夜の海を走って月を見た

この曲の表示回数 6,967
歌手:

高野寛


作詞:

高野寛


作曲:

高野寛


ボクラは夜の海を走って 月を見た
時計の針が重なるころに 君を見た

土の中の動物達や 弱い人達や
血を流す工場さえも 深い眠りにつく

こんな罪のない時間の上を
夜を吸いながら泳ぐように滑るなんて

広がる夜の切れ間の 灯り消えた場所
そこから本当の海が 続いて行く

ボクラは夜の海を走って 月を見た
時計の針が重なるころに 君を見た
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜の海を走って月を見た 歌手:高野寛

高野寛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-09-23
商品番号:TOCT-10426
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP