試聴する

追伸

この曲の表示回数 15,179
歌手:

TUBE


作詞:

前田亘輝


作曲:

春畑道哉


独りが嫌いなのに いつも一人ぼっちで
見えない涙流す 憧れの暮らし

今日も混み合う地下鉄 自分から選んだ日々
窓硝子に重なる 少年のまなざし

バス停の夕焼けは今でも 風の歌と一緒に
まだ笑って見送ってくれてますか?
たまに負けそうになるけど 目を閉じればふるさと
なんとか歩いてるから
だいじょうぶ

自分らしさがどれだけ 人を傷つけるのだろう
ほつれた糸は二度と 元に戻せない

いつの日にか誰かの 涙を拭えたなら
何よりこの心は 癒されるだろう

バス停の夕焼けは今でも 風の歌と一緒に
まだ笑って見送ってくれてますか?
生きてゆく事に飽きそうな この都会(まち)の片隅で
なんとか今日を歩いてる
生きている

夕暮れの大通り 街路樹はクリスマス
すべてが輝いて見える
だいじょうぶ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:追伸 歌手:TUBE

TUBEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-12-12
商品番号:AICL-1902
SMA(SME)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP