高野寛作曲の歌詞一覧リスト  90曲中 1-90曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
90曲中 1-90曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
消せない写真西山宏太朗西山宏太朗高野寛高野寛高野寛人混みの中 紛れ込んでみる ここではいつも 孤独になれる すれ違ったひと 君によく似てる こんな所にいるはずないのに  忘れられずに夢を砕いた 甘くて苦くて 戻らない夢 ひび割れた画面にささくれた指先で 消せない写真をまた見つめてる  今頃君はどこで何してる? 既読さえなく 一晩過ぎる 週末の街 楽しげな笑い 全てが嘘に染まるみたいで  素直になれたら 時を戻せるなら 涙の行方はまだわからない ひび割れた心に 刺さる棘のように 消えない痛みがまだ残ってる  少しだけ見せてくれた 君の弱さが愛おしい  眠れぬ夜に君を描いた 潤んだ瞳を そのぬくもりを あの日一度だけ 抱きしめた指先に 消せない思い出 まだ残ってる  忘れられずに夢を砕いた 甘くて苦くて 戻らない夢 代わりなんていなくて 君しか見えなくて 消せない写真をまた見つめてる
夢の中で会えるでしょう feat.ZOOCO, 井手麻理子, 多和田えみソルティソルティ高野寛高野寛Wow… 愛の行方 探すことだけで 僕の胸の中 張り裂けそうになる 離ればなれでも 君を胸に抱いて 僕はいつだって 歌い続けてる  苦しいことは消えて 楽しいこと始まる 大事なこのときめきを きざみつけて 生きて行こう  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日 長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから  Wow… 愛の言葉 選びぬいたなら 僕は君に向け 手紙を書くから 君の忘れ物 青い色のペンで 花のような君 想い出しながら  苦い涙乾いて 甘い思い出にじむ 僕らのつくる奇跡を 笑いながら ながめていよう  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日 長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日 長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから
とおくはなれて高野寛高野寛高野寛高野寛Darjeeling・高野寛駅を乗り継ぎ6時間 昨夜のことは夢のようで ゲームしながら気づいてた いつか終わりは来るんだな  君の街から とおくはなれて あの三叉路で 右と左へ  君のつま先冷たくて 震える夜の闇の中 どこの誰より近いのに いつも言葉は遠回り  君といつから 二人歩いて あの三叉路で 君と別れて  冷めたコーヒー口にした 苦く酸っぱい味がした 最終のバスが出る頃だ なんて眩しい月の夜  君の街から とおくはなれて あの三叉路へ もう戻れない
Rambling Boat高野寛高野寛高野寛高野寛Darjeeling・高野寛最果ての時に小舟は流れてゆく 思い思いの道へ 眠れない夜に打ち寄せる愛の波 一つまた一つ抱いて  Rambling Boat 月夜の岸に沈む涙は 静かの海に溶けて消える  満潮を待って日差しは流れてゆく 思い通りの場所へ 昔覚えた呪文や白い魔術 一つまた一つ忘れ  Rambling Boat 月夜の岸に沈む涙は 静かの海に溶けて消える 神話の頃に燃えた口づけ 裸の君に溶けて消える  沈黙の果実 口にすることだけが 僕らの集う証  Rambling Boat 月夜の岸に沈む涙は 静かの海に溶けて消える 神話の頃に燃えた口づけ 裸の君に溶けて消える
上海的旋律【Shanghai Melody】高野寛高野寛蓮水香高野寛Darjeeling・高野寛ネオンの街 不夜城は 月さえも霞む頃 愛しい人 今宵もまた 踊りましょうか  薔薇の香り 注ぐグラス 夢ならば覚めぬように 愛しい人 夜明けまでは 踊りましょうか  煙を燻らす君の瞳に映る影を 追いかけても追いかけても 遠くなるだけ  愛は幻と この胸に刻んだのに  忘れられぬ旋律が繰り返す夜の街で 愛しい人 今宵もまた 踊りましょうか 踊りましょうか
みじかい歌高野寛高野寛高野寛高野寛Darjeeling・高野寛12時に目覚めたら 時計の針は一つだった 太陽に急かされて 僕らは今日も出かける 真上から差す光 暗い影踏む二人 笑い ユーウツの種を手放して この手で花を咲かせるのさ  10年後の今を思い描いても 何もわからない 誰にも いつも口をついて 歌うだけなんだ こんな みじかい歌を  桜・紫陽花・紅葉・銀杏 季節が街の色を変える さっきから君は あの日と同じ遠い目をしてる  100年後の今も 陽はまた昇るだろう 君も僕もいないこの場所に そんなこと考えて 愛おしくて こんな平凡な毎日が  10年後の今を思い描いても 何もわからない 誰にも いつも口をついて 歌うだけなんだ こんな みじかい歌を
スーパーヒーローになりたいのんのん高野寛高野寛もう 大人なのか まだ子供なのか 迷ってる 甘い夢の中で 今 目覚めたから 夢じゃない  変身させて BABY スーパーヒーローになりたい 新しい歌を待っている  ただ言葉だけじゃ 伝わらなかったの 不器用で 気づいたら ギターかき鳴らして 眠ることさえも忘れてた  真夜中に叫びだした 私の中の野生よ 新しい歌を歌ってる 遠くへ連れてってよ Overdriveきかせて ささくれた音で 踊らせて  ああ 誰も自由 どこまでも自由 そう 願い事は きっと叶うから ああ 太陽よりも 眩しい光で この暗い暗い夜さえも 目の前から 消える‥‥  真夜中に叫びだした 私の中の野生よ 新しい歌を歌ってる 遠くへ連れてってよ Overdriveきかせて ささくれた音で 踊らせて 変身させて BABY スーパーヒーローになりたい 新しい歌を歌ってる  シャラララ 新しい歌を歌ってる
Portrait高野寛高野寛高野寛高野寛サヨナラさえ言えずに 泣き顔さえ見せずに 今もこの手の中で笑う 君のポートレイト  2月の夜に 震えてたね まるで 迷子のイルカみたいに ひび割れた画面 指でなぞって 破れた言の葉を 探してた  愛し合うことの意味も わからないままで 傷つけて  サヨナラさえ言えずに 泣き顔さえ見せずに 今もこの手の中で笑う 君のポートレイト  あの頃 僕は 怯えたシューゲイザー 先のことなど 何も見えずに 不安な夜は 獣のように 歪な情熱を 求めあう  戻らない日々は今も 美しく見える 幻  若すぎた恋人は 燃え尽きた流れ星 この心のカメラに焼き付けた ポートレイトに サヨナラ ありがとう 今なら言えるから まだ僕の胸の中 笑う 君のポートレイトに
Everything is Good高野寛高野寛高野寛高野寛楽しすぎた時間はいつも 嘘みたいに時を止めて まるで今日は 一度きりの瞬きほど短い夢  西の空を染める光 長い長い影を踏んで 帰り路を歩く二人 話はまだ尽きないのに  everything is good 珈琲を一杯、飲もう everything is good 僕は、と言えば everything is good  君がいつも歌っていた歌を 不意に思い出して 繰り返して 繰り返して 止まらなくて 止まらなくて  everything is good 珈琲を一杯、飲もう everything is good 僕は、と言えば everything is good
べステンダンクアイドルネッサンスアイドルネッサンス高野寛高野寛イイジマケンこの声は小さすぎて君の元までは届かない 例えそれを知っていても 叫ばずにはいられない besten dank  こんなところにも 壁が待っていた 交わろうとする そして乗り越える でもすべては水に流されてく  くぼみに落ちたり 雨に撃たれたり 虹の都へは遠すぎるようだ でも待つことはできない  この窓は小さすぎて君の顔さえも判らない 例えそれを知っていても開かずにいられない  生まれて初めて目が覚めたように 明かりも暗闇も 同じように見える それは不思議な景色だ  この声は小さすぎて君の元までは届かない 例えそれを知っていても 叫ばずにはいられない  ひまわりの咲く頃に また波が訪れる 今までとこれからが 廻りつづけることに 気付くだろう  あの日の景色は晴れ渡っていた 戻らない青が 惜しみなくくれた 時間を覚えていたい  この窓は小さすぎて君の顔さえも判らない 例えそれを知っていても開かずにいられない  この声は小さすぎて君の元までは届かない 例えそれを知っていても 叫ばずにはいられない  この声は小さすぎて君の元までは届かない 例えそれを知っていても 叫ばずにはいられない besten dank
宮沢和史宮沢和史宮沢和史高野寛高野寛あんなに 欲しがったのに あんなに 拾い集めたのに 僕は今何ひとつ 持っていない ただ君の手をとり ぬくもりを確かめるだけ  まだ太陽が昇っていない道を進もう いずれ未来と呼ばれる その道を  形あるものは 何もあげられなかった 形のないものしか あげられなかった 価値のあるものは 何もあげられなかった 今 君に あげられるのは この歌と僕だけ  あんなに 走っていたのに あんなに 高く跳んだのに どこかに辿りついたわけじゃなく ただ君の手をとり この場所に戻ってきただけ  まだ名前すらついていない道を進もう いつか歴史と呼ばれる その道を  形あるものは 何もあげられなかった 形のないものしか あげられなかった 価値のあるものは 何もあげられなかった 今 僕が 欲しいものは この空と君だけ  形あるものは 何もあげられなかった 形のないものしか あげられなかった 価値のあるものは 何もあげられなかった 今 僕が 持っているのは この歌と君だけ
Dog Year, Good Year高野寛高野寛高野寛高野寛笑ってる 君は いまも 笑ってる 君は 何をみてるの?  犬みたいな目で 犬みたいな声で 犬みたいにせつない 犬みたいな夢を 犬みたいな尻尾で 犬みたいに震え 犬みたいにみじかい 犬みたいな声で  笑ってる 君が いまも 笑ってる 君が  眠ってる 君は こども 今も 眠ってる 君は 何をみてるの?  夢みたいな日々 夢みたいな時は 夢みたいに短い 夢みたいなドッグイヤー 夢みたいな歌で 夢みたいに震え 夢みたいに君が 夢みたいにずっとそばで  笑ってる 君が いまも 笑ってる 君が
(それは)Music高野寛高野寛高野寛高野寛窓打つ雨音 夜中のサイレン 踏切 遮断機 夕暮れの合図 風切るプロペラ あやふや替え歌 4月のくしゃみと さびたドアの音  ぜんぶ music みんな music そんな music  廊下の靴音 かみころすあくび CD 回る音 ノイズは針の先 掃除機 竜巻 プリンターのうなり エアコン リモコン 転がるコインも  ぜんぶ music みんな music そんな music それは music  スズメの集会 働くカラスと 落ち葉の囁き しなだれる柳 無駄話 井戸端 子供の鳴き声 夕立 びしょぬれ 雨音はサンバ  ぜんぶ music みんな music そんな music それは music
夢の中で会えるでしょう鈴木雅之鈴木雅之高野寛高野寛服部隆之今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日  愛の行方 探すことだけで 僕の胸の中 張り裂けそうになる 離ればなれでも 君を胸に抱いて 僕はいつだって 歌い続けてる  苦しいことは消えて 楽しいこと始まる 大事なこのときめきを きざみつけて 生きてゆこう  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日 長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから  愛の言葉 選びぬいたなら 僕は君に向け 手紙を書くから 君の忘れ物 青い色のペンで 花のような君 想い出しながら  苦い涙乾いて 甘い想い出にじむ 僕らのつくる奇跡を 笑いながら ながめていよう  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日 長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日 長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから
Time Drop高野寛高野寛高野寛高野寛月の灯 眩しいほど白く 眠る君の横顔 照らしてる ずっとずっと このままで朝まで 長い夢を 君が見られるように  あまりにも 速く時は過ぎてゆき 映画さえ この日々に追い越されて 心を亡くして 倒れそうになって 離ればなれのまま 夜に落ちて  燃える森に 崩れ落ちる木立 眠る街に 生まれ落ちる命  世界中の人が演じてる ドラマ ほどけない運命と 繋がる偶然 預言者でさえも 神様でさえも 僕らの進む道は 選べない  遠い日々は まだ昨日のように見えて 昨日のことは 遠く霞んでゆく 暗闇のなかで せめぎあう光 ありえないことなんて どこにもない  本当のことだけ 見つめ続けたら 不安や怖れさえも 薄れて消える 歩き続けよう 歩き続けよう どんなことがあろうと 君とならば
Glow高野寛高野寛高野寛高野寛振り向けば いつのまに 遠くまで歩いてきた ここからは 緩やかな登り坂 続くけど この道は いつか来た 見覚えある道だから 今なら 迷わずに 君を連れて  西の空へと もうすぐ陽は落ちて 帰り道には 君と僕だけ オーロラのような夕焼けを 背にして 家へ帰ろう 長い影踏み  街並みも 僕たちも 移ろいながら変わって この空を流れゆく 雲のように いつの日か星になり ここを離れてゆくけど さあ家へ帰ろう ああ なんて短い日曜  西の空へと もうすぐ陽は落ちて 帰り道には 君と僕だけ オーロラのような夕焼けを 背にして 家へ帰ろう 長い影踏み  傷つけ合うために 生まれたわけじゃない 許し合うたびに君が愛おしくなる  信号待ちの 赤いテールライト 一番星が 夜を待つ頃 西の空へと もうすぐ陽は落ちて 帰り道には 君と僕だけ オーロラのような夕焼けを 背にして 家へ帰ろう 星を見上げて
ベステンダンクKREVAKREVA高野寛高野寛この声は小さすぎて 君の元までは届かない 例えそれを知っていても 叫ばずにいられない besten dank  こんなところにも 壁が待っていた 交わろうとする そして乗り越える でも 全ては水に流れてく  くぼみに落ちたり 雨に撃たれたり 虹の都へは 遠すぎるようだ でも 待つことはできない Uh この窓は小さすぎて 君の顔さえも判らない 例えそれを知っていても 開かずにいられない  生まれて初めて 目が覚めたように 明かりも暗闇も 同じように見える それは不思議な景色だ Uh この声は小さすぎて 君の元までは届かない 例えそれを知っていても 叫ばずにいられない  ひまわりの咲く頃に また波が訪れる 今までとこれからが 廻りつづけることに 気付くだろう  あの日の景色は 晴れ渡っていた 戻らない青が 惜しみなくくれた 時間を覚えていたい Uh  この窓は小さすぎて 君の顔さえも判らない 例えそれを知っていても 開かずにいられない  この声は小さすぎて 君の元までは届かない 例えそれを知っていても 叫ばずにいられない  この声は小さすぎて 君の元までは届かない 例えそれを知っていても 叫ばずにいられない besten dank
LOV高野寛高野寛高野寛高野寛LOV 新しい 急がない 僕らの間 芽生えてゆく  LOV 美しい 終わらない 僕らの間 鏡のように  あふれだす想い ことばじゃ足りない 誰ひとり知らない未来 きみと探したいから  LOV いとおしい 狂おしい 僕らの間 育ててゆく  LOV とめどない 止まらない 僕らの間 光のように  暗闇を抜けて 陽の光あびて 涙の雨上がりには 喜びの虹が架かる  LOV ゆるぎない 変わらない 僕らの間 絶えることなく  春夏秋冬 時季(とき)はまた巡り 見慣れたはずの日々の中 新しいきみに会える  僕らの間 鏡のように 僕らの間 光のように 僕らの間 絶えることなく 僕らの間
道標(みちしるべ)高野寛高野寛高野寛高野寛ああ ずっと待ちわびてた春なのに 君と 祝いあえたはずなのに 青空の下 縁が燃える 君だけがいない春に  ああ 誰も教えてくれはしなかった 突然 別れの日が来ることを なくした時に 気がついたんだ かけがえないものと 自分の弱さに  夜空の向こうを見てたあの頃には もう戻れない だから今すぐに 明日の向こうへ走れ もう一度君に また会えるなら  ああ 君の歌が今日も繰り返す ビート 心のドア 叩いてる この空の下 つながるこころ 「勇気を出せよ」と 呼びかけてくれる  夜空の向こうを見てたあの頃には もう戻れない だから今すぐに 朝日の向こうへ走れ こぼれ落ちた涙を見せずに どこまでも遠く 今もこの胸に響く 君の声は僕の道標 だから今すぐに 朝日の向こうへ走れ きっといつの日か また会えるから
Timeless高野寛高野寛高野寛高野寛夜の街を抜け出して 海まで 君を連れて 雨は上がり 風が囁いてる 甘い夢を  カーラジオからあふれだす メロディ 瞳の中輝いてる 光 見つけたよ  二人の影 重なる このまま 時を止めて  風が止んで 月影には ひとつ星が流れ 僕も君も 地上(ここ)にいないあいつ 思い出してる  振り返らない 涙こぼれても 光のように過ぎる日々を 走り抜ける人生(たび)  二人の影 重なる このまま 時を止めて 君といるだけで もう 毎日が 奇跡になる  明日の僕らは 何処へ行くのだろう? 熱を帯びた地球(ほし)の上で歌う 愛の詩  窓の外 ちぎれてゆく 哀しみの街の中 でも 君といるだけで いつも 毎日が 奇跡になる 二人の影 重なる このまま 時を止めて
初恋プリズム高野寛高野寛高野寛高野寛水面に弾ける輝く風が 白樺の樹をずっと揺らしてた あの夏 他所行きの顔で通り過ぎた君 見え透いたように まだ気づかないふりして  君のことを知りたかった 君の心知らなかった 君のことを知りたかった 君の心知らなかった  夕暮れ野道はヒマワリの道 踏もうとしても何処まで逃げる 影追い ヒグラシ 林に 麦わら帽子 終わりたくない まだ終われない 嗚呼、夏  君のことを知りたかった 君の心知らなかった 君のことを知りたかった 君の心知らなかった  砂利道 夕立ち 埃と雷 雨に濡れたまま 胸焦がして 立ち尽くして  思い通りにはならないことが恋の味だと まだ気づかないあの夏  時は過ぎてあの頃は 閉じた本の1ページ 胸の中焼き付いて ずっと今も離れない  君のことを知りたかった 君の心知らなかった 君のことを知りたかった 君の心知らなかった
each other高野寛高野寛高野寛・田中花乃高野寛今も揺れるこの大地の上で いつの日からか 自分も他人に 君が泣いた映画は少しも悲しくなくて もう何も言えずに  君が見ている僕との 僕が見ている君との 隙間に降りた暗闇 心の奥隠すから  君の好きなこの街の景色 このままずっといられたらいいのに  君が描いた明日と 僕が描いた明日の 隙間に吹いたこの風 いまも心揺らすから  きみが見ているあの星 僕が見ている暗い夜も もうすぐ朝日に照らされ 光の中消える頃 きっと僕たちはお互いの 真ん中でひとつになれる 変わってゆくこと恐れず 飛べないカラダで歩いて
CHANGE高野寛高野寛高野寛高野寛変わらないものを守るため わたしたちは変わってゆくよ あああ 光射す坂の途中で  ミツバチも蝶もいない丘 狂い咲きの花咲く道を あああ 歩きましょう 空を見上げて  日に日に季節はあいまいになって 次々飛び込むニュースを見てた 帰らぬ人よ 空の上では何が見えているの?  変わらない愛を探すため 二人はまた一人になるよ あああ 月影の星を見上げて  言葉じゃなくても伝わる何か 言葉がなくても満ち足りるとき 響く心を確かめあえば きっとうまくやれる  変わらないものを守るため わたしたちは変わってゆくよ あああ 光射す坂の途中で
小さな“YES”高野寛高野寛高野寛高野寛風まかせ 誘われて ここまで歩いてきた どうやってきたのかも 夢のように忘れて 君はまだ 僕の心 何ひとつ 知らなくて 僕はただ 君のこと 何もかも 知りたくて  Ah sweet baby そばにいて ずっと  階段を ゆっくりと のぼりつめて 見上げたら 空の上 小さな“YES”君が残した言葉  Ah sweet baby そばにいて ずっと  今日もどこかで 悲しみの雨に撃たれ この腕も胸も髪もほほも びしょぬれになっても 忘れない あの歌を 忘れない あの声を  Ah sweet baby そばにいて ずっと
季節はずれの風吹く街で高野寛高野寛高野寛高野寛天気予報きいて 真に受けていたら 夕立ちに降られ ふたりはびしょぬれ 僕の目の前で メールを見つめる あなたの心は 今どこにあるの?  夢をきかせて 今日のあなたの夢を たとえそれが 今は遠く届かない夢でも 夢を描いて 明日へ続く夢を 暗い暗い夜を 超えるために  すれ違う人は 言葉も交わさず 数字に追われて 心を亡くして  夢をきかせて 今日のあなたの夢を たとえそれが 今は遠く届かない夢でも 夢を描いて 明日へ続く夢を 暗い暗い夜を 超えるために  季節はずれの風が吹いた 誰も知らない明日の天気を占うように  夢をきかせて 今日のあなたの夢を たとえそれが 今は遠く届かない夢でも 夢を描いて 明日へ続く夢を 暗い暗い夜を 超えるために たとえ 今は届かない夢でも いつかきっと ずっと僕は願う
PAIN高野寛高野寛高野寛高野寛1.2.3.4.5.6.7.8.9 o'clock 時計の針にせかされて 1.2.3.4.5.6.7.8.9 & 10 長い一日が過ぎて 1.2.3.4.5.6.7.8.9 o'clock 君のことばかり想って 1.2.3.4.5.6.7.8.9 & 10 からまわりして  Sometimes love is pain 抱きしめたい 届かない君 Oh, it's so heavy rain 痛みさえも 愛おしさになる  1.2.3.4.5.6.7.8.9 o'clock 眠れぬ夜を数えては 1.2.3.4.5.6.7.8.9 & 10 書きなぐるただのラブ・ソング 1.2.3.4.5.6.7.8.9 o'clock 夜明けの窓に吐いた歌 1.2.3.4.5.6.7.8.9 & 10 ためいき混じり  Sometimes love is pain 抱きしめたい 届かない君 Oh, it's so heavy rain 目を閉じたら笑顔の君が Sometimes love is pain 抱きしめたい 届かなくても Oh, it's so heavy rain きっといつか 時が過ぎれば 痛みさえも 愛おしさになる
明日の空高野寛高野寛高野寛高野寛明日の空は どんな色だろう? きっとBlue but it's all right 知らない景色 君と探して Don't be afraid, YES, It's all right  朝風吹く街は花祭り うららかな春を行く 君の痛み 君の迷い 君の喜び すべて 分かちあいたくて  明日の空は 雨待ち模様 きっと降る but It's all right 廻り道 でも 口笛吹いて Don't be afraid, YES, It's all right  生まれたての星が輝いた 雨上がりの夜空に ここにはない幸せ でも このまま歩いてゆこう 夜明けが来るまで  明日の空は どんな色だろう? きっとBlue but It's all right 知らない景色 君と探して YES, It's all right  流れる雲と 空を見上げて Everyday Everynight 明日の空が どんな色でも It's all right, YES, It's alright
あけぼの高野寛高野寛高野寛高野寛窓越し見える かすかな朝焼けの光 夜通し語り明かした 終わらない夢よ  冬の寒さは僕らを きっと強く変えた 人知れず泣いた夜は 遠く雲の上に  窓を開けて 息を吸えば 新しい一日が きっとまた 始まる  はしゃぐように 小走りに通り抜けた風に 「あわてるな」と 少し釘を刺されたままで  影が 長く 伸びていった いつまでも この時が続くと信じた  きっとまた会えると いつも僕は願う 見えなくなるまで遠く 手を振った君に 川岸 桜並木から 春の香り たどりついた道は 今 陽だまりの上に
Black & White高野寛高野寛高野寛高野寛Black & White 闇を切り裂いて 射す光の中 走りぬけてゆく Kiss & Cry 時代(とき)を駆けぬけて 世界の果てまで 君と観に行こう  笑う君の目の中に 孤独な影を見つけた いま確かにここにあるのは 寄せた頬のぬくもりだけ  偶然はいつも気まぐれ 君とここで会えた奇跡 目を閉じたら何が見えたの? 風の音に耳を澄ませ  Black & White 闇を切り裂いて 射す光の中 走りぬけてゆく Kiss & Cry 時代(とき)を駆けぬけて 世界の果てまで 君と観に行こう  20年前の僕らが 想像超えた21世紀(いま)を見ている ありえない夢 見続けていよう ひとりじゃない ひとりじゃない  Black & White 闇を切り裂いて 射す光の中 走りぬけてゆく Kiss & Cry 時代(とき)を駆けぬけて 世界の果てまで 君と観に行こう
君待ち宵草大城クラウディア大城クラウディア高野寛高野寛今は誰もいない海で 風の歌に耳を澄ませば 遠く遠く海を越えて 届く季節の便り  花の咲いた生垣には 恋に揺れる蝶が飛びかう あなたのもと こんなふうに 飛んでゆけたら いいのに  胸の中で輝いてる あの日の二人思い出しても それは遠くはかない夢 今は ここに ひとり  遠い街で暮らす日々に 慣れたはずと言いきかせても 今も ずっと 探している この心の故郷  波の音に身をまかせて 時を忘れて歩き続けた 通り雨にぬれたままで 今は ここに ひとり  傘打つ雨音 祭り囃子に消されて 君待ち宵草 揺れる雨の中  傘打つ雨音 祭り囃子に消されて 君待ち宵草 揺れる雨の中
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夢の中で会えるでしょうザ・キング・トーンズザ・キング・トーンズ高野寛高野寛Wow… 愛の行方 探すことだけで 僕の胸の中 張り裂けそうになる 離ればなれでも 君を胸に抱いて 僕はいつだって 歌い続けてる  苦しいことは消えて 楽しいこと始まる 大事なこのときめきを きざみつけて 生きて行こう  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日  長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから  Wow… 愛の言葉 選びぬいたなら 僕は君に向け 手紙を書くから 君の忘れ物 青い色のペンで 花のような君 想い出しながら  苦い涙乾いて 甘い思い出にじむ 僕らのつくる奇跡を 笑いながら ながめていよう  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日  長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから  苦しいことは消えて 楽しいこと始まる 大事なこのときめきを きざみつけて 生きて行こう  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日  長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから
How?pupapupa高野寛・天辰京子高野寛How do you wake up? How do you say hello? How do you look around? How do you do it?  I wanna know well well… I wanna know well well…  How do you sing a song? How do you keep smiling? How do you dance with me? How do you stop crying?  I wanna know well well… I wanna know  How do you get down? How do you forget it? How do you close your eyes? How do you go to sleep with me?  I wanna know well well… I wanna know, if you would know I wanna know well well… I wanna know, we oughta know If we ever say goodnight……
Tameiki.pupapupa高野寛高野寛きみの細く長いためいきを 風が彼方へと連れて逃げた 空は雲ひとつさえもなくて どこか切ない気持ちになって  雨が濡らした樹々の戯れ(たわむれ) どこかいつもと違う前兆(まえぶれ) 風が愛の深さを試して きみの髪の毛をそっとなでた  変わりゆくこの星に 僕たちは生まれ落ち 戻らないあの時を 振り返り ためいきをついてしまう  いつか裸足で歩いた海で きみが硝子で不意に怪我して 小さな傷口から染み出した 紅き血は海の味にも似て  変わりゆくこの星に 僕たちは生まれ落ち 戻らないあの時を 振り返り ためいきをつくけど 涙も ときめきも ぬくもりも 激しさも 過ぎ去れば夢のよう サヨナラ 風だけが秋を告げて
きみはみらいGANGA ZUMBAGANGA ZUMBA宮沢和史高野寛ひとつ泣いたら ふたつ笑おう 生きている以上のしあわせはない  ひとつ超えたら ふたつ進もう その手でとびらを開けるのだから  高い空を知り 深い海を知り おそれすぎずに歩いてゆこう  まんまるいその命は あなたへのおくりもの まんまるいこの地球は みらいへのおくりもの  ひとつ摘んだら ふたつ植えよう この星より青いものはない  ひとつ捨てたら ふたつ拾おう その手が未来をつくるのだから  空は青いまま 海は広いまま きみからだれかに手渡そう  まんまるいその命は 大切なたからもの まんまるいこの地球は ぼくたちのたからもの  まんまるいその命は あなたへのおくりもの まんまるいこの地球は みらいへのおくりもの  ラララ ラララ
サヨナラ オハヨウ原田郁子原田郁子高野寛・原田郁子・永積タカシ高野寛オハヨウ オヤスミ オネガイ オシエテ ホントハ アレカラ ツイツイ アハハハ ドキドキ キラキラ カクカク シカジカ アエタラ イイノニ アエタラ シアワセ オハヨウ オヤスミ オネガイ オシエテ アエタラ イイノニ アエタラ シアワセ アシタハ アエルヨ サヨナラ オハヨウ  ラララ…
Under The SunGANGA ZUMBAGANGA ZUMBA高野寛高野寛10年後の明日 僕達は何処にいるのだろう? 熱帯のTOKYO 咲く花はどんな色してる?  狂える日々が続いてゆくのなら 正気の沙汰で切り抜けてしまえ  手を挙げて 声を出せ 目を開け 今を行け  100年の月日が変えてゆく この星の国境線 ここにいる誰もが 見届けることすらできないけど  あの日描いた見果てぬ夢だけを 胸に抱いてこの闇を照らせ  手を挙げて 声を出せ 目を開け 今を行け 手を挙げて 声を出せ 目を開け 今を行け 心のまま
moonlight一青窈一青窈一青窈高野寛鈴木正人右も左も真っ暗の闇 君は誰に手を差し伸べているのですか 僕は一体何番目くらい? このままタクシーが火星へ行っちゃえばいいのに 全部嘘だ、なんて僕の心空っぽ サンタ役になる君がちらり、と 見上げた夜空ではおやすみのパーティー  君にmoonlight 僕にmoonlight 2人にどこまでも魅せて 夢ばかり語る僕にもっと君が頷いてdarling  こんなに星がありすぎるから 天国からぽん、と落ちてきた君に会いたい 寝て起きた途端に枕元探して そおっと薬玉を割ったみたいに 少し遅いけれどちゃんとプレゼント  君にmoonlight 僕にmoonlight 2人にどこまでも魅せて 夢だけじゃ せめて darling 心を光らせてティンカーベル 君にmoonlight 僕にmoonlight 2人にどこまでも魅せて 夢ばかり語る僕にもっと君が頷いてたり つきあってdarling 僕たち2人
thanks高野寛高野寛高野寛高野寛神様 夢を教えておくれ 誰もが知らない言葉できかせて 今すぐ僕らに伝えておくれ 心がふるえる地球の音楽を  さりげないことも 大切なことで 流すよりも受け入れてみる とても自然な態度で 動物の声や 東京の街が 歌うことに気がついてきた 違う耳にきこえてる  今日嵐が吹く前に ただ僕は島をめざす まだ遠く見えるけれど もう恐れることはない だから今すぐ 今すぐ  神様 夢を教えておくれ 誰もが知らない言葉できかせて 今すぐ僕らに伝えておくれ 心がふるえる地球の音楽を  音のない声や (月の笑い声や) 沈黙でさえも (日が沈む音さえ) 響くことに気がついてきた 光る音がきこえてる  今日嵐が吹く頃に ただ小舟をこいでゆく まだ遠く見えるけれど もう恐れることはない だから今すぐ 今すぐ 今すぐ  神様 夢を教えておくれ 誰もが知らない言葉できかせて 今すぐ僕らに伝えておくれ 心がふるえる地球の音楽を 神様 夢を教えておくれ 誰もが知らない言葉できかせて…  
約束の旅高野寛高野寛高野寛高野寛ゆらゆらゆれる 僕らの恋は 波のように満ちて すぐ泡になる 神のいたずらだろうか?  花びらの舞う嵐の中で 君のあの笑顔 そして涙が ずっと語りかける  遠い思い出 振り返るたび あの約束が繰り返すから  いつでもあふれるこの気持ち 今すぐ届けよう 息が止まるような 僕の愛のしるし  二人は燃える 炎のように 全て投げ出して 全て忘れて 恋のために祈る  時は流れる 僕らをのせて 悲しいことも洗い流して  いつでもあふれるこの気持ち 今すぐ届けよう 息が止まるような 僕の愛のしるし  二人はゆれる 緑の木立 辛かった季節を乗り越えてきた風が君を包む 遠い道程歩いたようで 僕らの旅路は始まったばかり 高く遠く続く 長い夜過ぎて 日の出を告げる鳥の声を聞いた  
愛の言葉高野寛高野寛高野寛高野寛いつか限りなく高く飛べ 空を突き抜ける風になれ 恋は虹のように光る夢 愛はいつまでも生きる夢  今までずっとさまよい続けたね 止まらない雨の中を 僕はやっとこの迷路を抜けた 君がその出口まで呼んだ  君をいつも信じてる 君のために祈ってる 深い森の彼方から 君の声が届いた  いつも繰り返す波越えて 永遠に続いてる河を行け 恋は夢のように過ぎる夢 愛はいつまでも生きる夢  過去を吸った重いカーテンを開けて 来るべき時を祝おう 誰も皆 踊る 愛の言葉 花束のように胸に抱いて  君を愛し続けよう 僕の勇気捧げよう 時は変わり続けても 終わらない歌響く  いつか限りなく高く飛べ 空を突き抜ける風になれ 恋は虹のように光る夢 愛はいつまでも生きる夢  僕達は心の中 知っている 愛の言葉  いつも繰り返す波越えて 永遠に続いてる河を行け 恋は夢のように過ぎる夢 愛はいつまでも生きる夢 いつか限りなく高く飛べ 空を突き抜ける風になれ 恋は虹のように光る夢 愛はいつまでも生きる夢 いつか限りなく高く飛べ 空を突き抜ける風になれ 恋は虹のように光る夢 愛はいつまでも生きる夢  
泡の魔術高野寛高野寛高野寛高野寛泡の魔術にかかったような…  水の底で夢見ている ずっと寝ても醒めてもあなたのこと 言葉 仕草 罪つくりで まるで泣いて笑う子供のように  探そう次のとびら  言葉を隠して Won't you please please 教えてよ すぐさま連れ去り Won't you please please 逃げるから  その態度を止めなければ きっと滑り落ちて 泡と消える この世界は はかない夢 まるで咲いては散る花の薫り  探そう 次のとびら  心を洗って Won't you please please 気にかかる 姿は仮初め Won't you please please 消えてゆく  泡の魔術にかかったような  心を洗って Won't you please please 気にかかる 姿は仮初め Won't you please please 消えてゆく 言葉を隠して Won't you please please 教えてよ すぐさま連れ去り Won't you please please 逃がさない  この世界は はかない夢 まるで咲いては散る花の薫り この世界は はかない夢 まるで咲いては散る…
おさるのナターシャ高野寛高野寛高野寛高野寛おさるのナターシャ イスラエルうまれ おさんぽしてて ころびました おおきないしに あたまをぶつけて おちばのうえに たおれました  とうさんかあさん おとうとたちが みっかみばんも みまもるなかで しあわせそうな ねいきをたてて しんだみたいに ねむりました  おさるのナターシャ よっかめのあさに おおきなおめめで めざめました 「おなかがすいたよ なにかたべたいな」 おおきなあくびを ひとつふたつ  とうさんかあさん おとうとたちが おおよろこびで てをたたいたら とつぜんナターシャ にほんのあしで せすじをのばして おどりました  おさるのナターシャ みっかみばんも おどりつづけて ねむりました  おしまい
確かな光高野寛高野寛高野寛・補作詞:BIKKE高野寛高野寛夢を見てた 何度も 何度も まぶしい朝 確かな光が  朝目覚めたら 訳もなく泣いてた 闇の中でさまよって 抜け出せなくて  夢を見てた 何度も 何度も まぶしい朝 確かな光が  ただ君の事願うたび うれしい それだけでまた今日も一日の勇気がわくのさ  寝ぼけまなこを覚まして 上着着たら出かけなくちゃ もう寝ぼけていられない 新しい朝が来るから 天気予報がどうだろうと 突然の雨が降ろうと 関係がないのさ 関係がないのさ  風が吹いて眠くなって 芝生の上横になって 目を閉じてもまぶたに 赤い色の光があって このまぶしい日差しの中で たわいもない笑いの中で あの頃と変わらない あの頃と変わらない  それだけで また今日も 光が射して それだけで また今日も 息を吸いこんで それだけで また今日も
声は言葉にならない高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛今日は一日一緒にいたけど どれだけのこと伝えられただろう? 唇だけが空回りして 最後に君を惑わせただけ  声は言葉にならない  今日のメールを読み返してた 君の心が胸に刺さって  あれじゃなくて それじゃなくて そうじゃなくて そんなんじゃなくて 本当はもっと 本当はもっと 伝えたくて 伝えたくて ぶつけあって 許し合って 深くなって 二人になって 舞い上がって ハイになって 愛し合って いきたいのに  声は言葉にならない  あれじゃなくて それじゃなくて そうじゃなくて そんなんじゃなくて 本当はもっと 本当はもっと 伝えたくて 伝えたくて ぶつけあって 許し合って 深くなって 二人になって 舞い上がって ハイになって 愛し合って いきたいのに  声は言葉にならない
風越しNathalie WiseNathalie WiseBIKKE・高野寛高野寛風が吹くたび あなたの髪が口元にかかる 風はいつでもそんなふうに 次の言葉をさえぎる  ゆるやかに息をはずませて ゆるやかな光の中で 踊るようなあなたの足音 風になって空に舞って 揺れる緑のざわめきを感じ 揺れる気持ちのざわめきを感じ 音をたてて鳴っているから かけずり回る風を見つめ  とぎれとぎれの話と 消えた言葉気にかかる 知らずしらず時は過ぎ 風が指さすところへ  特別赤くもなく ただ淡い色した空模様 何のなつかしさも感じなく 何の匂いもしてこないが あなたと歩くこの時間が 2人の足音が なんだか思い出のように 特別な風をはこんでくる  風越しにあなたを見つめては どこかへふと行きはしないかと 吹かれてしまう私の気持ちは 音をたてて鳴っている 風越しにあなたを見つめ 風越しにあなたを見つめ 風越しにあなたを  風が吹くたび あなたの髪が口元にかかる 風はいつでもそんなふうに 次の言葉をさえぎる とぎれとぎれの話と 消えた言葉気にかかる 知らずしらず時は過ぎ 風が指さすところへ  風越しにあなたを見つめては どこかへふと行きはしないかと 吹かれてしまう私の気持ちは 音をたてて鳴っている 風越しにあなたを見つめ 風越しにあなたを見つめ 風越しにあなたを見つめ 風のやまない季節の中で
Summer Calling小泉今日子小泉今日子BIKKE高野寛高野寛黄昏れる 町かど 誰かを 待つ影は 焼けた 肌をさらし 風にもたれかかる 一人  焼けた まなざしから 波の音 高鳴り ざわめく町も 消えてく 私を呼ぶ声がするの  真夏の瞳から あの日の光射し あなた待つ私に 届けてよ 届けてよ  焼けた影が伸びて 静かに消えてゆく あなたの足音さえも 誰かを呼ぶ声も 消えた  真夏の瞳から あなたを誘いだし さざなむ波の音 抱きしめて 泣きたいの  真夏の輝きが 波にさらわれても 一人待つ瞳に 届けてよ 届けてよ  あなたを呼ぶ声が 聞こえているのでしょ? あなたを呼ぶ声が 答えなの 答えなの 
上海的旋律 Shang-Hai melody野宮真貴野宮真貴蓮水香高野寛高野寛ネオンの街 不夜城は 月さえも 霞む頃 愛しいひと 今宵もまた 踊りましょうか  薔薇の香り 注ぐグラス 夢ならば 覚めぬように 愛しいひと 夜明けまでは 踊りましょうか  煙をくゆらす 君の眼に 映る影を 追いかけても 追いかけても 遠くなるだけ  「愛は幻」と この胸に 刻んだのに  忘れられぬ 旋律(メロディー)が 繰り返す 夜の街で 愛しいひと 今宵もまた 踊りましょうか 愛しいひと 夜明けまでは 踊りましょうか
新しいカメラ高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛新しいカメラで瞬間につかまえたい 君を 素晴らしい朝陽が僕達を手招いてる 外へ  ずっと待ち焦がれていた こんな心地いい日差し ちょっと遠回りをして 坂道を歩いてゆく  西郷山公園からは 遠くかすかに富士山 雲の形を眺めて 軽く命の洗濯  新しいカメラで瞬間につかまえたい 君を つまらない騒ぎや心配をしすぎてたね 少し  午後の日差しはレンズに君の心を写して 当たり前のようでいて ずっと僕はそばにいる  なんにも知らなかった 子供の頃の感じ おだやかな南風 くしゃみをひとつふたつ  木もれ陽はしなやかに 僕らの影を照らす ありふれたこの時も 二度と戻らない夢  陽だまりは緩やかに 僕らを春に誘う 寝ぼけたままでもいい この夢が続くなら  変わり続ける日々と ずっと変わらない時 おだやかな南風 くしゃみをひとつふたつ
黒焦げ高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛ビルの窓から襲いかかった 真夏の日差しに 君を求める僕の心は すっかり黒焦げ  何処に行くのかわからないまま 知らぬ間に虜 何処もかしこも 刹那の夢に 溺れておぼろげ  焼き尽くせこの夏を 激しさを武器にして 狂おしい快楽に 灰になる僕の胸  ナイキの底にへばり付くような 溶けかかる道で 裸のままの僕の理性は すっかり黒焦げ  遠くに浮かぶ蜃気楼の中 揺らめく秘密に いつのまにやら誘われるまま フラフラ酔いどれ  焼き尽くせこの夏を 激しさを武器にして 狂おしい快楽に 灰になる恋の群れ  Burn out すぐに Burn out Burn out 今に Burn out  この夏が終わるなら この夢も消えるなら この熱を冷ますため 夕立よ降ってくれ  やがて空はかき曇り 降りしきる雨の下 びしょぬれの僕たちは 洗われる恋の果て  Burn out すぐに Burn out Burn out 今に Burn out
IS THAT LOVE?高野寛高野寛高野寛高野寛こうなる前に すぐに 君を忘れてしまうべきだった 同じところ グルグル IS THAT LOVE?  いつも出会いは奇跡的 主人公の気持 だけど静かな瞳の中 二人の影が 張り付いている  こうなる前に すぐに 君をなくしてしまうべきだった 笞えはどこにあるだろう? IS THAT LOVE?  そして 二人はお決まりの 迷路の中でしゃがむ それはよくある結末さ 鞄の中の 入口に戻る  こうなる前に すぐに 君を忘れてしまうべきだった 同じところ グルグル IS THAT LOVE?  こうなる前は いつも 君を手さぐりしながら 見ていた 君に触れた今も IS THAT LOVE?  こうなる前に すぐに 君をなくしてしまうべきだった 答えはどこにあるだろう? IS THAT LOVE?  こうなる前に すぐに 君を忘れてしまうべきだった 同じところ グルグル IS THAT LOVE? IS THAT LOVE? IS THAT LOVE?……
やがてふる高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛挨拶はさりげなく いきたい いつものように君を見つめる 嘘なんて 誰もついてない 僕等はただ 素直なだけさ  自然にしたい 自然といたい  やがて 雨が降る きっといつかふる それまで ずっと待つ きっとふる ここにふる  繰り返す過ちの中 後悔を何度しただろう  自然をみたい 自然といたい  やがて 雨がふる きっといつかふる それまで ずっと待つ きっとふる ここにふる  自然でいたい 自然はいたい  やがて 雨がふる きっといつかふる それまで ずっと待つ きっとふる ここにふる  そして 君が来る 君がいつか来る それまで 僕は待つ きっとふる きっとくる ここにふる ここにくる
二十歳の恋高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛過ぎゆく夏の午後に 笑う 君を想う 最後を振り返ると 僕らはそこに戻る  きっといつかは 僕の迷いも 波の中から 融けてゆくだろう  過ぎゆく冬の夜に 眠る 君を想う 激しい時の記憶 どこかに忘れている  きっと僕らは 青い陽炎 音もたてずに消えてゆくだろう  二十歳の恋は はかない恋で 二人の影は 記憶の彼方に消えてゆく  過ぎゆく夏の午後に 笑う 君を想う 遠くを見つめながら ほおづえついて揺れる  きっと僕らは 青い陽炎 音もたてずに消えてゆくだろう  二十歳の恋は はかない恋で 二人の愛は 咲かない花で  二十歳の恋は はかない恋で 二人の影は 記憶の彼方に消えてゆく
黄色い月高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛・THE MIX笑顔や悲しみの声も届かぬ程 離れてた僕らがこんなに近く  黄色い月がこの街を照らしてる 丸い顔で僕たちを照らしてる  今日のこの景色を 胸にしまっておく 若かった僕らの美しい記念  黄色い月がこの街を照らしてる 丸い顔で僕たちを照らしてる  夜が降りてきても僕たちは冷静 きっと予想以上の未来が待っているのも忘れ  さよならの代わりに ずっと笑顔のままで いつもと同じように ずっと無邪気なままで  黄色い月がこの街を照らしてる 丸い顔で僕たちを照らしてる
まさか僕らが高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛・THE MIXまさか僕らがこうなるとは ちょっと前じゃ有り得ないね  本当 以前の僕らに教えてあげたい こんな事も世の中に在るっていうこと きっと 君なら好きになると思ってた あっと云う間に僕ら 理解し合えてた  まさか僕らがこうなるとは ちょっと前じゃ有り得ないね  本当 以前の僕らに教えてあげたい こんな事も世の中に在るっていうこと きっと駄目だと いつも諦めかけてた じっと待ってた日々も想い出の中に  まさか僕らがこうなるとは ちょっと前じゃ有り得ないね  雨は上がり 雲の隙間から 天使の梯子降りて 僕らは行く先も知らず ただ 昇る 雲の上に  まさか僕らがこうなるとは ちょっと前じゃ有り得ないね
Smile高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛人気者 ゆかいなあなた 誰にでも笑顔ばらまく 降り注ぐ表情は まるで鉄のように固いまま  汚れなく 罪もなく 笑いかけてくる  笑うあなたの中で 泣いてるあなたの笑顔 騒ぐあなたの中で 悲しむあなたの笑顔  思い切ってチャンネル変えると 笑えないことばかり でも うろたえる自分を笑顔にとりかえてすましてる  汚れなく 罪もなく 笑いかけてくる  笑うあなたの中で 泣いてるあなたの笑顔 騒ぐあなたの中で 悲しむあなたの笑顔  汚れなく 罪もなく 笑いかけてくる  笑うあなたの中で 泣いてるあなたの笑顔 騒ぐあなたの中で 悲しむあなたの笑顔  笑うあなたの中で 泣いてるあなたの笑顔 騒ぐあなたの中で 悲しむあなたの笑顔
てにおえ高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛きっと素敵な 出会いがあると 夢の中から お告げをきいた うきうきさせて 出かけてみれば 赤い子猫が 泣き叫んでる  てにおえないな てにおえないよ  家に戻ると 部屋のまわりは 猫だらけで 足の踏み場もない つま先立ちで 魚を焼いて その間に 自転車に乗ろう  てにおえないな てにおえないよ、  猫の暮らしも 捨てたもんじゃない 爪をといで あおむけになれば  てにおえないな てにおえないよ
テレパシーが流行らない理由高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛電話ならばどこにだってあるし 外に出ても留守番がいるから だけどいつもすれ違ってばかりで 君に会えないのは何故だろう?  今 Telepathyが使えたらいいと 考えるのは僕だけじゃないはず 今 Telepathyで君と話をしたい 考えるより先に話をしたい  車の中も歩いてる時も 片手で持てばいつでもOK そして ベルを鳴らし続けるのに 結局 君には会えないから  今 Telepathyが使えたらいいと 考えるのは僕だけじゃないはず でも Telepathyで話しかけられると 逃げられなくて困る人もいる  ほら talk big 嘘 lie 建前 professed intention おべっか flatter おせじ compliment つくり笑い forced smile ポーカーフェイス poker face  今日もひとつ嘘をつき そこで素直に笑う君をみた だましあったり争ってみたり 言葉はとても難しいから  今 Telepathyが使えたらいいと 考えるのは僕だけじゃないはず 今 Telepathyで君と話をしたい 考えるより先に話をしたい
紳士同盟高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛紳士同盟の皆さん ごきげんいかが? 御自慢のちょびひげは豊かですか? もうすぐ約束の午前0時です 本当に時間まで待つのですか?  私共では固唾(かたず)をのんで 皆さん方のおっしゃることを聞いています  紳士同盟の皆さん ごきげんいかが? 解散の噂も耳にしてますが 争いながらも 話し合ってきて 何となくお互いが判ってきたのに  東も西も関係ないでしょう つまり 眠ってるか 目覚めてるか それだけです  それでもきっと言葉を超えて いつか 話し合える時が来ると知っています  紳士同盟の皆さん 「皆さん」
Our Voices高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛眠りが少しだけ長すぎて ここへ戻ることを忘れてた 音に憧れてたあの頃は 夢を食べることと創ること 何も求めず 自由に泳ぐ 僕らの声を覚えてる 日差しは傾き 額の底 夜明けを待ちわびて休むとき 何も求めず 自由に泳ぐ 僕らの声が響いてる 白い砂は今に解けるはず 流れになり 海に溶けるはず その時 君とまた泳ぐだろう
こだま高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛こだまは響く 僕の胸に そして 伝える 誰かのこと でも 今は きこえない  子供が跳ねる 獏(ばく)の上で そして 伝える 今朝観た夢 でも 今は わからない  今でも 眠ろうとする耳の中 刺さってくるのは 言葉なのか ノイズなのか それとも 形のない何か?  こだまは響く 誰のために そして 伝える 最後の鍵 でも 今は とどかない  今でも 寝そべっている闇の中 震えているのは 不安なのか 期待なのか それとも 縛られた自由?  僕の上で そっとささやく 夜の帳(とばり) でも 今は きこえない でも 今は わからない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
高野寛高野寛高野寛・外間隆史高野寛高野寛風がふるえる 冷たい嵐がきている 小舟は大きな波を泳いでゆく 島に着くまで 僕は恐怖と話してる やがて雨がこの胸を洗い流す  そして夜明けの岸辺に 僕の記憶が打ち寄せ消えるだろう  島の中には大事な木の実が落ちてる 影と雲と月と空 守っている 舟は知ってる 波に刻まれたルートを 風が吹くたびに届く鳥の声を  遠い昔に始めて 泳いだ海の匂いが近づいてる  君の姿が視える 嵐の中の晴れ間に ほら もうすぐ 世界が 視える  島の中には大事な木の実が落ちてる 風と海と花と石 話しかける たどり着く頃 僕は何かに気づいてる 夢も地図も足跡もつづいてゆく  遠い昔いちどだけ 浴びたことのある光 近づいてる  僕の姿が視える 嵐の中の波間に ほら もうすぐ 世界が 始まる
Another Proteus ~幻高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛虹のしずくを 両手に受けて 軽く飲みほす 許されぬ贅沢  時は既に眠り 僕は息を止めてみる いつもより前の世界 消えてゆく時の彼方  写真の中の 僕は幻 足跡さえも 残っていない  時は既に眠り 僕は息を止めてみる いつもより前の世界 消えてゆく時の彼方  記憶の中の 君は幻 輪郭だけが 微かに残る
エーテルダンス高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛廻り続ける 廻り続ける 廻り続ける 廻り続ける 廻り続ける 廻り続ける 廻り続ける 廻り続ける  今の僕が観た夢 あの時代に似た夢 そして君も観るだろう 夢の続きを  目覚めたら その時歩いてた 振り返る ここまで来た道を  今の僕が観た夢 あの時代に似た夢 そして君も観るだろう 夢の続きを  近道や寄り道をしてばかり 虹の中に辿りつくのはいつ?  遠く叫ぶ声 探して進む今も ひとつの炎が 消える  時の中でさまよう(朝になって 昼になって) 僕たちに(夜になって 朝になって) 構わずに(雨が降って 雪になって) 青いりんごは(風が吹いて)廻り続ける 人の中で廻り続ける 君の中で廻り続ける 夢の中で廻り続ける 水の中で廻り続ける
2000高野寛高野寛高野寛高野寛彼がこの星を去った十年前を覚えてる 僕はまだ箱の中 外に出ない子供だった  あの時の僕が見れば 今の現実が奇跡  彼がこの星に立って二千年経つその頃に 僕達は行く先を暗い闇で隠してた  あの時の君が見れば 今の現実が奇跡 そして  許されるだろう 忘れるだろう ここにあることが全てだと語りかける彼ら  あの時の悪いことは もう記憶の中にしかいない  許されるだろう 忘れるだろう ここにあることが全てだと語りかける彼ら  もうここにはいない彼 捜し求める人もいる でも もうここにはいないけど 足跡の中に生きてる
衛星から愛をこめて高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛今日が始まるときなのに 朝は深い眠りの中 君はどこで舞ってるんだろう?  今夜も僕の目は冴えてる 君をびっくりさせたいんだ 君とならば話し合える  地球とともに廻る小さな衛星から 降り注ぐ電波にのって話してる  星の中で君を待ってる 君の中で僕は待ってる  今は人や国の中で やけにもめごともあるけど 君とならばわかりあえる  宇宙船の窓から見渡すような気分 こうして電波にのって話してる  星の中で君を待ってる 君の中で僕は待ってる  星の中で君を待ってる 君の中で僕は待ってる 星の中で君を待ってる 君の中で僕は待ってる
いつのまにか晴れ高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛数えられない程 痛みの中に居た 子供の声がする 様々な想い 僕を行き来する 時間のない場所で  じっと耳を澄まし 昨日の中に立っていた すべての人 解き放つ自由 手に入れたい 僕等の心に  擦れ違う願い 遣り場のない怒り 降り積もってゆく 仕方なく捨てた 小さな石にさえ 誰かがつまずく  ここはいつも雨 夢の中で目を覚ます すべての場所 解き放つ自由 手に入れたい 僕等の心に  忘れずにいるよ 僕等のために逝った君 すべての物 解き放つ自由 手に入れたい 僕等の心に  終わらない季節 花のように目を覚ます すべての物 解き放つ力 手に入れたら 雲も消えてゆく  いつのまにか晴れ
夜の海を走って月を見た高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛ボクラは夜の海を走って 月を見た 時計の針が重なるころに 君を見た  土の中の動物達や 弱い人達や 血を流す工場さえも 深い眠りにつく  こんな罪のない時間の上を 夜を吸いながら泳ぐように滑るなんて  広がる夜の切れ間の 灯り消えた場所 そこから本当の海が 続いて行く  ボクラは夜の海を走って 月を見た 時計の針が重なるころに 君を見た
国境の旅人高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛ここはどこだろう ギリシャのように乾いたフランス? 高くそびえ立つ 建物の十字の透き間から ぺルシアンブルーの空を見る −いつか覚えていない− まるで退屈すぎる日曜日だ −隣の国へ行こう−  ここはどこだろう インドのように暑いチベット? 楔型の日向は 目が痛くなるほど突き刺す ヴィリディアンブルーの海を見る −いつか覚えていない− まるで時間の来ない木曜日だ −隣の国へ行こう−  十分もあれば充分さ だって僕らは いつだって国境に住んでいるから  ここはどこだろう ロシアのように寒い日本? 同じ顔をした 人々のノイズの透き間から プラシアンブルーの夢を見た −いつも覚えていたい− まるで平凡すぎる月曜日だ −隣の国へ行こう− それでもここにいる……
目覚めの三月高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛彼女に会うまでの三月は うつむき あきらめてばかりだった これから吊橋を渡るのに すくんで何もできなくなった  疲れきって眠りながら 夢の中また戻って 思いきり飛び降りる それを繰り返し  目が覚めれば きっとここにいる 何もなかったように ここにいる  変革 それはとても気まぐれ 突然やってきて また消える 戸惑い うろたえるばかりでは 彼女と話すのもままならない  祈りさえ届かなくて 言葉さえ拾えなくて 顔を洗い 僕を見る それを繰り返し  目が覚めれば きっとここにいる 何もなかったように ここにいる いつだって  祈りさえ届かなくて 言葉さえ拾えなくて 顔を洗い 僕を見る それを繰り返し  目が覚めれば きっとここにいる 何もなかったように ここにいる  目が覚めれば きっと知っている 何もかもが すべて知っている だからまた
RING高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛五月の声の中 かすかに響いてる 一人 二人……きっと 集まってくる 見わたす限りの 罪の石の中で 一つ 二つ……拾う 銀色の恋  裸足になって その河を 渡ればいい 君を待っているよ やわらかな光さす あの丘の上で  九月の雨の中 静かに歩いてる 一人 二人……今日も あの場所 目指し  裸足になって その河を 渡ればいい 君を待っているよ やわらかな光さす あの丘の上で  裸になって その河を 渡ればいい 僕は待っているよ やわらかな君の手を 抱きしめる時を
カレンダー高野寛高野寛高野寛高野寛小林武史・高野寛二月の寒い夜明け 白い息 はき出しながら 昨日の君の泣き顔を 想ってた  赤紫に染まる 河の景色 見つめながら 明日からの二人のこと 想ってた  甘い日々の中 隠れてた影を 認めることなく 過ごしてきた 僕達  電話の中の二人 空廻りする 苦い夜 ガラス越しに話すような もどかしさ  重ねた日々を置いて 遠ざかる 僕等の距離は 君の顔も見えない程 向こうにある  甘い日々の中 隠れてた影を 認めることなく 過ごしてきた 僕達  印をつけた カレンダーだけが コートを着てた 冬を覚えてる  四月の午後の中で 靴ひもを 結んでいると 明日の君の笑い声 響いてる  隠さないから この胸の中 隠さないでよ その胸の中……
SEE YOU AGAIN高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛もうしばらく 君のこと見れないけど この気持ちだけは 忘れないから 楽しげに笑いかける その瞳 心のカメラに焼き付けておく  you & me レールのように流れてゆく you & me だけど好きさ 君のことが  好きだから いつも会ったりしない 久しぶりの 君はきっときれい  君も僕もお互いの所有物(もの)じゃない でもそれは 嫌いだからじゃないさ  you & me レールのように離れている you & me だけど好きさ 君のことが  もう2年も 君を笑わせてた僕 今日だけは 本当のことを言うよ  see you again レールのように離れてゆく see you again 今も好きさ 君のことが  好きだから いつも会ったりはしない 久しぶりの 君はとてもきれい  好きだけど いつも会ったりはしない 久しぶりの 君はとてもすてき
BLUE PERIOD高野寛高野寛高野寛高野寛このままで止まらないで つかんだら離さないで この魔法 とぎれないで 今から何かが変わる  すれ違う 二人の時間が 埋もれてた心 目覚めさせてく 沈んでた 蒼い時にも 新しい出会い育ってゆくよ  ああ 重い窓が 開き始めた 光さす部屋の中 君がたたずむ Oh  このままで止まらないで つかんだら離さないで この魔法 とぎれないで 今から何かが変わる このままで止まらないで つかんだら離さないで この魔法 とぎれないで 今から何かが変わる  冷えきった 世界中の影が 凍るように 青くなっていた頃 何もかも 基準が狂って 平凡な物が非凡に変わる  ああ 重い窓が 開き始めた 涼しげな風のように 君が答える Oh  このままで止まらないで つかんだら離さないで この魔法 とぎれないで 今から何かが変わる このままで止まらないで つかんだら離さないで この魔法 とぎれないで 今まだ  静かに目覚めた日の午後 割れるように怒鳴ってるテレビ 悲しげに冷めた君の目が 語りかけた さようなら  このままで止まらないで つかんだら離さないで この魔法 とぎれないで 今から何かが変わる
ねぇ、歩きましょ?西田ひかる西田ひかる蓮水香高野寛森俊之不思議なくらい魅かれてしまうの あなたのことば しぐさのすべてに ふと気がつくと知らない間に いつもあなたこと想っている 何が正しいかなんて 誰も教えてはくれない だから 胸のときめきと自分を信じて ねぇ、歩きましょ? あなたと今 風の中にいたい ねぇ、歩きましょ? 感じたいの 新しい季節を 二度と恋などしないと想ってた わたしの胸に 笑顔が揺れてる 心の中に隠れてた影も 愛の光で照らされてゆくの ただの過ちだなんて 今決めつけちゃいけない だから 今日のひらめきと自分の力で ねぇ、歩きましょ? あなたと今 風の中にいたい ねぇ、話しましょ? 行く先を ねぇ、歩きましょ? あなたと今 風の中にいたい ねぇ、話しましょ? 行く先さえまだわからないけれど ねぇ、歩きましょ? 河に沿って あの花咲く道を ねぇ、話しましょ? 感じたいの 新しい季節を
引っ越しします永井真理子永井真理子永井真理子高野寛中村哲7年間住んでいた部屋から 引っ越してく日がやって来たんだ  ブルーに塗った壁 ギターでへこんだ柱も 今頃になってさ 妙に心配なんだ  あと少しでサヨウナラ 忘れない 次の人は好きになってくれるかな  知ってるよね うちに子供が生まれた あと一つだけ部屋が足りないんだ  ネジがとれた戸棚 犬のプーが掘った穴さえ 今頃になってさ妙に愛おしいよ  あと少しでサヨウナラ 忘れない 君を嫌いになったわけじゃない  なんだかいつでも いい匂いがしていた 一人で泣いちゃった夜も優しかった  あと少しでサヨウナラ 忘れない 何年かして必ず会いにくる 君に会えてよかった サヨウナラ私の部屋
Silent Song(feat. 大貫妙子)高野寛高野寛高野寛高野寛静かな夜を 過ごしませんか? 明日のことを 夢に観ながら 悲しい夜も 嬉しい朝も 共に過ごせる 僕たちだから  笑い声 ろうそくの灯り 窓に揺れる 街の声 ざわめきは 僕らをおいて 遠く彼方へ  静かな夜を 過ごしませんか? あなたと二人 夢を観ながら  豊かな朝を 迎えませんか? 素晴らしい日を 夢に観ながら  涙の後の 嬉しい知らせ きっとあなたと 分かち合いたい  静かな夜を 過ごしませんか? 明日のことを 夢に観ながら
All over, Starting over~その笑顔のために~高野寛高野寛高野寛高野寛長かった冬に早く別れを告げて こんな小春日和はどこか出かけよう 僕らはまるで古い幼なじみの 友達に会うように何故か懐しい  冬の間ずっと 閉ざしていた窓に 招くように鳥が歌う  過ぎ去った月日を置き去りに歩いたら めぐる季節はまた 振り出しに戻るだろう ずっと待ちこがれた歓びはもうすぐ来る 山が笑う頃に 花が咲き誇る頃に  どれほどしっかり君を抱きしめていても 命尽きる時にはすべて お別れさ だから僕は今 君の近くにいたい こんな大事な時は二度と 戻らない  この心の中で 眠っていた愛が 花のように咲いて香る  君を傷つけてた思い出が辛くても 時間だけは過去を 癒してくれるだろう 笑いあう友達 愛し合う人がいれば その笑顔のために 生きてゆけるのだから Glad All Over  人は誰も 今を生きてゆく旅路で 恋や愛に出会い変わる  過ぎ去った月日を 置き去りに歩いたら めぐる季節はまた振り出しに戻るだろう ずっと待ちこがれた歓びはもうすぐ来る 君が笑う頃に 光降り注ぐ頃に  雪どけの季節さ 開け放した窓には 東から届いた見知らぬ風の便り その涙と笑顔 君と分かちあえるように この大事な今を 大切に生きるため Starting Over
相変わらずさ高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛ゴールデン・ウィークの最後の日曜なのに 君はいつものように出掛けてる 1人きりのトーストとカフェ・オレのために 坂の上にあるパン屋をめざした 信号の向こう側から誰かが僕を見てる アメリカン・バイクに乗ったフェビアンだ ウチの近所に引っ越してきたばかりの彼は もうすぐ父親になると言って笑った  時は流れゆく 平凡な毎日の中に 小さな幸せは哀しみを水に流すために 「みんな変わった」とあの娘は僕に言うだろうか? それでもこんなのどかな時はいつでも相変わらずさ  風の強い月曜の午後がポッカリ空いた 僕はギターを持って公園へ たとえ誰もがこんな歌にはうわの空でも 空の上では誰かが聴いている いやいや 今日は本当に素晴らしい日だろう? ボルゾイを連れたユリにも会ったし カリブから日本へ飛んできたモンタナと デカイ音でセッションをしたんだ  時は流れゆく 平凡な毎日の中に 素晴らしい出会いや別れを何気なく繰り返す 「君は変わった」とあの娘は僕に言うだろうか? それでも変わり続ける僕はいつでも 相変わらずさ  別府から古い友達のBeeが手紙をくれた あいつもいつも旅ばかりしている 僕としてはいつもただただただひたすらに 健康を願うといいたいところさ やっと慣れたこの日当たりのいい場所も そろそろ離れるときが近づいた とても静かで平和な東京の片隅に 季節外れの強い風が吹いてる  時は流れゆく 平凡な毎日もいつか お金では買えない小さな宝石の日々になる 「みんな変わった」とあの娘は僕に言うだろうか? それでも変わり続ける日々はいつでも 相変わらずさ
幻の恋高野寛高野寛高野寛高野寛今堀恒雄・高野寛あなたを探すため 河に沿って 歩いてきた 重なる月日だけ 河の中を 流れている  「きっと幻の中会えるだろう」 遥か昔に交わした約束  あなたと僕は 河 隔て 遠く 見つめている そこには 橋もなく あなたに触れる術もない  やがて 空が顔を曇らせると あなたを見失いそうになった  手を伸ばせば遠ざかる たどり着けばもういない だけど僕には見えてる こんなに近くあなただけ  あなたはきっと 幻の中で 愛の歓びを歌い舞ってる  手を伸ばせば遠ざかる たどり着けばもういない だけど僕には見えてる こんなに近くあなただけ  止まらない河は 二人を遠くするけれど 幻の恋は続く 消えることもなく
Blue Stone高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛僕を信じるなら 一緒に旅に出よう ずっと忘れていた あの頃の気持ちで 今までのような 過ちは犯さない 間違いない地図と力を手に入れた  強く強く 僕は抱きしめる 今の君を 遠く遠く 夜を飛び越えて 君と二人  君を愛するから 一緒に旅に出よう 青い石の神秘 探すための旅に 君は僕の女神さ 微笑んでおくれよ その笑顔のために 僕は生きてゆこう  強く強く 僕は抱きしめる 今の君を 遠く遠く 闇を突き抜けて 今旅立つ  そして船に乗り込んだ 偶然のチケットを握りしめて 心も裸のまま抱き合い 全てを忘れて愛し合う Mm…  気がついてみると あんなに遠く見える 重すぎた過去は 光の中消えた 目覚めた僕達を 照らす朝陽の中 僕は君に誓う 誰も行かない険しい道も 恐れずに進むと  Yeah… 強く強く 僕は抱きしめる 今の君を 遠く遠く 夜を飛び越えて 君と二人 強く強く 僕は抱きしめる 今の君を 遠く遠く 夢も飛び越えて 君と共に  
夢の中で会えるでしょう高野寛高野寛高野寛高野寛坂本龍一Oh… 愛の行方 探すことだけで 僕の胸の中 張り裂けそうになる 離ればなれでも 君を胸に抱いて 僕はいつだって 歌い続けてる  苦しいことは消えて 楽しいこと始まる 大事なこのときめきを きざみつけて(きざみつけて) 生きてゆこう  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日 長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから  Oh… 愛の言葉 選びぬいたなら 僕は君に向け 手紙を書くから 君の忘れ物 青い色のペンで 花のような君 想い出しながら  苦い涙乾いて 甘い想い出にじむ 僕らのつくる奇跡を 笑いながら ながめていよう  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日 長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日 長い雨が続く日も 強い嵐のくる日も 君と二人でいるなら 何も怖くないから  今夜だけは眠りましょう 夢の中で会えるでしょう そして目覚めたときから 夢のような毎日 長い雨が続く日も 強い嵐の来る日も…
ベステン ダンク besten dank高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛この声は小さすぎて 君の元までは届かない 例えそれを知っていても 叫ばずにはいられない besten dank  こんなところにも 壁が待っていた 交わろうとする そして乗り越える でもすべては水に流れてく  くぼみに落ちたり 雨に打たれたり 虹の都へは遠すぎるようだ でも待つことはできない  この窓は小さすぎて 君の顔さえも判らない 例えそれを知っていても 開かずにいられない  生まれて初めて目が覚めたように 明かりも暗闇も同じように見える それは不思議な景色だ  この声は小さすぎて 君の元までは届かない 例えそれを知っていても 叫ばずにはいられない  ひまわりの咲く頃に また波が訪れる 今までとこれからが 廻りつづけることに 気付くだろう  あの日の景色は晴れ渡っていた 戻らない青が惜しみなくくれた 時間を覚えていたい  この窓は小さすぎて 君の顔さえも判らない 例えそれを知っていても 開かずにいられない  この声は小さすぎて 君の元までは届かない 例えそれを知っていても 叫ばずにはいられない  この声は小さすぎて 君の元までは届かない 例えそれを知っていても 叫ばずにはいられない besten dank
虹の都へ高野寛高野寛高野寛高野寛高野寛君と僕はいつでもここで会っているのさ 太陽しか知らない 二人だけの秘密  君はいつもより嘆いてる 遠ざかる時の悲しさを だけど 僕たちは知っている 香りが誘う この場所を 地球の中の知られざる街へ 僕たちは向かう  君と僕はいつでもここで 会っているのさ 太陽しか知らない 二人だけの秘密  何を信じたらいいのかも 判らない時が来ていた だけど 僕たちは知っている 君を変えるのは君だけさ 自分の中に宇宙があることに 気がつけばきっと  君と僕はいつでもここで会っているのさ 太陽しか知らない 二人だけの秘密  昨日よりもっと 今日の方がいい そして 世界は廻ってる  君と僕はいつでもここで会っているのさ 太陽しか知らない 二人だけの秘密  君と僕はいつでもここで会っているのさ 太陽しか知らない 二人だけの秘密  君と僕はいつでもここで会っているのさ 太陽さえ知らない 二人だけの秘密
天の河 恋の花和久井映見和久井映見高野寛高野寛星降る夜を待ちわびて 雨降る午後に待ちぼうけ 鏡のような池に咲く 恋の花さえ雨にぬれ 遊び疲れた帰り道 東の空に流れ星 時には流れて風吹いて 恋の花さえ散ったとて 涙の雨が止むように 心に花が咲くように 笹の葉 夜霧 ひとしずく 遠く光って天の河
春の訪れ和久井映見和久井映見井上睦都実高野寛ねぇ ドキドキしてるの 性懲りもなく ねぇ春の訪れを頬で 胸で感じる  強引なトコ 繊細なトコ 少しずつ知りたい あなたの事  言葉にはできない こんな気持ちを 今すぐ伝えたい 世界中の人たちに  ねぇ 浮かれすぎかしら 年甲斐もなく ねぇ とぼけた顔して焦らさないで 意地悪  この笑顔はお久しぶり 鏡を覗いてウィンク ひとつ  もう二度と恋なんてお手上げなのに もう一度 信じたい 笑われても 泣いても  目と目が始めて合った瞬間に すごい力で引き寄せられたの  そう ドキドキしてたの 性懲りもなく ねぇ 春の訪れを頬で 胸で感じる 焦らさないで 意地悪
TIME WAVE ZERO (feat. BIKKE)高野寛高野寛高野寛・BIKKE高野寛通り雨にふと油断していた 異常な熱気に気づいていたが 確かな足どり急に押さえた 手もちぶさたのこの時は 直前に落ちたひと雫に 広がりはじめる点のゆくえに しびれてきているどこかが そう、即座に変えてく次の知らせに  灰色の雲に隠され 空の色をなくした僕は 傘もないまま歩いてゆく 不意打ちかける通り雨の中を  ふっとどこかに傾きかけたこの天気は もっと僕らにまだ見ぬ景色届けるのか ずっとどこかで囁きかける風の声が そっと僕らに行く先だけを告げるのなら  多くにうたれ服はずぶぬれ まだ終りを見せない雨の中 あの初めの雫はいったいどこへ あの晴天はいったいどこへ 体にしみ付く冷たさとほのかに 感じるぬくもりに解かる この進んでいる道もきっといつか すべて乾くときがくるだろう  アスファルトの水たまりにオイルの虹が揺れる 壊れぬように足を運び 違う流れを確かめたら  ふっとどこかに傾きかけたこの天気は もっと僕らにまだ見ぬ景色届けるのか ずっとどこかで囁きかける風の声が そっと僕らに行く先だけを告げるのなら  うす明かりが先に見えてくる 雨の速度が変わってきている 明日の天気がどうなるのかは あの雫にだってわからない 走って駆けぬけることが先か この気分にひたることが先か 通りすがりのこの恵に ほほに伝わるこの恵に  ふっとどこかに傾きかけたこの天気は もっと僕らにまだ見ぬ景色届けるのか ずっとどこかで囁きかける風の声が そっと僕らに行く先だけを告げるのなら
KAORI高野寛高野寛高野寛高野寛屋敷豪太枕に顔をふせたら あなたの髪の香りが  「幸せな時だけが 続いてゆくみたい」 あなたはふざけてそう言った  朝焼けにまどろみながら僕らは夢を見ていた 二人で泳いでた毛布の海に包まれたまま  香水はない方が好き バスローブには似合わない  僕だけが知っている あなたといつまでも 二人の秘密を求めあった  口づけたあなたの肩には恋の匂いがする 抱きしめたこの腕の中にいつも切ない香り  朝焼けにまどろみながら僕らは夢を見ていた 二人で泳いでた毛布の海に包まれたまま  口づけたあなたの肩には恋の匂いがする 抱きしめたこの腕の中にいつも切ない香り  口づけたあなたの肩には恋の匂いがする 抱きしめたこの腕の中にいつも切ない香り
Sweet Sweet Holiday和久井映見和久井映見和久井映見高野寛木本靖夫窓の外で踊る風が 前髪を くしゃくしゃにして 午後の日差しまでが 笑いかけてる ふわり 安らぐ時間  昨日までは忙しくて 会えたとたん安心して ソファーにもたれたら眠くなったり うまくいかないけど  ありったけの気持ちを 二人きりで暖めたい 久しぶりの休日 あなたが ほら ここにいるわ  いつもそばに あなたがいて どんな時も 見つめ合って 夢のような暮らし 憧れてみる 眠い目をこすって  久しぶりの休日 こんなふうに過ごせるなら 目まぐるしい毎日 明日から優しくなれるよね  愛している そっと 愛していて ずっと  紅茶に合うデザート あとで何か買いに行こう 久しぶりの休日 あなたが ほら ここにいるわ  ふとした時 二人が 同じ言葉口にしたり 何もかもが愛しい 二人だけの甘い甘い時間
毎日会いたい和久井映見和久井映見西脇唯高野寛木本靖夫「ごめんね」の伝言を 昼休みに聞いたから ため息を少しだけ 机に散らかしている  「仕事」と「約束」 くらべてもしょうがないけど 話したいこと たくさんあった…  毎日会いたい 時計ばかり気になる あなたに会いたい 今すぐに  黄昏に街じゅうが 輝きはじめる時間 靴音を響かせて ガラスの扉をくぐる  すてきな店見つけてあるよ 次は行こうね 忙しさなんかに負けないで  毎日会いたい 遠いビルを見上げる あなたに会いたい 今すぐに  別々の窓から見つめる 同じ気持ちは 「寂しさ」と言う「いとしさ」 きっと…  青に変わる舗道(みち) 人波が押し寄せる あなたからの風 吹きぬける  毎日会いたい 誰よりそばにいたい あなたに会いたい 今すぐに
緑の絵遊佐未森遊佐未森工藤順子高野寛あなたを待ってる 帰って来るのを いつでも待ってる 淋しいあなたを  幼い日は 淡い絵の中の 緑色 手を伸ばす 届かない 駆け抜けた 風の音 見つけに来て ひとつ忘れモノ 森の奥 大丈夫 迷ったら その場所が 此処だから  すぐにまた 旅立つ日が来るのでしょう だから今は 枝の蔭に 足を休めて  あなたを待ってる 帰って来るのを いつでも待ってる 淋しいあなたを  星降る夜は 幹に身を寄せて 夜明けまで 目覚めには 朝露を一雫 あげるから 流れて来る 青いせせらぎは いつの日か 遠い町で その肩に 降り注ぐ 雨粒に  すぐにまた 忘れる日が来るのでしょう だから今は 腕に巻いた 時をほどいて  見ていてあげるよ 眠りにつくまで 歌ってあげるよ 眠れぬあなたに  きっとまた 出逢える日が 来るのでしょう だから今は 振り向かずに 歩きはじめて  あなたを待ってる 帰って来るのを いつでも待ってる 淋しいあなたを あなたを待ってる 帰って来るのを いつでも待ってる 淋しいあなたを
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. この空がトリガー
  2. 回送
  3. 空へ
  4. アルジャーノン
  5. 青いジャングル

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. アルジャーノン
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照