試聴する

みじかい歌

この曲の表示回数 79
歌手:

高野寛


作詞:

高野寛


作曲:

高野寛


12時に目覚めたら 時計の針は一つだった
太陽に急かされて 僕らは今日も出かける
真上から差す光 暗い影踏む二人 笑い
ユーウツの種を手放して この手で花を咲かせるのさ

10年後の今を思い描いても
何もわからない 誰にも
いつも口をついて 歌うだけなんだ
こんな みじかい歌を

桜・紫陽花・紅葉・銀杏 季節が街の色を変える
さっきから君は あの日と同じ遠い目をしてる

100年後の今も 陽はまた昇るだろう
君も僕もいないこの場所に
そんなこと考えて 愛おしくて
こんな平凡な毎日が

10年後の今を思い描いても
何もわからない 誰にも
いつも口をついて 歌うだけなんだ
こんな みじかい歌を
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:みじかい歌 歌手:高野寛

高野寛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-14
商品番号:CRCP-40543
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP