この曲の表示回数 4,758
歌手:

高野寛


作詞:

高野寛


作曲:

高野寛


五月の声の中 かすかに響いてる
一人 二人……きっと 集まってくる
見わたす限りの 罪の石の中で
一つ 二つ……拾う 銀色の恋

裸足になって その河を 渡ればいい
君を待っているよ
やわらかな光さす あの丘の上で

九月の雨の中 静かに歩いてる
一人 二人……今日も あの場所 目指し

裸足になって その河を 渡ればいい
君を待っているよ
やわらかな光さす あの丘の上で

裸になって その河を 渡ればいい
僕は待っているよ
やわらかな君の手を 抱きしめる時を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:RING 歌手:高野寛

高野寛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-09-23
商品番号:TOCT-10426
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP