は繋がっている どんな国でもお隣さん 肩寄せて歩けば平和の音頭  暑いの暑いの飛んでゆけ 日本の夏からこんにちは 燦々 SUN SUN ありがとさん 日本の夏から 幸せ音頭
湘南バットボーイTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEどしたらいい ジリジリ焼け付く陽射し 真夏のゲームもうすぐ開幕 入道雲モクモク 浜スタの空 暑くなるほど流れはキテル  渚は艶かしいマーメイド 七色の魔球投げ惑わす 俺は魂のバット一本で立ち向かうぜ 湘南バットボーイ  夏が翼 畳んでしまう前に 寄せて上げて揺れる江ノ島の攻防  噂通り手強い淑女 見逃したら戦力外のビーチ 太陽指差し勝負をかける 一恋入魂(一球入魂) 負けられない  真夏の空 弾けた花火 テンパるほど男はそそり立つ 引くに引けない勝負に挑む シーソーゲーム 湘南バットボーイ
GOD'S BREATHTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE探していた未来を 運ぶ風にセイルを上げよう 七つの海を超えて 目指す世界 輝いてるように 吹き荒れろGOD'S BREATH  夢を叶える朝が来る 伝説のこの海で 二度と帰らない特別な今日を 胸に刻んで  君が歴史を変えるのを 僕が見とどけるから ずぶ濡れの笑顔 照らし出す 朝日に向けろよ  空見上げる瞳に 夢と希望を映し出したSunshine 七つの海を渡る 君の明日が焼いてるように 汚れなきGOD'S BREATH  誰の涙も拭えない 僕に出来ることなど 孤独な君の胸に届く歌と 祈りを贈ろう  護りたいなら攻める時 傷付くこと恐れず 誰も知らない君の痛み 勇気に変えろよ  探していた未来を 運ぶ風にセイルを上げよう 七つの海を超えて 目指す世界 輝いてるように 七つの海を駆ける 願い思い叶えられるように 吹き荒れろGOD'S BREATH
君がいるからTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEずぶ濡れの悲しみ 疲れた心に 必ず舞い降りる 柔らかな虹  笑いながら 泣きだすのは こうして君がいるから 迷いながら 歩けるのは 明日も君がそばにいるから  欠けてしまう景色 失くした想い出 自分の行く道を見失う時  信じながら 疑うのは 優しい気持ちがあるから 生きることの 喜びなど 遠い世界に今は思えても  笑いながら 泣きだすのは こうして君がいるから 迷いながら 歩けるのは いつでも君がそばにいるから  迷いながら 愛せるのは やっぱり君がそばにいるから
自由への卒業TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE別れとは次の出逢いに繋がる 避けられない門出だと言い聞かせても 溢れる出る涙  出来るなら離れたくないのに何故 夢と言う名の方舟 漕ぎ出してゆく 何度目のさよなら  君と肩を並べて見上げた夜空 変わらずに 今も星達は 笑っているのにね  何かを求めるたび 失くしてく物 理不尽な輪廻の中で 繰り返す卒業  それぞれが積み重ねた毎日の 終わりの無い競争とその傷跡は 生きて来た印  摩天楼の谷間で羽ばたく鳥は 吹きすさぶ 風に叩かれて それでも生きて行く  望むままにいつでも伸ばすこの手に 届かない物がある事 分かっていたけれど  沈みかけた泥舟 逃げ出す勇気 欲望の連鎖の渦から 自由への卒業
夏のDeja VuTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBE真夏のBlue Wind あの日の海から 君に贈る 夏のDeja Vu  日焼けした長い脚 デッキに伸ばし眠る 波しぶき濡らす頬 夢から覚めた天使  タオルを投げる僕を見て スキとつぶやいた  言葉も忘れて ただ見つめていた あざやかな恋と言う帆を挙げた夏  煌めくBlue Wind 受け止めてCruising 空を染めた夏の魔法 君に届け 夏のDeja Vu  ベタ凪の島影に 錨を降ろした午後 艶やかなフォームを決め 水に飛び込んだ君は  人魚のように泳ぐから 僕は追いつけない  真夏に出逢った 真夏の幻 あざやかな恋と言う帆に満ちる風  真夏のBlue Wind 果てしないCruising 時を超えて夏の魔法 君に贈る 夏のDeja Vu
MY BLUE HEAVENTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE周りの皆は何故か 都会に憧れ なんでか僕は今も 海の向こう見てる  時は過ぎ あきらめる方が楽な事は 知っているけど 我慢出来ない  風にこの身も 命も預けたら 喜びや哀しみは 昨日の事さ 誰かと違うと はみ出してしまうよな ちっぽけな毎日を超えた地球を 俺に見せてくれ  空と海と自分が 一つになる時 心は水のように 何処までも透き通る  身分とか お金とか今の立ち位置全部 この大空に 放り投げりゃ  もっと遠くへ 遠くへ行けるだろ 荒れ狂う海原に未来が見える ここで生きてる 生きている自分を もう一度 感じたら世界は変わる Oh! My Blue Heaven  風にこの身も 命も預けたら 喜びや哀しみは 昨日の事さ 小さな悩みに くよくよメゲるよな ちっぽけな自分さえ超えた地球を 君に見せたいよ
いただきSummerTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE流れる星に祈ったり 流した汗に誓ったり 遠い未来キミと待ち焦がれた 生きる意味は季節の様に 移り変わってもいいんだ 遅いはずない行こう青い空へ  いただきSummer 色付く夏を先取り 取り戻そう とびきりの笑顔のキミ お互いSummer 十人十色でいいね 眩しい裸足のSeason  心が折れちゃう毎日 繰り返しているだけなら 愛も夢も溶けて消えてしまう 巡る時代は容赦なく 置いてきぼりの雨降らす 迷う事ない一度きりの旅さ  いただきSummer 誰もが主役の舞台 やり直そう 何度だって夏は来る あべこべSummer 矛盾さえ楽しんじゃえ 太陽が照らすよFuture  いただきSummer 色付く夏を先取り 取り戻そう とびきりの笑顔のキミ お互いSummer 十人十色でいいね 眩しい裸足のSeason  いただきSummer 誰もが主役の舞台 やり直そう 何度だって夏は来る あべこべSummer 矛盾さえ楽しんじゃえ 太陽が照らすよFuture
Route 567TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBERoute 567 憶えているだろう 海沿いのあの道を 馴染みのカフェやライブハウスも 今はドア閉ざしてる  明日からもこの道を どこまでも走るしか無いから 逆風に顔向けて 共に行くと決めた あの頃の夏を目指して  Route 567 おんぼろワゴンに乗って あてもなく走ってた こんなにも急に景色が変わると 思いもしなかった  あきらめずこの道を 未来へと進むしかないんだ 新しい太陽が 地平線を染める もう一度 幕を上げよう  ありったけの想い込めて 声の限り歌おう  長いこと忘れてた 熱いもの この頬を伝う 与えたい 守りたい 君の中の空に あの夏の光が戻るまで  振り向かずに走れ もう一度 よみがえる 夏
夏が来る!TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE乾く風が 胸の扉開く ジメジメした気持ち 脱ぎ捨て去れるよね 青い空に 背伸びでかざす拳 少し強くなれるそんな気がしてきた  悩みはあれど 期待もしていい 七色の朝がある 明日がある 目を覚ませば  キミの笑顔 晴れるYa 夢の蕾 開くYa ほら 夏はすぐそこで 待ってるから 勇気だして 笑えYa キミの唄を 咲かせYa そう だって 夏が来る!  蝉の声は まるで夏のオーケストラ 指揮者になったキミが想い出を奏でる  出逢いがあれば 別れもあるね 巡り行く運命を楽しんで 裸足のまま  キミの胸が 火照るYa 熱い瞳 燃えるYa ほら 夏はすぐそこで 待ってるから 暑い陽射し 浴びるYa 夢の地図を 開けYa そう だって 夏だから!  悩みはあれど 期待もしていい 七色の朝がある 明日がある We can make brand new days  キミの笑顔 晴れるYa 夢の蕾 開くYa ほら 夏はすぐそこで 待ってるから 勇気だして 笑えYa キミの唄を 咲かせYa そう だって 夏が来る! そう だって 夏だから!
潮風の中でTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE海岸線を辿る電車から 君がバイトする店が見えた 砂汚れの 二階のテラスで ふたり出逢った 最初の夏  この胸に 打ち寄せる あの日の君の眩しさだけ探してる もう一度 望んでも 二度とないあの季節から 届く潮風の中で  夏へと向かう 渋滞の道で 君の自転車が 追い越していく 悪戯っぽく投げキスをくれた ふたり出会った 最後の夏  永遠の一瞬を 心のフィルムに焼き付けて過ぎ去った 戻せない 思い出と あの日の笑顔 風に乗せ 君は夏の彼方へと  青空の眩しさを 恋と呼ぶほど若くはないけれど もう一度 望んでも 二度とないあの季節から 届く潮風の中で
愛はメリーゴーランドTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE・宮崎裕介わりと純情 たまには不純 貴方も私も 分かり合えない気持ちがきっと 惹かれ合うのね  移りゆくのが季節と男心 影踏みのように交わる事ない 哀しいお芝居みたい  恋すれど 心繋ぐ術探しては 重ねる唇 愛すれど 言葉に出来ない約束を 信じて寄り添う 愛はメリーゴーランド  進む時間 戻る心 矛盾する世界 便利ゆえ 喪う慕情 壊れてゆく  うつろわない季節が女心 ただ求めてる 一途な性を 奏でる 愛の唄  信じれど 裏切られる度 色褪せる 巡る世の中を 旅すれど 終わりなきドラマ繰り返し 沈黙のルール 愛はメリーゴーランド  旅立ちの朝焼けに君は  恋すれど 心繋ぐ術探しては 重ねる唇 愛すれど 言葉に出来ない約束を 信じて寄り添う 愛はメリーゴーランド
fTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE・宮崎裕介はじめて登った ジャングルジムの上 見渡せば 世界中が見えた気がした  あなたとわたしが 心揺さぶられた空 出逢うものすべてが笑う 遠き夏の記憶 You are my friend, forever friend 誰かのせいにはしないで 季節が過ぎて行くように 変わってゆく時代 だいじょうぶ ひとりじゃない  はじめて手にした 悲しみってやつの 重さは 自分にしかわからないものさ  涙と痛みが その胸を焦がした夜 見上げた一番星は まだ輝いているよ You are my friend, forever friend 生きてる事忘れないで 一緒に唄った夢は 繋がっているよ  眠れない長い長い夜もいつかは 朝陽が昇るから  あなたとわたしが 心揺さぶられた空 出逢うものすべてが笑う 遠き夏の記憶 You are my friend, forever friend 誰かのせいにはしないで 季節が過ぎて行くように 変わってゆく時代 だいじょうぶ ひとりじゃない だいじょうぶ ひとりじゃない
My sunny dayTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE潮風が踊る季節に 裸足のままの夢歌った 毎日を噛みしめながら がむしゃらに生きてた My sunny day  あぁ 夏の香り感じていた 僕の空は いつからか理屈ばかり 曇りだけが続く天気  晴れ渡る夏空を見りゃ 自然とでちゃう笑顔のように 損得じゃ測りきれない ありのまま生きたい My sunny day  あぁ 夢のためにお金貯めて 時が過ぎる 未来とは 思い通りいかないものなんだけれど  太陽はこの胸の奥 夜明け待ってる 自分次第 今日までを脱ぎ捨てちゃえば またきっと出逢える My sunny day  (空見上げて 手を広げ 風感じて 走りだそう)  潮風が踊る季節に 裸足のままの夢歌った 毎日を噛みしめながら がむしゃらに生きてた My sunny day  晴れ渡る夏空を見りゃ 自然とでちゃう笑顔のように 損得じゃ測りきれない ありのまま生きたい My sunny day
RIDE ON SUMMERTUBETUBE前田亘輝春畑道哉Jin Nakamura夏を告げるカウントダウン これが何度目の朝だろう 少しずつでも笑顔のマイライフ 色んなことあった 季節 巡り行く憶い 君と忘れじのオンザビーチ  ride on, boys ride on, girls ride on summer, 眩しい朝 また今日も 新しい君に逢える 誰かと 誰かが どこかで色とりどりの 幸せにめぐり逢う 夏に飛び込むのさ  虹が架かるホームタウン 決して色褪せない瞳 まるで無邪気な子供のように 君といた夏が 胸に甦る海で もう一度 夢みるスイッチオン  ride on, boys ride on, girls ride on summer, 外はいい天気 何度でも新しい君になれる 恋して 焦がれて 夢見て走りだそう あの空に手を伸ばし 未来へtake off again  青空 太陽 すべてが広がる朝 七色のときめきを 感じるのさ  ride on, boys ride on, girls ride on summer, 眩しい朝 また今日も新しい君に逢える 誰かと 誰かが どこかで色とりどりの 幸せにめぐり逢う 夏に飛び込むのさ
FULL SWINGTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBEBad Luck 人生の交差点は渋滞 黄色い点滅続ける世界 Red Zone 立ち止まり 手も出せない Big Game 死ぬまで見逃し続けるの?  夢のまた夢だとしても 目一杯 精一杯 あがきたい  FULL SWING FULL SWING FULL FULL FULL FU FULL SWING 白黒つけよう自分自身に FULL SWING FULL SWING 0でも100でも同じなら 勝ち負けなんかより熱い魂 FULL SWING FULL SWING  Blue Sky 待ちぼうけ びしょ濡れだぜ My Dream こうなりゃ歩き出すしかない  時代錯誤の順番待ちじゃ 保たない 勿体無い 話しだね  FULL SWING FULL SWING FULL FULL FULL FU FULL SWING 曖昧な迷いは吹き飛ばして FULL SWING FULL SWING 涙と汗を握りしめて ムチャでもムリでも熱い魂 FULL SWING  FULL SWING FULL SWING FULL FULL FULL FU FULL SWING 白黒つけよう自分自身に FULL SWING FULL SWING 0でも100でも同じなら 勝ち負けなんかより熱い魂  FULL SWING FULL SWING FULL FULL FULL FU FULL SWING ムチャでもムリでも熱い魂 FULL SWING FULL SWING FULL SWING FULL SWING FULL SWING
灯台TUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司微かな光に導かれ 僕らは旅を続ける 嵐の波間を彷徨って それでも明日を信じてる  人 夢 愛 波 風 雨 振り返れば曲がりくねった航跡(みち) 一筋にはいかない それが生きる証し  人生の重さに沈みそうで 愛することを覚えた 希望という名の帆を掲げて 夢と挫折の海原へ  月 星 僕 空 鳥 君 振り返れば 共に歩いた航跡(みち) 涙で滲んでも 燈火は見えている  My Life My Dream My Song 愛する人 消えないように 見失わないように 照らし続けてくれ  人 夢 愛 遥かな旅 振り返れば 家族と歩く航跡(みち) 七色の輝き それが生きた証し
Love In WhiteTUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司また今年も着飾る街に 幸せそうな夜が来る おとぎ話みたいな恋も こんな夜なら信じられる  この胸に降り積もる 白い魔法をかけたプレゼント 今夜 届けよう 大人でも夢を見る 子供の頃の あのわくわくを I'm Dreaming 聖なるLove In White  家へ急ぐ人混みの中 君の横顔見失う 追いかければ間に合う恋が 街路樹の下 舞い散る夜  特別なこの夜に めぐり逢えたら奇跡が起きる 凍える心に もう一度感じてる 初めて愛した あの切なさを I'm Dreaming 聖なるLove In White  この胸に降り積もる 白い魔法をかけたプレゼント 今夜 届けよう 大人でも夢を見る 子供の頃の あのわくわくを I'm Dreaming 聖なるLove In White
TONIGHTTUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司僕は君を強く抱きしめる 通り過ぎた夏の片隅で 見つめ合った瞳に揺れてる 戸惑いさえ愛おしくて言葉も無い  Tonight Tonight Tonight 今夜は 涙を許して Good Night and Good Dream  未来なんて 遠すぎる二人 だから僕は君を抱きしめる  風に舞った麦わら帽子が 波の中へ消えてしまうまで 何も出来ず見つめてた二人 歩き出せば人恋しい季節が来る  Good bye Good bye Good bye 夏の日 想い出つつまれ Good Night and Good Dream  いつか二人 振りかえる海に 虹が笑ってますように  Hold Me Tight 愛に抱かれて Hold Your Dream 君に揺られて I Need Love この命つきるまで  Tonight Tonight Tonight 今夜は 涙を許して Good Night and Good Dream  未来なんて 遠すぎる二人 君が笑ってますように だから僕は君を抱きしめる
裸足のラッキーガールTUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司oh My Sunny Day ピュアな恋をした 夏の国へと舞い降りよう 何もいらない 君とこの海 あの日の笑顔があればいい  oh My Shiny Day 早く会いたいね 君なしでは夏は来ない 時計の針を 巻き戻すように 始めよう 最初のデートさ My Baby  君だけが Lucky My Girl さあ 恋をしよう この夏も いつだって Lucky My Girl 抱きしめた腕の中 最高の夏がよみがえる  oh My Sunny Day かなり荒れ果てた 僕の渚に夏が来た 太陽を連れて 未来を連れて 裸足で 駆けて来た天使 My Baby  大好きな Lucky My Girl さあキスをしよう この夏も これからも Lucky My Girl 重ね合う 季節(とき)の中 最高の愛が生まれるよ  君だけが Lucky My Girl さあ恋をしよう この夏も いつだって Lucky My Girl 抱きしめた腕の中 最高の夏がよみがえる Lucky My Girl Lucky My Girl さあキスをしよう この夏も You Are Lucky My Girl Lucky My Girl 重ね合う 季節(とき)の中 最高の愛が生まれるよ
ドラスティック湘南TUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司遊び疲れて鎌倉 通り雨降る夕立 戻れないのが藤沢 貴女はいない 裏道行けば鵠沼 いわくありげなスナック ドアを開けたら泥沼 別れがつらい  あぁ やめてやめて ドラスティックな夏が あぁ やめてやめて 湘南の罠  思いがけない現実 やぶれかぶれの平塚 引き裂くように微笑む 黄色い太陽  霧に霞む江ノ島 煙にまかれたひと夜 凍てつく心まるで 北の稚内 甘い妄想横浜 予定未定の展開 ひとり焼き肉横須賀 お酒が苦い  あぁ せめてせめて ドラスティックな夜を あぁ せめてせめて 湘南の罪  認められない真実 渡れないのかベイブリッジ 道に迷えば木更津 帰りたいよう  あぁ やめてやめて ドラスティックな夏が あぁ やめてやめて 湘南の罠  夏に抱かれて逃避行 何故に恋しい東京 ビルとネオンの温もり 帰りたいよう 黄色い太陽
ポテンシャルTUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司Don't You Cry わかってるさ どっちゅう事ないワきゃない あちらこちらガタつく君の事情 None Chooses, Baby 無理は承知 なんちゅう事しでかして 輝ら 輝ら 輝ら まだ錆びてない 目覚めよ ポテンシャル  人生に へこたれず いつか来る チャンスを待ってた 本能を閉じ込めて 老いぼれたフリしてた  本気のチカラを今見せてやろうぜ 恋も仕事もCome On! ズバッとね ドキッとね  ガンガン行く ふり切って行く ジャンジャンやる 我慢やめる 失くしたんじゃない 隠していた激情 ジンジンする夢の鼓動 ビンビンくる わかるでしょ 美ら 美ら 美ら 立ち上がる時 一発 ポテンシャル  脱ぎ捨てたコンプレックス 青空が心に広がる 踊りだす溢れだす ぜ~んぶ強気でレッドゾーン  キミの美しさが世界を変えてく 敵も味方もCome On! スキッとね カラッとね  Don't You Cry わかってるさ どっちゅう事ないワきゃない あちらこちらガタつく君の事情 None Chooses, Baby 無理は承知 なんちゅう事しでかして 輝ら 輝ら 輝ら まだ錆びてない 目覚めよ ポテンシャル  ガンガン行く ふり切って行く ジャンジャンやる 我慢やめる 失くしたんじゃない 隠していた激情 ジンジンする夢の鼓動 ビンビンくる わかるでしょ 美ら 美ら 美ら 立ち上がる時 None Chooses, Baby 無理は承知 なんちゅう事しでかして 輝ら 輝ら 輝ら まだ錆びてない 目覚めよ ポテンシャル
Please Freeze Me!TUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司古いテレキャス抱いて 思い切り歌ってみれば それで気分はYoung Days もう一度バンドやろうぜ  いつだって胸にくすぶる 抑えられない気持ちで ヴォリュームは全開  Baby, Please Freeze Me 新鮮に保存したい Baby, Please Freeze Me この感覚を Baby, Please Freeze Me そっぽ向く君がいい Baby, Please Freeze Me 冷たく熱い 気まぐれBaby Face  ご機嫌パーティには 欠かせない俺達だけど 派手な曲ばかりじゃ これ以上カラダがもたない  窓際でボーッとしていた 嘘の自分にオサラバ 俺サマの出番  Baby, Please Freeze Me ありのままとっておきたい Baby, Please Freeze Me この情熱を Baby, Please Freeze Me いじわるな君がいい Baby, Please Freeze Me 氷のように 冷たいSexy Cat  Baby, Please Freeze Me 新鮮に保存したい Baby, Please Freeze Me この感覚を Baby, Please Freeze Me そっぽ向く君がいい Baby, Please Freeze Me 冷たく熱い  Baby, Please Freeze Me このままでとっておきたい Baby, Please Freeze Me この情熱を 気まぐれBaby Face Baby, Please Freeze Me Baby, Please Freeze Me!
あの夏へTUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司誰かの腕に抱かれて あなたはどんな夢を見るの 遥かな時代(とき)の彼方に 忘れていたものはある  打ち寄せる波が 咲き誇る花が そっと語りかける  裸足で追いかけた 太陽は今でも 笑ってる 帰ろう 帰ろう あの夏へ  哀しみ染まるこの星 僕にはどんな事が出来る 大人になった笑顔は あの日よりも自由かな  何も言えなくて 何も聞けなくて 前だけ向いてきた  夢中で追いかけた 太陽は今でも 笑ってる 帰ろう 帰ろう あの夏へ  二度と戻らない 誰も届かない 昨日は消えたけど  僕らが駆け抜けた 季節の数だけ 愛がある 帰ろう 帰ろう もう一度  裸足で追いかけた 太陽は今でも 笑ってる 帰ろう 帰ろう あの夏へ ありがとう ありがとう あの夏を
WINNERS HIGHTUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司この一瞬が その一秒が 未来を変えるんだ  君が見上げる空に 無限に広がる夢がある どこまで行けるか 誰も知らない TOMORROW  拳 揚げる君の 姿 心に刻みつけた 限界も現実も 今は見えない  自分のために 誰かのために 目の前の壁 乗り越えてみせる 砕けても 敗れかけても oh STAY IN MY TIME wow oh STAY IN MY DREAM WINNERS HIGH  汗と涙の意味も いつかわかる日が来るだろう それまで負けない 後悔のない YESTERDAY  楽しそうな街並み のみ込まれそうになりながら 気休めもなぐさめも 今はいらない  この山の向こう あの空の向こう 見たことのない 景色が待ってる 一瞬がその一秒が 未来を変えるんだ WINNERS HIGH  自分のために 誰かのために 目の前の壁 乗り越えてみせる 砕けても 敗れかけても oh STAY IN MY TIME wow oh STAY IN MY DREAM WINNERS HIGH  この山の向こう あの空の向こう 見たことのない 景色が待ってる 一瞬がその一秒が 未来を変えるんだ WINNERS HIGH
Rainbow TownTUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司I'm walking Rainbow Rainbow 楽園の彼方 とどけ Rainbow Rainbow 世界を飛び越えて  大切な人だけ思い続けて 君は今日を待っていた 風が名前を呼んだなら もうすぐ会える Make Me Happy  I'm walking Rainbow Rainbow 楽園の彼方 とどけ Rainbow Rainbow 世界を飛び越えて  子供の頃ずっと君と過ごした 街はもう無いけれど ここでゼロから始めよう 歴史を作れ Brand Nyew Hero  I'm walking Rainbow Rainbow 永遠の彼方 つかめ Rainbow Rainbow 未来を追い越して  I'm walking Rainbow Rainbow 伝説の橋が つづく Rainbow Rainbow まだ見ぬ明日へと I'm walking Rainbow Rainbow 楽園の彼方 とどけ Rainbow Rainbow 世界を飛び越えて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
海のバラードTUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司壁に残した あの日の落書きが 照れくさそうに 夕陽に浮かぶ 都会暮らしに 心が疲れたら ここで一人 海を見る  夢がひとつ 叶って行く度に 虚しくてやりきれず 一人きりで ここまで歩いて 防波堤に腰を下ろす  波の声に話しかけても どうせ答えちゃくれない you're gonna hide away, you're gonna hide away  明日の夢も 昨日の憂鬱も すべて飲み干して 夕陽は沈む ここで生まれて がむしゃら彷徨って そして一人 海を見る  泣いて笑って恋して傷ついて 行くあては見つからない 孤独な夜 震えて眠れば また次の朝が来る  鳥の歌に心ゆだねても 何も答えちゃくれない you're gonna hide away, you're gonna hide away  望むままに 生きてたつもりでも 気がつけば一人じゃない もしも不意に 世界が終わるなら ここへ来て海を見る  昇る朝日に話しかけても 何も答えちゃくれない それでいいんだ それがいいんだ you're gonna hide away, you're gonna hide away
SUMMER TIMETUBETUBE前田亘輝春畑直哉鳥山雄司oh oh oh oh Summer Time 目覚めたばかりの 青い空と海が 呼んでいるよ Summer Love 胸のトキメキが 抑えきれない夏だよ  夢を泳いだ頃の 懐かしい風が 夜明けのビーチサイド 椰子の木を ゆ・ら・す  oh oh oh oh Summer Time 生まれたばかりの 恋は砂浜へと 打ち寄せるよ Summer Love 熱いその痛み 幻だって 愛だよ  夏のシャワーを浴びて 小麦色の君 昨日を脱ぎ捨てたら その胸を ゆ・ら・す  oh my baby Summer Time 目覚めたばかりの 青い空と海が 呼んでいるよ Summer Love 胸のトキメキが 抑えきれない夏だよ  涙で忘れかけた あの夏から 届いたラブレター  サンキュー! Baby Summer Time 生まれたばかりの 恋は砂浜へと 打ち寄せるよ Summer Love 熱いその痛み 幻じゃない 愛だよ  Summer Time 目覚めたばかりの 青い空と海が 呼んでいるよ Summer Love 胸のトキメキが 抑えきれない夏だよ
トコナツPaPa featuring miwaTUBETUBE前田亘輝春畑直哉鳥山雄司君がとても小さい頃は 手をつないでこの海で遊んだ 嫌な事も悲しい事も 海の前じゃ小さく見えるだろ  カッコいいこと言うけど PaPa のTシャツ裏返しだよ  人生なんて かなりアバウト 自分らしく 笑顔で生きていこ 人生なんて 案外パラダイス あした天気に わたしも元気になれ スマイル 大丈夫 心配ない 問題ない スマイル  カッコいいこと言うけど 白い髪の毛 波のようだね  トコナツPaPa 心はピーカン 頭のなか いつでも夏休み トコナツPaPa 心はパラダイス あした天気に みんなも元気になれ スマイル  人生なんて かなりアバウト 自分らしく 笑顔で生きていこ 人生なんて 案外パラダイス あした天気に わたしも元気になれ スマイル 大丈夫 問題ない 大丈夫 心配ない 大丈夫 問題ない 大丈夫 スマイル
いまさらサーフサイドTUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司春を追い越す甘い潮風 サイドシートの君 水着の上にひるがえるシャツが 夏の眩しさに透き通る  波の様子を眺めた岬 一人 訪ねてみた 恋の行方はいつも風まかせ 僕はサーフサイドブルー  あぁ もっともっと抱きしめて 欲しかったなんて あぁ いまさらっと言われたって 何もできない 思いがけず結ばれた夏 もう一度 探したい  あの日のままの海沿いの街 サングラスをよぎる 忘れたはずの夏のフォトグラフ 一人 サーフサイドブルー  あぁ もっともっと好きになって 欲しかったなんて あぁ いまからっと言われたって 時は戻せない せつないほど愛し合えた夏 もう一度 探したい  あぁ もっともっと抱きしめて 欲しかったなんて あぁ いまさらっと言われたって 何もできない 思いがけず結ばれた夏 もう一度 探したい  あぁ もっともっと好きになって 欲しかったなんて あぁ いまカラっと晴れ渡った 空に包まれ せつないほど愛し合えた夏 もう一度 探したい
Blue in SummerTUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司さよならが言えなくて 夜が過ぎてゆく さびしくてせつなくて また抱きしめ合う  傷つけ合う夏を なぜ繰り返すのか 目を閉じれば波の音  せめて心だけは 二人裸になって 堕ちて行こう夏の蒼 二度と会えないなら 言い訳はいらないね 離れても心は一つさ  幸せに暮らしてる 君でいて欲しい 若すぎたあの頃を 心に隠して  海辺のこの街で 過ごしたあの夏が 目を閉じればここにある  せめて心だけは 二人裸のままで 夢を見よう夏の蒼 二度と会えないなら 一つだけ伝えたい 離れてもまだ愛している  せめて心だけは 二人裸のままで 堕ちてみよう夏の罠 二度と会えないなら これだけは伝えたい 離れてもまだ愛している  せめて心だけは 二人裸になって 堕ちて行こう 夏の蒼 二度と会えないなら 言い訳はいらないね 離れても心は一つさ
君となら高嶺ふぶき高嶺ふぶき前田亘輝春畑道哉飛澤宏元激しく熱く燃えて 愛しあった日々 時には泣かせたりもしたけど 今日からは  いくつもの夜を越えて 二人は結ばれる 想い出 敷きつめて ふみだす 涙の virgin road  同じ夢 同じ痛み 喜びも悲しみも全て 互いに分けあって 歩いて行けると 誓う 君となら  仲間も来てくれた 恋の卒業式 笑顔でどんな時も 僕らを 見守ってくれたね  肩寄せて 貧しくとも 失くさない この愛だけは どんな苦しみも 乗り越えていける 僕と君となら  優しくなりたい 強くなりたい 君を守りたい 愛し続けたい この胸にずっと 君の温もりを 感じていたい いつまでも  同じ夢 同じ痛み 喜びも悲しみも全て 互いに分けあって 歩いて行けると 誓う 君となら  肩寄せて 貧しくとも 失くさない この愛だけは どんな苦しみも 乗り越えていける 僕と君となら
Remember Me青木隆治青木隆治前田亘輝栗林誠一郎古池孝浩すれ違う日々のくり返し 俺達どうかしてたね I'm calling you to say I love you 急ぎ過ぎた 夏のせいさ 夕陽が沈むように 静かに恋は終りを告げ 街のシルエットにじんでく この心 届かない I will wait for you Remember me 忘れないでくれ どこにいても 想い出の日々を I hope to see, you never forget 壊れた時計は 外しちまえよ I don't want to say good bye to you 誰にも君を 譲れないよ  恋とは 奪い合い続け 愛とは 与え続けてくこと 今頃 気づいたよ せつなさが 止まらない Let me see your smile Remember me 変わらないでくれ 君のやさしさ 見つけた seaside Come back to me, you never go away 二人のstory 続けたいよ I don't want so lonely nights any more 誰にも君を 渡せないよ Remembre me 愛するだけで 愛されることに 不器用だった I hope to see, you never forget きっと二人 許し合えるね I don't want to say good bye to you Remember Me 誰より君を 愛してるよ
さよならイエスタデイなかの綾なかの綾前田亘輝春畑道哉別れ間際には 無傷じゃいられない やるせないお互いに 涙の初恋  もうすぐ私も普通に嫁いでゆくわ 今となりゃ懐かしい 目眩のくちづけ  あなたの胸の中で少女を 脱いで女になったあの夏 火傷しそうなほどに燃えて 消えたロマンス 憎んでも 恨んでもいいから忘れないで 本気だった愛してた さよならイエスタデイ  叶わぬ約束は今でも憶えてる 少し不良のあなたの背中 タバコのにおいがした  あれから数えきれぬ男と 夜をともにしてきたけれど 愛と罪の駆け引き憶えて 戻れぬ純情 ゴメンね 許さない 大嫌い でも大好きよ 矛盾だけに正直だった さよならイエスタデイ  あなたの胸の中で少女を 脱いで女になったあの夏 火傷しそうなほどに燃えて 消えたロマンス 憎んでも 恨んでもいいから忘れないで 本気だった愛してた さよならイエスタデイ  あれから数えきれぬ男と 夜をともにしてきたけれど 愛と罪の駆け引き憶えて 戻れぬ純情 ゴメンね 許さない 大嫌い でも大好きよ 矛盾だけに正直だった さよならイエスタデイ
ガラスのメモリーズ青木隆治青木隆治前田亘輝春畑道哉昔見た青空 照りつける太陽 心にもプリズム 輝いた季節  今となりゃ 想い出 美しくにじんで 戻りたい 帰れない 素直になれない  恋して焦がれて あなたに一途だった あの頃 二度とはほどけないの ねじれた純情 見つめているだけで この胸いつもふるえていた 今でも 好きよキラキラ ガラスのメモリーズ  愛さえも演じて 心まで化粧して 強がって失くした 大切な彼(ひと)  写真なら 今でも 仲のいい二人ね 振り向いた笑顔が 魅力的だった  飛び散る 光りに 何もかもまぶしかったあの頃 割れたらもどせないの こわれた純愛 もう一度 あなたが きつく抱きしめてくれたなら 枯れてた 涙キラキラ あふれてくるでしょう  恋して焦がれて あなたに一途だった あの頃 二度とはほどけないの ねじれた純情 見つめているだけで この胸いつもふるえていた 今でも 好きよキラキラ ガラスのメモリーズ  もう一度 あなたが きつく抱きしめてくれたなら 枯れてた 涙キラキラ あふれてくるでしょう ガラスの oh メモリーズ
JUST IN TIME SUMMERTUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司Just In Time 梅雨明けした 朝イチのニュース聞いて ソワソワしてる君の心に 海鳴りが聞こえてる 輝きは Just In Time Summer  忙しさを言い訳に 生きる意味忘れてた 薄曇りの毎日 カラリ脱ぎ捨てて 色褪せそうな想い出に 輝きをもう一度 通り過ぎる毎日 今を抱きしめよう  Just In Time 裸足のまま 感じる砂の鼓動 ジリジリしてる僕の心に 懐かしいこの痛み Just In Time 泣けちゃうほど 眩しく光る海に 約束してた18の夢 あの夏に飛び込もう 二人して Dive Into Summer  涙の先に待っている 幸せという季節 人まかせじゃ出逢えない 自分次第だよ  Just In Time 聞こえてくる 生きてる胸の鼓動 ドキドキしてる君の心に 太陽がふりそそぐ Just In Time あきれるほど 夏らしい今日の空 夢を泳いだ18の夏 あの夏に飛びこもう 二人して Dive Into Summer 輝きは Just In Time Summer
カラフルTUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司世界はWonderland カラフルWonderland いろんな夢 紡ぎ出すメロディー 君にもひとつ 僕にもひとつ ただ求め合う いのち  道ばたで震えてる 捨てられた子猫みたいな 悲しげな瞳に映るのは 誰も振り向かない人波 あてもなく歩いて たどり着く 星空を見上げるねぐら 暖かな夢見て眠るのさ 涙が滲んできても  世界はWonderland カラフルWonderland いろんな夢 紡ぎ出すメロディー 君にもひとつ 僕にもひとつ ただ求め合う いのち  さびしさの裏返し 夜明けまではしゃいだ街に 訪れる まぶしい青空は 都会と思えない青さ この地球(ホシ)で毎日生まれてる まっさらな未来のために ひと粒の種でも植えようか いつか花開くように  世界はWonderland 虹色Wonderland 名もなき花 咲き誇るハーモニー 君にもひとつ 僕にもひとつ いまよみがえる いのち  ララララ ラララ ララララ ラララ この空いっぱい 埋めつくすメロディー ララララ ラララ ララララ ラララ いま響き合う たましい  世界はWonderland カラフルWonderland いろんな夢 紡ぎ出すメロディー 君にもひとつ 僕にもひとつ ただ求め合うメロディー いまよみがえるハーモニー いま響き合う いのち
桃色ポンパドールTUBETUBE前田亘輝春畑道哉武部聡志踊り疲れたダンスフロアは ミラーボールに夢うつつ 心に隠した初心(うぶ)な素顔は 処女(おんなのこ)と書く二文字  通りすがりの優しさに ホロっと来て 惚れちゃうなんて ダメね 私らしくない 酔わされたい気分  負けないから 泣かないから 桃色ポンパドール 恋に酔っぱらってDancin' Dancin' 悪女になる なってみせる 桃色ポンパドール 愛を脱がせてちょうだいPlay Boy  口説き上手な男の腕で 我に返れば朝が来る もっと上手に嘘がつけたら セレブる玉の輿  海辺の町で生まれたけど ネオンの海で泳ぎまわる 人がいいのが玉に瑕 だまされたい気分  キュンキュンきて メソメソして 桃色ポンパドール 恋をとっぱらてDancin' Dancin' シャバダバドゥビ シャバダバドゥビ 桃色ポンパドール 会いに通いつめてMy Boy  悪女になる なってみせる 桃色ポンパドール 恋に酔っぱらってDancin' Dancin' シャバダバドゥビ シャバダバドゥビ 桃色ポンパドール 愛を脱がせてちょうだいPlay Boy 会いに通いつめてMy Boy
泣いちゃえばTUBETUBE前田亘輝春畑道哉武部聡志・TUBE泣いちゃえば 泣いちゃえば 泣いちゃえばいいんだから 大切なのは かっこいい負け方  駆けっこだって勝負 勉強だって勝負 みんな勝つため努力する だけど笑えるのは いつも一握り 失敗する奴の方が 圧倒的さ  遊びじゃないぜ仕事 がむしゃらやった仕事 なんでこんなに差が付いた 誰かの事うらんでみても しょうがない この際だ 拍手 贈っちゃおう  負けちゃえば 負けちゃえば 無理してる自分に 大切なのは認める勇気 泣いちゃえば 泣いちゃえば 泣いちゃえばいいんだ ほら 大切なのは かっこいい負け方  男のプライドと 女の優しさが たまにゃ ぶつかる時もある ゴメンネが言えない 夏の終わる夜 悲しくても 涙は見せない  泣いちゃえば 泣いちゃえば 心をカラにして きれいさっぱり 忘れちゃいなよ 最終回 大逆転 最後にヒーローになろう 思いがけない ラッキー来るかも  泣いちゃえば 泣いちゃえば 涙で思いきり 心の垢を洗い流せ 泣いちゃえば 泣いちゃえば 泣いちゃえばいいんだから 大切なのは かっこいい負け方 かっこいい泣き方 かっこいい生き方
響け、夏詩TUBETUBE前田亘輝マシコタツロウ武部聡志言葉に出来ない そんな気持ち 胸に抱え たずねて来たんだ 夏の終わる海に 別れの理由(わけ)なら 何も 言わないでいいけど たまには この海を 思い出してみないか  遠く 離れて 同じ夕陽を眺めてるはず 子供の頃 みたいな 広い空の 茜雲よ  いつでも ここで 僕たちは 夏を歌っている 時の彼方から 君に歌おう いつか届く 響け夏詩(なつうた)  幸せの意味を 考える事もないほど あの頃 僕たちは その日だけを生きてた  君が月なら 僕は寄り添い輝く星さ 少し暗い世界を 照らしてゆこう 迷いながら  いつでも ここで 僕たちは 夏を探してる 時の流れから 君を守ろう いつか変わる そう 信じて Stay with You  人の数だけ そこには 物語が ひそんでるだろう こたえてよ ふりかえる そこには よみがえる 優しさ あの海へ 帰ろう  いつでも ここで 僕たちは 君を見つめてる 遠い水平線よ いつでも ここで 僕たちは 夏を歌っている 時の彼方から 君に歌おう いつか届く 響け夏詩(なつうた)
LIP SERVICETUBETUBE前田亘輝春畑道哉本間昭光目が合えば最後さ 理性まで奪われてしまう 悪戯な唇 何度でも僕を玩ぶ  言葉でその気になれたら 思いどおりに 期待どおりに 僕を飛ばして  だからこのまま打つ手なんて無い 恋してるLIP LIP LIP 盛り上げる君は 夏の宝石 エキゾチックなHIP HIP HIP ウルウルのLIP LIP LIP濡れてきた 君は僕の渇きを癒すオアシス これでちょっと眠れる  お世辞に聞こえる 見え透いたそのリップサービス 指先 黒髪 掻き揚げる度 毟られる心  波でも砂にでもなって 君の谷間へ 愛の隙間へ 忍び込みたい  だけどこのまま出す手なんて無い 禁断のLIP LIP LIP 魅せられた僕は 恋の奴隷さ いっそこのままラストなんて無い こだわりのLIP LIP LIP 饒舌(じょうぜつ)な君は僕を奮い立たせるエンジェル これでもっとぐぁんばれーる  言葉でその気になれたら 思いどおりに 期待どおりに 僕を飛ばして  だからこのまま もっとこのまま打つ手なんて無い 恋してるLIP LIP LIP 盛り上げる君は 夏の宝石 エキゾチックなHIP HIP HIP ウルウルのLIP LIP LIP濡れてきた 君は僕の渇きを癒すオアシス これでちょっと眠れる
LOVE ADDICTIONTUBETUBE前田亘輝春畑道哉鳥山雄司ココロが目覚めりゃ世界はハジケル 迷いと挫折は癖になるぜ ココロが折れたら未来はイジケル 惚れて振られ 夢見て破れて LOVE ADDICTION  忘れたくて 忘れられなくて また今夜もお前の虜 癖になって やめられないのは 全部 おいらが悪いのか これが最後 ほんとに最後 だけど今日も 終わりに出来なくて こんなふうに 探し回ってる 誰かあの娘を知らないか  見えない鎖に 体も心も縛られ どっぷりはまって 気づけば ボロ ボロ ボロ  DOWN TOWNじゅうがバッとHEAT UP UP TOWNまでガッとHEAT UP 朝から晩までそそり立つ心 もう一回でやめたくて つい何回も繰り返す 惚れて振られ 夢見て破れて LOVE ADDICTION  ケムたがれて うるさがられて ゴミみたいに捨てられて行く とめられても やめられないのは 全部 あいつが悪いのさ 自分のこと 嫌いになんないで 毎日生まれ変わればいいんだよ たまにゃ海をのんびり眺めて リセットしちゃえ何度でも  だらだら続けて 出口が見えなくなるより きれいに忘れて ゼロから DO IT DO IT DO IT  ココロが目覚めりゃ世界はハジケル 迷いと挫折は癖になるぜ ココロが折れたら未来はイジケル 惚れて振られ 夢見て破れて LOVE ADDICTION  ココロが目覚めりゃ 世界はハジケル ココロが折れなきゃ 未来はハジケル LOVE ADDICTION
曖昧な籠TUBETUBE前田亘輝春畑道哉本間昭光君が生きる スピードよりも 遥か遠く 先を行く時代 悩み迷う 道草よりも 答えだけを 欲しがる世界  人生の意味 知る術もなく 恋を笑い 愛を売り飛ばす 自由という 曖昧な籠の サイズの中 踊らされてるだけ  僕は此処にいたいんだ 何でも揃う明日より もう一度 思い出したいんだ あの頃 追いかけた 未来  使い捨ての 笑顔と涙 仮面の下 冷たい声が 正義叫ぶ 歪んだエゴの ルールの中 奪われてゆくだけ  僕は唄っていたいんだ 時代の嘘に逆らって 新しい夢を 見せたいんだ 明日より大きな未来  いま僕は此処にいたいんだ 何でも揃う明日より もう一度 思い出したいんだ あの頃の 未来  いま僕は唄っていたいんだ 時代の嘘に逆らって 新しい夢を 見せたいんだ 明日より大きな未来
青の道標TUBETUBE前田亘輝春畑道哉武部聡志思い切り泣いたけど 枯れない涙 いつかその訳が 分かればいい うつむいた横顔を 照らす朝日は いつかまた会える事 君に伝えてる  夢を描いた青空 雲ひとつ無い心で 明日を探しに出かけよう 共に歩いた昨日と 胸に刻んだ約束 別れの朝に抱きしめて  涙は道標さ幸せに続いてる さぁ 旅立ちの時だよ  十年も先のこと 分からないけど いつの日かこの海で 君に出会いたい  砕け落ちそな心で 夏の欠片を探した 想い出という宝物 誰も知らない明日を 探す勇気があるなら 涙はきっと無駄じゃない  道に迷った時は空を見上げ探そう さぁ あの日の輝きを  夢を描いた青空 雲ひとつ無い心で 明日を探しに出かけよう 共に歩いた昨日と 胸に刻んだ約束 輝く朝に抱きしめて  涙は道標さ幸せに続いてる さぁ 旅立ちの時だよ 道に迷った時は 空を見上げ探そう さぁ あの日の輝きを
十年先のラブストーリー宮原彩宮原彩前田亘輝春畑道哉夕暮れに染まるシーサイド 誓った約束は グラスの氷みたいに 溶けては消えた恋 君の好きなカセットはもう 擦り切れるほど時間は過ぎ 出逢う前よりも恋しくなって 今 想い出に追い越されそうさ  あの夏に君がくれた涙 僕が預けたサヨナラ 波に返そう もう一度 二人戻れるなら 抱きしめる跡が残るほど 君を離さないよ 十年先でも ラブストーリー最後は君と  海沿いのカーブ過ぎたら 出会いのマリーナ くちづけは潮風の しょっぱい味がした シートに置き忘れた 黒いサングラス 君がいつも照れてた時の 仕草写しだす 今も I'm still in love…  好きなんだ 忘れられない人 今さらと言われても ずっと愛してる 勝手なのは 百も承知の上さ 今すぐじゃなくてもいい 待ち続けるから 千年先でも ラブストーリーいつかは君と  あの夏に君がくれた涙 僕が預けたサヨナラ 波に返そう もう一度 二人戻れるなら 抱きしめる跡が残るほど 君を離さないよ 十年先でも ラブストーリー最後は君と
いつも、いつまでもTUBETUBE前田亘輝春畑道哉武部聡志君と歩いた遠い旅路が 夕焼けに染まれば 若い二人の熱い思いが 時を越えよみがえる  テレながらつないだ手に 通うあの日の温もり  この空も海も初恋のまま 何も変わらない 同じ時の流れに彷徨いながら 今たどり着いた愛しさ 君の悲しみ 君の喜び すべて抱えて生きよう  星の数ほど流した涙 思い出に出来ない 人の願いが彩る景色 いつの日か「街」になる  うつむいて黙り込む 君に言葉は虚しい  この風も波もあの夏の日の 夢を連れてくる そして離れ離れの心をいつか またつなぎあわせ歌おう 長い石段 息を切らして 登り続ける明日へ  この空も海も初恋のまま いつも、いつまでも 遥か愛の水面を漂いながら 今たどり着いた愛しさ  君と出会えた こんな奇跡を 胸に抱きしめ歩こう 君の悲しみ 君の喜び すべて抱えて生きよう
明日は明日の…TUBETUBE前田亘輝春畑道哉武部聡志・TUBE思わせぶりな あの娘の言葉 信じた僕が 馬鹿だった  だから言ったじゃない 気にする事ない 幸せすぎた 昨日まで  どうせ人生なんて 出たとこ勝負 わからないもの もう はじめの一歩 踏み出して メソメソせずに  明日は明日の 気分次第  どうでもいい事 こだわりすぎて 大事な事を 忘れてる  どうせ人生なんて なるようになる あんたが主役 もう 三歩あるいて 忘れなよ 昨日の事は  明日は明日の ホラを吹く 風が吹く 波が来る 腹が減る  気分次第
Touch Happy!TUBETUBE前田亘輝春畑道哉ピストン西沢夏が運ぶGIFT 恋の激熱モード モザイクなんか効かない 空はドピーカン  On The Beach みんな丸裸 女ピーチ スッピンの気持ち 問題ないね 出たところ勝負  廻れGo Go メリーゴーランド 胸がDance Danceドキドキ 世界中を照らせ太陽 夏へGo 行こう 皆で 熱いLove Love 夢見て 触れ合うその手に賭けてみよう 僕 Touch Happy!  月が見せる奇跡 出逢いのリーチ 勇気出して飛び込む 演出アクション  In The Night 曖昧なルール いんじゃないと 甘い口づけを 終わりのないドラマのパノラマ  巡るChance Chance ルーレット 君にNice Nice 当って 二人だけの確変突入 夏へGo 行こう つないだ 手と手Peace Peace 離さない タラレバ モシバナ さようなら 君Touch Happy!  廻れGo Go メリーゴーランド 胸がDance Danceドキドキ 世界中を照らせ太陽 夏へGo 行こう 皆で 熱いLove Love 夢見て 触れ合うその手に賭けてみよう 僕 Touch Happy!
約束の丘TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE雨上がりの坂道を丘を目指し登る あの角を曲がりきれば街が見える  離れていた仲間たちに また会える夏が来た あの頃のあの風に 吹かれてみようか  疑うより前に 信じてみよう 雲の切れ間から 希望の光が差す 虹色の偶然に導かれて たどり着くのは 予想も出来ない未来  不安と不満に染まる空は曇ったまま 夏だというのに君は凍えてるの  数え切れぬ痛み抱え 僕らは歩いている 喜びも悲しみも 生きてきた証し  丘の上の何処かに 埋めたままの タイムカプセル 探しに 見つけに行こう 見えない優しさに支えられて めぐり会うのは 思いもよらない笑顔  その胸の奥深く 埋めてしまった タイムカプセル 探しに 見つけに行こう 虹色の偶然に導かれて めぐり会うのは 思いもよらない笑顔 予想も出来ない未来
恋とパレオとピンヒールTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE裸よりヤバイような タイトスカートの腰のライン 仕事などすぐに放り出して 焼けたビーチにワープしよう  魂に火を付けたマーメイド エレベーターで抱きしめたい 妄想と愛に苛(さいな)まれ ガラス越しの夏 オフィスだってパラダイス  偶然を装うのは ミエミエのこの街角 冷たくて熱いピンヒール 僕のあそこに突き刺して  二つ目の胸元のボタンまで 外しちゃうプールサイドバー この後はどこで何するの 僕と迷い込もう ビルの谷間のビーチ  魂の擦れ合う火花 目も眩む艶かしさよ 妄想と愛に苛まれ 今日も燃え上がる 恋とパレオとピンヒール
荒野へTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE遠き春の夢に 一人 目覚める宵は 甘く香る黒髪の 指を滑る記憶  嗚呼、若き日の 嗚呼、せつなさは 知らない間に消えてしまう  青春を脱ぎ捨てた それは 不安なほど自由な夏の終り 思い出と呼べるまで 遥か時を紡ぎ 嵐の近い荒野へ  荒れた時代を行く 君は若き旅人 鉄の馬を道連れに 通り過ぎた世界  嗚呼、正義とは 嗚呼、幻か 砂漠の中 朽ちた小船  青春に刻まれた 愛は 悲しいほど輝く夏の名残 幻想を追い求め 一人 沈む夕陽 茜に染まる荒野へ  幸せを見失う それは 不安なほど自由な日々の仕業 青春に戻れない 夢は 悲しいほど輝く夏の名残 思い出と呼べるまで 遥か時を紡ぎ 夜明けの近い荒野へ 荒野へ
未来まであと5分TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE世界中の涙を集めたら 暖かい光が胸に灯る また始めよう 心つないで 錆びかけたドアを開いて  Be With You 未来という言葉が 重すぎる時は 5分後の自分を 思い描けばいい 明日という言葉が きれい過ぎるなら 見上げたこの空の 今の蒼さを感じようぜ  誰もいない大地を耕して 名も知らぬ草木の種をまこう 遥か昔の人が見つけた 生きて行く術を伝えて  Be With You すれ違う言葉と すれ違う心 誰かを恨んでも 何も始まらない それでもこの海は それでも青空は 疲れた心まで 育むように 抱きしめる  勇気出して ドアを開けて 目の前の道 歩き出そう  未来という言葉が 重すぎる時は 5分後の自分を 思い描けばいい 明日という言葉が きれい過ぎるなら 見上げたこの空の 今の蒼さを信じようぜ 道の向こうへ歩きだそうぜ
それでも地球は回ってるTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE晴れのち曇り 時々雨が降るのが人生 Keep On Fairway ど真ん中へ Go! うまくいかない時には そのリセットスイッチで You Can Do It! 最初からどうぞ  スリルな展開が 気持ちいい リアルな痛みが 未来へと誘う鍵  Hey Hey 勇気だして ダメ でもともとだろう 青年よ その胸のざわめきを信じよう Hey You キミの番だぜ 失敗 たとえしたとして 昔から それでも地球は 回り回ってる それでいいじゃん 「君らしく」でいいじゃん  100万ドルの勝負で 濡れ手に粟のチャンスも バーチャルじゃん 夢のまた夢  リスクはつきもの 現実 リアルなゲームは 怖いもの 危険なもの  Hey Hey 勇気だして ダメ でもともとだろう 中年も その胸のざわめきを信じよう Hey You キミの番だぜ 失敗 たとえしたとして 大丈夫 それでも地球は 明日も回ってる  Hey Hey 勇気だして ダメ でもともとだろう 青年よ その胸のざわめきを信じよう Hey You キミの番だぜ 失敗 たとえしたとして 昔から それでも地球は 回り回ってる それでいいじゃん 「君らしく」でいいじゃん
月下美人TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE零れ落ちた 月の雫 ため息さえ聞こえない 壊れそうな 夢を見て眠る 思い出の花の香り  貴方を待ち続けて いつか眠りに落ちた 優しい笑顔に会えるまで 蕾 とざして眠れ  思い出した 恋の痛み 夜明け前の独り言 花のように 枯れて行くことも 生きている運命だから  密かに花咲く夜 だけど貴方はいない いつでも一人のさびしさは 月が優しく照らす  貴方を待ち続けて いつか眠りに落ちた 優しい笑顔に会えるまで 夢に抱かれて眠れ 月の光に濡れて 蕾 とざして眠れ
江の島シーキャンドルTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEいけない恋だと わかってても 波間に咲く 月の様に揺れて その肩その指 触れ合う頬 稲妻みたい 引き裂かれそうな気持ち  愛なんて遠い夏に 捨ててきたはずだったよ 人影も見えない砂浜 十二月の江の島の灯り 人恋シーキャンドル  帰れない二人の吐息(ためいき)が 重なり合う 消えそうな願い キスしたとたんに 泣き出すから あわてたのは ごめんね俺のほうさ  愛なんていらないわと 唇で作り笑い そんな目で見つめちゃダメだよ 愛なんて遠い夏に 置いてきたはずだったよ 明日さえ見えない砂浜 十二色の江の島の灯り 人恋シーキャンドル 江の島シーキャンドル
しあわせになろうTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE空を見上げれば 勇気が出てくる 明日を信じて しあわせになろう  今日も満員電車の窓 見える空はネズミ色 まるで僕の心みたいに スカッとしない空模様  たぶん梅雨も明けたはずの こりゃまた寒い三連休 どっか行こう海に行こう 一人だけの三連休  空を見上げれば 勇気が出てくる 明日を信じて しあわせになろう  不機嫌そうな女子が一人 メガネ越しに睨んでる 違うそれは僕じゃないよ 君の足を踏んだのは  漫画みたいな出会いが縁で はじまる恋も悪くはない どっか行こう街に出よう せまい部屋を飛び出して  下を向いてたら チャンスは見えない のんびり急いで しあわせになろう  空を見上げれば 勇気が出てくる 明日を信じて しあわせになろう 君に出会えたら 笑顔が出てくる そろそろ本気で しあわせになろう  もう 悩まないで のんびりと たまには ちょっとあせって 明日は誰かと しあわせになろう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
お前はマハラジャTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEベビー産まれたから お金がいるのよ 国際電話が鳴り響く夜 もういいよ もういい 何も言わなくていいよ 泣かないでいい 俺は信じる  だってバイバイするのは さみしいばい なんだかんだで畑も売った ぜんぜん後悔してないよ オマエこそすべて あっそれ ぎんぎんぎらぎら松・竹・梅 裸一貫 男の甲斐性 ぜんぜん後悔してないよ 愛こそはすべて  愛する女に全てを捧げて 笑っていられる お前は男 もういいよ もういい 何も言わなくていいよ 泣きたきゃ泣け 愚痴ぐらい聞いてやる  夢に乾杯 いっぱい めいっぱい 長生きしたけりゃ 一度はおいで ぜんぜん後悔することない いっつごなびおーらい  あっそれ 三・三手拍子 足拍子 朝が来るまで 付き合っちゃうよ ぜんぜん後悔しなくていい お前はマハラジャ  だってバイバイするのは さみしいばい なんだかんだで畑も売った ぜんぜん後悔してなくていい お前はマハラジャ あっそれ ぎんぎんぎらぎら松・竹・梅 裸一貫 男の甲斐性 ぜんぜん後悔してないよ 愛こそはすべて
Rock On The WayTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEあの頃の俺たちは 新しい楽器も買えず 夢ばかり叫んでた ただの石ころみたいさ  失敗を恐れないのは 若い時代だけの 誇りなのか  Rock On The Way へたくそだって 歌い続ける 報われない夢でも Let's Sing Your Way おいぼれたって 青い季節と 次の歌に出会うため 今日の自分を oh めいっぱい歌おう  駅前の広場では あの頃の俺たちみたいに 不安げな情熱が 声を嗄らして歌ってる  どこまで届くだろう 明日は誰にだって 見えない未来  Rock On The Way 傷だらけだって 今を生きる どこかへ転がって Let's Sing My Way 声が嗄れたって 苦い涙を 次の歌に代えるため 昨日の自分に oh 別れを告げよう  Rock On The Way へたくそだって 歌い続ける 報われない夢でも Let's Sing Your Way おいぼれたって 青い季節と 次の歌に出会うため 昨日の自分に 別れを告げよう 今日の自分を oh めいっぱい歌おう
Hello, YesterdayTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEHello 笑顔よ 校舎の壁の落書き  Hello 涙よ 夕陽に染まるグランドには  今でも変わらない 迷いと情熱が 駆け抜ける 埃にまみれ  Hello 痛みよ すべては想い出の中に この胸の中に  Hello 友達 駅まで続く並木道  Hello 恋人 手紙をくれたあの娘も  今では幸せに暮らしている事を あの頃の仲間に聞いた  Hello 昨日よ すべてはため息の中に 微笑みの中に 想い出の中に
A Day In The Summer~想い出は笑顔のまま~TUBETUBE前田亘輝春畑道哉朝靄に煙る街の まだ少し寒い道を 自転車のペダル漕ぎ 巻き戻した季節を 一緒に感じられたら  心が折れそうな嫌な事 夏の日射しが癒してゆくよ みんなが愛した青空に 出逢えるはずさ A Day In The Summer  想い出は笑顔のまま あいつも歳をとらない 永遠の夏の中 今でも生き続ける 眩しい光と共に  言葉にできない淋しさは 乾いた風が 洗い流すよ お前が愛したあの海に 戻れる夏が きっと来る  輝く太陽に蘇る 夏の女神に 抱かれた日々 みんなが愛したあの海に 出会えるはずさ A Day In The Summer  Forever Seaside
RESTARTRESTART JAPAN with TUBERESTART JAPAN with TUBE前田亘輝春畑道哉TUBEさあ、その顔を上げて未来へと歩いて行くんだ もう君は一人じゃない この声が届きますように  昨日の自分の事が他人に思えてくるほど 長く辛い夜を過ごした事 知ってるよすべて それでもあなたが見せる静かな笑顔にふれると 逆に僕のほうが勇気をもらうほどさ  ああ希望の光が果てしない道を照らしてる もう君は一人じゃない この声が届きますように  名前も知らない人とどこかでつながっている事 遠い空の下で感じている わかり合っている 誰かが誰かのためにささげた命の重さを ずっと忘れないと心に刻み誓う  さあ、その顔を上げて未来へと歩いて行くんだ もう君は一人じゃない この声が届きますように  どこまでも どこまでも ただ いつまでも いつまでも 遠く 遠く 夢に出会える日まで 何度でも 何度でも まだ あきらめない あきらめない 遠く 遠く 明日に向かって RESTART  ああ希望の光が果てしない道を照らしてる もう君は一人じゃない この声が届きますように さあ、その顔を上げて未来へと歩いて行くんだ そう手と手をつなげば 新しい扉が開くよ  ああ希望の光が果てしない道を照らしてる もう君は一人じゃない この声が届きますように ああ希望の光が果てしない道を照らしてる もう君は一人じゃない この声が届きますように
空と海があるようにTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEいちばん大事なものが 欠けてる 気がする毎日 笑顔の君の背中 何故 泣いている  迷って立ち止まる時 絶望に 追いつかれそうだから あわてて飛び乗った未来は 行くあて無し  変わる事を恐れない そう信じた遠い春 あの涙は虹に変わり 明日へ続くはず  人は悩み苦しみながら 夢を枕に眠り 巡る時代に振り回される ただの旅人だけど この胸に守りたいもの 確かにある  自由と引き換えにした 足りない心のパズルは どんなに探してみても 一人じゃ無理  空と海があるように 僕と君もいるはず 言葉だけのぬくもりなど 誰も望んでない  人は笑い涙しながら 愛をゆっくり育て 空と海に溶け合うように いつか光に還る 自分よりも大事な人を 想いながら  人は悩み苦しみながら 夢を枕に眠り 巡る時代に振り回される ただの旅人だけど この胸に守りたいもの 確かにある 時を超え譲れないもの 君にもある
君の中の未来からTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE少し遠い未来から 君に話しかけてる その頬をつたう涙 明日を連れてくる事  どれだけ泣いても 命は枯れない まだ知らぬ広い世界で 幸せのカタチ 一人ずつ違うって事 忘れないでね  君に残せるものなど 何ひとつないけれど 僕が背中で伝える 一度しかないメロディー  誰にでもあった幼い日々の 清らかで無邪気な笑顔 幸せのカタチ 他の子と比べる事 誰が教えたの  星が眠る夜空から 君に歌いかけてる その背中を見つめてる 誰かがいるって事を  泣くだけ泣いたら 振り向いてごらん 今までに君が歩いた 涙や笑顔で紡ぐ日々 道になって続いているから  誰かが続いているから  遥かに続くよメロディー
僕らのナツ!!Dream5Dream5前田亘輝春畑道哉鈴木Daichi秀行青い空が笑っている とびきりの季節 しぼんだままの顔してちゃ ダメダメもったいない夏が来る  つまずいて 涙する事 僕達の仕事みたいなもん 勇気出して顔を上げて 何度転んでも  太陽に真っすぐ わきめもふらず のびてゆけ手をつないだ夢 真夏はもうすぐ 大人は知らない 僕らのひまわりの唄 虹色に輝くハーモニーが うたい出す ナツ!!  教科書には載ってない 宝島の地図 誰かに聞いても無駄さ 迷子になるだけ人まかせ  その瞳 流れる汗が 僕達の明日を育てる 水をあげて光あびて 咲かせよう夢を  嵐が来ても 折れない約束 信じてる君と行く未来 真夏のとびら 大人には見えない 僕らの秘密の場所 七色に輝く冒険が おどり出す ナツ!!  太陽に真っすぐ わきめもふらず のびてゆけ手をつないだ夢 真夏はもうすぐ 大人は知らない 僕らのひまわりの唄 虹色に輝くハーモニーが うたい出す ナツ!!
太陽のサプライズTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBE明日の自分を探しに行こうか 輝きの彼方へ あきらめて黙り込む 昨日を脱ぎ捨てたら さあ 新しい恋に着替えて  太陽のサプライズ 降りそそぐ奇跡 この世界が色をとり戻す 永遠のサプライズ 追いかければ 生まれ変われるはずさ たどり着けるさ Neverland  うつ向きかげんで 悩んだ毎日 何度目の夏だろう 待ちわびた青空が 陽気に微笑んだら そっと 楽園のドアを開けよう  傷付いた Memories 遠ざかる記憶 乾いた愛 色をとり戻す せつない恋ほど輝くから 違う自分に会える 未来へ続く Shining Way  太陽のサプライズ 弾け散る奇跡 君を包む光のプリズム これからがサプライズ 感じ合えば 生まれ変われるはずさ たどり着けるさ Neverland
愛はカーニバルTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBE愛しさ 切なさ 入り混じる衝動 一人じゃ踊れない まるで愛はカーニバル  焼けた肌に 氷のピアスきらり 水着のままの心が 君へ泳いで行く  壊れたエアコン あふれ出す情熱 コントロール不能で もうどうにも止まらない  昼でも夜でも 飛びまわる蝶々 引き潮 満ち潮 押し寄せる波動 泣いたり笑ったり 入り混じる衝動 醒めない夢なら まるで愛はカーニバル  濡れた瞳 ほどいた髪の香り 大人なんかじゃいられない 夜のドレス纏い  遊びの恋でも 愛は消せない Tattoo ためらいの唇 幾度も重ねて  弾けた花火が 火を点けた欲情 真夏の夜風に 萎えて行く純情 愛しさ 切なさ 入り混じる衝動 一人じゃ踊れない そうさ愛はカーニバル  la la la la la la la la…
Lady SeptemberTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBE懐かしい横顔が街の灯に 紛れ消えて行く  あの日より少し痩せたから 素敵な大人に見えるよ  少女の頃の夏には 海辺ではしゃぐのが よく似合ったけれど それは遠い Memories ビキニのまま飛び乗った オレンジの Vespa に 道行く車は口笛を送る By the Seaside  叶わぬ恋に傷ついた 噂 風に聞いたけど  太陽を独り占めしてた 輝く季節はまた来る  あの頃 君が見上げた 眩しい青空は 今年も変わらず微笑んでくれる 嵐が過ぎた Beach に秋風が吹く頃 訪ねておいでよパンプスを脱ぎ捨て Lady September  少女の頃の夏には 海辺ではしゃぐのが よく似合ったけれど 今は遠い Memories ビキニのまま飛び乗った 錆びかけた Vespa が ガレージの隅で帰りを待ってる By the Seaside Lady September
波乗り娘に恋してもTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBESurfer Girl 波待ち顔の土曜日は 風も止まって退屈だね 恋よりも難しい 波乗りにはまる夏 So Lonely  Surfer Girl 噂どおりのラィディングフォームで 波の TUBE をくぐりぬける  そこにある世界は この海がくれたプレゼント 恋人なんていらない  波に恋をして 海に抱かれて過ごせば 幸せ それだけで マリンブルーのヴィーナス この夏は そうさ誰のものにも ならないまま いておくれ My Sunny Surfer Girl  Surfer Girl 都会暮らしの9to5は 時間に追われ過ぎ去るけど ナチュラルに戻れる 週末が近くなれば 天気予報が気になる  少し沖に出て 見えるこの景色が好き 大事な宝物 イルカが遊びに来て 目が合えば もう恋人はいらない 明日もいい天気 My Honey Surfer Girl  テイクオフしたヴィーナス 恋人なんていらない  波に恋をして 海に抱かれて過ごせば 幸せ それだけで マリンブルーのヴィーナス この夏も どうか誰のものにも ならないまま いておくれ I Love You Baby, My Sunny Surfer Girl
Shaping Up Your Heart In The Summer BreezeTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBE辛い現実 お寒い日々 気楽な頃の魔法は解けて ふけて行く 季節はずれの やばい果実 その気になれば 全部 丸かじり 遅くない  胸の痛みは 誰かのせいじゃない 逃げてるだけじゃ 明日も 同じ 迷路  “Shaping up your heart in the summer breeze” 真夏の林檎は夢じゃない 研ぎ澄ませガラスの心 キラキラ輝く明日へ 君なら 君なら 行ける  仕事 子育て あれやこれや 追われるうちに ハートの剣 錆ついて ため息さえも 風に変える 呪文 今でも覚えてるだろ どうしたの  君の涙は 誰かのものじゃない 泣くだけ 泣いたら You can fly I can fly We can fly  “Shaping up your heart in the summer breeze” 真夏に西瓜じゃあたりまえ 羽ばたいて嵐の空へ リアルな世界を超えて 君なら 君なら 飛べる  胸の痛みは 誰かのせいじゃない 素直になれば You can fly I can fly We can fly  “Shaping up your heart in the summer breeze” 真夏の林檎は夢じゃない 研ぎ澄ませガラスの心 キラキラ輝く明日へ 君なら 君なら 行ける
勇者たちの挽歌TUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBE抜け殻のような身体を横たえ 遠く消えてゆく拍手と歓声  誰のためでもなく 目の前の壁を越えるため 傷だらけの翼で 何度でも羽ばたいてた  夜明けの空を渡る 名も知らぬ鳥さえ 己の帰る場所を 心に決めてる 夢 破れても 無駄じゃない事 君が教えてくれた You are my only hero  記憶と記録の狭間でもがいて 負ける奴の方が はるかに多いのに  見果てぬ未来へ続く 今日という日を越えて行くため 歯をくいしばりながら 涙さえ汗に変えた  大地を登る朝日 誰にも平等に 勇気を降り注いでゴールを照らしてる 名もなき勇者 声が枯れ果てるまでその名を叫ぶ You are my only champion  誰のためでもなく 目の前の壁を越えるため 傷だらけの翼で 何度でも羽ばたいてた  夜明けの空を渡る 名も知らぬ鳥さえ 己の帰る場所を 心に決めてる 夢 破れても 無駄じゃない事 君が教えてくれた You are my only hero
魔巣華麗奴TUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBEla la la la la la la la …  危うげな恋に堕ちる夏 罪な蜃気楼 微熱にうなされて  Who are you? 仮面で隠した素顔は 悪魔か天使か  魔巣華麗奴 それは光と影の織りなす誘惑 魂が求め合う 泡沫の輪舞曲 獲素香隷奴 火照る素肌を重ね昇りつめる 赤裸々な太陽に 熱い血が 毒 毒 脈を打つ la la la la la la la la…  曖昧な指が絡み合う 心の隙間から 吐息が零れた  君が見せない 無邪気な笑顔は 娼婦か淑女か  魔巣華麗奴 それは男と女の No Side Game 命さえ惜しまない 幻想の宴 獲素香隷奴 剥き出しの情熱で今を生きる 意味深な月明かり 身体じゅう 芯 芯 染みてくる  誰も本当は 夢見る獣 求めて奪って  魔巣華麗奴 それは光と影の織りなす誘惑 魂が求め合う 泡沫の輪舞曲 獲素香隷奴 火照る素肌を重ね昇りつめる 赤裸々な太陽に 熱い血が 毒 毒 脈を打つ la la la la la la la la…
I'll Be Your Love ShowerTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBE寄せて上げて揺らす君 艶かしいモンローウォーク 視線ずっと釘付けで 会話さえ ままならない  サングラス越し ふしだらなこの想い 汗をかいて 夢 描いて 行き場を失ってる  僕はもうムリムリ 我慢など無理 もうモリモリ 膨らむ期待 ねぇどうなの? 君さえ OK なら Go! 恋へ Let's Go I'll be your Love Shower  波に濡れて 透けたシャツ 丸見えの下心 君の指が触れるたび 脈拍 Up Give up up my heart  いい子にしてたら ご褒美をくれませんか 焼けつく砂 乾いた喉 裸の恋心  君にもうワクワク たまんない誘惑 もうフワフワ 浮ついた Body まだダメなの? 今夜も No なら Bad! 恋は Slow Down You may know Love Shower  スコールのように 愛 君に降り注ぎ 弾けそうな 零れそうな 思いで燃え上がれ  夏はもうメラメラ 戦闘モード もうメチャクチャ 思考回路 もういいの? 今さら Break なんて No!  “you can take this” もうムリムリ我慢など無理 もうモリモリ 膨らむ期待 ねぇどうなの? 君さえ OK なら Go! 恋へ Let's Go 浴びよ Love Shower
Return To The Border LineTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBE君を包む暗闇に 光の粒子をふりまいて あの頃よりも強くしっかり その手を握りしめるよ  Stay… いつも色褪せない想い出 それは僕の中で輝き続ける  愛だけを掲げて 約束した未来へ 君を抱きしめて Return to the Border Line 出逢えた夏よりも 眩しく輝きたい この地球の奇跡 君と確かめよう  荒れる波の向こうに 探し続けた場所がある もう迷わない遠まわりでも 心重ねた地図なら  Away… 二度と来ない今日の想い出 永遠と呼びたい いつの日かきっと  愛だけを掲げて 嵐を乗り越えたら 君と二人して Return to the Border Line 冷たい雨よりも 心洗う涙は 光差す彼方 僕らを連れて行く  愛だけを掲げて 約束した未来へ 君を抱きしめて Return to the Border Line 出逢えた夏よりも 眩しく輝きたい この地球の奇跡 君と確かめよう
最後の Love SongTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBE初めて君と逢った あの夏 今も昨日のように この目を閉じるだけで 景色も あの日に帰る  携帯もメールも無く 待ち続けたビルの影  時代の流れに 変わる街並みは もう二度と 戻らないけれど 君がいる ささやかな偶然 それが全ての答え  『ありがとう』照れくさくて 上手に言えなかったけど  言葉よりも大切な この想いを伝えよう  今 時が流れ わかりはじめたよ 君と生きる この人生が もう一度 生まれ変わってきても 君を見つけてみせる  雨上がりの この街には それぞれの愛が灯る 意外なほど近くにあるものさ 探し続けた 永遠の愛は  何度も歌った 馴染みのスタジオも 高層ビルに姿を変えた 残された 四角い青空へ 届け 最後の Love Song  時代の流れに 変わる街並みも またいつか 微笑んでくれる 君がいる 大切な偶然 それが全ての答え 君を愛して良かったよ
−遥か−TOKIOTOKIO前田亘輝春畑道哉山原一浩遠い未来ばかり見つめて歩いてたら こんなに近い幸せを見過ごしてた  あたり前にある 空と海 いつでもそばにいる君の事  愛をこの胸に誰もが生まれてきた 打ち寄せる波が教えてくれる 涙も痛みも全部抱きしめられたら パズルのように色付いてく Season  傷ついた翼じゃ明日へは飛べないよ 少し休んでたまには振り返ろう  君の忘れ物夢のカケラ 挫けて砕けた遠い夏  微笑む為に何度も泣いてきたはず 裏切られても信じ続けて 苦い想い出も全部噛みしめられたら また飛び立てる青く澄んだ Tomorrow  愛をこの胸に誰もが生まれてきた 打ち寄せる波が教えてくれる 涙も痛みも全部抱きしめられたら パズルのように色付いてく Season  紡ぐ願いはいつか届く −遥か−
灼熱らぶTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEふくれてすねて泣き出す 上目づかいの危ない娘 抱かれてキレて別れた 憎いあいつに三連敗  Ah 海沿いの街で 二人 暮らした遠い日 かっこつけても 俺をなじるように 潮風まで頬を殴る  そうゆうカンジの湘南 そぞろ歩けば鵠沼 当然 渋滞 国道 ジリジリ燃える太陽 逃げ場もない 灼熱らぶ  寄せては返す波さえ 情けないほどブルースで おいてきぼりの江ノ島 淋しいくせに愛想笑い  Ah 夕陽が泣いてる 別れ話の潮時 かっこつけても せせら笑うように カモメたちが俺を睨む  最終電車に揺られて 夢から覚めりゃ品川 砂を噛むよなと都会は きっと今夜も熱帯夜 逃げ場もない 灼熱らぶ  もういいカンジの湘南 よそ者たちよ いらっしゃい 16号から渋滞 お祭り騒ぎのクラクション 熱くなれば お前の負け 灼熱らぶ
TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE気付けば俺たち 四半世紀 一緒にいるね 大空 溢れるほどの 情熱を歌に乗せながら  世の中 いろいろある 涙 笑顔 振り向けば君がいる  遥かに流れてる 愛とか夢とか紡ぎながら 半分ずつ糸を結び みんなをつないだ 絆は音楽  思えばいつでも 隣には古びた Guitar いい事ばかりじゃなかった あの夏も かけがえない Memory  いつかサヨナラする日が来るとしても 今は君と歌いたい  確かに響いてる 愛とか夢とか注ぎながら 全てを飲み干して 仲間と分かち合う 絆に乾杯  ありがとう良き友 ありがとう出会えた奇跡  遥かに流れてる 愛とか夢とか紡ぎながら 半分ずつ糸を結び みんなをつないだ 絆は音楽  確かに響いてる 愛とか夢とか注ぎながら 全てを飲み干して 仲間と分かち合う 絆に乾杯
シアワセのペアリングリュ・シウォンリュ・シウォン前田亘輝春畑道哉この胸に誇らしく輝く どんな時も一緒だった ここにある確かなぬくもり シアワセの ペアリング  形もない価値など それぞれでいいのです だって幸せに ルールはない 愛しいと思える気持ちに意味など 必要ないはずだから  秋空に染まりゆく紅葉 君と僕も同じ色に 感じてる 色付くやさしさ サイコーの ペアリング  この痛み 涙も 未来のためならば 僕の一歩は君の一歩 季節が巡っても地球が廻っても ふたり歩いてゆける  この胸に誇らしく輝く どんな時も一緒だった ここにある確かなぬくもり シアワセの ペアリング  秋空に染まりゆく紅葉 君と僕も同じ色に 感じてる 色付くやさしさ サイコーの ペアリング  シアワセの ペアリング
万華鏡リュ・シウォンリュ・シウォン前田亘輝春畑道哉覗いても 覗いても 見えない心 万華鏡 愛しても 愛しても 届かぬ想い 人模様  空と海に抱かれて 打ち寄せる波のように 幾度なく砕けても 止む事ない人の性  君を好きになるのに 理由(ワケ)や意味などなくて 人を愛するための掟(ルール)なんてあるはずないんだ  怨んでも 怨んでも 晴れない胸は 恋心 信じても 信じても 不安な日々が 人の常  喜びや悲しみが 色付く四季になって 僕達もいつの日か 星に生まれ変わる  幾千の時代(トキ)を越えて愛し合う物語 廻り続けるこの地球が終る事のない場合  涙して傷付いて転んでもまた起き上がり 二度とは来ない今日という蕾を育て 十人十色の華よ  君を好きになるのに 理由(ワケ)や意味などなくて 人を愛するための掟(ルール)なんてあるはずないんだ  幾千の時代(トキ)を越えて愛し合う物語 廻り続けるこの地球が終る事のない場合  今は僕等が主役だよ
君とならつるの剛士つるの剛士前田亘輝春畑道哉牧戸太郎激しく熱く燃えて 愛しあった日々 時には泣かせたりもしたけど 今日からは  いくつもの夜を越えて 二人は結ばれる 想い出敷きつめて ふみだす涙のvirgin road  同じ夢 同じ痛み 喜びも悲しみも全て 互いに分けあって 歩いて行けると誓う 君となら  仲間も来てくれた 恋の卒業式 笑顔でどんな時も 僕らを見守ってくれたね  肩寄せて 貧しくとも 失くさない この愛だけは どんな苦しみも乗り越えていける 僕と君となら  優しくなりたい 強くなりたい 君を守りたい 愛し続けたい この胸にずっと 君の温もりを 感じていたい いつまでも  同じ夢 同じ痛み 喜びも悲しみも全て 互いに分けあって 歩いて行けると誓う 君となら  肩寄せて 貧しくとも 失くさない この愛だけは どんな苦しみも乗り越えていける 僕と君となら
Blue SplashTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEくり返し生命力(いのち)くれる海と どんな日も勇気を注ぐ太陽 緑の地球がまわるその度に 夢だけで生きてゆけたのに…  この胸に沈むことないmoonlight 降り止まない凍えそうなrainy blue 僕等はいつから立ち止まるばかり 傷ついてうつむいたままなの  青く澄んだ瞳 赤く燃える想い あの痛み 明日を連れてくる どんな夢でもいい 握りしめていれば もう一度弾け出すココロ Like a Blue Splash まだ間に合うはずさ  一秒先 読めなくても人生 毎日は偶然じゃないはずさ 誰かが決めたルールなんかいらない 自分だけのゲームに勝とうよ  新しい出会いは素晴らしい宝石 輝いて 行く道照らすよ 自分に期待しよう 信じれば奇跡が もう二度とくじけないココロ Like a Blue Splash 未来に弾けよう  青く澄んだ瞳 赤く燃える想い あの痛み 明日を連れてくる どんな夢でもいい 握りしめていれば もう一度弾け出すココロ Like a Blue Splash まだ間に合うはずさ
真夏のカイトTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE8月の浜辺で凧揚げをしてみなよ 風が海から 真っすぐ吹いて 青い空に 色を付ける  肌を灼いてるあの娘も サーフボードのあいつも 思わず見上げる真夏のカイト 忘れそうな 想いのせて  Up and way up and way 高く 千切れそうな糸を がむしゃらに 引っぱり続ければ Up and way up and way もっと 雲よりも高くどこまでも 舞い上がる笑顔に 君はもう立派な子供さ  9月の路地裏で独楽(こま)をまわしてみなよ 固い地面を しっかり捕えて 時はまるで スローモーション  念カパワー送れば まわり続ける粋モノ のどが渇いても 汗をかいても 夢中になりゃ 心はカラッポ  Round and round round and round まわれ 倒れないでおくれ それぞれが自分を重ねて Round and round round and round ずっと 止まらないでと願う瞳は 子供に帰るよ 君もあの日に帰れる  Up and way up and way 高く 千切れそうな糸を がむしゃらに 引っぱり続ければ Up and way up and way もっと 雲よりも高くどこまでも 舞い上がる笑顔に 君はもう立派な子供さ
風のブログTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBEいつもは車であっという間に 通り過ぎるこの道を たまには歩いてみるのもいいんじゃない お日様とにらめっこして  普段なら気がつかない 色んな景色が見えて 驚きの連続だよ  人生を急いで走っていく奴もいるけど 違う生き方もある 大事なのはしっかり前を見て 進むことだと体で感じて 坂道登れば広がる空 少し休んで風の唄を聞こう  追い越していく電車はまるで 子供の頃の既視感(デジャヴ) 知らない場所へ行ってみたくて ワクワクしてたよね  迷っても焦らない日本中の道は海へ 続いてる大丈夫だよ  夢なら叶うまでこそ楽しいんだよ 汗かいてベソかいて 時間は気にすることない どうせ一度しかない人生 あの角曲がれば出会える海 心洗って 波の唄を間こう  明日は明日の風が吹く そう思えばなんて事ないはずだよ  人生を急いで走っていく奴もいるけど 違う生き方もある 大事なのはしっかり前を見て 進むことだと体で感じて 坂道登れば広がる空 少し休んで風の唄を聞こう
瞳は知っているTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEいつの間にかふたり見つめ合う お互いの気持ちを 気づき始めていた  あいつは僕のこと信じてる 君の話いつも 楽しそうにしてた  みんなで過ごす夏を ひとり抜け出す浜辺 夕暮れにふり向いたら泣きそうな君が…  言わないで 言わないよ せつないだけ 何もかも 違う時 違う場所で 初めて逢えたふたりなら 同じ季節同じ想いを歩けたはずさ  今なら引き返せる 誰も傷つかないで 夜空にかくす涙が流れ星になる  幸せを 祈り合う 友達だよこれからも いつの日か良かったと 思える時がきっと来る こんなに今は苦しいけれどサヨナラしよう  言わないで 言わないよ せつないだけ 何もかも 違う時 違う場所で 初めて逢えたふたりなら 同じ季節同じ想いを歩けたはずさ  秘密の夏を 瞳は知ってる  叶わぬ恋を 瞳は知ってる
青い悲しみの向こうにTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE手にしていた何かを失うと 心が風邪をひいたように たとえ真夏の太陽の下でも 寒く感じることがあるよ  ふたりで聴いてたあの日のメロディも ひとりで聴くのは辛いよね 誰がどこで何を間違えたのか 答えは見つからない  Oh come to me come to me そんな時は ひとりでいちゃいけないよ So come to me come to me 話したら 少しは楽になるから 青い悲しみの向こうには やさしさが待ってるよ  誰も見てないと思っていても いつもひたむきなその心 誰かきっといつか気づいてくれるよ 自分を信じてごらん  Oh stay with me stay with me 無理しないで 少し休めばいいよ So stay with me stay with me 季節(とき)が過ぎて 君は君に戻るから 青い悲しみの向こうには 幸せが待ってるよ  必ず待ってるよ
Peaceful DayTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE今日の休暇は ただそうなんとなく 青空の中 君に会いたかったから  僕とひだまりと君と ケイタイもおシゴトも 部屋に置き去りにして  太陽に二人抱かれて Take it slow 時間を止めてデートしよう 僕達がたまにサボっても Peaceful day 世界が止まるわけじゃない  冷えたグラスに写る君の笑顔 はずむ会話に小さな夢が生まれ  今は楽しいニュースだけ 聞いてたい気分さ 明日が嵐でも  幸せに二人抱かれて Take it easy 心が躍る恋しよう 僕達がkissしたからって Peaceful day 未来が変わるわけじゃない そう、のんびり生きたからって Peaceful day 地球は逃げやしないよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夏へDiveTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE破れた写真は こわれた時計さ 昨日を見ていちゃ 明日は来ないね  幼い頃誰もが心に 翼を持っていたはずだよ  今飛び出そう青空に あの翼を広げて見よう その気になればどこへだって 飛んで行ける自分の力 思い出そうよ  誰でも一度は 世界の重さを 背中に感じて つぶれる気がして  夢たたんで大人になるなら あふれる涙は何のため  見なよあの大きな雲を 力強く真夏を告げる 嵐の後の太陽は 眩しすぎて不安なんか 灼き尽くすから  今飛び出そう青空に あの翼を広げて見よう その気になればどこへだって 飛んで行ける自分の力 思い出そうよ  全部ぬぎすて裸のままで 夏へDiveしよう
My HeroTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE夢中になって憧れたのはTeenage あの人の背中見つめ続けたいつも 何かつかむたび輝き増す笑顔 いつかは僕もと何でもマネした  たとえ傷だらけになったって 真っすぐ明日を見つめてた 弱音なんか吐いてちゃいけないと知った  My Hero もう見えない背中を 追いかけて僕は今ここにいる 少しでも近づいているのかな 今日もまた僕は走り続けるよ  去る時さえも 涙なんか見せず あの人の瞳 痛いほど呟しかった 後悔なんかしない 言い訳なんかいらない 次の明日を見つけるだけさ  巡る時代の巓(いただき)で 僕は涙も悔しさも 飲み込んで力に変えようとしてる  My Hero まだ追いつけないけど この背中誰かがきっと見てる いつの日か振り返るその時まで 孤独でも僕は走り続けるよ  この胸が受けついだ大事なもの 伝えたい いつか僕が君の My Hero
You're my worldTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE誰かに誇れるよな 暮らしじゃなかったけど ひとつだけ確かな僕のこころに 笑ってる君 泣いてる君  あるのがあたりまえで なければ生きてゆけない 君の中にある 青空と海 失えば 枯れてゆく世界  守りたいもの 守られながら やすらぐ寝顔にそっとふれて 気がついたら My love I know that you're my world いつも愛してた 僕だけのオアシス  聞かれもしない事を 話してしまう僕に 涙みせてくれる 君は全てを 受け入れる 手のひらのようだね  愛したいひと 愛されながら 強くなっていく 絆だから どんな時も 離さないよ my world 繋いだこころ ひとつになれるまで  守りたいもの 守られながら やすらぐ寝顔にそっとふれて 気がついたら My love I know that you're my world いつも愛してた 僕だけのオアシス
Second ChanceTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEDear my heart 久し振りに 話をしよう じっくり腰据えて 長い旅を共に過ごした かけがえのない俺のマブダチ  お互いにボロボロだね でもなんとか はぐれないで来たよ 何度泣いてもあきらめきれず カタチ変わってもユメ求めて  笑う事より笑われた方が多かった 勝つより負けた数ははかりしれないeveryday キラキラ流れる涙が俺達の勲章(メダル)  Hello my friends クタクタだね いつのまにか老け込んじゃったココロ リタイヤするにはまだ早過ぎる チャンスは一度だけじゃないよ  行き止まりなら違う道を探して 遠回りでもたとえ無駄でも汗をかいて あなたが歩けば何度でもチャンスはくるよ
Summer GreetingTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEなつかしいあいつから 届いた一枚のカード 海の写真にひと言“元気かい?” 季節のあいさつが心に響いた  いつも一緒に遊んだあの頃が よみがえってきた夏の午後  電話もしないで離れていたけど 生きていたんだな またいつか会えるよ たった一枚のカードが運んでくれた メールじゃ伝わらない想い出  二人ともフラれたっけ あの娘の噂は happy 涙が止まらない夜“飲もうぜ” 朝日が眩しくて笑い出したよね  君のカードをデスクに飾ったら 短い返事を僕も書こう  いつの間にかお互い違う世界で 暮らしてきたけど 忘れちゃいないから 突然一枚のカードが運んでくれた 口下手なあいつのやさしさ  ずっとこの胸にうもれてた何かが あふれ出してきた夏の午後  電話もしないで離れていたけど 生きていたんだな またいつか会えるよ たった一枚のカードが運んでくれた メールじゃ伝わらない想い出  Summer greeting brings me good times 届けよう
俺達ゃBuddyTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEウエットスーツに身を包んで ボートからダイビングしたその瞬間 俺達ゃ Buddy  初めて会って言葉もない 水の中で助け合うふ・た・り 命かけて  オトコもオンナもないのさ あるのは生まれたばかりの絆さ 太陽背中にマウスピースはずしたら 友達や家族さえ越えた仲間  We‘re Buddy なんたって Buddy We‘re Buddy 本当の Buddy We‘re Buddy Buddy の Buddy も Buddy だろ(Yeah!) We‘re Buddy 今日から Buddy We‘re Buddy 最強の Buddy We‘re Buddy ひとりじゃないそうだろう?(Yeah!)  Oh yeah (Yes!) Everybody (Yes!) Let's sing out! (俺達ゃ Buddy!) Oh yeah (Yes!) Everybody (Yes!) Let's dive in!  嵐の中こぶしあげて ずぶ濡れで歌ったあの夏から 俺達ゃ Buddy  がむしゃらただ声出し合って ライブがハネればお互いにそう 感謝! 感謝!  We‘re Buddy なんたって Buddy We‘re Buddy 本当の Buddy We‘re Buddy Buddy の Buddy も Buddy だろ(Yeah!) We‘re Buddy 今日から Buddy We‘re Buddy 最強の Buddy We‘re Buddy ひとりじゃないそうだろう?(Yeah!) We‘re Buddy なんたって Buddy We‘re Buddy 本当の Buddy We‘re Buddy Buddy の Buddy も Buddy だろ(Yeah!) We‘re Buddy 今日から Buddy We‘re Buddy 最強の Buddy We‘re Buddy ひとりじゃないそうだろう?(Yeah!) Oh yeah (Yes!) Everybody (Yes!) Let's sing out! (俺達ゃ Buddy!) Oh yeah (Yes!) Everybody (Yes!) Let's dive in! Oh yeah (Yes!) Everybody (Yes!) Let's sing out! (俺達ゃ Buddy!) Oh yeah (Yes!) Everybody (Yes!) Let's dive in!
さよならイエスタデイ細川たかし細川たかし前田亘輝春畑道哉別れ間際には 無傷じゃいられない やるせないお互いに 涙の初恋  もうすぐ私も普通に嫁いでゆくわ 今となりゃ懐かしい 目眩(めまい)のくちづけ  あなたの胸の中で少女を 脱いで女になったあの夏 火傷(やけど)しそうなほどに燃えて 消えたロマンス 憎んでも 恨んでもいいから忘れないで 本気だった 愛してた さよならイエスタデイ  叶わぬ約束は今でも憶えてる 少し不良のあなたの背中 タバコのにおいがした  あれから数えきれぬ男と 夜をともにしてきたけれど 愛と罪の駆け引き憶えて 戻れぬ 純情  ゴメンね 許さない 大嫌い でも大好きよ 矛盾だけに正直だった さよならイエスタデイ  あなたの胸の中で少女を 脱いで女になったあの夏 火傷(やけど)しそうなほどに燃えて 消えたロマンス 憎んでも 恨んでもいいから忘れないで 本気だった 愛してた さよならイエスタデイ あれから数えきれぬ男と 夜をともにしてきたけれど 愛と罪の駆け引き憶えて 戻れぬ 純情  ゴメンね 許さない 大嫌い でも大好きよ 矛盾だけに正直だった さよなら ohイエスタデイ
夏の魔法(Magic)TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE・徳永暁人Want you 海びらき Dancing 泳ぎ出す My soul 血が騒ぐ灼熱の Season Give me ギリギリのLove game 恨みっこはなしよ Just ride on time 波とキミとノルかソルか勝負  かりそめのTシャツで 隠してきた本音 ケダモノみたいな本能 遠い記憶さ  One more chance 海風が冷めた心を撫でれば All night long 満月に赤いリンゴをほおばる もう一度だけ… 狼に変えてくれ 小悪魔 Sweetie girl  Want you 海びらき Dancing 泳ぎ出す My soul 血が騒ぐ灼熱の Season Give me ギリギリのLove game 恨みっこはなしよ Just ride on time 波とキミとノルかソルか勝負  干からびてしまってる 日常を脱ぎすてて 夏のせいにしながら 溶けちゃうよな妄想  One more chance 波音が吐息と上手くハモれば All night long 鳴り響く甘く危険なイントロ もう一度だけ… 魂で吠えさせて 小悪魔 Sweetie girl  海びらき全部解禁 生まれ変わる My heart 夏の Magic 待ちわびた Season 花開くパラソルが 幻想的な World Just breakin' time 紳士淑女入り乱れての Show  Want you 海びらき Dancing 泳ぎ出す My soul 血が騒ぐ灼熱の Season Give me ギリギリの Love game 恨みっこはなしよ Just ride on time 波とキミと恋と夢とノルかソルか勝負
Glory DaysTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBEDon't stop the glory day 始まった 眩しい青の季節 まだ僕ら夢見ていい Summer time 夏の陽射し浴びたら 咲きだす白い花 今度こそ 僕色に  上司の顔色次第の天気予報 晴れた空 笑顔の僕は写真の中  こんな暑いのに鳴き続けるセミの声 一度しかない今を謳ってる 誰かのためなんかじゃないね  Don't stop the shiny day 燃えてた 真っ赤な君の太陽 沈むには少し早い Summer time 夏の鼓動汗ばむ 無邪気な想い出が 呼んでいる 波のように  仕事、家庭、悩む日々に呑みこまれて 未来より過去がどんどん増えてくだけ  錆び付いてる現実と言う名のオールを もう一度漕ぎ出せればきっと 新しい自分に出逢えるよ  Don't stop the glory day 始まった 眩しい青の季節 まだ僕ら夢見ていい Summer time 夏の陽射し浴びたら 咲きだす白い花 今度こそ 僕色に Don't stop the shiny day 燃えてた 真っ赤な君の太陽 沈むには少し早い Summer time 夏の鼓動汗ばむ 無邪気な想い出が 呼んでいる 波のように
オラシオン~君に恋した夏~TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEゆく夏を惜しむよに 燃えるよな夕焼け 恋をした僕のよに 揺れている気持ち  一秒毎好きになる 止まらないスコール ずぶ濡れの恋模様 まだ君は気付いてない  8月の青い空 透き通るその横顔 どんな時も君が太陽 いつか僕だけに降り注げ 神様にそっと祈って 二度と来ない夏が過ぎてゆく  君といる それだけで 満たされてしまうから 言い出せない きり出せない 深くなる 友情だけ…  夜空を焦がす花火 見上げているその笑顔 僕の胸は君でいっぱい きっと来年はもう少し 近くで見たいその瞳に 二度と来ない夜が過ぎてゆく  8月の青い空 透き通るその横顔 どんな時も君が太陽 いつか僕だけに降り注げ 神様にそっと祈って 二度と来ない夏が過ぎてゆく
Darling DarlingTUBETUBE前田亘輝春畑道哉大島こうすけ・TUBE突然カミナリが落ちて シビれてるみたいで 空はピーカン晴れてるのに 「好き」がどしゃ降りよ  涙もこの夢も あなたの胸で着替えて ドキドキがまだ止まらないの 小麦色のラプソディー  あなた色の夏に染まって 駆け出すストーリー わたしのセリフならひとつだけ Darling Darling  こんな気持ちになるなんて 思いもしなかった 一秒先も待てないほど 「好き」が泳ぎ出す  その胸の浅瀬で 溺れそうな私は ドタバタとほら手の平の上 転がされてるみたいね  ひと夏の恋には出来ない本気のストーリー あなたのセリフならひとつだけ Honey Honey  あなた色の夏に染まって駆け出すストーリー わたしのセリフならひとつだけ Darling Darling  大好き
カサブランカTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE月に照らされた 君の寝顔は 何度キスしても 不安に揺れてた 脇目もふらずに 季節は過ぎ 僕らは何を信じたの  愛の意味さえも知らずに 泣いてたね 好きな程に 幸せになぜか 怯えて 壊れるくらいに 抱きしめ合った  この胸で咲き続ける 君はまるでカサブランカ  廻る観覧車 並ぶ微笑み 今はもう動かない 運べない想い 真夏の日差しに 負けないほど 笑っていたね僕の花  君だけを愛し続けた 青春に 嘘はないよ 二人が選んだ さよなら あの夏の日には 戻れない  七月の空に咲いた 君はまるでカサブランカ  愛の意味さえも知らずに 泣いてたね 好きな程に 幸せになぜか 怯えて 壊れるくらいに 抱きしめ合った  この胸で咲き続ける 君はまるでカサブランカ
妄想MAN DEBUTTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE・DAY TRACKコンクリートジャングル 夢の抜け殻抱えて かかと減らし 歩く毎日 憧れた未来は まるで砂漠の蜃気楼 眠るホンネは 今日も逃避行  電車の中吊り 目が合う若手女優 友達の友達 だったら…  ツイてる そりゃツイてる 病んでる 悩んでる 映画のような出逢いを夢見て 今日も混んでる 地下鉄 妄想MAN DEBUT 月・火・水・木・金・土・日曜 がんばる  上からなじられ 挙句下から煽られ 愛想笑い 今日もサンドウィッチマン  駆け込むエレベーター 目が合う新入社員 もしも社長令嬢 だったら…  ラッキー めちゃラッキー 病んでる 悩んでる 奇跡的な運命を願ってる 今日もバーチャル ハマッてる 空想MAN DEBUT 1・2・3・4・5・6・7・8 待ってる  だったら… ツイてる そりゃツイてる 病んでる 悩んでる 映画のような出逢いを夢見て 今日も混んでる 地下鉄 妄想MAN DEBUT 月・火・水・木・金・土・日曜 がんばる
AlegriaTUBETUBE前田亘輝春畑道哉窪田博之・TUBEまだまだ 終われない青春 ラテンの季節 熱い海 熱い空 もう一度夢見てコラソン  月-金の戦闘服 詰め込んだスケジュール みんな海の中沈めて 剥き出しの本能で イケるとこまでイッちゃって 太陽さえ知らない夏へと  Mela Mela 消せない情熱 隠せないから 南へ走ろう この胸火傷したって いつもより大袈裟に いつもより大胆に 有るがまま 為すがまま 心許し合えば Alegria  疑問符が付いたって とりあえず前向いて 時間は待ってはくれない 立ち止まって悩むより とりあえず動き出そう 行ったり来たりでいいんじゃない?  まだまだ 終われない青春 ラテンの季節 熱い海 熱い空 もう一度夢見てコラソン  Mela Mela消せない情熱 隠せないから 南へ走ろう この胸火傷したって 囚われの現実に サヨナラを告げたら 週明けの戦場に 連れ戻されるまで Alegria
忘却のシャドーTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE薄れてく記憶と 消せない痛みが 僕等を曇らせては 大人に変えてく  命を懸けても構わない そう思えた胸に そっと忍び寄る影  聞こえない 歌えない 君といた季節が 大事な約束 思い出せない 天命と 運命と 投げ出したすべてが 今さら涙誘う歌になる 忘却のシャドー  負けても笑えて 嬉しすぎて泣いてしまった矛盾 今は泣いてるばかり  守りたい 守られたい 愛して愛されたい 眩しい想いに 寄り添うように 偶然と 必然と 割り切ったすべてが 今ごろ涙誘う星になる 忘却のシャドー
Anniversary ~旅立ちの唄~TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEいつから あたり前のように僕のとなりで いつでも 二人でひとつの道歩いてきた  痛みや悲しみ越えた想い出が 絆になって  決して止まない雨なんてない 分かったんだ 君との旅で どんなに深い傷さえも 僕と君だけの 宝物なんだね 愛しているんだ  出会えた喜びはいつしか 消えるものでも 重ねた季節がくれたもの 決して消せない  このままずっと明日もその先も 一緒にいよう  決して明けない夜なんてない 気付いたんだ 君の笑顔で どんなに辛い未来だって 君がそばにいる そう思うだけで 強くなれるんだ  決して止まない雨なんてない 分かったんだ 君との旅で どんなに深い傷さえも 僕と君だけの 宝物なんだね 愛しているんだ  終わることのない 旅立ちの唄を いつまでも君と
Paradiso ~愛の迷宮~TUBETUBE前田亘輝春畑道哉大島こうすけ・TUBE許されない愛 叶うことない夢 幻の幸せでも あなたの腕に抱かれたい 罪と罰を受けてでも Paradiso  出口の見えない迷宮に 堕ちてゆく 神様の悪戯が 何もかも狂わせたの 出逢わなければ良かったと 怨んでも もう戻れない棘道 この涙枯れ果てても  悲しみのCanzone 傷まみれAmore 誤りの情熱でも あなたといつか辿り着く 夢見て止まぬ心は Bambino  日焼けの跡隠すように 愛し合う 火傷した運命が 泣き出しそうな夕立 楽しそうに手をつなぎ 歩いてる 恋人達あたり前 そんな日を願ってる  悲しみのCanzone 傷まみれAmore 誤りの情熱でも あなたといつか辿り着く 夢見て止まぬ心は Bambino  たった一度の旅 ずっと一途な道 きっとどこかに続いてる この世のすべて 嫌われたって かまわないほどの想い  許されない愛 叶うことない夢 幻の幸せでも あなたの腕に抱かれたい 罪と罰を受けてでも Paradiso  Andiamo al paradiso
Te quiero(テ・キエロ)TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBETe quiero あなたとの出逢いが 不純だったとしても だめもと 愛さずにゃいられない 明日が死にかけているのさ  この命 燃え尽きてしまう前に 僕の太陽  ムチャなんか承知の覚悟で Tequilaみたいに キツくBonita 火傷する熱いEscargot 一気に飲み干すよな恋 渇いた夜空に 願う枯れた 男のロマン  Te quiero 希望と絶望で 時化る夏の海を  泳いでく 魂があるべき場所へ もう一度  メチャ辛そう 真っ赤な嘘でも 過去なんて脱いで 燃えるBonito いきり立つボクJalapeno 波打つ愛で溺れようと その日が来るまで 何度泣いても 男はガマン  夜空焦がす花火みたいな あの頃のように 夢みてMucho 泣いて笑ってFandango  ムチャなんか承知の覚悟で Tequilaみたいに キツくBonita 火傷する熱いEscargot 一気に飲み干すよな恋 渇いた夜空に 願う枯れた 男のロマン  何度泣いても 男はガマン
蒼天の愛リュ・シウォンリュ・シウォン前田亘輝春畑道哉桜舞うこの場所で結ばれた 二人の想い すれ違ったりしながらも 4度目の春がきたね ありふれた毎日より 痛みを求めたあの日  背伸びして無理した 僕の事いつでも すぐそばで 黙って見てた 君がいてはじめて 意味がある今なんだと 気付いたよ ありがとう  約束はまだ見えぬ 明日を拾い集めるパズル ひとりでは叶わない 夢や愛 どこか似てる 悲しみや苦しみの雨 くぐり抜けた君と僕  この空の向うで 笑ってる未来に もう一度 約束しよう 二人は光と影 いつでもそばにいるよ 太陽と月のように  何度でも恋して 幾度なく抱きしめ合って 同じ道をずっと歩いてゆこう ふたりでひとつになるまで  君がいて良かった 愛してる誰より 言葉では足りないほどに 君といてはじめて 意味があるんだ すべて 心からありがとう 蒼天に愛のうた
春夏秋冬TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEトラックいっぱいの夢をのせて 北から南へ走ってく 辛くても 疲れてても 笑顔咲くあの街へ 春を待つ 君に逢いにゆく 久しぶりのデートみたい もっとそばにおいでよ  苦楽を共にした仲間達が 支えてくれてる晴れ舞台 君の胸 打ち上げるよ 愛を込めた大花火 夏を待つ 君はひまわりさ 僕の声で咲かせたい 愛し恋し 花よ  鳴り止まないコール背中で受け 今日のステージを焼き付ける ありがとう みんな元気で “さよなら”は言わないよ 秋の声 少しさびしいけど 僕の唄は届いてる? 君の心の空に  次の季節までは逢えないけど 約束の代わりに歌うよ 精一杯 力のかぎり 君のため 僕のため 冬を越え きっとまた会おうね 僕等はひとりなんかじゃない 夢が愛が 待ってる  目の前の 君に聴かせたい 唄があるよ 聴いてくれ ずっと ずっと一緒に 届け僕の唄 君の心の海に
OLD BASEBALL MANTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEヒーロー 憧れ続けた Teenage そしてMy Dream この手で掴んだ 昼夜と 寝ても覚めても Only Lonely Baseball 青春なんてなかった  チャンピオン 何度か手にした栄光 そしてOld Man 悲鳴あげるBody 人知れず泣いて みんなの前では笑顔 ベテラン辛いとこさ  だけどOLD BASEBALL MAN どんな記録なんかより キミの記憶に刻まれたいんだ 僕はOLD BASEBALL MAN 魂枯れるまで 投げて打って走る So Yes, Do My Best  引退 背中合わせのEveryday いつもドンマイ 自分に声かけて 好きだから野球 生きる人生(みち)と決めたなら ガンバ! やるしかない  今はOLD BASEBALL MAN たくさんの未来よりも 一度しかない今日 生きたいんだ 僕はOLD BASEBALL MAN いつかピッチを去るよ その日が来るまでは So Now, Do My Best  だけどOLD BASEBALL MAN どんな記録なんかより キミの記憶に刻まれたいんだ 僕はOLD BASEBALL MAN 魂枯れるまで 投げて打って走る So Yes, Do My Best
TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE・吉村龍太愛すること 誰かに教えて もらった訳でもないのに  なんでかな 知っているこの胸 ずっと前から 生まれる前から  誰かのためでなく まして見返りでもない 愛を灯し宙(そら)を舞う 僕はホタル 今日に汚されながら 明日に傷つきながら いつか巡り会える 君に 見えるように  変えられない 宿命(さだめ)がある事 知りながら儚く光る  一瞬が 永遠に続くと 信じるように 伝えるように  愛に裏切られても 恋に泣いたとしても 命灯し宙(そら)を舞う 僕はホタル その胸の奥深く 澄みきった水辺で 涙こらえている 君を 守るように  誰かのためでなく まして見返りでもない 愛を灯し宙(そら)を舞う 僕はホタル 今日に汚されながら 明日に傷つきながら いつか巡り会える 君に 見えるように  届けホタル
償いTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE立ち止まることも ふり返ることも 許さずに走った日々 夢を言い訳にして 争い合ってきた 飽きるほど  守ろうとしたもの 気付けばこの手で 握りつぶしてしまった ウソにウソを重ねて 偽ってきた胸が 泣いてるよ  汚された蒼い海 十年百年もとに戻れない 僕の命じゃ足りないけど すべてが許される時まで 祈り繋ぎて つむぐ愛  壊れた心や 失った時間は 何で埋められるのだろう みんな目をそらしてきた 大切な何かを 知りたいよ  家族さえ愛せずに 祖国や地球が愛せるのかな 愛を知ったら争いは なくなるそれともなくならない 生きとし生けるもの 母なる胸の中 祈り繋ぎて つむぐ愛
遠い日の君の姿TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEもうずっと 遠い日の君の姿 冬の星座ふたり 誓いをたてる夢 目醒めても 消え残る淡い香り 温もりのベットに 戻れない 夢…夢…夢…  会いたいよ幻でも もう一度だけ君に さよならも云えないまま 見送ったはずなのに 出逢えたあの日の笑顔が 色褪せない I miss you  永遠と思えるような恋ほど 砂時計みたいに すり抜けてゆく し・あ・わ・せ  あんなにも胸の奥が 枯れるほど泣いたのは 「さよなら」も君がくれた 愛だと気が付いたから 止まった季節の向こうで 凍えてる I love you  会いたいよ幻でも もう二度と咲かない愛でも 出会いごとやり直して いつか笑い合えたら それぞれの春の向こうで 舞い上がる I miss you  もうずっと 遠い日の君の姿
哀愁ドライブTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE真夜中の湘南平 慣れたコース いったいどれだけの涙を流したでしょう 遠ざかる白鳥座 想い出乗せて あの日の真っすぐな僕を連れてゆく  ずっとこの道を通うもんだと 当たり前のように思ってた恋  心は渋滞中 進めない上り 若さに追い越され 哀愁ドライブは続く  別れなら何度でも越えてきたのに どうして免疫はいっこうに出来ない 風邪引いたままの胸 隠しながら 出口のないカーブ 終われない季節  ずっと北風が吹き荒れる海 野暮な願い星 流れて消え  きっと行く先は決めない方がいい 予定通りにはいかない人生(たび)  未来も渋滞中 戻れない下り 目の前は暁 今日さえ追い越せないのに  孤独と自由を手に 哀愁ドライブは続く
テ・ガ・ミTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE誰か 誰か 遥か未来に 届けてよ 過去からのメッセージ  電話でいつでも声が聞ける 空の下でも無理じゃない さみしがり屋の君だから ア・イ・シ・テ・ルのメール  疑う事を忘れたら 信じ方も忘れていた もしも携帯なくしたら 多分僕には 君の住所も 明日の予定も 思い出せない  深く 深く 胸の奥の 幸せに積もる不安は何故 誰か 誰か 遥か未来に 届けてよ 過去からのメッセージ  生まれて初めて恋をした タバコ屋のあの娘の笑顔 今ではそびえたつマンションで 空さえ見えない  夢や愛さえ売ってそうな 24時間やっている 明るい店の路地裏に 山積みされる 型が古いと 売れ筋じゃないと ゴミじゃないのに  なんで なんで 涙出ちゃう 誰よりも喜んでた僕 きっと 人は 不便なもの 無いものを 求め続ける旅人  過去を忘れて 明日を見ずに どこへ行くのか  深く 深く 胸の奥の 幸せに積もる不安は何故 誰か 誰か 遥か未来に 届けてよ 過去からのメッセージ  僕が生きてた証 届く事ない手紙
星空のラヴレターTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE眩しいほど Moonlight & Stardust 輝いてる夜は なんでも消せそうな 魔法の消しゴム 手に入れたようで  うまくいかなかった恋や つまづいてばかりの夢 恥ずかしいほどに 呼び起こされ ドキドキしちゃう  星空のラヴレター 僕の胸に届いたから 一人芝居はもうやめよう こんな夜に泣いてるのは  月を味方にしてゆこう 暗闇の世界でも 悲しみや痛み その数だけ 幸せになろう  出会うより忘れる方が 楽じゃないからきっと “想い出”ってヤツに しがみつかれて メソメソしちゃう  星空のラヴレター 君の胸に届いてるかな ちゃんと伝わってますように こんな夜はめったにないよ  眩しいほど Moonlight & Stardust 輝いてる夜は なんでも消せそうな 魔法の消しゴム 手に入れたようで  星空のラヴレター 世界中に届け 未来を照らせ
愛のセオリーTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEあんなに激しく燃えた心が 凍り付いてゆく 出逢いから演じてた男と女 近づく最終話  長く居過ぎて些細な事が なんだか鼻につく 言い訳を並べては先延ばしする 台詞だけ虚しくて  リピートの愛 闇のオーケストラ リタルダンド 鳴り止まない H~I 君は愛想尽かすんだろ 悲しい愛のメロディー  ふたり昔とどこか違って 険悪なムード 言葉では隠せない気持ちの揺れを 痛いほど感じてる  リピートの愛 闇のオーケストラ フェイドアウト もう聞こえない 戻れない I エンディングに向かう合図 切ない愛のビブラート  リピートの愛 闇のオーケストラ リタルダンド 鳴り止まない H~I 君は愛想尽かすんだろ 悲しい愛のメロディー  消えゆく愛のメモリー 情けない愛のセオリー
追伸TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE独りが嫌いなのに いつも一人ぼっちで 見えない涙流す 憧れの暮らし  今日も混み合う地下鉄 自分から選んだ日々 窓硝子に重なる 少年のまなざし  バス停の夕焼けは今でも 風の歌と一緒に まだ笑って見送ってくれてますか? たまに負けそうになるけど 目を閉じればふるさと なんとか歩いてるから だいじょうぶ  自分らしさがどれだけ 人を傷つけるのだろう ほつれた糸は二度と 元に戻せない  いつの日にか誰かの 涙を拭えたなら 何よりこの心は 癒されるだろう  バス停の夕焼けは今でも 風の歌と一緒に まだ笑って見送ってくれてますか? 生きてゆく事に飽きそうな この都会(まち)の片隅で なんとか今日を歩いてる 生きている  夕暮れの大通り 街路樹はクリスマス すべてが輝いて見える だいじょうぶ
方舟TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE緑の方舟が 涙でこわれてく ちっぽけな想い出もいつか 明日に届くはず  世界を襲う悲しみ 君の痛みすら拭えないのに  背伸びを少ししたなら 何か出来る事 見つかるのかな  頼りないこの手で 救えるものがある 重くて千切れそうになっても その手離さない  僕らは手品師じゃない 指を鳴らしても 奇跡は呼べない  山ほどじゃないけど 分け合えるものがある 手渡しで伝えてゆく 愛を絶やさない  空は飛べないけど この足で踏み出そう 目も眩むほど険しい道が 続いても  緑の方舟が 涙でこわれてく ちっぽけな想い出もいつか 明日に届くはず  ひとつひとつを繋げて 未来に届けたい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ナデシコTUBETUBE前田亘輝春畑道哉窪田博之・TUBE・寺地秀行本当に伝えたい言葉は 風にさらわれ 慌てて掴もうと手を伸ばし 空を切りもがいてるだけ  そんな僕の様子を 君は横で微笑んでる  瞳で伝え合えるモノ 二人にあると分かった 重ねた季節を 心で感じ合える 今までの二人の涙が ナデシコの花を咲かす 喜び 哀しみ いつの日か優しさに変るモノ  本当に届けたい言葉を 喉に詰まらせ たわいない会話で埋めては 胸に流し込んでるだけ  そんな僕を見透かし 君はいつも微笑んでる  名前を持たない想いが 二人にあると分かった 説明出来ない 響き合う運命を これからも二人の笑顔が ナデシコの花を咲かす 愛しさ 切なさ 愛と言う名のもとに芽吹くモノ  言葉を超えられるモノが 二人にあると分かった いつでも どこでも 心で見つめ合って 繰り返す二人の時間が ナデシコの花を咲かす ケンカも 涙も いつの日か幸せに続くモノ
冬のプレゼントTUBETUBE前田亘輝春畑道哉大島こうすけ・TUBEマジで嫌いな冬の訪れ 冷めた銀の世界 でもチョット今年はね 違う感じ  木枯しの唄 いつもひとりで耳を塞いでたけど 手のひらで感じてる 大好きな君がいる  もっと傍に ずっと傍に 瞳ぶつかるほど 一歩傍に もう一歩傍に マフラーなんかよりあったかいモノ 冬のプレゼント 君の温もり  冬の寒さが ふたりの距離を縮めさせてくれる クリスマス カウントダウン 何よりも君のバースデー  もっと熱く いっそ激しく 灯すローソクの火 愛の暖炉 消えないよう 想い出と言う名の薪を集めて この冬を越えたい 君と一緒に  もっと傍に ずっと傍に 瞳ぶつかるほど 一歩傍に もう一歩傍に マフラーなんかよりあったかいモノ 僕の宝物  もっと強く ぎゅっと強く ひとつになるほど抱きしめ合おう 冬のプレゼント 君の温もり
キセキの風前田亘輝前田亘輝前田亘輝本間昭光中村太知小さなその胸 無限に広がる空 微熱を抱えた天使が飛ぶ  悩んでも迷ってもありのままのキミが 一番素敵に 羽ばたけるのさ  少し窮屈だね 世の中決め事だらけ 赤信号ばっか なんのための翼  ヒュルーリラ ヒュルーリラ 聞える明日の音 ココロにキセキの風 いつでも歌ってる  涙と笑顔足せば 想い出になる その痛み やさしさに変わるよ 魔法の呪文はいつも胸の中にあるはず キミ次第だよ どんな時でも  どうして僕等は時に傷付け合って 何かを恐れてしまうのだろう  決して綺麗じゃない純じゃない自分自身を 愛せればきっと奇跡は起きるよ  ヒュルーリラ ヒュルーリラ 聞える明日の音 ココロにキセキの風 いつでも歌ってる  ココロに吹けカミカゼ 願うだけがユメじゃない
玉ねぎの詩前田亘輝前田亘輝前田亘輝前田亘輝人生なんて 玉ねぎよ むいてみりゃ 何もありゃしない ただ涙が滲むだけ なんで そんなに 肩はるの  威張りたいの? 誰かに 敬まわれたいの?  どっか矛盾だらけ 不純だらけ 世間は ほんと矛盾だらけ 不純だらけ 人間は  お金なんて ニンニクよ たらふく食ったら 臭いだけ 天国にゃ持って行けないのに なんで そんなに ためこむの  家も土地も 車も愛人も みんな 欲しいの?  どっか矛盾だらけ 不純だらけ 男は ほんと矛盾だらけ 不純だらけ 女は  どっか矛盾だらけ 不純だらけ 地球が ほんと矛盾だらけ 不純だらけ 宇宙が
DO YOU WANNA.....?前田亘輝前田亘輝前田亘輝片山圭司どれだけ 恋をして 傷ついてきただろう 痛みも 薄れていく 最後の出逢いに 互いに見つめ合えば 愛しさ増す日々 言葉じゃ伝えられぬ 不思議なこの気持ち  君より欲しいものが もう見つけられないよ  Do you wanna love? Do you wanna dream? Do you want happiness? Do you wanna touch? Do you wanna feel? Do you want everything? ふたりなら全てが 叶えられるさ  月灯りに雪が 舞い散る クリスマス イヴ 心に誓ったのさ 君だけを 守るってこと  奪い合うだけなら 誰にでも出来るけど  You're my only love, you're my only dream You're my only happiness 喜びも 悲しみも 分かち合えるさ 何も欲しくはない 君さえいれば  Do you wanna love? Do you wanna dream? Do you want happiness? Do you wanna touch? Do you wanna feel? Do you want everything? ふたりなら全てが 叶えられるさ  You're my only love, you're my only dream You're my only happiness 喜びも 悲しみも 分かち合えるさ 何も欲しくはない 君さえいれば
CHANGE OF PACE前田亘輝前田亘輝前田亘輝UNIちょっと待って everybody たまには need a change of pace 焦り過ぎは 体に良くないぜ ヤバイぜ everybody そろそろ got to change your pace 銭儲けは 心に良くないぜ  曇った空 腐りきった街 優しさを口にすれば 人は皆 傷ついてゆくだけ  百戦百勝 獅子奮迅 骨の髄までボロボロさ 負ければ捨て猫 冗談じゃネェ  目覚めろ everybody 今こそ try a change of pace 何もかもが しらけちまう前に  満員電車 押し込まれて 息も出来ぬ通勤ラッシュ 昨日見た夢さえ 忘れて  一人じゃ 誰だって 何も出来やしないと 自分の無気力 人のせいにして  (Wait!) 忘れちゃいないかい? (We are free!) 夢見る自由を (Why don't you try?) 動き始める前に 全てあきらめちゃ No! No! No! No!  ちょっと待って everybody たまには need a change of pace 焦り過ぎは 体に良くないぜ ヤバイぜ everybody そろそろ got to change your pace 銭儲けは 心に良くないぜ  目覚めろ everybody 今こそ try a change of pace 何もかもが しらけちまう前に
鳴呼人生ぶるーず前田亘輝前田亘輝前田亘輝織田哲郎いつからだろう けだるい朝を迎えるのは 微熱が 僕を 困らせる  毎日誰かが 能書きを押しつけてくる 情報で 頭がパニックしそうさ  前だけ見て歩きなよと 自信過剰のリッチマン たまにゃ他所(よそ)見もいいもんと 現実逃避のプアーマン あんたはどっち? Ah人生ぶるーず  世界中 幾つもの 問題を抱えてる みんなは 真実に 目をそらす  多くの偽り 見抜いてるのに 知らんぷり ガラスの幸せに酔ってるhappy life, No!  自分以外は 敵だねと 熱くなり過ぎビジネスマン 人類すべて 仲間だと 悟りきってるフリーマン どっちもどっち Ah 人生ぶるーず  極端になり過ぎてる いい加減じゃだめだね ほど良い加減で 生きたいね  前だけ見て歩きなよと 自信過剰のリッチマン たまにゃ他所(よそ)見もいいもんと 現実逃避のプアーマン あんたはどっち? Ah人生ぶるーず  自分以外は 敵だねと 熱くなり過ぎビジネスマン 人類すべて 仲間だと 悟りきってるフリーマン どっちもどっち Ah How are you doin'? 人生ぶるーず
Super Star前田亘輝前田亘輝前田亘輝多々納好夫J. Dに憧れ イキがってた rolling age 夢なら every day つかむために run away  落書きだらけの 教科書 知りたいことは 何にものっちゃいなかった ダマされないぜ  C'mon! 行き先なんて 誰にも決めさせないのさ Get out! お決まり文句は ちっぽけで意味がないよ 転がり続けるかぎり I'm a super star!  正直者が ハズレを引く時代 no good 人生って まるで ジグソーパズルのようさ  悔しくて 涙こらえた夜 忘れやしない いつまでも とぎすまされた ナイフでいたい  Ready! 握った拳ほどかずに スキをうかがえ Get up! 腐ったカベを 打ち破れるその日まで 誰もがかみしめている You're super star!  悔しくて 涙こらえた夜 忘れやしない いつまでも とぎすまされた ナイフでいたい  C'mon! 行き先なんて 誰にも決めさせないのさ Get out! お決まり文句は ちっぽけで意味がないよ 転がり続けるかぎり I'm a super star!  Ready! 握った拳 ほどかずに スキをうかがえ Get up! 腐ったカベを 打ち破れるその日まで 誰もがかみしめている We're super star!
Working Boy前田亘輝前田亘輝前田亘輝多々納好夫希望に胸ふくらませて 誰もがこの道を 真っすぐ駆け上がろうと 歯をくいしばり  現実との狭間に かいま見る夢さえ もろくも崩れてく my company  あれやれこれやれと上司が マンネリ5月病にさせる 何かにつけて会社のためだと言うけれど  働け working boy 君のために続けろ 投げ出さずに 汗が今の 勲章さ 陽気にやろう  バブルがはじけてオタオタする連中 金だけ追いかけてせつないね  夢のために働け my boy 世界は金じゃ変わらない 明日を創り出すなら 体当たりの working hard  泣くな working boy いつかその手伸ばせば つかめるはず かけがえのない何か 楽しくやろう  働け working boy 君のために続けろ 投げ出さずに 汗が今の 勲章さ 陽気にやろう  泣くな working boy いつかその手伸ばせば つかめるはず かけがえのない何か 楽しくやろう
明・暗前田亘輝前田亘輝前田亘輝前田亘輝・UNISchoolと名の付く段階で知らず知らず 広がってくマイナー・メジャーの距離  気が付いた時にゃ もうどうにも間に合わない おいてかれたら ハイ! それまで  ぼやぼや 生きてたら あいつにも こいつにも抜かれてた  お先真っ暗 消極的 混乱思考で金がない だけど 憎めない もう駄目だ 辛い 苦しい 失敗だ やる気まったくない俺  快進撃で 今日まで負けは知らず 出世街道 ひたすら走ってきたが  友達と呼べる 仲間なんていやしない どんな時も一人ぼっち  あなたは どっちがいい 鈍行それとも超特急  お先明朗 積極的 戦略思考で金がある だけど 嫌われる まだやれる 楽だ 楽しい 大成功 やる気満々な俺  お先真っ暗 消極的 混乱思考で金がない だけど 憎めない もう駄目だ 辛い 苦しい 失敗だ やる気まったくない俺  お先明朗 積極的 戦略思考で金がある だけど 嫌われる まだやれる 楽だ 楽しい 大成功 やる気満々な俺  どっちもどっち
泣けない君へのラブソング前田亘輝前田亘輝前田亘輝片山圭司いつでも僕の方が すぐ怒りだす どうして そんなに君は 平気な顔するの たまにはおどかそうと 色んな事して その度から回り もつれていく恋  ケンカの後はいつも 憂鬱がこの僕を 悩ませるのさ こんなに好きなのに  君が泣いた 夢の中で 久しぶりにいじらしく うれしかった 愛しかった 泣き顔の君がみたい  涙は言葉よりも 時には激しく 心を打つものさ たまにはみせてね あんまり君が強く たくましくなると なんだか寂しくて やりきれないんだ  勝手なのは男と わかってるけれど 最後は僕の所へ おいで  辛い時 苦しい時 いつでもいいからここへ とびこんでくればいいさ 泣けない君へのラブソング  君が泣いた 夢の中で 久しぶりにいじらしく うれしかった 愛しかった 泣き顔の君がみたい  辛い時 苦しい時 いつでもいいからここへ とびこんでくればいいさ 泣けない君へのラブソング
いいから いいから前田亘輝前田亘輝前田亘輝UNIバカな意地はって 強がってるだけじゃない そろそろ 限界よ 肩の力抜きな  イイネ その笑顔 しばらく振りじゃない 素直になりなよ 楽になれるからさ  アンタ一人が 傷付いて 辛い想いをしてるワケじゃない  いいから(いいから) いいから(もういいから) 何とかなるから 大丈夫 カネもち(カネもち) びんぼう(メチャびんぼう) 幸せになるには 関係ない  ウソもたまには ついたっていいじゃない 世の中そんなに綺麗なものじゃない  ワルに誰だって チョイとは憧れる 清く正しい毎日じゃ息がつまる  テレビじゃあれこれ夜更けまで 賛成・反対 言ってるけれど  いいから(いいから) いいから(もういいから) ほっときゃいいのに 余計なこと どいつも(どいつも) こいつも(そうこいつも) 白黒ばかりをつけたがる  いいから(いいから) いいから(もういいから) 何とかなるから 大丈夫 カネもち(カネもち) びんぼう(メチャびんぼう) 幸せになるには 関係ない  いいから(いいから) いいから(もういいから) ほっときゃいいのに 余計なこと どいつも(どいつも) こいつも(そうこいつも) 白黒ばかりをつけたがる
ルーレット前田亘輝前田亘輝前田亘輝片山圭司SO 誰にも来るよ 一か八か賭けなきゃいけない時 SO ここはカジノ現場 天下御免だよ 世紀の対決  迷える仔羊 度胸で数字決めたら 後はチャンスの神様頼むよ  ルーレット回せよ 人生 is the game 駆け引き要らない 一発勝負 どんでん返しも大アリ challenger 覚悟を決めたら回せ  SO そのままじっとしてりゃ 傷付かない 辛いこともない SO ひたすら無事だけ 祈るような毎日 楽しいかい?  背中が熱くなるよな スリルだね 自分を賭けるということは Baby, Good Luck!  ルーレット回るよ 刺激 got to be 心配したってどうにも止まらない スッキリ キッパリ 答えを出そうぜ 当たれば デカいぜ 成りking  迷える仔羊 度胸で数字決めたら 後はチャンスの神様頼むよ  ルーレット回せよ 人生 is the game 駆け引き要らない 一発勝負 どんでん返しも大アリ challenger 覚悟を決めたら回せ  ルーレット回るよ 刺激 got to be 心配したってどうにも止まらない スッキリ キッパリ 答えを出そうぜ 当たれば デカいぜ 成りking
愛・ing(してる)前田亘輝前田亘輝前田亘輝前田亘輝シブ好み ハデ好み お宅好み 100通りタイプあるけど  惚れちゃえば それまでよ 気にはしないで DA・DA・DA・DA… 大丈夫  笑って泣いて一寸先も見えぬ ものよ 恋は  バイバイバイ 見かけ繕う男達 アバヨ 強いフリする女達 だけど だけど 大好きな君に 言えそうで 言えない 愛・ing(してる)  学歴や年収を気にするくせに 夢見るは 純愛ストーリー  心まで よそゆきの恋愛なんて DA・DA・DA・DA… ダメになる  男と女は ないものねだりだね 心も 体も  好きよあなた きつく抱きしめて 好きさ君が 奪ってしまいたい 裏と表 本音と建前 出来そうで 出来ない 愛・ing(してる)  バイバイバイ 見かけ繕う男達 アバヨ 強いフリする女達 だけど だけど 大好きな君に 言えそうで 言えない 愛・ing(してる)
もう歳だ前田亘輝前田亘輝前田亘輝多々納好夫夢を見るのも忘れて働いてきたが やけに最近寒さが この身にしみてきて  知らずに僕が僕でなくなって 気づけば自由にしばられてる  見ざる言わざる聞かざる くさいものにはすぐフタをして どこ吹く顔して もめごとなら知らんぷり やるときゃ俺だってやるさと 酒が入ればデカい口たたき つまずくたんびに逃げてる俺は Ah もう歳だ!!  何も解りあえはしない大人達に向かい かみついてたあの俺は 今ではその仲間  誰にも消せない熱い想いを まさかこの手でうばうなんて  忙しい疲れたできない 何事にも否定的になり こんな俺に誰がしたんだと逆恨み 周りの目ばかり気にして 言いたいこともただ言えずに イジケてばかりのアンタも Ah もう歳だ!!  見ざる言わざる聞かざる くさいものにはすぐフタをして どこ吹く顔して もめごとなら知らんぷり やるときゃ俺だってやるさと 酒が入ればデカい口たたき つまずくたんびに逃げてる俺は Ah もう歳だ!!  Ah もうダメだ!!
一期一会前田亘輝前田亘輝前田亘輝前田亘輝眉目秀麗 容姿端麗 才色兼備 純真無垢 天真爛漫 品行方正 難攻不落 女子大生 酔眼朦朧 虎視眈耽 興味津津 猪突猛進  君子豹変 軽挙妄動 美辞麗句 意気投合 眼光炯炯 傍若無人 独断専行 厚顔無恥 唯我独尊 得意満面 酒池肉林 連込旅館  一期一会 以心伝心 暗中模索 単刀直入 電光石火 縦横無尽 右往左往 無我夢中 海千山千 百戦錬磨 精力絶倫 自画自賛 空前絶後 感慨無量 一心同体 即身成仏 極楽往生  百発百中 戦戦兢兢 粉骨砕身 支離滅裂 自由奔放 千変万化 変幻自在 女子大生 昼夜兼行 悪戦苦闘 疲労困憊 意気消沈  前後不覚 茫然自失 満身創痍 半死半生 絶体絶命 滋養強壮 栄養補給 効果覿面 心機一転 一念発起 面目躍如 起死回生  一期一会 以心伝心 暗中模索 単刀直入 失地回復 汚名返上 名誉挽回 切磋琢磨 虚虚実実 油断大敵 安全第一 半信半疑 被害妄想 顔面蒼白 十月十日 因果応報 自業自得
フォローマン前田亘輝前田亘輝前田亘輝織田哲郎あんたの事だぜ well alright わがまま女は ごめんなんだョ どんなに フォローを 決めたって 泣いたらしまい そりゃ ズルイぜ oh yeah 涙は大事にしろよ 最後になりゃ あんたの勝ちさ オレは フォローマン oh yeah  気まぐれ女は 魔物だって 誰彼 忠告してくれるぜ でも どうしようもない I don't care 夜中の電話 メンドウみきれない oh yeah あんたの笑顔は Happy Dream だから又 サッカクしちゃうぜ オレは フォローマン oh yeah  別れる切れるの 話じゃないさ 本当の気持ち 知りたいだけさ じゃなきゃ フォローマン oh yeah  俺はフォローマン...
You Can't Steal My Heart前田亘輝前田亘輝前田亘輝宮原学長い髪 風がもて遊ぶ こぼれそうだよ baby 胸元が ミニスカート挑発するよな 長い足だね maybe 出かけよか  お前を連れて歩けば みんな振り向く街角 痛い目線が 背中に刺さるよ 誰も一度は 夢見るような date, lucky boy  You can steal my eyes ゾクゾクさせるね You can steal my eyes 芯までトロけて お前なしでは もう いられない 仕事も忘れて 浮かれそう Oh pretty woman  初めての出逢いは燃えたぜ オレも男さ baby イチコロさ でもちょいと待ってよ 話が 噛み合わなくて どうも気になるね  ダイエット エステに 占い あなた何型? 何のこっちゃ 他に話すこと 思いつかないの これじゃ まるで雑誌の広告ページ broken heart  You can't steal my heart そろそろ さよなら You can't steal my heart いい人見つけなよ お前の話聞いてくれる 暇なヤツ どこかにいるよ Oh pretty woman  You can't steal my heart ゾクゾクしないね You can't steal my heart 芯までトロけない お前なしでも もう 生きられる 仕事も忘れず しっかりしなきゃ Oh pretty woman
必然のラブストーリーリュ・シウォンリュ・シウォン前田亘輝織田哲郎cocomi・PIPELINE PROJECTこれはもう偶然なんかじゃなくて 必然の赤いラブストーリー  味気ない毎日に ただ過ぎる季節 君に出逢ったね それだけで全部 一瞬が永遠に変わった  それはもう恋なんかじゃなくて この地球が生まれたような衝撃 “I LOVE YOU”だけじゃ足りない気持ち 言葉ではとても埋められそうにない 運命の赤いラブストーリー  消せない胸の痛み 抱えてた僕の 笑顔の裏側 泣いてる心は 君だけに 続いていたんだね  僕はもう 恐れるものなんかない この宇宙で 奇跡のようなめぐり愛 一人じゃ迷子だったこの世界 しっかり歩いてゆける君と 二人して作るラブストーリー  これはもう偶然なんかじゃなくて この地球が生まれたような衝撃 “I LOVE YOU”だけじゃ足りない気持ち 言葉ではとても埋められそうにない 運命の赤いラブストーリー 必然の赤いラブストーリー
with youリュ・シウォンリュ・シウォン前田亘輝春畑道哉PIPELINE PROJECT君がいないよ 他は何も変わらない どうして僕だけ残されたのか  君に逢いたいよ 二度と帰れない日々 あんなに誰かを愛せるなんて…  朝までとても待てずに 明日も追い越しそうな 僕等はふたりでひとつだった 瞳をそっと閉じれば今でも君の笑顔が 生きているんだ 僕の中でずっと  ひとりじゃないね たとえ触れ合えなくても “ありがとう”いつか君に言えるきっと  忘れない春の温もり 失くさない夏の激しさ どんなに季節が流れても くじけない秋の淋しさ 負けない冬の寒さにも 君が教えてくれたたいせつな事  空のうえから 僕を見てるとしたら 心配しないで欲しいどうぞ  心はあの日のままに with you
旅人-over the wave-前田亘輝前田亘輝前田亘輝本間昭光中村太知知られたくない想いと気付いて欲しい気持ち 入り混じりながら迷うことが人生さ  勝ち負けとか白黒つけるのも大事だけど 君は知ってるね もっと大切な涙の意味  ゆけゆけ暗闇を 黒い海の向こうには 夢が 愛が 笑ってるはずだよ  追いかけても届くことない悲しみは その胸に咲く たったひとつの真実さ  泣いて泣いて 全部濡らして 今日に流してしまおう 何も足さず何も引かないで 君らしく僕らしく 傷だらけの未来でも たった一度しかない旅だから  強くも弱きものがヒトなんだ すべては僕しだい 君しだい  ゆけゆけ暗闇を 黒い海の向こうには 夢が 愛が 笑ってるはずだよ  君らしく僕らしく 傷だらけの未来でも たった一度しかない旅だから
恋ノウタ前田亘輝前田亘輝前田亘輝本間昭光中村太知誰かに恋する それだけで不思議だね 辛いのに ただ過ぎてゆく昨日も 物語に変えてしまう  どんなに泣いても涸れない涙の意味を知って 脆くも強い気持ち そっと君によせて 奏でる音色  聞えてくるよ 懐かしさにも似た痛み 忘れかけてたMelody 胸の真ん中でドンドン 君を好きになる 嫌いになるほどそばにいたいよ 揺るがないものが愛なら 声が嗄れるまでうたうよ  好きとか嫌いとか それさえ解らなくなりそうで 甘くせつない想い 悩み迷いもがく 心の迷路  響いてくるよ 悲しみにも似た痛み 激しさを増すMelody 胸の真上からジンジン 確かなことは君を好きだってことだけだよ 壊れないものが愛だと 信じてやまない 恋ノウタ  聞えてくるよ 懐かしさにも似た痛み 忘れかけてたMelody 胸の真ん中でドンドン 君を好きになる 嫌いになるほどそばにいたいよ 揺るがないものが愛なら 声が嗄れるまでうたうよ
Only Oneリュ・シウォンリュ・シウォン前田亘輝春畑道哉勝恭一・PIPELINE PROJECTJust for you, my love 僕の声は届いてるかい? All my song, my life 僕はちゃんと歩いてるかい?  凍えそうな世の中 たったひとつの温もり 君を守るためなら 何だって出来る  お願い神様 もしも一つだけ 願いを叶えてくれるなら 悲しみ苦しみ 僕が全て背負(しょ)うよ 喜び幸せ 全部彼女にあげて だって君は僕だけのOnly One  色んな言葉 組み合わせても足りない想い 出逢った時から 始まったんだこのすべて  どんな記念日よりも 君と歩くこの日が どんな想い出よりも た・い・せ・つ だよ  お願い神様 もしも一つだけ 願いを叶えてくれるなら 涙や痛みは 僕に全て頂戴 いつでも笑顔でいられる彼女のため だって君は僕だけのOnly One  お願い神様 もしも一つだけ 願いを叶えてくれるなら 悲しみ苦しみ 僕が全て背負(しょ)うよ 喜び幸せ 全部彼女にあげて だって君は僕だけのOnly One  いつだってOnly One
太陽のテイクオフ渚のオールスターズ渚のオールスターズ前田亘輝織田哲郎渚のオールスターズ真っすぐ続くいつものseaside road オンボロJEEP とアンティークなsurf board  夢なんてやつにまだ酔えるなら 後悔するよりも 今を選ぼうよ  他人の顔色 もう気にしない この人生が 幻でも  青い空と海はゆりかごさ 胸の痛みも 消えてゆく 過去も未来も僕ら次第なら 無茶は承知で 無理は覚悟で 太陽のtake off! sunrise bright  君へと続く星空の渦 甘く切ない 想い出の結晶よ  愛なんてものがまだあるならば 恐れる事なんかない 信じてみようぜ  嘘や言い訳はもうどうでもいい この気持ちだけ正直に  淡い星と月が道標 迷う心を 照らしてる 晴れも雨も僕ら次第なら 恋は希望で 愛は勇気で 暗闇にtake off! don't be afraid  青い空と海はゆりかごさ 胸の痛みも 消えてゆく 過去も未来も僕ら次第なら 無茶は承知で 無理は覚悟で 太陽のtake off! sunrise bright  明日にtake off! キメよう
Bad Beach QuestTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEDoke! Doke! Doke! しっと心 Doke! Doke! Doke! ねたみグセ Doke! Doke! Doke! オレから出てってくれ Doke! Doke! Doke! トラウマ君 Doke! Doke! Doke! 後悔君 Doke! Doke! Doke! オレに構わないでくれ  泳ぎたいんだ 誰も知らないBeachで 思いっきり オレだけの バタフライ  Yuke! Yuke! Yuke! 本能で Yuke! Yuke! Yuke! つっぱしれ Yuke! Yuke! Yuke! 地図なんて必要ねぇ Tobe! Tobe! Tobe! しがらみを Tobe! Tobe! Tobe! 断ち切って Tobe! Tobe! Tobe! 魂でBad Beach Quest  俺じゃない俺 見つけたい 君じゃない君 出逢いたい 愛とか夢・幻なんかじゃない  叫びたいんだ 誰も知らないBeachで 大声で オレだけの music  Yame! Yame! Yame! 猿芝居 Yame! Yame! Yame! 出来レース Yame! Yame! Yame! シナリオはいらねぇ Dame! Dame! Dame! このままじゃ Dame! Dame! Dame! 消えちまう Dame! Dame! Dame! 魂でBad Beach Quest  泳ぎたいんだ 誰も知らないBeachで 思いっきり オレだけの バタフライ  Doke! Doke! Doke! しっと心 Doke! Doke! Doke! ねたみグセ Doke! Doke! Doke! オレから出てってくれ Doke! Doke! Doke! トラウマ君 Doke! Doke! Doke! 後悔君 Doke! Doke! Doke! オレに構わないでくれ  Yuke! Yuke! Yuke! 本能で Yuke! Yuke! Yuke! つっぱしれ Yuke! Yuke! Yuke! 地図なんて必要ねぇ Tobe! Tobe! Tobe! しがらみを Tobe! Tobe! Tobe! 断ち切って Tobe! Tobe! Tobe! 魂でBad Beach Quest
Your Home TownTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEどれくらい遠くまで 歩いてきたんだろう どれほどの想い出に 涙ながしたんだろう  べつに不満なんてない 今の暮らしなのに やりきれないせつない夜に つぶされそうになって  友達や恋人に かこまれてる毎日 孤独でも寂しくもないのに なぜなんだろう  誰のため何のため がんばってきたのでしょう 夢のため愛のため なんで泣いてるのでしょう  べつに文句なんてない 人生のはずなのに 戻りたくて帰りたい 気持ちに負けそうな夜  夢にみる母の顔 その心のふるさと いやされてつつまれて 明日を連れてくるでしょう  願い事たくした 流れ星 はじめて誓った恋の 夏祭り  完璧な人なんて 必要ないはずだから 寄り添って人と書く どうぞ無理はしないで 決してひとりじゃないよ いつか 君がふるさと
波のバカヤローTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE夏に背中押されて 始めた恋のサーフィン 君へ続くパドリング 君のためにテイクオフ  海に興味もなかった どちらかといや陸派 すべては「サーファーがタイプなのよ」その一言から始まった  ふりむいて欲しいから がむしゃらにがんばったのに  波のバカヤロー 本気(マジ)オモロ過ぎて 彼女の事よりも 気にしちゃう天気 のまれるココロ サヨナラBaby  仕事中はウトウト デート中もウトウト 陽が昇りゃソワソワ 晴れてたらワクワク  磯の香り誘われるまま 右往左往大移動 世捨て人 海ガラス こんな俺に誰がした  波のバカヤロー 本当ヤバ過ぎて お前に乗りたくて 四六時中夢中 サイドシートに あの娘はもういない  波のバカヤロー 本気(マジ)オモロ過ぎて 彼女の事よりも 気にしちゃう天気  俺もバカヤロー きっかけなんてさっぱり 忘れちゃっているよ 気が付けばひとり のまれるココロ サヨナラBaby サイドシートに あの娘はもういない
ひだまりTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE二人して歩いた 名前重ねた 想い出の日々 幸せも悲しみも いつも半分 分け合って  笑顔が風で 涙は水で 育てたね 愛の花 誰かに誇れるものではないけど 君と一緒に 守り続けたい このひだまりだけは  あたりまえの事が 気付かなくなる みんなそうだね この海も この空も もちろん君も た・い・せ・つ  恋は愛へと 愛は命に 続いてる 永遠に 夢破れても 枯れてしまっても 傷つきながら 輝いてゆく 君と二人ならば  笑顔が風で 涙は水で 育てたね 愛の花 誰かに誇れるものではないけど 君と一緒に 守り続けたい このひだまりだけは  ずっと一緒に 守り続けたい このひだまりだけは
みんなガンバレTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE出来ないガマンするのが 確かにガマンだけど そんなに僕等は 強くはないよ  世の中勝つ人だけ ばかりだったらいいのに 悲しい事だけど そうはいかないね  今日の君の涙 誰かに笑顔のプレゼント そう思えば ラクじゃない  他人(ひと)を笑うより笑われよう 文句より汗かいて オトコ オンナ 夢に性別なんてないよ ビリでも構わない 失格よりまだマシ ボクも キミも 生きてる みんなガンバレ!  悩み事なんてない あるのは問題だけ 解こうとしないから ますます悩んじゃう  失敗したって 何度でもやり直せるけど 後悔は 一度きり  誰かのせいにするのは止めよう 言い訳なんて意味ない 自分だけが 敵にも味方にもなれる もっとどきどきしよう ずっとわくわくしよう オトナ コドモ 関係ないね みんなガンバレ!  他人(ひと)を笑うより笑われよう 文句より汗かいて オトコ オンナ 夢に性別なんてないよ ビリでも構わない 失格よりまだマシ ボクも キミも 生きてる みんなガンバレ!
彼女は夏のデザートTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE彼女は夏のデザート 浮かれてる心ごと きつく甘くそっと かわしてく ツワモノ  ひるがえす恋のスカート 見えそうで見えないホンネ 凍りついたみたいに 視線そらせなくて 釘づけだよ  欲しいよ その瞳 欲しいよ その唇 欲しいよ 君の全て 欲しいよ 食べちゃいたいんだ  魅惑のタンゴ タンゴ タンゴ 極上のマンゴ スパイシーパッション  彼女は罪なデザート カシスの香りまとって 夏に酔った僕を 凍えそうなルージュで 疲れさせる  痛いよ この胸が 痛いよ たまらなく 痛いよ うずいてる 痛いよ とめられないんだ  魅惑のルンバ ルンバ ルンバ 極上のキッス きっとビンタ  欲しいよ その瞳 欲しいよ その唇 欲しいよ 君の全て 欲しいよ 食べちゃいたいんだ  魅惑のタンゴ タンゴ タンゴ 極上のマンゴ スパイシーパッション  魅惑のルンバ ルンバ ルンバ 極上のキッス 愛のビンタ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
チェリーTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE失くしてしまった パズルのかけら 僕ひとり探してた ずっとずっと  夏なのに凍えそうな この胸に太陽のような 天使が舞い降りてきた  チェリー 僕と踊ってくれないか 人ごみの熱い砂で チェリー 愛は僕が思うほど 難しいものじゃないね その笑顔さ  幸せにするとか 二度と言えないよ コトバではキモチでは 見つけられない  過去だけじゃ埋められない 未来だけでも満たされない ココロに足りないものを  チェリー 僕と探してくれないか 青空が続く道を チェリー もしもすべて変わっても 君だけは連れてゆくよ もう失くさない  チェリー 僕と踊ってくれないか 人ごみの熱い砂で チェリー 愛は僕が思うほど 難しいものじゃないね 愛してるよ
サンキューTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEずっと サンキュー かけがえのない ともだち 涙も笑顔もわけあえた そっと サンキュー 遠く離れてしまっても 忘れない 君と見た空を  いい事ばかり 続くワケない そんなのわかっているのに何故 あふれる涙 一人じゃ越せない夜 出逢いよりも 別れがふえてく  ずっと サンキュー どんな時でも ともだち それぞれ選んだ人生(みち)違っても そっと サンキュー 終わる事ない僕らの 約束 君と見た夢を  つまずいたって この道しかない 傷だらけでも この夢しかない にじむ星空 どこかで君もきっと 同じ空 見上げているんだね  負けないで 他人じゃなくて自分に 痛くても苦しくても絶対 信じてる 僕たちが見たあの太陽 裸足で駆け抜けた季節  ずっと サンキュー かけがえのない ともだち 涙も笑顔もわけあえた そっと サンキュー 遠く離れてしまっても 忘れない 君と見た空を
B☆B☆QTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE夏が来た!恋しなくちゃ モジモジムードなんかSay good bye 海に来た!今がチャンス 過去なんか全部脱いでチャラだぜ  目隠し誘われる スイカ割りで 気にしちゃうその声 誰だ  このココロ波で洗って ヤラしいボク砂で揉んで 恋の料理 愛しのあの娘とバーベキュー 好きも嫌いも混ぜちゃって ルール無用で焼いちゃって いただきます!You You ナツだ!ビーチだ!バ-ベキュー  夜が来た!アセるモード 押さえきれない My Body %26 Soul 星が出た!ラストチャンス 急がず慌てず告白  夜空に咲いて散る 花火よりも 熱いこの気持ち なんだ?  神秘的な月の魔力 月並みな僕の魅力 愛の奇跡 一人じゃムリムリ ハーレム 心までゼンブ食べちゃって 何度もオカワリしちゃって 世界中で You You 君こそ僕のハーレム  食べきれないほどの想い出つくろう 涙も笑顔も 君と(僕と)  こんがり焼けた Body が とろけちゃうよな Heart が 絡み合って 生みだす絶妙なハーモニー  このココロ波で洗って ヤラしいボク砂で揉んで 恋の料理 愛しのあの娘とバーベキュー 好きも嫌いも混ぜちゃって ルール無用で焼いちゃって いただきます!You You ナツだ!ビーチだ!バ-ベキュー  ごちそう様です バーベキュー
Ding! Dong! Dang!TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE見えずにいたものや 知らないでいた事に 触れようとする事は ものすごく痛いんだ  泣き出したくて 逃げ出したくなる 僕だってそうさ 君一人だけじゃない  意味ない努力や無駄な出会いとか あるワケないから 拳をかためて Ding! Dong! Dang!  いくら手を伸ばしても 届かないこの花も 君と手をつなげば 簡単につかめるよ  すれ違ったり 誤解しあったり 信じるために ケンカもするけれど  今日に傷付いて涙で濡れても 一緒に行こうよ 僕らの明日へ Ding! Dong! Dang!  卒業しても 大人になっても 君は君でいて 僕は僕らしく  見上げた空は 果てしなく続く さえぎるものは 何一つないはず  意味ない努力や無駄な出会いとか あるワケないから 拳をかため Ding! Dong!  僕に足りないものは君がくれる 君にないものは僕があげるから Ding! Dong! Dang!
ASIAN BLOWリュ・シウォンリュ・シウォン前田亘輝織田哲郎PIPELINE PROJECTこの空とこの海は 誰のものでもないのに 大人になるたびに 欲しがるのはどうして  輝く星に寄せた夢 淡くせつない青い春 忘れてないかい 忘れたフリしてないかい  どんなに素敵な未来も 一人では意味を持たない 寂しさを埋めるためだけに 無理をして 無茶をしていいの  愛の意味涙の理由(わけ) 探す僕等は旅人  過去を越えて明日のため 心つないで歩こう  話す言葉が違っても 願う気持ちは同じだね 君を感じて僕を信じていいよ  新しい風が歌えば みんなに笑顔を運ぶよ 小さな想いがひとつに 寄り添って人と書くんだね  どんなに素敵な未来も 一人では意味を持たない 寂しさを埋めるためだけに 無理をして 無茶をしていいの  この空もこの海も 誰のものでもないよ
秋桜(コスモス)リュ・シウォンリュ・シウォン前田亘輝春畑道哉君と僕が出逢ってから一年が過ぎてゆくよ 秋のひだまりが眠り誘うころに 君は  腕の中で眠る天使 幸せがあふれる午後 ふと目をやれば笑うように秋桜が 咲いてる  もしもこの恋が散っても涙を種にまた育てたい 倒れてもまた起きあがる薄紅色の恋花を咲かせよう  君が笑うそれだけでこの胸が癒されてく きっと世界中の色さえ変えてしまう 宝物  もしもその笑顔が散ったら僕のすべては枯れてしまうだろう 守りたい雨や風から薄紅色の秋桜が笑ってる  あぁ「君が好き」そんな言葉では 足りやしない  あぁ上手く言えないこの想いが 愛なの?  もしもこの恋が散っても涙を種にまた育てたい 倒れてもまた起きあがる薄紅色の恋花を咲かせよう  もしもその笑顔が散ったら僕のすべては枯れてしまうだろう 守りたい雨や風から薄紅色の秋桜が笑ってる
ひまわりのRhapsodyリュ・シウォンリュ・シウォン前田亘輝春畑道哉PIPELINE PROJECT君の smile smile smile again 悲しみにサヨナラ 笑顔の花を僕が咲かせたいよ だから chance chance one more chance 蕾のままでいいから チョォワ ヘーヨ ひまわりのRhapsody  愛しさの花籠 空っぽの季節に君が突然溢れだした つまらない日常もささいな出来事も ひかりだす  君と sing sing sing a song 心でkissをしよう 真夏の太陽さえも照れちゃうほど いつか ring ring ring a bell 幸せの鐘を鳴らそう サラン ヘーヨ 二人のRhapsody  持て余すばかりの 毎日だったけど君に出逢ったその日から 一日じゃ足りなくて両手でも間に合わない この気持ち  二人 love love fallin' love 散ってはまた咲いて 打ち寄せる波何度でも愛そう きっと dream dream summer dream 叶えられる二人なら ヨルン イーネ ひまわりのRhapsody  君の smile smile smile again 悲しみにサヨナラ 笑顔の花を僕が咲かせたいよ だから chance chance one more chance 蕾のままでいいから チョォワ ヘーヨ ひまわりのRhapsody  サラン ヘーヨ 二人のRhapsody ひまわりのRhapsody
a song for loveTUBETUBE前田亘輝春畑道哉遠い夏に 君と出逢った 巡る季節を ずっと一緒に  僕の瞳に 君の心に 変わりゆくものばかり映るけれど  僕等の Summer days ずっと忘れない あの笑顔 君とじゃなけりゃ 僕はここにいない  一人だけじゃ 消えそうな夢も 僕より強く 信じてくれたよね  君への Love song 唄うよこの声が 嗄れようとも 抱きしめるよりも 強くいつまでも  僕等の Summer days ずっと忘れない あの涙 叶わぬ夢も あったけれど  君への愛がきっと これからも唄になる もう何一つ失う物はない  君だけに届いて欲しい a song for my love
Seaside Vibration~世界をつなげる扉ver.~TUBETUBE前田亘輝春畑道哉DAY TRACK輝く Beautiful Ocean Blue 僕らの宝 みんなここから 生まれてきた 色んな Fun Fun Funnydays 思い出がいっぱい No ! 汚したら DAME ! DAME ! 知らんぷり DAME ! DAME ! 世界をつなげる扉よ  きっと誰だって 一度や二度は刻んだ 夢や恋 この海に 癒されたでしょう 水平線の向こう ガンバる仲間(とも)がいる 世界中で 今日もまた誓われる愛  眩しい Beautiful Ocean Blue 地球の宝 波が運んでくれる未来 みんなの Shine Shine Shinydays 笑顔の季節 Yes ! いつまでも奇麗に 守りたい愛と夢 緑と平和のシンボル  うれしい時や悲しい時流す 涙 しょっぱい味がする 似ている気がしないかい きっと僕らの中にも海があって あきらめる その度に汚れてゆくよ  輝く Beautiful Ocean Blue 僕らの宝 みんなここから 生まれてきた 色んな Fun Fun Funnydays 思い出がいっぱい No ! 汚したら DAME ! DAME ! 知らんぷり DAME ! DAME ! 世界をつなげる扉よ
あなたはあなたのままでいてねTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE意味のないラクガキ どんどん胸に描こう 笑われても気にしない 未来のキャンパス 汗と涙の色が だんだん夢へと変わる あなたはあなたでいてね 明日はきっと来る  落ち込んだときに 必ず行く場所 聖域(サンクチュアリ)ってあるよね 僕にしか聞こえない 君にしか見えない チカラをくれるモノ  恋に夢に傷つく度にヒトは 臆病になる生き物 だけど  悲しい気分なら じゃんじゃん涙流そう 恥ずかしがる事ないよ ココロの洗濯さ オリジナルの気持ち ぐんぐんスピードあげて あなたはあなたのままで 明日は晴れるから  消しちゃいたいほど雨の想い出も いつかは虹になるよ 自分の嫌いなとこ 自分の嫌な癖 神様にだってある  愛に友に出逢う その度ヒトは 強くもやさしくもなれる だから  意味のないラクガキ どんどん胸に描こう 笑われても気にしない 未来のキャンパス 汗と涙の色が だんだん夢へと変わる あなたはあなたでいてね 明日はきっと来る
ともだちTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBEいつか打ち明けようとしてた想い もしかしたらと...君からの電話に車飛ばした  近くて遠いサイドシート「好きな人がいるの」と 打ち明けられず 悩んでいること話してくれた  かけ違えてしまったボタン 戻れない友情 打ち寄せる波のような痛みが 胸を打つけれど  蒼い海より眩しくて 透き通ったその心 君が思う以上に 『君はとても素敵だよ』 泣かないで  いつも座るシーサイド すれ違う気持ち 隠すほどに消し去れやしない 夏の夕暮れ  求めるだけが愛じゃないから 傷つくほうが 美しく光る愛もあると 云い聞かせるけど  誰より近くで見てきた 一途な君の瞳 あふれこぼれる涙 抱きしめられないことが 悔しくて  蒼い海より眩しくて 透き通ったその心 君が思う以上に 『君はとても素敵だよ』  どんな素晴らしい景色より 恋に輝いてる 君の横顔が今 この世界中で一番 きれいだよ  笑ってよ
ロケットハナビTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE夏の夜空を イナズマみたい 真っ直ぐに伸びる想い 一度火が付きゃ もう止められない 君に届けロケット花火  ギラついた陽射しのせいじゃない ホントさ 日ごと夜ごと募る 悩ましいほど君のこと  曜日なんて忘れちゃう 火照りっぱなしの肌と胸 月よりも淡く 星よりも眩しい恋 打ち上げたい  火遊びじゃない ノリなんかじゃない もう君が僕の未来 過去なんて全部 脱ぎ捨てちゃえ 火傷したって構うもんか  カタチとかルールなんてもう僕 見えない 胸打つ景色も まわりのみんなも見えないよ  自分さえ無くしちゃう 言葉なんかじゃとても足りない 風よりも速く 真夏より熱い恋 打ち上げよう  君の夜空を 埋め尽くそう 色とりどりの寄せる想い どんな季節も 鳴り止まない 僕の気持ちロケット花火  夏の夜空を イナズマみたい 真っ直ぐに伸びる想い 一度火が付きゃ もう止められない 君に届けロケット花火  君の夜空を 埋め尽くそう 色とりどりの寄せる想い どんな季節も 鳴り止まない 僕の気持ちロケット花火
Surfin' ロックンロールTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE朝もやハイウェイあくびして ひたすら海目指す 寝不足だってへっちゃらよ 波が俺いらを呼ぶ  スリルな孤独 風と歌う Surfin' ロックンロール  幾千本のドラマが 胸に刻まれて まばたきする間に俺いら 老け込んじゃったけど  一瞬と永遠 夢を滑る Surfin' ロックンロール  波を求めて 夏を探して 世界中を旅しよう 恋に巻かれて 愛に飲まれて 転がり続ける Rolling days  アチらコチらミシミシと 悲鳴をあげるBody それ!ムチ打ってムチャをして 波乗り調子乗り  心が痛いよりましだぜ Surfin' ロックンロール  波を求めて 夏を探して 世界中を旅しよう 恋に巻かれて 愛に飲まれて 転がり続ける Rolling days  朝もやハイウェイあくびして ひたすら海目指す 寝不足だってへっちゃらよ 波が俺いらを呼ぶ  スリルな孤独 風と歌う Surfin' ロックンロール
Summer walkerTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE銀色輝く 鏡のような海 雨でも風でも サカナのように  誰よりも自分を信じられた 若さが ただ真っすぐゴール目指した  Dreamin' walker  夢のプロペラを まわし続けた僕等の夏に きっとまた逢える 挫折の荒波 矛盾の高波を越えてゆけ 水平線の向こう 夏が来る  大きく深くて 無限大の愛 冷たい嘘にも 染められなくて  好きな人だけ感じるエスパー みんなが 愛されるより愛していたんだ Lovin' walker  虹の物語 七色にドキドキした季節 あの夏へ帰ろう 見えてる未来や 意味ない今日にサヨナラしたら 瞳を閉じるまぶた 君が笑う  夢のプロペラを まわし続けた僕等の夏に きっとまた逢える 挫折の荒波 矛盾の高波を越えてゆけ 水平線の向こう  ペンキの剥げたボート ホコリまみれの錆び付いた夢 気にせずに行こう もう一度
CANAL WAYSTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE恋シテル気持ちは 澄んだ青空より 鮮やかな Tension その胸のイカリは 君しかあげれない 一つじゃない未来 夢の地図を広げてみよう 七色の Canal Ways  信じるよりも 疑う方が 楽かもしれない でもね 眩しい空や 輝く海も ガラクタになるよ  楽園を見つけた喜び 宝クジに当った驚き 期待と不安 生きてる証拠さ  愛シテル想いは 蒼き海よりも 奥深く Passion 言葉では埋めれない 胸の海原を 思いきり泳いで 汗をかこう ベソもかこう 虹色の Canal Ways  激しい嵐に 巻き込まれたら  折れそうになるよ だけど 苦い思い出 苦しい今日も タカラモノになる  昇る朝日のような輝き 沈む夕日みたいな刹那さ すべてはキミ すべてはボク次第  恋シテル気持ちは 澄んだ青空より 鮮やかな Tension その胸の扉は 君しか開けない 一つじゃない未来 泣いてみよう 笑ってみよう 七色の Canal Ways  夢のセイルに 風を受けて 虹色の Canal Ways
ジラされて熱帯TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE偶然なんて罠にまんまと落ちて 灼熱の渦にランデブー 揺れる胸の谷間 見えそうな Island Joker は君の手の中  意味ありげに泳がせる指先 淫らな慕情かき乱してよ  ジラされるほど燃えるナンバー カリブな恋に酔って 出口さえ見えないゲーム 誰も知らない君を今夜 あふれるほど満たして 飲み干すまで Dance all night  ベッタリ甘い誘惑のリズムにジラされて熱帯  運命なんてまさか感じちゃって ウブなこの気持ちデジャブ- 泳ぎたい君と シルクの海 夢と現実のドラマ  彼が残した傷跡さえ舐めて 何でも許しちゃう君が欲しい  カワわされるほど熱いナンバー タヒチな空を飛んで 風と戯れるモード 太陽が目を覚ます前に 泣けちゃうような kiss 君の全てを Hold me tight  ジラされるほど燃えるナンバー カリブな恋に酔って 踊り狂わすアミ-ゴ 燃え尽きたって構わない 身も心も焦がして かなり本気(マジ)で Dance all night  マッタリ甘い誘惑の果実にジラされて熱帯
SKY HIGHTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE真夏を走り抜ける 風になりたい 身も心も 青空泳いでみよう 忘れてただけ 夢の翼 もう迷わない どこまでも僕の SKY HIGH  吸い込まれちゃうぐらい透き通る季節に なぜなぜ モヤモヤが消えない 太陽も登らない この胸 誰かのせいかたづけて 言い訳探すばかりじゃ 心だけ立ち止まったままさ 大空駆け抜けてく 鳥になりたい 振り向かずに 嵐に飲み込まれようが 折れない気持ち 愛の翼 もっと熱く 舞い上がれ君の SKY HIGH  ひまわりも咲かない夏なんていらない サヨナラ 打ち寄せる波のように 散っては咲く花のように 涙を勇気に変えなきゃだね  真夏を走り抜ける 風になりたい 身も心も 青空泳いでみよう 忘れてただけ 夢の翼 もう迷わない どこまでも僕の SKY HIGH  舞い上がれ高く SKY HIGH
Now & HereTUBETUBE前田亘輝春畑道也TUBE今君に足りないモノは 君には必要ないモノだから Don't mind 背伸びせず急ぎ過ぎず ココだけイマだけ 見つめて感じて Lookin' for tomorrow  ため息つくたび 君の青空が曇ってゆくんだ 見えない敵は胸の中にいて 雨を降らす 遥か未来はいくつもある 今はひとつだけ 今日君に出来ない事が 明日には出来ちゃうハズだから Don't cry 振り向かず立ち止まらず マエだけユメだけ信じて歩いて Lookin' for your dream  生きるための地図 君が描かなきゃ汗と涙で 誰かにもらう答えや夢は 何の価値もない 先ばかり見て まわり気にして 誰かのせいじゃない  今君に足りないモノは 君には必要ないモノだから Don't mind 背伸びせず急ぎ過ぎず ココだけイマだけ 見つめて感じて Lookin' for tomorrow
Miracle GameTUBETUBE前田亘輝春畑道哉大島こうすけ・TUBE涙は心の汗だから かくだけかいたって恥じゃない 負けても勝っても意味がある  暮れない昼がないように 明けない夜だってないはず 願うだけが夢じゃない あきらめないで  しんどいのは君だけじゃないんだよ さぁ Restart again バケツ一杯の涙が 奇跡を呼べる item 一人じゃない一つじゃない 夢のカタチ 十人十色 君だけの僕だけのドラマは Miracle Game  傷だらけの胸の痛みは かけがえのない勲章だよ 何よりも眩しい宝物  触れ合う手と手のぬくもり 敵も味方も他人でも 無駄な出逢いなんてない ひとりじゃないさ  失敗なら何度でも やり直せるよ Restart again 後悔はやり直せない 努力が夢のシンボル 逃げないで避けないで イバラの道 真向勝負 君と行く僕も行く未来は Miracle Game  しんどいのは君だけじゃないんだよ さぁ Restart again バケツ一杯の涙が 奇跡を呼べる item 一人じゃない一つじゃない 夢のカタチ 十人十色 君だけの僕だけのドラマは Miracle Game
愛の雪リュ・シウォンリュ・シウォン前田亘輝春畑道哉肌を刺すほど 冷え込む街が 聖夜に染まれば かじかむ両手に 溢れるくらい 切ない想い出  涙したり 笑ったり ずっと一緒だね  降り積もるよ 僕の中に 溶けない 愛の雪が 止む事ないこの想いよ 海を越え 空も越えて 君に降り積もれ ホーリーナイト  宝石よりも 星空よりも 君が眩しくて 何を足しても 何を引いても 君が大好きだよ  こんな寒い夜なのに 何故か平気だね  降り続くよ 僕の中に 消えない 愛の雪が 散る事ない二人の花が 冬を越え 春も越えて 命を咲かす日まで  夜空舞う粉雪 紙吹雪みたい踊ってる サンタクロースにだってなれそうな気がする サイレントナイト  降り積もるよ 僕の中に 溶けない 愛の雪が 止む事ないこの想いよ 海を越え 空も越えて 君に降り積もれ ホーリーナイト  心から 贈りたいよ 君だけに Merry Christmas
慟哭リュ・シウォンリュ・シウォン前田亘輝チェ・ジェフン寄せては返す波のように 永遠の物語 喜び悲しみ織り交ぜた 終りなき旅  一人では泣く事も出来ない ましてや笑う事など…  君がいて 僕がいて 新たな扉が開く  空よ 海よ 燃える大地よ 幾千年の愛の慟哭 その涙よ 熱き想いよ 無駄な人なんかいない  僕等は破れた翼で 何度も羽ばたいて 過去より未来を信じてる 汚れなき道  光には影がつきまとい 背中合わせの全て  勝つ人も 負ける人も 名前も持たずに生まれた  月よ 花よ 輝く星よ 幾千年の夢の慟哭 流す汗よ 握る拳よ 無駄な事なんかないよ  空よ海よ 燃える大地よ 幾千年の愛の慟哭 その涙よ 熱き想いよ 無駄な人なんかいない
約束(日本語バージョン)リュ・シウォンリュ・シウォン前田亘輝ウィ・ジョンス運命と言う名の河の流れに 逆らい続けた僕等 傷だらけになって離れ離れに 許されぬ恋の終り  季節は巡り時代も移り 全部が変ったけど…  春の穏やかな木漏れ日や 心奪うほどの 冬の星座でも 埋められないよ 君が好きさ サヨナラも言えずに 涙で抱きしめて唇で交した 約束  あきらめる事が二人のためと 痛みが愛だと信じて 叶わないものが夢なんだと 何度も言い聞かせてた  明日なんて来ないほうがいい 時を止めたかった  過去も傷心(きずあと)も時間が 忘れさせてくれると 言うけどまだ 憶えてるハッキリと 顔も声も君がいた全てを 昨日の事のように 消せない君よ  生まれ変わっても 又きっと出逢える あの日の約束叶えるよ  穏やかな木漏れ日や 心奪うほどの 冬の星座でも 埋められないよ 君が好きさ サヨナラも言えずに 涙で抱きしめて唇で交した 約束
光と影TUBETUBE前田亘輝春畑道哉眩しい光ほど真っ黒な影を落とし 表にゃ裏があり空があり海があるの  僕達はなんで忘れたの何時(いつ)から  咲き誇る花にだけ心奪われ 雨や風に打たれる痛み 逃げるだけ避けるだけでいいの?  勝つ人や負ける人どちらにも涙は降り その想い虹になり恋になり愛になるの  一人では何も生み出せない いつでも  寄り添い歩いてる時に争い 泣いて笑い波のように 繰り返し繰り返し生きてる  光と影の中 戸惑いながら 誰もが探してる希望の夜明け 過去も明日も遥か未来も 君次第 僕次第なんだよ
みんなのキラキラTUBETUBE前田亘輝春畑道哉さぁ扉を開いてくり出そう 灼熱の季節へ なんでこんなに激しく高ぶるの 何歳(いくつ)になっても  はじめて捕まえたカブト虫にビックリ 出逢うものすべてドキドキした あの頃と変わらない青空と海だから もう一度  さぁ心を開いて ひまわりも笑って踊ってる そんで愛の花咲かそう 世界中つつみ込んでやろう!  ~君も~ 子供に帰るよな ~僕も~ 無邪気な笑顔で ~みんなで~ 真夏へと泳ぎ出そう  さぁ何度も夢見よう 南風 涙を吹き飛ばせ そんで心のkissしよう 地球さえ照れちゃうよなドラマ  はじめて瞳(め)に映る 流れ星にドッキリ まだ見ぬ明日にワクワクした 見上げる星空は今も変わらないよ キラキラ キラキラ  ~君も~ 君らしくありたい ~僕も~ 僕らしくありたい ~みんな~ 自分らしく生きれたら 素晴らしいよね  さぁ扉を開いてくり出そう 灼熱の季節へ なんでこんなに激しく高ぶるの 何歳(いくつ)になっても  さぁ心を開いて ひまわりも笑って踊ってる そんで愛の花咲かそう 世界中つつみ込んでやろう!  地球さえ照れちゃうよなドラマ 作ろう とびきりの想い出 開けようよ この夏の扉を  ~手と手つないで行こう 一緒にどこまでもずっと 心重ねて行こう みんなで幸せに向かって~
夢の翼ひろげてTUBETUBE前田亘輝春畑道哉八月の空浮かぶ 白い雲を見つめて 乾いた風に乗せて 天まで届くと信じていた  夜明けを待てず 真夜中の海泳いだ 暗闇など平気だった my dream  夏より熱く 何よりも強く この胸に 輝いてた一番の星 見上げる夜空 溢れ出す涙 なぜなのか 答えはもうわかってるから 現実という名の 僕だけの空に 夢の翼ひろげて  真っ赤に燃える夕陽 誓ったあの約束 世界に終わりがきても 二人は離れないはずだった  昨日より今日が 今日よりも明日が 待ち遠しく感じてた my love  波より高く 海よりも深く この胸に 打ち寄せてた無限の愛 曇った瞳 うつむいた心 変えるのは 自分にしか出来ないから 傷ついたって ボロボロだって 愛の翼ひろげて  夏より熱く 何よりも強く この胸に 輝いてた一番の星 見上げる夜空 溢れ出す涙 なぜなのか 答えはもうわかってるから 現実という名の 僕だけの空に 夢の翼ひろげて  愛の翼ひろげて
太陽の兄弟TUBETUBE前田亘輝春畑道哉いつの日も眩しく見えた背中 触るだけで火傷をするぐらいに 誰よりも近くて遠い男(ひと)よ どんなに追いかけても届かなくて  影のようにいつも真似てた仕草その全てが 僕にとってのゴールだった  なのに何故Brother立ち止まってるの? Brotherもう走れないの? 太陽よりも熱い拳握れないの? 大人になるって何? 卒業するって何? 「自分」止めてまで手に入れる価値があるの? 教えてくれ兄弟 錆びてゆくナイフ  忘れちゃうぐらいの想い出しか 造れないよな奴が輝いてる 愛のムチ失くした愛の戦士 守るべき者さえも見つけられず  一つ二つ流れてゆく星が消える夜空 また一人堕ちてゆく  だからもうBrother泣いてもいいよ Brother嘘は止めてよ 無理して昇る明日には朝陽も届かない 何のための涙? 誰のための笑顔? 黒い太陽じゃ僕も君も花も咲けない 気づいてるね兄弟  寄せる波や目もくらむ青空 その胸にいつか陽はまた昇る  なのに何故Brother立ち止まってるの? Brotherもう走れないの? 太陽よりも熱い拳握れないの? 大人になるって何? 卒業するって何? 「自分」止めてまで手に入れる価値があるの? 教えてよ 聞かせてよ 太陽の兄弟 沈まない太陽
海の家TUBETUBE前田亘輝春畑道哉ナガイ ツライ 冬越えてやってきました夏が キツイ シンドイ バイトだけど海の男ガンバルマン  焼そばはソースが決め手 ~夏のナンパは薄口で~ 家族連れやカップルやらで盛り上がるon the Beach  それ焼け!灼け!心まで 愛情 友情 胸一杯に 楽しそうな笑顔がPowerになる 恋シテシテ 夕焼けにkiss シテ シテ 老若男女 年に一度のお祭り騒ぎみんなの海の家 俺(おい)らの仕事さ  やばいくらい燃える太陽 見とれちゃうよなビキニ イカン!アカン!サボッてちゃ 目から鱗ハッスルマン  怪我したらまずは消毒 ~心の洗濯ダメなら帰宅~ ハメはずして無理して遊びまくるon the Wave  飛び散る咲く波しぶき 妄想 空想 腹一杯に 一度来りゃ誰もがクセになる 笑って泣いて思いきり 今日だけここが君の家さ 失敗しても後悔してもそれは全部夏のせいだ!  売り上げは天気しだい ~恋の行方は君しだい~ みんみん蝉の気持ちわかるようなon the Stage  イクぜ!  それ焼け!灼け!心まで 愛情 友情 胸一杯に 楽しそうな笑顔がPowerになる 恋シテシテ 夕焼けにkiss シテ シテ 老若男女 年に一度のお祭り騒ぎみんなの海の家 俺(おい)らの仕事さ
涙を虹にTUBETUBE前田亘輝春畑道哉野原に咲く 名もなき花達 羨ましいと 落ち込んだ時は思えるものさ でも君は君でしかない  裏切りの雨に打たれて 挫折の嵐にのまれて 行くんだ未来へ  泣かない事が強いんじゃなくて 涙を虹に変えるのが勇気 失敗を恐がる弱さよりも マジになれない事がヤバイ イジけてる暇はない いつでも Rolling Days  青空羽ばたく 鳥に理由なんかない 何かをするのに ワケなどいらない ましてプライドなんて 意味がない邪魔なお荷物  ガラスの恋に傷ついて 悲しみの海を泳いで 僕等 捜してる求めてる  負けない事が偉いんじゃなくて 何度でも立ち上がるのが希望 10年先ばかり気にするよりも 今日をめいっぱい生きてみよう 明日へつなげよう 毎日が Beautiful Days  君しか出来ない事がある 君しか見れない夢がある絶対!  泣かない事が強いんじゃなくて 涙を虹に変えるのが勇気 失敗を恐がる弱さよりも マジになれない事がヤバイ イジけてる暇はない いつでも Rolling Days
夏祭りTUBETUBE前田亘輝春畑道哉恋しすぎるから 愛しすぎるから 理由なんてもう 忘れてしまった 変わらない景色 変わりゆく君よ 止まったままの心が動き出す  島風が歌う夏の訪れに 急ぎ足の胸 夏祭りも近い  七夕みたいだね 君がこの町 離れてから何度目の夏だろう  やっと会えたのに 涙が止まらない こんな近くに 君がいるのになぜ 空に咲く花火 胸を裂く想い 手をのばしたら届きそうな笑顔  「就職」の二文字 夢に向かう君 送り出すあの日 波に消えた言葉  好きになるのは一瞬の出来事で 伝えるのは一生かかりそうで  言葉にならない 祈りにも似てる 僕にとっては君こそが夢で 願う短冊に君の幸せを 甘くせつない僕の夏祭り  サヨナラのデート 明日君はいない
プロポーズGOLD LYLICTUBEGOLD LYLICTUBE前田亘輝春畑道哉泣いたり笑ったり いろんな季節二人で 越えて来たね 僕が落ち込めば いつもそばで黙っていてくれた  一日がまるで十年みたい そんな日々 がむしゃらに夢だけ追いかけた 君がいなきゃ出来なかったよ  僕よりも僕の事を知ってる 神様よりも君だよ 愛してるなんかじゃ足りない想い カタチにしたくて約束したくて 君だけに君だけに  いつも無理して僕にくれた笑顔に どれだけ癒されて守られて 辿り着いた 今この瞬間(とき)  誰よりも愛の意味を知ってる 世界で一人君だよ ありがとうなんかじゃ足りない気持ち 証にしたくて誓いにしたくて これが僕のプロポーズ  遠回りばかりしたけれど 想い出と涙の数だけ 幸せにしてあげたい誰より 君をこの手で抱きしめ守りたい  僕よりも僕の事を知ってる 神様よりも君だよ 愛してるなんかじゃ足りない想い カタチにしたくて約束したくて 君だけに君だけに  証にしたくて誓いにしたくて これが僕のプロポーズ
愛について夢についてTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEもしも君に出逢わなきゃ 何も知らないままだった 笑う事の意味 涙の理由も 言葉じゃなく教えてくれた  傷つけて傷ついて こんなに胸が痛いのに それでも誰かを好きに ならずにいられない 不思議だね 心は  咲けど泣いて 散れど泣いて 強く優しくなる華は 愛について夢について みんな手さぐりで求めて探して 悩み苦しみ寄り添ってる  答えなど一つじゃない 人の数だけあるけれど 君だけの明日と誰かの未来 どこかでは繋がってるんだ  争って戦って奪い合うだけ 人は何故 涙をこらえて離ればなれに… 青空は一つだけなのに  黒い過去も白い明日も きっと僕次第 君次第 愛について夢について いつかわかりあう そんな日が来ると 信じて託して止まない胸  無理だとかダメだとか 誰かが決めるものじゃない 君が感じてる僕も感じてる 真実は一つだけさ  君だけの明日と誰かの未来 どこかでは繋がってるんだ
月光TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEどんなに強く抱きしめても すり抜けてく君の心が かなわぬ約束が 星になった青い夏  すれ違ってしまった 君と僕の明日が 涙でにじむ夜空 はぐれて消えたね  あんなに誰かを夢中で愛せた 季節は二度と来ない 君とじゃなければ  神無月が照らしている 折れてしまった僕の心 「好き」だけじゃ越せない 恋と愛のはざま いまでも言えないサヨナラ 消せなかった君の涙が 月夜の戻り道 想い出には出来なくて  枯葉散る夕暮れに いつもの散歩道 変わらない景色には 君だけがいない  記憶を辿れば半分よりもっと 僕のとなりでいつも そばにいた彼女(ひと)よ  見上げる夜空の三日月 欠けてしまった僕の心 一人じゃ意味がない 過去も未来(あす)も夢も 素直に言えないゴメンネ 比べる事ばかりだったから 月夜に泣ける胸 想い出には出来なくて
Let's go to the sea ~OASIS~TUBETUBE前田亘輝春畑道哉大島こうすけ・TUBE照れちゃうほど燃える My Heart 世界で一番熱い夏をアゲル! エアコンなんてキカない You and Me 情熱の汗があふれ出す  おじぎのひまわり追い越して 二人して胸のペダルめいっぱい こいで夏へ going on!  Let's go to the sea 君の事が大・スキ はじめて泳ぐ真夏の恋 Lovin' Lovin' you 夕陽よりも赤く染まる Body and Soul かわいた砂と風をけってオアシスへ Get down!  眩しいほど憎い Your eyes この夏一番熱いKissをアゲル! ブレーキなんていらない You and Me アクセル全開 走り出そう  涙の想い出飛び越して この気持ち胸に刻んで一気に 君と明日へ getting on!  Let's go to heaven 曇り空は大・キライ! 曖昧より明解な恋 Drivin' Drivin' with you 神様より大事な人 Honey and Baby 幻じゃない君を乗せてオアシスへ Ride on!  Shake! Shake! Shake! Your Hips 昔話イラ・ナイ 沈み行く過去に背を向けてオアシスへ  Let's go to the sea 君の事が大・スキ はじめて泳ぐ真夏の恋 Lovin' Lovin' you 夕陽よりも赤く染まる Body and Soul かわいた砂と風をけってオアシスへ Get down!
Summer BreezeTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE去年までは苦手だった この季節 今年はちょっと違ってる うるさいだけ 蝉の声も 歌ってるみたいに聴こえるんだ  全てを変えてしまうくらい 恋って奴ぁ不思議なものよ 君と初めての夏  Summer Breeze 真っ赤に燃える太陽の恋を やけどしないようにそっと冷ましておくれ 帰り道さえ忘れちゃうよな First Love 迷子になりそうな時は やさしく背中を押して  楽しい時間ばかり続く ワケない事 わかっているけれども 僕の腕で眠る君の 横顔がみんな癒してゆく  ひまわりが咲くあの丘を いつまでも二人歩こう その唇に誓うよ  Summer Breeze 浴衣にスニーカーの恋は どこかぎこちないけれど一つだけさ もしも涙に染まる夕陽の First Scene 二人に訪れたなら 思い切り吹き飛ばして  Summer Breeze 真っ赤に燃える太陽の恋を やけどしないようにそっと冷ましておくれ 帰り道さえ忘れちゃうよな First Love 迷子になりそうな時は やさしく背中を押して  二人をのせる Summer Breeze
青いメロディーTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE・徳永暁人君に出逢うまで 知らなかったこの気持ち いま胸の奥で 消えない波の音が響くよ  何気ない会話もとぎれないように なぜか祈ってばかり  痛みにも似た 甘く切ない青いメロディー 四六時中 君の顔が浮かぶ卯月(うづき)の空 天気より季節より何よりも気になって 明日さえ待てないくらい これがきっと恋なんだ  最終電車が 近づく駅のベンチで 時計を気にするたびに泣きそうな気分になってる  手を振る笑顔は 帰したくないのに 僕は無理してばかり  星空みたい 淡く眩しい青いメロディー 限りない想い君に届け皐月(さつき)の夜 地球より宇宙より未来より大切さ すべてが君へと続くよ それはきっと愛なんだ  痛みにも似た 甘く切ない青いメロディー 四六時中 君の顔が浮かぶ卯月(うづき)の空 天気より季節より何よりも気になって 明日さえ待てないくらい これがきっと恋なんだ
TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE幾つも涙の夜 二人だけのドラマは 足りない胸の隙間をパズルのように  泣いてる君の顔が両手でもまにあわない 笑顔の場面は片手で足りる想い出  降り積もるこの雪は君への想いなんだ 睦月の空に叫ぶよ 心から君が好き  千年も昔から一緒にいるみたいな そんな気にさせる瞳を曇らせたくない  凍えそうな木枯らしは愛への試練なんだ 春が来て青空に 咲かせたい この蕾  幸せにしてあげるなんて言えないけど 君だけがこの僕を世界で一番 やさしく強くさせる  降り積もるこの雪は君への想いなんだ 睦月の空に叫ぶよ 心から君が好き  凍えそうな木枯らしは愛への試練なんだ 春が来て青空に 咲かせたい この蕾
愛の詩TUBETUBE前田亘輝春畑道哉池田大介・TUBE胸の奥深く閉じ込めた涙 君が嫌いな弱くもろい自分 愛は傷つき夢がこわれる こんな時代 しかたないけど  欲しいものぜんぶファイルに入れて イヤなものみんな消去できる心  無理しては泣いている 笑顔の裏の君の嘘 もういいから 強がる事ない 逃げたってかまわない 曇るその胸晴らすのは 他の誰でもない 君の中に眠る 愛の詩  ひとりの夜に くちびる噛んで 言い訳だけを夜空に並べては さびしい素顔 化粧で隠して 背伸びする つくり笑いで  同情と愛情 はき違えて 男と女の意味さえなくして  これ以上それ以上 無理はしないで君らしく 白だ黒だと割り切る事ない 負けたっていいから 遠い未来を創るのは 一人では出来ない 君がいつか出逢う 愛の詩  行かないで逝かないで 人は誰でも弱き者 捨てないでね 消すことはない 命の灯火 君だけのものじゃないよ 世界中の空に いつかきっと響く 愛の詩
恋のMagmaTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEGira Gira 燃える太陽のRhythm 二人で初めて踊る 赤く染まる夏  怖いぐらいこの胸 君しか見えなくなってゆく  一秒ごと好きになって 一途なほど不安になって 矛盾してる気持ちが 愛には足りない  恋のMagma 容赦なく 僕を君を焼き尽くす 身も心もちぎれるPuzzle 昼と夜がからまって 罪と罰に誘われて 真夏の空 噴き出す想い 天まで届け  Yura Yura 揺れる二人の未来 答えや ましてGoalなど 意味もないDrama  下手な嘘は火傷を 増すだけ 不器用でもいいさ  海と風と空と君を この手で感じていたいから 傷ついても構わない 真っすぐ愛したい!  恋のMagma とめどなく 僕と君を飲み尽くす 溺れていく 魅惑の罠に 好き嫌いさえ入り交じる 荒波にもまれながら 月夜の海 重ねる願い  恋のMagma 容赦なく 僕を君を焼き尽くす 真夏の空 噴き出す想い 天まで届け  
誰のせいでもないTUBETUBE前田亘輝春畑道哉佐藤晶・TUBEたった一つ大切なもの 守れないようでは なに一つも 得るものなどない事 知ってるのに その瞳は  うつむいたまま あきらめてる なぜ? 青空を見ないの  青春のうしろ姿だけを 眺めて生きてく そんな日々 慰めの言葉 探すだけじゃ 明日もいらない夢さえいらない それは誰のせいでもない  傷ついたり傷つけたり癒したり 出来ない事はもっと辛い  長く険しい この旅路は 愛さえも迷わせるよ  想い出を振り返るだけなら 痛みも涙もいらないけど 戻れない愛にすがるだけじゃ 奇跡も起こらない 出逢いも有り得ない それは誰のせいでもない  青春のうしろ姿だけを 眺めて生きてく そんな日々 慰めの言葉 探すだけじゃ 明日もいらない夢さえいらない それは誰のせいでもない  それは誰のせいでもない
太陽は知っているTUBETUBE前田亘輝春畑道哉池田大介・TUBEBrand new special love 突然やってきた 高波にさらわれるココロ 君と Runaway 過去や未来も越え この夏をふたり占めしよう 大好きなんだ 太陽は知っている  夏の陽射しはやけに素敵な場面を 創ってくれる この砂浜 過ぎる時間さえ忘れて気が付けば 手遅れな背中  セマル夕暮れ アセルこの胸 伝えたい気持ちは言葉にならない  Brand new special life 青空に描こう 雲ひとつない僕らの地図 君と Faraway 泣いたり笑ったり 世界中ふたり占めしよう 愛してるんだ 太陽は知っている  季節だけを重ねた痛みも何もない 色褪せた日々 君色へと 一瞬で染まる音が聴こえたよ 奇跡のような恋  ノボル朝焼け ツノル想い出 風にも負けない二人の絆  Brand new special love 突然やってきた 高波にさらわれるココロ 君と Runaway 過去や未来も越え この夏をふたり占めしよう 大好きなんだ  Brand new special life 青空に描こう 雲ひとつない僕らの地図 君と Faraway 泣いたり笑ったり 世界中ふたり占めしよう 愛してるんだ 太陽は知っている
青空のピエロTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEいつも眺めるこの海 変わらない夕焼け 窓辺に佇む 僕だけが変わりゆくよ  曲げなければ折れてしまう夢や 勇気だけじゃ飛べない空を知り 悲しみをバネにして 何のため強くなるんだ  生きとし生けるものが幸せであるように 降りそそぐ太陽は いつも笑ってるから 何かを犠牲にする平和も愛も意味がない 生きてるんじゃないんだ 生かされてる 僕も君もこの花もずっと…  汚れなき青空は お金では買えない 傷付けたこの大地 心は戻せない  弱ければ成り立たない正義や 愛だけじゃ救えない事を知り 悔しさを噛みしめて 何のため耐えてゆくんだ  生きとし生けるものが幸せであるように 輝く星達 今日も照らしてるから 孤独と引き換えなら 希望も未来も意味がない 一人じゃないんだ 笑顔もその涙も誰かのためきっと…  
We are freeTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE曇りがちな世の中をただ嘆くより たとえ叶わなくたって夢を見たいね  一度や二度の挫折なんて物に 縛られてる僕等の朝は 歩き出さなきゃいつまで経っても 夜ばかり続いてしまう  泣かないでよ 暗闇のWe are free 胸の奥で何度も呼んでいるはず さあ knock on my door! 君だけが出来る その悲しみ涙を笑顔にかえる 自由の扉  疑う事ばかりだけ 数えるよりも 信じられる一つだけ誇りにしよう  一人では何も出来ない僕等 いろんな空の下の悲劇 あきらめない君の光だけが この闇を照らしてるんだ  負けないでよ 傷だらけの We are free 必要のない夢などありはしないから  泣かないでよ 暗闇のWe are free 胸の奥で何度も呼んでいるはず さあ knock on my door! 君だけが出来る その悲しみ涙を笑顔にかえる 自由の扉
ノッてけ'92TUBETUBE前田亘輝春畑道哉やたらめったら燃え上がる 太陽ギラギラまっさかり スリルとロマンスが入り交じって とても大人じゃいられない  Baby 捨てる神ありゃ maybe 拾う神あり ひと夏の恋模様 きっと出逢える気がする 素敵な女 サンライズ照らして Baby 泣くも笑うも maybe あなた次第ね 押しの一手が大事 奇跡だって不思議じゃない季節さ さあ あなたはどうする ノッてけ'92 big wave  所かまわず盛り上がる 夜の渚は夢心地 朝も近寄れないそんなムード ちょっとまともじゃいられない  Baby 好きも嫌いも maybe 気分次第ね ノリが決め手よすべて そうさ夜はつれづれ恋は情け ムーンライト 乱れて あれパス これもパスなんて 身の程知らず ぼやぼやしてたら それまで 下手な鉄砲も数打ちゃ当たるものよ さあ あなたはどうする ノッてけ'92 big wave  Baby 捨てる神ありゃ maybe 拾う神あり ひと夏の恋模様 きっと出逢える気がする 素敵な女 サンライズ照らして Baby 泣くも笑うも maybe あなた次第ね 押しの一手が大事 奇跡だって不思議じゃない季節さ さあ あなたはどうする ノッてけ'92 big wave
Half MoonTUBETUBE前田亘輝春畑道哉池田大介・TUBEありふれたケンカ またいつもの事と 覚悟した君の涙 気付けなくて  広すぎる部屋と 会話もない朝に Tシャツさえ探し出せない 僕には  君がいない昨日の続きの 今日もまた 赤い瞳(め)をした 僕の心 長い夜に浅い夢だけ 何度も くり返す言えなかった「ゴメンネ」が  夜空の月なら欠けてもいつかは 満月に戻れるのに なぜふたりは?  離れる気持ちは 何処へと向かうのだろう 答えさえ見つけ出せない 僕には  君を想う今日の続きの 明日もまた 半分のまんま 僕の心 止む事ない涙の雨が 今さら 最後まで言えなかった「アイシテル」と  君がいない昨日の続きの 今日もまた 赤い瞳(め)をした 僕の心 長い夜に浅い夢だけ 何度も くり返す言えなかった「ゴメンネ」が 僕の辞書に「サヨナラ」なんてないのに
What's Love? 君は知らないTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBEWhat's love? 愛してるなんて 誰にも言えないよ わからない 自分でも My love? 淋しい夜は 君の顔が浮かんで消えない僕のこと 君は知らない  いつも夢見てる 君と二人で 夏を泳いだり 冬を滑ったり 君が好きな 本の話も 全部知ってるけど 知らないフリ  すごく近くて遠い 二人の友情が 痛くて 邪魔をする True love? 胸の中では 何度も呼んでるのに 届かない Oh Yes, I love you 君は知らない  砂時計みたい 時間(とき)を戻せたら あの夏の出逢い マチガイの始まり 君の恋を 応援した 季節とヤツは去って 残った絆  手と手つないでみても 一つになれない気持ち 切ない 僕だけが What's love? 誰より君に 見せたい聞かせたい 想いが 泣いている 2度目の夏  …With you, I wanna go  What's love? 愛してるなんて 誰にも言えないよ わからない 自分でも My love? 淋しい夜は 君の顔が浮かんで消えない僕のこと 君は知らない
Treasure IslandTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE形ある物 壊れゆくのに 見えない気持ち どうして 壊せない僕の想い出 最終回もなかった 打ち切りのドラマ  真夏の夢と君に出逢った Treasure Island 変わらない青空に 君だけがいない あの日あの時 ふたりで決めた未来を 一人で現実(かたち)にしたら サヨナラmy memories  お互い違う道を選んで 初めて強く感じたね 同じ淋しさ 秋色せまる夕陽に押され 波に消えた恋よ  愛する心教えてくれた Treasure Island 涙が育てる 大事なこと どんな花だって散ってまた咲く 僕だって 戻れない季節にきっと サヨナラを言える  真夏の夢と君に出逢った Treasure Island 変わらない青空に 君だけがいない あの日あの時 ふたりで決めた未来を 一人で現実(かたち)にしたら サヨナラmy memories
僕が僕であるためにTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE何のために生まれてきたと 悩んでみたって 結局 答えなんか 見つかるワケないのに 夜空見上げるたび ちぎれそうな僕 迷路の中で また今日もイジケてる  勝てそうもないケンカした 傷だらけの天使達 ベソかいても弱虫でも こんな僕でもきっと… 両手だけじゃ足りないほど 夢が愛があふれてた どしゃぶりでも陽射しを待つ 僕が僕であるために  今はなんにも誇れるもの 見あたらないけれど いつかは雨も上がる そう信じていたい 濡れた瞳のまま 倒れそうな僕 フトンの中で また今夜も強くなる  夢の中じゃ いつもヒーロー 弱いものを助けて 恐れるもの何もない 誰からも頼られて 夢がさめて気がつけば ひとりぼっちの朝だけ でも明日は虹をつかもう 君が君であるために  平凡な日々は退屈だよ 死ぬほどに辛くても 夏が来れば楽しくて 恋をすれば せつなくなる そして 地球は回る  勝てそうもないケンカした 傷だらけの天使達 ベソかいても弱虫でも こんな僕でもきっと… 両手だけじゃ足りないほど 夢が愛があふれてた どしゃぶりでも陽射しを待つ 僕が僕であるために
まっ黒K3TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE無視されようが 何言われようが 今年も僕は海を目指す 夢と愛と 下心チョット 遊びなんかじゃない  ビーチは男衆達の戦場 海パン一丁で出たとこ勝負 寄せ手 挙げ手 盛り上がるテンション 君に突っ込め  まっ黒K 気付いてみりゃ まっ黒K 痛い背中に沈む太陽が 独り身の夏を むなしく焦がす  ロミオとジュリエット気取りで 愛しき彼女待ち合わす夜 待てど 暮らせど 始まらないファースト・シーン 君よいずこへ  どっちらK 明ける夜空 どっちらK 重いまぶたに昇る朝日が おバカな夢を また期待させる  まっ白K 想い出まだ まっ白K あせるこの胸 ギラギラ太陽 冷や汗かいて 男の仕事  秋の足音 聞こえる前に 神様どうぞ…  まっ黒K 今年の夏 まっ黒K でも心は どっちらK このままだと どっちらK 想い出 まだ まっ
OVER the TEARSTUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE追いかけて夢中になって 涙まじりのしょっぱい青春  窮屈な日々だった あの頃は みんなが そう 輝いていたね  痛いほど恋して にくいほど正直で  風を感じてた 今を抱きしめた どこまでも遠く 誰より強く いける気がしてた なれると信じた 雲さえつかめた  朝やけをみんなで待って 夏の夜空 打ち上げた夢  ポケットに両手入れてた理由(わけ)は 大事なもの こぼさないためさ  死ぬほどに愛して 飽きるほど涙して  星を眺めては 今をかみしめた 傷付く事など へっちゃらだった 君を好きだった 僕が好きだった 虹さえ登れた  いくつになったって 恥じることはないからさ いつだって 僕等は  風を感じてた 今を抱きしめた どこまでも遠く 誰より強く いける気がしてた なれると信じた 雲さえつかめた  星を眺めては 今をかみしめた 傷付く事など へっちゃらだった 君を好きだった 僕が好きだった 虹さえ登れた
−恋愛旅団−TUBETUBE前田亘輝春畑道哉TUBE無理をして 強がってる 本当は壊れそうな君の胸 ドラマより苦くて痛い恋愛 僕だって心はボロボロ  夏の嵐みたいに突然好きになって 僕等は涙で愛を探す旅人  幸せと不幸せは いつでも 背中あわせに笑ってて 想い出がふえる分だけ 刹那に 渇いてく ひとりの夜が  冬の流れ星みたい サヨナラくり返して 僕等は何度も愛にかける夢人  追いかけるほど遠くへ 限りない闇と光の中 終わりなき旅 昇る朝日 沈む夕陽 涙と笑顔と寄せる波のように  何かを見つけたら 何かを失くすような 答えもゴールも明日さえもない道でも  夏の嵐みたいに突然好きになって 僕等は涙で愛を探す旅人
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. この空がトリガー
  2. アルジャーノン
  3. 風の盆
  4. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  5. Subtitle

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. NO GRAVITY
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照