君待ち宵草

この曲の表示回数 3,206

今は誰もいない海で 風の歌に耳を澄ませば
遠く遠く海を越えて 届く季節の便り

花の咲いた生垣には 恋に揺れる蝶が飛びかう
あなたのもと こんなふうに 飛んでゆけたら いいのに

胸の中で輝いてる あの日の二人思い出しても
それは遠くはかない夢 今は ここに ひとり

遠い街で暮らす日々に 慣れたはずと言いきかせても
今も ずっと 探している この心の故郷

波の音に身をまかせて 時を忘れて歩き続けた
通り雨にぬれたままで 今は ここに ひとり

傘打つ雨音 祭り囃子に消されて
君待ち宵草 揺れる雨の中

傘打つ雨音 祭り囃子に消されて
君待ち宵草 揺れる雨の中
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君待ち宵草 歌手:大城クラウディア

大城クラウディアの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/07/22
商品番号:VFCV-48
FIVE D plus

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP