試聴する

とおくはなれて

この曲の表示回数 621
歌手:

高野寛


作詞:

高野寛


作曲:

高野寛


駅を乗り継ぎ6時間 昨夜のことは夢のようで
ゲームしながら気づいてた いつか終わりは来るんだな

君の街から とおくはなれて あの三叉路で 右と左へ

君のつま先冷たくて 震える夜の闇の中
どこの誰より近いのに いつも言葉は遠回り

君といつから 二人歩いて あの三叉路で 君と別れて

冷めたコーヒー口にした 苦く酸っぱい味がした
最終のバスが出る頃だ なんて眩しい月の夜

君の街から とおくはなれて あの三叉路へ もう戻れない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:とおくはなれて 歌手:高野寛

高野寛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-14
商品番号:CRCP-40543
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP